チャンネル蛋白質や運搬蛋白質を介さずに細胞膜を透過しうる分子径(分子量?)はどの程度が上限となるのでしょうか。

A 回答 (1件)

脂質などは通り抜けるでしょうがイオン性物質は通りにくくチャネルを必要とします。


ですから同じ基準ではかることはできません。

この回答への補足

ご回答いただきありがとう御座います。
参考書などをあたったところ脂質などの無極性物質は分子径や分子量
によらず膜を透過することは存じておりますが,イオンや電荷をもつ
分子はどの程度が上限となるのでしょうか。

補足日時:2009/05/27 10:20
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q肉の細胞膜って何ですか?

肉の細胞膜って何ですか?

スーパーで売られているステーキ肉に細胞膜はありますか?

肉の細胞膜とは何を指すのか教えてください。

Aベストアンサー

すべての生物には細胞膜があります。・・・生物の定義の一つですから・・
植物と動物の差は、細胞膜にセルロースを含むか否かがです。
 中学一年あたりで
(ア) 生物と細胞
 生物の組織などの観察を行い,生物の体が細胞からできていること及び植物と動物の細胞のつくりの特徴を見いだすこと。
 という部分で学んだはずです。

 料理って完全な化学の世界です。塩を振って浸透圧を利用したり、煮たり焼いたりしてタンパク質を変性させたり、タンパク質を分解してアミノ酸にしてうまみを作ったり・・・
 ⇒細胞膜 - Wikipedia( http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B4%B0%E8%83%9E%E8%86%9C )

>肉の細胞膜とは何を指すのか教えてください。
 多細胞動物の筋肉を形づくる筋細胞の細胞膜でリン脂質二重層・

Q生体膜と膜タンパク質は同じものなのですか。

学校でもらった資料で、「生体膜の構造と機能」というタイトルのところに、膜タンパク質の役割(輸送体や受容体、酵素としての役割)が書かれてありましたが、URLのWikipediaのサイトでは、これらの役割は生体膜の役割として書かれてありました。膜タンパク質と生体膜は同じものなのでしょうか。

Aベストアンサー

同じものではないと思います。

生体膜というのはおそらく細胞膜のことを指していると思います。細胞膜は細胞の周りを囲んでいる膜のことですが、膜タンパク質はその細胞膜上にあります。

イメージとしては、海の上に浮かんでいるたくさんの小さな島を思い浮かべていただければ分りやすいと思います。海面が細胞膜で島が膜タンパクです。それか、イボイボの付いた健康サンダルかな。イボイボが膜タンパクで、そうじゃないところが細胞膜。あんなに規則的に並んではいませんが。

膜タンパクは、細胞膜を貫通している場合と、細胞膜表面だけの場合とがあります。その機能については概ね質問のところに書かれているとおりです。

Q単細胞の細胞膜の帯電

生物関係初心者です。単細胞(ミドリムシやHeLa細胞)の細胞膜について調べているのですが、細胞膜(外)はプラスもしくはマイナスのどちらに帯電しているのでしょうか?

調べていくと、細胞膜はリン脂質の二重構造によって形勢されており、このリン脂質が特に微生物(おもに細菌)の場合、マイナスに帯電している、とありました。

よく、本や図などでみる細胞膜にはイオンチャネルがありNa、Kイオンなどのプラスイオンが細胞内外に細胞膜を介して出入りするとありますが、どちらもプラスイオンなので細胞膜外はプラスに帯電しているように感じます。

単細胞の細胞膜(外)は結局プラスもしくはマイナスのどちらに帯電しているのでしょうか?

初心者ゆえに簡単な事なのかもしれませんが、教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>細胞膜にはイオンチャネルがありNa、Kイオンなどのプラスイオンが細胞内外に細胞膜を介して出入りするとありますが、どちらもプラスイオンなので細胞膜外はプラスに帯電しているように感じます。

ガラスのコップに食塩水を入れます。中にはナトリウムイオンが一杯あります。ではこの食塩水はプラスに帯電しているでしょうか。していません。
ナトリウムとカリウムのイオンはその比が重要なのであって、極端に濃度が大きかったり、小さかったりしなければ、帯電とは関係ありません。

[Na^+]/[K^+]比が生物の情報伝達の正体です。

Q蛋白の分子量(kDa)を調べる方法

かなり低レベルな質問なのですが、、、、
分からなくて困っています
約750個のアミノ酸からなる蛋白の分子量を知りたいのですが、どうやって調べたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします

Aベストアンサー

アミノ酸配列データがあるなら、計算してくれるソフトウェアがあります。市販の遺伝子解析ソフトウェアには必ずついている機能ですが、ウェブ上でできるサイトもあります。たとえば

http://us.expasy.org/tools/pi_tool.html

実験的に調べるなら、SDS-PAGE、ゲルカラムクロマトグラフィ、TOF-MASSなど、材料や精度に応じていろいろ方法があります。

Q肉の下味は細胞膜を通過できませんよね?

生物学的な質問になります。

肉の細胞膜は半透膜ですよね?醤油で下味をつける場合、その塩分は細胞膜のせいで細胞内には浸透できないと思うのですが、これは間違っていますか?正しいとすれば、下味は肉のどの部分に染み込んでいくのでしょうか。

また、よく言われる「浸透圧のせいで水分が抜ける」というのは、細胞膜を通して細胞内から外へ水が出て行く状況ですが、これが進みすぎると膜が萎縮して機能を失い、塩を通すようになったりするのでしょうか?

Aベストアンサー

細胞膜というのは大部分が脂質でできたものですが、部分的にタンパク質でできたイオンチャネルが
あり、電解質はここを通れるようになっています。

また、下味の定義が難しいです。
塩分:Na+、Cl-
糖分:ショ糖、ブドウ糖、果糖
旨み:各種のアミノ酸

これら全てが、(少しずつですが)細胞膜を通過することが可能です。

Qプラスミドを用いて蛋白質を用いる場合

大腸菌にプラスミドを導入して、形質転換して大腸菌を大量に培養した後に、目的の蛋白質を取り出そうとした時に、疑問をもったのですが、
大腸菌などは核内にあるDNAからRNAを作り、RNAを翻訳して蛋白質を合成します。
そうなると大腸菌にプラスミドを導入した時に、プラスミドは大腸菌の核内に導入されたと考えていいのでしょうか?

Aベストアンサー

>大腸菌などは核内にあるDNAからRNAを作り、RNAを翻訳して蛋白質を合成します。

大腸菌は原核生物で,細胞内に膜で包まれた核構造を持ちません。
なのでもちろんプラスミドが大腸菌の核内に導入されたと考えてはいけません。

真核生物の場合と混同してましたか?

Q細胞膜(選択透過性)についての質問

細胞膜の選択透過性があまりよくわからなくなりました。
 ショ糖溶液につけた細胞があります。ショ糖溶液中で原形質分離が完了した細胞に関する次の問い1・2に答えよ。
1.問題はショ糖溶液の浸透圧をA、細胞膜と細胞壁の間にある溶液の浸透圧をB、細胞の原形質の浸透圧をCとすると、どれが濃いか?みたいな問題で、答えはA=B=Cです。

わからないのは2の方です。
2.その細胞外の溶液のショ糖濃度をA,細胞膜と細胞壁の間にある溶液のショ糖濃度をB,細胞の原形質のショ糖濃度をCとすると、A・B・Cの関係はどうなるか。次の1~6のうちから正しいものを1つ選べ。
一.A=B=C 二.A=B<C 三.A=B>C
四.A<B=C 五.A>B=C 六.A>B>C

というものです。
正解は三です。
説明には「ショ糖は選択透過性をもつ細胞膜をほとんど透過できず、細胞膜内(原形質中)には、もとから存在する少量のショ糖しかないので、A=B>Cである。」

とあるのですが、濃度がCが一番薄いならば、またCから水分が流出して、最終的な濃度としてA=B=Cにならないのでしょうか?

細胞膜の選択透過性があまりよくわからなくなりました。
 ショ糖溶液につけた細胞があります。ショ糖溶液中で原形質分離が完了した細胞に関する次の問い1・2に答えよ。
1.問題はショ糖溶液の浸透圧をA、細胞膜と細胞壁の間にある溶液の浸透圧をB、細胞の原形質の浸透圧をCとすると、どれが濃いか?みたいな問題で、答えはA=B=Cです。

わからないのは2の方です。
2.その細胞外の溶液のショ糖濃度をA,細胞膜と細胞壁の間にある溶液のショ糖濃度をB,細胞の原形質のショ糖濃度をCとすると...続きを読む

Aベストアンサー

細胞中の、浸透圧に寄与する溶質は、ショ糖だけではないですよね?

細胞膜を透過できない、他の溶質も、細胞内の浸透圧に寄与しているはずです。

そうすると、細胞外、細胞膜と細胞壁の間の溶液の浸透圧は、ショ糖だけによっていますので、細胞内と比べると…。

Q蛋白質構造(X線とNMR)

蛋白質の構造解析をする際に、X線とNMRはどういう様に使い分ければいいのでしょうか?長所・短所などを教えて下さい。

Aベストアンサー

【NMR】
結晶を作らずに液体のままで測定が可能!
   ->最近は固体NMRもあるけど...
高濃度のタンパク質溶液が必要
   ->タンパク質は高濃度でアグリゲーションを起こすことが多く測定できない
放射性同位体が非常に高価!
   ->培養液に対し数mg/L程度精製できるような高収率なタンパク質でないと研究室が破産する


【X線】
NMRほどは高濃度のタンパク質溶液でなくても構わない
結晶化条件の探索をしなければいけない
   ->最近はロボットで何百という条件を自動でやってくれるけど
重原子置換をしなければならない
   ->MAD法が適用できれば問題ないけど
あくまでも結晶状態での構造
   ->って言ってもNMRとの構造とほぼ同じ
なかなか結晶になってくれない
   ->高度好熱菌由来のタンパク質なら結晶化しやすいと言われるが...

おおまかにこんな感じでしょうか。NMRはよっぽど収率のいいタンパク質(無細胞系も含む)でないと難しいです。あと勇気もいるかな。精製に失敗したらそれだけで数百万円の損失ですから。

【NMR】
結晶を作らずに液体のままで測定が可能!
   ->最近は固体NMRもあるけど...
高濃度のタンパク質溶液が必要
   ->タンパク質は高濃度でアグリゲーションを起こすことが多く測定できない
放射性同位体が非常に高価!
   ->培養液に対し数mg/L程度精製できるような高収率なタンパク質でないと研究室が破産する


【X線】
NMRほどは高濃度のタンパク質溶液でなくても構わない
結晶化条件の探索をしなければいけない
   ->最近はロボットで何百という条件を自動でやってくれるけど
...続きを読む

Qタマネギの表皮細胞の細胞膜について

タマネギの表皮細胞で細胞膜を観察できなかったのですが、どうしてですか。(光学顕微鏡 ×300)

Aベストアンサー

○細胞膜の厚さは約0.1μm=0.0000001m
 1000倍の顕微鏡で見て0.0001m=0.1mm
 これでやっと見つかるかもしれないという程度ですね。
○普通は膜そのものを見ることはできません。

○では、どうするか?・・・『原形質分離』という現象を利用します。
 食塩水などにつけておくと、細胞の中の水が失われて、しぼんでしまいます。
 あるところから、細胞壁は縮まなくなって、細胞膜がはがれ小さくなった細胞膜の袋ができます。この境目ができるので仕切りに「膜」が有ることがわかるのです。
 普通の条件では観察できないので、この現象を起こさせて境目がある、だから膜があると結論します。
 電子顕微鏡だと、数万倍まで上げられるので、見ることができるので、そのような写真とかが有るでしょう。探してみてください。

Q無機イオンや分子量薬1000以下の水溶性分子

上記の内容にあてはまるものを全て答えよという問題で
選択しが
ATP カルモジュリン グルコース コレステロール ナトリウムイオン ナトリウムポンプ リボソーム

の中から選ぶというものでした。
とりあえずナトリウムイオンとATPと考えたのですがATPはそもそも水溶性なのか?と疑問が出てきました。
コレステロールも分子量は375程度とかいてありましたがそもそも水溶性かどうかもわかりません。

この道に詳しい方お教えいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

(無機イオン)
ナトリウムイオン

(分子量1000以下の水溶性分子)
ATP、グルコース

他のタンパク質は桁違いに大きいし、コレステロールは脂溶性です。


ligaseさん、これは何の問題なのですか?宿題なの?本の名前は?

ご自身の勉強にならないといけませんよね。

この道もあの道もないです。あなたの足で歩むべき道です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報