土地を購入し、注文住宅を建てる予定です。
現在、住宅ローンのつなぎ融資を受けて土地を取得し、建築プランを練っているところです。

先日、土地を見に行ったところ、タバコの吸殻がたくさん落ちていることに気づきました。
別の日にまた行くと、ちょうど投げ捨てをしているところを目撃しました。なんと、隣の家の方がベランダから投げていたのです!

土地購入前の不動産会社への質問などで「お隣さんは見た目ちょっと怖いけど普通の人」と聞いていたのでショックでした。ベランダから投げ捨てるって、小さなことですが普通はしないことだと思います。

人を見た目で判断するのはよくないと分かりつつ、そういう行為を見てしまうと悪い方向に想像が膨らみます。事前調査が足りなかったと言われればそれまでなのですが…。

「土地選びを間違った」と考え、仲介料や手数料などの損を覚悟して土地を売却してゼロからやり直すか

「どこの土地でも、いつ隣が引っ越して別の人が来るか分からない」と考え、今のまま進めるか

皆さんはどちらがよいと思われますか?

本来なら、建築プランを考える楽しい日々のはずなのに、本件が気になってまともに手がつきません。どうかアドバイスをよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

 挨拶は済んだのでしょうか?



 元々長いこと空き地だったのならば、煙草をポイ捨てする習慣がついているのかもしれません。

 着工すればまずそのようなことは無くなると思います。
    • good
    • 0

他の方でおっしゃっていることに若干かぶりますが、以前は空き地だったからポイ捨てしていた、というのは十二分に考えられます。


「ヘンな人」はどこにでもいますよね。お隣さんがそれに該当しないのであれば、これまでのことは水に流して、家を建てるのが得策だと思います。

臆することはないと思いますから、ポイ捨て現場を次回見つけたら、明るい声で、こんにちわと話しかけ、これから家を建てますので『そこのとこ、よろしくおねがいします、ね』と伝えれば、大抵は伝わるのでは。ここで「掃除しろ」「二度と捨てるな」とやってはいかがなものか、と思います。相手にしてみれば逃げ場がなくなりますから、逆切れするより他なくなりますからね。裏木戸を開けておいてあげましょう。

かくいう、私も経験者です。私の場合は、なんと土地でごみを燃やされていました。さらにそのごみは3m四方に渡って埋められています。ドラム缶で燃やしていたようです。プラスチックから金属、なにからなにまで。

でも、相手に詰め寄りません。空き地だったんですからね、所有地であっても。ただ、数ヶ月はお隣さんに見えるように展示させてもらっています(笑。いえね、一片に捨てられないんですよ、膨大な量ですから。

え?なんで隣が燃やしたって分かるのかって?そりゃあ、名前の書かれた自転車に貼るプレートがでてくりゃ・・・。わはは。
    • good
    • 0

心中お察しします。


家の外にゴミを捨てたりするばかりでなくタバコを投げ捨てるという行為は非常識極まりないとおもいます。

さすがに何度足を運んで当該土地を調べたとしてもタバコ投げ捨て現場を目撃するのは不可能に近いレベルなので、
あなたの調査不足という事はないと思います。

「家は環境を買え」という言葉があるように何よりも周囲の住人等の環境が重要だと思います。
また、将来隣人が引っ越して別の人間が引っ越してきた時の事は考えないほうが良いです。(考えても仕方ないからです)
それより、今から住む時の隣人に問題があるとすれば、私であれば住みたくは無いですね。

既に土地は購入済みという事ですので、売却となると仰るように仲介手数料や頑張って探された労力が無駄になってしまいますので、
いきなり売却という話でなく、前の方が仰っているようにまずは周辺にお住まいの方に挨拶がてらお話を聞きに行くべきだと思いますよ。
このときお菓子を持っていくのを忘れずに。

そして隣人のタバコの件は聞かずに「○○さんはどんなご家庭ですか?隣人になるので気になるんです。」とかですね。
もし万一周辺住民の方からこんな苦情を言っていたと隣人に伝わったとしたら、「隣人は直接言えっ」となるかもしれません。
周辺住人の隣人への噂が全く悪くないようであれば、直接隣人宅にも挨拶に行かれたらどうでしょうか?

また、タバコを吸っているときを見計らって土地の掃除をしてみるとかも必要ですね。
その姿を見てまだ捨てるようだと問題ありだと思われます。
我慢して住んでもあとあと問題が出てきそうですので、売却も検討するべきだと思います。
    • good
    • 0

>ベランダから投げ捨てるって、小さなことですが普通はしないことだと思います。



年配でタバコ吸う人はその程度のことは当り前のようにする人もいます。
それ以外はごく普通のいい人。という可能性も大いにあります。
社会的にそれなりの地位にある人でもそういう人はいます。

で、そういう人は寝たばこなども平気でしますからね。
不始末で延焼したら泣き寝入りというのが、この国の掟ですから。

人格と習慣は別物です。

売れるものなら、他所の土地を探しますね。私なら。

誰が住むかわからないといっても、現に見ているのですから、
わざわざ貧乏くじをひくこともないと思いますが。
    • good
    • 0

住むか、住まないかは結局本人の気持ち次第です。



私であれば、止めたいと思いますが、1#さんの回答にあったように住宅ローンで土地のみの購入は出来ないはずです。ここが一番のネックになります。

>「土地選びを間違った」と考え、仲介料や手数料などの損を覚悟して土地を売却してゼロからやり直すか

仲介料、手数料の話では、もはやありません。だって既に借金してるんですから。
中途解約は出来るのかどうか、、、、つなぎ融資が実行されてるのでしたら厳しいですよ。
ローンが実行されるには借金のカタが必要です。

建物を建築して、登記し、ローンが実行された後で売却となると思いますので、金銭的な負担が相当大きくなります。

ですので、建てるより方法が無いように思えます。

ご近所付き合いをしてみれば案外思っていた様な人では無い事も多いですし。
    • good
    • 0

 ゴミをベランダから他敷地に投げ捨てるのも非常識だし、火事になる可能性さえあるタバコの吸い殻は悪質きわまりないですね。


 せっかくの新居が燃やされかねません。
 ご心配は当然かと思います。

 でも、気に入った土地、それもひも付きでない土地が手に入るのも貴重です。
 ここはひとつ、隣人を試してみては如何でしょうか?
 空き地なら雑草も生えてお困りではありませんか?農業用の除草シートで土地を覆ってみてはいかがでしょう。
 除草シートで覆ったらゴミも目立ちます。
 また、燃えるかも?と心理的に圧迫も与えられるかと思います。
 作業時には、お隣に手土産を持って挨拶をしておくのもいいかもしれません。
 どうもタバコの吸い殻を捨てられている様で迷惑を掛けていなかったか?雑草とはいえ火事も恐いので除草シートを貼っておきますので、それでも捨てられるようならご連絡いただいてもいいか?
 などと、あくまで通りすがりの悪い人に隣近所で立ち向かいましょうね等の立場を取ってみられた方が今後にも良いのではないでしょうか?
 それでも捨てられるなら、非常識きわまりなく話し合いの通じない相手でしょうから、土地の売却を考えた方がいいんじゃないでしょうか?
 
    • good
    • 0

お隣さんが必ずしも仲良くできる人でなくて良いと思います。


吟味して気にいって決めた土地なのでしょう?
今は空き地になってるからやり放題やってるだけで、住んでみればさほどマナーの悪い人ではないかも、知れない。
スジ者だとかいうなら別だけど、良い隣人を求めて土地を探すってのも現実的にどうなんでしょう?
一番良いのは挨拶にかこつけて直接お隣さんと話してみる事じゃないでしょうか。
その対応があまりに常識外れなものであれば、考え直す、というのはどうですか?
なくて七癖あるのが人間です。多少のことなら、気にしていたらきりがないと思いますよ。

ちなみに、うちは隣に住んでる老夫婦が、建築中になにかといちゃもんをつけてきて困りました。
家が丸見えだからこんな建築計画はやり直せ!とか、足場を組むとき少しでも境界を越えたら許さないとか。
とにかく苦情てんこ盛りだったのです。
一筋縄ではいかない人たちだなあと、先が思いやられましたが、住んでみれば実害もないし、10年経った今ではなんの問題もなくやってます。
隣人として特別親しいお付き合いもないけど、顔を合わせれば笑顔で挨拶くらいは交わしてます。
また、もう10年経ちましたからご近所の様子もある程度わかりましたが、先入観をもって判断しない方が良いな、というのが感想です。
よく思ってなかった人があんがい良い人だった、また逆もあった、と色々です。
    • good
    • 0

ご心配は分かります。

家を建ててしまってからでは抜き差しならぬ話になってしまいますからね。
ご心配であればご近所に挨拶がてら情報収集をしてきてはいかがでしょう。土地を購入されたのですからご挨拶はおかしな話ではありません。菓子折りの一つでも持って、よろしくと挨拶ついでにさりげなく話を聞いてくると良いのでは?ついでに問題のお宅にも堂々と乗り込んで様子を見てくると良いと思います。

お隣はマナーは悪いかもしれませんが、家の中でタバコを吸わせてもらえないお父さんなんてそんなに悪人でないのかもしれません(^_^.)
    • good
    • 0

質問からはずれるかもしれませんが



土地は現金で購入ですか?

土地もローンで購入したのであれば、土地取得後の建築及びその建物への抵当権設定が条件になっていると思います。
また土地決済時に建築請負契約の同時締結が条件である場合もあるでしょう。プランを練っているとはいっても基本的に契約は締結済の詳細の打ち合わせという段階であれば請負契約の解除はできませんから金銭的な負担はかなり大きくなります。

建物を建てないで土地のみでローンを払っていくことは許されません。

うまく土地が売却できればいいですが、そうでない場合は土地代金を現金で用意することになります。

どちらがよいかは最終的には本人が決めることで、他人がどちらがいいか判断できるようなものではありません。
ですので現実的に経済的にどうなるかを回答させていただきます。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

補足させていただきますと、
土地もローンで購入したのですが抵当権は設定されていません。
土地決済時に建築請負契約の同時締結も条件にはなっていません。

ご回答いただきましてありがたいのですが、売却できるかどうかはいったん置いておいて、売却すべきかどうかのご相談に絞らせてください。

よろしくお願いいたします。

補足日時:2009/05/26 02:22
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミノムシは害虫なのでしょうか。最近、家の木にたくさんいます。

ミノムシは害虫なのでしょうか。最近、家の木にたくさんいます。

Aベストアンサー

幼虫の頃は葉っぱを食害しますが、よほど大量に繁殖しない限り樹にダメージを与えることも有りません。
しかも、成虫となった雄は口さえない状態で繁殖のために雌を求めて飛び回り、交尾を終えて一生を終えます。
一方、雌は一生簑の中から出ることもなく雄の飛来を待ち受けて、簑の中に産卵してこれも一生を終えます。

簑の中で生まれた幼虫は糸を垂らして風に乗り飛散し、樹木の葉を食べて成長しながら簑を造って木の枝にぶら下がり、簑の中で越冬する事となるそうです。
一生を簑の中で過ごす雌と、成虫に成って羽ばたいても餌をとることもなく繁殖だけのために飛び回って死を迎える蓑虫は、なんだか無情を感じますね。

果樹や庭木など、葉っぱが食害されて嫌われますが、よほど大量に発生しない限り果樹を食い荒らすわけでも無く、庭木を枯らすようなことも無いようですから、一概に害虫とも言えないかも知れません。

蓑虫。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%8E%E3%83%A0%E3%82%B7

Qわたしの実家は車がはいりません。隣の土地10ヘーホーメートル売って貰えればはいりますが隣とはなか悪い

わたしの実家は車がはいりません。隣の土地10ヘーホーメートル売って貰えればはいりますが隣とはなか悪いです。ゆずってもらうのは無理でしょうか?

Aベストアンサー

隣家に聞く話をここで聞いている時点で無理なのではないですか?
あなたの実家が車を置けないような家にしたのは、隣家には知った事ではないですからね。
直ぐ側に車を起きたがらずに、少し離れても駐車場を借りるのが現実的でしょう。
仲の悪い相手には、いくら積まれても絶対に売らない事もなきにしもあらずですからね。

Qゴキブリや害虫を家に入れないような家の構造

家を新築で建てるときに、なるべくゴキブリや害虫を家の中に入れたくありません。特にゴキブリです。最近どこかの企業がゴキブリが嫌う成分が混じった素材を開発したみたいですが、それを使わずに構造とか、なんらかの工夫をして、水際で阻止するか、もし進入されたときになるべく素早い対処で駆除できるような方法などってありますか?進入されたときはバルサンとかしか使って撃退するしかないような気もしますが・・・

Aベストアンサー

 そもそも建築とは?みたいな事から容易に発想できますよ。雨をしのぐ→屋根をつける、侵入を防ぐ→壁をつける、みたいな。

 ゼロから発想する必要はありません。まず、実際にそのような機能を持つ建築物があるかどうか、調べます。もちろんあります。食品、医薬品の工場、移植などの手術室、半導体の工場などです。
 清浄度を確保する原理は「入れ子」です。二重、三重、四重…に造ります。外界と清浄区域を隔てる壁が2枚、3枚…と必要になりますね。
 人間の視線から見ると、奥にたどり着くまで扉が何枚あるかと言い換えることができます。
 建築での応用例として、扉の前に風除室、前室などを設けるとか、室内側でパティションやカーテンで仕切るとか、いろいろ考えられます。
 虫だけでなく、塵埃、騒音なども似たような理屈でコントロール可能だと思います。

 で、実際に食品工場の外と中で虫を毎月捕獲して、データをとってみると、壁(扉)一枚あたり数分の一から数十分の一になります。民家だと想像ですが数分の一ですかね。
 但し、色々な経路で虫は侵入(持ち込み)しますし、内部で増殖することもありますので、設備だけでなく運用面でも、清浄度に応じた精度で、いわゆる「5S」が必要になります。つまり、設備を作って後はダラシナイと、ぶち壊しです。

 実際の民家で応用すると、台所に直に外から入れる「勝手口」は改善の余地あり。例えば、前室を設けて手洗器やダンボール解箱所など除染設備を設けるとか、外と前室は足洗い、前室と台所は段差を設けて履物は室内用に履き替える、買い物はダンボール箱を台所に入れず境界で室内容器に移しかえる、といった運用を工夫すると良いですね。
 勝手口を設けず、洗濯室、浴室のような衛生設備を玄関脇に設けてこれらの用途を兼ねる設計にするのも良いでしょう。

 食品は床下収納は避ける。先入れ先出しできるように、棚を壁に付けない。(または棚板の上下間隔を広くして、奥へ新品を入れられるようにする)

 水際というか、早期発見について。
 しっかり5Sしていれば、目視で兆候は判りますよ。また、害虫のプロはゴキブリホイホイのようなトラップ(罠)を要所に仕掛けておき、捕獲された虫を定期的にカウントします。捕獲指数(1日1トラップあたりの捕獲数)をモニタリングして、管理するわけです。

 そういうわけで、シゴトのレベルでは、コンビニ指定の食品工場で何千店に出荷しているとか、ロットが大きい食品の品質管理では、こういう事が必須になっています。

 そもそも建築とは?みたいな事から容易に発想できますよ。雨をしのぐ→屋根をつける、侵入を防ぐ→壁をつける、みたいな。

 ゼロから発想する必要はありません。まず、実際にそのような機能を持つ建築物があるかどうか、調べます。もちろんあります。食品、医薬品の工場、移植などの手術室、半導体の工場などです。
 清浄度を確保する原理は「入れ子」です。二重、三重、四重…に造ります。外界と清浄区域を隔てる壁が2枚、3枚…と必要になりますね。
 人間の視線から見ると、奥にたどり着くまで扉が何枚...続きを読む

Q自分の土地だと思っていたのに隣の家の土地とわかり困っています。

私の母は60歳になります。生まれ育った家の土地が隣の家の土地で税金も払っているからかえしてほしいといわれたそうです。
昨日登記簿謄本を取りにいってきました。
もともとその土地は曽祖父が大叔父と祖母に分けたものでしたが登記していなかったようです。
曽祖父が他界したときに大叔父の名義になっており、祖母も母も知らないうちに大叔父が他人へ売却してしまったのです。
となりと、うちの(だとおもっていた)土地は2回転売されています。
隣人はこのことを最近になってわかったのか、前から知っていたのか不明です。
建物は昭和30年代にすでに母の名義になっており、祖母が他界する10年前まで居住していました。占有権のことなど調べてみましたが取得時効というのはきくのでしょうか・・・。以下の疑問も踏まえて教えていただけると助かります。
(1)この場合、土地は誰のものなのでしょうか?
(2)建物はどうすればよいのでしょうか?
(3)今は他人に貸しており、家賃収入があります。その収入は地主に渡さなければいけないのでしょうか?
(4)隣人は土地の税金を払っているとのことですが、ずっと母も建物と土地の税金を払っており、領収書もありますが、どういうことでしょうか。

私の母は60歳になります。生まれ育った家の土地が隣の家の土地で税金も払っているからかえしてほしいといわれたそうです。
昨日登記簿謄本を取りにいってきました。
もともとその土地は曽祖父が大叔父と祖母に分けたものでしたが登記していなかったようです。
曽祖父が他界したときに大叔父の名義になっており、祖母も母も知らないうちに大叔父が他人へ売却してしまったのです。
となりと、うちの(だとおもっていた)土地は2回転売されています。
隣人はこのことを最近になってわかったのか、前から知ってい...続きを読む

Aベストアンサー

昭和30年代から自分の土地だと思っており、その間誰からも土地を返せと野請求もされていないのなら取得時効が成立しますので、まずは専門家に相談されるべきでしょう。
土地の税金も払っているのならなおさら強く主張できます。

Qコンセントにさして使う 家害虫退治

TVショッピングのコンセントにさすタイプの 害虫退治器って 本当にごきぶりがいなくなるのですか? 集合住宅でも 使えますか?
どなたか使ったことがありませんか?
ちなみに ハムスターを飼ってますが 大丈夫でしょうか?
他にもいい方法は ありますか?

Aベストアンサー

hamcyuさん、こんにちは。
お尋ねの害退治器ですが私自身は使った事がありません。
ですが、“松本紳助”という番組で島田紳助さんが話しているのを聞きました。
本当にゴキ○○が出なくなったそうです。
(↑名前を入力するのも嫌なので。すみません。)

ちなみにそれまで家の中に出没したガムシロップくらいのサイズのネズミも出なくなったそうです。
ですので、ハムスターはちょっと心配かもしれませんね。
(ただそのネズミはハムスターと比べてもかなり小さかったので、そのネズミほどには影響無いかも知れませんが)

あまり、役に立たない話ですみません。

Q造成前の建築条件付土地の土地契約について

今年の6月に土地を探し始め、造成前の建築条件付土地の図面を見て気に入り不動産買付申込をしました。市街化調整区域なので、市との協議をへて、来年2月頃の完成予定との事でした。正式な契約は土地の造成ができてからだと思っていたのですが、先週今月の23日に契約、土地代金の5%を支払ってほしいと言われました。そこで質問したいですが、

1、造成前の土地の契約は大丈夫なんでしょうか?また、この流れで契約をするのは一般的なんでしょうか?
2、土地の契約に当たり注意点等あると思いますが、どういったことに気をつけたらいいでしょうか?

いざ契約が近づき不安になっています。アドバイスの方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>1、造成前の土地の契約は大丈夫なんでしょうか?また、この流れで契約をするのは一般的なんでしょうか?
開発申請の許可が下りたのかどうかを確認してください。
契約締結は開発申請の許可が下りた後でなければ行ってはならないと決まっています。
開発許可が下りた後であれば、契約するのはよくあることです。

>2、土地の契約に当たり注意点等あると思いますが、どういったことに気をつけたらいいでしょうか?
とにかく重要事項説明をきちんと良く聞いて、不明点がないようにして下さい。
事前に重要事項説明の内容を受け取ってください。

Q家に出る害虫について

この暖かくなってから部屋とトイレにこんな虫がいました
!築18年のマンションなんですがおそらくトイレの換気扇の中から下に落ちてきてトイレに一匹、おそらくそこから床をたどって寝室へ一匹。
寝室の一匹はピョンってな感じで殺す前に跳ねた感じがしますが動きは遅くあまり動きません!一体なんなんですか
なんて名前の害虫で生体や人間に害はあるのかどなたか詳しい方是非教えてください!!

Aベストアンサー

紙魚(シミ)ではないでしょうか。
紙や畳などを食べる害虫です。人体に害はありません。
乾燥に弱いそうですので、紙類が多く置いてある部屋があれば換気をよくしてください。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%9F%E7%9B%AE
http://www.ikari.jp/gaicyu/10010d.html

Q現在居住している家&土地を売って別の場所に土地購入&建築したい

このような場合、新しい家が出来るまで現在住んでいる家を出ることは出来ませんが、

Q1.今住んでいる家を先に販売&新しい家が出来たら退去ができるのでしょうか。
Q2.このような場合の購入費用はどうすればいいのでしょうか(一旦銀行で融資を受けて、現在住んでいる家を手放したときに受け取ったお金で返済?)
Q3.今住んでいる家を売った代金より、新たに購入した土地&家の購入代金が高い場合、今住んでいる家を売った際の税金は、基本的に発生しないと考えてよいでしょうか。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Q1.新しい家の完成に合わせて、現在の家の引渡し日を設定すれば問題ありません。
但し、完成の遅れを見込んで、日程的に余裕を持ちたいですね。

Q2.売却する家の代金決済を、新しい家の完成前にしてもらうのが一般的です。
通常では、居住者がいる状態での代金決済は行いませんが、買い替え先が決まっている場合は、売り先の人も了解しやすいでしょう。

但し、問題は買う家は決まっているが、売る方はこれからになりますから、売れるのかどうか、いくらで売れるのか、が資金計画に大きく影響します。
もし、予定価格より下回っても、新しい家の決済は延ばすことが出来ないので、妥協せざるを得ません。
当然、ショートした資金は、別途手配しなくてはいけなくなりますが、ローンの追加は出来ませんので、手持ち金を取り崩すか、あらかじめローンを多目に組むか、ということになりますね。

必ず売れる「業者買取価格」を確認しておくことも重要でしょう。

Q3.居住用資産の課税特例には、2つのケースがあります。
(1)居住に使っている土地建物を売却した場合、3000万円までの利益には課税されません。
買ったときに1000万円の土地建物に1年以上住んでいて、4000万円で売却しても、税金は払わなくていいと言うことです。
(2)居住に使っている土地建物を買い換えた場合であれば、持っていた土地建物の売却で3000万円以上の利益があっても、「売った年」には税金を払わなくてもよいのです。
税金を払うのは、買い換えた土地建物を将来売ったときでよいのです。
(ただし、(1)を適用させると、(2)は使えず、将来再度新しい土地建物を売った時には、又(1)を適用させます)

どちらの場合も、今回の買い替えでの課税はないことになります。

参考URL:http://www.tabisland.ne.jp/explain/zeisei8/zes8_1_4.htm

Q1.新しい家の完成に合わせて、現在の家の引渡し日を設定すれば問題ありません。
但し、完成の遅れを見込んで、日程的に余裕を持ちたいですね。

Q2.売却する家の代金決済を、新しい家の完成前にしてもらうのが一般的です。
通常では、居住者がいる状態での代金決済は行いませんが、買い替え先が決まっている場合は、売り先の人も了解しやすいでしょう。

但し、問題は買う家は決まっているが、売る方はこれからになりますから、売れるのかどうか、いくらで売れるのか、が資金計画に大きく影響します...続きを読む

Q害虫被害が隣の家に拡大→駆除費用負担は?

