ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

去年の春頃、3年物くらいの黒松の盆栽を購入しました。

夏前くらいに芽切りをするようにと言われ切ったのですが、その後葉を抜きすぎたのか、スカスカになってしまいました。

今年の芽が出てきたのですが、これもいくつか切ったほうがいいのでしょうか?
このまま切らずにおいたら、黒松によくないのでしょうか?

よろしくお願いします。

「黒松(盆栽)の芽切り」の質問画像

A 回答 (3件)

>芽の上のほうを摘むということですよね?


真ん中の新芽は短く手で折り取ってしまってください。
そうすると、その脇の新芽が育ちます。
その脇芽も半分ほどに折り取ると、枝間が短く盆栽としての形を作ってくれます。
但し、全ての新芽を根元より折り取ってしまうと新芽が育たなくなりその枝は成長が止まってしまいます。
伸ばしたくない枝はその様にして成長を止めることになります。

また、真ん中の新芽は真っ直ぐに上に伸びますが、折り取られてその横に育った新芽は、少し横に伸びることになります。
それを繰り返して、曲がりくねった幹を育て希望の形に作って行くのです。

なお、去年の長く伸びた葉っぱは半分ほどの長さに切り込んで下さい。
枝間が込み入った上に、長い葉っぱのままでは見た目も悪く、風通しが悪く木を弱めることに成ります。
さらに、古く邪魔になる葉っぱはそぎ落としてしまってください。
もっとも、枝間を短く育てると葉っぱもそれによってだんだん短い物に成ってきますよ。

盆栽は、いじりすぎてもいけませんが、細かいところに気を配りながら少しずつ育てて行く気の長い仕事です。
数十年先を楽しみに頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再び詳細の回答ありがとうございます。
奥が深いですね・・がんばります。

お礼日時:2009/05/26 21:11

>このまま切らずにおいたら、黒松によくないのでしょうか?


  切ったほうが良いですね。 新芽の葉っぱの部分を半分ぐらい
指で切り落としてください。
 そうしないと新芽がグングン伸びて、写真にある去年の芽が枯れ落ちる危険性があります。
 
 盆栽としては去年の葉っぱから芽を出させるのがグーですよ。
そのためにも切らないと駄目ということですね。
http://www48.tok2.com/home/artgarden/teire.mathu …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
やっぱり抜くのが良いのですね。
早速やってみます!

お礼日時:2009/05/26 00:22

緑芽摘みとか言いますが、そのまま伸ばしてしまうと枝間が長くなり形が悪くなってしまいます。


最初の芽を摘むと、その横から新たに3本ほどに別れて新芽が出てきます。
それは成長が遅く長くならないので枝の間隔が狭く成り、枝を張らせたい方の芽を育てれば格好良い盆栽に成ります。
http://www2.ttcn.ne.jp/fukuyokazu/kuromatu.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

www2.ttcn.ne.jp/fukuyokazu/kuromatu.html​←このページは見たのですが、よくわからず・・・。

芽の上のほうを摘むということですよね?

お礼日時:2009/05/25 23:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松の木の葉が茶色・・・どうすれば?

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を2週間毎にやった効果か、茶色の葉が落ちた後出てきた葉は緑色のままでした。

今年、別の松の木の葉の色が変わったのですが、
 1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?
 2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

庭木は祖父の代からあり私は興味が無く、噴霧器も昨年ホームセンターで2000円ほどのを買った素人です。剪定にくる植木屋に聞いても、樹木の病気については知らないようでした。

写真を添付しますので、アドバイスよろしくお願いします。

一昨年の冬、松の木の葉が一部茶色くなりました。
そこで、昨年の6-10月頃にスミチオンとボルドー(orダイセン水和剤orベンレート)を水に溶かして噴霧しました。
複数の薬剤を使ったのは、当時ネットや本で調べたのですが、それぞれ違った薬剤が書いてありどれが適切かわからず、毎回変えていたからです。
 挙げてあったのは以下の薬剤です。
  スミチオン、ベンレート、ケルセン、ボルドー、
  マンネブダイセン、銅水和剤、ドウグリン水和剤、
  キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

噴霧を...続きを読む

Aベストアンサー

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部が茶色くならずに新しい葉は緑のまま残ります。
なんという病気かはわかりません。

害虫には殺虫剤、病気には殺菌剤を散布するのが原則です。
いろいろな薬剤を使われたようですが、
 
 この中で、   
殺虫剤は、、、、、スミチオン。
殺菌剤は、、、、、ベンレート、ボルドー、マンネブダイセン、銅水和剤、キノンドー水和剤、ダイセン水和剤

ケルセン、、、、は、葉ダニ用の殺虫剤ですが現在製造中止になっていますのでこれはしかるべき方法で廃棄したほうがよいでしょう。
ドウグリン水和剤、、、は芝用の殺菌剤ですのでこれは松には使わないほうがよいでしょう。

ということでこれは何らかの病気なので殺菌剤を散布すればいでしょう。
茶色くなった葉はきれいに全部取ってしまい、焼くかゴミとして出してしまう。
近くに置くと菌が付いているので他の枝にうつってしまいます。



 >1)冬に入るこの時期にやれることは無いでしょうか?

殺菌剤を散布し、1週間後にもう一度散布してください。
問題はどの殺菌剤を使うかですが、一昨年どの薬剤が効いたのかわかりません。
あるいはどの殺菌剤でも効くのかもしれません。 
なのでとりあえずは、ベンレートかマンネブダイセンを使ってみてください。
それで葉が黄色くなるのが止まればこれが効いたことになります。
薬剤が聞けば被害が広がらなくなり、来年春にはまた緑の葉が出てくるでしょう。
葉が黄色くなるのが止まらずもっと広がるようなら他の薬剤を使ってみるより方法はないと思います。

2)来年消毒するとしたら、どの薬剤を選べばいいのでしょうか?

上記の方法で効果のあった殺菌剤を年2~3回散布すればよいと思います。
ただ、葉が黄色くなることが、頻繁に、また広範囲にあるわけではなさそうなので、症状が出てから対応してもよいかなという気がします。

また、薬剤の散布のしすぎは環境への影響と、耐性菌といって薬に対して抵抗力を持つた菌がうまれてきますので要注意です。
散布回数や濃度に気を付けてください。

これは害虫ではなく病気だと思います。
肉眼で害虫は見えていないと思います。
マツクイムシやセンチュウなどは幹や枝の中にいて目には見えません。しかし、これらの被害で枯れてしまった松をたくさん見ていますがこれはに被害ではありません。
写真を見ると枝の先端までではなく枝の途中の一部分が茶色くなっているようですので、何らかの病気と考えるのが妥当かと思います。
またこの季節になると古い葉は茶色くなってしまいますが、この場合は木全体に現れこのように一部分ではありません。
その時も全部...続きを読む

Q盆栽に付いているコケは有ったほうが良いか、無いほうが良いか?

盆栽にコケが付いて、見栄えが良いと思っていましたが、
水をたっぷり与えても、鉢から抜き出してみるとコケのせいで、
水がほとんどしみこんでいません。

実際には、枯れることなく元気に育っています。

コケがあると、水がしみこまない代わりに、鉢からの蒸発は防いでくれている
気がします。

実際には、コケは有ったほうが良いのか、無いほうが良いのか
どうなのでしょうか?

Aベストアンサー

恐らく苔が乾燥して水を弾いているのでしょう。水をやったとき,水滴が苔の上で玉になっていませんか?

盆栽の場合,水の蒸散に深く関わるのは苔の有無よりも鉢の材質と釉薬の有無です。釉薬のかかっていないスカスカの仕立て鉢だとあっという間に乾きますし,内側まで釉薬がかかった磁器の鉢だとなかなか乾きません。

盆栽の苔は生やしっ放しにせず,定期的に更新したほうが良いです。この時期に全てかき取ってしまっても,管理が適切なら秋から冬にかけて綺麗に生え揃ってきます。

苔を放置しておくと,苔の中まで根が上がってしまったり,特に日陰で過湿気味になっている場合,苔の下で虫がわいたりします。実体験では,蟻が産卵していたこと,ガガンボの幼虫と思われる虫が住み着いていたこと,トタテグモが巣を作っていたことがあります。

なお,展示会に出ている盆栽の苔はほとんどが貼付けです。自然に生えた苔を見なれていれば,貼付けはすぐに分かるようになります。

Q盆栽の葉先が枯れる

盆栽の初心者ですが見分けがつかないので
もし見分け方があるのでしたら教えてください
さつき、楓、ボケ、観音竹などの葉先がよく枯れます
水は土の表面が乾いてからやるようにしていますが
枯れる原因として水のやりすぎの根腐れ、反対に
水不足、等聞きますが葉先の枯れ具合によって
見分けられるのでしょうか?
また葉先が枯れかけた場合対処法はどうしたらいいのでしょうか
お教え下さい

