ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

北朝鮮が核実験、ミサイルの発射といった決議に違反した行為を行っているのにもかかわらず、なぜ中国はいつも制裁決議に関して慎重な姿勢になるのでしょうか?今回の北朝鮮の行為は明らかに国連で制裁措置を行うべき事態だと思うのですが、常任理事国の中国が制裁に対して慎重になっている限りは北朝鮮になめられるだけですよね。別に北朝鮮に対して制裁を行っても中国にデメリットはないと思うのですが、中国の本当の狙いは何なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

脅されてる。

中朝国境。緩衝地帯。米国との張り合い。


北朝鮮を舐めてたら、いつの間にか核を持ってどうにもならなくなったからですよ。
中韓国境は思ったほど安定していない。国境内外に朝鮮族がいて自由に行き来しながら、中国に対する犯罪行為を行っている。社会問題になっちゃってるわけです。

北朝鮮の側も中国に対しては怒り心頭に達している。この前の安保理会議の時、北朝鮮を守ってくれなかったと解釈。そのため今回は中国に脅しかけてます。
現在北朝鮮は、朝鮮西方向の西朝鮮湾で短距離ミサイル発射体制をとってる。実際に発射されるかどうかは微妙ですが、これは中国に対する脅し。

中朝間は思ったほどには友好的ではなく、事あらば暴発の危険性さえある。またこれを利用して米国は中国を牽制できる。そのための米朝友好(ウラで)。

中国にとっても北朝鮮は変な国であり、危ない国である。この感覚は日本と同じ。
北朝鮮にまつわる国境で最も長いのが中朝国境。北朝鮮の政情不安の影響を民生的に最も濃厚に受けるのが中国。山岳部には柵さえなく自由往来可能。
なんとしても安定的に推移してもらって、これまで通りに仮想敵国に対するの盾としての勤めを果たしてもらわなければ成らないのに、勝手に核等持たれてしまった。
核を持ったら突かれる。突かれれば守ってやらなきゃ成らない。守ってやれば西側と角が立つ。西側と角が立てば経済に支障が出る。経済に支障が出れば軍事拡大が出来ず、北朝鮮の馬鹿も守ってやること出来なくなる。

遼東半島には外国資本の経済特区があるし、外国資本に逃げられたら大損害なのだが…と。

戦争なんかしたくはないのに、北朝鮮が問題で戦争にでもなるのなら、北朝鮮を殺してまで自分は生き残る。だから北朝鮮は核で自衛した。だから中国にとっては痛い。殺せなくなった。
中国の長期計画、グジャグジャにして、しかもその上ミサイルで脅しまでかけてる…と。

ここで中国が北朝鮮に強く出たら、まず、中朝紛争の可能性が出てくる。
当然北朝鮮は 「米軍の介入」 を期待。
このように中国側から見ると、こちら側から見るのと正反対になっちゃうのです。北朝鮮は米国の味方だ!と。

そしてそういう構図にしようと頑張る北朝鮮に、米国は冷たいそぶり。←現在ココ。早く反省しろと北朝鮮は米国に思ってるわけ。


北朝鮮としては、
1.米国と中国を張り合わせて、その構図上で利益を貪り国を守る。←繁栄への道
2.米国・中国両国から孤立し、核兵器で国を守る。←貧乏への道
3.中国に距離を置き、米国と親密化する。←大繁栄への道
4.米国から距離を置き、中国と親密化する。←国家滅亡への道(次の代はない)←これが全ての答え
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:43

 第一に、難民+朝鮮族の問題、第二に軍事的境界線、第三に朝鮮利権の問題のためでしょう。



 中国が最も恐れるのは、民族運動、特に独立運動です。北朝鮮崩壊の場合、難民流入後東北部に住む朝鮮族と呼応して、権利要求や独立運動を始めることを最も恐れています。中国は常々、北朝鮮への他国からの援助量を計算し、不足する分だけ援助してきました。北朝鮮の崩壊を防ぐためです。

 次に、朝鮮半島の統一または国連軍(アメリカ軍)の占領を恐れています。現状では、半島統一の場合は確実に韓国主導になるし、治安維持のための韓国、アメリカ軍の駐留が必然になってしまい、中国国境までアメリカ軍が来てしまいます。中国としては国境の軍隊を増強しなければならなくなり、負担が大きくなります。

 最後に、中国の北朝鮮利権を守るというのがあります。日本の制裁などで北朝鮮は事実上、中国、ロシアとの貿易しかできません。中国は現在、北朝鮮にとって最大の貿易相手国であり、代金が支払えない場合は鉱物資源の採掘権などを担保にして貿易をしています。北朝鮮が崩壊すればこれらの権利が継承されない可能性があります。

 最近の北朝鮮は中国のいうことを聞かない「こまったちゃん」ですが、それでも北朝鮮を甘やかすのはその辺が理由でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:43

2010年に上海国際博覧会を控えた中国は、


何が何でも上海国際博覧会が終了するまではと思っている中国でしょうからね。

それまでは、北朝鮮の機嫌を取っているのかも知れない。
まっ、ロシア 中国 アメリカで北朝鮮を占領統治する事も可能でしょうからね。

そうそう、韓国と北朝鮮はまだ戦争中だったよね?そう停戦中だったからよね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:43

>中国はいつも制裁決議に関して慎重な姿勢になるのでしょうか?



先ず、中国に限らずロシアも「金正日体制の崩壊」を望んでいません。
金正日体制の崩壊は、即「米軍と直接対峙する」事を意味します。
軍事的な脅威を避けたい中国・ロシアとしては「現状維持」が最善の政策です。

また、「金正日及び軍部と交渉できる力」を他国に誇示する事で、国際政治力を増す事が出来るのです。
形式的には「非難」しても、内面では「シメシメ」なんですね。
北朝鮮が国際社会を挑発すればする程、中国の国際社会での発言力が増すのです。
オバマ大統領は、既に「中国の説得を期待している」と発言していますよ。

>中国の本当の狙いは何なんでしょうか?

中国共産党の政治は「清国細大の領土奪回」です。
チベット・東トリキスタン・モンゴルは、既に侵略が完了。
ベトナムを始めとするインドシナは、中越戦争で敗北。
残るは、台湾・沖縄本島を含む琉球列島と朝鮮半島ですね。
台湾・沖縄は、米軍の存在が大きいので実現は不可能。
そうなると、北朝鮮が射程距離です。
チベットを侵略した理由が「チベット民族を解放する」事でしたから、北朝鮮が政治不安になれば「朝鮮民族保護」を目的に、侵攻するでしようね。

政治には「表と裏」があります。
日本でも「北朝鮮を非難」しながら、エロ拓議員はせっせと北朝鮮に度々朝貢しています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:42

>常任理事国の中国が制裁に対して慎重になっている限りは


>北朝鮮になめられるだけですよね。

今回はでかい制裁がくるでしょ。
アメリカは黒人大統領誕生で対話ムードへと流れていたのに、
それを裏切られたとあっては大統領が議会から攻められる
立場になってしまう。世界不況だけならともかく、
新型インフルまで発生して世界がてんやわんやに
なっているというのに。
こんなことしてちゃ逆効果極まりない。

個人的には朝鮮滅亡の日が近づいてうれしい限りだがw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:42

#1 さんの、回答のとおりです。


もうひとつは、北朝鮮、を追い詰めると、戦争、もしくはクーデター、などで、難民が多く出ます。特に友好関係のある、中国、ロシアに難民が押し寄せます。
朝鮮半島の統一も,同じです。韓国経済が、4000万の人が、2000万のひとを、食べさせていかなければなりません。日本も例外では、ないのです。難民は、日本にも流れるでしょう。
そうなると、難民を受け入れなければいけない、法律に批准しているので、人道上、追い返すこともできません。だから、6各国の助けを受けて、ソフトランディングを各国は望んでいます。北もそれを知っていますが、どうしても核保有国を認めてほしいのです。
世界的にも優位に立つし、うまくいけば、ミサイルと、核の兵器で、
利益を上げたいのでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:42

北朝鮮が崩壊すると、中国とロシアは韓国(=アメリカ軍)と直接国境を接することとなります。


そこに正面装備の防衛組織を作らないといけないので、デメリットはあるわけです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 20:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qなぜ中国は北朝鮮をかばうのですか

中国は北朝鮮にあまり厳しい態度をしないみたいですが、なぜ中国は北朝鮮をかばうのですか?
仲良しな国なんですか?

それとなぜアメリカはイラクの独裁政権をやっつけたみたいに、北朝鮮の独裁政権をやっつけないのですか?

