教えていただきたい事があります。
現在、住宅の新築を検討しているのですが、地盤があまりよくありません。工務店との話合いで松杭実施をしたいと申したところ、この秋から瑕疵担保保険の関係で、松杭とした場合、設計根拠が必要と言われました。近隣には、そのような設計および保障が出来る所を知らないとのことでした。地元の小さな工務店のため、あまり無理も言えません。もし、ご存じであれば相談に乗っていただけるところをご紹介いただけないでしょうか。それとも松杭を諦めて、鋼管杭とするべきでしょうか? よろしくお願いします。

建設予定 新潟県
敷地面積 120坪 建坪40坪程度 木造軸組工法2階建て べた基礎
元水田、盛土 約1m(盛土から約15年程度経過)
地盤調査 表面波探査方式(建物建築予定部分 5点の探査)
地質第1層目 0~約1m    13~39kN/m2 盛土
地質第2層目 約1m~約2m 22~53kN/m2 シルト・粘土
地質第3層目 約2m~約4m 20~60kN/m2 シルト・粘土
地質第4層目 約4m~     33~ kN/m2 シルト・粘土

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

以前は松杭で済んだみたいですが 今は聞いたことありません 以前私の家がそうでしたが気休め程度だったと思いますよ


鋼管グイ地盤改良材で撹拌するのが安心して新築できるのではないですか
せっかくの豪邸が地震で傾いたりしたら 最悪ですよ 今考えられる最良の工事をして 補償を付けておくのが良いのでは
我が家も2年前 地盤改良しました
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。
地盤が、各測定点で均一でないため、杭施工と考えていました。
また、杭は”松”との思い込みもありましての質問内容となっていました。
もう少し広い視野での考えも検討してみます。実際、経験の方のようですのでとても参考になりました。

お礼日時:2009/05/26 22:20

 松杭は基本的に含水地盤でなければ効果がありません。

これは、松材が土中の水分を吸収・膨張することで周囲の地盤に対する摩擦抵抗が大きくなることで荷重を支えるからです。
 もともとは水田とのことですが、それだと元の田面より下層は不等水層となっている可能性が高いです(そうでなければ水田に水を溜めることが出来ないため)。粘性質系の地盤であることを示すデータが出ているのもそのためでしょう。
 いずれにしても、地下水位などのもう少し詳細な地質データが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この相談箱に初めて、書込みました。こんなに早くに書き込んでいただきありがとうございます。
おしゃる通り、ボーリングデータを実際とっていないため、地下水位については、はっきりしたことは言えませんが、購入した土地の近く(でも200m位離れています)に井戸があり、そこを観察すると地表より1~1.5mくらいでほぼ安定しています。また、購入土地の接する2方向には、用水路が通っているため大きくは違わないと考えています。
実際、施工段階前でのボーリング調査等を実施して水位は確認しようと考えていました。(松杭施工の場合)
長文になりましたが、ご意見ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/26 22:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q松の盆栽を庭に植え替え

こんにちは
ちょっと教えてください。
松の盆栽を庭に植え替えしたら、どのようになるのでしょうか?
数年~数十年経過してる場合、それほど大きくはなれないのでしょうか?
また、自宅は北東北のため冬は雪に覆われますが、何年もの間、軒下などで育てられてきた松の場合、大きな環境変化には耐えられるのでしょうか?
私のところには盆栽はありませんが、不要な盆栽を譲り受けた場合、庭でそこそこの大きさで盆栽風の姿で育ってくれれば見栄えが良いかなぁと感じております。

Aベストアンサー

環境の変化はすぐに対応して元気になるでしょうが、そのままの姿で全体に大きくなることは有りません。
根を張ることが出来なかった盆栽が、十分に根を広げることが出来るように成るので一気に新しい枝を伸ばそうとします。
よほどこまめに手入れをして新芽の伸びを短くしないと、元の姿は一気にバランスを無くし上の方ばかり大きく育ってしまいます。

普通の植木に育てるつもりで有れば元の枝は短いままに残り、新たな枝はすぐに大きくなりますが、盆栽のままの姿を保つには相当の努力が必要になります。
いずれにしても、松の木の剪定は大変難しく大変です。
梅などと違い、松の場合は古い幹からは新たな新芽を出すことは有りませんので、一旦枝間を伸ばしてしまうとバランスを崩してしまい修正出来なく成ってしまいます。

Q中古物置を激安値で探しています。サイズは、高さ約2m、幅約2m、奥行約

中古物置を激安値で探しています。サイズは、高さ約2m、幅約2m、奥行約70~75cmです。
また、送料無料が助かります。良い購入先等情報提供を宜しくお願いします。

Aベストアンサー

やふおくでも探してみたら。
後は、地元のリサイクルセンターのようなところに問い合わせる。
ネット通販くらいですかね。

Q松の盆栽

よく地松のある家は、繁栄すると言われます。私は、植木に全く知識が無く、自宅の下もコンクリートですので盆栽を置く事を検討していますが、盆栽の手入れはかなり手間が掛かるのでしょうか?

Aベストアンサー

盆栽は手入れのコツを掴むまでは大変ですが、一鉢だけならなんとか勉強しながらでもできると思います。何も展覧会に出すわけではないので、厳しいものではありません。ただ、植物ですから、その一鉢を丁寧に育てようと思われるなら、やってみてはどうでしょうか?

ただ、コンクリートの上は可哀想です。せめて、木の縁台を買って、その上で育てて下さい。

以下、盆栽についてです。決まりごとも多いですが、丁寧に、でも恐れず・・・

初心者
http://www.bonsai.co.jp/bonsai_new/contents/alacarte/school/
松の盆栽
http://www.kinashi-bonsai.com/konishi/shindan/oteire12.html
お気楽に盆栽
http://mini-bonsai.com/

Q家の裏が高さ5m幅20mで角度が約30度ぐらいの斜面地があります。土地

家の裏が高さ5m幅20mで角度が約30度ぐらいの斜面地があります。土地を有効活用したいので土盛をしたいんですが擁壁等はお金がかかるので、赤土を盛ってユンボ等で面押しや転圧して崩れなくする事は可能でしょうか?その盛土部分には建物は建てないですが軽自動車は駐車したいです。危険ですか?

Aベストアンサー

盛土の基準がありまして、現状の高さ5m以下で、幅20m以下、通し勾配30度以下が、基準ぎりぎりです。もちろん、具体的に地質等、調査しないとなんとも言えません。

現状より、勾配を増して、水平面を確保するには、それなりのよう壁を作らないとだめですね。

無理やり、安全を無視して作ると、現状復帰させられる場合もあります。

造成工事は、許可が必要と思われます。


http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/shinsei/img/koujikyokagijutsukijun-1.pdf#search='技術基準 盛土'

地盤対策の項を参照し,適切な対策を施工するものとします。
- 44 -
3) 勾配が15°程度(1:4程度)以上の傾斜地盤上に盛土を行う場合は,表土を充分に
除去するとともに,段切りを行い,その段切り表面には排水勾配を付けるものと
します。(令第4条第4項)
4) 谷地形等で地下水位が高い傾斜地盤上での盛土では, 傾斜地盤の勾配にかかわ
らず段切りを行うことを原則とします。(令第4条第4項)
5) 盛土材料として切土材又は土取場の土を流用する場合は,腐植土及びスレーキ
ングを生じやすい土,高含水比の粘性土等を避けるとともに,沈下又は崩壊が生
じないよう締固めその他の措置を講じるものとします。(令第4条第3項)
6) 1回の敷均し厚(まき出し厚)を適切に設定するとともに,締固めにあたっては入
念な締固めを行います。特に切り盛りの接合部では地盤支持力の不連続がないよう
留意します。(令第4条第3項)
4. 盛土内排水層
雨水等が盛土材に浸透し,その排水が不十分な場合は,含水比過多となり, 安息角
が低下し,盛土の崩壊を招くおそれがあります。
したがって,高盛土にあって,下記の(1)~(3)に掲げる条件下に該当する場合は,
盛土内に水平排水層,集水暗渠排水施設あるいは埋設ふとん籠堰堤等を考慮し, 浸透
水及び地下水を速やかに排除し,盛土の安定化を図るよう努めてください。
(1) 地下水が高く,水位上昇による崩壊の危険性が高い場合
(2) 谷筋等の傾斜地において行う場合
(3) 地山からの湧水が多い場合
5. 長大盛土のり面の断面形状
長大盛土のり面の一例を図.3-2に示します。
図.3-2. 湧水のない地山に腹付け盛土をした長大盛土のり面の施工例
防災小段(小堰堤) 排水勾配
宅盤高
小段(1.5m以上)
3.5m θ≦30°
最上端からの5.0m のり面保護工幅広小段(3m以上)
垂直のり高θ≦30°
H>15m
5.0m のり勾配1:1.8以下小段排水
小段θ≦30° 旧地盤線
b≧50cm
5.0m
θ≦30° 地盤a≧100cm 段切り排水勾配:2~5% 1:4程度
基礎地盤段切り区間摺付け区

