ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

ちょっと質問カテゴリーが異なるかも知れませんが、バイクの制圧回路を作るため電子回路を勉強中です。
そこで今現在の悩みはサイリスタがonになると中々offにならないことについての悩みです。
サイリスタをoffさせるには・・・・
しかし、その回路が思いつきません。
回路はバイクの発電コイルからの交流をブリッジダイオードで直流に整流します。バイクなので発電量が常に変わります。発電量が大きくなくとツェナーダイオード、トランジスタなど還してサイリスタに直流電流を入力しonさせコイルから発生している交流をサイリスタのアノード→カソードに流しカソードからブリッジダイオードのマイナスにショートさせます。
実際にここまでは実車テスト済みです。ですがサイリスタがonになると発電量をかなり下げないとoffしません。具体的には16,17vくらいで0.01vとなるのでこの時点ではサイリスタがonして制圧していることを確認しましたが、この0.01vから数値があがりません。

望むものとしては一瞬0.01vになるのではなく瞬時にスイッチングを繰り返し14v前後の出力に安定させたいです。
道理はわかっているつもりでネットなどで勉強しました。
ゲートに負電流を流す?
アノード・カソードに逆電圧をかける?
この2点が浮かび上がってきます。負電流、逆電圧とはどのように流せば(かければ)良いのか?(どの様な部品を使うのか?どこにその部品をつかうのか?)
この問題があるのと
トライアック、またはゲートターンサイリスタなどを使うことも可能か?

以上です。
極力わかりやすくご説明いただければ非常に助かります。
となたかご教授お願い致します。

A 回答 (1件)

回路図が無いので一般的な話になります。

質問者がサイリスタと言っているのはSCRのようですね。サイリスタはSCRやトライアック、ゲートターンオフサイリスタ等を総称した名前です。参考URLを見てください。
SCRは1度ONになると0V以下にならないとOFFになりません。ダイオードブリッジで整流した後に繋ぐと、コンデンサ成分等で低電圧でも残り、OFFにならないことがままあります。一般的にはダイオードブリッジの一方(例えばカソード共通側)をSCRにすることでON/OFFさせることが多いです。
トライアックは交流を制御する物で、置き換えても解決にはならないでしょう。ゲートターンオフサイリスタは置き換えることができるかもしれません。パワートランジスタやFETで制御した方が簡単になるかもしれません。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%A4% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね確かに回路図などないと分かりづらいですね。
わざわざ回答いただき助かりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 21:24

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサイリスタについての質問です 先日、サイリスタというものについて授業で習いました。 応用例としては

サイリスタについての質問です

先日、サイリスタというものについて授業で習いました。
応用例としては電力制御、位相制御、電子スイッチ、整流作用の4つが挙げられると書いてありました。
その後色々調べてみたのですが、この4つが実際に何に使われているのか(電子スイッチならリモコン?)がイマイチ把握できません。どなたかこの4つで分類して何に使われているか教えてくださいませんか?

Aベストアンサー

電力制御の場合は、昔の直流電化の電車のモーター制御(チョッパー制御)などに利用されていました。(現在は、IGBTが主流です)
また、VVVFインバーターなどでも利用されていますね。(位相制御、整流作用、電力制御)
整流器でも大電流に耐えられるので、良く利用されました。
電子スイッチとしても使えますが、トランジスタの方が良く使われるでしょう。
4分類と言っても、機能として独立しているのは、整流作用だけです。
電力制御、位相制御、電子スイッチは、サイリスタのスイッチング素子としての機能を利用しています。
直流ならばスイッチングによる電力制御、交流の場合はスイッチングによる位相制御(電力制御)と呼ぶだけで、動作としては、電流をスイッチングにより制御しているだけです。

Qサイリスタ式温度制御器

機械系の大学に通っているものなのですけれども、サイリスタ式温度制御器の原理について何か知っている方がいれば教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

★スイッチング素子であるサイリスタを使って温度制御をするものです。

★基本的には、AC電源に、発熱源となるヒーターとスイッチの役割をするサイリスタ(アノードとカソード)が直列に接続されています。

★サイリスタには3本の端子が有ります。
 A:アノード、K:カソード、G:ゲート

★カソード~ゲート間にパルス電圧が入力すると、アノード~カソード間は導通状態になりアノード電圧が+であれば電流が流れ出し、ヒーターに通電し温度が上昇します。

★時間が経過しアノード電圧が0V、更に-になるとサイリスタのアノード~カソード間は遮断状態になり、ヒーターには通電されなくなります。

★このように交流の正の半サイクル中の或るタイミングでサイリスタが導通状態になり負の半サイクルではサイリスタは遮断状態になります。

★温度が低い時には早く(通電時間が長い)、温度が高い時は遅い(通電時間が短い)タイミングでサイリスタが導通するように制御します。

★サイリスタを導通状態にするタイミングは温度センサで設定します。

Qフィードバック制御の例(できれば早く

色々調べてみたのですがフィードバック制御による端子がどうたらこうたら・・・とかしかなく、どのようなものにフィードバック制御が使われているのかというのがわかりません。

3つほど教えていただければ助かります。

Aベストアンサー

安価なトースター 安価なホットカーペット(電気床暖房) 電気コタツ 昔のエアコン
バイメタルによる温度制御
設定温度より低いとON
設定温度より高いとOFF
これの繰り返しで結果的に設定温度に近い平均値を維持する。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報