Aベストアンサー

ご質問の文面からは、次の点が読み取れないのでお答えしにくいところはありますが、
複数の種類の樹木が葉先を枯らすということですので水不足がまず考えられます。

○お住まいの地域(地方)
○日当たり。半日蔭か1日何時間位陽にあたるか。
○植え替えてどのぐらいたつか。
○鉢、樹木の大きさ。
○(土の表面が乾いてから、、、、)だとすると実際どのぐらいの
水やり間隔になるのか。

葉先の枯れ方から、水か、根腐れかを見分けるのは難しいと思いますが
このペースの水では普通根腐れはおこさないでしょう。
根腐れの場合、鉢から取り出してみると、もじどうり腐った匂いがしますがどうでしょうか。

水が足りないのでしょう。
土の表面が乾いてからでは、環境や樹種にもよるでしょうがやや少ないかと思います。

雨の日以外は、春、秋は、1日1回、熱い夏は、朝と夕方2回が目安で、曇りか、晴天か、また温度にもよりますが。
特に植え替えた年は根を切ってるので葉枯れしやすのでご注意を。
日照時間ですが、もし1日中日に当たる所に置いてあれば、可能なら半日蔭の所に移動するか、日よけを。

充分に散水して葉先の枯れがそれ以上進まなければ水が原因でしょう。
(後述致しますが、枯れた葉先は緑色には戻りません。)
充分に散水しても枯れが進むようなら根ぐされも考えられますが、
今までの水やりペース、複数の樹種ということを考慮すると可能性は非常に少ないでしょうし、
その他の病気も、複数の樹種が同時にかかることは考えずらいです。

もうひとつ、高濃度の殺虫剤をかけると葉焼けを起こして葉が枯れる
こともあります。
(スミチオン乳剤、マラソン乳剤などを400倍以上の濃度で)
もみじなどはこれに弱いですが観音竹もということですのこれは除外
してよいし、またやってもおられないでしょう。

葉先の枯れた葉っぱが、またもとの緑に戻ることはありませんが、そのままにして、とったりしないほうが良いです。
もみじ、ボケ、などの落葉樹は秋に葉が落ち、来春また発芽します。
さつきも冬に何枚か葉が落ちますが自然にまかせ、来春の新芽を待ちます。
観音竹のことはよく分かりませんが葉全体をとったりせずに、新芽が出るのを待つのが良いかと思います。
枯れた葉先だけを挟みなどで切ってもよいかどうかは分かりません。

盆栽は狭いところで生きているので、日照、水、肥料など露地植えに比べて細かい管理が必要なようです。
ご参考になれば幸いです。

ご質問の文面からは、次の点が読み取れないのでお答えしにくいところはありますが、
複数の種類の樹木が葉先を枯らすということですので水不足がまず考えられます。

○お住まいの地域(地方)
○日当たり。半日蔭か1日何時間位陽にあたるか。
○植え替えてどのぐらいたつか。
○鉢、樹木の大きさ。
○(土の表面が乾いてから、、、、)だとすると実際どのぐらいの
水やり間隔になるのか。

葉先の枯れ方から、水か、根腐れかを見分けるのは難しいと思いますが
このペースの水では普通根腐れはおこさないで...続きを読む

Q盆栽の針金掛けの適切な時期について

針金掛けは、本で見ると、3月、6月と10月と書いてあるのですが、木がどのような状態の時が良いのでしょうか?

例えば、成長期とか休眠期とか、あるいは、元気な時とかどう言う時なのでしょう?

また、その理由もお分かりでしたら、お教えください。

Aベストアンサー

ゴヨウマツだけは、3月、そのほかのマツは5月までという例外はありますが、一般の樹種の場合、盆栽の針金掛けは、3月、6月と10月となっていますが、どの時期も共通しているのは、雨が多い時期で、枝がやわらかい時期です。雨が多いので樹液が多く、しなりやすいので針金がかけやすいです。

