全くわかりません(><)
お願いします!!

問)塩化カリウムが水に溶解する反応を二段階で考える。

第一段階は、固体の塩化カリウムが気相イオンとなる解離反応(KCl(s)→K^+(g)+Cl^-(g))
※K^+とはカリウムイオン、Cl^-とは塩化物イオンのこと。

であり、この標準反応エンタルピーはΔH=717kJ/molである。
第二段階は両方の気相イオンがともに水和する反応
(K^+(g)+Cl^-(g)→K^+(aq)+Cl^-(aq). ただし、aqは水中で水和した状態)であり、この標準反応エンタルピーはΔH=-685kJ/molである。


これらより、固体の塩化カリウムが水へ溶解する反応のエンタルピー(=溶解エンタルピー)を求めよ。

また、その過程が吸熱的か発熱的か答えよ。


長くなりましたが、回答お願いします!!

A 回答 (2件)

> 固体の塩化カリウムが気相イオンとなる解離反応(KCl(s)→K^+(g)+Cl^-(g))


> この標準反応エンタルピーはΔH=717kJ/molである。

 KCl(s) → K^+(g) + Cl^-(g) + 717 kJ/mol (1)

> 両方の気相イオンがともに水和する反応
> (K^+(g)+Cl^-(g)→K^+(aq)+Cl^-(aq).
> この標準反応エンタルピーはΔH=-685kJ/molである。

 K^+(g) + Cl^-(g) → K^+(aq) + Cl^-(aq) -685 kJ/mol (2)

> 固体の塩化カリウムが水へ溶解する反応

 KCl → K^+(aq) + Cl^-(aq) + ΔH? (3)

 (1)及び(2)を使って(3)のΔH?(=溶解エンタルピー)を求めれば良いだけです。

 (1)+(2)を計算すると,「 KCl → K^+(aq) + Cl^-(aq) -32 kJ/mol 」となり,ΔH?=-32 kJ/mol です。

 反応のエンタルピー(溶解エンタルピー)の変化がマイナスですから「吸熱的」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

助かりました!!
もう一度考え直したいと思います☆
お二方ともありがとうございました!!

お礼日時:2009/05/26 23:49

ΔH>0なら吸熱。

ΔH<0なら発熱。
単純に両者を足せばΔH=32 kJ/molとなり少し吸熱。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q比エンタルピー値を湿り空気線図から読み取る方法を教えて下さい。 エンタルピー値とは エンタルピー[k

比エンタルピー値を湿り空気線図から読み取る方法を教えて下さい。

エンタルピー値とは
エンタルピー[kJ]= 内部エネルギー[kJ]+ 圧力[kPa]× 体積[m3]
だと思います。

比エンタルピー値とは
乾き空気1kgに対して
だと思います。

湿り空気線図を見ると
赤く○で囲んだ値が比エンタルピー値になると思います。
青く○で囲んだ値が乾球温度になると思います。
黄色線で表を追ってみると比エンタルピー値と乾球温度が同じ数値に読み取れます。

これは比エンタルピー値は表から一発で読み取る事ができず公式に代入して計算するという事ですか?

Aベストアンサー

表の見方が間違っています。
乾球温度は垂直線で表現されています。
質問に添付されている図では、黄色い線は等エンタルピー線です。
ある状態点での湿球温度は、等エンタルピー線上にあるので、赤で囲んだ部分の下側に湿球温度が記載されています。
質問文の添付図では、黄色い線が比エンタルピー12kJ/kgDA、湿球温度がその下の1℃を示しています。
乾球温度は、等エンタルピー線上にありますが、湿度がわからないので、何℃かはわかりません。
湿度100%ならば、乾球温度は湿球温度と同じですから、1℃ですね。(飽和線上から垂線を下におろすと1℃になります)
なお、等エンタルピー線が乾球温度表示線と交差する点は、湿度が0ですから、比エンタルピーは、空気の比熱=1.005kJ/kgより、0℃の乾燥空気の比エンタルピー=0kJ/kgDAとすれば、乾球温度の℃表示とほぼ等しくなります。

Q反応エンタルピー変化ΔHと圧力について

熱力学の基礎の基礎です。でもいまいち分かりません。
反応エンタルピー変化ΔHを算出してます。温度は各温度によって違います。
分からないのはエンタルピーは等圧での値といいますが、例えば反応器で体積一定で圧力を上げた時。つまり0.1MPaのΔHと0.8MPaのΔHは違うのでしょうか?
反応は同じです。自分は圧力変化は平衡定数に影響して、ΔGかΔSを変化させると思っていましたが・・・これもいまいち分かりません。
教えて下さい。

