条件
(1)大学入試に良く使われる題材で、物語的な内容です。
(2)また、明治時代によく英語学習者が読んでいた本です。例えば、ベンジャミン・フランクリンの自叙伝の類です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

英語学習の副読本で英和対訳のものは以前はたくさん出版されていたのですが、現在はほとんどみかけなくなり、巻末や脚注で重要単語・イディオムの説明をつけているものが主流になっています。

唯一残っているのが南雲堂の英和対訳学生文庫のシリーズでしょう。古典の名作がたくさん入っています。
書店ではあまりみかけないので、アマゾンなどのインターネット書店で注文されたほうがいいかもしれません。
巻末の注だけでよいのでしたら、講談社英語文庫が手に入りやすいです。
あと、映画のシナリオでしたら、英和対訳のものが結構出ています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 17:28

明治時代の人が読んでた本ならば今より難易度は高いのが多かったでしょう。



くわしい英米現代文の研究(多田幸三)は駄目ですか?
結構前の英文が載ってますけど。
マーク・トウェイン、モームからラッセル、リンドなどの英文が載ってます。
ただし難易度は結構高いです。
あるいは思考訓練の場としての英文解釈とか
これは日本一の難易度と言ってもいいかもしれないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2009/05/28 17:28

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語版ウィキペディアが翻訳できません

以前は英語版のウィキペディアも、翻訳サイトを使って読むことができたのですが
去年の末頃から、翻訳サイトで翻訳しようとすると
「インターネットサイト~を開けません。操作は中断されました」と表示されてしまいます。
そして「ページを表示できません」の画面に移行してしまいます。
ニフティ翻訳でもグーグル翻訳でもヤフー翻訳でも同様です。
でも、以前は問題なく翻訳できたんです。一体何がいけないんでしょうか?
みなさんはどうですか?また、英語版ウィキペディアを翻訳して読むためには
どうすれば良いのでしょうか?どうかご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いますので、『○ダイアログを表示する』か『○無効にする』にチェックを入れて[OK]をクリック⇒『このゾーンに設定されているセキュリティのレベルを変更しますか?』に対し[はい(Y)]をクリック。
(『○ダイアログを表示する』にチェックを入れた場合には、翻訳しようとすると、何回も『スクリプトは通常、安全です。スクリプトを実行できるようにしますか?』というメッセージが表示されますが、その都度[いいえ(N)]を選択してください。)

『Excite翻訳による英語版ウィキぺディアのトップページ』(上記の設定後なら、翻訳できるはずです。)
http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

『Google翻訳による英語版ウィキペディアのトップページ』(同上)
http://translate.google.co.jp/translate?u=http%3A%2F%2Fen.wikipedia.org%2Fwiki%2FMain_Page&hl=ja&ie=UTF-8&sl=en&tl=ja

参考URL:http://www.excite-webtl.jp/world/english/web/?wb_url=http://en.wikipedia.org/wiki/Main_Page&wb_lp=ENJA

英語版ウィキペディア("ttp://en.wikipedia.org/")側が、"JavaScript"で翻訳出来ないようにしています。

Internet Explorerをご使用なら、[ツール]⇒[インターネットオプション]⇒[セキュリティ]タブの『インターネット』を選択し、下の[レベルのカスタマイズ]をクリックします。『セキュリティの設定』ダイアログが開きますから、

□スクリプト
 ・・・・
 □アクティブ スクリプト
  ○ダイアログを表示する
  ○無効にする
  ○有効にする
 ・・・・

が『○有効にする』になっていると思いま...続きを読む

Q英語を第二言語として学習する学習者の学習法について

鈴木孝夫著『日本人はなぜ英語ができないか』という図書を読み、鈴木氏の「日本人はまず自国の文化を英語でしっかり学び、それを英語で発信できるように学習すべきだ」という主張に感銘を受け、現在似たような主張、つまり、「自国の文化を英語でまず学ぶことが大切である」という主張をしている『洋書』(ネットなど比較的入手しやすい洋書)を探しています。ご存知の方は教えてください。

Aベストアンサー

再投稿します。

近江 誠の「間違いだらけの英語学習」常識38のウソとマコト、小学館から出ています。

的をえたことが書いてあり、役に立ちます。

Q英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電

英語論文の翻訳をしようとしているのですが私はあまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと思っているのですが、電子辞書だけでは不安です。どなたか翻訳するのにいい文法書 教科書 をご存知の方がいたら教えてください

Aベストアンサー

>あまり英語ができないので電子辞書で翻訳をしようと

翻訳者は辞書を使わないわけではないです。むしろ何種類も使うんだと思いますよ。

私は英語学習者なのでプロのことは分かりませんが、
辞書的なデータベースで便利なのは英辞郎です。
これは無料版ですが有料版もあります。機能が多いのかな?「データ提供」からダウンロードできるらしい。
http://www.alc.co.jp/index.html

文法書や教科書はご自分のレベル次第だと思いますが、調べたり参照するには旺文社の『ロイヤル英文法』なんかどうでしょうか。

Q例えば日本語で言うところの平家物語のように、英文でしか味わえない英文学作品を紹介していただけますか

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、留学中のものです。

先日フランス語で、”C’est un au-revoir ce n’est pas un adieu”という名文に出会いました。

これは、日本語に訳すのがもったいない言葉だなと思いました。

名訳者なら、原文の雰囲気のまま日本語に訳す事ができるかも知れませんが、私が訳すと、

「これは、さよなら。さよならなんかじゃない。」

という駄文になってしまいます(恥)。


ところで、私はこれまで何冊か英語の本というものを読んだ事がありますが、不思議と日本語に訳すのがもったいない英文というものに出会った事がありません。

それもその筈、英文学書自体も、シェークスピアくらいしか知りません(恥)。

そして、シェークスピアは読んだことがあります。

これまで読んだ英語の本は、

 ホメロスの「オデッセイヤ」「イリアス」
 インド神話、と、
 現在大学で勉強中の生物、物理、化学の教科書くらいです。

 大学の図書館に物凄く大きい文学書コーナーがあるので、何か読んでみようと思います。

 できる事ならば、「日本語に訳すのがもったいない英文」が載っている本を読みたいとおもいます。

 英語カテゴリーの英語の達人の御方達に、ご紹介していただけたら嬉しなと思います。というわけで、よろしくお願い致します。

 (これまで、英語カテゴリーで質問する時は、ポイント配分を考えるのが嫌なので、1つ回答がつくと締め切っていましたが、今回は様々なご意見を拝見したいので、3日間は質問を締め切らないでおこうと思います。よろしくお願い致します。)

こんにちは、いつもお世話になります。

現在、留学中のものです。

先日フランス語で、”C’est un au-revoir ce n’est pas un adieu”という名文に出会いました。

これは、日本語に訳すのがもったいない言葉だなと思いました。

名訳者なら、原文の雰囲気のまま日本語に訳す事ができるかも知れませんが、私が訳すと、

「これは、さよなら。さよならなんかじゃない。」

という駄文になってしまいます(恥)。


ところで、私はこれまで何冊か英語の本というものを読んだ事がありますが、不思議と...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、Narumaruさん。7/11のご質問ではいつものように大変ご丁寧な、心温まるお返事を有難うございました。

ご専門の医学以外にも、英文学、歴史、宗教、語学など、Narumaruさんの知識は驚くほど幅広いですね。さぞかし人間性豊かな、心の機微のわかる奥の深い医学者になられることでしょう。


1.<先日フランス語で、”C'est un au-revoir ce n'est pas un adieu”という名文に出会いました。>

au-revoirは「また会いましょう」
un adieuは「今生の別れ」
を言います。

英語にすれば、
It's « See you again » but not « So long ».
といったところでしょうか。仏語の方がそれっぽい?(笑)

和訳すると
「またお会いしましょう。永遠の別れじゃないわ。」
そのままNarumaruさんにお贈りします(笑)。
ここでは、au-revoirとun adieuをそのまま固有名詞として使った方が、意味が深まりますね。


