家の囲いに「マサキ、ベニカナメ」を植えています。剪定中にうどんこ病を発見。薬剤散布は剪定後にしてもいいのでしょうか。
症状が軽いうちに散布したいのですが、お天気など注意がありましたら教えていただきたいのですがよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

剪定後でOKです。

この手の病気は風通しが予防の一手です。病気にかかった枝を見つけたら薬剤で直すことより切除して他の枝へ病気の蔓延を防ぐ方をお勧めします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

切除したいとも思うのですが丸坊主になりそうですし、30本位あるので薬の方がいいのかと…確かに密集してます。これを機会に思いっきり剪定してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 07:56

写真があればはっきりするのですが、これは間違いなくうどんこびょうなのでしょうか。


うどんこ病は、ばら、イチゴや他の野菜類によく発生しますが、まさき、紅かなめに発生したという話は聞いたことがありません。
ご質問の感じからはうどんこ病ではなく、アブラムシではないかという気がするのですが。

>剪定中にうどんこ病を発見。

ということは、葉の表面に白いものが付いていたということではなく、剪定して葉を落としたら奥の幹や枝に白い綿のようなものが付いていたということでしょうか。
もしこれでしたらアブラムシと思ってほぼまちがいないでしょう。
うどんこ病は枝には付かず葉の表面、アブラムシだと葉の表面には付かずに枝や幹につくのが一般的だと思います。
またうどんこ病はもう少し熱くなってから発生することが多いようです。

うどんこ病なら、トップジンMなどの殺菌剤、アブラムシなら、マラソン乳剤、スミチオン乳剤、などの殺虫剤が有効です。
うどんこ病は菌による病気なので殺菌剤、アブラムシなら殺虫剤と適切に使い分けなければ効果はありません。
また、殺菌剤でもうどんこ病に有効な薬剤を選んでください。

両方を使用してもよいですが、必要のない薬剤は散布しないという観点から何が原因なのかを見極めて適切な処置をすれば良いでしょう。

殺菌剤、殺虫剤どちらも選定後に散布することに問題はありませんが、剪定した枝葉は捨ててしまったほうが良いでしょう。
散布する時の天気ですが、雨が降っている時、雨上がりや夜露でまだ枝葉が濡れている時、気温の高い晴れた日中は避けてください。
また、散布してから半日ぐらい雨が降らなければ効果があるといわれていますが、雨が降ってきそうなときは避け、1~2日ぐらい雨が降らなさそうな日が良いでしょう。
殺菌剤、殺虫剤、どちらも展着剤を使ったほうが良いと思います。

http://www.asahi-net.or.jp/~rz1t-krok/garden/byo …
http://www.syngenta.co.jp/support/gaichu/gaichu2 …
http://homepage1.nifty.com/tago-ke2/ABURAMUSHI/T …
http://homepage1.nifty.com/tago-ke2/ABURAMUSHI/K …
http://homepage1.nifty.com/tago-ke2/ABURAMUSHI/K …
http://homepage1.nifty.com/tago-ke2/ABURAMUSHI/K …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

色々ありがとうございます。
ネットで「まさきうどんこ病」というのでヒットしました。
これに効く薬剤は…というのもありました。
うどんこ病はよく見てますので間違いありません。

天気予報をチェックして早急に対処したいと思います。

お礼日時:2009/05/27 07:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qうどんこ病

 家庭菜園で収穫を楽しみにしているキュウリがうどんこ病にかかってしまいました。

 これまで無農薬で栽培しているので、できたら農薬を使用せずにうどんこ病を抑えたいと考えています。

 いい方法をおしえてください。

Aベストアンサー

 うどんこ病でその株が枯れてしまうというようなことはまずありませんので、発生が見られたら早めにその葉を取り除くようにしていれば、あまり大きな被害にはならないでしょう。病気がついて食べるのが気持ち悪いというならば、無農薬栽培は諦めた方がいいかもしれません。
 基本的に「農薬」を全く使わず防ぐと言うことは不可能なのですが、食酢に特定農薬としての登録がありますので、水で薄めて「農薬」として使用することが認められており、うどんこ病にも効果はあります。これも「農薬」であることに変わりはありません。
 ただし、濃すぎると植物を痛めますし、薄すぎると効果が出ず、市販の農薬のように確実に効果があるというものではないので、使用は自己責任でということになります。普通は10倍程度に薄めて使うようです。

Q黄金マサキを移植したいと思っています。 植えて7.8年くらいたち 今は高さが180センチくらいです。

黄金マサキを移植したいと思っています。
植えて7.8年くらいたち 今は高さが180センチくらいです。
移植の時期は冬がいいと聞いたのですが、何月くらいが1番いいのか また掘り起こしてそのまま植え直していいものなのかどうか…
掘り起こす時の注意や植えるときにすることなと詳しい方いらっしゃいましたらよろしくお願いしますm(_ _)m

Aベストアンサー

>>埼玉県なので秋で大丈夫でしょうか。

充分秋で大丈夫です。ただ、関東平野は冬に凄く乾燥するので、一週間に一度くらいは水掛が必要かと思います。

>>マサキは生垣にしているもので、そのうちの端の4、5本を位置をずらして植え替えようとしているのですが、1本を掘り上げるのより 間隔が狭い分傷ついたりする可能性が高いですよね。それで枯れてしまうことはありますか?

大丈夫かと思います。
前回回答したのは、理想的にはこの位と言う結構やりすぎてきな移動法です。
通常ですと、幹から30センチくらいかな、幹を中心にして半径30センチくらいの丸を描いて、それに沿ってスコップを挿して、掘れば、ポンと抜けます(音はしません)。
元々の生垣がどの位の間隔で植えてあったか判りませんが、幹と幹の真ん中にスコップを挿して、それ以上外側に有る根は切り落として移動しても、マサキは生命力が強いですので、大丈夫かと思います。
怖いなら、一本おきに移動して、又来年残ったものを移動すれば、根の損傷は最小限に抑えられます。
ただし、今年上手くいったからと言って、来年も成功するとは限りません、一念発起、一度にやった方が良いかと思います。

>>埼玉県なので秋で大丈夫でしょうか。

充分秋で大丈夫です。ただ、関東平野は冬に凄く乾燥するので、一週間に一度くらいは水掛が必要かと思います。

>>マサキは生垣にしているもので、そのうちの端の4、5本を位置をずらして植え替えようとしているのですが、1本を掘り上げるのより 間隔が狭い分傷ついたりする可能性が高いですよね。それで枯れてしまうことはありますか?

大丈夫かと思います。
前回回答したのは、理想的にはこの位と言う結構やりすぎてきな移動法です。
通常ですと、幹から30センチ...続きを読む

Qうどんこ病に効く農薬 (いちご)

うどんこ病に効く農薬は何かありますか?

それから葉ダニ対策のためとスリップス対策のための農薬などありますか?

Aベストアンサー

うどんこ病に効く農薬は・・・
ポリオキシンAL水和剤がいいようですよ。
http://www.kindness.ne.jp/itigo/traceability.html

ポリオキシンAL水和剤とは・・・
http://www.kaken.co.jp/nouyaku/polioxinAL_w.htm

参考URL:http://www.kaken.co.jp/nouyaku/polioxinAL_w.htm

Q薬剤散布の仕方

ガーデニングをはじめて間もないので害虫駆除の仕方がわかりません(涙)

1. コナジラミが発生したのでオルトラン錠剤を根元に蒔きましたがあまり減った様子はありません。
薬剤って、どのくらいの間隔(時間)をあけて使用すればよいのでしょうか。

2. 1日に1匹くらいケムシが見つかります。
スミチオンスプレーを買ってきましたが、薬は虫にかけるものなのでしょうか?それとも卵なども駆除するため、木全体にかけるものなのでしょうか。

説明書には簡単なことしか書いていないので、「?」と思っています。
笑われそうな質問ですみません(汗)

Aベストアンサー

オルトランは浸透移行性といって、根から薬剤成分を吸って、それを虫が食べて初めて効果をしめします。ですので、すでに成長してしまっている植物では効果は低いです。できれば、種をまいた直後か小さい苗を植えた直後に散布してください。薬剤の使用間隔ですが、観賞用の作物ならば虫がでたらまけばいいでしょう。ただし、まいてもすぐに死なない剤もありますので一週間ほどは様子を見たほうがよいです。あと、同じ薬ばかりを連続して使用していると効果が落ちてきます。できれば、同じ虫にも色々な薬を交換しながらかけたほうがよいです。

スミチオンは卵には効果が低いので、成虫がいたら直接かけましょう。おそらく、次に日には落ちているとおもいます。

Qこれって、うどんこ病ですか?

ベランダ菜園でキュウリの栽培を始めて約2週間目です。
最近、キュウリの葉っぱに白いカビのようなものが付着していることに気が付きました。
本の図で調べてみると、「うどんこ病」に似ている気がするのですが、
これはうどんこ病でしょうか??

なるべく無農薬で育てたいと思っているのですが、何か良い対策があったら教えていただけませんか?
ちなみに、木酢液等は発がん性物質らしいので、あまり使いたくないと思っています。
やはり、葉を取ってしまう方がいいのでしょうか・・・。
その場合は、手でちぎる、はさみで刈り取る どちらが良いですか?

アドバイスお願い致します。

Aベストアンサー

うどん粉病です。早めに消毒しないと広がる可能性があります。どうも空気感染らしいです。白い粉が浮遊し風に流され他の植物にも広がります。他に健全な葉があるのなら汚染した葉は切り取ってゴミ袋に密封します。畑に放置してはいけません。
はさみで感染する可能性を防ぐため私は手で引きちぎっています。
家庭用に売られている殺菌剤は日光に当たると数日で分解します。実の収穫前1週間は撒かないようにすれば余り気にする必要はないとおもいます。勿論花や実には掛からないように散布します。

Q椿への薬剤散布

こんにちは!
我が家の、猫の額ほどの庭に高さが2m前後の椿が3本植わっています。
この時期、ちょっと気を緩めると、葉の裏に毛虫がたくさんつきます。
平日は、わたしは仕事がありますので、まめにお手入れをする事ができません。木酢液をスプレーしても、あまり効果が無いような気がします。
そこで、週末に、出来得る限りの低農薬で、薬剤の散布をしたいと思って居りますが、我が家のような「小規模」な庭向きにおすすめの噴霧器と、椿に効果の高い薬剤をご存知でしたら、教えて下さい。
また、初心者ですので、散布時の注意なども併せてお願い致します。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

>葉の裏に毛虫がたくさんつきます。
  チャドクガですね。 刺されると赤くポツポツと発疹して痛くなります。 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%AC
 年に最低2回程度は殺虫剤散布しないとやられますよ。
http://shimonagaya.com/kemunpasu.htm

わたしは4月、梅雨前、8月下旬の3回散布してます。(地域によって散布する時期は異なるはずです。)
薬剤は今のところ「スミソン」です。
 http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00036.html

>我が家のような「小規模」な庭向きにおすすめの噴霧器
  容量4リットル程度のもので石灰硫黄合剤も噴霧できるものがよろしいです。 

>初心者ですので、散布時の注意なども併せてお願い致します。
  農薬ですので服装はしっかりしてください。 帽子も忘れずに首にはタオルを巻いたほうがよろしいです。
 風の無いときやってください。 体にかかりますしチャドクガの針は風に乗ってふってくることもあります。
 必ず説明書をよく読んで倍率と使用回数を守ってください。

>木酢液をスプレーしても、あまり効果が無いような気がします。
  無理です。 それには殺虫能力はありません。 予防に効くか・も・し・れ・ま・せ・ん・という程度です。
 木酢液は主に希釈倍率を高めて土壌に散布して微生物の活動を活発化させるとか逆に原液なみに倍率を上げて臭い消しですね。

>葉の裏に毛虫がたくさんつきます。
  チャドクガですね。 刺されると赤くポツポツと発疹して痛くなります。 
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%AC
 年に最低2回程度は殺虫剤散布しないとやられますよ。
http://shimonagaya.com/kemunpasu.htm

わたしは4月、梅雨前、8月下旬の3回散布してます。(地域によって散布する時期は異なるはずです。)
薬剤は今のところ「スミソン」です。
 http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00036.html

>我が家の...続きを読む

Qうどんこ病になったえんどう豆、食べられますか?

庭に植えた4種類のえんどう豆のうち、
1種類だけ、うどんこ病でかなり真っ白になってしまいました。
もう莢がたくさん出来ているので、薬は使いたくないと
思っているのですが、
  ・うどんこ病のままで食べられるんでしょうか?
  ・うどんこ病は味に影響してくるのでしょうか?
どうせ中の豆しか使わないし、洗うし、加熱するから大丈夫かなと思ったり
しているのですが、反面、気持ち悪い気もするので・・・
ご経験のある方、教えてください。

Aベストアンサー

食べても害は無いので全く問題ありません。
ほとんどの植物病害は人間には害はありません。

生育が阻害されて味に影響が出ることは考えられなくも無いですが、直接的な影響もほとんどないはず。


予防薬としてカリグリーンという食品添加物(重炭酸カリウム)で出来た安全な薬品が市販されていますので使用してみては?

Qバラの薬剤散布について

黒星病にかかったバラを現在治療中です。

予防薬はダコニールとオーソサイドを使っているんですが、
ダコニールは暑い時期に使うと薬害が出やすいと聞きました。
なので夏の間はオーソサイドのみ1週間に1度散布しようかと
考えているんですが、これでは耐性がついてしまいますか?

別の予防薬をもう1つ購入して交互に使った方がいいでしょうか?

アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

同じ殺菌剤ばかり使うのは確かに耐性が付き易くなりますが、特に耐性が付き易いのは特効薬と知られるサプロール乳剤の方です。
黒星病の治療にはサプロール乳剤(1000倍希釈)をメインとして使い、その他殺菌剤をオーソサイドも含めて3種類ぐらい使われるのが理想的でしょう。
他に治療効果が期待できるのはベンレート水和剤(2000倍希釈)などです。
被害が酷い場合は、これら殺菌剤にローテーションを入れ、1週間おきに散布してみましょう。特に雨後の散布が効果的です。なおダインなどの展着剤も1Lにつき2、3滴入れよくかき混ぜましょう。
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00152.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00141.html
http://www.sc-engei.co.jp/guide/syo00214.html
ダコニール1000は予防薬としては優れていますが、治療効果はあまり期待できません。また秋になればウドンコ病も兼ねて予防散布された方が良いでしょう。
ちなみに拙宅ではダコニール→サプロール→ベンレート→(ダコニール)の3本立てです。
薬害は30℃以上の高温期に起こりやすいので、真夏に特に被害がなければ散布しません。

もっとも効果が高いのは、落葉している冬期(12月~2月)における石灰硫黄合剤(7~10倍希釈)の散布です。幹枝、表土へ万遍なく散布します。
これをやっておくと、生育期における殺菌剤散布が、かなり補助的なもので済みます。
ただし強い硫黄臭と、薬液の付着跡が白く汚れるなどの問題があります。
私などは冬の風物詩ぐらいに割り切っていますが、問題がなければ滅菌予防としてぜひお勧めします。(黒星病やウドンコ病の菌は越冬します。)
あと強いアルカリ性の注意と、また目詰まりしやすいので使用後の噴霧器は通常よりも入念に洗っておく必要があります。特にノズル部分等、水を3Lぐらいは噴射させておくとかですね。
もちろん噴霧器を使わず、筆や刷毛で幹枝に塗っても効果があります。

参考URL:http://www.sc-engei.co.jp/guide/guide02.html

同じ殺菌剤ばかり使うのは確かに耐性が付き易くなりますが、特に耐性が付き易いのは特効薬と知られるサプロール乳剤の方です。
黒星病の治療にはサプロール乳剤(1000倍希釈)をメインとして使い、その他殺菌剤をオーソサイドも含めて3種類ぐらい使われるのが理想的でしょう。
他に治療効果が期待できるのはベンレート水和剤(2000倍希釈)などです。
被害が酷い場合は、これら殺菌剤にローテーションを入れ、1週間おきに散布してみましょう。特に雨後の散布が効果的です。なおダインなどの展着剤も1Lにつき2、...続きを読む

Qうどんこ病を防ぐには?

毎年、垣根のどんぐりにうどんこ病が発生します。いつも手遅れにしてしまっています。今年は、今の新緑の時に、うどんこ病の薬を散布しようと思っていますが、注意事項またうどんこ病を防ぐ方法としてほかにいい方法等がありましらた教えて下さい。以上

Aベストアンサー

斑入り葉は目立ちにくいが、葉に白粉をまぶしたような病斑ができる。新梢が被害を受けると、新芽、新葉が奇形になる。枝透かし等を行い風通しをはかる。病葉、落葉を集めて焼却処分に出すか、土中に埋める。イミベンコナゾール乳剤500~1000倍液を発病初期に散布する。
と下記のところに載っています。
http://www.nararinshi.pref.nara.jp/sindansystem/jumoku/ma.html

垣根の場合、風通しというのが一番難しいかもしれませんが、できるだけ刈り込むと良いと思います。

また、雨が多いとか、日当たりが悪い年も良く発生するようです。
大ごとにならないうちにこまめに手入れすることも必要みたいです。

Qオリーブの剪定、植え換えについて

今年の春に初めてオリーブの苗を買いました。
当初は大きすぎるかな?と思った鉢(7号)でしたが、もう小さくなってきました。
そこで植え替えをと思い調べたのですが、適期が、12月頃、4月頃等とサイトによって様々です。
本当はいつ頃が適期なのでしょうか?ちなみにこちらは中部地方です。
それともう一点、真ん中だけドンドン伸びているのですが、切っても良いのでしょうか?
(現在、画像のような状態です。)
自宅付近のイタリアレストランの前に置いてある鉢などを見ると、どの店舗のも結構アンバランスに伸びている物が多いので、このままで良いものなのかどうか、迷っております。

お詳しい方、アドバイス宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

画像で中心の1本が伸び過ぎていますから、この枝は付け根から切られ
ても構いません。ただし切るのは3月に行うようにして、今は見栄えが
悪くても切らないようにします。

苗で購入されたようですが、7号鉢に植えられた時に鉢と同じ高さにな
るように切り詰めを行います。これが最初の剪定になります。
もしかしたら購入した状態のまま植付けたのでしょうか。

剪定の方法ですが、枝の付け根から2節残して切り詰めます。
新芽を切り詰めるのがオリーブの剪定方法になります。時期としては先
程に書いたように、3月が最適な時期になります。どうして3月かと言
えば、今まで休眠をしていたオリーブが徐々に活動を開始するのが4月
頃です。活動を開始してからでは根も動き始めますから、根に負担を与
えないために根が活動をする前に行うのが基本です。
まだ幼苗ですから、今は大きくする事を優先されて、本格的な剪定作業
は行う必要がありません。中央の伸び過ぎた1本だけを切るだけで十分
です。

7号鉢では小さいと言われますが、植替えは2年に1度で十分なので、
今のままで栽培をされて下さい。

画像を見る限りでは、あまり日当たりが良い場所のようには思えません
ので、良く日が当たる場所に移動した方がいいかも知れません。もしか
したら伸び過ぎた枝は、日光不足による徒長枝かもしれません。

画像で中心の1本が伸び過ぎていますから、この枝は付け根から切られ
ても構いません。ただし切るのは3月に行うようにして、今は見栄えが
悪くても切らないようにします。

苗で購入されたようですが、7号鉢に植えられた時に鉢と同じ高さにな
るように切り詰めを行います。これが最初の剪定になります。
もしかしたら購入した状態のまま植付けたのでしょうか。

剪定の方法ですが、枝の付け根から2節残して切り詰めます。
新芽を切り詰めるのがオリーブの剪定方法になります。時期としては先
程に書...続きを読む


人気Q&Aランキング