来年、職業訓練校の測量設計科を受験しようと思っています。

 次の3点を教えていただけますでしょうか。

(1)将来性

(2)業務内容

(3)収入

(4)適性(どんな人に向いている仕事なのか)

 回答次第では、方向を変えようかとも思います。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

測量業に就いて12年たつ者です。


当方東北の都市部に在住していますが現状をそのままお伝えいたします。

(1) 将来性は暗いと思います。不況の中公共事業は真っ先に削減対象となっております、景気が回復しても過去の事例上(談合の廃止などなど)爆発的に発展することはないと思います。特に測量業者は大企業は少なく中小企業がメインの業界です。政治家さんとの絡みもすくないとおもうので・・・大手企業はべつですがね。

(2) 一般的に 現場作業と内業に分かれます。
現場作業は結構肉体労働ですよ。木を伐採したり、機材を持って山を登ったり、もちろん天候にも左右されます。
内業においては 測量したのを元に計算を致します。ほぼ100%PCでの作業になります。特殊なプログラムを使うので専門的な知識を必要とします。

(3) 収入は作業内容が特殊(経験と多くの知識を必要とする)な割りには安いです。測量と一緒に設計業務をすることが多いのですがそれでも安いです。工場勤務の7割くらいしかもらえません。(これは当方の地区の話です)

(4) 基本的には数学が基本の仕事です。
  後これが重要です、公共事業をメインに仕事をするので公務員がお客様です、プライドが高い方だと少し抵抗があるかもです。


ざっと書きましたが まとめると 公共事業がバンバン出ればちょっとは明るい業種ですが 現状ではかなり厳しい業界ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 丁寧な回答をありがとう御座いました。

>公共事業がバンバン出れば

 これからは緊縮財政で民営化の時代ですからね、やはり、厳しいのでしょうね。

お礼日時:2009/05/28 18:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q男性30代後半未経験から測量士へ転職

私のプロフィールですが、
・現在 32歳 男性 零細 試作部品・金型会社の営業(といっても入社半年なので雑用が大半)
・所持資格は簿記2級、販売士2級。 宅建を勉強中で、測量士補は持っていません。
・出身は3流文系大学で、卒業後上場系小売業で働いていましたが退社。
その後数年にわたって資格を勉強するという名目で結局フリーターというダメな人生を送ってきました。

フリーター生活を経て、このままではいけないと奮起し現在の会社に就職したものの、
・給与面の低さ(昇給、賞与はもちろんありません。)
・自分の営業職への適正の無さ
・会社の将来性の無さ(財務・設備・市場環境など総合的に見て10年以内には廃業となる可能性が極めて濃厚)

という点から転職を考えており、
・一生続けられそうな専門性を身に着けられる仕事
・努力次第でステップアップしていけそうな仕事

を探していて、測量という仕事に興味を持ちました。
(最終的には土地家屋調査士を目指したいです。)

難関国家資格である土地家屋調査士になれても今は必ずしも安定を得られるわけではない、
測量士(補)に関しては給料も安く、体力的に厳しい部分もある仕事である事。
公共事業の減少とともに仕事も減り、報酬単価が下がってきている事
などネガティブな話も存じてはおりますが

特にお聞きしたいのは

(1)30代後半から未経験で測量関連会社への転職は可能でしょうか?
(測量士補だけでは相当苦しいが、測量士まであれば可能性はあがる。など具体的にお聞かせ頂けたら幸いです。)

(2)(1)の質問と合わせてなのですが、未経験というハンデを乗り越える為、測量実習のある専門学校に30代という年齢で通う事に意味(メリット)はあるかと思われますか?
(測量士補試験の難度は決して高くはないと思うのですが、自分なりに調べた所、今日のGPSなどもちいた専門機械の利用も多いとの事で、そういったところで学ばないと、この年で未経験では相手にされない(実務で使い物にならない)のではないか。などとも考えました。)

以下自分なりに考えた今後の計画パターンですが、測量業界を目指すアプローチとしてお勧めなどはありますか?