これ以外の時期は、樹液がそんなに多くなくて、枝は固くしなりません。そういった時に針金掛けをすると枝が折れやすく、樹形もつくりにくくおれやすいです。

理論的にいえば、時期というよりも樹液の流動時期ということです。

Q庭のサツキの葉が黄色に・・・

最近サツキの木の葉が黄色になってきました。
このまま枯れてしまいそうです・・・。
どなたか原因や予防策を知っている方がいましたら教えてください。

Aベストアンサー

 補足内容から考えると枯れる原因は特定できません。 皐月は丈夫な木です。
 ただ一つ言えるのは根は細根が密集しますので土壌が水はけ水もち共に良くないと団子状態になって発育不良になります。
 それが原因である程度年数が経ってから枯れるということが一部から発生します。
 そのまま様子を見てください。 3月上旬になりましたら一株ごとにまわり三箇所ほど30センチx20センチほど掘って完熟腐葉土かバーク堆肥と土を混ぜて戻して軽く転圧してみましょう。
 根づまりの可能性があります。 土壌を良くして新根を発生させましょう。
 また皐月などは挿し木が簡単にできますので温度が20度を超えるようになったら鹿沼土に挿して新しく再生させることも視野に入れましょう。
 植物栽培の基本はその植物の原産地(自生地)を知りその気象状態と土の状態をできるだけ似せるのがポイントになります。
 

Q長期間(1週間くらい)留守にするとき、盆栽やお花の水やりはどうしていますか?

約25センチ×40センチ(深さは10センチくらい)の鉢に入った盆栽があります。
赤松で、樹の高さは約30~40センチくらいでしょうか。
毎朝欠かさず(天候にもよりますが、雨続きでなければ毎朝)水やりをしているのですが、7月下旬に3日間、8月下旬に1週間家を空ける予定があります。
季節的に気温も高く日差しも強そうなので、毎日お水をあげた方が良いのではないかと 思うのですが、1週間程度留守にしても水を切らさない良い方法はないものでしょうか?
ガーデニングや盆栽をされている方は、留守の際どのようにしていらっしゃるのでしょう。

頂き物の盆栽で、あまり詳しくないのですが、水はいつも同じペースであげた方が 木にも良いと教えていただいたことがあって、
量は天候によって加減しますが 、基本的には今までほぼ毎日水やりをしてきました(といっても、我が家に来てからの1年くらいですけど)。

3日間留守といっても、1日目の早朝に出かけて3日目の夜に帰宅する予定なので、 1日目の朝と3日目の夜にたっぷり水やりすれば大丈夫でしょうか?
1~2日くらい水をあげなくても(乾いても)大丈夫ですか(今までが過保護すぎ?)。
とはいえ、さすがに真夏の1週間水をやらないという訳にもいかないと思うし、どうしたものかと今から悩んでおります。

約25センチ×40センチ(深さは10センチくらい)の鉢に入った盆栽があります。
赤松で、樹の高さは約30~40センチくらいでしょうか。
毎朝欠かさず(天候にもよりますが、雨続きでなければ毎朝)水やりをしているのですが、7月下旬に3日間、8月下旬に1週間家を空ける予定があります。
季節的に気温も高く日差しも強そうなので、毎日お水をあげた方が良いのではないかと 思うのですが、1週間程度留守にしても水を切らさない良い方法はないものでしょうか?
ガーデニングや盆栽をされている方...続きを読む

Aベストアンサー

お盆の帰省など長期に留守にした時、ベランダで鉢植えを度々枯らしていましたが、今は鉢植えの水遣りに鉢の脇に水やり用のキャップを付けた2リトルのペットボトルを横倒しに置き、鉢の底穴から毛細管現象で鉢土に自力吸水させています。
水やりキャップは飲料水用ペットボトルのキャップにビニール管を固着し、その先端に合成繊維製の組紐を被せるように固着してあります。
組紐には容器の内圧により常に一定量保水し、組紐の水が吸い取られると容器の内圧が下がって織目から空気が入り、出水量を自動調整する為、安定した効率的な水やりが出来ています
水やりを忘れることが多いので、最善の水やりとは言えませんが、私は日常的にこの方法で水やりをしています。2~3週間の長期間留守には充分に対応できます。
陶器製の鉢は、底穴から直接吸水出来ませんので、吸水用紐又は掃除用シートなどの吸水帯を差し込み、組紐に接触させ吸水させています。
この水やりキャップ、楽天フリマのガーデニング部門に「留守中の鉢植え水やり番キャップ」という商品名で出品しています。留守中の水やり用具の一つとして参考にして下さい。
ペットボトルに三角錐のキャップを付け土に差す方法は、水の出口が鉢の中程に位置するため水が下に滲み出すため出水量の調整が難しく、水の出が早すぎる(鉢の底穴より流れ出す)事があります。
「留守中の鉢植え水やり番キャップ」は水の出口(組紐の固着部)を鉢底の横に水平に置くので外に流れ出す事はありません。
5号鉢で2リットルのボトルから、約4週間、自力吸水します。
(植物の種類、気候等ご使用の状況により変わります)

参考URL:http://item.furima.rakuten.co.jp/item/62062454/

お盆の帰省など長期に留守にした時、ベランダで鉢植えを度々枯らしていましたが、今は鉢植えの水遣りに鉢の脇に水やり用のキャップを付けた2リトルのペットボトルを横倒しに置き、鉢の底穴から毛細管現象で鉢土に自力吸水させています。
水やりキャップは飲料水用ペットボトルのキャップにビニール管を固着し、その先端に合成繊維製の組紐を被せるように固着してあります。
組紐には容器の内圧により常に一定量保水し、組紐の水が吸い取られると容器の内圧が下がって織目から空気が入り、出水量を自動調整する...続きを読む

Q錦松(盆栽)の育て方

この度、錦松の盆栽を始めようと思っております。
ですが初心者なので育て方がよく分かりません。
大きくせずに小さいまま育てたいのですが
どうすれば上手く育てることができるでしょうか?

「剪定/植えかえ/芽切り/肥料」この類もよくわからないのですが
どなたか詳しい方がおられましたらご教授いただけませんでしょうか?
初心者なので専門用語などが分からないのですが
それも踏まえて教えていただければ幸いです。

どなたか、何卒よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

小さく、と言うことは、いわゆるミニ盆栽のたぐいでしょうか?

まず、以下のことをしてみましょう。
・錦松はどこが名産なのか
・名産地はどんな気候/土地柄か
・錦松はどんな感じの樹か

盆栽は、硬く言えば鉢に植えた樹をみたら、まるでその樹が植わっている風景を眺めているような風貌を持った鉢植えの樹のことです。ただ、こうなるとものすごく難しいもののようですが、ご質問者様が何故、錦松の盆栽を育ててみようと思われたか、を大事にされたら、立派な盆栽になります。例えば、○○で見た錦松は感動だったな、錦松って結構いいな、などで良いのです。その点を良く刻んでおくだけで、全然育て方も、樹の育ち方も違います。それに盆栽のある程度のルールと、受け継がれた方法を使って育てればよいのです。

何故、地上では○mもあるものが、鉢に入って育っているかというと、鉢植えの樹は、鉢の中が大地だと思っているからです。「井の中蛙」と同じなのです。しかし、放っておけば根が伸びすぎて、窒息して枯れて死んでしまいます。そこで必要なのが「植替え」です。鉢(大地)一杯になって育ったら、「実はまだそんなに育っていない」と思わせるために、根を約3分の1までに切り詰めてしまいます。強い根、伸びすぎは切ってしまい、養分のなくなった土を、新しい土に入れ替えて鉢に戻すわけです。ただし、毎年植え替える訳ではないので、「肥料」という油粕を使って、樹の活動期に栄養補給してあげます。

でも、伸びきった樹をバチンと切ったら、樹も見苦しいし、なんせ樹にも負担になるのです。そこで育つ強さを「芽摘み」で、勢いのある芽を摘んで、細かい芽がでるように、樹勢配分をしつつ、「剪定」で樹の形を整えながら育成をします。しかし、松の葉は長いのに、盆栽は何故葉が短いのか。これが「芽切り」でのワザです。芽切りを繰り返し行うことで、小さい葉に大きさを揃えていけるのです。

とは言っても、樹が健康でないと、これらの作業は行えないので、最初は樹を大事に育てつつ、これらを年間の作業を通して覚えられるのが一番です。何故それらの作業が必要なのかは、樹が教えてくれます。

まずは、基本的な育て方は、ここが詳しいです。
http://www.bonsai.co.jp/bonsai_new/contents/alacarte/school/

用語は何より本を買って読みましょう。
できれば図解のあるものが分かりやすいです。
例:図解 ミニ盆栽コツのコツ 群境介 1530円
他にも松専門の本があると便利ですよ。

小品盆栽にはこんなサイトがあります。
http://www.wafu.com/link/wafu-link/index5.html

こんな小さい盆栽もあります。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4309269192/norifuji-22/ref=nosim
小さいのは簡単そうですが、かなり上級です・・・

頑張って下さい。

小さく、と言うことは、いわゆるミニ盆栽のたぐいでしょうか?

