出産後二週間の妻が、会陰裂創で手術することになりました。
医師の方針は全身麻酔をかけるとのことなのですが、出産後間もない身体に全身麻酔をかけること自体でリスクが増すことはないでしょうか。過去に全身麻酔をかけたことはありません。
もちろん手術前に医師にも聞くつもりですが、他に聞いておくべきことがあれば事前に知りたいと思いました。
よろしくお願いいたします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

 全身麻酔に関しては、「ちゃんとした麻酔の専門家が」行う限りは、そう心配する必要はないと思います。

もちろん、他の全ての医療行為と同様に「絶対安全」というものではございませんし、患者さん個々の特性(既往歴、合併症、体格、体質、性格?、その他)や手術の内容、外科医、麻酔科医ほか医療スタッフの能力(!)などによっても危険度は変わってきますが・・・。

 いずれ、事前に麻酔科医の診察があれば、その際にでも気になることがあれば何でもお尋ねいただければよろしいでしょうし、緊急手術で診察が無い場合であれば、手術の承諾書を記入する前に主治医経由で納得できるまでご質問されることをお勧めいたします。

 以上、先ずはご参考まで。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遅くなりましたが、ありがとうございました。
その後順調に回復しました。今では健康そのものです。

お礼日時:2010/02/04 21:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q全身麻酔の検査

親知らずの抜歯のために全身麻酔をする可能性があります。
そのためには、検査入院が必要だと聞きましたが、全身麻酔をするための検査とは、具体的にどのような検査をするのでしょうか?身体にどのような問題があれば、全身麻酔はできなくなるのでしょうか?

Aベストアンサー

先日、全身麻酔での手術(折れた骨の内固定)をしました。
私の場合は、
・血液
・尿
・心電図
・血圧
・肺活量
・血中酸素
・アレルギー
の検査をしました。

抜歯のために全身麻酔と言うことは、
歯根が神経と干渉していて、
抜歯と言うより口腔外科手術に近いと思います。

ところで、麻酔科が併設されているのでしょうか?
全身麻酔は、脳の機能を一時的に麻痺させる
かなり危険なことです。不測の事態も考えられます。

麻酔科の医師がいる病院の方が安全です。
また、本当に全身麻酔が要るのか、
セカンドオピニオンをとって確認した方が良いでしょう。

Q全身麻酔って、かけられたらすぐに眠ってしまうんですよね。ということは手術は体感的には一瞬で終わりです

全身麻酔って、かけられたらすぐに眠ってしまうんですよね。ということは手術は体感的には一瞬で終わりですか?
もしそうだとしたら全然全く怖がることはないんじゃないかと思っていて、安心して手術が受けられるのですが…。

Aベストアンサー

麻酔をされてからは夢もみないですね。
気がつく頃は、手術も終わり起こすために名前を呼ばれます。
それまでは全く何もかんじませんね。
昔は、ガスみたいな麻酔でしたが、今は点滴の横から注射と言うか液を注入しますからなにも分からずに眠ります。
御安心下さい。
術後は少しぼんやりしますが夜にはしっかり普段通りになりますよ。

Q全身麻酔について質問です

中学1年です。

私は明後日盲腸の手術をするために、お腹に小さな穴をあけて手術をします。
その時に全身麻酔をするとのことですが、全身麻酔が怖いです。

全身麻酔は具体的にどのようにしてやりますか?どのような感じで麻酔をしますか?
あと、何時間くらいで目が覚めるのでしょうか?

Aベストアンサー

中学生までは全身麻酔ですから不安になりますね。
ですが、半身麻酔の腰椎麻酔の方が意識がある分余計に怖いです。

息子が中学の時に全身麻酔で虫垂炎の手術をしましたが、本人、麻酔に関しては何をされたか分かっていません。
息子の場合は手術が終わって2時間後に面会になりましたが、その時点では目が覚めていました。
終わってから喉の痛みは訴えていましたね。
ですから、完全に目が覚めてから、になりますが、のど飴などがあると良いと思いますよ。

全身麻酔自体は、麻酔導入剤を点滴されたらあとは眠りに落ちます。
寝ている間に気管内挿管をして手術が終わった時点で起こされ抜管になります。
その後は麻酔の影響でうつらうつらする感じです。

Q胆嚢摘出手術で全身麻酔不安です

数ヶ月後に内視鏡を使用して胆嚢摘出手術を受けます。
 
二年前に人間ドックで小さな胆石が見つかりました。
少発作が一度あっただけですが、食べ物に神経質になり、痩せてしまったため、周囲のすすめもあり思い切って手術することにしました。

手術前検査として、胃カメラ、大腸内視鏡検査、MRI、心電図、肺活量、血液検査等しました。

そして先日、麻酔科の先生の診察がありました。
以前流産し、その手術で全身麻酔が当日なかなかさめず朦朧としてことと、激しい頭痛があり、全身麻酔は不安なことを訴えました。

しかし、「その時どんな薬を使ったのかわからないので、何とも言えない、今はいい麻酔薬使うから大丈夫だから」と簡単に言われ、カルテへの書き込みをしませんでした。(心電図、肺活量などの検査が異常がなかったからでしょうか)
 
その後、別の検査の予定があったので、自分も急いでおりそのまま診察室を出たのですが、次第に全身麻酔への不安がつのってきました。

来月には外科の先生(外科の先生が実際には手術してくれるんですよね?)の診察があります。その時その話をすれば、いいのでしょうか。麻酔科の先生は事務的な感じの信頼できない先生だったので、もう話はしたくありません。

どなたか、手術経験者の方教えて下さい。

数ヶ月後に内視鏡を使用して胆嚢摘出手術を受けます。
 
二年前に人間ドックで小さな胆石が見つかりました。
少発作が一度あっただけですが、食べ物に神経質になり、痩せてしまったため、周囲のすすめもあり思い切って手術することにしました。

手術前検査として、胃カメラ、大腸内視鏡検査、MRI、心電図、肺活量、血液検査等しました。

そして先日、麻酔科の先生の診察がありました。
以前流産し、その手術で全身麻酔が当日なかなかさめず朦朧としてことと、激しい頭痛があり、全身麻酔は不安なことを...続きを読む

Aベストアンサー

今年4月、全身麻酔で開腹手術をしました。
麻酔については、10数年前、夫が手術したのとは比較にならないほど進歩したと思いました。
10日間の入院でしたが、まず痛みを我慢したことはまったくありませんでした。
全身麻酔の方法は病院によって違うと思いますが、意識がなくなってから麻酔をかけられましたので喉の苦痛もありませんでした。
麻酔から覚めたら、すぐ家族と話しもできましたし。
夫とは術後すぐには会話ができなかったと思います。
夫は一週間くらい、記憶が定かではなかったと言っていましたが、そんなことはありませんでしたよ。
強いて言えば、硬膜外麻酔麻酔が入っている2日間はぼんやりしていたかなと思います。
緊急の手術と予定された手術ではまた違うと思います。
案ずるより、、ですよ。お大事に。

Q全身麻酔について教えてください

今度全身麻酔をすることになるかもしれないので、全身麻酔についてお聞かせください。

1,全身麻酔をするまでに行う検査ってどういうものですか?

2,全身麻酔をかけ始めて眠るまでの時間ってどれくらいですか?
  また、そのときの気分ってどういう感じですか?

3,麻酔中は夢を見てましたか?(笑)

4、麻酔後はどれくらいで目が覚めるものなのでしょうか?
  また、目が覚めたとき、体が重いなどはありませんでしたか?

Aベストアンサー

全身麻酔には2種類あります。A.呼吸を医者が管理する場合(呼吸する筋肉まで麻酔で弛緩してしまうので)と、B.自発呼吸はできる状態のもの(意識がないだけの状態)です。前者は、よくTVなどで、口に管がテープで止められているのでそれとわかると思います。
私は両方経験があるのですが、まず1.術前検査は、血液検査・レントゲンなどで、麻酔に耐えられるかどうかを見ます。どこが悪いと麻酔できないかは医者ではないのでわからないのですが、知人には肝機能が悪くて手術が延期になった人がいます。また、今まで薬にアレルギーが出たことはないかどうか事前に聞かれました。
2.意識を失うまでは、一瞬です。というか、いつ意識がなくなったかもわかりません。
3.夢は見ませんでした。
4.自然に目が覚めるのではなく、手術などが終了して麻酔の必要がなくなったのを見計らって、麻酔医が徐々に覚醒させていきます。麻酔の影響で眠いとは思いますが、一度は起こされます。
人にもよりますが、私の場合、当日は麻酔が残っていて眠くて眠くてたまらず、うとうとしてました。からだを動かすのもおっくうでした。次の日には影響はなくなってましたが。
なお、余談ですが、麻酔事故というのもありますから、麻酔専門医がちゃんといるかどうか事前に確認した方がよいです。

全身麻酔には2種類あります。A.呼吸を医者が管理する場合(呼吸する筋肉まで麻酔で弛緩してしまうので)と、B.自発呼吸はできる状態のもの(意識がないだけの状態)です。前者は、よくTVなどで、口に管がテープで止められているのでそれとわかると思います。
私は両方経験があるのですが、まず1.術前検査は、血液検査・レントゲンなどで、麻酔に耐えられるかどうかを見ます。どこが悪いと麻酔できないかは医者ではないのでわからないのですが、知人には肝機能が悪くて手術が延期になった人がいます。また、...続きを読む

Q全身麻酔?局所麻酔?