A、来年4月から専門学校(1年過程)に通い測量士補を取得 → 就職活動(その後実務経験を経て測量士取得)
B、今の会社で働きながら来年5月の測量士補試験に合格 → 就職活動(その後実務経験を経て測量士取得。)
C、今の会社で働きながら来年5月の測量士補試験に合格 → 再来年4月入学の専門学校(1年過程)で測量士取得 → 就職活動



長くなってしまい申し訳ないのですが、業界にお詳しい方何卒アドバイスをお願い致します。

私のプロフィールですが、
・現在 32歳 男性 零細 試作部品・金型会社の営業(といっても入社半年なので雑用が大半)
・所持資格は簿記2級、販売士2級。 宅建を勉強中で、測量士補は持っていません。
・出身は3流文系大学で、卒業後上場系小売業で働いていましたが退社。
その後数年にわたって資格を勉強するという名目で結局フリーターというダメな人生を送ってきました。

フリーター生活を経て、このままではいけないと奮起し現在の会社に就職したものの、
・給与面の低さ(昇給、賞与はもちろんありま...続きを読む

Aベストアンサー

失礼ながら、お書きの記載内容から拝察すると、実現可能性が低いと思われます。

>(1)30代後半から未経験で測量関連会社への転職は可能でしょうか?
測量会社や建設会社(個人事務所も多数)に測量業務で採用される場合、
一般的に実務経験がないうちは、資格の有無や、年齢に係らず「測量補助」として
採用されます。

これは、下積みと雑用(≒補助業務)がメインであって、
実務を懇切丁寧に教える時間・金銭的余裕のある測量会社・測量事務所は、ほぼ皆無でしょう。

そして、この「測量補助」は、いわば体力勝負の仕事になるので、
年齢が若いほど良いともいえる職種です。
したがって、転職の際には、高専や専門学校で測量士補の資格を取得した方や、
その他の学生の方などの年齢が若い方が主な競合者です。
もちろん、若くなくても土木・建築関係等の実務経験があれば、
採用の見込みはありますが、厳しいのが現状でしょう。

また、「測量士/測量士補」の資格についてはどちらを持っていたからといって、
実務未経験者では、採用後いきなり業務を任せられることはまずありません。
他の士業と同様で、資格で勉強した内容と、実務は異なることが多く、
測量する点の判断ができないこと、作業を迅速に行えないこと、
また、ミスを見逃さずにその場で訂正すること(他の従業員に即時伝える)等が
できるかどうかが、極めて重要です。
よって、有資格者でも「測量補助」からのスタートとなるでしょう。

>(2)(1)の質問と合わせてなのですが、未経験というハンデを乗り越える為、測量実習のある専門学校に30代という年齢で通う事に意味(メリット)はあるかと思われますか?

測量士になるための手段としては、有効でしょう。
ご存知とは思いますが、測量士補の資格は、試験合格者の場合、
実務経験をいくら積んでも「測量士補から測量士」になることができません。
実務経験で測量士になれるのは、学校を出て測量士補を取得した者のみだからです。

しかし測量士の資格については、公共測量の計画をする場合に必要なだけであり、
そもそも公共測量をしていない事業所では必須ではありません。
また、公共測量をしていても事業所全体で1人いれば足りるので、
資格を持っていること自体はさほど重要ではなく、実務経験が重視されるでしょう。
測量士でなくとも、実務経験豊富な測量士補の方々が多数おられます。

>A、B、C
まず、Bは、制度上不可能です。なぜなら(2)で述べた通りだからです。
残りのA、Cは、いずれも実務未経験の測量士補又は測量士で就職活動するのですから、
(1)で挙げた「測量補助」で採用されるかどうか、厳しいところです。
雇用形態についてはアルバイトが多く、また正社員の求人があったとしても
月給は税・社保控除前で約16万円くらいでも普通ですが、その点は大丈夫でしょうか。

最低限生活ができるだけの初任給が得られそうな順序としては、

i)今の会社で働きながら来年5月の測量士補試験に合格 → 今の会社で働きながら土地家屋調査士試験に合格 → 就職活動 → 就職 → (その後かなり余裕があれば測量士試験に合格)

ii)今の会社で働きながらアルバイトで測量補助(副業) → 実務を経験して適性を見極める(今の会社に残る or 測量業界に進む)
→ 来年5月の測量士補試験に合格 → 今の会社で働きながら「測量士補」で求人を探して就職活動 → 就職 → 測量で働きながら土地家屋調査士試験に合格

iii)どうしても測量士になりたいのなら
来年4月入学の専門学校(2年過程)で測量士取得 → 就職活動 →
※ 専門学校に行くこと自体は、演習等により、試験だけよりは実務に近いことが身に付くので良いとは思います。しかし、年齢面を考えると、卒業後の就職活動において路頭に迷う可能性もあるため、お勧めはできないところです。

また、質問文の中に
>・自分の営業職への適正の無さ
とあることから、土地家屋調査士を取得したとしても、
会社勤め以外は厳しいとも思われます。

失礼ながら、お書きの記載内容から拝察すると、実現可能性が低いと思われます。

>(1)30代後半から未経験で測量関連会社への転職は可能でしょうか?
測量会社や建設会社(個人事務所も多数)に測量業務で採用される場合、
一般的に実務経験がないうちは、資格の有無や、年齢に係らず「測量補助」として
採用されます。

これは、下積みと雑用(≒補助業務)がメインであって、
実務を懇切丁寧に教える時間・金銭的余裕のある測量会社・測量事務所は、ほぼ皆無でしょう。

そして、この「測量補助」は、いわば体...続きを読む

Q主人が測量してますが手取り17万で苦しいです。

北九州の小さな会社なので仕方が無いのかも知れませんが
毎月生活が苦しくて遣り繰りに限界がきています。
子供二人の4人家族で子供もよく食べるようになってきました。
現在県営住宅で家賃が2万で助かっていますが苦しいです。
ボーナスも期待できません。
私もアルバイトしていますが子供が小さいので月に4~5万です。
土地家屋のお仕事されている方、こんなにお給料少ないですか?
将来が不安です。
主人は勤務年数10年たちます・・・。

Aベストアンサー

 その測量会社は官(お役所が発注元)の仕事が多いのか民(民間企業が発注元)の仕事が多いのか、にもよりますが、測量も含めた建設系会社はどこも経営が苦しいと思います。小さな測量会社で下請け仕事が多ければ、いっそう会社経営状態が苦しくて社員の給料を上げるとかボーナスを弾む状況ではないでしょう。勤務年数10年(30代半ばの年齢でしょうか)で手取り17万円は確かに少なすぎる感じはしますが、この業界では特需でもないかぎりこの先明るい見通しも期待できません。社会における測量の仕事は無くならないでしょうが、同業他社と我慢比べになるかもね。「将来が不安です」には同感です。

経営コンサルタント

Q測量の仕事をしている方、教えてください

知人が測量士補の資格を持って、測量会社に勤めていますが、最近ストレスがたまって、「辞めたい」とよくこぼします。
職場の人間関係も要因の一つではありますが、それに加えて、測量の実務がかなりきつい、と言います。
知人の会社は下請けの作業が多く、休みも少ない上、下水道や住宅の間などかなりきつい環境で働いている為心身共に疲労している感じがします。
もともとは数学的な作業が得意で、そこの会社でアルバイトをしてそれなりに仕事もできたことから、測量の会社に就職したそうですが、2年たった今、現場では通行人から不審な目で見られたり(住宅間の測量をしたりするので)、道路を測量する時に車から怒鳴られたりと、迷惑がられることもあるとかで、結構嫌な気持ちになるそうです。
私は、全く畑違いの仕事をしている為、その辛さも想像するしかなく、励まし方がわかりません。そこで、実際に働いている方にお聞きしたいのですが、
1.測量の仕事に面白さってありますか(特に現場)
2.逆に、辛いことって何ですか。どう乗り越えていますか。
3.どんな将来像をもって働いていますか?
  例えば、測量士の資格をとるなどして、もう少し楽な仕事ができるようになるという可能性はありますか?(会社を変えるということを含め)
4.蚊の多い現場に出るとき、虫除けのよい方法はありますか
 (急に現場が決まることが多いため、なかなか前もってスプレーする暇もないらしいのです)
 すみません、これはカテゴリーが違うかもしれませんが、同じような現場で働いている方にぜひ聞きたくて・・・

以上、長文ですみませんが回答頂けたら嬉しいです。

知人が測量士補の資格を持って、測量会社に勤めていますが、最近ストレスがたまって、「辞めたい」とよくこぼします。
職場の人間関係も要因の一つではありますが、それに加えて、測量の実務がかなりきつい、と言います。
知人の会社は下請けの作業が多く、休みも少ない上、下水道や住宅の間などかなりきつい環境で働いている為心身共に疲労している感じがします。
もともとは数学的な作業が得意で、そこの会社でアルバイトをしてそれなりに仕事もできたことから、測量の会社に就職したそうですが、2年たった今...続きを読む

Aベストアンサー

私は土地家屋調査士という資格を持っています。
測量士補をお持ちなら、土地家屋調査士の資格をとることをお勧めします。
資格の内容などは検索してください。
測量士補を持っていると試験が一部免除になります。だいたい1年半ほど頑張って勉強すれば合格します。必ず合格します。
合格後は独立して仕事ができますし、今測量会社に勤めておられるのならそちらから仕事を回してもらえますしかなり有利です。
年収も確定申告ベースで1千万くらいは数年で到達します。
測量会社に比べて外での活動も少ないですし、測量の技術も測量士の方からみれば余裕です。
ご質問の回答とはすこしずれたかもしれませんが、もし測量会社で一生働く気がないようなら紹介してあげてください。

Q測量・設計会社 給料

各会社で給与条件が違いますが、一般的なご意見をお聞かせください。

会社規模
 社員数  14人
  社長   1(創業者)
  営業   2(天下り1)
  技術員  10人(内2人創業者一族)
  事務員  1人
 業種   土木の測量・設計事務所(株式)
       官庁 県・市・町等の発注の土木業務の元請け(一部下請けもあり)
       民間 開発・建設業の施工管理の一部(起工測量・丁張り・出来形・見積)

質問者
 勤続   27年(47歳)
 役職   課長補佐(2年前に昇進)
 給与
  年俸  400~450万円(ボーナスにより変動)
  月額  32万円(固定給・諸手当含む・残業代全カット)
  手取り 25万円
 資格   測量士補・RCCM(道路)・2級土木施工管理・河川点検士
 担当業務 官庁 道路(林道・農道含む)・河川・水路・GIS関連
      民間 開発・建設業の施工管理の一部(起工測量・丁張り・出来形・見積)
      上記における測量から設計、積算、報告書作成まで    
 家族構成 質問者・家内(扶養)・子供3人(高1・中3・小4)の5人
 居住   地方在住 公営団地(4万2千円/月)

担当業務の年間売上  1000万円~1600万円
           測量時は2~3人(質問者含む)で作業
           設計時は概ね1人(質問者)で作業、一部の業務は上司とコンビ(開発)


私の年収は一般的に妥当でしょうか。

各会社で給与条件が違いますが、一般的なご意見をお聞かせください。

会社規模
 社員数  14人
  社長   1(創業者)
  営業   2(天下り1)
  技術員  10人(内2人創業者一族)
  事務員  1人
 業種   土木の測量・設計事務所(株式)
       官庁 県・市・町等の発注の土木業務の元請け(一部下請けもあり)
       民間 開発・建設業の施工管理の一部(起工測量・丁張り・出来形・見積)

質問者
 勤続   27年(47歳)
 役職   課長補佐(2年前...続きを読む

Aベストアンサー

社員の給料を決めるのは会社の業績です。
売上高、粗利、経費(特に人件費)、経常利益、固定資産と借入金のバランス等々。

特に「粗利÷人員=1人当たりの粗利」の7割くらいが平均人件費の上限値ですから、粗利を増やさないと今以上の給料がもらえないということです。

また利益が出ていても借金返済が多いと、資金繰りが苦しくて給料アップまで手が回りません。

Q43歳今から取って役立つ資格と就ける仕事はありますか

20年働いた郵便局を退職することは考えています。民営化に向けた急速な機械化、多様化、銀行化に、頭が付いていけなくなってきたからです。(いままで、郵便局は運送屋お兼ねた低レベルな銀行)
人付き合いも下手で、職場で浮いた存在になっています。

今まで、転職など、考えても見ませんでしたが、2年前に転勤した職場の上司、がどうしても合いません。

40過ぎてても、こんな資格で、こんなことが出来る、そんな仕事はありますか?どなたかアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

失礼ながらこの文面とそのご様子では
職に就ける見通しは薄いと思えます

社会ではあなたが今ついて行けない機械操作よりも
もっと高度なことをその年齢では求められます

質問者様のご年齢からして転職時に求められる素養として
管理職スキルがつきまとうと思えるのですが

私が面接を担当したとして
配属先でレポートの作成指導すら任せられるかどうか
この文面からして期待できません

更にコミュニケーションスキルもないときては
担当部署の職員管理など不可能かと思います

新たに何かを学び職を安定させたいと仰るなら
それは1にも2にもヒューマンコミュニケーション力かと思います
その次に危機管理の能力・学術的素養を学び
プロジェクト運営達成について学べば
転職の可能性が出てくるかと思いますが…

丁度コミュニケーションが成り立っていない方がおられるご様子
ポジティブシンキングでこれを好機とし
その方は天が差し回した学習教材だと思って
その方や他の皆さんと折り合いをうまくつけて
指導的立場に立てるよう自らを昇華させるトレーニングとしては如何でしょうか?
まさに今社会で求められる姿勢はポジティブさですからね

居心地が悪い環境こそ自らを高めるチャンスなのですよ
考えがお甘いように感じてしまうのはなぜでしょうか?

失礼ながらこの文面とそのご様子では
職に就ける見通しは薄いと思えます

社会ではあなたが今ついて行けない機械操作よりも
もっと高度なことをその年齢では求められます

質問者様のご年齢からして転職時に求められる素養として
管理職スキルがつきまとうと思えるのですが

私が面接を担当したとして
配属先でレポートの作成指導すら任せられるかどうか
この文面からして期待できません

更にコミュニケーションスキルもないときては
担当部署の職員管理など不可能かと思います

新たに何かを学...続きを読む

Q30代前半から測量士(補)にチャレンジしたいのですが・・

私は現在、小企業に勤めるサラリーマンですが、今の会社ではこれからの事を考えると厳しい感じがしています。

これから10年、20年先を考えて専門的な資格を取り、転職をしたい考えています。

兼ねてから興味があった測量士になりたいのですが、まず測量士(補)の資格をとり2年の実務経験を経たいと考えているのですが、現在30歳という事もあり、年齢的な面で不安があります。

30才を過ぎたので、測量士(補)資格を取ってからの就職はやはり、厳しいものがあるのでしょうか?

業界に詳しい方いましたらどうか教えていただけないでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

測量士です。
測量士補を経て2年実務で測量士って指定の学校(1年制もあり)へ
行く必要があったはず(今は違うのかな?)ですが、その辺は大丈夫ですか?

転職の際、30歳ということが壁になることは多いと思います。
これは他の企業でも同じですが、測量の場合、体力的なものも気になるところです。
実務経験で2年。現場を任されるようになるまで3~5年。
合計5~7年。(いきなり現場を任せるところもありますが)
30代後半になっていると思います。
ここからが企業として、利益を出しやすい人材(それまでは教育期間)と考えるので、
管理職になるのが45歳とみると10年程度しか旨みがありません。
50歳を過ぎても山に登る体力があれば別ですが・・・。
公共事業も随分減ってますし、昔のような高所得も望めません。
大手は新卒をとる傾向が強いので安定した会社も難しいです。
ある程度覚悟があって検討しているのであれば、同業者として歓迎したいところなんですけどね。
補足やお礼欄で質問等あればまたお答えします。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報