まず、以下のことをしてみましょう。
・錦松はどこが名産なのか
・名産地はどんな気候/土地柄か
・錦松はどんな感じの樹か

盆栽は、硬く言えば鉢に植えた樹をみたら、まるでその樹が植わっている風景を眺めているような風貌を持った鉢植えの樹のことです。ただ、こうなるとものすごく難しいもののようですが、ご質問者様が何故、錦松の盆栽を育ててみようと思われたか、を大事にされたら、立派な盆栽になります。例えば、○○で見た錦松は感...続きを読む

Q松の盆栽を庭に植え替え

こんにちは
ちょっと教えてください。
松の盆栽を庭に植え替えしたら、どのようになるのでしょうか?
数年~数十年経過してる場合、それほど大きくはなれないのでしょうか?
また、自宅は北東北のため冬は雪に覆われますが、何年もの間、軒下などで育てられてきた松の場合、大きな環境変化には耐えられるのでしょうか?
私のところには盆栽はありませんが、不要な盆栽を譲り受けた場合、庭でそこそこの大きさで盆栽風の姿で育ってくれれば見栄えが良いかなぁと感じております。

Aベストアンサー

環境の変化はすぐに対応して元気になるでしょうが、そのままの姿で全体に大きくなることは有りません。
根を張ることが出来なかった盆栽が、十分に根を広げることが出来るように成るので一気に新しい枝を伸ばそうとします。
よほどこまめに手入れをして新芽の伸びを短くしないと、元の姿は一気にバランスを無くし上の方ばかり大きく育ってしまいます。

普通の植木に育てるつもりで有れば元の枝は短いままに残り、新たな枝はすぐに大きくなりますが、盆栽のままの姿を保つには相当の努力が必要になります。
いずれにしても、松の木の剪定は大変難しく大変です。
梅などと違い、松の場合は古い幹からは新たな新芽を出すことは有りませんので、一旦枝間を伸ばしてしまうとバランスを崩してしまい修正出来なく成ってしまいます。

Qバイオゴールドについて

   購入を検討しているのですが、
バイオゴールドについて 以下の点についてご回答願います。
  それ以外についても色々教えていただけると幸いです。

1 「やりすぎる事がない」というのは本当か
2 1から来た話だと思いますが「梅雨時に施肥しても良い」というのは本当か
3 「溶けた時にきたなくなる」というのは本当か
4 効果はそんなにすごいものなのか

以上四点について(それ以外でも)経験された方のご回答、ご意見いただけると幸いです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

yama16さんは盆栽の達人で、野菜にも深い知識をお持ちと推察します。作物・家畜・堆肥の専門家として多少、専門的な話をします。

「バイオゴールド」のブログにこんな説明があり、その範ちゅうで疑問を記述します。
[植物の種類・生育の勢い・水やりなどにより異なりますが、平均して1週間から10日程度で効き始めます。効果の持続期間は、効きはじめてから、約半年くらいです。鉢植えの場合は、土の状態や水はけの程度により変わりますが、地植えの場合よりも持続期間は短くなります。『クラシック元肥』は、化成肥料などに比べ、地上部の成長は遅いように感じられると思いますが、根をしっかりと張らせ、植物の基礎を作ってから、地上部を成長させます。そのため、根が充実した後で、目に見えた生育を実感していただけると思います。]
このような説明が(http://www.biogold.co.jp/index.php) にあります。
(1)この資材が肥料か微生物資材か明確に提示ないまま、ブログ中があいまいな記述に終始しておます。あるところで天然由来であるから過剰施用に問題はないと解説し、あるところでは、根をしっかりと張らせと微量成分、植物活性物質供給源としての機能を強調しています。
当然、天然由来の微生物の埴菌、微量成分の追加が製品化の過程であるべきですが、過剰な企業秘密のためか判断できません。肥料としてはNPKの含有量が低くその他の成分量は不明です? 肥料成分が低く、有機物を沢山入れてあるなら、化成肥料と堆肥、石灰資材の併用で同じ効果は容易に可能ですが、なぜこの商品の必要があるのか、団粒構造を作るにしても高い!
有用菌の増殖を促すのであり、微生物資材ではない? 微生物資材であるなら、抗生物質を生産するカビでなければ、効果が10日で発現し、半年も持続することは、土壌中に存在する厖大な微生物への競合の視点から、説明ができない。では、土壌中の有用菌の定義はなにか? どうしてその有用菌とされる菌が特異的に増えるのか? 無施用の対照との優位性は? 全てが曖昧で、Dataは皆無です。研究所ではカビ、菌の培養装置と培地、実体顕微鏡の組み合わせではなく高倍率の顕微鏡で観察することが微生物に関係する製品開発の基礎か、「人工気象器」ではく「人工気象装置(室)」ではないのか? 
 研究素人が流暢に商品説明している。「最高級化粧品」と「普及品化粧品」を販売する化粧品会社が、その違いをイメージでしかごまかせないと同じだ。
(2)その原料、加工による機能増加?、施用量、製品の違いと原料の差など、説明がない。ただただ、天然由来の資材であることが強調されておりますが!!???

