自分はクリスマスも初詣もありな無宗教(多宗教?)です。
でも新興宗教がなんとなく嫌です。

この「なんとなく」が分かる方、あなたなりの「なんとなく」を教えてください。
自分の「なんとなく嫌」をきちんと説明できるようになりたいと思っています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

 ただ単に、「不安」だからでは?どこかで新興宗教の悪い噂など聞いていたのかもしれません。

それらが自分にとって利益にならない存在と無意識に認識している状態だと思いますが。

 私は、信者達の行動を見ていると「嫌」になりますがね。理由もお金集め、不幸になると脅かす等々。それに神様でもない人間なのに「神様」だと言い張る教祖にうんざりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早々にありがとうございます。
確かに新興宗教の悪いうわさはよく聞きますし不安に思います。
kyo-moguさんが嫌と思われる理由も、「なんとなく嫌」の理由にあてはまるので大変参考になりました。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 14:19

昨日今日生まれた宗教では教祖が生きていたり、人間臭い部分が在ります。

だから生くさくって嫌悪感が生まれるのです。
仏教の各宗派もほとんどが設立時には新興宗教です。日蓮宗などは今で言えば左翼や右翼のようなもので、しょっちゅう霞ヶ関近くで街宣活動をしていたようなもの。
一向宗にいたってはまるでテロだと信長は思っていたでしょう。
でも、元ヤンキーが時代を経るとチョイワルおじさんや好々爺になってしまうように、宗教も時代を経ると丸くなってきます。
だから、時代を経た宗教は嫌悪感を抱かずに済むのです。
また、仕事でも立ち上げ当初は、ガンガンと尖って、頑張らなければなりませんが、軌道に乗り余裕が出ると商売抜きにしても人に尽くす余裕が出ます。宗教も同じようなものです。

芸能人でもデビューしたてはなんとなく板についていないし、空々しく感じますが、何年もするとスターのオーラが出て貫禄がつきます。
宗教も同じで、新興当時は説法も板についておらず、高級ベンツも空々しく見えてしまいますが、大本山の首座ともなれば貫禄が出てベンツに乗る姿も様になる

こんな感覚が新興宗教をなんとなく嫌う原因ではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

自分の思ってる「新興」がどの時代からなのか調べてみました。
エ○○や創○○○は思ってたより古かったです。
あとどのくらいで丸くなるかしら…。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:10

全ての新興宗教を中身を知っている訳では無いので


ただのイメージですが、なんとなく嫌な所を・・・。

まずは、お金が無いと幸せになれないと言うところ。
(お布施ありきの所限定になりますが・・・)
宗教は心の在り方が基本なのに
お金って(^^; 思いっきり物質的ですよね。

ご本尊?を拝み、訳の分からない言葉(お経もそうですが)
を唱えてないと、幸せになれないというところ。
そんな時間があるなら、すぐ隣の人に手を差し伸べて
あげている方がよっぽどいいんじゃないの?
なんて思います。
家族の幸せの為に唱えるんだと言う人もいますが
家族の為にしなきゃいけない事を
実行しないで、ただ唱えるだけってどうよ
と思いますね・・・。

どんなに自分の幸せの為、人の幸せの為に祈ろうが
自分で何も実行しないと何も変わらないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「お金を出せば幸せになる」「唱えるだけで幸せになる」っていうのはちょっと嫌ですね。
それはそれでいいとしてもそれが教えの組織に属すのは嫌だと気がつきました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:01

その何となく嫌な感じは、


不安・不確実な世界に対して宗教という当座の答えをあてがって
安息を獲得した人の思考停止、ないし逃避に対する嫌悪感でしょうか。
または、そういう人の弱みや社会の綻びに付け込もうとする
新興宗教とそれを信じる人との関係全体に対する軽蔑かもしれません。

一般的な生活上のクリスマスや正月、冠婚葬祭の儀礼に関しては
「みんなそろって思考停止」しているわけであり、また、
宗教行事というよりも“それをしないと何となく落ち着かない”という
時節的な民俗儀礼に近いものになっているので、不快に思わないのでしょう。

しかしたとえそれが新興宗教であっても支えが無くては生きていけない
人がいるのは事実ですし、その支え無しにはできなかった生産的・文化的な
生活を送ることができるようになるのなら、それはよくできたシステムだと
わたしは思います。
多少煙たくとも、社会的には新興宗教もある程度歓迎すべきだと思います。

高度な科学や富を積み重ねても、人の畏れや不安は取り除けません。
宗教になら簡単にできます。ここがポイントです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

宗教で不安がなくなるならばそれはありだと思っています。現に新興宗教でなければそれほど嫌悪感はありません。
軽蔑は…少しあると思います。
これだけたくさんの宗教があるのにまだ新興宗教ができるのも文化なのかもしれませんね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 19:55

 私の場合,「なんとなく」ではないんですが・・・。

(^。^;)

なんとなくの部分を敢えてあげるとしたら

・歩いてる姿がなんだか不幸そう(笑)。

 細身でとっても神経質そうな女性と,背中を丸めてその女性の後をとぼとぼ付いていく学生服を着た男性二人。
その数メートル先にはある宗教の建物が。
信号待ちをしていた私は,その親子らしき二人を「絶対あの建物に入る!」と思いながら目で追っていました。
やっぱり入っていきました。
他にも,宗教活動で歩いている人ってなんとなくわかりませんか?
妙に独特の雰囲気を持っていますよね。
宗教って,信じていれば幸せになれるとか言っておきながら,宗教活動をしている人たちってどうも幸せそうに見えない。
勧誘が強引な宗教も多いですが,そんな人に勧誘されても説得力ないし何の魅力も感じない。
「あなたたちと一緒にはなりたくありません」って感じ。

・ありえない事を信じている愚かさ

 以前,友人と公園でお弁当を食べていたら,いきなり話し掛けられた。
宗教の勧誘だった。
「(ある宗教を)信じていたお陰で,大事故に遭って車は大破したのに体は無傷で,小樽から札幌まで歩いて帰ったのよ!」と真面目な顔で言われました。
私と友人は大爆笑。
「普通に元気でも,小樽から札幌まで歩く人なんていないから!!!どこかで電話借りればいい話じゃん!ってか,そもそも事故に遭うなよ!」
 他にも,『これを信じれば病気が治る』は宗教の常套句。
そういう,人の弱みに漬け込む所も,嫌な理由ですね。

 他にもお金の事とか宗教法人の解せない仕組みとかたぁ~くさんありますが,止まらなくなるのでこの辺にしておきます(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

強引な勧誘や人の弱みにつけこむのも(病気とか家庭の悩みとか!!)本当に嫌ですね。
小樽~札幌の話はわたしも笑ってしまいました^^
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 14:54

釈迦の始めた仏教は、現世利益の否定と因果応報が元にあります。


良いことも悪いことも、自分がしでかしたことは自分に跳ね返えり、信仰がこの世に利益をもたらすことはないということです。
そのため正しい考えを持って正しい道を歩むことを教えており、至極当然とも言えます。

一方新興宗教の多くは、この宗教を信仰したらこの世はバラ色になるという現世利益を説いています。
またより幸福になるためには教祖(本部)に多額の金品を寄進するよう勧めます。
この二点だけとっても明らかに胡散臭い感じがします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

金品の寄付ももちろんそうですが「信仰したらこの世はバラ色」というのはかなり嫌なところです。
現世利益という言葉も知ることができ勉強になりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 14:32

神仏ではなく、新興宗教は、今現在生存中の個人を崇めるところがイヤですね。



どんなに立派な人であろうとも、それは神ではありえないはず。
それなのに、その人を神格化して崇めるわけですから、異常でしょう。

その辺がイヤです。

(あくまでも私の感じ方です、念のため)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わたしも人を神として崇めるのは「なんとなく嫌」の大きな理由になります。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 14:23

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング