私、現在47歳です。馬鹿にされるかもしれませんが、この歳になって教員を目指そうと思っています。高齢で教員を目指した方や実際にそれを実現した方がいらっしゃれば、こんな私にご意見頂戴できればと思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

高校などでの専門的な分野でこれまでの経験を生かしての指導にはいいと思います。

それ以外でも、何か教員に生かせるようなノウハウがある、などといったことなら。ただ、漫然と、教員を目指したい、なら難しいでしょう。たとえば、そんなお年で小学校の教員になっても、ただのおじさんには子供はついてきません。なにか人間的な魅力があるか、指導力がすばらしいか・・・でないと、全くの素人からだと失敗します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。しっかりと肝に銘じてがんばります。

お礼日時:2009/06/03 08:18

 長年教師をしておりますが、一般の会社員を経験して教師になった者も多くおります。

私の経験では30才で教育実習に来た女性もいました。
 これから教員社会も高齢化してきますので貴方のような方が教師になるのは心から賛成します。頑張ってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

応援ありがとうございます。難しいとは思っていますが、がんばってチャレンジします。

お礼日時:2009/05/30 16:43

社会人選抜枠の拡大があるのに対し、既存の職員たちの反応は真反対のように感じます。

職員室で一緒に過ごす学校の教師たちは、他の社会経験や企業での実績を積んであとから教師になった人を尊敬しないし評価しないですよ。全くの新卒と同じような目でみます。教師しかやったことない年配教師は特にです。外部社会を知らないことに対し劣等感があるのですが、それを悟られるのは自尊心が許さないので、他所者の持ち込んだ価値観を軽く見下してかかります。「教師の仕事は他とはぜんぜんちがいますよ、外での経験など役に立ちませんから」などというようなことも平気で口にしますよ。あなたの経歴を尊重する態度はないと思った方がいいです。それを覚悟の上で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見ありがとうございます。sakkurisanは社会人から教員になった先輩ですか?

お礼日時:2009/05/27 07:53

東京都の場合は、次のようになっています。



http://www.kyoiku.metro.tokyo.jp/pickup/p_gakko/ …

過去の試験問題と解答もあります。
「特例選考」の「社会人経験」という枠になるでしょう。ページが多いので、お手数ですが探してください。たとえばQ&Aなどのところです。

東京都の場合、実際に採用されるまでが大変だと思います。
    • good
    • 0

そもそもその年齢では採用試験すら受験できないのでは。

(少なくとも私の在住する都道府県では受験不可能です)
年契約の常勤講師であれば可能です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご解答ありがとうございます。最近社会人選考特別枠として、私の年齢でも受験できる自治体が多くでてきています。例えば神戸市は昭和34年以降生まれで受験資格があるようです。ぜひ教員になりたいので、地区を限定せずに挑戦しようと思っています。

お礼日時:2009/05/26 13:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学教員、高校教員、高専教員ってどうやって給料が決まっていますか?

大学教員、高校教員、高専教員ってどうやって給料が決まっていますか?

いずれも、もともと公務員だった職なので、基本的には年齢によって決まる
公務員の制度に乗っ取って、給料が決まるのでしょうか?

でも、教授は、准教授や助教と比べるとかなり給料が多いと聞きますが、
これはなぜなのでしょうか?

また、私立と国立では私立の方が給料が多いという話しを聞きますが、これは私立の場合だと
公務員の給料制度に従わないためなのでしょうか?

また、地方国立と一流大国立だと給料に差はないのでしょうか?

高校教員だと、大学のように、教授や助教といったランク付けはありませんが、
高専教員には、一応、大学と同じく教授や助教といったランク付けがあるわけですが、
大学教員と同じ給料をもらっているのでしょうか?

何か良い資料などがございましたら教えて頂けますでしょうか?

Aベストアンサー

質問ラッシュですね。

>いずれも、もともと公務員だった職なので、基本的には年齢によって決まる
>公務員の制度に乗っ取って、給料が決まるのでしょうか?
>でも、教授は、准教授や助教と比べるとかなり給料が多いと聞きますが、
>これはなぜなのでしょうか?

国立大学法人の場合は,公務員とおなじような「俸給表」があります。ただし,職種は「行政職」(いわゆる役人)や「研究職」,「医事職」ではなく,「教育職」という分類になります。それぞれに俸給表があります。

この教育職俸給表は2次元の表であり,横軸は教授,准教授,講師などの「職階」を,縦軸は「○号俸」という「年齢序列」を示します。ふつう1年で号俸は1つ上がります(定期昇給する)。准教授から教授に昇任すると,俸給表を横に移動しますが,一気に給料が上がるわけではなく,おなじくらいの月額の号俸のところに飛びます。そして教授を続けながら俸給表を上へ登ります。のぼりつめた最高額は,教授がいちばん高く,助教のまま昇任しないと40歳すぎくらいに頭打ちになり昇給しなくなります。

うちの大学の場合,経営分析では教授の平均給料を1としたとき,准教授は0.8,講師は0.7くらいで計算していたと思いますから,平均してみればそのくらいの差はあります。給料がちがうのは,職階・年齢ともにがちがうからです。企業でも係長と課長では給料がちがうでしょう。

教授になると学部長などの「長」職につくことができ,管理職手当がつきます。激務の割にはたいした額ではありません。ぼくは毎日走り回って,月3万円くらいですね 笑。

>また、私立と国立では私立の方が給料が多いという話しを聞きますが、これは私立の場合だと
>公務員の給料制度に従わないためなのでしょうか?

私立大学の教員公募では,しばしば「給与は国立大学に準じる」というのがありますね。だから,平均すればそんなところなんでしょうが,経営状態が良好なところはたぶん3~5割増しくらい,悪いところは7掛け(3割引き)くらいいくでしょう。ある私立大学では,「給料が国立なみに悪い」という会話も聞きました。

国立大学法人よりも給料が高くても,学生数が多いところは当然にアホも多くなるので,ぼくは行きたくないですね。非常勤講師として,小規模校中心でしか働いたことはありません。

>また、地方国立と一流大国立だと給料に差はないのでしょうか?

経営状態にいまは差がついていますから,裕福なガリバーのほうが平均して少し高いですね。たしか教職員組合の資料に書いてありました。だからどうだ,というほどの差じゃありません。

以下の質問はわかりません。

質問ラッシュですね。

>いずれも、もともと公務員だった職なので、基本的には年齢によって決まる
>公務員の制度に乗っ取って、給料が決まるのでしょうか?
>でも、教授は、准教授や助教と比べるとかなり給料が多いと聞きますが、
>これはなぜなのでしょうか?

国立大学法人の場合は,公務員とおなじような「俸給表」があります。ただし,職種は「行政職」(いわゆる役人)や「研究職」,「医事職」ではなく,「教育職」という分類になります。それぞれに俸給表があります。

この教育職俸給表は2次元の表で...続きを読む

Q小学校支援員の47才が教師目指していいですか

今年から小学校の非常勤嘱託介助員です。元々福祉のボランティア経験があり、白羽の矢での任命です。給与は想像の通り薄給。任期は最長5年のため教員を目指してみたいのですが、教員免許なしで今まではIT業界にいました。教員免許なく教師に携わることはできますか。介助員の経験がキャリアになると理想です。教員免許ない場合、教育委員会の就職もかんがえています。免許目指した場合、通信大学では通常2年のため1年でとれる大学があれば教えてください。特別支援教員をめざしています。

Aベストアンサー

小学校で非常勤講師をしています。
年齢に関係なく、教員を目指すのは問題ありません。熱意のある方に教員になっていただけることは子どもたちにとってもいいことだと思います。
以前は教員採用試験にも年齢制限がありましたが、今は自治体によっては受験年齢の引き上げや社会人経験枠などもありますので、該当自治体の募集要項を確認してみるといいと思います。
教員免許なしで教師として働くことは不可能です。学校で働くのであれば学習支援員や小1支援員、これからされる介助員として働くことになります。これらの職は正採用はなく、いずれもパート扱いになります。昇給もほとんどありません。
教員免許を取れば採用試験に合格しなくても産休代替教諭や非常勤講師など教師として働くことができます。
とりあえずは教員免許を取得することです。

大学を卒業していれば明星大学などの通信教育で取得可能です。
どの単位がどのくらい必要なのかは卒業した大学の「学力に関する証明書」を持ってお住まいの自治体の教育委員会(東京都だったら東京都教育委員会)に行くと教えてくれます。
通信教育でも教育実習や介護実習は必修ですし、教育実習に行くための単位もあります。その単位を取らないと教育実習に行けません。一年で難しいのは教育実習に行くためにとらなければならない単位があるからです。
特別支援学校教員免許を考えているのであれば、教員資格認定試験を受験することで取得できます。
文部科学省のホームページに詳しく載っているので調べてみるといいと思います。
私の知り合いで、この試験で小学校の免許を取得した人もいます。
一年に一回しかない試験なので、早く準備を始めたほうがいいです。

また、教育委員会への就職ですが、まず都道府県職員にならないといけません。
自治体の職員採用試験は教員採用試験よりも年齢制限が厳しいので、せいぜい三十代でないと難しいと思います。
受かったしとても教育委員会に配属されるとは限りませんし。

熱意があるなら教員になるために頑張ってください。

小学校で非常勤講師をしています。
年齢に関係なく、教員を目指すのは問題ありません。熱意のある方に教員になっていただけることは子どもたちにとってもいいことだと思います。
以前は教員採用試験にも年齢制限がありましたが、今は自治体によっては受験年齢の引き上げや社会人経験枠などもありますので、該当自治体の募集要項を確認してみるといいと思います。
教員免許なしで教師として働くことは不可能です。学校で働くのであれば学習支援員や小1支援員、これからされる介助員として働くことになります。これ...続きを読む

Q塾講師の経験は教員の給料に反映されますか?

塾講師として十数年働いてきました。この度、教員になろうかと考えています。塾講師としての経験は、教員(公務員)の給料に反映されるのでしょうか?

Aベストアンサー

これは「前歴換算」といいます。教員は都道府県職員ですから、それぞれの都道府県によって多少制度の違いがあるかもしれませんが、一般には
・前歴が他県の教員、公務員、私学の教員の場合 100%
・臨時教員、講師などの場合 80%
・その他民間企業など 50%
というのが大まかな制度です。

あなたの場合、塾の講師というのが正規の社員であった場合なら「その他民間企業」ですから50%となります。50%というのは、「働いた年限の50%を経験年数として換算する」、という意味です。

ですから、塾の講師(正社員)として10年働いた人なら、5年分が経験年数として加算され、新卒22歳+5年=27歳の給与ということになります。ただし、アルバイトなどは加算対象になりません。

Q教員採用・小学校全科、実際は中高校の学習内容レベル?

某大学通信教育課程で小学校教員資格を取得したいと思っている者です。私は諸般の事情で中学以来、勉強からはなれておりまして、一般の方がそなえている中学・高校レベルの各教科の知識もほとんどもちあわせていません。お聞きしたいのはその通信教育で送られてくる専門教養のテキストなのですが、教師として児童に対し十分に学習指導できるよう、小学校の専門教科といえども実際には、小学生レベルよりは相当高度な中学・高校レベルの内容の学習内容がテキストに盛り込まれていると聞いたのですが、これは本当でしょうか。また、その場合であればテキストは中学・高校程度の知識があることを前提として編集されていて、あらためて中学の初期の内容から学習できるようには編集されていないのでしょうか。もし、そうでしたら、私は美術系4大を既卒ですので中学・高校の美術科教師をめざしてもいいかなとも考えています。もちろん、いずれにしても教員採用試験では一般教養というのがあり、複数の科目を結局、勉強しなければならないのは承知していますが、小学校全科のボリュームよりは好きな美術の専門科目にウエイトに力を注げるのでよりいいかなとも思いました。ただ、一般教養と小学校全科は学習内容重なるようですので、学習効率がいいとも考えられる気もするのですが。あと、お尋ねしたいのですが、美術科教師をめざす場合、実技試験で画力というのは相当要求されるのでしょうか。絵がかなりうまくないと難しいのかと思いまして質問させて頂きました。いくつか質問が重なりましたがよろしくお願い致します。

某大学通信教育課程で小学校教員資格を取得したいと思っている者です。私は諸般の事情で中学以来、勉強からはなれておりまして、一般の方がそなえている中学・高校レベルの各教科の知識もほとんどもちあわせていません。お聞きしたいのはその通信教育で送られてくる専門教養のテキストなのですが、教師として児童に対し十分に学習指導できるよう、小学校の専門教科といえども実際には、小学生レベルよりは相当高度な中学・高校レベルの内容の学習内容がテキストに盛り込まれていると聞いたのですが、これは本当で...続きを読む

Aベストアンサー

>小学生レベルよりは相当高度な中学・高校レベルの内容の学習内容がテキストに盛り込まれていると聞いたのですが、これは本当でしょうか。

その答えはテキストを見ないと分からないということです。大学によっても様々ですし、テキストを作成・担当した教授に考え方によっても異なります。『算数科指導法』というテキストなら、算数に関する指導の方法について書かれているので、そこには中学・高校レベルの学習内容は載っていないと思います。しかし、「教科・算数」「教科・数学」というテキストだったら、中学・高校レベルの学習内容が載っている可能性がありますね。

>美術科教師をめざす場合、実技試験で画力というのは相当要求されるのでしょうか。
美術科の教員を志望して受験される人達の多くが画力が低いということであれば、ある程度の画力をもっていれば実技試験には合格しやすいと思いますが、現実的には難しいかもしれませんね。

おそらく美術科の教員を目指している人の大半は、絵を上手くかけると思いますし、教員になった際は絵だけでなく造形についての技術も求められます。そして、当然のことですが、技術だけでなく児童・生徒に教えることのできる技術(指導力)がなければ、教員としての仕事は出来ませんし、授業も成り立ちません。学校の講師や教育ボランティア、大学の教育学部などで勉強してきた人たちが受験されますから、やはりその人たちに勝てる力を身に付けておく必要があると思います。


どこの都道府県で教員採用試験を受けるのかは分かりませんが、前年度の合格率が各都道府県の教育委員会のホームページに載っているはずです。その合格率を見て、小学校教員を受験すべきか、あるいは美術科の専科の教員を受験すべきか判断されるのが良いかと思います。

参考になれば、嬉しいです。

>小学生レベルよりは相当高度な中学・高校レベルの内容の学習内容がテキストに盛り込まれていると聞いたのですが、これは本当でしょうか。

その答えはテキストを見ないと分からないということです。大学によっても様々ですし、テキストを作成・担当した教授に考え方によっても異なります。『算数科指導法』というテキストなら、算数に関する指導の方法について書かれているので、そこには中学・高校レベルの学習内容は載っていないと思います。しかし、「教科・算数」「教科・数学」というテキストだったら、中...続きを読む

Q教員の講師の給料

公立小中学校の教員の講師の給料を教えてください。
愛知県又は岐阜県の公立小中学校の、常勤と非常勤の教員の給料をお教えください。
転職したいのですが、常勤又は非常勤講師で生活ができるのか知りたいので教えてください。
経験によって給料が違ってくると思いますので、できるだけ経験のある講師を例に教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

<愛知><教員><給与>で検索すると出て来ます。

     http://www.pref.aichi.jp/0000059980.html

Q教員免許と教員採用試験について

教員志望の高3です。英語が好きで、小さい子どもの相手も好きです。
○中学校は教員が有り余っていて、小学校免許を持っているとなかなか中学校には配属されない、と聞いたのですが本当でしょうか?
○小学校の教員採用試験の内容はどんなものが課されるのでしょうか?
○教育学部での指導内容は大学によって大きな差はあるのでしょうか?
3つも欲張って申し訳ありませんが、分かるものだけでいいのでお願いします!

