20年位前だと思いますが、左回転する物質はわずかに軽いという実験結果が
新聞に出ていたと思います。
あれはその後どうなったか、ご存知の方いませんか?
間違いだったんでしょうか、それとも効果が小さすぎて世の中に役立つ応用までは
至らなかったのでしょうか。

そういえば、円筒型のUFOはこの原理で浮かんでいるんだ、という都市伝説も
生まれていた気がします。

A 回答 (3件)

結局否定されました。


うまく行ったら「重力離脱法」ができたのに残念だ。
その頃高温超伝導がノーベル賞になったので、常温核融合とか色々出たうちの一つです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました
常温核融合も否定されていたんですね~
核融合実験を熱核融合というのは、常温核融合と区別するためだと
ずっと誤解していました。

お礼日時:2009/05/26 12:19

とりあえず「追試で確認されていない」ようで.


ちなみに時期によって「右回転するものが軽くなる」とか「左回転するものが軽くなる」とかあったようです. どっちやねん.

参考URL:http://www.dma.aoba.sendai.jp/~acchan/AntiGra.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
再現性がないというこことは致命的ですね。
やっぱり間違いだったんでしょうか。

お礼日時:2009/05/26 12:07

>20年位前だと思いますが、左回転する物質はわずかに軽いという実験結果


同じ年代かなぁ~ 確かにありましたね ^-^
かすかな記憶ですが、地球の自転の影響といことで北半球と南半球で回転方向が逆という実験結果がでたような気がしています
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます
自転の影響ですか。
オーストラリアかNZで実験したんでしょうかね。
当時は対称性の破れか(素粒子論の本にそんな用語が出ていたので)と
友人と話し心ときめかしていたんですが。

お礼日時:2009/05/26 12:04

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報