地球の軌道を変えるにはどうすれば良いのでしょうか?
地球上のどこかに推進ロケットを空にではなく、地球に向けて推せば変わるのでしょうか?
また、人類は滅亡するかもしれませんが、大量の核爆発を起こせば軌道は変わるのでしょうか?

質問自体が突拍子も無い質問ですが、ふと思い付いたので質問させて頂きました。
実現可・不可を問わず、アイデアと実現度何パーセントをお聞かせ願えませんでしょうか?
(実現度0パーセントのご意見も大歓迎です。)

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

ロケットを取り付けるなら,地球よりも月に取り付けて,


月を地球に衝突させるほうが出力が小さくてすみそうです。

地球は月の重力の影響で,公転面上を若干蛇行しながら回っていますので,
月が地球の公転面に対して垂直に回るようになったら,
地球は地軸方向にブレながら太陽を回ることになると思います。

月を破壊するか,削るか,遠くに飛ばしても,変わります。
    • good
    • 0

突如巨大な星が現れ、地球にどんどん接近してきており、「このままだと地球にぶつかる」ってワラワラ騒いで、核兵器で地球にぶつかる前に破壊しようとしたが、ダメでぶつかってしまった というSF映画を見たことがあります。




私は素人ですので、「これだけ科学が発達していながら、なんで数十日先のことがわからなかったのだろう」と不思議でしょうがなかったが、実は一部しか観測できていないので、他の星の影となっていて気づけない星はまだあると知り納得しました。

他にも地球の自転はふらふらしていて、地球内部の錘が変化したら、バランスを失い軌跡が違ってくるというのも考えられますが、それより大きな可能性としては、やはり大きな星が太陽か月か他の星にぶつかり、爆風が地球を襲うとか、その影響で他と星の引力が変って地球が今の軌跡を辿れなくなるとかも思いつきます。

今のところ太陽や月や火星が何億年かで消滅することは考えられないので、やっぱり可能性として一番高いのは突然現れた巨大惑星が地球を直撃じゃないかと。
核兵器もこういう時役に立てばいいんですけどね。
映画では巨大惑星は核兵器打ち込まれてもへーとも思わず地球を直撃していた。

その映画では巨大惑星と言っても、地球のサイズからすれば、小さかった。
あ、思い出しました。映画のタイトルは<ディープインパクト>
ただ、その映画では地球の環境は変ったが、軌道は変化しなかったって設定でした。

地球が傾くほどの衝撃を与える隕石なら、軌道も変るでしょうね。
で、ふとまた素人なので、地球に大きな凹みがみられないのに、どうしてぶつかったって説が有力なのだろうと思いました。

月の表面は凸凹ですが、あれも隕石の衝突でできたのだとか。
うーーん 月にぶつかられて月が軌道を変えてしまうと、地球も軌道が変るでしょうね。
だから 地球だけじゃなく 月への衝突も防がなければならない。
    • good
    • 1

地球の軌道は他の惑星との絶妙なバランスで成り立っているので、他の惑星の軌道を変えればおのずと地球の軌道も変わるでしょう。


場合によっては太陽系外に飛び出してしまうかもしれませんが

とりわけ質量の大きい木星や土星の軌道を変えると影響は大きいでしょうね

ではその方法は???

どなたか考えてください(笑)
    • good
    • 0

単純に「月に向けてロケットを打ち込む」だけで確実に地球の軌道は変化しますね. ほぼ自明でしょう.


まあ, 問題点といえば「変わったとは思えないくらいの小さな変化しかない」ところですが, あくまで「変化していない」ではなく「変わったとは思えないほどでしかないけど変わっている」ところがポイント.
    • good
    • 1

かつてパンゲアの中央で水爆数百倍の噴火が起きたことが知られていますが、地球の公転軌道に大きな歪みはないですね。


外部的な衝突以外ではムリです。
    • good
    • 1

50年近く前に既に映画化されたアイデアがあります。

(妖星ゴラス)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A6%96%E6%98%9F% …
    • good
    • 0

 だいぶ前のラジオドラマで、南極点に大きなロケットを作って、空に向かって噴射させると言うのが、あったような気がします。

巨大火山の大噴火で噴煙が10キロ以上上空まで吹き上がっても、地球の軌道がそれたという話は聞かないので、かなりおおがかりなものでないと無理でしょう。たとえば、深さ20キロ、直径1キロくらいの穴を100個くらい作って、空に向かって大量の原爆を爆発させるとか。
 ほとんどアニメの世界ですが。
    • good
    • 0

月に穴を掘って、核爆弾つめて爆破する。

完全に月を破壊するなんてことは無理だけど、月を欠けさせることはできるかも。
その結果、重力バランスが崩れて、軌道が変わる。

まぁ、実際に地球の軌道が変わったら、それこそ、地殻変動や気温の増減で、隕石衝突同様の危機が人類を襲うでしょうね。

ちなみに、地球の軌道は今現在変化しています。変化がゆっくりなので影響はありませんが。
    • good
    • 0

軌道を変えるといっても二つの意味があります



軌道傾角を変える:極で強力なロケットを噴射する
軌道半径が変わらないとすれば一昼夜は今の1年に相当する

軌道半径を変える:どうにかして地球の軌道と平行な方向に巨大なロケットを噴射する
軌道速度が変わるので軌道半径も変わる
自転周期は変わらないとすれば
1年の日数は軌道速度が速くなると多くなり遅くなると少なくなる
これは矛盾しているようだがそうなる
公転周期を1年と定めれば
一番低い人工衛星の1年は地球時間で80分
月の1年は地球時間で30日となる
軌道上の速度が速くなると軌道半径が大きくなるので公転周期は長くなる(ケプラーの宇宙の調和率)
    • good
    • 0

条件があまりにゆるすぎ(笑)



太陽壊せば、軌道は変わると思いますよ

あとは、太陽系付近に太陽より質量の大きい物体を置く
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工衛星の軌道

今度の3月に人工衛星を打ち上げるようですね。
いつも思うことですが、人工衛星は地球の赤道上空を
回るものだと思っていました。人工衛星の原動力は
重力でそれが均等に加わるのは赤道上空と思いました。
地球はきちんとした球ではないからです。
もしくは必ず地球の重心上空をとおって
回っていなきゃいけないと思います。
高度が決まっていて軌道も限られておると、
もう衝突しないようにあげるのは
難しいのではないでしょうか??
衛星の雲なんてのがあるのでしょうか??

Aベストアンサー

私は宇宙工学関係ですので,
>別の話ですが地球がきちんとした球でないのは
>自転しているからですか??
については一般人,しかも自信なしでお願い致します.

私も知らなかったので,調べてみました.下記URL御参照.

どうも,本当に西洋ナシ型なのではなく,陸地や山があったりなかったりで,
これを平均海水面(ジオイド)を用いて表現すると,西洋ナシ型になるようです.

参考URL:http://mike.medic.mie-u.ac.jp/~kimunori/koumuin/tigaku1.htm

Q月の公転軌道面と地球の公転軌道面の関係

月の公転軌道面と地球の公転軌道面は、同一平面状に在るのでしょうか?あるとしたら、なぜそうなっているのでしょうか?必然なのでしょうか?
同一平面上にないとしたら、どの程度の傾きがあるのでしょうか?
また、太陽系の他の惑星同士の公転軌道面は同一平面上にあるのでしょうか?なぜそうなっているのでしょうか?

Aベストアンサー

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大きいのは、彗星の衝突が原因であるため、ぶつかった衝撃で舞い上がった塵や岩石が固まって、月になったといわれています。ですが、未だ、これぞと言う説がないのが現実です。
tntさんが申した塵は・・・たしか、月と地球とその塵を結んだ線が、正三角形になるように、つまり、月の軌道上の、地球から見て、軌道の後ろ側60度の位置に常に追尾するかたちになています。
また、太陽系の公転軌道面はほぼ一致していると言うのは、mideさんの申してる通りです。ただ、最近の研究では、冥王星が、太陽系に元々有ったのではなく、宇宙空間をさまよっていた他の惑星が、偶々太陽系の引力圏に捕まった説が有力です。
太陽系の惑星がなぜ、公転面がほぼ水平かといいますと、太陽系発生初期、塵やガス(惑星の元)が、公転面に円盤状に集積し、その後、雪達磨しきに、大きな惑星のもとに、ガスや塵が集まって、惑星になったからです。
最近の観測データで、ハッブル望遠鏡が、誕生初期の恒星でも、やはり、惑星の誕生が、公転面に集積した塵やガスから惑星が誕生しているところを観測しています。
参考になさって下さい。

初めまして。
mideさんが仰るとおり、月の軌道面の傾きは…6度40分あります。月は、他の惑星の衛星に比べて、極端に大きく、どうも、月が地球の誕生後、大彗星の衝突で地球から分化したと言われます。月は、地球の欠片だと言う説があります。
地球の水に含まれる水素の同位元素比が、彗星の水の同位元素比に極めて近い、と言われています。
通常、木星等の衛星が、自転、公転軌道面に近い軌道を動いているのは、その惑星誕生じの、塵やガスから誕生したと言われています。
それに比べ、月の軌道の角度が大き...続きを読む

Q人工衛星に軌道についての質問です。

人工衛星に軌道についての質問です。

船舶が事故などを起こした時に、救難信号などを探知する探索救助衛星システム「コスパスサーサット」のイーパブという衛星は極軌道を利用していると聞きましたが、極軌道を利用することへの理由はどいういったものなのでしょうか?

また、極軌道以外の軌道を使うとどのようなメリットとデメリットがあるのでしょうか?

衛星と軌道についての知識が少なくて困ってます。

よろしくお願いします・・・

Aベストアンサー

 極軌道とは、北極と南極の上空を通過する軌道の事です。
 両極上空の間を行き来するのですから、その途中で赤道や中緯度地帯の上空も、通過します。
 これに対して、極軌道ではない人工衛星は、高緯度地帯の上空に来る事はありません。
 水平線の陰に居る衛星とは、電波をやり取りする事が出来ません。
 衛星の高度が高ければ、衛星が水平線より上に見える範囲は広くなりますが、衛星との距離が遠くなりますから、強力な送受信機と大きなアンテナが必要になり、船に搭載する機器や衛星本体、そして衛星打ち上げのコストが高くなります。
 従って、極軌道の方が都合が良いのです。

Q地球滅亡対策

遠い未来、太陽が膨張して、光をださなくなるそうです。光をださないと、低温で地球滅亡するとおもいます。
そんなことにならないよう、あと40億年のうちに、科学技術が進歩して、人工太陽をつくることや、火星の移住計画にある温室効果ガスをまくことと同じことを地球にもすることなどをして、人類滅亡をさけるでしょうか??

また、地球の海はいつか無くなると聞いたのですが、本当ですか?

Aベストアンサー

 10億年後くらいでしたか、太陽は膨張を始め、30~40億年後くらいには地球は膨張した太陽(赤色巨星)に飲みこまれます。

 といっても、物凄く薄いガスですから、しばらくは地球は公転を続けます。温度は3千度くらいなので、蒸発もしないでしょうが、少なくとも生物は住めません。海も干上がります。うまく行けば地球は赤色巨星となった太陽の中心に落ち込まず、太陽が燃え尽きて白色矮星になっても、地球は太陽の周りを回っていられるかもしれませんが、もうどっちでもいいですね。

 しかし、億年単位での未来です。科学技術さえ持ち続けることができれば、とんでもないほど高度になっていることは間違いありません。太陽表面が近づいてきて地球が熱くなるまえに、公転軌道をもっと外に持って行けるでしょうし、太陽が燃え尽きる前に、さっさと別の若い太陽の恒星系に移住するでしょう。

 あるいは、太陽の核融合を制御して燃料消費を減らし、エコ太陽にして長持ちするようにもできるでしょう。太陽の表面温度は下がりますから、地球の公転軌道はもっと太陽に近くするか、地球にだけ太陽光が届くようにする必要が生じますが、それくらいできるようになっているでしょうね。

 10億年後くらいでしたか、太陽は膨張を始め、30~40億年後くらいには地球は膨張した太陽(赤色巨星)に飲みこまれます。

 といっても、物凄く薄いガスですから、しばらくは地球は公転を続けます。温度は3千度くらいなので、蒸発もしないでしょうが、少なくとも生物は住めません。海も干上がります。うまく行けば地球は赤色巨星となった太陽の中心に落ち込まず、太陽が燃え尽きて白色矮星になっても、地球は太陽の周りを回っていられるかもしれませんが、もうどっちでもいいですね。

 しかし、億年単位での未...続きを読む

Q静止衛星と低い軌道の人工衛星の打ち上げ

静止衛星の打ち上げは,高度150km程度というような低い軌道の人工衛星を打ち上げるのに比べて,衛星の重さが同じなら何倍くらいのロケットの燃料(推進剤?)が必要になるのですか?

Aベストアンサー

燃料の比較は判りませんが、同じロケットでの衛星質量の差ならわかります。

H2Aの場合、低軌道 15,000kg 静止軌道 6.000kg

https://ja.wikipedia.org/wiki/H-IIA%E3%83%AD%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88

Q地球の軌道について

春分の日が3月20日ごろで、秋分の日が9月23日であることから、地球の軌道が完全な円軌道でないことが証明したいんですけど、わかりませんか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

下記URLページをじっくり(考えながら)読んでみて下さい。

参考URL:http://www.cam.hi-ho.ne.jp/ko221/astro/astro042.html

Q人工衛星の軌道とジオイド面の形の関連・・・?

人工衛星の軌道を精確に測定することで、ジオイド面の形が推定できるというのはどういうことですか?
宿題で説明しなければならないのですが、調べても全く意味が分らなくて困っています・・・。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人工衛星は、重力の等ポテンシャル面上を滑っていくと考えられるので、重力の等ポテンシャル面の一つであるジオイド面は、(以下略)

Q地球の公転軌道は広がりつつあるんですか?

地球の公転軌道は広がりつつあるんですか?

月の地球周回軌道は毎年1~2センチ広がっているといいます。地球も太陽との距離が広がっているんですか?
変化があるとすればその理由はなんですか?

Aベストアンサー

広がってるんじゃないですか?
理由としては二つ
1.地球と月と同じ関係で、潮汐力によって、太陽の自転が減速する分、そのエネルギーを受けた地球の公転は加速され、公転半径が大きくなる。
2.太陽の引力の減少。太陽から常に放出するガスがあることと、核融合によって質量がエネルギーに転換されることによって太陽がどんどんやせ細っていく。そして地球を引く力が小さくなるから、地球の公転半径は大きくなる。

程度のほどは?ほとんどないと思われますが。

Q人工衛星の軌道に関する質問

人工衛星を打ち上げます。小型のロケットエンジンを内蔵する衛星です。

まず、静止軌道に投入します。この静止衛星は、約24時間の周期で赤道上を公転します。公転軌道は円軌道です。衛星の高度(赤道からの距離)は35,786Kmです。なお公転の速度は秒速約3Kmです。

次にロケットエンジンを、進行方向と逆の方向へ噴射して、秒速4kmに加速します。そうすると、円軌道が崩れて楕円軌道になると思います。この場合、衛星の高度は、赤道から最も近いところで何キロメートルなのでしょうか。円軌道を公転するときの高度と同じですか。

Aベストアンサー

静止軌道上で, 「一瞬の加速」で 4 km/s にすると, 加速したところを近地点とする楕円軌道になります. 軌道の形は面倒くさいので, 例えば
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9224933.html
で紹介した
http://www.th.phys.titech.ac.jp/~muto/lectures/Gmech08/chap08.pdf
でも見て計算してくれ.

ちなみに円軌道から円軌道への変換は, うまいタイミングでやれば「一瞬の加減速」を 2回やればできてしまいます.

Qなぜ地球の静止軌道は高度約35786kmなのですか?

なぜ地球の静止軌道は高度約35786kmなのですか?
その具体的な理由を教えてください。

Aベストアンサー

#3ですが、ためしに計算してみたらこうなりました。
r = 42300 km
地球の半径を6356kmとすると、衛星の高度は42300-6356=35944km
多少の違いはあるが、地球を理想的な質点とみるかその大きさも考慮するかによって結果はずいぶん違ってくるし、他にも条件があるだろうから、数字は一致しないがまあそれなりに35789に近い値にはなります。


人気Q&Aランキング