今年1月、A病院で舅の肺癌が判明しました。

しかし、10年程前からずっとかかっていたB医院では毎年レントゲンを含む老人健康診断を受けており、なおかつ毎月2回は通院して鉄剤や便秘薬などの薬の処方を受けていました。
その何年もの間、一度も癌の疑いがあるとの告知はされませんでした。
 
転居に伴い別の病院にかかることとなり、前出のA病院でCTなどをとって頂いてわかったのです。

転居前に、B医院に「新しい病院にかかる際にすぐ話が通るように、今までの舅の診察や身体の状態を書いて頂けますか」とお願いをしました。
その時はじめて、「転居?じゃあ、あちらの病院でCTをとってもらったほうが良い」と言われたので、なぜ?と不審に思いました。

A病院からご紹介頂いて受診したC大学病院での検査の結果、癌が骨にまで浸潤していて、かなり進んだ状態だということがわかり、どうして!?とショックと強い憤りを感じました。

その診察の際、いつから病変が始まったのかを調べるために、最低でも5~6年前からの過去の検査データをB医院からもらってくるように・・と言われ、B医院にお願いしたところ、即答かと思いきや、すぐにお返事がもらえず、嫌々、シブシブ貸し出してくれましたが、なんとH19年からのレントゲン写真しか渡さず、大学病院でも、もっと前の写真が見たかったのだが・・と言われてしまいました。

その写真をみたC大学病院・A病院の先生方はH19年の時点ですでに肺癌の所見があるとおっしゃいました。愕然としました。

なぜ、もっと前に教えて頂けなかったのか・・
なにかあると家族ぐるみで受診していたのに・・信頼していただけに、裏切られた気持ちでいっぱいです。残念でなりません。

このようなとき、B医院の医師を訴えることはできますか?

舅は80才を超えていて軽い認知症があるため、検査も手術も難しいと判断し、あえて伝えなかったのでは・・と、A病院の医師がおっしゃいましたが、病気がわかったその時点で、家族には伝えるべきだと思うのです。当然、聞く権利がありますよね

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

医療ミスの裁判と言うのは様々な点で難しいのですが、ご質問のような事情であれば「医療裁判について経験豊富な弁護士」に依頼して法的措置を取れば、B医院の意志に法的責任を取らせるのは可能と思われます。



ただ「医療裁判について経験豊富な弁護士」を探すのが簡単ではないですし、100万円単位で弁護士報酬を支払うことは覚悟して下さい。

「知り合いの知り合いの知り合いの弁護士」で良いので、伝手を辿って弁護士の紹介を受けてください。その弁護士に依頼することは「『医療裁判について経験豊富な弁護士』を紹介してもらうこと」です。

もちろん、相談した弁護士が受任してくれるのであれば良いですが、簡単には受任しないと思われます。医療裁判と言うのはそのくらい難しい裁判になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂きまして、とても参考になりました。

よく検討いたします。

ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 18:59

難しいですよね



無能は罪かどうか・・・素人でも気づくだろうにプロが気づかなかったとき罪なのかどうか

うちの父も、もしまともな医者に診断してもらってガンが発見できていれば、死ぬことはありませんでした。ただ見つけられる確率は50%程度だったでそうです。でも、ミスはミスです。訴えたいところでしたが、うちの母はそういう気持ちにはならない人で、特に訴えませんでした。

何が言いたいかというと、そのB医院の医者は本当に気づかなかったのではないでしょうか。カルテを公開させればはっきりわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答頂き、ありがとうございました。
お父様を亡くされておられるのですね・・ご愁傷様です。

腹立ちをどう処理したらいいのか、やりきれない感情がどうしてもぬぐえなくて・・。
例え、賠償金を頂いてもこのような感情は決してきえないと思いますし、争って病気がなくなる訳じゃありませんもんね。
本当に難しい問題です。

お時間を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/26 19:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング