ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

以下の事例の場合の仕訳について教えてください。

3月決算の会社で3月1日に翌期の4月~9月までの広告宣伝について契約を締結しました。
支払いは全額前払いで3月1日という契約なのですが、3末時点では未だ支払いをしてない状態で、4月1日に支払ったとします。

このとき、当期の決算仕訳で未払金の認識をすると思うのですが、
相手勘定って何を立てればいいのでしょうか。

役務提供は4月からなんで費用処理はできませんし、でも支払いは当期の3月で債務は確定してるものの支払いは未だの状態ですし。

3末  ???   / 未払金
4首  未払金   / 現金
   広告宣伝費 / ???

という感じで何かを???に入れると思うのですが、
見当がつきません。根本的に考えが間違っているのでしょうか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>3月決算の会社で3月1日に翌期の4月~9月までの広告宣伝について契約を締結しました。

支払いは全額前払いで3月1日という契約なのですが、3末時点では未だ支払いをしてない状態で、4月1日に支払ったとします。

#2の回答と同じで、このようなケースでは未払計上は不要です。

(1)契約書の記載に従って広告宣伝の委託側が料金の支払を3月1日に行わなかったので、一見、債務(未払金)が発生しているように見えます。しかしながら、この契約は、料金が支払われない限りは広告宣伝の受託側に広告宣伝の義務が発生しない契約であると読むべきでしょう。(お金が払われないうちは受託側は広告宣伝活動を開始しません。それだけの事です。)

(2)「未払金」は、既に物またはサービスの提供を受けたにも拘わらず、未だ代金が支払われていない状況で、その債務の処理する科目です。決算時点においては、委託側は広告宣伝のサービスの提供を受けていないのですから、会計としては、未払金を使えません。

以上、二つの理由により、このようなケースでは決算での未払計上は不要と言えます。

なお、4月1日に支払ったのであれば、

4月1日
〔借方〕前払金OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

となります。

そして、広告宣伝のサービスの提供を受けた時点で、

〔借方〕広告宣伝費OOOO/〔貸方〕前払金OOOO

と振り替えます。

月次決算を行わない会社ならば、

4月1日
〔借方〕広告宣伝費OOOO/〔貸方〕当座預金OOOO

でもOKです。
    • good
    • 0

確かに、法的には債務が確定し、3月末日時点で履行遅滞ともなっていますね。

しかし、会計上は3月末日時点での仕訳をしてはならないといえます。

根拠は、金融商品に関する会計基準注3です。これによれば、役務提供の対価に係る金銭債務は、役務提供の完了によりその発生を認識するのが原則となります。お書きのケースに当てはめれば、3月末日時点では役務提供が開始されてもいませんから、未払金計上をしてはならないことになります。

4月以降の仕訳は、支払を終えるまでは各月の末日(「役務提供の完了」でなければならないため、末日)に
広告宣伝費/未払金(確定債務であるため「未払金」)
の仕訳をし、支払ったときは
それまでの未払分につき  未払金/現金預金
これからの分につき  前払費用/現金預金
の仕訳をするのが原則となります(継続的役務提供の前払いであるため「前払費用」)。

御社で使用する勘定科目や御社で通常付与する伝票日付、重要性の原則の適用などにより、適宜変更してください。
    • good
    • 0

#2です。


質問をもう一度読んで気がついたのですが、4月1日に4~9月分の経費を一括払いしたのでしょうか。
だとしたら処理が変わってきます。1ヶ月当り1万円だとして
 3月末 会計処理なし
 4月1日 広告宣伝費 10000 現金 60000
     前払費用  50000
 5月x日 広告宣伝費 10000 前払費用 10000 
以降9月まで前払費用を落としていきます。
費用計上より先に支払ってますので前払費用を使います。
 
    • good
    • 0

こんにちは。


今回のケースでは未払計上は不要かと思います。
広告宣伝費を4月の費用としてたてる場合、
3月に支払してあれば、支払時に広告宣伝費xxx現金xxx
 決算時 前払費用xxx広告宣伝費xxx
 翌期  広告宣伝費xxx前払費用xxx
3月中に未払いなら、債務が確定していてもそれはあくまでも契約上の話であって、経理上は何もしなくてもいいのではないでしょうか。
 したがって、翌期支払時に広告宣伝費xxx現金xxx
 という処理になるかと思います。
参考までに、広告宣伝費を3月の経費として計上し、支払が4月の場合は
 決算時 広告宣伝費xxx未払費用xxx
 翌期支払時 未払費用xxx現金xxx
となります。
会社によって処理が違ってきますが、基本は上記の通りです。
    • good
    • 0

宣伝広告費   / 未払い費用



その後に

未払い費用   / 現金預金

でいいと思います。

企業会計原則だと、未払い金ではなく、未払い費用を使用するようになってますね。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q未払金と未払費用の違いについて。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の購入費用。
会計原則では、「継続的な役務提供を受ける場合、期末までに提供済みの部分について未払いのもの」となっていますが、実務では、費用の未払い分と理解してして簡易処理する場合があります。

各々の定義は以上の様になっていますが、未払金の説明にある
>会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。
という文がある為に混乱しています。

「費用になるもの」も未払金になるのであれば、未払費用とはどうやって区別すればいいのでしょうか。
未払金と未払費用の正しい分別の仕方を教えて下さい。
宜しくお願い致します。

未払金・・・{例}固定資産の未払額、有価証券の未払い額。

物、またはサービスを買い入れてまだ代金を払っていないものをいいます。また、商品・材料などの営業用の物品購入勘定である買掛金とは区別します。
会計原則では事務用品等の「費用になるもの」もあてはまることになっていますが、実務では、この部分は未払い費用と決めて、処理のし易い割り切った考え方を取り入れているところもあります。

未払費用・・・{例} 家賃、給与、賃借料、経費一般の未払い額。

まだ支払いの済んでいない営業用外の...続きを読む

Aベストアンサー

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてください。

>例えば、給料を考えてみましょう。
>毎月20日締めの翌月10日払いとします。
>当月21日~末日までの給料は未払費用となり、
>前月21日~当月20日までの給料は未払金となります。
>なぜなら、この例でいえば、契約上、毎月21日~翌20日までの役務の提供をもって完了すると考えられるので、
>月末における翌月10日に支払う給料は未払金として処理され、
>当月21日~末日までの給料は、月末時点では、当該契約から判断して、
>役務の提供がすべて完了していないので未払費用として処理されることになります。

質問の内容どおり、会計原則上、「費用」の未払い分は「未払金」、「未払費用」のどちらにもなりえます。
契約上の役務の提供が完了していれば「未払金」、
未完了であれば「未払費用」という区分けです。

そうはいっても、この違いを意識するのは結構面倒なので、費用の分はすべて「未払費用」と仕訳する実務を取り入れてるところもあるんだよ。ってことをいってます。会計原則にはもちろん反していますね。

会計原則上の違いについて、こんな例が紹介されているサイトがあったので参考にしてみてくださ...続きを読む

Q保証料(銀行融資を受けた際)の勘定科目は??

銀行より短期借入金として融資を受けました。
その際保証料が引かれていたのですが、勘定科目は何になりますか?

Aベストアンサー

手数料ないしは雑費(販管費)でよろしいかと存じます。
なお、今回は短期借入金に対する(都道府県保証協会などの)保証料とのことですので、1年以内の保証になりましょうから当期の損金としてよろしいかと存じます。
これが、長期借入金にかかる保証料であれば、「保証という役務にたいする対価の1年以上の先払い」とみなし、前払費用を適用する必要があります(決算期ないしは各月ごとに前払費用を費用に振り替えることになります)。

Q前払金と前払費用の違いって?

簿記を勉強しているのですが,前払金と前払費用の
違いがいまいちよくわかりません。
役務の提供があるかどうかで区別するのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

企業会計原則注解5には

 前払費用は、一定の契約に従い、継続して役務の提供を受ける場合、
いまだ提供されていない役務に対し支払われた対価をいう。
従って、このような役務に対する対価は、時間の経過とともに次期以
降の費用となるものであるから、これを当期の損益計算から除去する
とともに貸借対照表の資産の部に計上しなければならない。
また、前払費用は、かかる役務提供契約以外の契約等による前払金と
は区別しなければならない。

とあります。

【前払金】は役務の提供がまったく行われていない場合に用いられ、
【前払費用】は継続的な役務の提供という契約の一部が行われている場合に用いることになるかと思います。

Q未払金と買掛金について

こんにちは。
連続して投稿しています。まとめればよかったのですが内容が違うので別にさせていただきました。

新しい会社に来て1ヶ月経つのですが、未払金と買掛金のことで頭を悩ませています。
以前いた会社では原価にあたるものの支払は買掛金、販管費にあたるものの支払は未払金としていました。
しかし、今の会社は原価にあたるものも未払金となっているものがあるのです。たとえば、通信費や消耗器具備品費(弊社では原価にあたります)です。いずれも直接原価もあり、間接原価もあります。一方で、外注費(他の会社の方にソフト製作に携わっていただくので)は買掛金で処理しています。
本で調べてみたのですが、やはり原価に対応するものは買掛金、それ以外は未払金というように理解できました。
なので今の会社の処理には疑問をもってしまうのですが、どなたか教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

私は製造会社に39年会計担当者として勤務して退職しました。私も最初は買掛金、未払い金の区別に迷いましたが一応原材料(主要、補助)は買掛金、経費は未払い金として処理したのですが困ったのは原材料を買っている得意先から経費に当るものの購入です。同じ会社を買原簿、未払い簿に分けると支払いやらその他統計的にも面倒ですし結局得意先によって原材料も経費も一緒に記入しました。(コンピューターの無い時代でした。)即ち原材料を買っているA会社から経費に該当するものを購入しても買掛金に、経費に該当するものを購入しているB会社から原材料をかっても未払い金にしていました。それで問題は在りませんでした。一度税務署の調査で「お宅は買掛金の中に経費が入っていますね」と言われましたが別にそれだけでした。結局どちらでも良いのです。それでは何か問題がありますか。

Q事務所の賃貸契約時の仕訳

先日新しい事務所の賃貸契約をしてきました。契約時に支払った項目、金額、支払先は概ね次の通りで、全て現金で支払いました。
それぞれの項目の勘定科目と仕訳を教えてください。
賃貸契約期間は、7/15から2年間です。
また当社の決算は3月末ですが、決算時の振替処理がありましたら、合わせて教えていただけると助かります。

1.敷金:400,000(うち償却200,000)→大家さん個人
2.礼金:420,000→大家さん個人
3.前家賃(7、8月分):315,000→大家さん個人
4.前共益費(7、8月分):47,250→大家さん個人
5.火災保険料(2年掛捨):41,090→管理会社
6.仲介料:210,000→不動産仲介会社
7.保証料(半年分、掛捨):230,000→連帯保証人代行会社

特に、7の連帯保証人代行の保証会社への保証料がよくわかりません。保証料とはいっても、一切帰ってこないお金ですし、期間も今期中の分なので、費用に計上したいのですが、科目が??です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記のようになります。

貸方は全額 「現金」です。

借方
敷金       200.000(返還される分)
長期前払費用   200.000(返還されない分)
繰延資産(礼金)  420.000
賃借料(前家賃)  315.000
賃借料(前共益費)  47.250
保険料(1年分)   20.545
前払費用(1年分)  20.545(来期に保険料へ振替え)
支払手数料(仲介料)210.000
支払手数料(保証料)230.000

敷金は差入保証金でも良いです。
今回は該当しません、が敷金の返還されない分が200.000未満であれば、支払時の経費として処理できます。
長期前払費用は繰延資産でも良いです。
 
なお、長期前払費用200.000(返還されない分)と、繰延資産(礼金)420.000については、5年又は、賃貸期間が5年よりも短い場合は、その年数で償却します。

償却時の仕訳
支払手数料 **** / 繰延資産(又は長期前払費用)
 

Q仕訳における送料運賃の処理方法

昨年はわけも分からず白色で、今年は青色申告に挑戦です(申込済み)!しかし実際の帳簿付けは困難です。お助け下さい。

内容です。商品を宅急便でお届けしてますが、売れた商品の金額は間違いなく(売掛金)○○(売上)○○ですよね。
しかしお客様からは送料も含まれた形で入金されます。だから販売の段階で(売掛金)○○(荷造運賃、又は発送費?)○○とも計上し、入金あったの段階で(普通預金又は現金?)○○(売掛金)と(荷造運賃)○○(売掛金)○○と仕訳をすれば間違いないのでしょうか。

また場所によっては送料を値引きする場合もありますし、一体どういう処理をしたら正しいのか教えてください!

Aベストアンサー

発送運賃を先方が負担する場合、「売掛金」で処理をします。
なお、商品代金と別に精算するときは「立替金」で処理をします。

(一緒に精算)
販売時
10万円で販売して、運賃3000円を支払った場合。
売掛金 103,000  /売 上 100,000
         現 金   3,000

入金時
現金又は預金  103,000  /売掛金 103,000

運賃を請求しない場合は、支払運賃で処理をします。

10万円で販売して、運賃3000円を当店負担で支払った場合。
売掛金  100,000  /売 上 100,000
支払運賃  3,000 現 金  3,000

参考urlもご覧ください。

参考URL:http://www.boki.info/HPboki/6f-1-P011.htm

Q事務所の更新の仕訳

個人事務所(青色申告)ですが、家賃の更新代金の仕訳について教えて下さい。
〔更新料10,000円、消費税5,000円〕

尚、毎月の家賃の支払では消費税込みで仕訳をしています。
→ (地代家賃)15,000 (普通預金)15,000

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

賃貸借契約に係る更新料については、資産を賃借するための権利金等として、税法上の繰延資産に該当しますので、資産計上した上で、5年間(又は賃貸借期間が5年未満の場合はその賃貸借期間)にわたって償却していく事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5460.htm

ただ、会計上の繰延資産は、商法上の繰延資産に限られるため、表示上は、投資その他の資産の区分の中の「長期前払費用」として、計上する事となります。
(長期前払費用)262,500 (普通預金)262,500

あっ、個人でしたね、それであれば、そこまで貸借対照表の区分にこだわる必要もないので、「繰延資産」や「更新料」といった感じで内容がわかれば良いとは思います。
例えば、次のような感じ

(更新料)262,500 (普通預金)262,500

そして、償却する期間に渡って、毎決算時に減価償却費に計上していく事となります。

仮に更新にかかる賃貸借期間が3年として、10月に支出した場合

<今年>

262,500円×3(10~12月までの月数)/36=21,875円

(減価償却費)21,875 (更新料)21,875

<2年目、3年目>

262,500円×12/36=87,500円

(減価償却費)87,500 (更新料)87,500

<4年目>

262,500円-(21,875円+87,500円×2)=65,625円

(減価償却費)65,625 (更新料)65,625



それと消費税の件は、金額の桁の問題だったのですね、失礼しました。

賃貸借契約に係る更新料については、資産を賃借するための権利金等として、税法上の繰延資産に該当しますので、資産計上した上で、5年間(又は賃貸借期間が5年未満の場合はその賃貸借期間)にわたって償却していく事となります。
http://www.taxanswer.nta.go.jp/5460.htm

ただ、会計上の繰延資産は、商法上の繰延資産に限られるため、表示上は、投資その他の資産の区分の中の「長期前払費用」として、計上する事となります。
(長期前払費用)262,500 (普通預金)262,500

あっ、個人でしたね、それで...続きを読む

Q経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。

経理で言う「洗替」とはどんな種類の仕訳のことを指すのでしょうか。
具体的な仕訳を挙げて説明していただけると助かります。

Aベストアンサー

#1さんがお答えになっているのが非常にわかりやすいと思います。
その例を使わせていただき、もう少し細かくすると。
例えば平成18年3月期に100の貸倒引当金を計上するとします。
(平成18年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 100 / 貸倒引当金 100
(平成18年4月1日の仕訳)
貸倒引当金 100 / 貸倒引当金繰入 100
ここで昨年のをすべて洗い替えるようにもどに戻します。
その上で平成19年3月の貸倒引当金が120とするなら
(平成19年3月31日の決算仕訳)
貸倒引当金繰入 120 / 貸倒引当金 120
とまた今年度分を仕訳します。

仮に「洗替」をしない場合には平成18年4月1日の仕訳は行わず
平成19年3月31日の仕訳で
貸倒引当金繰入 20 / 貸倒引当金 20
前年ですでに100は引当金を計上しているので残りの20だけ追加で
計上します。

Qライセンス取得の経理処理について

市販ソフトと高額なCADソフトのライセンス取得について、経理処理が同じというのに疑問を感じたのでご相談します。

現在、市販のソフト及びCADソフトのライセンス料を支払手数料で処理されています。その根拠は、どちらもソフト代(物品)と見ているのではなくて、使用できる権利を買ったと考えておられるそうです。

しかし、CADソフトのライセンスは確かにものはなくインターネットで登録するだけのものなので、これから使用するのに掛かった登録手数料として、支払手数料でもいいと思います。
その反面、市販ソフトはパッケージの箱(CAD-ROM)が存在し、キット自体は数百円のものぐらいだと思いますが、それに数万のライセンス料(使用できる権利)が含まれていて、十数万の物品と見るべきかライセンスという権利手数料と見るべきか判断に悩んでいます。私は、事務消耗品費か雑費か少額資産あたりに該当するのではないかと思います。

みなさんは、どう経理処理されていますか?
また、基本的な考え方が記されているHPや税法が存在すれば、教えて下さい。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり、かつ、かたちがないものであるので、当然、無形固定資産として処理されます。

したがって、税務上は1つのライセンスあたりの単価が10万円までなら支払手数料でも消耗品費でも雑費でもかまいません。勘定科目はその会社の判断で行うのが基本です。支払手数料で処理されているのならそのやり方を変えてはいけません。

10万円を超えるものは無形固定資産のソフトウェアとして処理することになります。中小企業であれば、30万円未満であれば少額減価償却資産の特例を使うことができます。

ソフトウェアのライセンスは会計上、無形固定資産に分類されます。

この無形固定資産の言葉の意味の説明ですが、
固定資産とは、長期間にわたって使用または利用される資産のことをいいます。
そして無形は、文字どおり姿かたちがないものを意味します。

無形固定資産とされるものの具体例として、特許権や商標権、営業権などのいわゆる法的な権利(ライセンス)が無形固定資産として処理されます。

これらと同様に、ソフトウェアのライセンスは、長期間にわたって使用される権利(ライセンス)であり...続きを読む

Q矢印キーのロック解除方法

矢印キーがロックされてしまい、エクセルで矢印キーでのセルの移動ができません。解除方法を教えてください。

Aベストアンサー

キーボードのスクロールロックキーを押してください。
ノートPCだとFnキーを押しながらNumLkキーを押すなどなっている場合があります。


人気Q&Aランキング