内臓の臓器ごとのカテゴリ分けとして五臓六腑が有名ですが
現代医学でのカテゴリ分とは違うとのことです。
*wikipediaより

もちろん、細分化が進んでいるのでいくらでも細かくは言えると思います。

現代の医学、西洋医学で、最も大きいカテゴリ分けでいうと
(五臓六腑程度で)何種類の臓器と分けられるのでしょうか?

wikipediaの”人体解剖学”の内側
によると臓器は13のようです。
* 肝臓
* 心臓
* 肺臓
* 膵臓
* 腎臓
* 胃
* 小腸
* 大腸
* 膀胱
* 胆嚢
* 脳
* 副腎
* 脾臓
しかしこの分類が、何に基づいての分類なのかがよく分かりませんし、
私の感覚の“臓器”だと脳は意外な感じがしました。

この分類以外でも、違う分類があったら教えてください。

学派によってその分類が違うと思うので、
WHOの~によると、とか出典を教えてもらえると助かります。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

wikiの器官の項目です。

動物の場合、器官と臓器はほぼ同義ですから、当てはめてもよいと思います。
「生物のうち、動物や植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、形態的に周囲と区別され、それ全体としてひとまとまりの機能を担うもののこと。生体内の構造の単位としては、多数の細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している。」
周りと違う形をして、回りと違う機能をしていればそれが臓器と考えてよいと思います。
記載しておられるものの他には咽頭、喉頭、甲状腺、副甲状腺、胸腺、食道、子宮や精巣もざっと考えるだけでも挙げられます。脳も小脳と大脳に分けてもいいと思います。小腸も十二指腸と空腸、回腸に分けてもいいでしょう。目や鼻、舌、尿管、骨、筋肉、骨髄、皮膚、つめなんかも臓器と考えれば臓器です。きりが無いですね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q五臓六腑に続く言葉を忘れたので教えてください

五臓六腑の意味はわかるのですが、中国医学では
人間の身体は五臓六腑の他に、?穴、?節 と続くと
前に聞いた覚えがありますが、?に当てはまる数字を
教えてください。
因みに 穴は口や耳等の穴の数、
又 節は関節の数です。
            よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
ひょっとすると、「三百六十五節」でしょうか?

「五臓に六腑あり、六腑に十二原あり・・・十二原は五臓の三百六十五節の経気が集まる場所・・・」というのもあるようです。

五臓六腑、九竅、三百六十五節と続くのか・・?ちょっとわかりませんでした。。

http://kiroku.ameblo.jp/category1-80f977456ca0e584da3c8010f9f355f5.html

http://www5.plala.or.jp/tiryouin/8oj-sibu/9-8.htm

参考URL:http://kiroku.ameblo.jp/category1-80f977456ca0e584da3c8010f9f355f5.html

Q体細胞クローンを作って臓器を作ったら、その臓器は拒絶反応を示すのでしょ

体細胞クローンを作って臓器を作ったら、その臓器は拒絶反応を示すのでしょうか?

体細胞クローンを作って臓器を作ったら、その臓器は拒絶反応を示すのでしょうか?
あるいは体細胞由来のDNAを卵子に移植?し、その卵細胞からES細胞を作って移植したら、拒絶反応を示すのでしょうか?
細胞質遺伝によりできた物質に、免疫反応は反応するのでしょうか?

Aベストアンサー

非常にタイムリーな質問ですが、
先日、iPS細胞を由来生物に移植したばあいでも、iPS細胞のミトコンドリアに突然変異があると拒絶されるという研究結果が発表されました。
ttp://www.47news.jp/CN/201010/CN2010101101000165.html

ミトコンドリアの突然変異は細胞ごとに独立して起こり、加齢とともに蓄積されるので、自己由来の体細胞クローンでも細胞質性の拒絶反応が起こりうることが示されました。

Q五臓六腑はどんなときに使う?

四字熟語の「五臓六腑」はどのようなときに使うんですか?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

そうですね、 お酒に限定している訳でなく、
全ての食する物に対して、その方が深く感動を与えるような物。
味わい深い物、生き返るような気持ちにさせてくれる物。

感銘するような物と出会う事を広く指しているんだと思います。

とりわけ、お酒は、香りと言う刺激と、アルコールが体に染み渡る様から、
五臓六腑と言う事が比較的多く言われるんだと思います。

そもそもは、ドラマなどで、お酒を飲んで発した台詞が、一般的に普及したように思いますが。
(時代劇や極道など)


僕は、高級料亭でご老人の方が、年に一度の夫婦でのご馳走で、

本日の料理は大変美味しく、五臓六腑に染み渡る思いでした。
と、お言葉を頂き、感銘されていた事を覚えております。

Q多臓器不全と多臓器機能不全症候群

本によっては混同されていたりするのですが、私の先生はかなり明確に分けています。この二つはどう違うのでしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。
多臓器不全というのは症状、あるいは検査所見であって、多臓器不全症候群というのは診断名でしょう。単に状態を表す場合は多臓器不全といい、診断を行う場合に、診断基準を満たしていれば多臓器不全症候群という言葉を使うのだと思います。
 例えば、非再生性貧血というのは検査所見ですが、再生不良性貧血というのは診断名です。そういう使い分けでしょう。

Q五臓六腑を教えて下さい。

五臓六腑の名前(送り仮名あり)と、簡単な機能を教えて下さい。
例、肝臓(有害なアンモニアを尿素にかえる)

Aベストアンサー

ここに書き連ねるよりも、参考URLをしっかり熟読して下さい。
フリー百貨事典に記載されているページです。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%94%E8%87%93%E5%85%AD%E8%85%91

Q臓器と臓器の間は何があるのですか?