Aベストアンサー

こんにちは。はじめまして。
5年目の小学校教員です。

5年前ですが、私のときの、私の地域のことで返答させていただきますね。

中学校に教員が有り余っているという事はありません。
試験で両方受ければ、その人の適正の高い方が合格します。私のときは、1次試験は小・中が同時に受けられたのですが、小が受からずに中だけ受かる人もいましたよ。
ただ、教科によって高倍率の年もあるでしょうね。中学校だけの免許で中学校を受けると合格が難しいかもしれません。高校はなお難しいです。
また、自治体によって小中の交流を盛んに行う所もあり、頻繁に小学校⇔中学校へ転任になるところもありますね。
そして、免許があれば転任の希望を出す事も可能です。

採用試験については、すでに詳しく回答されていらっしゃいますが、分かりやすく言うと、小学校では、小学生に全教科教えるので、「小学校全科」という試験があります。
国語・社会・算数・・・家庭科・体育など小学校で子どもたちに教える全ての教科が詰まっています。(残念ながら、korokanさんの得意な英語は無いですね・・・。)
ただ、小学生に教える内容なので、難しくはありません。ただ、教科数が多いので量が半端じゃありません。

対して、中学校は専門教科の試験です。1科目だけなので、内容も難しく、1教科当たりの問題も多く、勉強をやりこまないといけません。・・・結局どちらも勉強は大変です。


あと、基礎的な体力の試験(反復横とび・握力などや、泳力)がありましたが、スバラシイ運動能力でなくても、人並みに出来ればよいみたいです。


大学の指導内容は・・・一つしか行ってないので比べようがないのでなんともいえませんが・・・。ただ、教育大学は、より教育の現場に行く人間を育てるのが主であり、学生もそういう気持ちで(と言っても全員ではありませんし、最近は減少傾向です)いる人が多いので、現場の事も踏まえた指導になるような気がします。それに比べて、有名大学の教育学部は、現場と言うよりは「教育」に対する研究をしているのでは。そういったい意味では、有名大学には出版物などで有名な教授もいらっしゃいます。

長くなってしまいますが、最後に一つ。
大学の教員養成課程には、「小学校」と「中学校」があると思います。(英語は中学校だけです。)卒業には、それぞれの免許を取ることが卒業の認定にもなります。ただ、「小学校」の人が、中学校の免許を余分に取ることは比較的簡単ですが、「中学校」の人が小学校免許を取ろうとすると、ちょっと大変です。理由は・・・ちょっと長くなるので、もしお知りになりたければお尋ねください。

参考になれば幸いです。

こんにちは。はじめまして。
5年目の小学校教員です。

5年前ですが、私のときの、私の地域のことで返答させていただきますね。

中学校に教員が有り余っているという事はありません。
試験で両方受ければ、その人の適正の高い方が合格します。私のときは、1次試験は小・中が同時に受けられたのですが、小が受からずに中だけ受かる人もいましたよ。
ただ、教科によって高倍率の年もあるでしょうね。中学校だけの免許で中学校を受けると合格が難しいかもしれません。高校はなお難しいです。
また、自治...続きを読む

Q小学校教員の給料について

私は今年の4月から新卒で横浜市の小学校教員になるものです。
一人暮しをはじめようと思うのですが、学校の先生がいったいどれくらいのお給料をもらえるのかわからず困っています。
できれば横浜市の教員のお給料について、又は他県の教員でもいいので、だいたい手取りでどれくらいいただけるものなのか教えてください。それと、交通費や住宅手当などもどれくらいいただけるものなのか教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

