経営学科の大学4年です。卒論のテーマについて悩んでいます。
企業経営の採用と教育、もしくは企業文化について(教育より採用にお金をかける事の有効性、企業文化やビジョンと実際の業績の関係)に強い関心があります。

実は以前まで担任に「経営関係でなくてもよい」と言われたので、ワーキングプアについて調べつつ5冊以上読んでまとめていた段階でした。
そして就職活動も終わり卒論を再開させたところ「経営関係の事にする事を強くすすめる」と言われ、「論文はレポートとは違い、先行研究を並べるのは駄目」と言われました。

ですが卒論の手引きを見ると、先行研究を並べるのは駄目だとはどこにも書いてありません。私は卒論にクオリティは求めていませんし、はやく終わらせて今取り組んでいる勉強がしたいと考えています。

かといって興味がない事をやるのも時間の無駄だと思います。
ワーキングプアと企業経営を関連させる卒論なら良いといわれたのですが、ワーキングプアには関心がなくなってしまいました。
テーマを変えようとすると「ころころ変えるとアドバイスできない」と言われ、先生には聞き難い状態です。

そこで質問なのですが、企業経営の採用と教育や、企業文化についての卒論で、なにかアドバイスをいただきたいです。
卒論としてアリかどうか、広すぎるのか、掘り下げたほうがいいか、他のテーマにしたほうがいいのか、などなんでも構いませんのでよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

No3です



>他の業績に影響を与える要因などもあって、説得力のある結論
>が出しにくいと思うのですが、そういう突っ込みは無視してよいのでしょうか?

そこはNo2の方のアイデアを借りましょうよ

おっしゃる通り、経常利益だけをもって業績うんぬんを語ろうとすると
他の要因も大きそうだから
企業が支払ってる労務費と経常利益の関係性を見ればいいのでは?

普通に考えれば
企業が業績を回復している背景には、正規雇用を減らし
派遣社員、外国人労働者を雇い、労務費を落としたからである
つまりこれらの社員が現在ワーキングプアと呼ばれる層となっており
企業業績の悪化に伴い、労働契約を打ち切られるなど
社会的不安の一因となっている

とかまとめるとそれっぽいんじゃない?

No4の方も書いてるように、範囲が広すぎる
出てくるキーワードに一つ一つ反応するのはいいけど
とにかく絞り込め。他の要因をどう見てるのか?とかの突っ込みはあって当然
だからこそ条件とか仮説で、論点を絞り込むんだから

例えばですよ
仮説:
「日産の企業業績の回復は、正規雇用を減らし、派遣社員等の労働に切り替えた
からである」

業績回復には、もちろんいろいろな要素があるけど、その中で
労働という側面に着目して、いろいろ調査してあなたの卒論はまとめるということです
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
労務費と利益の関係を見る、というアドバイスを参考にして、
自動車製造業の財務諸表などのデータを分析の切り口として、業績の回復とワーキングプア問題に拍車をかけているのかどうか、という卒論にしようかなと思いました。
ワーキングプアの現状→先行研究→自動車製造業の業績とワーキングプアの関係について
という流れで書こうかと思うのですが、どうでしょうか?

お礼日時:2009/05/28 15:38

>ベンチャー企業に関する本をたくさん持っているのですが、ベンチャー企業経営の成功要因を"ブルーオーシャンかどうか"とか"創業者は読書家かどうか"という仮説を持って書籍などを分析するというのは良いのでしょうか?



それは読書感想文です。
ブルーオーシャンの定義は何ですか。読書家の定義は何ですか。
「読書家とは、10000冊以上の本を読んだことがある人をいう」と定義して、たくさんの創業者の蔵書量を一覧にした表をもってこれれば、相関があるかないかを調べることはできるでしょう。
しかし、自伝などで「子どもの頃から本が好きだった」ぐらいの記述を根拠に「読書家かどうか」を判断するとしたら、小学校の読書感想文です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
なるほど。ただの読書感想文ですか・・。
お教えいただきまして、ありがとうございました。
これでワーキングプアと自動車製造業の事について書く決心がつきました。とりあえず書けるところから少し書き始めました!

お礼日時:2009/06/04 03:23

#2です。


ワーキングプアについて検索してみたら、すぐに参考URLが見つかりました。ワーキングプアの数を調べようとしても、ワーキングプアの定義がはっきりしていないようです。

回帰分析は、細かい議論はともかくとしてしまえば、ぶっちゃけ
「二つの変数に関係があるかどうか」
を見ることができるので楽といえば楽です。
>自動車製造業の業績とワーキングプアの関係について
であれば、帰無仮説「関係はない」を棄却できれば「関係はないとはいえない」という結論になります。
決定係数がそれなりに良い、だけでも、学部レベルなら通るかもしれません。Excelでも2変数ならすぐにできます。

あと、統計データはWebでかなり見られますから、一通り見てください。(「ない」と決め付けずに見て回るといろいろ出ています)
入り口として内閣府から各省へのリンクがあるので参考URLにしておきます。

参考URL:http://www.jil.go.jp/institute/zassi/backnumber/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

LTCM1998様、ご回答ありがとうございます。
なるほど。そういった分析でしたら出来そうです。
統計データも参考にさせていただきます。

それから、分析というのは、"自分なりの仮説を明らかにするために、書籍のみの分析"でも良いのですか?
ワーキングプアの事を相談してみたら、「ワーキングプア側の視点ではなく、自動車製造業側の視点からなら良い」といわれました。

それから就職先がベンチャー企業というのもあって、ベンチャー企業に関する本をたくさん持っているのですが、ベンチャー企業経営の成功要因を"ブルーオーシャンかどうか"とか"創業者は読書家かどうか"という仮説を持って書籍などを分析するというのは良いのでしょうか?

コロコロと変わってすみません。

お礼日時:2009/05/30 05:23

#4です。




ご回答いただいた中から思ったのですが、「有能な新卒を得るにはどうすればよいか」というのはどうでしょうか?
人材戦略の書籍などもあり、どのような特徴を有した新卒を採用すればいいのか、そのためにはどんな戦略が望ましいか。(←もしくはこのどちらか一つ)


 いろいろなアドヴァイスがある中から、どのような方向性を見出すかは質問者様次第なのは言うまでもないことなのですが、私へのコメントを見ると、こんな方向もあるかなと思います。

---------------
 文献を調べるだけでは卒論にはならないので、アンケート調査をする。
   目的:  新卒採用に当たって、企業が望む人材像(求める有能
        さ)と採用戦略を明らかにする。できれば変遷も見出
        したい。
   対象者: 特定の企業で構わないので、次の人々を対象とする。
        採用担当者
        人事担当者
        各部署の責任ある立場にいる人(現場にいる人)
   調査項目:採用担当者、人事担当者、各部署の責任ある立場の人
        々が望む、新規採用者の"有能さ"
        過去(たとえば5年前、10年前)を振り返ったときの
        当時望まれた"有能さ"
        求める"有能さ"をもつ人材を見出すためには、採用戦
        略としてどんなことをしてきたか、どんなことが望ま
        しいと思うか
---------------

 多少の手間はかかりますが、どんな卒論だって同じです。
 それほど手間がかからない割に、期せずして、そこそこのクォリティまで得られてしまうかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
企業の方への取材は応じてもらえないと聞きました。
自社の戦略や求める人材像というのも、企業秘密ではないでしょうか?
よく雑誌や本で「新卒に求めるもの」というコーナーがあるので、そこを分析してみようと考えていたのですが、それだけでは経営とは無関係になるかと思ってしまいました。難しいですね。

お礼日時:2009/05/28 15:27

#2です。


欲しいデータが絞り込めたのなら、具体的な入手方法は指導教官に聞いて良いと思います。
試みにいまググったら、参考URL(PDFです)がありました。この論文では企業情報データベースを使ったようです。企業情報データベースはたいていの大学には入っているはずです。

参考URL:http://www.takamatsu-u.ac.jp/library/06_gakunais …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
帝国バンクや商工リサーチにはここまで深いものはありませんよね?
論文に使える内容のが、大学の企業情報データベースにあるかどうか調べてみます。

お礼日時:2009/05/28 15:23

> 企業経営の採用と教育や、企業文化について



 終身雇用が安定していた頃、新入社員の給与がその「採用時の能力」に比してなぜ高かったのか? (ヒント:訓練可能性)
 雇用形態が流動化し、OJTへの期待度が下がってきた現在(これが上記設問のもうひとつのヒント)、企業はどのようにして有能な人材を得ようとしているのか?
 上記状況により企業文化がどのように変質してきたか?
 ワーキングプアは、雇用形態の流動化に伴う企業文化の変化とどのように関連しているのか?

・・・あたりを、生涯学習社会の考え方やそれが政治的にも経済的にも首肯される政治的背景とも絡めて考察すれば、そこそこの卒論になるかと思いますが、扱うフィールドがちょっと広すぎるかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ご回答いただいた中から思ったのですが、「有能な新卒を得るにはどうすればよいか」というのはどうでしょうか?
人材戦略の書籍などもあり、どのような特徴を有した新卒を採用すればいいのか、そのためにはどんな戦略が望ましいか。(←もしくはこのどちらか一つ)
クオリティは無くていいので、簡単な卒論がいいと思っています。

お礼日時:2009/05/26 04:12

こんにちは



卒論のテーマの質問はよく出てくるので
まずは検索してみてください

毎回ご案内してるサイトです
卒論の書き方
http://www.mycon10ts.com/top.htm

>企業経営の採用と教育、もしくは企業文化について
>(教育より採用にお金をかける事の有効性、企業文化やビジョンと実際の業績の関係)
>に強い関心があります。

>ワーキングプアと企業経営を関連させる卒論なら良い

ご自身でも書かれているとおり、広すぎます。
大学4年生で調べられもしないし、まとまる方向性すら見えません

そこで上記のサイトのテーマ設定のところを読んで
とにかく小さく小さく絞ってください

例えば
テーマ1
企業経営の採用と教育とワーキングプアの関連性について
・・・でかいですよねーでかすぎる、どっからどうしていいのかさっぱりわからん

テーマ2
正規雇用と派遣契約における労働条件の違いについての考察
・・・うーん、まあなんとなく調べる方法がありそう

テーマ3
自動車製造業における派遣労働者の労働条件と企業業績についての考察
・・・自動車会社1社の労働状況と業績とかに着目すればなんとかなるかな?

テーマ4
自動車製造業における終身雇用から派遣労働への意識変化が
企業業績に与える影響への考察
・・・ちょっと長くてセンスないけど、たぶんこんなテーマをやりたいんじゃないかと?
とちょっと長くなったけど、とにかく抽象的な話ではなく具体的にね
そして参考文献として、労働白書とか企業の財務諸表とかをベースにすると
グッと卒論っぽいです
評論家の書いた企業物語とかではだめです

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!
卒論の書き方のサイトを見させていただきました。テーマの絞り方などが大変参考になりました。

「自動車製造業における終身雇用から派遣労働への意識変化が企業業績に与える影響への考察」
を実際にやるとすると、他の業績に影響を与える要因などもあって、説得力のある結論が出しにくいと思うのですが、そういう突っ込みは無視してよいのでしょうか?

「具体的に」ですね。考えて見ます。

補足日時:2009/05/26 03:58
    • good
    • 0

>企業経営の採用と教育、もしくは企業文化について(教育より採用にお金をかける事の有効性、企業文化やビジョンと実際の業績の関係)に強い関心があります。



ということなので、「企業が教育(または採用)にかける費用」と、「実際の業績」の相関を、実証分析としてはどうでしょうか。
回帰分析なら、データさえあれば割と明確に結論は出しやすいと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
その実証分析には強い興味があります。
教育や採用でなくても、「企業文化のブランド化」や「従業員満足」が業績にどのような影響を与えるのか、だとか、そういった目に見えない努力と業績の関係に興味があります。
しかし、データはどのように入手すればよいでしょうか?
書籍などもありませんでしたし、企業は答えてくれないですし、「探しまくれ」という事でしょうか?

もしくは、実際の費用と比較するのではなく、例えば「採用HPに力を入れている企業と業績の関係」ですとか、なら調べられそうな気もします。

補足日時:2009/05/26 03:53
    • good
    • 0

創業者のいなくなったパナソニック、ソニーやホンダはどうなったか。


創業家が握っている信越化学はどんな社風か。
創業者が社長に戻ってきたスズキはどんなことを経験したか。
総じて、創業者と「官僚」の闘いはいつ終わる?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
やはり大手のほうが資料の面でやりやすいということを再認識しました。

お礼日時:2009/05/26 03:49

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q卒業論文の書き方で教えてください。

卒業論文の書き方で教えてください。
参考文献と引用文献の論文の最後への記載方法がよく分かりません。

この二つは「参考・引用文献」としてまとめてしまって良いのでしょうか。それならば、本文に注1、注2・・・と表記して、最後に 注1「文献名」・・・ 注2「文献名」・・と並べればよいと思うのですが、「引用文献」と「参考文献」はそれぞれ分けた方が良い気もします。

その場合、本文にはどのような形で(例えば参考文献は 参1 参2・・、引用文献は 引1 引2・・とかになるのでしょうか?)表記していったらよいのでしょうか。

Aベストアンサー

理系研究者向けの書き方にはなりますが、参考になると思います。
(具体例は二つ目のURLをどうぞ。)
http://www.okada-lab.org/Ronbun/Structure/Biblio.php
http://www.okada-lab.org/Ronbun/Citation/InyounoShikata.php
http://www.okada-lab.org/Ronbun/Citation/ListKakikata.php
http://www.okada-lab.org/Ronbun/Citation/InyouTaishou.php

基本的にはほぼ同じはずですが、分野による違いがある可能性もあります。
指導教官に確認してみてください。

Q航空・地域活性化というテーマで卒論を書きたいが、テーマが定まりません。

こんにちは。
卒業論文の制作のために、そろそろテーマを詰めて行っている段階です。
個人的な興味から、「国際空港の政策という観点から地域活性化を論じたい」と担当教授に相談したところ、

・そもそも、「地域活性化」というテーマは、旅行会社のプレゼンのように、政策提言に行き着いてしまい、学術的論文に昇華させにくい。
・そういうの、経済誌の記事とかシンクタンクのレポート以外の文献ってある?
(確かに全然無いです・・・)
・「どうあるべきか」「こうしたほうがいい」ってのを結論にしても、学術的貢献とは言わない
・「地域活性化」というテーマは、学部的にどうなのか
(私の所属しているのは、国際関係学部、政治・経済コース(専攻)というところです
特に、グローバルな視点で世界の経済活動について見ているゼミです)

という指摘を受け、
「これで論文を作成するのは難しいと思われるので、テーマを変えなさい」
と言われました。

しかしながら、興味のある分野で書かないと、モチベーション持たないかな、と思います。
なんとか、
「地域経済・地方創生・(国際)空港・航空・観光・イン(アウト)バウンド・ホテル・交通(政策)・飛行機・鉄道・バス・移動・再開発・まちづくり」
みたいなキーワードで、上記の懸念をクリアするためには、どのような切り口のテーマならいけるでしょうか。

こんなこと、人に聞くなよという感じではありますが、煮詰まってしまったため、アドバイスをいただきたいな、と言う次第です。

ご回答よろしくお願い致します。

こんにちは。
卒業論文の制作のために、そろそろテーマを詰めて行っている段階です。
個人的な興味から、「国際空港の政策という観点から地域活性化を論じたい」と担当教授に相談したところ、

・そもそも、「地域活性化」というテーマは、旅行会社のプレゼンのように、政策提言に行き着いてしまい、学術的論文に昇華させにくい。
・そういうの、経済誌の記事とかシンクタンクのレポート以外の文献ってある?
(確かに全然無いです・・・)
・「どうあるべきか」「こうしたほうがいい」ってのを結論にして...続きを読む

Aベストアンサー

逆にすればよいのではないですか

「国際空港の政策という観点から地域活性化を論じたい」のではなく「地域活性化の観点から国際空港政策を論じる」のではだめでしょうか。

これなら、世界各国にある国際空港の経済分析などを織り交ぜながら、各国の政策の失敗や成功例などを学術的にまとめることも不可能ではないでしょう。

たとえば、シンガポールとチャンギ空港VSドバイとドバイ空港を主軸にして、両国の政策を論じながら空港だけにとどまらない都市計画や経済政策まで幅広く取捨選択して論じれると思います。

>特に、グローバルな視点で世界の経済活動をみている
というのなら、その視点で空港に絞りこめばいいのではないでしょうか。

Q卒業論文の書き方

私は、現在、卒業論文を作成しています。
わからないところがあるので、教えてさい。

論文の本文には、平成〇〇年という和暦を使い、
参考文献のところでは、2000年という西暦を使っています。

このままでもいいのでしょうか?
それとも、
どちらかに統一したほうが良いのでしょうか?

卒論に詳しい方、教えてください。

Aベストアンサー

私はいつも統一しています。
卒論の内容にもよりけりですが
日本関係のことだと(日本史、日本文学など)和暦が多いですが
それ以外だったら西暦が多いです。

(参考文献の奥付をみると、最近のものは西暦で書かれているのが多いですよ。なので西暦の方が一般的かな?参考文献の西暦表示で、この分野では和暦と西暦のどちらかがよく使われているかがわかるものです。古いものは和暦が多いですね)

どちらかに統一しましょう。
下記のURLで調べればすぐ直せます。
つっこまれる内容が一つ減るのだから
ちょちょいと直しちゃいましょう!

参考URL:http://www.linksyu.com/nengo.htm

Q卒論のテーマ

卒論のテーマについて悩んでいます。
科学社会学に興味があり、それについて書きたいのですが、まだ余り浸透していない分野で資料も少ない気がします(だからこそやりがいがあると思っているのですが…)。具体的にどんなテーマが考えられるのでしょうか?もう少し異なるテーマで、その研究の過程として科学社会学的なアプローチをするということでもよいと思っています。

Aベストアンサー

私も社会学だったので、ちょっと考えてみます。私はエスニシティの社会学が専攻で、先住民族問題と近代化(モダニティ)の関係性について卒論を書きました。先行研究が同じようにほとんどなく、四苦八苦でした。

科学社会学分野では、もうご存じかと思いますが中山茂氏が先行研究の第一人者と思います。ただ「科学」となると非常にマクロなくくりになってしまいますので、そうなると近代社会の成立と現代に至る過程で、「科学」という概念がどのように変化てきたかというアプローチになってしまいます。つまり、ニュートン時代は錬金術として、教会をはじめキリスト教の教えに反するものとして扱われていましたし、ダ・ヴィンチもつい最近までカトリック教会から破門扱いされていました。そのようなことから「科学」概念の変容を社会変動論的に近代化をキーワードに扱う方法もあるかと思います。ただ、相当マクロで勉強も大変です。

たとえば、問題になっている「遺伝子操作」や「リプロダクティブヘルス」の問題性や、「生命科学」の問題として医療社会学あたりで攻めるのも、問題を絞り込むにはいいかもしれません。そのあたりでは、市野川容孝氏や森岡正博氏、立岩真也氏、柘植あずみ氏などの研究が参考になります。

お答えが漠然としてごめんなさいね。頑張ってください。

私も社会学だったので、ちょっと考えてみます。私はエスニシティの社会学が専攻で、先住民族問題と近代化(モダニティ)の関係性について卒論を書きました。先行研究が同じようにほとんどなく、四苦八苦でした。

科学社会学分野では、もうご存じかと思いますが中山茂氏が先行研究の第一人者と思います。ただ「科学」となると非常にマクロなくくりになってしまいますので、そうなると近代社会の成立と現代に至る過程で、「科学」という概念がどのように変化てきたかというアプローチになってしまいます。つまり...続きを読む

Q卒業論文の参考文献の書き方で3つ質問があります

参考文献の書き方に迷っています。
3つ質問があります。
(1)外国の論文を、日本の出版社が翻訳したものを載せる場合、どのように書けばいいのでしょうか。
(2)わたしの研究では、大学の教授などにインタビューをすることが多かったのですが、インタビューした人の名前は参考文献の中に載せますか?
(3)インタビューした方からもらった資料(プリント)が何枚かあるのですが、5枚程度のプリントで発行年などがあいまいです。そのようなものを載せる場合どうしたらいいですか?

よろしくお願いします><

Aベストアンサー

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: 勁草書房. (Original work published 1999)
===

のいずれかです。「Cambridge, MA」は出版社のある「マサチューセッツ州」のケンブリジという意味です(アメリカ合衆国の場合は州をそれ以外の場合は国名などを書きます)。本文中の引用では、上のそれぞれの参考文献の書き方について、

===
……である(Tomasello, 1999 大堀壽夫他訳, 2006, p. 11)。
===
……である(トマセロ, 2006, p. 123)。
==

となります。ただ、できれば該当箇所の前後だけでも英語で読んで、訳書ではなく原典を引用したほうが好まれます。その場合、訳書を参考文献に挙げる必要はありまsねん。

(2) インタヴュー。

公的に活字となって出版されているのであるなら、それを引用します。そうではなく質問者さま自身のインタヴューであれば、参考文献リストではなく、脚注で示します。たとえば上のトマセロさんにインタヴューしたのであれば、脚注を用いて、

===
Tomasello, M., personal communication, 2007, January.
===

と書くか、直接本文に、

===
……である(Tomasello, pers. comm. 2007, January)。
===

と書きます。インタヴューなら、「personal interview」、「pers. interview」でもよいと思います。

(3) プリント

たとえば、猿山県犬川市にある高校に勤める山田明先生が出した「中世トンブクトゥの歴史」というプリントがあるとします。

===
山田 明. (n.d.). 近代トンブクトゥの歴史. 猿山県犬川市: Author.
===

「n.d.」はno dateつまり日付不明ということです。日付がわかるのでれば、「n.d.」のところに「2007, January」のように記入します(日がわからなければ年だけでも)。プリントをいただいた相手に問い合わせてわかるのであれば問い合わせましょう。その人が忘れていないかぎり埋まります。

本来出版社が来るところに「Author」があるのは、出版したのが著者と一緒という意味です。先生や会社員として学校や会社で印刷したのなら、学校や会社の名前を書いたほうがよいのかもしれませんが、軽いプリントならAuthorでよさそうな気がしました。いつも見ているスタイルマニュアルが手元にないので、この出版社欄は、どう書いたらよいのかよくわかりませんでした。

●追加質問について。

(1) 参考文献のページ。

参考文献のページはページ数にカウントするのですか? 先生に問い合わせてみたほうがよいと思います。逆に提出が3枚だというなら(A4で規定の行数なのだと思いますが)、参考文献で1枚使うのは多すぎませんか? 文献的な研究ならともかく、自分でデータを出したり論理を組み立てていくタイプの論文なら、引用が多すぎるのかもしれません。文献的の考証のような研究をしようとして参考文献数が多くなるのであれば、先生に相談すればよいと思います。いずれにしろそれは学校が出した課題の規定なので、先生に相談するのがいちばんでしょう。

(2) 関連文献。

関連文献は参考文献に載せません。参考文献は、referencesなので、ただ論文を書くのに参考にしたというものではなく、論文のなかで実際に参照したというものです。どうしても書きたいのなら、そのような総説は「……についての研究は1970年代に始まった(Tomasello & Call, 1997)」のように短く引用するのが、ひとつの手です(たぶん導入の辺りになるはずです)。また、研究書の総説は引用するとよいと思いますが、新書程度の入門書であればとくに引用することもないと思います。

(1) 訳書の引用。

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4326199407/
たとえばこの本なら、末尾の参考文献リストでは、

===
Tomasello, M. (1999). The cultural origins of human cognition. Cambridge,
   MA: Harvard University Press.
   (トマセロ, M. 大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・本多 啓 (訳) (2006).
   心とことばの起源を探る: 文化と認知 勁草書房)
===
トマセロ, M. (2006). 心とことばの起源を探る (大堀壽夫・中澤恒子・西村義樹・
   本多 啓, Trans.). 東京: ...続きを読む

Q卒論のテーマについて

はじめまして。大学の4回生です。卒論について悩んでいるんですけど、一応仮題として『アメリカ先住民』にしているんですけど、いまいちピンとこなくて。本を読んでも面白くないのが正直な意見です。クラスが英語領域なので、アメリカが絡んでいたらいいかなというくらいで、テーマを自由に決めれるんですけど、テーマ選びに苦労してます。アメリカならメジャーリーグとか、いろいろあると思うのですが、どういったテーマがあるか参考にしたいのでアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

卒論は学生時代の最終仕上げですから、
やはり面白く、調べがいのあるテーマの方がイイデスネ。
私のお勧めのテーマをあげてみましょう。

【綿花王国の誕生】
英国の膨大な綿花需要が奴隷制による綿花王国を作り上げました。
綿花王国誕生と奴隷制を書かれるといいでしょう。

【大衆消費社会の誕生】
GM、フォードなどが大規模な組み立て工場を作り、
大衆に車を安く提供しました。
これで大衆消費社会が実現しました。

【大衆娯楽社会誕生】
1920年代は映画、ジャズ、野球、ラジオが大衆の中に入りこみました。
特に映画は新しい産業として定着しました。

こんなテーマを取り上げたらいかがでしょうか。

参考URL:http://www.daito.ac.jp/gakubu/kokusai/asia_21/asia_21_07_15.htm

Q卒業論文要旨について

こんばんは。
卒業論文の要旨を提出することになったのですが、書き方がよくわかりません。
卒業論文は、ほぼ書けています。
どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

背景、やろうとしたこと、できたこと、を短く書くだけですが。
たいていは1pageですね。
要旨を複数ページ書く場合がないわけではないですが。

なお、序章を短くするのではだめです。序章は問題意識とアプローチくらいまでしか書いてませんからね。研究成果として何がどこまでできたのかも、要旨にも盛り込まないといけません。

と、いうのは、あなたの指導教員に指導してもらってください。あなたは授業料を払っているのだし、それを指導するために教員は給料をもらっているのです。

Q中国専攻の卒論テーマについて

私は今年大学4年になります。しかし、いまだ卒論のテーマが決まりません。1月頃に郵送で「指導教授・テーマ・生の資料」等書く紙が来て「必ず提出」と書かれていましたが、私は出しませんでした。数週間で決められるものでもないと思ったし、教授も「春休み中にじっくりと考えて」と言っていました。あくまでアンケートのようなものだと思っていましたし、友達の中には出していない子もいたからです。それは特に問題はないかと思いますが、問題はテーマなんです。