私は、去年の11月、交通事故で足の脛骨の膝下辺りとくるぶしの上辺りの2箇所、腓骨の膝下辺り1箇所を骨折し、脛骨の骨折について手術を受けました。
 骨折はかなり重篤で、くるぶしの上辺りは、引きちぎられた様でした。
 手術はプレート固定で、相当の数のビスも入っています。
 執刀していただいた先生からは、プレートは外さなくてもいいと言われ、手術を受けなくても良いと喜んでいたのですが、このサイトの皆さんの投稿等を閲覧していると、殆どの方が、プレートを抜去されていて、抜去しなかった時のデメリットを挙げられている方もおられました。
 私は、皆さんの投稿を読ませていただいて、抜去するべきか否か悩んでいるのですが、一歩を踏み出せない大きな理由が、麻酔が、全身なのか局所なのかということです。
 そこで、手術を受けられた方に伺いたいのですが、抜去の手術は、全身麻酔でしたか局所麻酔でしたか。
 私は、下半身の局所麻酔は腰骨に麻酔注射すると、人伝えに聞いたことがあるのですが、もし、腰に麻酔注射となったら、痛みはどの程度のものなんでしょうか。

Aベストアンサー

こんばんは。大変でしたね。

抜釘(プレート除去)はしてもしなくても変わらない方もいる様です。
プレートを除去する事により生じるデメリット等をお医者さんと相談するといいと思います。

脊椎麻酔は針が細いので見えない恐怖はありますがあまり痛くない様です^^

Q全身麻酔

私は日本を代表する胃カメラ嫌いです(自信あり)
2年前胃カメラをして頂いた事を振り返ると硬直します。しかし慢性胃炎を患い胃痛・吐き気・頻繁に出るゲップの症状が中度から強度にシフトしてしまい今は、口の
周辺に、大きなイボが出来てしまった。胃カメラを受けなければいけない私としては、救いのカプセル胃カメラは現在医療機関では導入されてません・・・・・
今全身麻酔に肖ろうと秒読み段階ですが、知人は幾度となく全身麻酔をすると全身麻酔が必要な時に効かなくなると
言います。私は過去4年前に一度だけしか全身麻酔をしてません。そこで質問ですが・・・・

●全身麻酔を2~3回しか経験がないだけでは全身麻酔
が効かない(効きにくい)事はないですよね?

●胃カメラの時全身麻酔をやっていただける都内の病院
を教えて下さい(意識があれば出来ないのです)

ちなみに酒とたばこはやりません。

ご教授お願いします。

Aベストアンサー

私は胃カメラの検査をしたことのない身で、口を挟むのもどうかと思ったのですが、こんなホームページを見つけました。
参考にしてみてください。

全身麻酔ではなく、鎮静剤だそうですよ。

参考URL:http://ww7.tiki.ne.jp/~nkcl/i_naisikyou/ikamrazennsinnmasui.html

Q全身麻酔の手術予定日が生理日に当たりそうです

*タイトルを不快に思われた方、申し訳ありません…

来週後半に全身麻酔の内視鏡手術をします(腰椎間板ヘルニア)
その手術日ぐらいに、ちょうど生理日が来てしまいそうなのです。
手術の翌日ぐらいには自分でお手洗いにいける予定だと思うのですが、
今のうちに何かしら病院側に相談した方が良いのでしょうか?

また、生理中の手術をご経験者われた方のお話など伺えれば…とも思います。

宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

私も全身麻酔の腹腔鏡手術の時、ちょうど生理になりそうだったので事前に看護士さんに言いました。
(実際は術3日後になったので問題なしでしたが)
看護士さんは「そんなことぜーんぜん気にしないでください、ナプキン交換もちゃんとしますから、もし生理になったら言ってください」と言ってくださいました。さすがナースさんです。そんなことは慣れっこ!茶飯事!って感じでした。
やってもらう方は恥ずかしいですよね★
でも手術が控えているので生理をずらす薬を飲むわけにもいかないですから、「生理よ、来るな!」と祈るしかないですね。
手術の成功を祈っています。

Q全身麻酔のリスクってどのくらい?

全身麻酔が必要な手術をするかどうか迷っているのですが,

(1) 全身麻酔のリスクというのはどのくらいなのでしょうか?
(例えば,交通事故に会う確率と比べて・・とか)

(2) 全身麻酔で具体的にどのようなトラブルが起こる可能性があるのでしょうか?

Aベストアンサー

何度か全身麻酔でごく簡単な手術をしたことがあります。全身麻酔には、大きく分けて、呼吸を管理しないものと、呼吸を管理するものがあります。前者は、ただ寝てるだけ状態で呼吸は本人がしています。後者は、よくテレビの手術シーンなどでありますが、口に管を入れてテープで固定してますよね?内臓まで弛緩させているので自発呼吸できず、管で酸素を肺に送っています。
より危険だとしたら後者なのですが、万が一管が外れたりしたらすぐに酸素不足で死んでしまいます。以前、麻酔医の書いた本「患者はこうして殺される」というのを読んだことがあるのですが、実際にあった話で、臀部の手術で患者をうつぶせにしていたので、管が外れたのに気づかず、結局亡くなったケースが書かれていました。病院の体制にも問題はあったようですが、ゾーッとしましたね。
リスクは何パーセントとか数字ではわかりませんが、通常、麻酔医がいてきちんと業務を遂行していれば、まずこんなことは起こらないと思いますから、それほど心配しなくていいと思いますよ。無理に言えば、飛行機に乗ってそれが落ちる確率程度に考えればいいのではと思います。それより、他の方が言っている通り、麻酔を使った手術の必要性が大事ではないでしょうか。
あと、気になったのは、術前の問診で、必ずぜんそくをしたことがあるか、ぜんそくの薬を使用したことがあるかと聞かれたことです。何か麻酔に影響があるのかもしれません。これも含めて、既往症や自分の体調はきちんと伝えましょう。
また、術前は飲食は絶対禁止です。胃にものがあると、吐いた時に器官につまってしまい、本人は意識がないため窒息することがあるそうです。指示があるとは思いますが、必ず医師の指示は必ず守りましょう。

何度か全身麻酔でごく簡単な手術をしたことがあります。全身麻酔には、大きく分けて、呼吸を管理しないものと、呼吸を管理するものがあります。前者は、ただ寝てるだけ状態で呼吸は本人がしています。後者は、よくテレビの手術シーンなどでありますが、口に管を入れてテープで固定してますよね?内臓まで弛緩させているので自発呼吸できず、管で酸素を肺に送っています。
より危険だとしたら後者なのですが、万が一管が外れたりしたらすぐに酸素不足で死んでしまいます。以前、麻酔医の書いた本「患者はこうして...続きを読む

Q肺活量測定検査で、全身麻酔手術はできないと言われた

母ががんにかかり、手術に希望を持っていたところ、検査入院中に行った肺活量測定検査の結果が思わしくなく、全身麻酔手術はできないと担当の内科医に言われてしまいました
母は、肺活量測定検査時に、指示通り息をはくことに失敗したということで、もう一度肺活量検査をお願いしましたが、内科の先生は肺レントゲンなどを含めた担当医の総合的判断であると述べて、再検査には応じてもらえませんでした
質問ですが、、肺活量測定検査を失敗して、思わしくない値が出たときでも、概ね正しい判定が出来ているものでしょうか。再検査すれば違った結果が出ることはあるのでしょうか
なお母は、70代中盤、別の神経系の病気で半年前から歩行困難ですが、看護の方いわく、体力はあるとのことです
手術ができないと、大幅に見通しが悪くなるので、困惑しております
お医者さんお方、教えてください
よろしくお願い致します

Aベストアンサー

ケース・バイ・ケースですので、最後は担当外科医と担当麻酔科医の判断になると思います。

麻酔中に限っては、呼吸機能検査の値が悪くても大きな問題はありません。実際、私達麻酔科医も、呼吸機能検査の値はあくまで参考にしかいたしませんし、特にご高齢者の方や知的障害がある方の検査値はあてにならないことも多いです(大抵、検査技師さんのコメントが添付されております)。また多くの場合、全身麻酔の時は、薬で患者さんの意識を取ったあとに気管に管を入れ、手術の間中ず~っと人工呼吸を行いますので、患者さんの呼吸機能はあまり問題にならないのです。

むしろ問題は手術の後でしょう。こればっかりは、患者さんの状態や手術の内容によっても変わってきますので、なんとも申し上げられません。今回の内科の先生が「総合的に判断して」とおっしゃってますので、他にも問題点はあるのでしょう。

いずれにせよ、これは医療系の質問に関して皆様にその都度申し上げているのですが、このような匿名掲示板で、私も含めた自称医療関係者の怪しい回答に一喜一憂するくらいであれば、実際に他の大きな病院の医師に検査の結果を持って行き、ご家族やご本人のご意向も伝えたうえで、直接ご相談なさるのがベストかと思います。

取り急ぎ、まずはご参考まで。

ケース・バイ・ケースですので、最後は担当外科医と担当麻酔科医の判断になると思います。

麻酔中に限っては、呼吸機能検査の値が悪くても大きな問題はありません。実際、私達麻酔科医も、呼吸機能検査の値はあくまで参考にしかいたしませんし、特にご高齢者の方や知的障害がある方の検査値はあてにならないことも多いです(大抵、検査技師さんのコメントが添付されております)。また多くの場合、全身麻酔の時は、薬で患者さんの意識を取ったあとに気管に管を入れ、手術の間中ず~っと人工呼吸を行いますので、...続きを読む


人気Q&Aランキング