地方公務員の給与(俸給?だったかな?)は、国家公務員の給料表の一部を準用して作ってあります。なので、総務課に問い合わせて、何等級何号俸が初任給か聞いてみれば。1年に1号俸アップして、何年か経過の後、次の号俸の直近上位に「ワタル」という上がり方をします。号俸間の差は上位等級ほど高くて、勤務年数が長いほど、また、早く昇格すればするほど給与のアップ率は高くなります。で、最近ニュースになっているのが、退職時に1号アップする制度の廃止。だって、1号の差が1万円あれば退職金は勤務年数×倍率×一万円になるわけだからね。まっ、公務員は2重3重に優遇されているわけなんだ。

Q教員採用試験と教員資格認定試験について。

小学校教員を目指している者です。
お尋ねさせて頂きますが、私が素朴に疑問に思うのは、教員免許ってどんな意味があるのかと思うのです。
つまり、大学の教職課程や通信教育で免状を取得したとしても、結局、教員採用試験を突破できなければ、学校に採用されることにはならないからです。まあ、講師にはなれますが。
それなら、いっそのこと、教員採用試験を突破した者に初めて免許を交付することに、どうしてしないのかなとも思うわけです。
免許を取るだけなら、レポート提出とさほど難しくない試験をパスすればいいだけの話ですから。
もちろんただ教職関連の科目を学ぶだけでも教養としての意味はあるでしょうが、実際、教員としての就職口を得るということになると、ただ、単位を修めて免許を取るだけではなく、きちんと教員採用試験の出題範囲を相当きっちり勉強しなければ、合格もできないと思います。
あと、小学校教師になる道として、小学校教員資格認定試験があることを不覚にも知らなかったのですが、調べてみると、簡単ではないとか書いてありますが、教育実習もないですし、介護等体験も必要ないようです。これで合格すれば2種免許が授与されるとあります。
文部科学省の昨年の実施要項も読んでみましたが、大学卒業者なら一般教養も免除されるとありますし、1次試験、2次試験とあるようですが、科目数も少ないと思うのです。
私としてはこれなら、わざわざ、2年かけて何十万という学費も払って通信教育で単位を取得して免許を取るより、しっかり勉強すれば、
よほど、資格認定試験を突破して教員採用試験に臨むほうがいいように思えてきたのですが。
難易度としては合格率7%で教員採用試験以上との情報もありますが、結局、教員採用試験を受験するときには、それとほぼ同等の学力を具えていなければならないわけですから、いずれにせよ一定のレベルまで学力を引き上げていかなければならないことには変わりないわけです。
まあ、教員として現場に立つまでに、教員採用試験と合わせて、それと同じような試験をもう1回プラスして受けるようなものかもしれませんが。
なぜ、教員を目指す方はこうした教員資格認定試験を受ける方法をとる方が少ないのでしょうか。
資格認定試験の存在がたまたまあまり知られていないだけの話なのでしょうか。
また、教職課程をおく、大学通信教育を受講中でも並行してこの教員資格認定試験を受験することはかまいませんか。

小学校教員を目指している者です。
お尋ねさせて頂きますが、私が素朴に疑問に思うのは、教員免許ってどんな意味があるのかと思うのです。
つまり、大学の教職課程や通信教育で免状を取得したとしても、結局、教員採用試験を突破できなければ、学校に採用されることにはならないからです。まあ、講師にはなれますが。
それなら、いっそのこと、教員採用試験を突破した者に初めて免許を交付することに、どうしてしないのかなとも思うわけです。
免許を取るだけなら、レポート提出とさほど難しくない試験をパス...続きを読む

Aベストアンサー

 教員という職業がそれだけ重要視されているからではないで
しょうか。教員免許は、採用試験を受けるための免許なのです。
と考える意外ないような気がします。疑問はもっともですが、
試験に合格して即、教員というのではシステム上、安易な気が
します。例えば、医師になるときもそうです。国家試験にパス
すればいいかと言えば違います。大学の医学部に入って、
6年間しっかりと勉強した者だけに国家試験への道が開かれます。
 
 教員免許は、医学部で言うところの6年間の勉強にあたるのでは。
そもそも教師になる人が、試験一発合格というのは、恐ろしい。

 元々、教員免許は大学入学後、18歳から取得のための勉強を
始められます。教員資格認定試験は20歳からが受験資格ですので、
18歳で大学に入学した人はこの試験を受けられません。この辺に、
資格認定試験の存在意義が出てくるだと思います。
 
 また、教員資格認定試験は、広く社会からも門戸を開こうという
主旨の、社会人を対象にした試験です。社会で培った経験をもった
人材をとろうというのが、文部科学省の狙いでもあります。ただし、
社会人は忙しいので、なかなか学校に行って一から免許を取るのは
難しいということで、一発での免許取得になったのだと思います。
 
 しかし、教員資格認定試験で取得できるのは小学校でいえば、
2種免許だけですし、また介護体験等はそのあと行うことも出て
くると思います。1種免許を取得することを期待されますし。

 資格認定試験の受験者が少ないのは、もちろん一般大や通信で
免許を取る人が多いからでしょう。その理由は、おそらく、
認定試験の存在を知らないか、認定試験に合格できないまま、
通信で免許を取ってしまうからではないでしょうか。まあ、
なんと言っても合格率は低いですから。

 しかし、認定試験は広く門戸が開かれているだけに、
相当多様な人材が集まっているはず。たぶん、半分くらいの
受験者は、社会人ということもあり、忙しくて未対策のまま
受験してるのではないでしょうか。だから実質の合格率は
もっと高いでしょう。これは運転免許と同じで、~%とれば
いいという試験です。採用試験と違って選抜試験ではありません。
60%以上の正答率で合格する試験です。受験者が一万人いても、
一万人全員が正答率60%以上でしたら全員合格で、合格率100%、
倍率にして1倍です。

 数字にごまかされず、ガンバってください。答えになって
いない所もあるし、推測が多いので申し訳ないです。

 また通信と並行での資格認定試験は、何も問題ありません。
 

 教員という職業がそれだけ重要視されているからではないで
しょうか。教員免許は、採用試験を受けるための免許なのです。
と考える意外ないような気がします。疑問はもっともですが、
試験に合格して即、教員というのではシステム上、安易な気が
します。例えば、医師になるときもそうです。国家試験にパス
すればいいかと言えば違います。大学の医学部に入って、
6年間しっかりと勉強した者だけに国家試験への道が開かれます。
 
 教員免許は、医学部で言うところの6年間の勉強にあたるのでは。
そ...続きを読む

Q国立大学の教員の給料は、大学のランクによって異なるの?

国公立大学の教員(例えば、教授)の給料というものは、
旧帝大だからとか、旧一期校だからとかで、
異なるものでしょうか?それとも同じなのですか?
なんとなくの疑問です。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

国家公務員なので同じらしいですよ、聞いた話しですが。それで、先輩は地方大学に就職しました。出世も早いっていってました。

只、公立大学の教員は地方公務員なので国家公務員よりちょっといいらしです。また、寒いところは寒いので寒冷地手当て、都会は物価が高いので都会手当てとかがつくそうです。

それから、近頃話題になっている、大学の独立行政法人化が本当になれば、大学が国立大学という大枠から外れるので、各大学で自由に給料を決めていいらしいです。

ということは、将来的には旧帝大とか旧一期校とかの教員の給料が高くなるらしいとの評判です。

Q小学校の教員はよく異動されたりしますが地方の小学校に異動なんてあるんですか? 横浜市で教員をしていて

小学校の教員はよく異動されたりしますが地方の小学校に異動なんてあるんですか?
横浜市で教員をしていてどこかに異動してしまった小学校の時の先生の名前を愛媛の小学校の学校要覧で見た子が入るらしくて…
なにか知っていたらお手数ですが教えて下さい!

Aベストアンサー

小学校で音楽の専科だった者です。
教員は自治体ごとの教員採用試験を受けます。
合格して名簿に載り、採用されていると思います。
そして転勤もその合格した自治体の中なので、横浜、川崎などの政令指定都市は(全国津々浦々の政令都市のことを知っているわけではないので、すいませんがおそらく…です)そこだけで採用をしているはずなので、横浜市の小学校の教員の転勤の範囲は、採用された自治体の範囲の中だけです。

横浜で小学校の先生をしていた人が現在愛媛の小学校で教員をしている。
これに関しては、30数年前、私もそうだったのですが、大学卒業時、第一希望は出身地の教員だとしても、そこ1つだけというケースより、日程的に可能なら、出身地の県、近隣の県、大学所在地の県等の採用試験を複数受けている人が多いと思います。

ここから先は私の推測ですが…。
その先生は出身が愛媛で、大学が横国だったりした場合、両方受けて、やはり都会の方が子供の人数が多く、諸事情で教員が退職するケースも多く、採用されやすいと思うので、横浜が合格、愛媛は不合格だった…のかもしれません。
横浜で教員をしながら愛媛の採用試験を受け続けていた可能性もあります。
一旦は横浜の教員で納得したものの、親御さんの病気等、家庭の事情で何年目かから地元の愛媛に帰省せざるを得ない状況になったかもしれません。
苗字が変わっていなかったのなら、以上のような可能性が推測できるような気がします。

あとは、他の方も書いていますが、縁もゆかりもない遠方県の採用試験を受ける可能性は低いと思うので、結婚相手の地元で教員をしているのかもしれません。
自身は横浜で教員を続けて行くつもりだったが、伴侶は自身の地元の愛媛に戻ることにした、または伴侶の転勤先が愛媛になった等で、自身もついて行って愛媛で教員をしている、そういった可能性も考えられるでしょう。
他県の教員経験があると、採用時に有利になる部分は否定できず、年度の途中でも名簿に登録しておくと、急な退職、休職などの空きがあると連絡が来るし、その自治体でそういう臨時採用、非常勤講師をしていると、おそらく(これはもう自治体の胸三寸としか言いようがないですが)その経験は採用試験では有利に働く可能性は高い…という印象です。
小学校は女性教員の割合が高く、産休育休も多いです。
当初はつわりの間だけだったはずの休職がつわりがひどく長引いたり、または妊娠の途中で安静を余儀なくされ、先が読めないため、そのまま休職と産休に入ってしまったりすることもあるし、私が新卒の頃30数年前にはほぼ耳にすることのなかった、心の病での休職も近年は多いようです。
赴任先でのことですが4月の時点ですでに1名休職中、年度の途中で1名が夏休み以降休職…ということもありました(うつともう一方の先生は更年期?とのことでしたが)
急病や、あらかじ予測できる短い期間なら、急場しのぎで一時的に教務主任や、教頭、算数の補助で担任を持っていない先生などで回して行きますが、ある程度長くなると、特に小学校では長期の担任の不在というのは避けたいことなのではないでしょうか。
ということで、小学校の教員の採用に関しては、タイミングもありますが、他県での経験を活かして、別の県で就職することは、需要は高く、中高よりも比較的容易のような気がします。

登録しておくと、経験のある教員は年度の途中でも話が来てすぐに採用されることはあり、そのまま非常勤のような立場で勤務している可能性もあるし、長く続けていく覚悟なら次年度は試験を受けて採用され、正規の教員として勤務しているのではないか、と思います。

小学校で音楽の専科だった者です。
教員は自治体ごとの教員採用試験を受けます。
合格して名簿に載り、採用されていると思います。
そして転勤もその合格した自治体の中なので、横浜、川崎などの政令指定都市は(全国津々浦々の政令都市のことを知っているわけではないので、すいませんがおそらく…です)そこだけで採用をしているはずなので、横浜市の小学校の教員の転勤の範囲は、採用された自治体の範囲の中だけです。

横浜で小学校の先生をしていた人が現在愛媛の小学校で教員をしている。
これに関しては、3...続きを読む


人気Q&Aランキング