Aベストアンサー

>アンモニアの生成でΔG=ΔG゜+RT×(lnKx-ln500)
>のであり、ここでモル分率を使っているから-ln500がつくので
>あって、もし圧平衡定数なら単純にKpだけで済むのでしょうね
そうですね。

>よければjamf0421さん。今後もよろしくお願いします。
>といってもお互いに素性が分からないのですよね(^^ゞ
こちらこそよろしくお願いいたします。なお、本当は曖昧なのでは、と思われたとしたら、その解決は統計力学へいかなければなりませんね。

Q水のp-h線図

各種冷媒ガス(アンモニア、R22,R410Aなどの代替フロンガス)の
p-h線図(モリエル線図とも呼ばれるらしい)はよく目にしますが、
水を冷媒として使った場合、水のp-h線図なるものはあるのでしょうか?
どなたかご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

こちらにありました。

http://www.x-eng.com/Download_XSteam.htm
ページの下のほうにpdfがあります。

QKI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)やNa2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)は正しい?

高校化学についての質問です。

KI(ヨウ化カリウム)にAgNO3(硝酸銀)水溶液を注いだらその水溶液にはAgl分子とK(+)、NO3(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
KI+AgNO3→AgI(黄)↓+K(+)+NO3(-)
となると言っていいのでしょうか?

また、Na2SO4(硫酸ナトリウム)にBaCl2(塩化アンモニウム)水溶液を注ぐとその水溶液にはBaSO4分子とNa(+)、Cl(-)が存在するのでしょうか?
つまり、
Na2SO4+BaCl2→BaSO4(白)↓+2Na(+)+2Cl(-)
となると言っていいのでしょうか?

Aベストアンサー

考え方は合っていますが、反応式は以下のように表現されます。

KI+AgNO3→AgI+KNO3

Na2SO3+BaCl2→BaSO4+2NaCl

なお、BaCl2は塩化アンモニウムではありません。

塩化アンモニウムは NH4Cl
BaCl2は塩化バリウム です。

Q1次遅れ要素のボード線図の描き方。

1次遅れ要素のボード線図の描き方。

ステップ応答の測定より導いた無駄時間と時定数を用いてボード線図を描きたいのですが、どのようにすれば良いのでしょうか?
また、参考になる本やウェブサイトなどがありましたら是非教えてください。

Aベストアンサー

たとえば

演習で学ぶ基礎制御工学 森北出版

なんていかがでしょうか.
1次遅れ要素のボード線図なら
古典制御理論の教科書(例えば制御工学Iとか)
ならたいてい書いてあると思いますよ.

Q硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウム

硝酸カリウムが塩化カリウムに変化することってありますか? 硝酸カリウムとイオウ、松煙を混ぜて火薬を作り、燃やした場合に、塩化カリウムが発生することってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

黒色火薬の実験ですね。
硝酸カリウムが酸素を供給して、硫黄と松煙(炭素粉末)が
参加されることによって爆発的に燃焼します。

硝酸カリウムは反応して酸化カリウムになると思われます。
No.1の方がおっしゃっているように、塩素が全くないので
塩化カリウムはほとんどできないと思いますが、松煙が天然の
素材で、不純物としてNaCl、KCl等を含んでいる可能性は
あります。
精製された素材で実験すると塩化カリウムはできないでしょう。

Q鋼材の圧縮での応力-ひずみ線図はどんな図?

鋼材の応力-ひずみ線図ですが、通常この図は引張試験での図ですよね?
鋼材の引張りと圧縮の降伏点はほぼ同じと解釈していますが
圧縮での応力-ひずみ線図はどのような図になるのでしょうか?
引張と同じように上下降伏点や降伏棚など存在するのでしょうか?
鋼材はプレス加工を考えると圧縮側での破断はなさそうに思えます。
鋼材の圧縮での応力-ひずみ線図が出ているサイトはありませんか?

Aベストアンサー

>引張と同じように上下降伏点や降伏棚など存在するのでしょうか?
鋼の圧縮側は、引張り側を原点中心で対称図化したものと考えて差し支えないと思います。従って引張り側と同じ様に降伏点が存在します。

確かに圧縮で破断はありませんが、塑性変形してヒステリシスカーブを描きます。弾性範囲であれば原点を通り右肩上がりの直線を行ったりきたりするだけです。

Q塩化ナトリウムと硝酸カリウムの溶解度

塩化ナトリウムと硝酸カリウムの溶解度曲線が示されて、ごく普通の問題が問4まであります。最後に問5として

『 新しくビーカーをひとつ用意し、硝酸カリウムと塩化ナトリウムをともに68gずつ入れた。これら二つの物質を完全に溶かすのに、43℃の水は少なくとも何g必要か。最も適するものを次のア~オ  から選び、記号で答えよ。
ア、50g  イ、100g   ウ、150g  エ、200g  オ、250g 』

という試験問題です。

 溶解度曲線を見れば塩化ナトリウム68gを溶かすには43℃の水、約183gが必要だということがわかります。硝酸カリウム68gを溶かすには、硝酸カリウム約99g必要なことがわかります。でもこれらは、それぞれ単独で水に溶かした場合のことです。一緒に溶かした場合は、それぞれの粒子の違いなどから、単純な足し算はできなかったと記憶しているのですがいかがですか?ちなみに上の問題の解答は、『エ』です。
 宜しくお願いします。

Aベストアンサー

単純な足し算はできませんが,もっとも単純には塩化ナトリウムの方を溶かすには183g必要,これは硝酸カリウムを溶かすには十分なので,溶解が相互に邪魔しあわないなら,183g でいいはず,というのが答です.
そして,この選択肢では150gではあきらかに塩化ナトリウムは溶けきらないので,エということになるのでしょう.実際,183gでは溶けきらないと思いますが,200g で溶けるか,250g まで増やさないとだめか,という点は予想できませんので,中学,高校までの理科の問題であれば,エと答えざるを得ません.もちろん前問までに補足情報があれば話は別です.

ところで,「溶解が相互に邪魔しあわないなら」というところですが,これはそれほど悪い近似ではありません.使えないのは,極端に溶解度の高いもの同士をどちらも高濃度に溶かす場合 (水にエタノールと砂糖とか),コロイド溶液の場合,そして,化学的な平衡が関与する場合 (たとえば塩化銀の溶解に対する共通イオン効果とか) です.
硝酸カリウムと塩化ナトリウムでは共通する成分もないし,極端に溶解度が高いとまではいえませんので,単独の溶液の場合に比べて,極端な変化はおこらないと見ていいのです.ただ,こんなことは中学高校の理科では教えませんけどね.

単純な足し算はできませんが,もっとも単純には塩化ナトリウムの方を溶かすには183g必要,これは硝酸カリウムを溶かすには十分なので,溶解が相互に邪魔しあわないなら,183g でいいはず,というのが答です.
そして,この選択肢では150gではあきらかに塩化ナトリウムは溶けきらないので,エということになるのでしょう.実際,183gでは溶けきらないと思いますが,200g で溶けるか,250g まで増やさないとだめか,という点は予想できませんので,中学,高校までの理科の問題であれば,エと答えざるを得ません.も...続きを読む

Qばねの疲れ強さ線図

JIS B2704にばねの疲れ強さ線図がありますが、
あの線図はどのようにして書かれているのでしょうか?

Aベストアンサー

 すでにご存知で、参考にはならないかもしれませんが、一般的な疲労曲線は、沢山の現場経験と実験に基づき、けっこう「エイヤー」で決められている気がします。ただし適用条件をはっきりさせるために、疲労曲線の測定方法は、厳密に企画化されていると思います。まさにJIS規格です。
 JISコードがわかっているなら、何かのハンドブックに解説など存在するはずです。少なくとも、土木業界ではそうなっています。

Q下の化学の問題を教えてください!(>人<;)塩化カリウムの水に対する溶解度は20℃で34.2g/

下の化学の問題を教えてください!(>人<;)

塩化カリウムの水に対する溶解度は20℃で34.2g/100g水、60℃で45.8g/100g水である。塩化カリウムの20℃の飽和水溶液100gには60℃でさらに何gほ塩化カリウムが溶けるか。

Aベストアンサー

典型的なひっかけ問題です。
 溶解度と濃度の違いを再確認すること。これが理解できているかを問われている。
小学校で[割合]を学んだときに、
[割合] = [ある物の量]/[基準の量]
を学びましたね。確か5年生あたり。
溶解度は、[割合]の一種ですが、溶解度と濃度では、それぞれ[基準の量]が異なりましたよね。
※この問題のポイントはここだけです。
 それさえ理解できていれば、典型的な小学生の問題です。
 濃度と溶解度の定義を教えれば、簡単な問題なので小学生でも解ける

 頑張って解いてみたうえで、どこがわからないとか、答えがあっているかを聞くとあなたのためになる。力がつく。頑張ってね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報