1ヶ月前にタクシーとの接触事故を起こしました。

自分の車は路上に停車中ギアはPでサイドブレーキ・ハザード点灯という状態です。

後方からタクシーがきて、私の車の前に駐車しようとし右前のフロント部分に接触しました。警察を呼び物損事故として処理しました。(数日後人身に切り替えました)

後日相手側の保険屋を通して車の傷など見て、100対0という結果になりました。

私は、その後、修理を依頼し車を治しましたが、事故から1ヶ月後目撃者が現れ(別会社のタクシー運転手)双方とも車は動いてたと証言しているとの事。

相手側の保険屋は弁護士をたて示談しなければ裁判にするとの事。自分としては、裁判にかかる費用や弁護士などの費用も考えるとどうしようか悩んでいます。

このような場合、示談しても自分にも過失割合が生じ自分が納得いく答えはもらえないと相手側の弁護士に言われました。

泣き寝入りの示談しかのこってないのでしょうか?

ご返信宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

何にも心配は要りません。


裁判して下さいと言って下さい。

訴状が届いたら、自分の保険会社に相談して丸投げすれば問題ありません。
訴訟の費用は保険会社が対応します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

心強いご意見誠にありがとうございます。

保険会社に相談してどのようにするか決めていきます。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 17:48

疑問点が2つあります。


・停車していてその前にタクシーが停車しようとして接触したのなら、
 タクシーはスピードをほとんど出していなかったでしょうし、
 フロント部分に斜めから接触されて、質問者さんはどんな怪我を
 されたのでしょう。
・これはあくまでも邪推ですが、会社が違えどタクシー運転手は
 繋がりがあることがよくあります。相手方も上記のような疑問を
 持ち、目には目をで偽証をしてもらったという可能性です。
 
相手が弁護士を雇ってきたのなら、ご自身の保険会社に相談しましょう。
または、弁護士に相談しましょう。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくのご返信誠にありがとうございます。

保険会社など意見も聞いているのですが、100対0ということで保険会社は介入しないという答えでした。

ご回答ありがとうございます。ご参考にさせて頂きます。

お礼日時:2009/05/26 20:22

質問者さんの保険屋には相談しましたか?



裁判費用も担保するオプションも付けていれば、裁判になっても質問者さんが自腹切る必要はないですよ

それにしてもその目撃証言というのはかなり怪しいですね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご返信ありがとうございます。保険会社にもう一度確認してみます。

目撃者に関しましては、かなり怪しいですが、なんとも言えないのが本当に悔しいです。

ご回答本当にありがとうございます。

お礼日時:2009/05/26 20:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【新名神高速道路で橋桁が落下し10人が死傷した事故で】工事元請は三井住友建設なのに、なぜニュースで責

【新名神高速道路で橋桁が落下し10人が死傷した事故で】工事元請は三井住友建設なのに、なぜニュースで責任になってるのは施工会社の下請け会社の汐義建設工事が責任になってるんですか?

責任問題が起きたら、大元の元請の三井住友建設がケツを拭うから中抜きされても文句言ってなかったのに、問題が起きても雲隠れするようなら元請の意味なくないですか?

ただ単に中抜きして問題も下請けに投げるんですか?

いつ三井住友建設はケツ拭きしてくれるんですか?

汐義建設工事は施工会社の下請けですよ。

ニュースで名前を出すなら大元の元請の三井住友建設では?

施工会社の下請けの汐義建設工事は、施工会社の横河ブリッジに中抜きされて元請会社の三井住友建設に中抜きされて、さらに自社で中抜きして協力会社に投げて、協力会社は職人に中抜きして給料を渡す。

どんだけ中抜きしてんねんって話ですよ。

なぜニュースに三井住友建設の大元の元請会社の名前が出ずに下請けの下請けの名前を全面に出すの?

三井財閥がケツ拭きするのが筋では?

Aベストアンサー

とりあえず、お前が世間知らずなのはわかった。
(それにしては、随分わかったような質問をしているようだが)


A:>責任問題が起きたら、大元の元請の三井住友建設がケツを拭うから中抜きされても文句言ってなかったのに、問題が起きても雲隠れするようなら元請の意味なくないですか?

雲隠れしているという根拠は?
それから「責任問題」というのは、「誰がどこにどのような責任を負うかと言う事」だというのを理解しているか?