害虫駆除費用のことでお教えください。

私の畑の木に、知らないうちにアゲハ蝶の幼虫(イモ虫)が発生していました。

先日畑に行った際に、隣家からの話でわかったの事なのですが、
隣家の方からは、
「お宅の木が原因で、ウチの木もイモ虫の被害にあったじゃないか!
 ウチの木のイモ虫駆除もお宅が費用負担してくれ!」
と言われてしまいました。

こういった場合、駆除費用は当方が負担するものなのでしょうか?

初めての質問で要領を得ていないかもしれませんが、アドバイスよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

どちらの木に先に虫がついたのか、立証できません。
また、貴方が故意に虫を放したわけでなく、知らないうちについて、隣に広がったのですから、自然災害で不可抗力です。
それにまで、責任はないでしょう。
双方で負担して、駆除されたらよろしいでしょう。

Q建築条件付土地の購入を検討しており、購入の条件として備考に“土地先行決

建築条件付土地の購入を検討しており、購入の条件として備考に“土地先行決済が条件”とあります。この内容は通常よくあるものなのでしょうか?また、具体的にどのような不利益があるものなのでしょうか??
もう1点条件として“司法書士、土地家屋調査士及び火災保険会社は指定業者”ともあります。このあたりも指定に疑問を感じるんですがどうなんでしょうか??
明日に不動産会社との面談の為、できれば至急御教示頂きたいと思います。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

土地を買って、そこに建物を建てるわけですから、土地の決済は建築工事に先行して行われることが当然といえば当然ですね。
土地の決済前に、建築工事に着工することは、お金をもらってないのに買主に土地の使用収益権のみを与えることになりますからね。

不利益というと、#1さんがおっしゃっているように資金を先に用意しなければならないってことですが、業界ではつなぎ融資という制度を利用して、土地代金のみ先に決済するということが行われています。

あと、土地の決済時には建物が出来ていないわけですから、その土地に住民登録はできませんので、土地の所有権移転登記の買主の表示には、従前の住所を記載するしかありません。そして建物が出来上がって
から、住民票を移転し改めて所有者の住所を移転する・・・と2度手間な感じもしますね。

司法書士の指定はよくあることというか、ほとんどそうなんじゃないでしょうか?司法書士は、基本的に売主買主双方の代理なので、買主側に不利ということは基本的にはないです。買主が連れてきた司法書士では、スムーズにいかないこともありえますし、不利なことや不安に思うほどのことはないと思いますよ。

土地家屋調査士にかんしては、土地決済のシーンで登場することはまずありえません。ただし土地購入後何らかのトラブルがあって調査士を依頼するときは自分で調査士を依頼する必要があります。自分の側に立ってもらわないといけませんから。

火災保険については、特定の保険代理店に任せている・・・または業者自身が保険代理店だからでしょうね。保険会社によって保険料や条件がかわりますから、最初から決められれば不利といえば不利ですね。ただ、「自分で選べないなら買わない」っていってやれば折れてくると思います。住宅が飛ぶように売れる時代ではないですからね。

土地を買って、そこに建物を建てるわけですから、土地の決済は建築工事に先行して行われることが当然といえば当然ですね。
土地の決済前に、建築工事に着工することは、お金をもらってないのに買主に土地の使用収益権のみを与えることになりますからね。

不利益というと、#1さんがおっしゃっているように資金を先に用意しなければならないってことですが、業界ではつなぎ融資という制度を利用して、土地代金のみ先に決済するということが行われています。

あと、土地の決済時には建物が出来ていないわけですか...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報