私はサラリーマンで今まで家内を専業主婦にて生活を送っていました。
この不況により収入減が発生したため、家内が働くことになりました。
そこで税金について教えてください。
家内の収入が年間130万を超える見込みのため、現在私の扶養にいれていましたのが外れた場合の費用は
1:国民年金費用
2:健康保険料
この2つが思い浮かぶのですがその他ありますか?健康保険も扶養から外れると費用がかかるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

>上記の場合は妻単独で健康保険の加入が必要ですか?



そうなりますね。

>収入による保険料の変化がありますか?

健康保険の保険料は基準になる部分は異なっても、収入によって変わります。

>どの位になるのですか?

国民健康保険の保険料はその基になる金額や計算方法が自治体によって異なるので一概には言えません。
住んでいる場所(市区町村レベルまで)、妻の年齢、妻の平成20年の収入は0でよいのか?
などが判らなければ出ません。

>保険料の納付先はどこになるのですか?

市区町村の役所です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
役所に確認します。

お礼日時:2009/06/01 06:27

妻と夫とそれぞれに分けて考えなければなりません。



1.妻の場合

1-1.「所得税」

妻の年収が103万以下の場合は所得税が掛かりません。
ですが

>家内の収入が年間130万を超える見込みのため

ということなので妻に所得税が掛かります。

1-2.「住民税」

住民税は前年課税です、前年の収入に対してその年の6月から翌年の5月に掛けて支払います。
ですから平成20年の年収に対して住民税は、平成21年6月から平成22年の5月までに掛けて支払うことになります。
住民税は均等割と所得割のふたつの部分から成り立ちます。
均等割には非課税の限度額がありますが、自治体によって差があります90万~100万ぐらいです、つまりこれ以下なら課税されません。
一方所得割は全国一律で100万までなら課税されません。

これも

>家内の収入が年間130万を超える見込みのため

ということなら妻に住民税が掛かります、ただし今年の収入に対しての支払は来年の6月から再来年の5月に掛けてになります。


1-3.「健康保険」

これも

>家内の収入が年間130万を超える見込みのため

ということなら夫の健康保険の扶養にはなれません。
ただ、たとえパートでも法律上は下記の条件に当てはまれば、会社は社会保険(健康保険・厚生年金)に加入させる義務があります。

1.常用な使用関係にあると認められる
2.所定労働時間が通常の労働者の4分の3以上であること
3.1月の勤務日数が通常の労働者の4分の3以上であること

ということですので、それだけの収入があれば妻自身が勤め先で社会保険に加入することになるはずですが。
勤め先が違法と知りつつ保険料の半額負担を嫌って社会保険に加入させないということでしょうか?
もし社会保険に加入できないとなれば国民健康保険に加入となります。

1-3.「年金」

これも上記のように妻が社会保険に加入すれば厚生年金になります。
もし社会保険に加入できないとなれば国民年金となります。

国民健康保険と国民年金の手続きには夫の扶養を外れる手続きを夫の会社を通じて健保にします。
そして市区町村の役所へ行って国民健康保険及び国民年金(第3号被保険者から第1号被保険者への切り替え)の手続きをします。
その際は退職した夫の会社で加入していた健保の被保険者資格喪失証明書が必要ですので発行してもらって下さい。
多くの自治体では下記のようになっています(一部例外もあるようですが)。
国民健康保険は退職後14日以内に手続きをすることになっています。
14日以内に手続きをすれば退職日の翌日まで遡って、その日から適用されますが14日過ぎると手続きをしたその日からしか適用されません。
ただし保険料は退職日の翌日から請求されます、つまり14日過ぎて手続きをすると退職日の翌日から手続きをした前日までは保険料は取られるが保険は適用されないということです。

2.夫の場合

2-1.「所得税」

妻の今年の収入が103万以下であれば38万の配偶者控除が受けられます。
これも

>家内の収入が年間130万を超える見込みのため

ということなら受けられません。
ですが103万を超えて141万までなら夫は配偶者特別控除を受けられます。
もし配偶者特別控除の対象であれば「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」ではなくもうひとつの用紙の、「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」に書いて申請します。
例えば収入が125万だったとします。
給与所得の収入金額等の欄に125万と書きます、その横に65万とすでに印刷されています、125万からその65万を引いた金額60万をすぐ右の所得金額のところに書きます。
次にその7つ下にAを四角で囲った欄があります、そこに60万を書きます。
その下に配偶者特別控除額の早見表があります、左側のA欄の金額で先ほどの60万は「600000円から649999円まで」に当たります。
するとその右側の控除額が160000円となっています、この16万をその下のB(を四角で囲った)欄の金額のところへ書きます。

以上が配偶者控除及び配偶者特別控除の申請の書き方です。

2-2.「住民税」

これは前記のように前年課税です、前年の収入に対してその年の6月から翌年の5月に掛けて支払います。
ですから今年の住民税(平成20年6月から平成21年5月までの支払)はすでに決定しているので変わりません。
妻の今年の収入が103万以下であれば33万の配偶者控除が受けられます。
これも

>家内の収入が年間130万を超える見込みのため

ということで受けられません。
しかし妻の今年の収入が103万を超えて141万までなら夫は配偶者特別控除を受けられます。
ただし住民税は所得税で上記の「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」と「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」をきちんと出していれば、自動的に計算されますので特に申請の必要はありません。

2-3.「健康保険」

妻が夫の健康保険の扶養を外れたとしても、夫の健康保険の保険料に変わりはありません。

2-4.「厚生年金」

妻が国民年金の第3号被保険者を外れたとしても元々保険料はタダですので、夫の厚生年金の保険料に変わりはありません。

まとめると

1.妻の場合は

『所得税』
今年掛かるようになる

『住民税』
来年掛かるようになる

『健康保険』
勤め先で健康保険に加入するか国民健康保険に加入するかになる

『年金』
勤め先で厚生年金に加入するか国民年金の第1号被保険者に変更するかになる

2.夫の場合は

『所得税』
妻に対する配偶者控除がなくなり配偶者特別控除になり控除額が減るので所得税が増える

『住民税』
妻に対する配偶者控除がなくなり配偶者特別控除になり控除額が減るので住民税が増える

『健康保険』
妻が夫の健康保険の扶養を外れても、夫の健康保険の保険料に変わりはありません

『年金』
妻が国民年金の第3号被保険者を外れたとしても元々保険料はタダですので、夫の厚生年金の保険料に変わりはありません

最後に夫が会社から妻に対して扶養手当のようなものをもらっている場合ですが、これは法律で決まっているものではなく会社独自の規定で決まっているものです(ですからそういう手当のない会社もある)。
ということでその規定については夫の会社に聞いて見なければわかりません。
例えば妻が配偶者控除の対象である場合とか、あるいは妻が健康保険の扶養である場合とか色々ありますので、会社に確認してください。

以上のようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答いただいたのに、返事できずにすみませんでした。
大変、わかりやすく感謝します。
その中でも2つほどわからないので、再度教えてください。
1:妻の健康保険
  本来は会社で加入ですが、社員ではなく一事業者のようなもの
  (例)保険外交員タイプ:歩合により収入変化
  上記の場合は妻単独で健康保険の加入が必要ですか?
2:国民健康保険料
  収入による保険料の変化がありますか?
  どの位になるのですか?
  保険料の納付先はどこになるのですか?
すみませんがよろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/30 06:59

>税金について教えてください。


奥さんの年間収入(1月~12月)が103万円以下なら、健康保険の扶養をはずれても貴方の税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者(38万円の控除)」)にはなれます。
健康保険の扶養と税金上の扶養は別物です。

また、103万円を超えても141万円未満なら、貴方が「配偶者特別控除」が受けられます。
この控除は控除額が38万円~3万円で、奥さんの年収が増えると控除額が減ります。
なお、この控除を受けるためには、年末調整のとき会社から渡される「保険料控除兼配偶者特別控除申告書」に奥さんの氏名や所得を記入しないと受けられません。

これは、住民税も同じです。
なお、住民税の控除額が配偶者控除は33万円、配偶者特別控除は33万円~3万円です。

>健康保険も扶養から外れると費用がかかるのですか?
奥さんが自分で健康保険(国民健康保険もしくは社会保険)に加入する必要ありますから、その保険料はかかるようになりますが、はずれることによる費用はかかりません。

なお、奥さんの会社で厚生年金に加入できれば国民年金の保険料は必要ありません。
奥さんの場合、厚生年金のほうが国民年金より保険料安いでしょう。
また、通常、雇用保険料も払うようになるでしょう。

また、貴方が会社から「家族手当、扶養手当」を支給されている場合は、通常、130万円を超えるようだと支給されなくなります。
これは、会社の規定ですから会社で確認されることをおすすめします。
なお、支給されなくなる時期は、働き始めたときからでさかのぼって返還はありえありえないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答いただいたのに、連絡できずすみません。
会社に確認します。

お礼日時:2009/05/30 06:24

それから、住民税もかかりますね。


健康保険もかかります。

それと質問者さまの勤務先の規定によると思いますが
一般的には年度の途中で扶養を外れると
その年度を遡って支給されていた扶養手当などが返却請求されると思います。

1年間支払われた分をまとめてだと金額的にも大きくなると思うので
今の時点で130万を越えるのが確実なら早いうちに抜いた方がいいと思います。
主人の職場の方は130万を2千円越えてしまっただけで
健康保険も使っていた為に12月の賞与で返却分として
30万近く引かれてしまい、賞与が出なくなってしまったと聞いています。
保険の部分は国民保険に加入すればそちらから戻って来るみたいですが
家のローンをボーナス併用にしていてとても困ったそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答いただいたのに、返事できずすみませんでした。
あとで返却はきついですね。

お礼日時:2009/05/30 06:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両親を扶養家族に入れた時のメリット・デメリットを教えて下さい。

両親を扶養家族に入れた時のメリット・デメリットを教えて下さい。

現在の家族構成:私:会社員(社会保険)・妻:無職・子:小学生で、隣に住んでいる両親を(父・67才:特定疾患医療費受給者証を持っていて、特定疾患医療費、月額「外来等¥2.250」「入院¥4.500」が自己負担限度)(母・63才:脳梗塞により、軽度の麻痺:障害認定検討中)の扶養家族に入れようか考えてます。(両親二人とも、無職:収入0円:年金も払ってなかったので受給資格無し)現在は、兄弟で援助して両親を養ってますが、今後、両親を私の扶養家族に入れた場合のメリット・デメリットなどありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

30過ぎの娘が難病で特定疾患医療券をもらっています。

今後は子供手当てのせいで扶養者控除がなくなりますのでメリットはありません。
扶養者控除は38万円を所得税(国税)の課税対象額から33万円を住民税(地方税)の課税対象額からそれぞれ差し引くというものです。
新たになにか(成年障害者等扶養控除)出来るようですが・・・?
障害には関係あっても病気は無関係になりそうな予感です。
子供手当てがもらえない家は増額ですね。
http://www.asahi.com/business/update/1204/TKY200912030487.html

>特定疾患医療費、月額「外来等¥2.250」「入院¥4.500」が自己負担限度)扶養し難病の生計上の扶養者になると、医療費の自己負担限度額があがる可能性があります。
残念なことに貴方の収入が世帯収入としてカウントされればあがりますよ。これは世帯を別にしてもそうなのかわかりません。
なのでむしろデメリットだと思うのですが。
ご存知でしょうが難病の医療券は毎年更新があり、そのたびに生計の立て方についての記載があります。
よって扶養にしてもあまりメリットを感じれないことでしょう。

お母様が障害者認定されれば、等級により40万:特別障害者控除(1~2級)か27万:障害者控除(3級~)の控除程度です。
これが成年障害者等扶養控除とどうかぶるかはまだ未定です。