お前がどう思っているかしらないが、この件で三井住友建設は発注主(横河ブリッジ?)に責任を負う筈。
そして「施工会社の下請け会社の汐義建設工事」は「三井住友建設」に責任を負う。
(下請けの契約内容が不明なので、どこまでの責任になるかは不明)



B:>施工会社の下請けの汐義建設工事は、施工会社の横河ブリッジに中抜きされて元請会社の三井住友建設に中抜きされて、さらに自社で中抜きして協力会社に投げて、協力会社は職人に中抜きして給料を渡す。

何を言いたいのかわかりません。
Bからは、「汐義建設工事」が「横河ブリッジ」と「三井住友建設」の両社から中抜きされていると読解できてしまいます。

もしかして、↓の事を仰りたいのでしょうか。

元請会社の三井住友建設は中抜きして横河ブリッジに下請けさせて、
横河ブリッジは汐義建設工事に下請けに出して、
汐義建設工事は更に協力会社に下請けさせて、
協力会社は職人に給料を渡す。

「協力会社は職人に中抜きして給料を渡す」という文章はピンハネの意味になります。
誤った文章表現なので注意して下さい。

そもそも、利益(中抜き)がなかったら下請けには出しません。
それで受けるかどうかは下請けの問題です。



だいたいなあ・・・

>新名神高速道路で橋桁が落下し10人が死傷した事故で】工事元請は三井住友建設なのに、なぜニュースで責任になってるのは施工会社の下請け会社の汐義建設工事が責任になってるんですか?

ソースを要求する。(責任と明言しているニュースはあったのか?)
ヒント:事故を起こした = 責任がある ではない。

社会に対する責任が「汐義建設工事」にあるのは事実だとは思うが。

とりあえず、お前が世間知らずなのはわかった。
(それにしては、随分わかったような質問をしているようだが)


A:>責任問題が起きたら、大元の元請の三井住友建設がケツを拭うから中抜きされても文句言ってなかったのに、問題が起きても雲隠れするようなら元請の意味なくないですか?

雲隠れしているという根拠は?
それから「責任問題」というのは、「誰がどこにどのような責任を負うかと言う事」だというのを理解しているか?

お前がどう思っているかしらないが、この件で三井住友建設は発注主(横河ブリ...続きを読む

Q自転車(自分)タクシー(相手)接触事故の過失割合?

私(自転車)と相手(個人タクシー)が起こした接触事故の事故処理をしています。

相手が発進前の周辺確認を怠ったために起きた事故だと考えているため、(私に非がないわけではないですが)一応被害者の立場として事を進めようとしているのですが、相手方の共済が提示した過失割合は「私6:相手4」という納得の行かないものでした(後に相談した弁護士の方は「この提示はおかしい」と鼻で笑いました)。事故状況を考えて私の希望としては「私1:相手9」が妥当なのでは?と思っています。ですが、事故処理は初めてのことでわからないことが多いので、私自身の過失で見逃してる部分もあるかと思います。どうかアドバイスやコメントをいただけませんでしょうか?よろしくお願いいたします。



***事故内容***
文字だけよりもわかりやすいのではないかと思い、
事故発生状況の模式図も載せました。

時間
・夜間(午前0時頃)
道路
・一方通行
・駐停車禁止

内容(※図中の番号に対応)
(1)

 ・自転車
 ・ライトを点滅
 ・路肩並んだタクシーを左手にして車道を走行
 ・先頭のタクシーは客待ち中で発進しないと判断(発進前のウィンカーを点灯してない)
 ・前方の歩道に入るために進路変更
相手
 ・タクシー
 ・交差点付近で客待ち(?)
(2)
相手
 ・私がタクシー前方に入ったあとに発進
 ・私に接触するまで3-4m前進
(3)

 ・接触後転倒
 ・怪我なし
 ・自転車と身に着けていたバッグ内の荷物のいくつかが破損
相手
 ・接触後も少し前進し、バンパー下に自転車が挟まる
 ・バンパー破損



***過失割合***

相手(共済)が提示
 ・私6:相手4
 ・「私がタクシーを巻き込んだ」
 ・「判例タイムズの例に従った」
私の反論(未提示)
 ・私1:相手9
 ・「自転車進路変更(前方障害物なし)」の私2:相手8を基本としました(相談した弁護士の提案)。
 ・「相手が発進しない」と確認判断したとはいえ、タクシー前方に不意に入ったことには私に非があります。
 ・しかし、以下のような相手の過失(?)があるので相手に加算修正が入るのではと考えています(私一人の考え)
 (1)相手がしっかりと発進前の後方確認をしていればこの事故は起こらなかった。
 (2)相手は、私がタクシーの前方に入り明らかに相手の視界に入ってから発進しているので、前方確認もしていなかった。
 (3)そもそも相手は駐車禁止の場所で客待ちしていた。

私(自転車)と相手(個人タクシー)が起こした接触事故の事故処理をしています。

相手が発進前の周辺確認を怠ったために起きた事故だと考えているため、(私に非がないわけではないですが)一応被害者の立場として事を進めようとしているのですが、相手方の共済が提示した過失割合は「私6:相手4」という納得の行かないものでした(後に相談した弁護士の方は「この提示はおかしい」と鼻で笑いました)。事故状況を考えて私の希望としては「私1:相手9」が妥当なのでは?と思っています。ですが、事故処理は初め...続きを読む

Aベストアンサー

発進と同時のウインカーは、ウインカーを出していたとは
認められませんし、横を通過するときには
出ていなかったウインカーを、どのようにして認識しろと
言うのでしょうかね。

再度、判例タイムズを調べましたが、自転車対車で
似たような形態の事故はありませんでしたので、
念のため、車対車、単車対車を調べてみました。

P236の先行左折単車と直進四輪車という例(166)が
60(単車):40(車)でしたので、この判例を
出してきたように思いますが、根本的に質問者さんの
書かれている事故とは別物です。
双方走行中の事故であり、交差点で単車が中央線よりに走行していて単車の左側に
1車線程度の余地がある場合に単車が合図を出して左折した事故
(いわゆる単車が大回りした事故)であり、
駐車していたタクシーが合図と同時に急に発進してきて、
自転車に当たった事故とは、まったく関係がありません。

しかも、上記は単車ですから、自転車に車が走行中に抜かれる事故は
判例タイムズにはありませんが、仮に自転車であれば過失割合は
悪くて50:50もしくは40(自転車):60(車)にはなるでしょう。

発進と同時のウインカーは、ウインカーを出していたとは
認められませんし、横を通過するときには
出ていなかったウインカーを、どのようにして認識しろと
言うのでしょうかね。

再度、判例タイムズを調べましたが、自転車対車で
似たような形態の事故はありませんでしたので、
念のため、車対車、単車対車を調べてみました。

P236の先行左折単車と直進四輪車という例(166)が
60(単車):40(車)でしたので、この判例を
出してきたように思いますが、根本的に質問者さんの
書かれている事故とは別物です。
...続きを読む

Q建設現場(公共工事)で下請け作業員の死亡事故が起こった場合

建設現場(公共工事)で下請け作業員の死亡事故が起こった場合
当然、現場代理人は責任を問われるのですが、主任(監理)技術者はどうなのでしょうか。
やはり同等の責任を問われるのでしょうか。

Aベストアンサー

現場代理人=統括安全衛生責任者
現場=事業所には責任者は一人しかいない。
直接の原因を作って加害責任がある場合を除けば
事業所の責任は統責者にある。
主任技術者は統責者のスタッフであり現場責任者ではない。
統責者の上は任命した人=社長或いは支店長であり
課長、部長は社長或いは支店長のスタッフで責任者ではない。

Qとある裁判を傍聴したのですが被害者側が示談はしておいて、その後裁判で厳

とある裁判を傍聴したのですが被害者側が示談はしておいて、その後裁判で厳罰を望むといった調書を検察が採用していました。
まぁお金は必要ですしわかる気はするんですがこの場合裁判員、裁判所はどう判断するんでしょうか・・・被害者側感情は示談で-5,厳罰を望むで+4 みたいな感じなんでしょうか。
大変違和感を感じました。

Aベストアンサー

時系列では、どうなのでしょうか?

私の場合も検察の証拠調べでは、被害者の調書として、一生刑務所に入っていてほしいなど被害者感情を述べました。

しかし、起訴後ですが示談に応じ、示談書と嘆願書(刑罰は望まない。宥恕の言葉あり)を頂いていたので、弁護人の証拠調べでは、先ず順序を明確に示します。
先ほどの検察官の調書は、これから述べる、被害者の示談書と嘆願書の前に作成されたものであり、被害者自信が自分の意思で記載された点を、誤解のないように聞いてください、と被害者作成の嘆願書を読み上げました。

時系列が新しい方が、裁判では判断されます。

因みに、判決では、検察の調書は一切認められず、被害者の刑罰を望まない意思をくみ取るべきである、と言う判決文になりました。

Q建設労働災害で死亡事故の相談を受けました! 加害者は無免許でバックホー

建設労働災害で死亡事故の相談を受けました! 加害者は無免許でバックホーを運転していてヘルメットを着用していない作業員と接触し事故を起こしました! わざととかではなく起こりました      遺族側との示談は誠意でついておりますがバックホー運転者に実刑はくるものでしょうか
  教えてください友達なんです  詳しい方お願いします

Aベストアンサー

業務上過失致死ですが、被害者もヘルメットを被らない等安全義務を怠っていたということで恐らく執行猶予、但し・・・
加害者は無免許ということですが、雇い主側にそのことを隠していたならばもっと罪が重くなる可能性があります。
一方本人は無免許ということを申告していたにも関わらず、雇い主から運転を強制されたならば情状酌量ということもあり得ると思います。

Q車と自転車の接触事故の場合の示談について

先日のことですが、当方自転車で横断歩道(青信号)を走行中、正面から進行していた車が左折してきてぶつけられてしまいました。歩道の真ん中で自転車の左側に車の正面が突っ込んできた感じで、自転車は一部損傷、当方も左足に打撲(全治10日ぐらい)を負いました。
警察には届け出て、相手も非を認めており示談はこれからですが、この場合自転車の修理代と治療費は全額請求できるのでしょうか。

車と車の場合は互いに走行中は相手がどんなに過失があっても8:2ぐらいにしかならないと聞いたことがあるのですが、車と自転車の場合はどうなるのでしょうか。車も青信号で左折してきており、横断歩道は歩行者や自転車の走行が優先だと思いますが、警察に、相手が止まってくれる「だろう」ではダメだよ、と言われたのが引っ掛かります。警察は比率のことは関与せず、相手は自腹で払うのか保険を使うのかはまだ決めていないようです。
修理代と治療費で合計1万超といったところで、当初慰謝料込みで2万程度は要求しようかと思ってましたが、厳しい気がします。。。

Aベストアンサー

自動車と自転車であれば、自動車が強者、自転車が弱者になるので、向こうの責任が重い。
直進と左折ということで、左折した向こうの責任が重い。

あなたが自転車から降りて自転車を押して歩いていたのであれば、100%向こうの責任になるとは思うんですけどねぇ。

横断歩道を渡っていたとはいえ、自転車に乗っていたんですよね。
自転車も軽車両ですからねぇ。
少なくとも、あなたは歩行者ではなかったんですよ。
だから、横断「歩道」で自転車に乗っていた場合は、歩行者扱いにはならないかもしれませんね。

このような事故で、慰謝料というのは聞いたことがありませんねぇ。私が無知なだけかもしれませんが。

あくまでも可能性の話ですが、向こうが全面的に非を認めて修理代も治療費もすべて負担する気になっているときに、慰謝料の話をすると、向こうの気が変わって9:1を要求してくることも考えられます。

もし、9:1になった場合、自転車の修理代と治療費の9割を向こうが負担することになりますが、同時に、向こうの車の修理代の1割をあなたが負担することになります。
その結果、自転車の修理代と治療費の全額よりも高額になる可能性もあります。自動車の修理代って意外に高いんですよねぇ。

私があなたの立場で、向こうが非を認めているのであれば、修理代と治療費を請求して、慰謝料は請求しませんね。

ただ、何が正解なのかはわかりません。
私だったらこうする、という一意見として参考にしてください。

自動車と自転車であれば、自動車が強者、自転車が弱者になるので、向こうの責任が重い。
直進と左折ということで、左折した向こうの責任が重い。

あなたが自転車から降りて自転車を押して歩いていたのであれば、100%向こうの責任になるとは思うんですけどねぇ。

横断歩道を渡っていたとはいえ、自転車に乗っていたんですよね。
自転車も軽車両ですからねぇ。
少なくとも、あなたは歩行者ではなかったんですよ。
だから、横断「歩道」で自転車に乗っていた場合は、歩行者扱いにはならないかもしれません...続きを読む

Q気難しい韓国の建設現場の事故について内情を深読みする

韓国の建設現場は、雇い主(財閥)へのいやがらせで傾かせたりグシャらせたり、後々のために落とし穴を仕組んだりと、いろいろご苦労が多いようなのですが、このことは、あちらでは労働者は、強制労働を強いられていて、劣悪な環境で働かされている不満へのはけ口としての事故が多発していると見て間違いないものなのでしょうか?

Aベストアンサー

深読みも面白いですけど、「そのまま」でも充分に面白く、もっと面白いかも?

すなわち、OECD加入を機に、「先進国の仲間入り!」とうそぶいている大韓民国様の建設,建築の技術が、実際の実力は「発展途上国並み」か、「それ以下?」ってコトですから。

建築,建設の技術のみの話ではなく・・。
そもそも受注能力や施工能力があるのか?とか、それらの検証能力があるのか?も疑わしいです。
仮に労働者の質やレベルの問題であるとしても、それなら受注能力が無いってコトです。

それ以前に、西側先進国では当たり前の「売買契約」に関わる法令規則の知識とか、契約上のルール,マナー(商道徳),常識などの存在まで疑われます。

F1ーGPやらUAEの原発など、違約金騒動がある中、更に国際社会に「新幹線を敷く!」とウソを言って、五輪を受注した国なので、それらも「疑い」と言うよりは、「明らかな事実」だし。
これらの規模になれば、国家レベルであることも間違いありません。

それとモチロン質問者さんの深読みの要素などもあると思うのですが、日系企業でも欧米企業でも、海外での建設などでは、現地人を多く使ってるワケでしょ?
同じ現地人を使っても、日系や欧米では問題は無く、韓国企業だけは問題を引き起こします。

やはり企業レベルの問題なのか?
それとも「朱に交われば赤」で、韓国企業の下で働けば、それだけで労働者の質やレベルが下がるのか?
あるいは現地労働者も、韓国企業に対しては、いやがらせ?(^^;)

実際も、中国企業や韓国企業が海外進出すると、現地スタッフとのトラブルが絶えないと言う話は、良く聞きますが。
現地スタッフなど奴隷扱いに近く、強制労働などを要求する結果、中国や韓国の経営者などが、銃で撃たれたりするそうです。

深読みも面白いですけど、「そのまま」でも充分に面白く、もっと面白いかも?

すなわち、OECD加入を機に、「先進国の仲間入り!」とうそぶいている大韓民国様の建設,建築の技術が、実際の実力は「発展途上国並み」か、「それ以下?」ってコトですから。

建築,建設の技術のみの話ではなく・・。
そもそも受注能力や施工能力があるのか?とか、それらの検証能力があるのか?も疑わしいです。
仮に労働者の質やレベルの問題であるとしても、それなら受注能力が無いってコトです。

それ以前に、西側...続きを読む

Q自転車と車での接触事故、示談での非は何対何。

閲覧ありがとうございます。

3週間ほど前、自転車に乗っていた僕は、車と接触しました。

状況としては、僕自身ははじめは歩道を走っていたのですが、前方に大きなトラックが停車してあり、走っていた歩道も、積み荷をしていた人たちが多くいたため、自転車では通れなさそうでした。

そのため、道路側にでてトラックを超えて進もうと思い、進んでも大丈夫かどうか確認しようと少しだけ、道路側(トラックの外側)に出たところ、近くに対向車の車が来ていて、その車はとまり切れず、僕も近づく早さが早かったため避けきれずに、車にぶつかりました。
正面衝突ではなかったため、明らかな骨折とかはなかったのですが、色々な箇所を怪我しました。

今は病院に行ったりしながらも、様子を見ているのですが、こういった事故の経験ははじめてなため、今後どうしたらいいかわからなくて、不安です。

怪我が治ったあとに示談というものを持ってこられると思うのですが、今回のようなケースでは、自転車と車では何対何くらいで非を課せられるのでしょうか?

