俺中学ん時からずっと建築やりたくてようやく念願叶って今大学で建築の勉強しています
ホントつまんなくて
一番やりたかったはずのデザインの授業が一番ダルく感じてまして…
理想と現実のギャップみたいな感じですかね?
まぁ兎に角つまらないんです

で話しは変わりますが
そんなつまらない中唯一の楽しみがゲームでして
最近良くゲーセンでかなり金使っています
ギャルゲも結構たまってるから家にいたらギャルゲしかしてないくらいです

んで何が言いたいかと言うと
半年で大学辞める
もしくは学部、学科変えた方がいいのかなぁって
でも中学ん時から考えてた夢だしいざ辞めたら後悔しないとも言いきれないとも思うんです?
親にだってかなり迷惑かけるし

だからどうしたらいいのかなぁって

なんとなくイヤイヤ続けて自分を見つめ直すか
それとも学部、学科変えて夢?を考え直すか

ん~
相談下手だなぁ
すみません

そんな感じで悩んでいます
よろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

「理想と現実のギャップみたいな感じですかね?


まぁ兎に角つまらないんです」
それはプロボクサーに憧れてジムに入門したけど
練習がつまらないというのと同じです。
仕事と遊びの区別がついていない。
建築の勉強は実学なのだから種類として仕事です。
くそおもしろくもないことを歯をくいしばって続けるのが
仕事の普通の状態です。
ようするにあなたに根性が足りないだけですね。
「半年で大学辞める
もしくは学部、学科変えた方がいいのか」
何に変えても同じことです。
我慢して続けなさい。
ここで挫折したら何にもなれなくて
結局ホームレスか犯罪者ですよ。
    • good
    • 0

私も回答が下手ですみません。



私の言いたいことは
父が建築の方で父は凄い!!ってこと
自慢ですみません。

私がバイトしてた時
ほんとに嫌で「何でバイトしてんだろ?」
と思ってました。
でも、嫌々やっていく中で
お客さんに「この商品ないんですか?」
って言われて
私が作ってた商品だったので
お客さんに出したら
当たり前なことなのに
お客さんに「ありがとう」って言われた時
めちゃめちゃ嬉しくて
バイトが終わった後泣くくらい嬉しかったです。

そして父が言ってました。
「お父さんも仕事で家建てたとき
お客さんに満足してもらったときは嬉しかったよ。」
って。

言いたかったことは
諦めないでほしいです。
たぶん、自分が実力つけて人から感謝された時
「やりがい」とかって感じるものだと思います。

それだけです。長々とすみません。
    • good
    • 1

後悔はするだろうけど、そんな酷い後悔にはならないよ


中学の頃からの夢という割には、そんなに思い入れないみたいだからさ

多分、向いてないよ


>なんとなくイヤイヤ続けて自分を見つめ直すか
>それとも学部、学科変えて夢?を考え直すか

多分、学部や学科変えても何も変わらないよ
それより自分ができる事探した方がいいと思う
取りあえずお金の問題や大学行ってるんだし、大学行きながら卒業目指して頑張って、その時間の中で自分を知った方が良いよ

結果的に本当にやりたいと言えるものに出逢えるかもしれないしね

夢を求めるのは無茶苦茶厳しい
見たところそれほど真剣な夢ではなさそうだし、それならやれる事をやる
    • good
    • 0

昨夜、大河ドラマに触発されて信長の野望を直江兼継で越した者です。


親に迷惑かけてでも変更したい分野があるか、社会に出てからの「こうありたい自分」のビジョンがあるかどうかで、判断は変わってくると思います。

私も、中学時代から憧れ続けた大学・学科に進むことができましたが、実際に学んでみると、「こんなはずじゃなかった」が色々とありました。私の場合は、転部は非効率的だと考えて在籍したままで別の分野の授業に出たり、本を読んだりすることを始めました。

就職も、中学の頃の憧れだった職は、もはや憧れではなくなったのでほかに変えました。
就職したらしたで、その業界のことを知るにつけ、新しい疑問が沸きあがり、会社を辞めて大学院に行きました。

そして今の会社にいます。
今の会社は、大学の頃に片手間で勉強した分野、前職の経験、院の経験をすべてミックスさせて使える仕事です。

私の例はかなりアドベンチャーですし運もよかったので万人におすすめできる生き方ではありませんが、そのときどきの「ホンキ」でぶつかれるものを見つけたときの素直な思いがもしあるなら、それに従っても無駄にはならないと思います。
ただし、それだけの思い、気概がないのなら、現状からの逃げになるので転向はおすすめしません。
    • good
    • 0

ずっと夢だったのにそんなに簡単に諦めていいの?



授業がだるいって、講義をきくこと自体がつまらないのか、自分の興味と違うからつまらないのか・・・
そもそも、どの程度まで興味をつきつめられているのかによる。
建築と言っても、幅広いから。
建築の何がしたいの?そのためには、何を勉強しなければならないのか知ってる?それに、他にも面白い授業を積極的に探した?人から講義を聞いてもつまらないなら、自分で本を読んで何か勉強してる?
こういう努力をしていないように見えるけど、本当にやりたかったことなの?何か目標があった方がかっこいいから、自分に言い聞かせて偽ってきただけではないの?

でも、建築のある特定の分野に興味があっても、他のこと(自分の興味のないことやつまらないこと)も勉強しなければいけないのはわかるよね?
それはどの分野も同じ。

あなたの場合、(1)講義を聞いたり勉強するのが嫌、(2)興味が定まっていない(建築が好きというだけで漠然としているから、何となく興味が持てない、何を勉強したらいいかが分からない)の二つのような気がする。
上記だったら、どこにいっても同じ。
ゲームしまくりの無意味な生活が待ってると思うよ。

今の「ゆとり世代」はみんなこういう傾向にある。
つまらない=合わない・やりたくない と思って、すぐやめる、諦める。
別の視点からの発想がまったくない。そんな短絡的発想では、何事も成し遂げられないよ。
もう一度、自分の目標について考えるべきと思う。
    • good
    • 0

よーするにやる気がなく、毎日ダラダラ過ごして


いると・・・解決していい?

「ちゃんとしなさい!」

目の前のもんにちゃんと向き合ってないのに夢も
ないだろう。今のまま、進路を変えたところで、
目先を変えただけで、また「つまんない」ってな
るんじゃないかい?
    • good
    • 0

>ん~相談下手だなぁ


そですね(笑)。
でも「回答へたれ」な私も胸張って書いてますんで、胸張ってください(笑)。
自分の生き方だし、こういうサイトの、こういうカテは自分の生き方のぶつけあいみたいな部分もありますしね。

>一番やりたかったはずのデザインの授業が一番ダルく感じてまして…
うーん、細かい部分がわからないので想像に頼るしかないんですが、ひょっとしたら「基本部分」の学習時期なんじゃないですか?。
私昔に、ある「製図事務所」に在籍していたことがあるんですが、ほとんど続かなかったです。
やはり「イメージ」と現実のギャップが問題で、若かったから「上手く行かない自分」に腹が立って悔しくて仕方なかったんですね。
「プライド」みたいなものもあったかもしれません。
ホント、子供だったですね。

悔しくても、現実と違ってても、無意味に感じたとしても「継続は力なり」です。
どんな人でも、才能が無い人であっても(もちろん、あなたに才能が有るとか無いとか、そんな失礼なことを言っているのではありませんので誤解無きよう)なんでも継続していれば、なんらかの「形」は得られるものなのです。
資格とかスキルとか、そんなものではなくて「生き方の形」と言えばいいでしょうか。
自分の未来をかけるに値するものを「継続」は、ちゃんと残してくれるのです。
ですから、今は歯を食いしばってでも続けるべきだと私は思います。

「夢」はそういった試練の先にこそ、ちゃんとあるのです。
そうでない夢というのは、本当に夜に見る夢と同じで、つかみようの無い、非現実でしか有りません。
今は心が揺れるときでしょう。
しかし必ず継続していくうちには「発見」とか「悟り」とかがあります。
そのときのインスピレーションが大事なのです。
そしてそれが「一期一会」…自分との出会いなのですよ。
あれは駄目、これは無理、とか言いながら生活していると、肝心なものがどんどん遠くなります。
だから時には…そして若いうちには「石にかじりついてでもやる!」という「意地」が要るんです。
成功はその先にこそあります。
頑張って!!。
    • good
    • 0

話し言葉で書くと問題点がわかりません。



>そんな感じで悩んでいます
そんな感じと言われても回答者は神様ではないのでわかりません。


問題点を整理して質問をやりなおしてください。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング