読んで憂鬱な気分になったり、切なくなったりする小説を探しています。一般文芸でもライトノベルでもかまいません。バッドエンドでも全然ありです。
最近読んだものでは、桜庭一樹の「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」と、遠藤周作の「沈黙」がツボにはまりました。
皆さんのオススメの作品を教えていただけると嬉しいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

チェーホフ『退屈な話』


40年ほど前に読みましたが、未だにこの世界から離れられません。
    • good
    • 2

太宰治「斜陽」


・・・ずいぶん昔に読んだので内容は忘れましたが
なんとなく切ない気分になったことを覚えています。

フーケー「水妖記(ウンディーネ)」
・・・エンディングがすごく切ない。。。
(原題のウンディーネとかオンディーヌっていうので、
話の見当がついてしまいます。ご存知なければどうぞってことで。)

中島 敦「李陵」
・・・歴史が好きならお勧め。漢の時代の結構有名な話ですが。。。
    • good
    • 0

はじめまして。


このライトノベルがすごい。で1位に輝いた。
文学少女シリーズが良いと思います。
今度劇場アニメ化もするらしいですし…
    • good
    • 0

雀野日名子「トンコ」(角川書店)



ダ・ヴィンチの「絶対に外さない今月のプラチナ本」で紹介されていました(2009年1月号)
日本ホラー小説大賞の受賞短編集です。
屠殺場に運ばれる途中トラックから脱走し、兄弟を捜しまわる子豚の3日間(トンコ)。
家では不仲両親からの虐待、学校ではイジメに遭っている小さな女の子が、心やさしいゾンビたちに助けられながら、
仲良し家族を取り戻そうとする悲劇(ぞんび団地)。
東京で幸せに暮らしていると思っていた妹が突然の自殺、わけがわからず悩む警官の兄(黙契)。

どれも、切ない度・憂鬱度がかなり高いです。
しかも基本的に主人公は弱者ですから、感情移入や共感しちゃうと、かなりキます……。
どの話にもそれなりに救いがあるので、自分としては好きでした。
ホラーといってもそれほど怖くないので、夜中でも読めました。
既読だったらゴメンナサイ!

参考URL:http://web-davinci.jp/contents/platinum_book/ind …
    • good
    • 0

「プシュケの涙」(柴村仁・電撃文庫)夏休み中の補習を受けていたとき、クラスメイトが自殺したのを目撃してしまった。

中篇二作で構成された作品ですが、二作目を読み終わるとやるせない気持ちでいっぱいになります。
「草祭」(恒川光太郎・新潮社)などの恒川光太郎さんの作品も、すっきりしないけれど、というエンドが多い面白い読後感の小説が多いです。
    • good
    • 0

乙一さんの『天帝妖狐』はどうでしょうか。


http://item.rakuten.co.jp/book/1359276/

もうお読みでしたらごめんなさい。
    • good
    • 0

大槻ケンヂ作品から


「新興宗教オモイデ教」(別作家の外伝がラノベで存在するので注意)
短編集「くるぐる使い」より表題作「くるぐる使い」

このあたりなんかどうでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q苦しいほどに切なくなる本

こんばんは。
タイトルのとおり、切なくて切なくて、たまらなくなるような本が読みたくてたまりません。
是非、おすすめの本を教えてください。

恋愛ものじゃなくても、皆さんが胸を強く打たれるほど感動した本を教えてもらえるとうれしいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

辻仁成の『サヨナライツカ』なんてどうでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報