{**菌}とか、学問に基づくと装う製品もよく目にしますが、バイオ、微生物の形容詞が頭につく商品が氾濫しております。詐欺まがいの商品には吐き気を覚えます。
参考に、類似の著名な商品への痛烈な批判を添付しておきます。貴兄はすでに十分知識をお持ちですので、これらの商品への客観的な判断を自ら試みることを勧めます。
公立研究所での商品報告も目にしません。科学的な比較調査も、具体的な優劣も在野の私には判定できませんが、この種の商品には、胡散臭さがつきまといます。
最後に、「バイオゴールド」の商品価値を否定するものではなく、説明不足を強調しました。なお、既存の技術で対応できますので、私は使いません。

参考URL:http://www7a.biglobe.ne.jp/~atotsugi/nouhou/HB-101_1.htm

yama16さんは盆栽の達人で、野菜にも深い知識をお持ちと推察します。作物・家畜・堆肥の専門家として多少、専門的な話をします。

「バイオゴールド」のブログにこんな説明があり、その範ちゅうで疑問を記述します。
[植物の種類・生育の勢い・水やりなどにより異なりますが、平均して1週間から10日程度で効き始めます。効果の持続期間は、効きはじめてから、約半年くらいです。鉢植えの場合は、土の状態や水はけの程度により変わりますが、地植えの場合よりも持続期間は短くなります。『クラシック元肥』は、...続きを読む

Qサツキ(?)の剪定の時期とやり方について

サツキ(?)の剪定の時期とやり方について
おせわさまです。サツキの剪定の時期とやり方について教えて頂けますか?
写真のような状態ですが、チョボチョボ生えた小枝を剪定機でズバズバと夏場に刈るのでしょうか?
何せ量があるので、手っ取り早く、機械を使いたいと思ってますが、いつ、どのくらいまで刈るのか自信がありません。よろしく、ご教示くださるようお願いします。

Aベストアンサー

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをするなら大鋏を使用します。
剪定機の場合ですが、エンジン式(混合油使用)と電動式がありますが、
メーカーによって名称は違いますが、エンジン式の場合はヘッジトリマー
と言います。利点としては混合油使用のため、力が強く多少は太い枝でも
楽に切れる事です。難点としては重たいのと価格が高い事です。
家庭ですから数が多くても電動式の方が使い勝手は良いのではないかと思
います。画像のサツキを見る限りでは、電動式でも十分に剪定は出来ると
思いますよ。エンジン式より力は弱くなりますが、長時間剪定をしていて
も疲れ難いですね。コードを謝って切らないように注意すれば、素人の方
でも使えるはずです。

僕は造園土木の会社に勤務して居ますが、主に除草作業を行っています。
それでも年間を通して剪定作業もあるので、剪定機による剪定作業に関し
ては誰よりも上手いと勝手に思っています。
丸型は何とか出来るのですが、難しいのは角型ですね。横は何とか出来る
のですが、上を真っ平にするのは経験が必要です。いかにして波のように
させないかが至難の業です。

剪定の時期としては、開花後の6月中旬から7月中旬が最適です。
開花終了して間もなく新芽が出ますから、翌年の花芽は新しく出た新枝の
先端に付くので、新枝が出る前までに剪定を終わらす必要があります。
もし新枝が出てから剪定をしてしまうと、翌年の花数は少なくなります。

サツキの場合はどんな形にも出来ますが、生垣風にするなら角型にしたら
どうでしょう。1本植えの場合は丸型にしても構いません我家では単体で
植えているので、全て丸型に刈りこんでます。

剪定をする時の道具ですが、手刈りをする...続きを読む


人気Q&Aランキング