ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

実家にツバメが営巣するようになって3年目になります。
1年目は2度子育てをして無事に巣立って行きました。
2年目は父がフンよけの板を設置したとたんにいなくなりました。
3年目の今年は別の場所に巣を作り寝泊まりを始めて居たのですが、また父が(作るなと言ったのに)フンよけを作り、しばらくして先日唐突にいなくなってしまったそうです。
人間が余計な手を出したからかと思ったのですが、うちだけでなく近隣のツバメが一斉にいなくなってしまったそうです。
変わったことと言えばその直前にカラスを集団で追いかけ回していた事、新型インフルエンザの発生(神戸市です)、今年のツバメは夫婦仲が良く無さそう、などがあったそうですが、どうもピンと来ません。
ちなみに巣には「他者立ち入り禁止」とでも言うようにどっさり草をつめて蓋をしていったそうです(そしてまたこれを父が取って捨ててしまいました)。
母や近所の方々が、どうしたのか、何か起こるのか、戻って来るのか、とやきもきしているそうなので何かこういった行動に心当たりのある方は教えてください。よろしくおねがいします。

また、うちの家の前に繁殖活動完了後、夏の移動の前になると毎日何十匹とツバメが集まり旋回を繰り返すため「あなたのうちのツバメはここらのボスなんじゃない?」と近所で言われて名物になっていたそうなのですが、本当にそうだったのでしょうか?
こちらも宜しくおねがいします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>巣に草をつめて蓋


スズメがたまにツバメの巣を乗っ取る事があり。
草が詰まっていたのわ、その痕跡だと思われます。野生は厳しいです!


>ツバメのボス
ツバメは渡り鳥なのですが…群れのボスは存在しません。
家の上空で旋回していたのは、蚊やウンカ等の小さな飛翔性の昆虫類を捕らえて食べていたものと思われ。たまたまpenguindashさんのお宅付近がエサ場になっていただけじゃないかと。

通常は河原の芦原など。
虫が多く集まる様な場所でエサを取り、南へ渡るためのスタミナ作りに励むのですが…。最近はなかなかそんな環境の場所が、日本から減って来たため、そんな町中で集まって旋回行動をしていたのかもしれません。


>近隣のツバメが一斉に…
自分が読んだのわ、H13年度の島根県での報告でしたが。
やはり数年来、定期的に飛来していたツバメが。環境に特に変化が無くても、突発的にある年を境に急に飛来しなくなる事例があったと報告されていました(やはり原因は不明)。

ツバメは渡り鳥で、群単位で行動しますから。
今までその地域に飛来していた群れが、何らかの理由で飛来しなくなったと考えられます。もしかしたらそれわ、他にもっとエサなどが豊富な良い営巣地を見付けた、などのプラス要因の可能性もありますし。群れ全体が何らかの不幸な事故に巻き込まれて全滅した、等のマイナス要因の可能性も考えられます。

それとももしかしたらツバメにわ。
何年か置きに、定期的に営巣地を変える習性があるのかもしれません。それわ特定の地域に定着し過ぎると、どんなに環境が良くても何かちょっとした事故や環境の変化に巻き込まれたら、群れが全滅してしまう危険性があるため。本能的にそれを避ける行動がツバメにインプットされているのかも…??

P.S.
結局の所、ツバメ飛来に一喜一憂するのわ。
人間側の勝手な思い込みに過ぎず。ツバメはツバメで、もっと大きな自然のサイクルの中で動いてるだけなのかもしれませんね…。
    • good
    • 0

 私も良く見かけますが、旧家などにも空き家のツバメの巣がありますね。


 どうしてなのか、No.1回答のお話と視角、ご見識で見方ができました。

 ○中身敦でしょうか、こんなお話を読んだことがあります。
 ある男が(船乗りだったか)、難破して九死に一生を得て、名も知らない南方の島に打ち寄せられた。
 気がつくと、波打ち際に倒れていた。やがて島の人たちがきて、介抱し、或る家に担ぎ込んでくれた。そこの人は、比較的黒い人たちであった。
 長い逗留で、長老の目にも留まり、世話により其処の女性と婚姻した。
 何かで(理由と契機は忘れました)彼は故国に帰れる事になった。
 そしたら、妻はいっしょにいかないといいつつ、事情を明かした。
 自分たちは実は燕である。この島は我らの本拠地、そなたから観れば異界である
 我らは、そして自分もそなたの家の軒先にも巣をかけている。
 そして毎年そちらにてお邪魔し、お世話になっている。
 今般かえるというが、そういう身であるから、ともに帰る事はできない。
 そしてもうそなたの家は無論、そなたの故国方面には飛来しないこととする。
 彼が帰った我が家の燕の巣は空き家になってしまっていた。

 古来、燕の巣は空き家となることも多かったようです。

 
 
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qつばめが巣を作ったけど最近来ない

お世話なります。

6月の初めにつばめが巣を作りました。
半ば過ぎまでは早朝から鳴いている声を聞いて目覚めるくらい毎日来てて、夕方も巣に行き来しているのをよく見かけました。

それなのに末くらいからこの頃は全く鳴き声も聞かないし、姿も見てません。
2匹くらい、見てたのでとても寂しいです。

もう来なくなってしまったのでしょうか?
また、巣を作ったまま来なくなる事はありますか?
原因は何が考えられますか?
来年は来てくれるのでしょうか?

たくさん質問してしまいすみません。
ご存知のかた、知恵をおかしください。

Aベストアンサー

抱卵しているような状況のあとでも、なんらかの原因で巣を放棄することはあります。他の方が書かれているように、人には気づかない危険な事件が起きたのかもしれませんね。巣が壊れていないようでしたら、ちょっと中をのぞいてみてもいいでしょう。天井に近い時は手鏡などを利用するといいですよ。
ところでお宅の近くには、ほかにツバメの巣がありますか? 近所にも巣があるような場所と、単独でポツンとひとつだけの場所とでは、やはり密集しているところのほうが繁殖成功率は高いですね。
リンク先はツバメの観察をしているネットワークです。どなたでも参加できます。

参考URL:http://www.tsubame-map.jp/

Qツバメの雛がいなくなっちゃった

 孵化して5日目位の燕が4羽居なくなっちゃいました、
昼間、親鳥がほとんど出入りしていなかったので、さっき鏡を使って覗いたら巣の中が空っぽでした、
巣は無傷で、猫が飛びかかったり蛇とかカラスとかに何かされた形跡とか何も無いんです...
 燕が巣作りをしたのは今年が2回目で、親鳥を驚かせないようにそっと見守っていたんですが、こんな事が有るとは思ってもみなかったので凄く残念です、
親鳥が雛を巣から落としちゃったんでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは
同じ事を去年経験しました。
犯人はカラスだと思います。
お隣のお宅で同じ事が起こりました。
多分カラスだと思っていました矢先に3件先のお宅でツバメの雛がカラスにくわえられて飛んでゆきました所を目撃いたしました。
からすは利口で人間がいない時にねらって、さらって行きます。
よく注意していますと、からすが巣の近くに来ているはずです。
そして誰もいない時に狙います。
お隣の方はツバメが卵を生んで少し経ってから、ネットで囲いました。それで成功しました。

頑張ってください。

Qツバメの巣作りの過程について

ツバメの巣作りの過程について
どのようにどれ位の時間をかけてつくるものですか?

と言うのも、我が家の軒下のに、つがいと思われるツバメが
やってきて、2日後くらいに巣の土台のような物を
作りました。(写真の状態です)
それから毎晩、暗くなるとやってきて明るくなるといないと言う
感じですが、1週間ほど経ちますが巣作りは一向に進む気配はありません。

昼間はほとんど来ていないように思います。

どこか別に巣があって、産卵、子育て中の親鳥が
泊まりに来ているだけでしょうか?
すぐ近くにツバメの巣も見かけませんが・・・。

子育て中の親鳥は普通はどこで夜を過ごしているのでしょう??

毎晩来てかわいくていいのですが、作りかけの巣といい
あれこれ気になります。
ウチのツバメは今どのような状態でしょう?
まだ巣作りを再開する可能性はありますか?

Aベストアンサー

はじめまして。

私のうちには3年前からツバメが来るようになりました。
1年目は、巣が完成しても壁から剥がれてしまい、作り直しをして、卵までいったのに、また剥がれてしまって、ダメになってしまいました。
2年目は巣が完成してから、補強をしてみました。
でも警戒してなかなか卵を産みませんでしたが、その年は1度目の雛たちも無事に巣立って、2度目の雛達まで見ることができました。

今年ももちろんやってきましたよ。
私のほうは、昼間は飛び回って、夜は、巣に泊まって寝ています。
雛が孵ってからは、近くのライトにとまったり、木にとまったりして、巣の近くにいましたよ。

巣立ってからも、夜になると庭の木にみんな帰ってきて、寝て、明るくなったら飛び回っていました。

どこに巣を作るかで偵察にきますから、きっと候補として挙がってるのだと思います。
偵察も土をつけてみて、落ちないか様子を見るようなこともしてましたよ。

糞等の片付けは大変ですが、楽しみでもありますよね。


人気Q&Aランキング