30過ぎの娘が難病で特定疾患医療券をもらっています。

今後は子供手当てのせいで扶養者控除がなくなりますのでメリットはありません。
扶養者控除は38万円を所得税(国税)の課税対象額から33万円を住民税(地方税)の課税対象額からそれぞれ差し引くというものです。
新たになにか(成年障害者等扶養控除)出来るようですが・・・?
障害には関係あっても病気は無関係になりそうな予感です。
子供手当てがもらえない家は増額ですね。
http://www.asahi.com/business/update/1204/TKY200912030487.html

...続きを読む

Q年の途中で扶養から外れます。 今年度は130万以内の扶養内で働く予定で103万以上の収入見込みなので

年の途中で扶養から外れます。
今年度は130万以内の扶養内で働く予定で103万以上の収入見込みなので、夫の社会保険の扶養にのみ加入していました。

ですが、今年の8月末でパートを退職して今月9月~はフルタイム勤務出来るところに転職した為、これからは個人で社会保険加入になりました。

結果的に1月~8月までの収入は80万くらいなので103万以内の扶養に適用されるのですが、その場合の扶養控除や扶養手当などはどうなるのかな?と疑問に思いました。
本来は支給されるべきの物を受けないで損したのかな?
それとも、確定申告などで、返還可能なのかな?と疑問に思いました。
今から申告する必要な事があるのだとしたら、教えて頂けると助かります。

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

>結果的に1月~8月までの収入は80万くらいなので103万以内の扶養に適用されるのですが、その場合の扶養控除や扶養手当などはどうなるのかな?
前に書いたとおりです。
税金上の扶養は月ごとではなく年間を通してです。
今年の年収が103万円を超えれば、「扶養控除(配偶者控除)」は受けられません。

ただし、前に書いたとおりで、1月から12月までの収入(見込み)が141万円未満なら「配偶者特別控除」を受けられます。
配偶者特別控除は、年末調整のとき(11月)に会社に書類を出します。
ご主人が年末調整のとき会社からもらう「保険料控除申告書兼配偶者特別控除申告書」の「配偶者特別控除申告書」に、貴方の年収見込み額などを記入して提出すればいいです。

「扶養手当」の支給基準はご主人の会社の規則なので回答できません。
ご主人に会社に確認してもらってください。

>それとも、確定申告などで、返還可能なのかな?
確定申告ではなく、会社の年末調整です。
前に書いたとおりです。

扶養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」...続きを読む

Q扶養のメリットデメリットについて 詳しい方、分かりやすく教えて下さい。 税金などの事もよろしくお願い

扶養のメリットデメリットについて
詳しい方、分かりやすく教えて下さい。
税金などの事もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。
ただ、通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。
なので、おおむね160万円以上で働けば手取り収入は増えるし、厚生年金に加入なら将来もらえる年金の額も増えるので(今後、年金の仕組みがどうなっていくのかわからないということはありますが)、働けるのならそうしたほうがいいでしょう。
それか、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれないように働けばいいでしょう。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を...続きを読む

Q扶養★かけもちで収入が130万を越えてしまいました。

103万以内で働く主婦です。
妹は大手に勤めており。もちろんアルバイト禁止なのですが。
「大丈夫だと友人が言っていたから、Wワークのアルバイトの振込みに使いたいからお姉ちゃん名義の通帳を貸してもらえないか?」
と頼まれ。働かないといけない事情もわかっていたので。
渡したのですが・・・

本日「ごめん!!」と電話が入り
そのバイト先は、私の名義で所得をあげるようで・・・
私は、主人の扶養家族ですので、103万以内で働いており、妹のバイト収入を合わせると軽く150万にはなるようで(泣)
色々検索して調べようとしたものの。
わからず こちらに質問させていただきました。

私は、自分で妹の分の確定申告に行かなければなりませんよね?
ほっといたらどうなるのでしょうか?
やはり確定申告に行けば、主人の会社にもバレますでしょうか?
・・・とても不安ですが、妹に自分でなんとかしろと突き放す事も出来ず。やはり、私が引き受けるつもりなのですが。
どうなりますでしょうか?
よろしくお願い致します・・・

Aベストアンサー

そんなに不安がらず確定申告に行きましょう。
税金は「収入 = もらったお金」にかかるのではなく、「所得 = 儲かったお金」にかかります。
妹さんの分は妹さんに請求書を書いてもらい、お金を渡したら領収証をもらっておきましょう。
個人事業者でいう「外注費」のような考え方です。

ただ、請求書と領収証だけでは、単なる税金逃れととられなくもありません。
その妹さんの給与に対応する日時に、あなたが在宅していたとか他の仕事や会合に出かけていたという、証拠を残しておきましょう。
日記を付けていればいちばんですが、カレンダーや家計簿へのメモでもかまいません。
同じように、妹さん側の記録も大事です。

税務署で事情を説明すれば、分かってもらえるものと思います。

なお、これであなたは丸く収まることとして、妹さんが会社に副業がばれることは、じゅうぶん覚悟してもらってください。
身から出たさびですから。

Q扶養内の個人事業メリットデメリット

はじめまして。 個人事業について教えてください。 旦那の扶養内ででできる仕事をしたいと思っています。 (美容系) この時のメリットとデメリットとしりたいのですが どなたかご存知でしょうか?

Aベストアンサー

個人事業者は旦那さんですか?それとも貴女?
とりあえず旦那さんが個人事業主ってことで話すすめますね。
メリットは、貴女が旦那さんの扶養の範囲内である場合は、所得税、住民税、国民健康保険等が、免除若しくは減額されますし、家計を助けることも可能です。また旦那さんの所得控除にもつながります。(課税される金額をやすくできる→所得税が減る)ただし、旦那さんが青色専従者をの届出をしており、青色専従者給与を支払っている場合(経理上だけでも)は注意してください。思わぬ落とし穴があります。(詳しくは税理士の先生か国税庁のHP検索してください)
デメリットですが、税金の観点から言わせていただければ、ないと思います。なぜなら、実際は、収入があるのに、給与所得控除によって所得金額が0円と判断され、税金を免除されるからです。

ちなみに貴女が個人事業主である場合は、事業所得を38万円以内すれば、所得税法上の扶養です。住民税は35万以内だったような・・・・勉強不足ですいません。

Q社会保険の扶養者が130万円収入超えるとどうなるのですか?

現在、社会保険で扶養者として入れてもらっています。
よく扶養からはずれるとか言う言葉を聞くのですが、130万円の収入を超えてしまうと被保険者の何かの税金が増えるとかあるのでしょうか?
社会保険労務士に聞いても何も問題はないというのですが・・・。
そうしたら、なぜよく扶養からはずすとかいうのでしょうか?
とても何かの税金が多くなるのでしょうか?
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

>そうしたら、なぜよく扶養からはずすとかいうのでしょうか?
社会保険の扶養からはずれる、ということです。
通常、政府管掌健保(保険者が〇〇社会保険事務局)の場合、被扶養者の年収が130万円を超える見込みになったとき(超えたときではありません)、つまり月108334円以上の収入があるときは、扶養からはずれなければいけません。
〇〇健康保険組合の場合も、これに準じていますが、130万円のとらえ方に違いがあることがあり、昨年の収入をもとにすることもあるようです。
もし、貴方の年収が130万円を超え扶養をはずれたら、ご主人の保険料に影響ありませんが、貴方が自分で社会保険なり国民健康保険なりに加入し、健康保険料、厚生年金もしくは国民年金の保険料をイ払わなくてはならなくなります。

税金上(所得税)では、103万円を超えると、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなり、代わりに103万円~141万円までは「配偶者特別控除(38万円~3万円)」を受けられますが、妻の収入が増えるに従い控除額が減っていきます。
141万円以上になると、控除はなくなります。
妻の年収が増えると、控除額が減り、夫の税金がその分増えることになります。

住民税も控除額は違います(33万円)が、考え方は所得税と同じで、妻の収入が増えれば、控除額が減り夫の住民税は増えます。

ご主人の会社から、「家族手当、扶養手当」が支給されていた場合は、健康保険の扶養をはずれると支給されなくなる、という場合が多いと思います。
これは、会社の規定ですから、会社に確認しないとはっきり言えませんが…。

>そうしたら、なぜよく扶養からはずすとかいうのでしょうか?
社会保険の扶養からはずれる、ということです。
通常、政府管掌健保(保険者が〇〇社会保険事務局)の場合、被扶養者の年収が130万円を超える見込みになったとき(超えたときではありません)、つまり月108334円以上の収入があるときは、扶養からはずれなければいけません。
〇〇健康保険組合の場合も、これに準じていますが、130万円のとらえ方に違いがあることがあり、昨年の収入をもとにすることもあるようです。
もし、貴方の年...続きを読む

Q扶養を外れるメリット・デメリットを教えて下さい!!

親の扶養内にいる学生です。
訳あって、今月から2010年3月までの間に100万円以上稼がないといけなくなりました。

・扶養を外れないようにするには103万まで
・130万はボーダーライン
・扶養を外れるなら最低でも160~180万は稼がないと意味がない

という話を聞いたのですが、お恥ずかしながら皆様の回答を読んでもいまいち仕組みがよくわかりません。
扶養を外れるメリット・デメリットを教えて下さい!!
お願いします!!

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があります。

>・扶養を外れないようにするには103万まで
税金上の扶養のことです。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円を超えると、貴方の親が扶養控除、所得税で63万円(貴方は特定扶養親族(16歳以上23未満)にあたりますから38万円ではありません。)住民税で45万円の控除が受けられなくなります。
これは、確定申告している、いない関係ありません。

貴方のお父様の所得がわかりませんのではっきり言えませんが、通常なら税率10%でしょう。
控除額に税率をかけた分税額が増えます。
630000円×10%=63000円
所得税が増えます。
所得によっては、この倍ということもあります。

450000円×10%(所得に関係なく)=45000円
住民税が増えます。

もちろん、1月から12月までの収入が103万円以下なら扶養でいられます。

>・130万はボーダーライン
これは健康保険の扶養のことです。
健康保険の扶養は、通常、1月から12月までの収入ではなく、向こう1年間に換算して130万円を超えると見込まれたとき(月収108334円以上)になったとき扶養からはずれなくてはいけません。
扶養からはずれると自分で国民健康保険に加入し、もしくは会社の社会保険に加入し保険料も払わなくてはいけなくなります。
国民健康保険の保険料の額は、市町村によって大きく違いますので何とも言えません。

>・扶養を外れるなら最低でも160~180万は稼がないと意味がない
扶養をはずれた人が健康保険や厚生年金に加入することによるその保険料の増、また、扶養する人が扶養控除を受けられないことによる所得税や住民税の増で、世帯全体としてみると手取りが160万円くらい稼がないと、健康保険の扶養でいられる130万円と比べ手取りの総額が増えないということです。

また、お父様が貴方の「家族手当、扶養手当」を会社から支給されていると、貴方の年収によっては支給されなくなるということもあるでしょう。

>扶養を外れるメリット・デメリットを教えて下さい!!
メリットは貴方自身だけのことを考えるなら、収入が増えるということでしょう。
デメリットは、貴方が保険料を払わなくてはいけなくなりその保険料の額によっては手取りが働いたわりに増えない、また、貴方のお父様の税金が増えるということですね。

あと、貴方は学生なので勤労学生控除(今年の1月から12月までの年収が130万円以下なら受けられます)を受けることができるので所得税はかかりません。
また、健康保険の扶養も学生ということで、収入調査がされず130万円を超えても扶養でそのまま通ってしまうこともありえますね。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があります。

>・扶養を外れないようにするには103万まで
税金上の扶養のことです。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円を超えると、貴方の親が扶養控除、所得税で63万円(貴方は特定扶養親族(16歳以上23未満)にあたりますから38万円ではありません。)住民税で45万円の控除が受けられなくなります。
これは、確定申告している、いない関係ありません。

貴方のお父様の所得がわかりませんのではっきり言えませんが、通常なら税率10...続きを読む

Qパート収入は、130万以下ですが、投資利益を足すと、130万を超えそうです。その場合、社会保険はどうなるのでしょうか?

現在パートをしております。
パートでの年収は、130万円の予定です。
今は、主人の健康保険の扶養に入っております。
最近、株を始め、利益が出始めました。
この利益をプラスすると、年収が130万円を超えてしまいそうです。
この株での利益は、社会保険の計算には入れなくてよいのでしょうか?
株の利益を足して130万円を超えてしまったら、社会保険を支払わなくてはいけなくなるのでしょうか?
うまく、説明できているかわかりませんが、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

質問者様、まさに同じような質問をしたものです!!!

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1638859

上記の回答を頂いたのですが、イマイチ不安でした。
知人は夫の健保にも確認したみたいですが、健保もよくわからなかったようで
「あまりそういう例がないので、一応130万を超えないでください」と言われたようです。

結局、つてをたどって税理士さんに聞いてもらったところ、

扶養内の妻について、、、

(1)特定口座 (源泉ありの場合)
課税関係が終わるため特に手続き不要。そして扶養には差し障りがない。

(2)特定口座(源泉なしの場合)
給料がある場合、20万円を超える場合には申告が必要。
給料がない場合、38万円を超える場合には申告が必要。


と言われました。

私の知人は今年は20万以下(10万程度)の利益なので確定申告は不要、
扶養にも差し障りなし、、
との判断でした。

株の利益と給与所得は別枠で合わせて計算することはできないと、捉えたのですが。。。

ただ、NO3の回答通り、今お勤めの会社の社会保険加入は就業時間や給与によるので、
株で利益が出たからと言って入れないと思います。
扶養を抜けるとなると、自分で国民健康保険や国民年金に入らなければいけませんよねぇ。

ただ社会保険上のことがわからないので、私も他の回答に期待しています。

質問者様、まさに同じような質問をしたものです!!!

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=1638859

上記の回答を頂いたのですが、イマイチ不安でした。
知人は夫の健保にも確認したみたいですが、健保もよくわからなかったようで
「あまりそういう例がないので、一応130万を超えないでください」と言われたようです。

結局、つてをたどって税理士さんに聞いてもらったところ、

扶養内の妻について、、、

(1)特定口座 (源泉ありの場合)
課税関係が終わるため特に手続き不要。そして...続きを読む

Q主人を扶養にするメリット・デメリットは?

主人を扶養にすると、どのようなメリット・デメリットがありますか?
私は現在、派遣社員として働いて、派遣会社の健康保険組合にはいっています。主人は、現在失業保険を給付していますが、11月で給付終了します。

Aベストアンサー

とくにデメリットはないと思います。

今の時期に扶養が一人増えると年末調整の減税に
大きく貢献できると思います。

ただ、年末調整の書類なども記入する時期ですので
ご主人の今年勤めていた会社の源泉徴収票と、あれば
生命保険等の払い込み証明書などを早めに準備する
必要があり、自分が派遣で勤めている会社に報告
しなくてはなりません。

Q扶養家族で税金の103万と健康保険の130万

 今現在私は無職で主人の扶養家族になっています。就職活動をしており、正社員か、派遣社員で求職活動してします。
 そこで質問なのですが、私は今年になって収入0円なのですが、8月中に就職が決定した場合、社会保険には加入しないとダメのでしょうか?扶養家族の範囲で税金は103万、健康保険は130万という金額は年間収入だと思うのですが、今から12月まで給与収入があっても、税込み金額で多くて月額16万、12月までに合計80万位にしかならない計算なのです。
 今年中は主人の扶養家族でいて来年の1月から自分で社会保険に加入するというのは可能なのでしょうか?
 通常だと、月額16万位の正社員だと社会保険に加入できますが、扶養家族でいることは出来ますか?

 

Aベストアンサー

 No1です。現在はご主人の税法上も健康保険も扶養となっていて、103万円以内の収入で収まるのですから、何も手続きをする事はありません。

 年末調整の段階で、ご主人が配偶者である奥さんの1月から12月までの収入(所得)を申告して、所得税を調整する事になります。その段階で、1月から12月までの収入額を記入する事になりますし、来年分の扶養家族の届け出には、来年の1月から12月までの収入(所得)見込みを記入し、その額によって各種控除が決まります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報