胃って沢山食べたら伸びるって聞きました。
膀胱ってしょっちゅう我慢してたら容量が大きくなるって読みました。

…そしたらその人はきっちりその分、お腹?が外に出るのでしょうか。
他の内臓が押されてつぶれたりしないのでしょうか。

そもそも、臓器と臓器はみっちりくっついていて、一つが大きくなったらそれに押されてしまうのか、
もともとある程度隙間があって、伸び縮みしても他の臓器は影響うけないのか…。

いまひとつ自分の体内がイメージできません。
人体模型みたいな画像を見ると、骨のすきまに内臓が浮かんでいるような…。
でも肺じゃないところに空気はないですよね、きっと。

物知りな方教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

体脂肪率を減らしましょう!

というメタボリック云々のはなしがあります。
体の中にも脂肪が・・・

つまり内臓の間には脂肪があります
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%82%E8%82%AA%E7%B5%84%E7%B9%94

Q五臓六腑の現代医学でのカテゴリ分け

内臓の臓器ごとのカテゴリ分けとして五臓六腑が有名ですが
現代医学でのカテゴリ分とは違うとのことです。
*wikipediaより

もちろん、細分化が進んでいるのでいくらでも細かくは言えると思います。

現代の医学、西洋医学で、最も大きいカテゴリ分けでいうと
(五臓六腑程度で)何種類の臓器と分けられるのでしょうか?

wikipediaの”人体解剖学”の内側
によると臓器は13のようです。
* 肝臓
* 心臓
* 肺臓
* 膵臓
* 腎臓
* 胃
* 小腸
* 大腸
* 膀胱
* 胆嚢
* 脳
* 副腎
* 脾臓
しかしこの分類が、何に基づいての分類なのかがよく分かりませんし、
私の感覚の“臓器”だと脳は意外な感じがしました。

この分類以外でも、違う分類があったら教えてください。

学派によってその分類が違うと思うので、
WHOの~によると、とか出典を教えてもらえると助かります。

Aベストアンサー

wikiの器官の項目です。動物の場合、器官と臓器はほぼ同義ですから、当てはめてもよいと思います。
「生物のうち、動物や植物などの多細胞生物の体を構成する単位で、形態的に周囲と区別され、それ全体としてひとまとまりの機能を担うもののこと。生体内の構造の単位としては、多数の細胞が集まって組織を構成し、複数の組織が集まって器官を構成している。」
周りと違う形をして、回りと違う機能をしていればそれが臓器と考えてよいと思います。
記載しておられるものの他には咽頭、喉頭、甲状腺、副甲状腺、胸腺、食道、子宮や精巣もざっと考えるだけでも挙げられます。脳も小脳と大脳に分けてもいいと思います。小腸も十二指腸と空腸、回腸に分けてもいいでしょう。目や鼻、舌、尿管、骨、筋肉、骨髄、皮膚、つめなんかも臓器と考えれば臓器です。きりが無いですね。

Q形態に基づいて分類することが難しい微生物を分類するには、どのような方法

形態に基づいて分類することが難しい微生物を分類するには、どのような方法がありますか?現在主として使われている方法を知りたいです。

Aベストアンサー

昔から重要だったのが、染色において差の出る細胞壁の
タンパク質の違いによる「グラム陽性・陰性」の区別です。
今は、遺伝子解析ができるので、相同の遺伝子の配列の
変異を比較して、微生物でもDNA系統樹を作成できます。

Q五臓六腑の六腑の中の三焦とは

六腑のうち5つは分かったのですが、三焦というのが何の臓器なのかさっぱり分かりません。ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こんばんわ。昔、中医学研修生をしていたことがあります。

五臓六腑の「臓」は実質器官で、「腑」が中空器官である事は既にお分かりかと存じます。

さて、そうすると三焦という腑は、何処の空間を構成する身体部分でしょうか。
じつは、現代(西洋)医学的な解剖を単純に当てはめるとすれば、「胸腔+腹腔」のことを指す大腑です。

因みに、「三」の意味ですが、「三焦」は上焦・中焦・下焦3つの総称です。
上焦:横隔膜より上の部分(胸腔)。
中焦:横隔膜より下~おへそ(腹腔上部)。
下焦:おへそ以下~恥骨(腹腔+そこに存在する小腸・大腸・膀胱なども含めた名称。)

さらに余談ですが、漢方や中医学の概念である五臓六腑は、単純に一般的な肝臓・心臓・脾臓・肺(臓)・腎臓/胆嚢・小腸・胃・大腸・膀胱・(三焦)に当てはめることは出来ません。中医学上の各臓腑は、哲学上というか観念上の存在であり、解剖上の部位名称では無いからです。
ですから、五臓六腑の存在を理解するためには、各器官の生理機能を学ぶ必要があります。

したがって、「三焦」の機能まで考慮すると――
「諸気を主宰し、全身の気機と気化作用を統括。また、その通路」
「水液運行の通路(=疎通水道機能)」
といった役目を担っている部位とされているので、現代的に言うと、「内分泌系」「神経系」によるコントロールや、「免疫系」「リンパ管・血管」なども含まれるかも知れません。

巷のインチキ整体師のように、「ここは胃の経絡(ツボの流れ)だから、あなたは胃が悪い。」などと説明するのは、あまりに安易であり、いい加減な解釈だと言わざるを得ません。

まぁ、インチキ整体師や不勉強な鍼灸マッサージ師等に限らず、
西洋医学的にしか漢方薬を使えないくせに、分かったつもりで小柴胡湯の処方をおこなって、劇症肝炎を引き起こし患者様を死亡させた医師も沢山いますけどね。
医師でも東洋医学の基礎をきちんと理解している者は少ないのが現状です。

かなり脱線気味ですが、ご参考まで。

こんばんわ。昔、中医学研修生をしていたことがあります。

五臓六腑の「臓」は実質器官で、「腑」が中空器官である事は既にお分かりかと存じます。

さて、そうすると三焦という腑は、何処の空間を構成する身体部分でしょうか。
じつは、現代(西洋)医学的な解剖を単純に当てはめるとすれば、「胸腔+腹腔」のことを指す大腑です。

因みに、「三」の意味ですが、「三焦」は上焦・中焦・下焦3つの総称です。
上焦:横隔膜より上の部分(胸腔)。
中焦:横隔膜より下~おへそ(腹腔上部)。
下焦:おへそ...続きを読む

Q大学の医学部で基礎医学を学んでいる学生です。

大学の医学部で基礎医学を学んでいる学生です。

高カリウム血症を起こすと不整脈から心停止に至るとあったのですが、いろいろ調べたのですがその発生機序がいまいちわかりません……

細胞内外のカリウムイオン濃度差が小さくなることによる静止電位上昇
(1)→・ナトリウムイオンチャネルの不活化
   ・イオンの拡散速度の低下
  →伝達速度の低下、洞房結節の機能低下
  →心停止

(2)→内向きカリウム電流が早期に流れ始めることによる早期再分極
  →プラトー相が短縮し、流入カルシウムイオン量減少
  →心筋収縮力低下

(3)→脱分極(活動電位)が容易になる
 →心拍数増加?
  (図を添付しました)

以上が私が調べた結果なのですが、(3)が特によくわかりません。また(2)においてなぜ内向きカリウム電流が早期に流れ始めるのかわかりませんでした。(1),(2)についても補足説明や訂正などあれば教えていただきたいです。

ご回答よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

http://s97702.blog82.fc2.com/blog-entry-61.html
こちらなどはいかがですか?

http://www.topaz-dent.jp/hyperkalemia.htm

 私が見たこれらサイトによると、
高カリウム血症(hyperkalemia)になると静止電膜位が小さくなるようですよ。

それで普通に(1)だけ考えればいいものと思います。

(2)と(3)は早期再分極による心筋興奮電流の再進入reentryによる不整脈(arrhythmia)をあらわしています。
(2)の「内向きカリウム電流が早期に」というのは
外のKが多いため、Kのバランスを正そうとKが細胞の中に入っていきます。
Kはマイナスの電荷を持つのでマイナスが細胞外から中に入るということで
内向きの電流が流れるということです。これで再分極します。
すると本来しっかり脱分極し不応期があることで伝達が一方方向に流れるのですが、
すぐ再分極しすぐ脱分極する(3)ことで、再進入reentryがおこりあっちこっちの細胞で脱分極が起こり心室細動が起こり致死性の不整脈となるという意味です。

まあ国試ではこんなこと覚えなくてもいいんです。
5.5 mEq/L以上を高カリウム血症ということと、7をこえるとやばいこと。原因と治療をしっかり覚えてください。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/akira/imakura/hyperkalemia.htm

http://s97702.blog82.fc2.com/blog-entry-61.html
こちらなどはいかがですか?

http://www.topaz-dent.jp/hyperkalemia.htm

 私が見たこれらサイトによると、
高カリウム血症(hyperkalemia)になると静止電膜位が小さくなるようですよ。

それで普通に(1)だけ考えればいいものと思います。

(2)と(3)は早期再分極による心筋興奮電流の再進入reentryによる不整脈(arrhythmia)をあらわしています。
(2)の「内向きカリウム電流が早期に」というのは
外のKが多いため、Kのバランスを正そうとKが細胞...続きを読む


人気Q&Aランキング