2.<英文学書自体も、シェークスピアくらいしか知りません(恥)。>

え?そんなことありませんよ。このご質問で、平凡と思われようとも、真っ先に挙げようと思ったのがシェークスビアです。

彼が何故英文学の神様と言われているのか。それは現代にも通じる人間の本能、欲望、葛藤、愛、心の機微、心理描写をあの時代に顕し、その換骨堕胎は数多く生まれようとも、何世紀にも渡ってその精神が生き続けているからなのです。

To Be, Not To Be
誰がこんなにも簡潔で、かつ人生の苦しみを一言で表すことのできる表現を創造できたでしょうか。

シェークスピアは、翻訳を照らし合わしながらでもいいですから、原作で読まれることをお薦めします。古英語なのに表現は新しく、何故か英語、英文法の起源を知る勉強にもなり、思いがけない表現が見つかります。

どちらかというと、シェークスビアの悲劇の方が好きですが、平家物語のような史悲劇に相当するものと言えば、有名なところで
「リア王」
「マクベス」
「コリオレーナス」(ややマイナーです)
などでしょうか。後者の2作品など、権力者の狂気の原理も勉強になります。戦争戦争をしたがる人の心理、戦争首謀者の集団自殺願望など、現在と通づるところがあります。(ヒトラーなど。フセインはお粗末過ぎて、パロディぐらいしかモデルになりそうもありませんが)

シェークスピアやビートルズを生むイギリスってすごい!と思ってしまいます。


3.その他の英語の本:文学系

(1)英文学で言えばNo.3で挙げられているオスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」もナルシスティックでいいかもしれません。文体も美しい英語です。

ちなみに、彼は「英文学の三島由紀夫」と準えられてますが、どうかな???とは思います。同性愛者、美しい文体、ナルシスト、という点では類似してますが、完璧主義の徹底さでは三島の勝ちでしょう。

(2)「英語を読む」ということは、引いてはその国の考え方を知るということでもあります。No.1で挙げられているバートランド・ラッセルの著述は、20世紀初頭の欧米の哲学・社会・教育に代表的な考え方を知る上で、参考になります。今に通じるところも多々あります。

数学者かつ哲学者でもあったので、文体も論理的でわかりやすい英語になっています。受験英語でもよく引用されるのはそのためです。

(2)No.4で回答されているジェイムズ・ジョイスでは「ダブリン市民」「ユリシーズ」がお薦めです。

当時のアイルランドの社会・人々のを知る上で役に立ちますし、表現方法も彼独特の、人間の本質を探る手法がとられています。特に後者では、「意識の流れ」といった手法をとり、手の込んだ英語が、みごとに駆使されています。

(3)また、女性からの視点では、19世紀の女流作家ヴァージニア・ウルフの心理描写、ブロンテ姉妹の広大な自然描写と激しい心理描写の対比、キャサリン・マンスフィールドの「意識の流れ」を特徴とした心理描写など、日本人とは違う心理状態が読み取れて、なかなか楽しめます。

ちなみに、ブロンテ姉妹の作品に触発された人は、なぜか英国のヨークシャーを訪れたくなります。ピーター・ラビットの舞台にもなっている湖水地帯です。留学時代ブロンテ姉妹のお墓を尋ねたことがありますが、スカボローという港町の、海を見下ろす丘の教会にひっそりと佇み、黄金の夕日がなんともロマンチックでした。

ご質問文にある仏語、”C'est un au-revoir ce n'est pas un adieu”に感銘を受けられるようであれば、ウルフの作品にも密かな悦びを見出せるかもしれません。

(4)宗教に関心がおありのようですので、その方面からのお薦め小説は
1)ハーマン・メルヴィルの「白鯨」:
聖書がモチーフになっており、悪と善を象徴的に描いた名作です。

2)ジェフリー・アーチャーの「ケインとアベル」:
ドラマ化(映画化?)された長編で、最後の「あっ」と言わせる結末はさすがキリスト教の国、と思わせます。「赦し」がテーマです。

3)ナサニエル・ホーソン「緋文字」その他短編集:
米文学者で罪を問う宗教的な作品が多いです。

英語学としても、文学として楽しめます。

(5)トーマス・カーライルの歴史書は、新渡戸稲造が著作「武士道」の文体の手本にしたということですので、「武士道」を読まれたならその比較参考には勉強になります。

(6)ロマンス系で言えば、E.M.フォースター「眺めのいい部屋」「インドへの道」「モーリス」「ハワーズエンド」などもお薦めです。

恋愛ものですが、テーマは「社会の壁」「階級の壁」「ヒューマニズム」「異性愛同性愛の壁」といった社会的なモチーフが基本にある恋愛もので、これらはほとんど映画化されています。これらの映画もイギリス好きにはたまらない作品です。

(7)最後に、児童書ですが、「マザーグース」の童話集は英語の言葉遊びの勉強になりますし、「ハリーポッター」シリーズも、英語の表現力・翻訳の勉強になります。


4.その他英語の本:学術系

イギリスで最初に留学した大学院では「女性学」、2番目の大学院では「人類学」がテーマでしたので、「心理学」「政治学」「社会学」「文化人類学」に関する著述を幅広く読破し、感銘を受けたものも数多くありました。

そんな中から恐らく日本語翻訳も出ていないと思われる、お薦めの学術書をいくつか列挙します。(多少古いかもしれませんが、名著は残りますから、、、)

(1)文化人類学:

Carol MacCormick:“Nature, Culture and Gender”
Margaret Mead:“Male and Female”
マーガレット・ミードは有名なので翻訳も出ていると思います。

(2)心理学:

Nancy Chodorow:“The Reproduction of Mothering”
ナンシー・チョドロウのこの著作は当時高く評価されており、シモーヌ・ド・ボーボワールの「第2の性」を読んだ時に匹敵する衝撃を受けました。

Dorothy Dinnerstein:“The Marmaid and the Minotaur”
Alice Rossi:“A Biological Perspective on Parenting”

(3)人類学・社会学:

Stephan Heath:“Men in Feminism”
Jill Lewis:“On the Problem of Men”
Andrew Tolson:“The Limits of Masculinity”
Esther Vilar:“The Manipulated Man”
「女性学」に対し「男性学」に匹敵する分野とでも言えましょうか。女性の問題ばかり勉強するのは、不公平ですからね(笑)。


以上、長々と失礼しました。ご参考になれば幸いです。
PS通信:
 
1.<以前両親と旅行でパリに行った事が有りますが、普段なら本当に暑い筈ですよね。>

ご両親とパリに旅行されるというところが、いかにも育ちのよさ(正しい愛情と教育を受けたとう意味で)を感じさせます。昨日やっと猛暑になったかと思うと今日は大雨で、仏人のように気まぐれな天気です。

2.<所詮、趣味の範囲なのですが、英語、スペイン語、中国語を同時に高校生の頃勉強し始めたのでした。>

高校生で、スペイン語、中国語を始められるとは凄いですね。特に中国語なんて、漢字のオンパレードを見るだけで、立ちくらみしそうです。

私も中学の時ドイツ語を始めましたが、動機が、少女漫画に出てくるドイツ人少年に恋して、ですから、なんと単純でミーハーで不純な動機でしょう!

3.<私は、頭に強い風が吹くとかき氷を食べた時の様に、頭がキーンとなります。 頭寒足熱なんて嘘だと思いながら暮らしています。>

頭が寒い辛さは女性にはわからないかもしれませんね。帽子の似合うダンディな男性になって下さい。ただ、どんなに頭が寒くても、ラップ少年がかぶるボンネット風の毛糸の帽子は、避けた方がいいかもしれませんね。すぐピストルで撃たれそうです。気をつけて下さい。

それでは、またどこかで、、、、

こんにちは、Narumaruさん。7/11のご質問ではいつものように大変ご丁寧な、心温まるお返事を有難うございました。

ご専門の医学以外にも、英文学、歴史、宗教、語学など、Narumaruさんの知識は驚くほど幅広いですね。さぞかし人間性豊かな、心の機微のわかる奥の深い医学者になられることでしょう。


1.<先日フランス語で、”C'est un au-revoir ce n'est pas un adieu”という名文に出会いました。>

au-revoirは「また会いましょう」
un adieuは「今生の別れ」
を言います。

英語にすれば、
I...続きを読む

Q英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?ご存知の方、教えてください。

英語本文を翻訳する機材、又はソフトなどありますか?自分で入力した英語の本文を日本語に翻訳させたいんですけど・・・ご存知の方、お願いします。

Aベストアンサー

Web上でできる簡単なものでよければ、以下のようなものがあります。
私自身、英語文章を書く際、ちょっとした確認をするのによく使っています。

◆Yahoo!翻訳(下部の翻訳結果欄で単語ごとの訳語を確認でき、辞書にもリンクしてあって便利です。)
http://honyaku.yahoo.co.jp/

◆Google 翻訳(対応言語がすごく多いです)
http://www.google.co.jp/translate_t?hl=ja

◆excite 翻訳
http://www.excite.co.jp/world/

Qポッドキャスティングで英語学習と学習意欲の持続法

学生の頃英語が大好きで一生懸命勉強していたのですが、社会人になって英語を使う機会がほとんど無くなって、英語の学習意欲も薄れてしまいました。

何か英語を何らかの形で続けたいのですがよい方法はありますでしょうか?

映画や音楽などで英語に触れる機会はありますが、英語力が向上するのが実感できません。

TOEICは約800点取りましたが、その後2回くらい受けても点数はほとんど変わりません。
900点を目標にしていましたが、仕事でも英語を使うことがほとんど無く、仕事で使う専門知識を身に付ける方を優先してしまっています。

でもせっかく身に付けた英語なのでこれからも続けたいという気持ちもありますが、どういうやり方にしようか迷っています。

NHKラジオのビジネス英会話などが良いと思っていますが、家ではほかの事に時間を使ってしまうのでなかなか聞けません。

MDに録音して電車で聞こうとおもっています。
その他にビジネス英語を教えてくれる無料のポッドキャスティングはありますでしょうか?

eChat Vancouverというのがありますが、楽しいですけどNHKビジネス英語に比べて内容が薄いですね・・・。
http://syndy.jp/podcasting/echat/

学生の頃英語が大好きで一生懸命勉強していたのですが、社会人になって英語を使う機会がほとんど無くなって、英語の学習意欲も薄れてしまいました。

何か英語を何らかの形で続けたいのですがよい方法はありますでしょうか?

映画や音楽などで英語に触れる機会はありますが、英語力が向上するのが実感できません。

TOEICは約800点取りましたが、その後2回くらい受けても点数はほとんど変わりません。
900点を目標にしていましたが、仕事でも英語を使うことがほとんど無く、仕事で使う専門知識を身に付け...続きを読む

Aベストアンサー

自分の興味のある分野の放送を聴くと良いかと思います。

科学系の番組(↓)ですが、色々と載っています。
http://boggie.oops.jp/links.html

ビジネス英語が具体的にどういった番組を指すのか分からないので、
http://boggie.oops.jp/helpful-free-softs-and-websites.html
で、podcastingの番組を検索してみて下さい。

頑張って下さ~い(^^)/

Q翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか

翻訳の仕事にはどの位の英語力が必要ですか
翻訳を仕事にするには、どのくらいの英語力が必要でしょうか。
例えば、TOEIC等では何点くらいの学力が必要でしょうか。

Aベストアンサー

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分類されますね。
電気、電気、電子、など知識を持っていないと使い物になりません。

私は現役時代、社内で英訳/和訳をやっておりました。家庭電気器具のメーカーで外国の企業の下請け/OEMをやっている会社でした。米国の主力メーカーから資料を貰い、その文書を日本語に訳したり、こちらからの開発提案を英語にして 
先方へ情報を流すような事をやっていました。先ず困ったことは、技術表現(日本語/英語両方で)、部品名(日本語/英語共に)、などを改めて現物で身に付けることでした。

私はTOEICは全く受験したことはありませんでした。必要を感じなかったので、、。英検は一回だけ定年の一寸前に、英語力を確認するために2級ならほぼ間違いなく取れるなと判断し受験しました。2級合格と言ってもピンからキリまであるので、なんとも言えませんが、85%ぐらいだったと記憶しています。100%取れれば大意張りできるでしょうね。2級と言うと軽く考える人が殆どでしょうが100%正解はかなり困難でしょう。社内の仕事なら、自分の解釈を相談できる人も身近にいるので英検準1級もあれば充分でしょう。無論、会社で扱っている製品の知識は技術者に準じるくらいあればOKです。

とわ言っても、翻訳業として開業して翻訳会社などから依頼を受けて本業とするには、其れこそ大いなる努力やツテも必要でしょう。生半可な考えでは、開業までは行き着かないでしょう。翻訳会社の募集に応募することと、翻訳学校の通信講座を受けて力を高めることも必要です。
                               

翻訳に要する英語力と言っても、一言では答えが出ません。
所謂産業英語/科学英語/実用英語等と言っても人によって守備範囲が異なるでしょう。一般的な英語力は高ければ高いほど好いに決まっています。TOEICなんて存在しない時代から色々な分野の翻訳者が一定の会社に所属せずに技術書などを日本語に、またその逆を仕事としてやっていました。ですから、TOEICなどはあまり考慮しなくても、実力を高めればよいだけです。英語力も欠かせませんが、専門分野を持たないといけません。細かく言えば、機械の中でも色々分...続きを読む

Q韓国語学習後忘れてしまった英語の再学習法

私は韓国に滞在して1年になる主婦です。

この1年韓国語の勉強に力を入れたおかげで韓国語は中級レベルまで
上達したのですが、そのせいか英語がまったく話せなくなってしまいました。

学生時代に英語圏に留学していたこともあるので、日常会話レベルの英語なら
話すことも聞くこともある程度できていたのですが、今は簡単な内容を英語で
聞かれても出てくる言葉は韓国語。英語がまったく出てこなくなってしまいました。

どうしてこんなことになってしまうのか不思議で仕方がありません。

せっかく勉強した英語なので再度話せるようになりたいとは思うのですが、
何かいい方法があるでしょうか?インターネットでNHK講座でも聞いてみたら
どうかなど考えてはいるのですが。。

韓国語はこれからも勉強していかなくてはいけないので、韓国語で英語を学ぶという
のも効果があるのでしょうか?

何かよいアドバイスがあったら教えていただけたらうれしいです。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたの今の状況は特別なことではありません。私もドイツ語を第一外国語として習い英語は大学時代は授業も取りませんでした。しかし、高校の後半から大学一回生までは、一応英語は使うことができましたが、2回生のころから、喋り始めが英語でも途中からドイツ語に変わってしまうことがしばしばあり、困ったことが何べんもありました。要するに、英語は、私にとって日常語ではないし、ドイツ語は毎日2時間以上使っていましたので、当然のことでしょうね。 仕事で、長年英語を使っていましたが、
ドイツへ2週間遊びに行って、帰国後2~3日英語に邦訳する時、英語が出てこなく、ドイツ語が頭に浮かんできて困りました。
私は大学終了後、英語を実践で(仕事の中で)やり直したのです。 だからといって、ドイツ語の読み書き(手紙の交換)を何十年も続けました。 今は仕事をしておりませんが、ドイツ語や英語のウェブサイトをよんだり、メールを書いたりしております。仕事でしたら、もっとまじめに訓練をしないといけませんが、個人的な趣味と付き合いですから、まあまあそれなりに、復習もします。 外国語は話す機会が減利その期間が長ければそれなりに、使えなくなるのは、間違いないことです。出来る限り、話す機会を求めることが好いでしょう。 

私の考えですが(反対の方が結構おられるようです)、一つの外国語を学ぶのに、別の外国語を通してなんて、一派の学習者にはお勧めしません。 効果は????だと思います。英語も朝鮮語(と呼ばせて頂きます)では両方とも、日本語より理解力で低い水準だと思いますが。 ですから、ある水準まで身に付けられた英語ならば、英語だけでやり直されることをお勧めします。 

あなたの今の状況は特別なことではありません。私もドイツ語を第一外国語として習い英語は大学時代は授業も取りませんでした。しかし、高校の後半から大学一回生までは、一応英語は使うことができましたが、2回生のころから、喋り始めが英語でも途中からドイツ語に変わってしまうことがしばしばあり、困ったことが何べんもありました。要するに、英語は、私にとって日常語ではないし、ドイツ語は毎日2時間以上使っていましたので、当然のことでしょうね。 仕事で、長年英語を使っていましたが、
ドイツへ2週間...続きを読む

Q英語と翻訳について

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみましたが、ビジネスレターでの英文作成は難しかったです。
取引先の外国人には、あなたの英文は単純明快でわかりやすいと褒めら
れたのですが、上司は非常に日本人式の英語を採点するので、何が正しい英語なのか、その事業所自体も、判断が明確ではありませんでした。
上司もさほど英語ができるわけではなく、結局、バイリンガル、ハーフなどの専属の通訳や翻訳家などを外注で雇用しており、普通の語学力ではまったく太刀打ちできないことを痛感しました。
特に難しかったのは英語での電話対応で、フィリピン人や、中国人の人のほうが有利ということがわかりました。
そこで、私は仕方なく、簡単な英文入力、レター作成の仕事をしてきました。ただ英文を打つだけだったりするのですが、簡単な語学力で仕事になりました。
しかし私は英語を仕事にするのではなく、英語を使って何をするかということを考えていました。輸出入の貿易関係の通関の仕事の資格をとろうかと考えたこともありましたが、内容が実務的ではありますが、貿易関係の仕事に就くこと自体が、難しく、仕事内容は海外からの貨物や荷物の受け渡しなど、船舶関係の男の仕事だということがわかり断念しました。となると、英語の翻訳の仕事に私は目をつけました。
なぜなら、ハーフや在日の人は、英会話や英作文能力があっても、「日本語の文章力がない」ということに気がついたからです。
ということで、元からリーディングが得意だった私は、緻密な日本語力が要求される翻訳、技術翻訳などの仕事をしたいと思うようになりました。翻訳家の村上春樹さんが、実は英語が喋れないけど翻訳家という事実を知り、翻訳家は英会話ができなくても、机にかじりついて勉強すればできるのか。と思ったのですが。
知人で留学した人をみかけましたが、大抵は、その成果としては、簡単な電話の取次ぎ程度しかできず、英会話ができる程度でした。
やはり海外の大学へ留学した人は、それなりに高度な英語力があるのですが、わたしには海外へ渡航するだけの時間とお金の余裕はありませんでした。通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
やはり翻訳家になるにも、海外への渡航経験がないとダメなのでしょうか。どうすれば、翻訳家で仕事がとれるようになるのでしょう。(バイト等でもかまいません)
翻訳家は飽和状態なのでしょうか。仮に努力して翻訳家になれたとしても、技術翻訳なども知識が要るため、やはり英語力+専門知識がないと、独立はほとんど難しいのでしょうか。
医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。簡単な経理の仕事をした程度で、貿易関係の仕事は英会話力が要求されるので自分には向いていないと思いました。
単純に外資系のセクレタリーになりたいとかそういう考えはありません。自分にはそういうのは向いていないと思うのですが。
翻訳力を本格的にブラッシュアップさせるには、やはり高額な費用を払い、翻訳学校へ通うしかないのでしょうか。
翻訳の仕事は薄給と聞いたのですが、そうなのでしょうか。
日本語力には、さすがに私は日本語に関しては実はネイティブ(って当たり前)なので、自分の日本語力を高めるために漢字の練習などしています。中途半端な英語を生かす方法がわかりません。
私に出来るのはせいぜい、英語のタイピングと、雑誌などをよんで概要をざっと理解する程度の語学力です。
英語はあきらめたほうが無難なのでしょうか。
悩んでいます。
プロの方のご意見があればと思うのですが、皆さん、どうやって自分の語学力を向上、かつ仕事に役立てることが出来ましたか?

私はこれまで、英文科を卒業したのですが、自分の語学力のなさ(留学経験は予算の都合によりありません)に悩んできました。
TOEICを受けたのですが、やはり外国渡航経験が少ないためか、リスニング(英語の聞き取り)がダメで英作文もそれほどうまくありません。英会話の経験が少なすぎます。
以前、英語の仕事を少ししたことがありますが、自分の甘さを痛感しました。国際部や輸出入の受発注の業務に就いたのですが、周囲は、2,3年の留学経験がある人が多かったのですが、私も英文作成などをしてみま...続きを読む

Aベストアンサー

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確に理解できるだけの十分な英語基礎力があった上での話です。
TOEIC500~600では、ちょっと難解な文法や言い回しが多用された文章を正確に理解することは難しいと思います。
原文が正しく理解できていないのに、日本語力でカバーしようとするのは「創作」になりかねません。それではプロとしての仕事は成り立ちません。

よって、質問者様の場合、英語の基礎力を上げることが第一だと思います。

ちなみに私も旅行程度の短期留学しか経験がありませんが、独学で965点を取りました。翻訳者に必要な英語力は国内でも十分得られます。


ただ、ご指摘の通り、TOEICで高得点がとれるから良い翻訳ができるというわけでもありません。原文の意図をしっかりと読み取れる語学力、正確にわかりやすく表現できる文章力、技術文書のスタイルに慣れていることなど、様々な要素が必要です。

これらは日英の技術文書を多読したり、日英対訳を使って自分の訳と比べてみたり、テクニカルライティングの勉強をするなど、努力次第である程度のレベルまでは学習できます。

ですが、やはり一番身につくのは実務です。また、翻訳者としてやっていくには「経験」がものを言います。フリーランスでやっていくにしろ、どこかに勤めるにしろ、経験がないと門前払いというケースが多いです。じゃあどこで経験を積むんだよ!というのが翻訳者志望の人のジレンマだったりします。

その点については、質問者様は英文レターの作成などに携わったことがあるとのことですので、それらの経験とアップさせたTOEICのスコアをアピールすれば、どこかで翻訳に関わる仕事にもぐりこめるかもしれません。
そして、その経験をアピールして、さらに翻訳的な翻訳の仕事へ・・・というステップアップも可能かと思います。


ただ、以下の点が気になりました。
>通信で英語の翻訳を勉強しはじめたのですが、内容が難しく、やはり挫折してしまいそうです。
>医療翻訳、技術翻訳、IT系、金融などの知識も私は乏しく、英語力に付加価値をつけていくのも難しそうです。

誰でも何もない状態から始めるのです。もし「難しくて無理」と今の時点で思っているのなら難しいと思います。

私も文系出身で専門知識も何もない状態から始めましたが、「無理」と思ったことはありません。「絶対になる」と決め、翻訳者に必要な資質を調べたり考えた上で戦略を練り、自分に足りないものは補充すべく努力してきたつもりです。

コツコツと勉強を続けることは大変なことですが、ショートカットはありません。
その過程を楽しめたり、そうでなくても自分の夢のためだと思って我慢できれば、道は開けるかもしれません。

技術翻訳の仕事をしている者です。(英和・和英)

単純にTOEICのスコアを上げることに意味はないとお考えのようですが、プロとして翻訳の仕事をするのであれば、TOEICで最低850点、できれば900点以上がとれるくらいの基礎力は必須です。
もちろんTOEICのスコアが高ければ翻訳ができるというものではありませんが、スポーツの基礎体力と一緒で、しっかりとした基礎力がないと応用も利きません。

>翻訳だって日本語がある程度できれば、できるかも。
というのも、原文(英語)を正確...続きを読む

Q大学の講義の学習内容、という文脈の「学習内容」にふさわしい英語表現を教

大学の講義の学習内容、という文脈の「学習内容」にふさわしい英語表現を教えてください。

Aベストアンサー

contents of learning

実際のどのように試用されているのか?ホントに正しいのか?などはこちらの結果を合わせて確認してみて下さい。
http://www.google.co.jp/search?hl=ja&safe=off&client=firefox-a&hs=NAl&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&q=university+%22contents+of+learning%22&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&aq=f&aqi=&aql=&oq=&gs_rfai=


人気Q&Aランキング