参考URL:http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/shinsei/img/koujikyokagijutsukijun-1.pdf#search='技術基準 盛土'

盛土の基準がありまして、現状の高さ5m以下で、幅20m以下、通し勾配30度以下が、基準ぎりぎりです。もちろん、具体的に地質等、調査しないとなんとも言えません。

現状より、勾配を増して、水平面を確保するには、それなりのよう壁を作らないとだめですね。

無理やり、安全を無視して作ると、現状復帰させられる場合もあります。

造成工事は、許可が必要と思われます。


http://www.city.kobe.lg.jp/life/support/shinsei/img/koujikyokagijutsukijun-1.pdf#search='技術基準 盛土'

地盤...続きを読む

Q盆栽(松)の件

盆栽(ゴヨウ松)の植え替え時期と方法を教えて下さい。

Aベストアンサー

下記サイトに載っていますのでご参照下さい。

参考URL:http://www.dr-bonsai.co.jp/bonsai_files/bfiles/goyomatu.htm, http://www.geocities.co.jp/SweetHome-Brown/2473/D7_3.htm

Q軟弱地盤の地盤改良について、おしえて下さい。

 姉が家を建てることになり、先日ボーリング調査をしました。母名義の土地で、ずっと田んぼだったところですので、地盤が悪くてもそこに建てるしかないと思います。この条件に適した地盤改良の方法について知りたいので、よろしくお願いします。

敷地面積100坪 建て坪40坪 一階面積20坪 木造2階建て ベタ基礎 
元水田 昨年8月盛土(約80cm 周囲よう壁なし)
今年夏頃 着工予定
地下14mまで粘土質シルト(N値6以下)
地下14mから泥岩(N値35)

Aベストアンサー

 支持地盤までが深いので、それだけをみれば杭基礎でしょう。ただ、それだとかなりの高額となります。

 それ以外の方法としては、置換えまたは浅層混合処理があります。これらの工法は、本来支持地盤まで施工するのですが、本件のようなケースの場合だと、改良範囲を大きく取って荷重分散を図り、建物等と改良地盤の自重と在来地盤が持つ反力が釣り合う深さまでを改良するという方法があります。
 ただし、この場合は改良範囲が大きくなるため、建物の周りに十分な余裕がないと、他の敷地を侵して施工しなければならなくなります。

 他の工法としては、少々古い物ですが、松杭を打設する物があります。これは、松が腐食しにくく、水分を含むと膨張しるという性質を利用し、土中水分の多い地盤に打ち込むことで、摩擦を大きくして沈下しにくくするという物です(摩擦杭といいます)。昔の丸ビルがこの工法で建てられていて、現在の物に立て替えるとき掘り出した松杭は全く腐っていなかったそうです。
 コンクリート杭や鋼管杭でも摩擦杭は出来ますが、支持地盤までが14mではそこまで打ち込んだ方が確実でしょう。松と違って、これらの杭材は摩擦係数が小さいので、もっと深くないと効果が出ません。

 いずれにせよ、設計施工を行うハウスメーカー(又は工務店)とよく相談することでしょう。軟弱地盤での施工実績が多いところなら、信頼性も高いと思います。いくつかの工法について、概算の見積りと施工上の注意点などをまとめてもらって(比較検討書といいます)、それで検討すると良いかと思います。検討書の作成にお金と時間がかかる、といわれたらそれも仕方ないでしょう。検討段階をおろそかにすると、後で取り返しの付かないことになりかねません。

 支持地盤までが深いので、それだけをみれば杭基礎でしょう。ただ、それだとかなりの高額となります。

 それ以外の方法としては、置換えまたは浅層混合処理があります。これらの工法は、本来支持地盤まで施工するのですが、本件のようなケースの場合だと、改良範囲を大きく取って荷重分散を図り、建物等と改良地盤の自重と在来地盤が持つ反力が釣り合う深さまでを改良するという方法があります。
 ただし、この場合は改良範囲が大きくなるため、建物の周りに十分な余裕がないと、他の敷地を侵して施工しな...続きを読む

Q松の盆栽について

祖父が生前育てていた松の盆栽を譲り受けたのですが、肥料などは何をどのくらいあげればよいのでしょうか?
木の高さは40センチくらい、鉢は直径25センチ、深さ10センチくらいで、ミズゴケが鉢の表面を半分ほど覆っています。
水は1日置きにあげています。

盆栽の手入れについて詳しくのっているサイトをご存知でしたらそちらもお願いします。
盆栽の販売のサイトはたくさんあったのですが、手入れについてはあまり詳しく載っているものが見つかりませんでしたので。

Aベストアンサー

 一般的に昔から固形の発酵油粕を使用しています。 さらにそれ専用の網篭もありますね。(固形を隠す為)
 盆栽はデリケートな生き物です。 肥料よりは「水やり」と「定期的な植え替え」の方が大事です。 こちらを先にお勉強してからでも遅くはありません。 
 どうも初心者のかたは肥料を与えることに執着しすぎます。 肥料を与えれば元気になりさらに成長すると思ったら大間違いです。 書店にて盆栽の本をご購入になることをお勧めします。

Q土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

土地60坪、延床40坪(総2階)の場合、庭はどの程度できますか?

このたび、60坪の土地を購入し、建坪40坪程度の家を建てることにしました。
土地は、ほぼ長方形で2面が道路に接しています。
建物も、長方形(総2階)になる予定です。

その場合、庭はどの程度の広さになるのでしょうか?

具体的には、

車1台(ポート付)
自転車4台(ポート付)
洗濯干し
ガーデニングスペース

を設置したうえで、犬が遊ぶスペースが確保できるのかが気になっています。

実体験等、お聞かせください。

Aベストアンサー

最初に総2階で延床40坪と書いているので、建坪20坪で計算しますね。

60坪の土地に建坪20坪、この時点で残り40坪

家は、境界線にぴったりはできないので、3面は隣地から30cmほどスペースを空けるとして約3坪で残り37坪

車1台分のスペースで約7坪、あと30坪
自転車4台分で約2坪、あと28坪
洗濯干しで1坪、あと27坪
ガーデニングで駐車スペース分くらいとっても、残り20坪

元々の建坪くらいはガーデニングを除く庭として残せます。

Q盆栽の松が黄色くなってきました。

盆栽の松が黄色くなってきました。
活性剤を水で薄めてやってますが変わりません。
固形肥料がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

松の古い葉は枯れます この程度なら問題は無さそうに見えます

Qm2から坪への計算方法

質問します。

m2から坪への計算をする場合、m2÷3.3124だと思っていましたが違うんですか?
色々調べると0.3025と出てくるんですが、実際はどちらが正しいのでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

3.3124 は 18.2 の2乗でしょうか。
もう少し厳密に計算すると、No.2、No.3さんの通り3.305785...となります。

つまり、
(平米)=(坪)× 3.305785...
(坪)=(平米)÷ 3.305785...
で良いです。

ただ、割り算は計算が面倒になりやすいのと、
3600/1089 は割り切れずに誤差が出てしまうので、より簡単かつ正確に計算できるよう、
(坪)=(平米)÷ 3.305785... =(平米)× 0.3025
と逆数の掛け算にするのが一般的なようです。
数値が似ているので少し紛らわしいですね。

かなり大雑把で良いのなら、質問者様のやり方でも間違いではありません。
ただ、3.31 より下のケタはすでに意味がなくなっているので、そこは切り捨てた方が良いとは思いますが。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報