普通、道路を走っている車は、路上に駐車があり人が出てくる可能性がある場所では、徐行か安全に止まれるスピードで走らなければならなかったと思います。相手の車は30キロは出ていたと思います。
僕自身も、歩道が進めなかったとはいえ、結果的に逆走になってしまっています。

示談を持ってこられたときに、いったい何対何の非で提示され、だいたいいくら位の示談金が提示されるものなのでしょうか。無知ゆえに不利に話をすすめられたりするのは避けたいです。

またほかに注意しておくべきことや、知っておくべきことがあれば、アドバイス頂けるとありがたいです。

※狭い路上に停車していたトラックには訴えたりすることはできないものなんでしょうか?あきらかにあんなに狭い場所に停車していると危険です。
また、仕事に行く際での出来事だとしたら、それも何か保険?とか適用されるのでしょうか?

質問が多くてすいません。回答お待ちしております。よろしくお願いします。

閲覧ありがとうございます。

3週間ほど前、自転車に乗っていた僕は、車と接触しました。

状況としては、僕自身ははじめは歩道を走っていたのですが、前方に大きなトラックが停車してあり、走っていた歩道も、積み荷をしていた人たちが多くいたため、自転車では通れなさそうでした。

そのため、道路側にでてトラックを超えて進もうと思い、進んでも大丈夫かどうか確認しようと少しだけ、道路側(トラックの外側)に出たところ、近くに対向車の車が来ていて、その車はとまり切れず、僕も近づく早さが早かったため...続きを読む

Aベストアンサー

交通事故では、過失の相殺が行われます。
また、その為に過失割合が決められます。

この割合によって、過失が相殺され、結果的に費用が相殺され、
どちらがいくら支払うかが決まります。

この過失割合は、当然ながら個々のケースについて、検討されるものですが、
状況によって大きくケース分けされており、大まかな割合の基準は存在しています。

この基準に照らすと、今回の件であれば、

質問者さん:相手=20:80

程度になるかと思われます。

ここに、個別の修正要素が入り、最終的な割合が決まります。
ただ、今回のお話であれば、ここから然程変わることはないと思いますので、
20:80~30:70の間くらいではないかと思われます。

いくらになるか?については、双方の怪我や車・自転車の修理費用によって
変わってくるので、現状の情報では回答できません。


>狭い路上に停車していたトラックには訴えたりすることはできないものなんでしょうか
そのトラックのナンバーなどは覚えていますか?
単に「トラックが」だけでは、厳しいと思われます。
更に言えば、当初歩道を走っていたとのことですが、
そもそも、その歩道は、自転車通行が可能な歩道ですか?

>仕事に行く際での出来事だとしたら、それも何か保険?とか適用されるのでしょうか?
今回の事故に起因して、仕事を休んだなどの事実があれば、
休業補償が受けられると思いますので、相手の方に相談して下さい。

後は、社内の制度などについては、お勤め先に確認して下さい。

最後に、示談を進める際の注意点ですが、はっきりと話をすることだと思います。
「○○だったと思う」「はっきり覚えてませんが~」などの言い回しは、
極力避けて下さい。
もしも相手に悪意があった場合、その曖昧さを利用される可能性があります。

交通事故では、過失の相殺が行われます。
また、その為に過失割合が決められます。

この割合によって、過失が相殺され、結果的に費用が相殺され、
どちらがいくら支払うかが決まります。

この過失割合は、当然ながら個々のケースについて、検討されるものですが、
状況によって大きくケース分けされており、大まかな割合の基準は存在しています。

この基準に照らすと、今回の件であれば、

質問者さん:相手=20:80

程度になるかと思われます。

ここに、個別の修正要素が入り、最終的な割合が決まります...続きを読む

Q私は建設業をしております。 会社の置き場で、上からパイプが多数降ってきて事故に遭い、現在車椅子生活を

私は建設業をしております。
会社の置き場で、上からパイプが多数降ってきて事故に遭い、現在車椅子生活を余儀なくされています。
現在、労災の手当てを受けています。
会社の専務が友人なので、今まで会社に慰謝料の請求などをしなかったのですが、私には子供がおり、子供の将来や私の今後の人生などを考えると、不安になり慰謝料の請求などを視野に入れ考えています。
その際もし会社に慰謝料などを請求した場合、友人に負担はかかりますか?
また、慰謝料を請求した場合に会社はどのようになりますか?具体的に教えて下さい。
他のサイトで質問したら、被告になって応訴するでしょうと答えが返ってきました。
そんな当たり前な答えは求めておらず、もっと具体的な答えが欲しいです。
また、慰謝料を払うことになった場合、支払うのは保険会社でしょうか?
会社が負担することになるんでしょうか?
その辺も教えて下さい。

Aベストアンサー

社員として会社に籍を置いている。
 会社はケガを負った現在のあなたを雇用してる事になるんですよね?
 貴方を雇用しておくと国から助成金制度等が、あなたの会社に優遇されている等聞いた事はありませんか?

この身体で仕事への復帰は不可能です。
 雑用でも事務でも他にも役に立てれば良いと考えています。

休業補償もなく会社からの保証は現在、無給。
 無給では不安で当然です。
 
子供の将来や自分の今後の人生を考えると、慰謝料の請求をした方が良いのかと考えがグラつきます。
 本気で子供の将来や自分の今後の人生を考えて下さい。
 会社があなたに譲歩(示談金交渉)したとします。
 良くても数百万の示談で終わる可能性があります。
 友人(専務)の顔は立つでしょうが、あなたは納得できませんよね?

友人(専務)も社員として頑張ってて当たり前なんです。
 「それはそれ」「これはこれ」でなければ子供が可哀想ですよ。
 
 ① 真っ先に弁護士に相談(友人に泣きつかれると厄介です)
 ② 弁護士との話で労働基準の再確認・概算金等の確認
 ③ あなたがある程度、法律や知識を持った上で専務に一報
 ④ 友達(専務)に理解を求めるのではなく子供やあなたの未来のために決定した事項を告げる
 ⑤ 弁護士に正式依頼

友人も大切ですが子供と貴方が苦しんでいるのでは話になりません。

上記を全て理解してくれるのが本当の「親友」と私は思います。

全てを選ぶのは貴方ですが行動しなければ結果は出ません。

弁護士(先生)さんは意外と親切なので相談だけでも、するべきです。
更に選択肢も増えるかも知れません。

頑張って下さい。

お子様に誇れるパパでいて下さい。

社員として会社に籍を置いている。
 会社はケガを負った現在のあなたを雇用してる事になるんですよね?
 貴方を雇用しておくと国から助成金制度等が、あなたの会社に優遇されている等聞いた事はありませんか?

この身体で仕事への復帰は不可能です。
 雑用でも事務でも他にも役に立てれば良いと考えています。

休業補償もなく会社からの保証は現在、無給。
 無給では不安で当然です。
 
子供の将来や自分の今後の人生を考えると、慰謝料の請求をした方が良いのかと考えがグラつきます。
 本気で子供の将来...続きを読む

Q車との接触事故での示談について

10日ほど前に自転車で横断歩道を横断中に左折車に横から追突されました。そして今自転車の修理費の支払いのことで何対何で相手が支払うかという話になっているんですが、僕は10対0で向こうが全額支払うのが当然と思っていたんですが、相手は8対2もしくは9対1と提示してきました。

あちらの言い分としては自転車横断帯を通行していなかったのがその理由です。確かに自転車横断帯を通っていなかったのは確かなんですが通行していたからといって事故が起こらなかったとは考えられなく、むしろ悪化していた状況でもありました。
自分の考えでは示談に対しては事故に直接関わった要因に対して評価するものだと思っているのですがどうなんでしょうか?

事故を起こしたのも初めてで普通こういうものがどのくらいの割合で支払わられるものなのか参考までに教えていただけないでしょうか?
ちなみに相手はタクシーで僕の自転車はロードバイクなので修理費は七万円になりました。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

 8:2が適当かと思います。
まず、道路交通法第63条6項で「自転車の横断の方法」が規定されています。
同法では、「自転車横断帯のある道路ではそこを通らなければならない」となっていますので、何かしらの事故が発生した場合過失を逃れることができません。
そして、法律で規定されているため通常の過失割合より重くせざるを得ません。

a)「自転車横断帯が違法駐車自動車(自転車のぞく)により通行できないために、やむを得ず横断歩道を通行した」ケースでは、他の自動車(自転車のぞく)の運転手には通常よりも更にあらゆるケースを想定して運転する義務が課せられるので、自転車の運転手には課せられません。この時は10:0です。
b)「自動車道を通行中に強風が吹き、自転車が転倒しかけ、後ろから来た自動車に接触した」ケースでは、自転車は本来走るべき車道を通行していて不可抗力により事故が発生した。一方で、自転車の運転手にも安全運転義務がありますので過失割合は9:1となります。

以上、a),b)によれば過失割合を8:2と定めることが適当であると考えます。


人気Q&Aランキング