今猛威をふるっている新型インフルエンザにつきまして、紫外線ランプによる空気殺菌器具がインフルエンザを死滅させるようなことが書かれている製品を見受けるのですが、実際のところ効果は期待出来るものなのでしょうか? 
私個人的に思っているのは「食中毒」などの原因とされる菌に効果があるだけで到底インフルエンザには効果は無いと思っているのですが...

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

効果はありますが、


最大の欠点は、光であるだけに、影の部分には、
全くといっていいほど効果がないことです。
表面は、効果がありますが内部や裏側には効果なしです。
    • good
    • 1

 獣医師でウイルスに専門知識を有します。



 その製品の詳細を知らないので、実際の装置としての有効性までは判りませんが、紫外線はインフルエンザウイルスに効きますよ。強度と照射時間にも依りますが、ほぼ全ての病原微生物を死滅させる効果があります。

 ただ・・・"病原微生物"だけでなく、ほぼ全ての生物に対して強い毒性を持つので、使いづらいのですけどね。
 細菌やウイルスを扱う実験室や安全キャビネットの中などを殺菌(殺ウイルスも)するために紫外線ランプを点灯することはラボでは普通に行われていますが、実験器具や備品も紫外線焼けして変色したり、酷い時には変質して寿命が短くなったりします。もちろん照射時には人間は室外に待避しないと危険ですし。

 室内の空気を吸入して機械内で紫外線照射し、殺菌した空気を再び室内に戻すようなタイプのものなのでしょうか。それなら「空気を清浄化する」という意味においては効果が期待できるでしょうが、でも単純な話、空気清浄機がウイルスで汚染された空気を吸入する前に、部屋にいる人間がその空気を吸入してしまったら意味がないわけで、値段にもよりますが(けっこう高いのでは?)私ならあまり興味を持てないと思います。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q目からの日焼け?で全身日焼け 元に戻りません。

目からの日焼け?で全身日焼け 元に戻りません。

小学生の子どもが、数年前より
5月頃から日焼けするようになり、その日焼けが元に戻らず
1年中(夏と冬とでは多少濃さが違いますが)日焼け状態で
気づくと、露出していない箇所まで全身焼けています。
目からの紫外線で全身日焼けしてしまうと聞き
今更ですが、先日UV効果のあるメガネを購入しました。
この日焼け、どうしたら元に戻るでしょうか?

Aベストアンサー

エステティシャンです。
目からの日焼け・・・マウスの実験では証明されていますよね。
60パーセントは目から入った紫外線を脳(脳下垂体)が感知して、指令が出された結果だとか。

シミ予防、ということで私も気をつけています。

子供は日に当たる機会も多いし(遠足に体育にプールに運動会に毎日の登下校、ほんとに嫌だった(><)背が低い分地面からの照り返しも受けますから、日焼けしやすいですよね。
私も小学生の時は真っ黒でした。
体が小さくて黒かったから”カリメロ”とか言われてました。(頭に卵の殻を乗せたアニメのキャラクター、ご存知でしょうか。今思えばかわいいんですけど^^:)
冬に白く戻る前に、また夏が来てしまうかんじで、年々黒くなっていくかんじがして嫌だったので、
10歳くらいの時から日焼け止めを塗っていましたね。
でもお小遣いが足りなくてタマにだけ、夏場は毎日塗りだしたのは中学になってからでしたが。
でも地道に焼かずにきたせいか、今は「色白美白肌」です。
とくに社会人になってからは、本当に白くなりましたね。
やっぱり外に出ないのが一番なのかもしれません(不健康ですが^^;
美白化粧品(必ず医薬部外品)とビタミンCのサプリも高校くらいからずっと続けています。

メガネも効果的だと思いますが、サングラスと同じで隙間からも紫外線は入ってきますから、
なるべく大きめのものを選ぶとか、日差しを遮る帽子や日傘も併用するといいと思いますよ(^^)
コンタクトや紫外線防止の目薬もありますしね。

子供の美肌を気にしてくれるなんて、いいお母様(?)← 違ったらすみません)ですね。

エステティシャンです。
目からの日焼け・・・マウスの実験では証明されていますよね。
60パーセントは目から入った紫外線を脳(脳下垂体)が感知して、指令が出された結果だとか。

シミ予防、ということで私も気をつけています。

子供は日に当たる機会も多いし(遠足に体育にプールに運動会に毎日の登下校、ほんとに嫌だった(><)背が低い分地面からの照り返しも受けますから、日焼けしやすいですよね。
私も小学生の時は真っ黒でした。
体が小さくて黒かったから”カリメロ”とか言われてました。(頭に卵...続きを読む

Q銅箔テープでも殺菌効果は期待できますか

 飲食店で働いています、今はドアノブをアルコールや次亜塩素酸ナトリウムで消毒していますが
医療機関で銅製のドアノブを使っているところもあると知りました。
しかし売っている所が分からないので試しに銅箔テープを貼ろうかと思ったのですが効果はあるのでしょうか。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

多少の効果は期待できるでしょう。
エッジで手を切らないように工夫が必要です。
銅の部分はむき出しにする必要が有ります。
これまでの対策を全て止める事が出来るかどうかは知りません。

銅の抗菌効果は色々な所で研究されています。
例えば、
http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/2693/1/KJ00004827940.pdf
https://messe.nikkei.co.jp/ac/news/125041.html


最近では、光触媒を使った抗菌材料が注目を浴びています。
http://www.kitaq-ecotown.com/ecopremium/premium/products/19.php
http://www.toshiba-tmat.co.jp/res/theme5.htm
http://www.dmccoltd.com/products/film_antibacterial.asp
http://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100154.html

多少の効果は期待できるでしょう。
エッジで手を切らないように工夫が必要です。
銅の部分はむき出しにする必要が有ります。
これまでの対策を全て止める事が出来るかどうかは知りません。

銅の抗菌効果は色々な所で研究されています。
例えば、
http://teapot.lib.ocha.ac.jp/ocha/bitstream/10083/2693/1/KJ00004827940.pdf
https://messe.nikkei.co.jp/ac/news/125041.html


最近では、光触媒を使った抗菌材料が注目を浴びています。
http://www.kitaq-ecotown.com/ecopremium/premium/products/19.php
http:...続きを読む

Q☆紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(体用)

☆紫外線吸収剤不使用の日焼け止め(体用)
肌が弱く、どうしても紫外線吸収剤に肌が負けてしまいます。
アットコスメで評判が良いニベアのものですら無理でした。
ボディ用の日焼け止めで、紫外線吸収剤不使用(紫外線散乱剤は大丈夫です)のものがあれば教えてください。SPFは25~30あれば十分です。

Aベストアンサー

こんにちは。
私も、紫外線吸収剤不使用の日焼け止めを使っています。

今まで私が使ったものでお勧めは
・ファンケル サンガード30 フェイス&ボディ
(SPF30、PA+++)
・花王 キュレル 薬用UVローション
(SPF25、PA++)
・資生堂 サンメディックUV デイプロテクト(ノンケミカル)
(SPF31、PA++)

全て紫外線吸収剤不使用ですよ。
私は今年は資生堂のサンメディックを使っていますが、なかなか良いです♪

お肌に合うものが見付かるといいですね(^-^)

Q新型インフルエンザの殺菌効果について

新型インフルエンザ対策に殺菌剤が使われています。
ウィルスは生物でなくタンパク質と認識しておりました。
殺菌剤がウィルスに有効なメカニズムを教えていただけませんか?

Aベストアンサー

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 「殺菌剤」というのはあまり使わない言葉なのですが、消毒薬のことを指していると受け取ってよろしいのでしょうか。
 狭義の抗生物質である「抗菌剤」と紛らわしい言葉ですし、消毒薬は"菌"だけでなく広範囲な病原微生物に有効なので、「殺菌剤」という言い方は通常しません。("菌"である真菌にはたいてい効かないし)

 ま、消毒薬のことであるとの前提で回答します。

 消毒薬は他の方の回答でも出ていますが、酸やアルカリによって物理的にウイルスや細菌の構造蛋白を壊すことで殺菌または殺ウイルス効果を示します。
 これも他の回答にありますが、エンベロープを持つウイルスは、脂質膜であるエンベロープを壊せば感染性を失うので、エタノールでも容易に死滅します。エンベロープというのは、ウイルスが感染した細胞内で増殖し、細胞の外に出る時に細胞膜の一部を奪って行くものだと理解して頂ければ良いでしょう。

 エンベロープを持たないウイルスは、ウイルスのカプシド蛋白そのものを壊さなければ失活できないのですが、その蛋白質の構造によって消毒薬や熱に強いモノと比較的弱いモノがあります。
(エンベロープの有無はウイルス種毎に決まっていて、細胞内で増殖したウイルスが"どのように"細胞外に出て行くのか、という方法と密接な関係があります)

 一般的には、エンベロープを持つウイルスはエタノールで容易に失活し、消毒薬や熱にも弱く、エンベロープを持たないウイルスはエタノールでは失活できず、消毒薬や熱にも比較的強い傾向があります。
 最強の部類に入るのはノロウイルスやロタウイルスでしょう。消毒薬は塩素系しか効きませんし(逆性石鹸などはほぼ無効果)、熱にも非常に強いです。
 インフルエンザウイルスは、どちらかというと弱い方から数えた方が速いウイルスです。

