カラーベスト、スレート、セメント瓦、陶器瓦など瓦にも色々あると思いますが、種類の見分け方などあるのでしょうか?教えてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

はじめまして。

屋根工事をしている者です。
なかなか難しい質問ですね。素人の方が外見を見ただけで判断するのは、ちょっと難しいかもしれませんね。セメント瓦と陶器瓦はプロの私達が見てもよく見ないと区別のつかないものがあります。とりあえずURLを貼って置きますので、よく見てみてください。
カラーベスト
http://www.kmew.co.jp/roof/
陶器瓦
http://www.try110.com/seihin2.htm
http://www.try110.com/bousai2.htm
セメント瓦
http://www.igetaslate.com/m_02_europian/m_02_eur …

この回答への補足

有難うございました。見分け方難しいですね。

補足日時:2009/05/29 12:28
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qセメント瓦屋根 修理と塗装or葺き替えで苦悩中

タイトル通りの質問です。よろしくお願い致します。

築25年の木造2階建て、外壁127.00m2はモルタル/屋根120m2はセメント瓦(1枚ずつ外れるタイプ)の寄棟です。

~現状~
・外壁:16年前に吹き付け塗装をしましたが、小さな亀裂数ヶ所程度。
・屋根:これといったメンテナンスはした事がありませんが、雨漏りは一度もありません。
    (1)瓦全体の表面塗料がはげて下地が見えていて、見た目も悪い。
    (2)漆喰の外れが目立つ
    (3)雀のお宿になっています
    (4)ずれと割れも何ヵ所かあります
      ⇓
    棟部分(冠瓦・のし瓦・鬼瓦)がずれというかゆがんでいるのが目視できます


 外壁塗装の見積もりを頼んだ際に屋根の塗装もと思い、まずは屋根の現状を知りたかったので、この業者さんに屋根屋さんを紹介して頂き、見て頂きました。
 
 結果、(4)の棟のずれは全て取り外して、積み直し×26間と漆喰の詰直し 又は円筒棟に取り換え   ×26間と漆喰の詰直しで40万と言われました。
 屋根の塗装代と修理代を合わせると100万程かかってしまうことが分かり、葺き替えの方がいいの  かと迷っています。

 塗装屋に相談するとこのぐらいの事なら気にしないで塗装しますと言われ、プロの屋根屋を連れて  来たのが失敗したとも・・・

 屋根修理の相場と100万程で葺き替えられる屋根素材があれば教えて下さい。

 よろしくお願い致します。

 

タイトル通りの質問です。よろしくお願い致します。

築25年の木造2階建て、外壁127.00m2はモルタル/屋根120m2はセメント瓦(1枚ずつ外れるタイプ)の寄棟です。

~現状~
・外壁:16年前に吹き付け塗装をしましたが、小さな亀裂数ヶ所程度。
・屋根:これといったメンテナンスはした事がありませんが、雨漏りは一度もありません。
    (1)瓦全体の表面塗料がはげて下地が見えていて、見た目も悪い。
    (2)漆喰の外れが目立つ
    (3)雀のお宿になっています
    (4)ずれと割れも何ヵ所かあり...続きを読む

Aベストアンサー

正しい塗装方法で塗り替えをすれば、屋根塗装も溶剤型で2液のタイプであれば10年は軽くもちます。
しかし築25年とのことですから、場合によっては乗っただけで割れる恐れがあるので、作業にも注意が要ります。
現在は25年前のセメント瓦とのこと。
既に製造中止になってる製品も多く、塗り替えは今回が最後と思います。
製品は材料屋さんの在庫のみで補修も不可能になります。

もう一つの葺き替えを行なう場合。
既設屋根材(瓦)と瓦桟の全部を撤去し、新規に瓦桟を取り付け瓦を葺きます。
その際は焼き物の陶器瓦にするべきで、新建材の瓦にするのはご法度。
上薬のかかった陶器瓦は実績も耐久性も他の追随を許しません。
ただ、ネックは価格。
既存撤去、紙敷き、瓦桟取り付け、新規瓦葺きまで計算すると100万は少しオーバーするかもしれません。
しかし、10年後に再び塗装を考えれば塗装2回分で瓦を替えられます。
もちろんこの価格は訪問販売ではなく、地元業者が一般的な価格で行なった場合です。

ちなみに今回の工事を行なう場合、総合建設業に依頼しない限り、分離で発注するのが相応しい方法です。
ただ、築年数からすると雨樋の劣化も考えられるので、全体の工事を監督する立場の方に見てもらって、雨樋交換も視野に入れる必要があるかもしれません。

正しい塗装方法で塗り替えをすれば、屋根塗装も溶剤型で2液のタイプであれば10年は軽くもちます。
しかし築25年とのことですから、場合によっては乗っただけで割れる恐れがあるので、作業にも注意が要ります。
現在は25年前のセメント瓦とのこと。
既に製造中止になってる製品も多く、塗り替えは今回が最後と思います。
製品は材料屋さんの在庫のみで補修も不可能になります。

もう一つの葺き替えを行なう場合。
既設屋根材(瓦)と瓦桟の全部を撤去し、新規に瓦桟を取り付け瓦を葺きます。
その際は焼き...続きを読む

Q1畳って何m2ですか?

4月から下宿する大学生です。部屋の広さを検討するのに1畳は何m2か知りたいです。
どなたか教えてください。

Aベストアンサー

マンションの洋室などの計算では、1.8m×0.9mの1.62m2で計算されています。但し壁芯からの計算ですから当然部屋内はもう少し小さくなります。

但し和室の場合違ってきます。
最近のマンションではある程度の範囲内で6畳や4.5畳を作っているのでバラバラです。
それと古い物件では本間、関西間、江戸間等というようにちゃんとした畳のサイズであっても色々なものがあるので(地域によって違います)上記の数字が目安にはなりますが、測ってみないと駄目ですね。

Q家の床が鳴ります。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めてもらったものの、また今も床が「ギギィ」と鳴っています。
こちらも何度も連絡するのが面倒なので、しばらく放っていましたが、静かにしていると結構音が響くので、こないだ不動産会社に電話をしました。
するとまた「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

木造の家って本当に床が鳴るものなのでしょうか?
それとも建築に何か問題があるのでしょうか?(その会社の工法は、床板を完全に乾燥仕切ってない状態で建てていくので、音がすると言われてました)
住宅の鑑定士のような人に相談するのが一般的ですか?

建築には全くの素人なのでよく判りません。
ご存知の方がおられましたら、回答よろしくお願いいたします。

平成15年4月に新築建売住宅に入居しました。
住み始めて3ヶ月くらいして、1階リビングのフローリングの床の上を歩くと「ギギィ」と音がするのです。
すぐに不動産会社に連絡をし、床が鳴ることを聞いてみると、
「木造の家の場合は、湿気や乾燥で木の伸縮が起こり、どうしても音がします」
と言われました。
数日後、大工さんが来られ、床板を留めている金属のネジを絞めてもらい音はしなくなったのですが、それからまた3ヶ月くらいすると床鳴りがするのです。
それから3度ほど、床下のネジを絞めて...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木を配置します。(小骨だと思ってください)
3:その上に荒床を(だいたい1.2センチ厚ぐらいの合板が多い)敷きます。
(じゅうたんの場合はこの上に直接貼ってしまいます)
4:フローリングの場合は言わばじゅうたん代わりですので、この上にまた品物によって色々ですが1.何センチ程度の化粧板が敷きこまれます。
…ということは、骨組みである1と2の間はかなりきっちりしてるので鳴ることはあってはならないのですが、2と3や、3と4の間というのは季節による膨張縮小などで隙間ができたりするとぎしぎし鳴る場所となります。
(これゆえに木造の床は必ず鳴ります、という返事になるわけです)

ところで心配なのは、なぜ鳴るのか?という原因ですよね。
骨組みと無関係な2と3、3と4の間で鳴っているのであれば、単に音が耳障りだから止めれば良い、という程度の考えでかまいません。
(とくに季節・湿度によって鳴る時期が決まっている場合)
しかし、たとえば家具や重いピアノなどをどすん、と置いてしまったことによって、小骨の根太がぽきん、と折れてしまうようなこともたまに起こります。
そんな場合にはきちんと修繕してもらうことが必要になります。
体重のある大人が、問題の位置で「うん、うん、」と力を入れて床を踏みつけたときに、ゆさゆさするようであれば、根太が折れているようなことが大体わかります。
または、お台所の床下収納があれば、そこから実際に潜って、問題の場所まで匍匐前進して実際に確かめてみることが出来ればそれが一番です。
(メモ用紙とカメラを持っていくといいです)
根太にひびが入っていたら、要修理ということがわかります。

>住み始めて3ヶ月くらいして

という時期から考えますと、乾燥していく経過で、施工時にはぴっちりしていた継ぎ目が、乾燥からすこしずつ隙間があいて音がするようになっているのではないか、と大抵考えられそうです。
新築当初の数年間は、天井裏からいきなり「バリっ!!」とか、誰もいないはずの二階で「どーん!」と家が壊れそうなすごい音もします。
これは大きな梁が乾燥収縮で亀裂が入る音ですが、建築基準法で定められている梁のサイズは収縮亀裂が入ることを前提としたサイズで考えられていますので、「新築の音」を楽しむようにしてみてください。

フローリングの床のぎしぎしが、季節・湿度とは無関係に続くが、床下に潜っても割れはないし、大人がずんずん踏みつけても特にぶよぶよすることもない、という場合は本当に単なる「うぐいす張り」です。でも気持ち悪いですよね、そういう場合には、問題になっている継ぎ目が確定できればそのところに水で薄く溶いた木工用ボンドを筆先や注射器などですーっと浸透していくように吸い込ませてあげると治ってくれます。これはすきまの状況によっては日を変えて3~4回ぐらいやってあげないと吸い込みきれないですが、そんなことでも改善してくれます。

(コニシボンド「フロアメンダー」という商品名でも同様のセット商品として販売されていますが結構高いので、私は水溶きボンドで安上がりに済ませています)

いずれにしましても、床下にもぐれるようでしたら、問題の個所を下から自分の目でしっかりのぞいてみて、ご家族で協力しながら上からふみつけてもらいながら下からチェック、ということをして納得してみるとよろしいと思います。

こんにちわ
わたしは10年ぐらい木造住宅の耐震診断の仕事をしていました。

>「木造の家は必ず床が鳴ります」と言われましたが、フローリングの床が鳴るなど聞いたことがないので、いまいち納得出来ません。

この点が一番疑念の種ですね!
フローリングの一般的な施工の方法は,
1:最初に大引き(おおびき)という9センチ角ぐらいの太い材木を90センチ(3尺)間隔で部屋に配置します。(大骨組みだと思ってください)
2:大引きと直角方向に33センチ間隔(3尺)で細い根太(ねだ)という材木...続きを読む

QセキスイかわらUについての質問です。

セキスイかわらUについての質問です。
11年前にセキスイハウスのカラーベスト屋根にセキスイかわらUを載せましたが、現在あちこちにかなりひどい損傷が出ています。同じような事例がないかと調べましたところ、見つかりました。その質問の中に「十数年前に葺いたセキスイかわらUがボロボロです。セキスイかわらUはある時期の製品に問題が有り、メーカーで交換してたとの噂を耳にしました。詳しい情報をお持ちの方、是非教えてください。」と書いてありました。その質問は、QNo.2973657、投稿日:2007-05-04、投稿者:k-gtoさんでした。もしもk-gtoさんが本質問を見られましたら、どのような結果になったのかお知らせ頂ければ助かります。また、ほかの皆様からもご回答をお待ちしています。

Aベストアンサー

U瓦が発売された当初は ”アスベスト ”を含む屋根材でした。
同様の商品は ヨーロッパ(たしか・・スエーデン  ??ダッハ)の屋根材を真似たものでしたが、アスベスト問題が出て来て ”ノンアスベスト ”に順次変更されたのです。

ところが・・・製品の ”ねばり ”がアスベストを使わないために 弱くなってしまい、他メーカーでは屋根材の厚さを増す事で 対応したのですが、U瓦では 殆ど元のままの厚さでノンアスベスト化してました。

ノンアスベスト屋根材は カラーベストが当時まだ アスベスト製品だったので 多数の建材メーカーから商品開発、発売されたのですが・・・
多くの新しい ノンアスベスト屋根材が(5)年ほど劣化が目立ち クラックや 割れが 見受けられる様になり 各メーカー共 損傷屋根材交換等で対応して来たのですが、開発後約10年目頃より 順次製造をやめてしまいました。
やっぱり ”アスベスト ”に変わる優秀な 繋ぎ材 が無かったのが原因です。

 かわらUは、2007年を持ちまして廃番となっております のでメーカーにもう当時の U瓦は無いと思われますので 損傷屋根材交換も 出来ない状態と思われます。

現在、屋根事業は、セキスイ屋根システムという会社へ移管され、かわらBLOOK、かわらMETAL、かわらS、SII、かわらMFといった商品が発売されてますが、何れも 屋根材の厚さを大きくしたり、形状を変えて 割れにくくしたりした屋根材です。

ネット検索で 以下のページを見つけました。診断中の動画も見られますので 参照して下さい。
屋根点検:【かわらU】の劣化診断
http://blog.goo.ne.jp/haibane_reki/e/1f459d1d4aa98b54d283d44a02d377af

そこで・・・
セキスイさんに ある程度責任を感じて貰って 現在発売されてる セキスイさんの屋根材に 特別価格で葺き替えて貰う・・・くらいが 限度だと思います。

あっさり諦めて・・・ガリバリューム鋼板屋根材 に葺き替えるか? の選択となりそうですね。

よく ご検討下さい。

U瓦が発売された当初は ”アスベスト ”を含む屋根材でした。
同様の商品は ヨーロッパ(たしか・・スエーデン  ??ダッハ)の屋根材を真似たものでしたが、アスベスト問題が出て来て ”ノンアスベスト ”に順次変更されたのです。

ところが・・・製品の ”ねばり ”がアスベストを使わないために 弱くなってしまい、他メーカーでは屋根材の厚さを増す事で 対応したのですが、U瓦では 殆ど元のままの厚さでノンアスベスト化してました。

ノンアスベスト屋根材は カラーベストが当時まだ アスベスト製品だったので...続きを読む

Q駐車場は砂利が良いかコンクリートが良いか

両親が、家にカーポートをつけるにあたって悩んでいます。

それは、下を砂利にするかコンクリートにするかです。
コンクリートって物凄く高いようで、その金額がちょっときついので、今のまま砂利でカーポートをつけるか迷ってるみたいなのですが

駐車場は、砂利でいいのか、コンクリートがいいのか
それぞれの利点欠点、
またカーポートをつけることをふまえた意見もお願いします

Aベストアンサー

砂利の良さは防犯上の利点とコスト面です。
現状が砂利のようですから、カーポート部分だけの費用で済みますよね

コンクリートの方がメンテナンスのしやすさや追加のコストが下げられる点はあります。
ただし、既に見積もりを取られているように普通に考えれば安いのですが、追加のコストがかかります。

他にも枕木を埋めたり、敷石をしたり方法はいくらでもあります。

施工業者に総額の希望を行って、費用の中で砂利とコンクリート以外で出来る方法を提案してもらってはいかがでしょうか?

それと、カーポートと地面のどちらに費用をかけるかで考えれば断然地面にお金をかけます。
地面の状況が不安定であれば(きちんと固めない、コンクリートであれば厚みが薄い)などの状況は、後々手直しが必要になり、そのたびにコストがかかります。
カーポートはあくまで車が汚れないためと乗り降りの不便さを解消するため。シャッター付きの完全タイプなら防犯上の利点もありますが・・

建て売り物件などでも、カーポートはなくても、駐車スペースにコンクリートが打ってあるのはこのためです。
地面は車が出入りするたびに負荷をかけます。まずは土台をきちんと固めることをおすすめします。

砂利の良さは防犯上の利点とコスト面です。
現状が砂利のようですから、カーポート部分だけの費用で済みますよね

コンクリートの方がメンテナンスのしやすさや追加のコストが下げられる点はあります。
ただし、既に見積もりを取られているように普通に考えれば安いのですが、追加のコストがかかります。

他にも枕木を埋めたり、敷石をしたり方法はいくらでもあります。

施工業者に総額の希望を行って、費用の中で砂利とコンクリート以外で出来る方法を提案してもらってはいかがでしょうか?

それと、カーポー...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報