5月中旬に論題提出の締め切りがありますが、この通りいまだ決まっておらず、とりあえず来週あたりまでにはテーマを決めて、次に自分がやるべきことに時間を当てたいのです。(一度に色んなことが出来ないので・・・)私が興味があるのは中国雑技のことなのですが、ネットや図書館の検索をかけてもそのような「生の資料」というものが見つからず、このテーマで書くことは出来ないのではないかと思い始めました。

そこで、ネットで色んな大学で中国専攻の方がどのようなものを書いているのかを検索してみましたが、いまいち資料に関するものが見つからず、先に進めないでいます。中国専攻の方で雑技に関する卒論を書かれた方がいれば、資料をどのようなものを使ったか教えていただきたいです。また、それ以外でも中国専攻だった方、卒論はどのようなものを書き、資料はどのように探したか、使ったかなどを教えていただきたいです。よろしくお願いします。

私は今年大学4年になります。しかし、いまだ卒論のテーマが決まりません。1月頃に郵送で「指導教授・テーマ・生の資料」等書く紙が来て「必ず提出」と書かれていましたが、私は出しませんでした。数週間で決められるものでもないと思ったし、教授も「春休み中にじっくりと考えて」と言っていました。あくまでアンケートのようなものだと思っていましたし、友達の中には出していない子もいたからです。それは特に問題はないかと思いますが、問題はテーマなんです。

5月中旬に論題提出の締め切りがありますが、こ...続きを読む

Aベストアンサー

中国雑技については「(大衆)芸能」「(伝統)芸能」「(比較)文化論」「民俗学」などいろんなキーワードを絡めて検索すると効果的です。

慶応大学SFCキャンパスの「比較文化論」における学生さんの研究発表「日中伝統芸能比較」
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2002_14969/slides/12/index_bar.html

京都精華大学教授の橋爪紳也さんが、平成10年に 「中国における雑技芸術と観光開発に関する研究」をテーマに研究をはじめ、1999年12月の大阪市立大学紀要「人文地理」で『中国における文化観光開発とテーマパーク事業―呉橋雑技大世界を事例として― 』を発表しています。
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/kiyou.htm

ちなみに、中国呉橋雑技芸術学校名誉校長の西田さんのホームページはここです。
http://www.circus-mura.net/index.html

また同時期には、橋爪ゼミの学生さんが、「中国の雑技文化に関する研究──雑技学校の教育を通して──」という卒業論文を提出されています。
http://www.lit.osaka-cu.ac.jp/geo/kiyou.htm

参考文献には
傅起鳳・傅騰龍(著),岡田陽一(訳) 1993『中国芸能史~雑技(サーカス)の誕生から今日まで~』三一書房
「見世物探偵が行く 」(川添裕著  晶文社 二四○○円)などがあります。

元『太陽』編集者の川添裕さんのホームページも参考になりそうです。http://www.rakugo.com/

「体育の科学」(53巻)では早稲田大学人間科学部の寒川恒夫さんが、「雑技の文化」という論考を発表しています。
http://www.kyorin-shoin.co.jp/m_taiiku/t_53.html

とりあえず、図書館で文献を探して見ましょう。

中国雑技については「(大衆)芸能」「(伝統)芸能」「(比較)文化論」「民俗学」などいろんなキーワードを絡めて検索すると効果的です。

慶応大学SFCキャンパスの「比較文化論」における学生さんの研究発表「日中伝統芸能比較」
http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2002_14969/slides/12/index_bar.html

京都精華大学教授の橋爪紳也さんが、平成10年に 「中国における雑技芸術と観光開発に関する研究」をテーマに研究をはじめ、1999年12月の大阪市立大学紀要「人文地理」で『中国における文化観...続きを読む

Q卒業論文が進みません

卒業論文が思うように進みません。提出まであと1ヶ月です。
自分でやらないといけないと思うのですが、なかなか書くことが出来ません。内容は、日本語の方言についてです。

質問ですが、
1.序章で書く、研究の目的とはどこまで書けばいいのですか?
2.先行研究をまとめるには、どうすればいいですか?
3.卒業論文の書き方についてアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

 厳しいことを書きますが、ここでこんなことを訪ねても何にもなりません。

 1も2も3も、質問者さんが選んだテーマ、先行研究の内容や数、論理構成のためのデータ数やそのまとめ方などによって全て違ってきます。ここでたった3行で書かれても、書けば単位をくれる1枚のA4レポートのアドバイスすらできるわけがありません。

 そもそもなぜ担当教官に相談しないのでしょう?教官の指導なしに卒論を書くようなシステムなのでしょうか?だったらほんとに「論文」ではなくレポートですね・・・

 大学とは「勉強の仕方を学ぶところ」だと私は思います。
 未知のものに対し、過去の先人達の仕事を調べで今までに何が判っていて何が判っていないのかを掴み、既知のことから未知の領域に踏み出すための足がかりを捕まえ、また既知と思われていたものも角度を変えることによって新しいものがでてこないか考察し、具体的にそれに挑むためのスキルを身に付ける。
 そして得られたデータを分析して誰もが納得する結論を導き出す、その術を学ぶのが大学です。それが身に付いていることを大学に証明するのが卒業論文です。

 ですから私が担当教官なら、質問者さんがこんなところでこんな質問をした時点で単位を出すことはできませんよ。

 厳しいことを書きますが、ここでこんなことを訪ねても何にもなりません。

 1も2も3も、質問者さんが選んだテーマ、先行研究の内容や数、論理構成のためのデータ数やそのまとめ方などによって全て違ってきます。ここでたった3行で書かれても、書けば単位をくれる1枚のA4レポートのアドバイスすらできるわけがありません。

 そもそもなぜ担当教官に相談しないのでしょう?教官の指導なしに卒論を書くようなシステムなのでしょうか?だったらほんとに「論文」ではなくレポートですね・・・

 大...続きを読む

Q卒論テーマがすで研究済みだった場合

今から卒業論文の準備を始めようとしている者です。
テーマも決まり、数回ゼミで発表もし、これから発表を積み重ねていき、卒論として集大成していく予定です。
テーマは政治学に近いもので、参考文献を探していると、自分のやろうとする研究がすでに偉い学者によりかなり実証され、研究済みとだとわかりました(>_<)
このままでは、結果がわかっていることを一年間かけて研究していくことになります。

学部生(文系)の卒業論文で、新説を考えるなんてなかなか難しいことで、やはりある程度研究された分野を自分なりにアレンジして論文を書いていくのが妥当(というか普通)なのでしょうか?

Aベストアンサー

私は、理系に属しています。理系の研究は、従来の説と異なるほど、価値があります。新たな発見、というわけです。
 文系は、新たな発見は、発掘でもしない限り、ないでしょう。というのは、社会に立脚しているからです。時代にも依存しています。
 例えば、30年前には、禁煙車はありませんでした。政治学なら、「共産主義が破綻する」なんぞは、誰も主張しませんでした。主張したとしても、根拠は薄弱でしょうから、誰も受け入れません。
 あるいは、20年ほど前に、「自衛隊の海外派遣」を首相が言えば、内閣はつぶれていたでしょう。
 文系の研究は、「他の者から1歩進む必要があるが、1歩半進むと受け入れられない」と聞いたことがあり、納得しています。

>すでに偉い学者によりかなり実証され、研究済みとだとわかりました(>_<)

 卒論レベルで、研究済み、というのは、胸を張って良いと想います。ただ、同じ結論と表現しても、同じような結論、という場合もあります。同じ頂上を目指したが、もう近くの別の峰だった、あるいは、もっと高い場所だった、ということがあります。また、同じ頂上でも、研究者が違えば、全く同じ方法ということはありません。別のルートになるのが普通です。ルートが違えば、景色が違うわけですから、新たな視点・発見は、十分見込めます。

 偉い学者の結論にも、穴があったりします。最近知ったのは、学生の頃、舌には、甘み、苦味など、それだけを感じる部分がある、と習いました。しかし、それは大嘘なんだそうです。だれか偉い学者さんが言い出したので、誰も異議を言えなかったとか。
 いいかげんな話が、案外広まっています。そのテーマに関心があるのであれば、自分の目で確かめることは、意味があると考えますが。

私は、理系に属しています。理系の研究は、従来の説と異なるほど、価値があります。新たな発見、というわけです。
 文系は、新たな発見は、発掘でもしない限り、ないでしょう。というのは、社会に立脚しているからです。時代にも依存しています。
 例えば、30年前には、禁煙車はありませんでした。政治学なら、「共産主義が破綻する」なんぞは、誰も主張しませんでした。主張したとしても、根拠は薄弱でしょうから、誰も受け入れません。
 あるいは、20年ほど前に、「自衛隊の海外派遣」を首相が言えば、内...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報