 「殺菌剤」が抗菌剤の意味でしたら、インフルエンザだけでなくウイルスには効きませんので使用されていません。(二次感染防止などの副次的な使用はある)
 抗菌剤は細菌に特異的な代謝系を阻害することによって殺菌あるいは静菌作用を示すモノです。ウイルスは「代謝」をしませんので(増殖に伴う構造or非構造蛋白の合成や遺伝子の複写は"代謝"ですが、その代謝はウイルスではなく感染した宿主細胞が行っている)、ウイルスに効く抗菌剤は存在しないわけです。

 抗ウイルス薬というのもあります。インフルエンザに対するタミフルやリレンザが有名ですね。
 これはウイルスに特異的な増殖に必要な酵素(タミフルやリレンザの場合はノイラミニダーゼ)を阻害することによってウイルスの増殖を抑える薬剤です。なので、抗菌剤がある程度広範囲な細菌に効果があるのに対し、抗ウイルス薬は"そのウイルスにしか効かない"ことになります。

 獣医師でウイルスに専門知識を有しています。

 「殺菌剤」というのはあまり使わない言葉なのですが、消毒薬のことを指していると受け取ってよろしいのでしょうか。
 狭義の抗生物質である「抗菌剤」と紛らわしい言葉ですし、消毒薬は"菌"だけでなく広範囲な病原微生物に有効なので、「殺菌剤」という言い方は通常しません。("菌"である真菌にはたいてい効かないし)

 ま、消毒薬のことであるとの前提で回答します。

 消毒薬は他の方の回答でも出ていますが、酸やアルカリによって物理的にウイルス...続きを読む

Q日焼けと紫外線の関係

 夏ということで、UVカット「のクリームを塗ろうかと思ってちょっと考えたんですけど、UVカットクリームって紫外線を遮断するわけですから、日焼けしなくなりますよね?。
 あと、逆に日焼けクリーム(日焼けしやすくなるクリーム)ってどういう仕組みなんでしょうか?。
 皮膚が紫外線をカットしにくくするから、日焼けしやすくなるんでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。

「日焼け止め」クリームは紫外線をカットします。

一方、「日焼け」クリームは紫外線の短い波長UVBのみをカットします。

いわゆるこんがり黒く焼けるのは、紫外線の長い波長UVAの働きで、
短い波長のUVBは肌を赤くしたり炎症を起こしてしまいます。

「日焼け」クリームは、短い波長のUVBだけをとり除くことによって、
こんがりキレイに焼けるようになっているわけです。

参考サイトもどうぞ。



参考URL:http://www-ai2.csis.oita-u.ac.jp/~sugiyama/ture/eh14/6m/6.html#14-06-17

Q芽胞形成菌を死滅させる方法を教えてください。

食品会社に勤務するものです。
このたび工場内を一斉清掃することになったのですが、
セレウス菌などの芽胞形成菌を死滅させるのに良い方法を
教えてください。
熱に大変強く、アルコール類の殺菌も効果がないと聞きました。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。
どれくらいの規模の工場なのでしょうか?
おそらくバルブ類などが主となるのではないでしょうか。

よく洗浄し乾燥させてから酸化エチレンガス(EOG)が効果的です。
滅菌後再洗浄の必要はありません。
それができなければ次亜塩素酸ナトリウム(ハイター)などに数時間浸しておけばいいでしょう。但し金属類の腐食がありますので長時間の使用はご注意下さい。
また使用後はよく洗浄しておかないと大変なことが起きてしまいます。
食品関係(直接食材が触れるもの)はこれくらいでいいでしょう。
あとは床などはクレゾールなどがよいでしょう。工業用でいいものがあるはずです。

こんなところでしょうか。
もしよろしければ所轄の保健所食品衛生課へ問い合わせて下さい。
専門の技師や係員がいるはずです。
また職場には食品衛生管理者及び統括責任者がいるはずです。
彼らは専門知識を持っています。
また定期的に保健所等の立ち入り検査を受けているはずですのでよくこれらのことは知っているはずですし、知らなければなりません。

Q目の日焼け。

毎週、テニスをしています。
屋外なので、紫外線対策がかかせません。
肌は日焼け止めで防いでますが、目も日焼け(?)ってするのでしょうか?
UV機能付きの使い捨てコンタクトを使っていますが、たまに、テニス後、目が赤くなる事があります。(ヒリヒリした感じ)
こんな時、普通の目薬を注してもいいのでしょうか?
また、防止策は、サングラスぐらいでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは
紫外線は眼にも有害です。
雪眼(雪山登山などで発症する事があります)が有名ですが、眼が腫れて開けられなくなります。
人工的にはアーク溶接などの紫外線が強烈に発生します。
この様な作業時には保護具として眼鏡等の使用が義務づけられています。(ご覧になったこともきっとあるでしょう)
以上述べましたとおり、サングラスなどを使用した方が良いと思います。
ちなみに、赤外線も水晶体を濁らせる事が知られています。

Q大腸菌群の殺菌方法

大腸菌群の殺菌方法として、効果的な方法を探しています。
アルコール、次亜塩素酸ナトリウム、除菌剤、加熱処理・・・
わかる方いらっしゃいましたら、教えてください。
すみませんがよろしくおねがいいたします。

Aベストアンサー

大腸菌が検出されてはいけないとのことなので、食品関係の加工場のようなところですか?
作業台(木・スチール・ステンレス)の上だけでよいなら、No2の方が仰るように消毒用アルコール(70%エタノール)だと思います。もうちょっと正確に言うと、日本薬局方でいうところの70%(w/w)エチルアルコールです。

たとえば食品加工場であると仮定して、そこで使う布類やプラスチック器具であれば次亜塩素酸ナトリウムがよいですし、手指の消毒には逆性せっけんが適しています。
コストによっては使い捨て器具を使うのもアリです。

Q紫外線と日焼けについて

紫外線が強いと日焼けするんですよね?
つまり太陽が雲にかくれてても紫外線は太陽が出てるときと同じくらいあたるのですか?
そしてどのくらい太陽に当たってれば日焼けしてきますか?
例えばヤフーの天気の紫外線情報のとこを使ってみます。
http://weather.yahoo.co.jp/weather/jp/expo/uv/34/6710.html
ここだと非常に強いの場合肌へダメージが生じるまで、20分前後とありますが20分前後の間から徐々に日焼けしてくるというわけですよね?

それともっとも紫外線が強い時間帯は何時~何時の間でしょうか?

正確な情報待ってます

Aベストアンサー

>ということは20分以上たつとヤケドしてきてそのヤケドを直すためにメラニン色素がはたらいてそれが茶色くなっていわゆる日焼けとなるわけですね
ありがとうございます


いいえ違います。
日焼けは程度の差はありますが、太陽光線に当たった直後から起こります。
メラニン色素は、時間的に遅れて発生するだけだと思います。

「日焼け」と「焼けど」は違います。

「焼けど」は水ぶくれなど、熱い物の触れた時と同じ「焼けど」の症状ということです。
危険ですので、晴天時に長い時間直射日光に肌をさらすのは止めてください。

「日焼け」をしたいのでしたら、間隔をおいてください。
なお、急激に日焼けをすると、すぐ皮が剥けたり焼けどに近い状態になったろして「醜く」なるだけです。

Q食中毒菌に詳しい方、教えてください。

こんばんは。お世話になります。


サルモネラ菌等の食中毒菌が、手や衣服や床等に付着した場合、
(たとえば、サルモネラ菌に汚染された鶏肉の肉汁をズボンや床にたらしてしまった場合等)
食中毒菌は、どのくらいの時間、(食中毒を引き起こすレベルで)生存するのでしょうか?


宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

そのまま放置しておくことを前提としておくならば、
肉汁が蒸発して、その箇所が完全乾燥しても多少は生存しますが、
その後死滅していきます。
しかし、一般的にそのようなことはないはずです。
手を洗った時、それまでにどこを触ったか?
衣服・床を洗浄する前にたれた箇所がどこに触れたか?
拭いたりした時は何で拭き、その後どうしたか?

その触れた箇所、拭いた物を他の人が触れ、その手に移動。
その手を媒体として様々な箇所に撒き散らされていき、最終的に食物に触れた時、
そのまま放置しておくと食中毒を発生させる数にまで増殖し、そのものを食べた後に発病させる可能性があります。
ですから、元は食中毒を発生するような菌数がなくとも、巡り巡って
食物に付着し、その後増殖したものを食した時に食中毒は起きます。
ですので、食物に触る前にはしっかりとした手洗いが必要なのです。

また、中心温度70度1分の加熱で菌はほとんど死滅します。
しっかりと火を通すことも必要です。

なお、サルモネラ属菌が1個や100個ついている食物を食べても発病はしません。
個人差にもよりますが、一般的なサルモネラ属菌で10万個程度付着していれば発病すると言われています。

そのまま放置しておくことを前提としておくならば、
肉汁が蒸発して、その箇所が完全乾燥しても多少は生存しますが、
その後死滅していきます。
しかし、一般的にそのようなことはないはずです。
手を洗った時、それまでにどこを触ったか?
衣服・床を洗浄する前にたれた箇所がどこに触れたか?
拭いたりした時は何で拭き、その後どうしたか?

その触れた箇所、拭いた物を他の人が触れ、その手に移動。
その手を媒体として様々な箇所に撒き散らされていき、最終的に食物に触れた時、
そのまま放置して...続きを読む


人気Q&Aランキング