3人の子供がいる母です。
3人とも、かかりつけの医師にぜんそく性気管支炎、または気管支性ぜんそくと診断されています。

かかちつけの病院は
アレルギー科や、ぜんそく外来などある病院で
先生もやさしく気に入っています。

ただ、吸入の薬が多くないか不安になってきました。
3人の中で一番ひどい子(1歳2ヶ月)については、
もう3ヶ月吸入を毎日2回しています。
薬は
インタールとベネトリンを一日2回、パルミコートを
1日1回、しています。

先生が言われるには
発作の予防に・・・ということなのですが、
体調が悪くなると
必ず咳が増え、予防の効果を実感はできていせん。
もしも吸入をしていないなら
もっとひどいのかもしれませんが。。。

それで、今まではあまり疑問を抱かなかったのですが、
先日、いつもと違う薬局に行き、
そこの薬剤師さんに
「あそこの先生はあまりよくない。
薬を出しすぎるって評判だ。
もしも本気でなおしたいなら
○○病院に行かれたらどうですか」と言われました。
実は、ここの薬剤師さんは、
少し知り合いなので
親切心で教えてくださったのだと思うのですが。。。

みなさんは、同じように吸入をこんなに長期間にわたってされたりしてますか?
また、この薬を長く使うことについて
何か知っていることなどありましたら
教えてもらえませんか?
宜しくお願いしますm(__)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

こんにちは


私には2人の女の子がいています。
長女は現在3歳8ヶ月で質問者様と同様、気管支喘息と診断され、パルミコートを吸入しています。以前は(2歳前から)インタールとベネトリンを1日に2回だけでしたが、今年の1月風邪をひいてから少しひどくなったのでパルミコートを追加し、現在4ヶ月になります。しかし、1ヶ月でましになったので、パルミコートのみになりました。
気管支喘息の患者は他の人より気管が狭く(荒れている?)、刺激を受けやすいので、その予防として吸入を続けないといけないそうです。
この病気は成長するにしたがって、改善されるようなので今は薬漬けで可哀想な気もしますが、根気よくつづけています。
1歳2ヶ月のお子さんが咳で苦しんでる姿を見ているのは辛いですよね。
長女もその頃から咳がひどく、嘔吐までするほどでした。
その時は医者も気づかず、2歳まで辛い思いをさせていましたが、今はその吸入のおかげで、発作を抑えることができています。
この薬が癖になる事はないと医者も言ってましたので、信じて治療に専念しています。
質問者様も、まずは信頼できる小児科医を見つけてください。
そして、このつらい気管支喘息と共に戦いましょう^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>長女もその頃から咳がひどく、嘔吐までするほどでした。
まさしくうちのそのとおりです。
嘔吐するのが
本人も私もとても辛いです。

>この薬が癖になる事はないと医者も言ってましたので
うちの医師もそのようなことを言ってました。
また、効かなくなるというようなことについてきいたときも
まだ人生が短いので
大丈夫といわれました。

信頼できるーの見極めが難しいですよね。
信じていても、実は間違っていたとかあるかもしれないし・・・

医師にしても、
あまりネットとかで調べて
頭でっかちになった保護者はやりにくいでしょうし。

でも知識は必要ですものね。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/14 23:56

小児喘息は長期にわたって薬を服用します


心臓に悪い薬などいつものことです
大量摂取で心臓麻痺の危険性があります
薬の摂取をやめると呼吸困難で死にそうになります
この様に死のタイトロープのような治療を続けていかなければなりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そんなに大変なのですね・・・
正直、驚きました。

ご回答ありがとうございます。

お礼日時:2010/03/14 23:52
  • 突然死(心臓麻痺)<循環器の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    突然死(心臓麻痺)とはどんな病気か  心臓が原因で突然死亡することを、しばしば心臓麻痺といいますが、心臓麻痺という医学用語はありません。医学的に突然死とは、災害、事故、自殺、他殺などに由来しない予期せぬ突然の死亡を意味します。  突然死はさらに、症状が現れてから死亡に至るまでの時間によって、症状の発現と同時に死亡する瞬間死、症状の発現から1時間以内の死亡、症状の発現から24時間以内の死亡、そして睡...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング