検察は小沢疑惑で秘書を逮捕、自民の大物の疑惑はなぜ捜査しないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

西松を操作したときに


大久保氏自筆の西松宛ての請求書と、
大久保氏自筆の2団体宛ての領収書が出てきたからです。

大久保氏が西松建設宛てに請求書を書いていたことから、
大久保氏が企業献金であることを知っていた疑いがある
ということで逮捕されました。

自民の大物に関しては、逮捕する材料がありませんので、
逮捕されないのは当然です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

事実があればナットクです。
動かぬ事実でなければ、選挙前のコノ「重大時期」にココまでやるのは
説得力が無い。
薄弱な根拠では検察批判も出て「検察の敗北」です。
政権逆転下の裁判は検察の内部告発も出るでしょう。
裁判を注目します。

お礼日時:2009/05/26 17:57

『政治資金規正法』という法律があるんです。


http://www.houko.com/00/01/S23/194.HTM
・逮捕するための条件として法律を破ってないと逮捕できません。法律を破って初めて悪いことなんです。

 政治資金規正法では献金は違法とは認めてません。しかし、法に抵触する部分もあるんです。
 例えば、政治資金をもらったのに公開しないとか・・
     政治資金規正法の限界額を超える献金を受け取ったとか
     政治家が企業に自ら献金を求めたとか・・・

小沢の場合は、この政治資金規正法のいくつかの法に抵触しています。
例えば献金額は小沢だけ献金額がぬきんでて多いのです。
 これは政治資金規正法で定めた献金上限を超えてます。

よくTVで献金をうけとってるのは自民もだと叫ばれますが、これは全くの筋違いです。政治資金規正法違反で初めて悪いことをしたといえるのです。
 ですので
>自民の大物の疑惑はなぜ捜査しないのですか?
 逆に質問します。貴方が疑惑と言われるのは政治資金規正法のどの部分に抵触してますか?
 すでに西松側の証言迂回した会社もわかって、献金額の総計が明らかになりました。で・・・自民の誰が、政治資金規正法のどの部分に抵触してる恐れがあるのでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

西松から献金を受けた自民党の大物政治家は、元総理経験者も居て
絶大な「請託効果」の有る政権側の政治家ばかりです。
小沢のような「献金効果」の無い野党で有りません。
貰った「金の性格」も小沢と同じ「偽装献金」です。
小沢の西松依存は特別に大きかったのは事実のようですが、企業献金
の総額は少ない。

年額すれば、献金額も少なく、検察が捜査ターゲットにする金額に及
ばない。
請託価値も無し、悪質性も薄弱、したがって、秘書の「保釈金額」も
少ない。
こんな小者を総選挙まえの「重大時期」に逮捕するのは政治が判る者
には、オカシイ、怪しい!と誰もが思うよ。

「秘書をパクれば何か出てくる」と思って、やったとしたら大博打で
した。
不発検挙なら、検察は「新政権」で大きな弱みを持つことになる。
捜査に自民・公明側からの圧力があったとしたら、「国策捜査」の
疑惑が表面化するでしょう。
事態は「司法犯罪」の様相になるでしょう。

お礼日時:2009/05/26 18:49

ロッキ‐ド疑惑――ロッキード社のトライスタ-(旅客機)、P3C(対潜哨戒機)の売り込み工作で、田中元首相、佐藤孝行、橋本富美三郎ら政府高官が贈収賄(受託収賄)容疑で逮捕。



--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1979(昭和54)年 大平内閣
■ダグラス・グラマン事件――ダグラス・グラマン両社による航空機売り込み疑惑。松野頼三(自民党衆院)逮捕。
■税政連献全事件――税理士法一部改正案のため与野党議員に日税連が献金。
■宇野亨衆議院議員が公選法違反で在宅起訴。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1980(昭和55)年 鈴木内閣
■浜田幸一(自民党衆院)ラスベガスとばく発覚。
■KDD事件――国際電信電話公社(KDD)の乱脈経理事件。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1986(昭和61)年 中曽根内閣
■撚糸工連事件――繊維業界の構造改善をめぐり、政界との癒着が間題化。横手文雄衆議院議員が受託収賄、稲村左近四郎衆議院議員が収賄で在宅起訴。有罪確定

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1987(昭和62)年 中曽根内閣
■平和相互銀行事件――旧平和相銀の数千億円に及ぷといわれる乱脈経理と、住友銀行との合併をめぐる疑惑。金屏風で竹下登元首相の名前も。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1988(昭和63)年 竹下内閣
■砂利船汚職事件――関西空港の埋立て終了後、砂利船の営業船格上をめぐって業者から金銭を授受した疑惑(砂利船汚職)。公明党参議院議員・田代富士男が受託収賄で逮捕。有罪確定。
■リクルート事件――リクルート・コスモスの未公開株の譲渡をめぐっての疑惑。(上田卓三・衆社会、リクルート事件)

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1989(昭和64)年
■リクルート事件。池田克也 衆公明、藤波孝生衆議院議員が受託収賄で在宅起訴。 有罪確定。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1990(昭和65)年
■国際航業事件、脱税事件。稲村利幸(自民)衆議院議員が所得税法違反(脱税)  で在宅起訴。有罪確定 。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1991(平成3)年 海部内閣
■東京佐川急便車件――数憶円の金が与野党100名以上の議員に不正献全された疑惑。
■共和疑惑――鉄骨メーカー「共和」のヤミ献金疑惑。
■稲村利幸  衆自民  巨額脱税

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1992(平成4)年
■東京佐川急便事件―金丸信   衆自民  
■共和汚職―阿部文男(自民)衆議院議員が受託収賄で逮捕。 有罪確定。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1993(平成5)年 宮沢内閣
■全丸脱税車件――数億円に上る資産隠し。所得税法違反(脱税)で在宅起訴。公判中に死去。
■学歴詐称―新間正次衆議院議員が公選法違反で在宅起訴。


--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1994(昭和6)年 細川内閣
■脱税事件―大谷忠雄衆議院議員が所得税法違反で在宅起訴。
■埼玉土曜会(ゼネコン汚職)事件――中村喜四郎(自民)元建設相があっせん収賄で逮捕(中村被告有罪判決)。
■脱税事件―近藤豊衆議院議員が所得税法違反等で在宅起訴。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1995(昭和7)年
■中西啓介  衆新進  長男の大麻事件     
■近藤豊   衆日本新 税不正還付
■大谷忠雄  衆新生  税不正還付
■二信用組合事件―山口敏夫衆議院議員が背任等で逮捕。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1996(平成8)年 橋本内閣
■泉井献金疑惑――ベトナム油田開発権益獲得のため自民党山崎拓建設相(当時)にヤミ献金をした疑い。

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1997(平成9)年 橋本内閣
■オレンジ共済組合事件――友部違夫参院議員が新進党の比例順位を金で買ったという疑惑、詐欺で逮捕。
■菊池福治郎 衆自民  長男の公選法違反(買収)

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1998(平成10)年
■野田実   衆自民  事務所職員の公選法違反(買収)の拡大連座制で失職
■防衛庁汚職―中島洋次郎(自民)衆議院議員が受託収賄等で逮捕。上告中に自殺。   

--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
1999(平成11)年
■中島洋次郎 衆自民  飛行艇汚職、公選法違反事件。

--------------------------------------------------------------------------------
【証券取引法違反事件・1999年】 新井将敬(自民) 証券取引法違反 逮捕直前に自殺
--------------------------------------------------------------------------------

--------------------------------------------------------------------------------
2000(平成12)年
■建設汚職―中尾英一衆自民  受託収賄で議員辞職。
■秘書給与詐取事件―山本譲司衆が詐欺等で逮捕。

--------------------------------------------------------------------------------
【公職選挙法違反事件・2000年】 小野寺五典(自民) 公職選挙法違反(寄付行為の禁止) 有罪確定
【公職選挙法違反事件・2000年】 飯島忠義(自民) 公職選挙法違反(事後買収) 有罪確定


--------------------------------------------------------------------------------
2001(平成13)年
■KSD汚職―小山孝雄(自民) 参議院が受託収賄で逮捕、村上正邦参議院が受託収賄で議員辞職。


--------------------------------------------------------------------------------

【やまりん事件&島田建設事件・2002年】
鈴木宗男(自民) あっせん収賄、受託収賄 1審中

【政治資金規正法違反事件&詐欺事件・2003年】
坂井隆憲(自民) 政治資金規正法違反、詐欺 

※自民も民主も
捜査してるがな(@^^)/~~~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

汚職、疑獄事件のおさらいをした感じです。
アリガトウ

お礼日時:2009/05/26 20:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q重要参考人・逮捕・起訴の違い

 重要参考人・逮捕・起訴の違いってどのように違うんでしょうか?。

 物証が無くても逮捕できるんですか?。
 それとも逮捕は警察が怪しいという根拠で逮捕できて、物証は裁判の時に起訴する為に使われるだけなんでしょうか?。

Aベストアンサー

重要参考人は、捜査の対象となり、容疑者という特定まではできてない段階の者をいいます。容疑者かもしれないし、何か重要な情報を知っているだけの人かも知れません。
重要参考人とは任意ですので、たとえ警察に出頭するように言われても拒否することもできます。行く必要もありません。
これに対して逮捕とは、犯人を特定でき、その人を逮捕するために逮捕状を裁判所に請求し、それに基いて犯人を逮捕することになります。
この場合は令状がありますので強制的に捕まえてくることができます。
つまり重要参考人と逮捕との違いは任意か強制かの違いともいえます。

物証がなくても逮捕できるかという質問に関しては、現行犯逮捕や緊急逮捕のように物的証拠がなくて目撃者の証言だけによる逮捕も可能です。たとえば目の前で人を殺した人をその場で逮捕するような場合です。しかし多くの通常逮捕については、逮捕するかしないかは警察が決定するのではなく、裁判官が逮捕状を発行して逮捕するものです。その際に物証が必要かどうかも裁判官の判断によります。

また逮捕された後に警察が取り調べて、その結果を基に検察官が裁判に持ち込むかどうかの判断をします。裁判にするという判断をすることを起訴といいます。したがって逮捕してみたけど、その人は犯人ではなかったとわかった場合は起訴しない(不起訴処分)ということになります。逮捕されたから必ず有罪(犯人)とは限りません。

重要参考人は、捜査の対象となり、容疑者という特定まではできてない段階の者をいいます。容疑者かもしれないし、何か重要な情報を知っているだけの人かも知れません。
重要参考人とは任意ですので、たとえ警察に出頭するように言われても拒否することもできます。行く必要もありません。
これに対して逮捕とは、犯人を特定でき、その人を逮捕するために逮捕状を裁判所に請求し、それに基いて犯人を逮捕することになります。
この場合は令状がありますので強制的に捕まえてくることができます。
つまり重要参...続きを読む

Q小沢氏の秘書逮捕は国策捜査なのか?

小沢氏の秘書逮捕は国策捜査だと思いますか。
あと、「自民に波及ない」という政府高官の発言の主旨をどう考えますか。
皆さんの意見と根拠を教えていただきたいです。

自分は、政府高官の発言は自民党には小沢氏のような人はいないという主旨だと思いますけどね。だって、いくら馬鹿な自民党議員でも自白になるようなことは言わないと思うので。

Aベストアンサー

>  検察庁法 第十四条 
>    法務大臣は、第四条及び第六条に規定する検察官の事務に関し、検察官を一般に指揮監督することができる。
> 但し、個々の事件の取調又は処分については、検事総長のみを指揮することができる。

 その検事総長を任命できるのは、検察庁法第15条第1項にある通り内閣です。

 又、担当省庁のトップである法務大臣が知らないというのはおかしい。
情報が上がらないという事は、重要情報が役人から政治家に上がらないという事です。そうであれば、日本の危機管理はどうなっているのかという事です。

> 第15条 検事総長、次長検事及び各検事長は1級とし、その任免は、内閣が行い、
> 天皇が、これを認証する。

■検察庁法
http://www.houko.com/00/01/S22/061.HTM

 裁判所法の第39条第1項では、最高裁判所長官は、内閣の指名に基いて、天皇がこれを任命し、第39条第2項には、内閣で最高裁判所判事は、内閣でこれを任命するとなっている。又、第40条第1項では、下級裁判所の任免は、内閣が任命するとされている。

 小学校で三権分立と習いますが、そんなの大人になれば絵空事だと分かる。教科書に書いてあることが、いつも正しいとは限らない。例えば与党になった政党があって自分の息のかかった人間を任命したらどうなるか?

> (最高裁判所の裁判官の任免)
> 第39条 最高裁判所長官は、内閣の指名に基いて、天皇がこれを任命する。
> 2 最高裁判所判事は、内閣でこれを任命する。
> 3 最高裁判所判事の任免は、天皇がこれを認証する。
> 4 最高裁判所長官及び最高裁判所判事の任命は、国民の審査に関する法律の定めるところにより国民の審査に付される。

> (下級裁判所の裁判官の任免)
> 第40条 高等裁判所長官、判事、判事補及び簡易裁判所判事は、最高裁判所の指名した者の名簿によつて、内閣でこれを任命する。
> 2 高等裁判所長官の任免は、天皇がこれを認証する。
> 3 第1項の裁判官は、その官に任命された日から10年を経過したときは、その任期を終えるものとし、再任されることができる。

■裁判所法
http://www.houko.com/00/01/S22/059.HTM

 世の中は、立派な人間だらけではないですから、与党に借りを作って出世しようという人間だっているかもしれない。だからありえない話ではないと言っただけです。

>  検察庁法 第十四条 
>    法務大臣は、第四条及び第六条に規定する検察官の事務に関し、検察官を一般に指揮監督することができる。
> 但し、個々の事件の取調又は処分については、検事総長のみを指揮することができる。

 その検事総長を任命できるのは、検察庁法第15条第1項にある通り内閣です。

 又、担当省庁のトップである法務大臣が知らないというのはおかしい。
情報が上がらないという事は、重要情報が役人から政治家に上がらないという事です。そうであれば、日本の危機管理はどうなっ...続きを読む

Q地検が逮捕したのに起訴できない事はあるの?

このほど、東京地検特捜部が小沢代表の第一秘書を逮捕しました。
しかし、小沢代表は秘書が起訴されるまで辞任はしないようです。
そこで疑問があります。
そもそも、検察が次期総理の呼び声が高い小沢代表の第一秘書を逮捕するまで踏み込みました。
この場合、通常小沢氏の秘書を起訴できないとなると特捜部への批判は免れないだけでなく、民主党が政権を取ったら特捜のあり方を問うとの意見も民主党内から出ています。
そのため、ほぼ確実に起訴されると思うのですが、何故起訴まで待つのでしょうか?
若しかしたら、特捜で逮捕した人と起訴する人が別なのでしょうか?

Aベストアンサー

地検が逮捕したのに起訴できない事はあるの?

逮捕は証拠があり裁判所から逮捕状が下りて逮捕します、取り調べる為にします、逃げないようにもです。
例外として現行犯逮捕もあります・

起訴するかどうかは、裁判で公判を維持・戦える証拠を集められなければ、起訴しません、検察の恥ですから。

逆に起訴されると言う事は十分な証拠固めが出来たとも言えます、あとは、相手の弁護士の手腕次第で、色々変わります。

だから起訴されるかどうかが、ラインでは無いかと思います。

>特捜で逮捕した人と起訴する人が別なのでしょうか?

起訴するかどうかは、検察庁(検事)が判断します、人を犯罪者にするのです、間違ったでは許されません。
捜査する人(警察)・公平に客観的に見て最終決断する人(検事)・証拠を元に判決を確定する人(裁判官)
3段構えでも、無実の人を罪人にしてしまう事も現にあります、やはり、慎重には慎重を重ねています。捜査する人に個人の感情が入ってしまえば、間違いも起きます。それを防ぐ為にも、検事が起訴するかどうか判断するようになってます。
検事=弁護士は同じ資格です、敵同士ですが、ここでも、無実な人を罪人にしてはいけませんので、こう言う仕組みになってます。

地検が逮捕したのに起訴できない事はあるの?

逮捕は証拠があり裁判所から逮捕状が下りて逮捕します、取り調べる為にします、逃げないようにもです。
例外として現行犯逮捕もあります・

起訴するかどうかは、裁判で公判を維持・戦える証拠を集められなければ、起訴しません、検察の恥ですから。

逆に起訴されると言う事は十分な証拠固めが出来たとも言えます、あとは、相手の弁護士の手腕次第で、色々変わります。

だから起訴されるかどうかが、ラインでは無いかと思います。

>特捜で逮捕した人...続きを読む

Q小沢一郎は検察(自民・アメリカ)に不当に捜査されているって主張は誰が言

小沢一郎は検察(自民・アメリカ)に不当に捜査されているって主張は誰が言い出したの?

小沢っちは検察審査会で不起訴不当って否定されたわけだけれど。。。
それさえも否定しちゃうの?
検察審査会って国民から選ばれた代表なわけだけれど。。。
>検審は検察官の不起訴処分が妥当かを国民が審査する機関。
>有権者の中からくじで選ばれた11人の審査員で構成され、
>起訴相当の場合は11人中8人以上の議決が必要とされている。

ねえ。。。どんな陰謀論を脳内で練成したら、
国民の意向さえも、陰謀論で塗りつぶせるのかしら?
教えて欲しいところね。。。

Aベストアンサー

ksm8791さんはよく理解されていますね。どぐされマスコミを鵜呑みにしたり、流されやすい国民性の上に。検察審査会のメンバーの多くが自民党関係者や役人関係者や創価学会関係者なら民主党に不利に働くのは当然ですね。

自公政権時に検察審査会の制度があっても、清和会(福田派ー森派ー町村派)を中心とした自民党幹部を、腐りきった検察が捜査するわけがありませんし起訴もしませんし、起訴相当だらけでもできないわけですね。

与党時代の自民党幹部の犯罪は山ほどありますよ。

ロックフェラーを中心としたアメリカ支配層は、自分たちに逆らうやつ、不都合なやつを潰したいわけですね。暗殺が最終手段ということね。

Q小沢氏の起訴には不逮捕特権が及ばないのでしょうか?

国会議員には「不逮捕特権」がありますが、小沢氏は会期中に起訴されるとのことです。 逮捕(身柄拘束)は特権で保護されるが、起訴は保護されないということでしょうか? 逮捕後の次

Aベストアンサー

国務大臣と摂政は、在任中には逮捕どころか訴追もされません(憲法第75条及び皇室典範第21条)。
しかし国会議員には不起訴特権は存在しません。

不逮捕特権は、不当な身柄勾留等を想定し、国会決議等の国会議員活動に参加出来ないと言う事態を回避する目的です。
具体的に言うと、仮に与党が野党議員を国策捜査等の強権を発動し、国会決議の日に身柄を勾留等すれば、現状の様なねじれ国会でも、法案を通過させることが可能になりますので。

とは言え、飲酒運転すりゃ現行犯逮捕可能ですし、警察・検察が逮捕許諾手続きを行えば、上記の憲法の概念上から申せば、1名程度の議員で、国会決議を左右する事態でなければ、許諾を拒む理由は無いので、概ねは逮捕されることになるでしょう。
不逮捕特権と言っても、絶対に逮捕されないと言うワケでもありません。

Q自民党の大物に頼むと逮捕されにくいか

よくテレビで自民党の大物政治家に
頼むと、軽い罪だと逮捕されにくい
場面が出てきます。

自民党員で、大物政治家に献金をしていたら
警察に圧力をかけられるのでしょうか。

もちろん警察署長に言うのは、地元秘書でしょう。

強盗や殺人は大きく報道されてしまうので
無理です。

あくまで微罪に限ります。

Aベストアンサー

>よくテレビで自民党の大物政治家に頼むと、軽い罪だと逮捕されにくい場面が出てきます。

テレビが自民党がそのような事をしているという報道をしているという根拠や資料はあるのでしょうか。

キチ〇イや、野党の党員や、ゲスな貧乏人の願望や妄想やルサンチマンを考察する気はありません。



【なぜ共産党に入党できないのか】(広島カープsama 2016/07/09)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9337762.html
(私は精神疾患から、生活保護になりました。
そのとき、共産党の市議に同席してもらい一発で通りました。)

【社民党の実態】(広島カープsama 2016/07/09)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9337769.html
(社民党の市議の後援会に入りました。)

【ヤクルトレディ】(質問者:広島カープsama)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9342085.html
(なんか、ネットではヤクルトレディは、いっぱい買えばやらせてくれる、というのが書いてあります。)

【ばれない仕事】(広島カープsama 2016/07/04)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9332470.html
(精神疾患で生活保護です。50代男性です。
税務署や市役所にばれないで3万くらい稼げる仕事はないでしょうか。)




【ばれない仕事】(広島カープsama 2016/07/04)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9332470.html
(精神疾患で生活保護です。50代男性です。
税務署や市役所にばれないで3万くらい稼げる仕事はないでしょうか。)

【既婚情勢は男性と二人で飲みに行くのに抵抗があるか。】(広島カープsama 2016/07/05)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9334198.html
(40代男性です。)

精神疾患で生活保護。加えて嘘つき(ホントは何才なんだ?)



マジレスは無意味です。

【虚構のネット】(広島カープsama 2016/07/19)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/9349949.html
(私はここで、攻撃的な質問を続けてきました。
当然、炎上はしました。
でもネットの世界です。匿名です。
東大卒、生活保護、医者、私の書いたことが全部本当だと思いますか。)

>よくテレビで自民党の大物政治家に頼むと、軽い罪だと逮捕されにくい場面が出てきます。

テレビが自民党がそのような事をしているという報道をしているという根拠や資料はあるのでしょうか。

キチ〇イや、野党の党員や、ゲスな貧乏人の願望や妄想やルサンチマンを考察する気はありません。



【なぜ共産党に入党できないのか】(広島カープsama 2016/07/09)
https://oshiete.goo.ne.jp/qa/9337762.html
(私は精神疾患から、生活保護になりました。
そのとき、共産党の市議に同席してもらい一発で通りまし...続きを読む

Q逮捕、起訴

よくニュースなどで

逮捕、起訴されました

という言葉がでてきますよね? この逮捕はわかるんですが起訴の意味がわかりません

どなたか回答お願いします。

Aベストアンサー

今までの方の説明でつくされた感がありますが、補足をば。
 事件のニュースでは3っつのイベントがあります。
逮捕→送検→起訴です。

 逮捕は警察が犯罪をしたと覚しき人(容疑者)の身柄を押さえ、留置場に入れることです

 送検は逮捕から48時間以内(大概は逮捕の翌日ですが)に警察署から検察官の下に身柄を移送することです(テレビなどでは『身柄を××地検に送りました』といいますね)。
 この際に、被逮捕者が有名な場合、警察は容疑者を移送用の車に乗せるまで歩かせている間の姿を撮影させることがあります。それがない場合は、容疑者の乗っている車をメディアが撮影します。
 逮捕するほどではないが、犯罪をしていると覚しき人については、捜査資料だけを検察に送ります。これを書類送検といいます。

 で、逮捕した場合、送検から2週間以内に犯罪をしただろうなと検察官も考えたると、裁判にかけるため起訴するわけです。起訴された場合、「容疑者」と呼ばれていた人は「被告」と呼ばれることになります。

 また、調べの間に別の犯罪が発覚したときは起訴してからもう一回逮捕する場合があります。これは再逮捕と呼び、「被告」は再度「容疑者」に呼び方が変わります(死体遺棄で逮捕して殺人で再逮捕なんてありがち)。

今までの方の説明でつくされた感がありますが、補足をば。
 事件のニュースでは3っつのイベントがあります。
逮捕→送検→起訴です。

 逮捕は警察が犯罪をしたと覚しき人(容疑者)の身柄を押さえ、留置場に入れることです

 送検は逮捕から48時間以内(大概は逮捕の翌日ですが)に警察署から検察官の下に身柄を移送することです(テレビなどでは『身柄を××地検に送りました』といいますね)。
 この際に、被逮捕者が有名な場合、警察は容疑者を移送用の車に乗せるまで歩かせている間の姿を撮影させ...続きを読む

Q小沢さんの秘書の逮捕についてです

小沢さんの秘書の逮捕についてです。

民主党側は異例な捜査としています。
何がどう不公正な捜査なんでしょうか?

自民党が指示をして、民主党のみを捜査させたとなれば不公正だとは思います。(民主党以外の議員も徹底して捜査すべきなので)

結局、小沢さんの何が悪かったのでしょうか?
久々の民主党のスキャンダルなので、勘ぐってしまいます。

Aベストアンサー

民主党の側に立てば、
「きちんと政治資金規正法に則り、申告しているのだから違法性はない」
それを逮捕するのだから、国策捜査と言いたいのです。
しかし、社員宛のボーナスを上乗せした事実上の企業献金であり、
秘書が働きかけをしていたらしい点、
10年で1億円を越す巨額な献金が小沢氏サイドに行われ、
西松建設が小沢氏のお膝元の岩手県の胆沢ダムに対し100億円で
受注している事を考慮すれば、
受注が献金に結びついていた可能性が相当高いと読みとれます。
今後どんどん供述がリークされると、民主党は黙ります。
そして党首辞任になる公算は相当高いです。

Q起訴、不起訴の件で聞きたいのですが、窃盗罪で逮捕された場合、20日以内

起訴、不起訴の件で聞きたいのですが、窃盗罪で逮捕された場合、20日以内に起訴か不起訴を決めなければいけないから、20日内には起訴されるか、不起訴なのか判決は出るはず。と聞いたのですが、逮捕された日を含んで20日以内ですか?もし20日以内で、不起訴となった場合は、最大日数22日?23日?目じゃなくても、釈放されるのですか?
ちなみに、『不起訴』と『起訴猶予』は何が違うんですか?

Aベストアンサー

ご質問はいずれも、少し検索すれば分かることですので、簡単に。

警察がある容疑で人を逮捕した場合、逮捕後48時間以内に容疑者を検察庁に送ります(送検)。検察は送検を受けてから基本は10日間、最大で20日間その調べた上で、その容疑について起訴するかしないかを決めます。ですから容疑者は一つの容疑について最大22日間身柄を拘束され、起訴された場合には拘置という形で拘束が続くことになります。不起訴ならその時点で釈放です。なお容疑が複数ある場合には、その分拘束期間が延びる場合もあります。

不起訴とは、そもそも犯罪を犯した事実が確認できないか、疑わしいけれども裁判で十分立証できないと検察が判断した場合の処分です。起訴猶予は、犯罪事実は確認できるが、微罪であったり、反則金・罰金を納付することで起訴しないことも認められていたりするものについて行われるものです。猶予ですから、その後別の事件を起こした場合などには合わせて起訴されることもあり得ます。

Q小沢一郎の公設秘書逮捕について

企業献金は政党やその支部ならOKだが、政治家の資金管理団体ならNGだという論拠が分かりません。

政党やその支部に献金しても、政治家個人に献金が届くことには代わりは無いのでは・・・

Aベストアンサー

政治家・政治家の資金管理団体に対して企業献金がされると、その政治家が企業の意に沿う形で政策をすすめてしまう可能性があるので禁止。要はわいろになりやすいということ。

一方政党等への献金であれば、いろいろな政治家がいるので企業の意が通りにくいということです。

まあ抜け穴もあるんで、この説明は建前なのですが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報