Aベストアンサー

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び、裏切り行為があれば、リンチにかけて激しい制裁を加え、挙句殺してしまうところまでいっています。中国が死刑を強硬に行うのは、所謂、同志の「裏切り行為」に対する制裁と見せしめです。おっかないんですよ、中国って。日本でも共産党委員長になった宮本顕治元議員も同志を殺害したという事実があります。とにかく危険な主義・思考なんです。


アメリカが北朝鮮の独裁政権を潰せないのは、イラクの時みたいに大量破壊兵器を持っているのは分かってはいるんですが、問題はその兵器にあるんです。CIAが入手した情報によれば、核ミサイルは勿論、生物兵器・細菌兵器という怖っそろしい武器をゴロゴロ持っているからです。それと並行してアメリカは北朝鮮に対し「攻撃」の大義名分を持っていない。それがアメリカが北朝鮮に対し攻撃できない理由なんです。もしアメリカと北朝鮮が戦争状態に突入したら、アメリカの同盟国である日本にも甚大な被害が出ると、きちんと計算してるからなんです。それと中国にも。


北は中国の言う事なら何でも「ハイハイ」と聞きます。それでアメリカは今懸命に中国を通して北を何とかしろと影の部分で交渉しているのですが、先にも書いた通り、北と中国は「同志」。かばっているからいつまで経っても進展が無いんです。

まず中国ですが、中国は北朝鮮と国交のある数少ない国の1つです。同じ共産主義政権という事もありますし、共産主義独特の思考で「同志」をかばうのは、これ当然の事なんです。

かつて連合赤軍や赤軍派・京浜安保共闘・反日武装戦線グループが日本の共産化を目指し、あちこちで犯罪を犯しましたが(よど号ハイジャック事件・ダッカ事件・連続企業爆破事件・あさま山荘事件・塚田銃砲店襲撃事件・M作戦・クリスマスツリー爆弾事件など)、結局彼らのした事は鎮圧・制圧されました。こいつ等も仲間を「同志」と呼び...続きを読む

Q中国はなぜ、北朝鮮を擁護するのですか

4月14日の東京新聞7面で、北朝鮮のミサイル発射に対する安保理の対応の記事です。
「常任理事国で拒否権を持ち、中国が慎重な姿勢を見せており避難メッセージの採択に向けて米国がどのように中国を説得をするかが協議の焦点となる。」とあります。
1、なぜ中国は北朝鮮を擁護(?)するのですか。
2、それと、「日本は現在安保理メンバーではないが、許可があれば、会合には参加できる」
とあるのですが、誰の許可なんでしょうか。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1、なぜ中国は北朝鮮を擁護(?)するのですか。

中国と北朝鮮は、軍事同盟国だからですよ。

日米の関係とほぼ同じですよ。
経済問題などでは日米が対立することなどもありますが、こと軍事に関しては、同盟を破棄しない限り、敵対・対立は出来ないんです。

基本、日本の敵はアメリカの敵であり、アメリカの敵は日本の敵で、これはもう「絶対」「鉄の掟」なんです。
さもなきゃ軍事的な同盟は機能・成立しません。

ミサイル発射は軍事ですから、この「鉄の掟」により、中国としては北朝鮮を擁護せざるを得ないんですよ・・・。

中国としても、北朝鮮を擁護する国際的な大義名分は全く無いのですが、軍事同盟は「鉄の掟」であり、大義名分にも優先するので、非常に悩ましい状態です。

今や中国も、経済的に大幅に自由化し、西側陣営からの利益流入で潤ってるから、経済圏的には西側と密接です。
それでも拒否権を行使し北朝鮮を擁護すれば、財界としては中国のカントリーリスクを再認識することにはなり、中国は完全に無傷では終わらないでしょうね。


2、それと、「日本は現在安保理メンバーではないが、許可があれば、会合には参加できる」
とあるのですが、誰の許可なんでしょうか。

最終的には「安保理」で、実質的には拒否権を保有する中国,ロシア辺りになります。

安保理は、国連内の最高意思決定機関ですから、安保理が決めたら、まあ「何でも出来る」と言って良いです。
逆に、安保理以外で決めたことは、安保理でひっくり返される可能性があると言うことですね。

日本の常任理事国入りが取沙汰されていることはご存知かと思いますが、日本って国連ではかなり地位が高いんですよ。
負担金拠出額はNo.1だし、非常任理事国として安保理への参加も、最多・最長です。
世界的にも、友好な関係国も多いです。

外交下手な日本としては、国連でソコソコの地位を得ていると言うのは、外交の生命線の一つと言っても良いと思いますよ。

日本の参加に関し採決すると、中国とロシア以外の安保理メンバーは、日本の参加にOKを出しますが、中・ロは不明。

中国に関しては、日本の参加は認めることで、大義や西側との関係に配慮しつつ、安保理決議では拒否権と言う流れが濃厚では?と思いますヨ。

更に言えば、参加を認めないと言う時点で、中国に拒否権を発動させる可能性もあり、少しでも中国を孤立化させないと言う視点からは、日本が会合への参加要請を自重する可能性も有りますね。

この件に関しては、ロシア一国が反対とか、ロシアが率先して反対と言う局面は、まず考えにくいです。
中国が反対するかどうか?で、中国が反対した場合、ロシアも反対する可能性はあります。

そもそもロシアは西側の対立軸として、西側発案に対し拒否権を行使することはやぶさかではないし、ロシアも超大国として、中国を孤立化させないと言う配慮も見せる可能性があります。

一方で、ロシア東部の開発などでは、ロシアは日本と組みたいですから、日本を敢えて否定はしたくない部分もありますね。

やっぱり日本が参加要請を自重する可能性が濃厚かな?
国民的には、納得出来ないですが・・・議決権の無い参加ですから、政局でもそれほど問題視されないのでは?とは思います。

1、なぜ中国は北朝鮮を擁護(?)するのですか。

中国と北朝鮮は、軍事同盟国だからですよ。

日米の関係とほぼ同じですよ。
経済問題などでは日米が対立することなどもありますが、こと軍事に関しては、同盟を破棄しない限り、敵対・対立は出来ないんです。

基本、日本の敵はアメリカの敵であり、アメリカの敵は日本の敵で、これはもう「絶対」「鉄の掟」なんです。
さもなきゃ軍事的な同盟は機能・成立しません。

ミサイル発射は軍事ですから、この「鉄の掟」により、中国としては北朝鮮を擁護せざるを得な...続きを読む

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Qなぜアメリカは北朝鮮を滅ぼさない?

アメリカは世界有数の戦闘狂国家です ベトナムやイラクやクゥェートとは平気で戦争をするのに
なぜか北朝鮮だけは攻め滅ぼそうとしません
朝鮮戦争での敗北がよほどこたえているのでしょうか?
国連の制裁決議には積極的なのに軍事行動には出ませんし…

やっぱり背後の中国・ロシアが脅威なのでしょうか?
でもそんなのはイラクとか攻めたって周辺国とも戦争になりかねないだろうし…


北にだけ戦争を仕掛けないアメリカの思惑は何でしょうか?

Aベストアンサー

北朝鮮に軍事介入すれば中国が確実に出て来ます。
アメリカは今中国と戦争を行う体力がありませんので、北朝鮮へ軍事介入できないと言うのが本音でしょう。
アフガニスタンやイラクで犠牲を出しましたし、その前のベトナム戦争と言う負がありますので、腰を上げられません。
軍事介入に中国も理解出来る何かを北朝鮮が行えば、アメリカが出てくる可能性は有りますが、
その前に中国が軍事介入して事実上の併合をしてしまうかも知れません。

Q北朝鮮からミサイルが飛んできたら

 北朝鮮から核ミサイルが飛んで来て、永田町に落ちたとすると、被害はどのくらい広がりますか? 即死のみならず、疾病による死亡や後遺症も含めて。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイルとする記述もあります。が正直、どの数値が正しいという確証がないため、かなり曖昧な分類となっていることは確かなようです)。

 弾頭を搭載する2段目スカッド・ミサイルの弾体直径は0.9m弱で、弾頭を搭載するスペースが非常に小さく、核運搬兵器としては戦術ミサイルと呼ぶべき種類の物でしか在りません。
 同サイズのミサイルの弾体重量も最高で0.8tを下回り、最大重量を搭載すれば当然ながら最大射程まで飛ばすことはできず、目標距離を計算した搭載重量に低減させられることになります。

 核専用ミサイルとして新規設計するならともかく、化学・生物兵器弾をも搭載可能な柔軟性設計とするのが一般的な考え方であり、弾頭重量を500kgとした場合、そこに搭載される核弾頭は20~50kt程度と見積もることが出来ます。

▼弾頭の威力と被害予想に関する書籍やサイトを調べたのですが、詳しく述べている物を見つけられませんでした。

 現在、北朝鮮は20kt級核爆弾を7~8発製造可能なプルトニウムを抽出していると観られています。
 広島は投下されたLittle Boyは13kt(ウラン235)により20万人の犠牲者をだし、長崎もFatmanが22kt(プルトニウム)によりは7万4千人が数箇月の間に亡くなり、その後の調査で死亡者数が15万人にも達しました。平坦な広島に対して山間部による起伏が被害を減少させたのです。
 しかし、都会の場合、破壊された建造物が市街地を埋め尽くし、瓦礫と化した廃墟街を車輛で移動することは非常に困難であり、そのような地を人が歩くことも容易くはないでしょう。人口1200万(平日であれば都郊外からの近県から、多くの労働者が都心へと集まるため、被害想定人口はかなり高いと見るべきでしょう)の中心で核爆発が発生したシミュレーションをまだ目にしたことがないので解らないというのが本音です。

 ただ爆発後の死亡と放射能汚染による傷病認定が懸念されるかも知れませんが、他国からの攻撃であることを考慮するなら、政府も寛大に攻撃による疾病患者であることを認めるはずです。
 さらに大都市が核汚染に見舞われた場合、救援する側が対核防御服を身につけていなければ活動できないことです。日本ではこの手の状況対応能力が(ちいさな自衛隊部隊以外)ほとんどゼロであると言う事実です。つまり、救援したくても救援する側に被害が出るため救援活動が行なえず、放置された数日の間に助かる多くの命が失われるでしょう。

 個人的にはその数を500万~700万と見積もるのが妥当かと思っています。

■他サイトで同じような質問に答えているのですが、解りやすく新たなデータを追加したため長文となってしまいました。

 北朝鮮が保有する弾道ミサイルで、日本への発射が懸念される物にノドン2号とテポドン1号ミサイルがあります。
 ノドン2号は旧ソ連が開発したスカッドの亜種で、1,300kmの射程を持つと言われています。一方テポドンは1段目にノドンを使い、2段目にスカッドの弾体を結合して作った2段式弾道ミサイルで、射程も1,700km~2,200kmと見積もられています(射程および発射速度から中距離弾頭ミサイ...続きを読む

Qなぜどの国も北朝鮮を空爆しないのか?

核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?アメリカはイランのことばかりだし。バックに中国がいたとしてもアメリカの戦力なら北朝鮮くらい占領できるんじゃないですか?
正直将来日本が滅ぼされないか不安です。

Aベストアンサー

 将来、日本が北朝鮮に滅ぼされることはありません。

 日本が北朝鮮から受ける可能性のある最大の被害は、北朝鮮崩壊による難民が日本に押し寄せた場合と、北朝鮮の原子炉がメルトダウンして、(北朝鮮の原子炉は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉)原子炉内の核物質がばら撒かれ、ジェット気流に乗って日本海や日本にばら撒かれることです。

 <核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?>
 現状では、金正日が死んで状況が変わることのほうが、空爆などで手を出すより、ことが上手く解決する可能性が高いからです。

<解説>
 中国が自給自足経済の毛沢東路線を取って、アメリカ・ソ連と対立していた頃、北朝鮮はアメリカ軍の駐留する韓国と中国の間にあって、中国の友好国で、中国と国益を同じくしていました。

 ところが、1979年の中越戦争(中国とベトナムとの間の戦争)で、アメリカとの間の長い戦争を経験したばかりのベトナム軍に、中国は事実上の敗北を喫したのです。(人海戦術で、ベトナム軍の何倍もの兵員を投入し圧勝のつもりが、侵攻はしたもののベトナム軍の何倍もの損害を出して、予定していた目的地のはるか手前で軍需物資が底をつき、結局撤退せざるをえませんでした。)
中越戦争
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E8%B6%8A%E6%88%A6%E4%BA%89
 この戦争で、中国の人民解放軍は「毛沢東路線=自給自足経済」では近代戦は戦えないという結論を出し、毛沢東路線から鄧小平路線へ、完全に支持を変えました。

 この後、ベルリンの壁崩壊・ソ連崩壊・東西冷戦終結となり、中国も鄧小平の改革開放経済のもとで経済を資本主義化し、急激な経済発展とを遂げ、貿易で大儲けするに至りました。(人民解放軍も軍事予算が急増し、急速に近代化しました。)
 
 この過程で、北朝鮮は「中国の唯一の友好国」から「中国のお荷物」へと変わってしまいました。

 豊かになっていった中国は、貧しいままの北朝鮮へ援助増やし続けるよりも(豊かな国と貧しい国が国境を接していれば、貧しい国が不法入国や犯罪の温床となります。お互いの貧富の差が大きいほど、この傾向は大きくなるので、援助をして貧富の差を少なくする必要が出てきます。)アメリカと日本のように、中国と歩調を合わせて国力を増して通常兵器を大量に買ってくれる国になってもらいたいのです。
 また、現在のように食糧不作の年に、食糧援助がなくなれば国民の2割、500万人が餓死するような状態では、いつ独裁政権が崩壊して政治的混乱が起き、数百万という大量の難民が中国に流れ込むか分かりません。これを確実に回避するには、北朝鮮を豊かにするしかありません。

 ところが、過去の歴史を見れば、「国民が豊かになると、民主化要求が強くなり、独裁者は政権を追われる」という法則があります。
 つまり中国の希望は、「北朝鮮を集団指導体制で豊かにしてもらいたい。(=中国の現在の政治体制)世襲は認めないが、金正日が生きている間の独裁は認める。」ということなのです。

 更に、中国の経済発展・対外貿易拡大は、アメリカと中国の関係緊密化をもたらしました。
 今や、アメリカの貿易相手国第一位は中国で、中国の貿易相手国第一位もアメリカとなりました。
 中国は2007年にはアメリカとの貿易で、15兆円以上を儲けており、そのお金で軍備拡張をしていると言ってもいいくらいです。更に中国はアメリカの国債を70兆円以上も持っており、買い増ししています。
 ですから、北朝鮮とアメリカが戦争する事態になれば、中国は北朝鮮を見捨てます。アメリカと戦争すれば、中国は借金を踏み倒され毎年の大儲けも吹っ飛んで、経済が崩壊しますから。

 ただし、アメリカと北朝鮮の戦争で北朝鮮から数百万の難民が流れ込むのは、経済崩壊よりましではあるものの大迷惑です。
 そこで、北朝鮮にアメリカを刺激することはやめろと言っているのですが、金正日がなかなかうんといわないのです。

 金正日は、父親の金日成から政権を引き継ぐために、北朝鮮の謀略部隊の指揮官として実績作りをし、政権強化・財政確保のため国際的な違法行為に手を染めました。
 具体的には、大韓航空機爆破テロ(=アメリカ人も死亡)・アメリカドル偽造・覚せい剤密造などです。
 アメリカ政府は、金正日を拘束しさえすれば、いつでもアメリカ国内法で裁いて、刑事罰を執行することができるのです。
 アメリカ政府は、過去に外国の独裁者に対して、軍事作戦を何度となく計画したことがあり、(キューバのカストロ将軍、リビアのカダフィ大佐など…)実際に成功例もあります。

パナマ侵攻=ノリエガ将軍逮捕→フロリダ刑務所に収監
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%91%E3%83%8A%E3%83%9E%E4%BE%B5%E6%94%BB

 アメリカが北朝鮮に電撃侵攻し、金正日を拉致した後に、北朝鮮に親中国の集団指導体制政権が成立するというシナリオがありうるのです。

 これに対して、中国に頼れなくなった金正日は、国民の餓死を無視し、空軍・海軍の在来兵器の更新を中止して防衛力を崩壊させてまでも、核兵器開発・在日米軍を攻撃できるノドンの実戦配備・長距離ミサイルの開発に力を集中しています。

 アメリカも、余命が知れている金正日を拉致をした結果、沖縄の米軍基地にノドンの集中攻撃を受け、在日米軍将兵に多数の死傷者が出るのは得策でないと判断していると思われます。

 また、金正日と少数のその取り巻きの生存のための核兵器開発であり、北朝鮮からの先制攻撃は自分たちの破滅を意味しますから、(アメリカは、攻められれば徹底的に反撃するのが国是)現在のところ、ほとんどありえないとアメリカは見ています。

 将来、日本が北朝鮮に滅ぼされることはありません。

 日本が北朝鮮から受ける可能性のある最大の被害は、北朝鮮崩壊による難民が日本に押し寄せた場合と、北朝鮮の原子炉がメルトダウンして、(北朝鮮の原子炉は、チェルノブイリと同じ黒鉛炉)原子炉内の核物質がばら撒かれ、ジェット気流に乗って日本海や日本にばら撒かれることです。

 <核開発を進めるなど、北朝鮮は危険なことばかりしていますがなぜどの国も北朝鮮をほっとくのでしょうか?>
 現状では、金正日が死んで状況が変わることのほう...続きを読む

Q中国は、民主化できると思いますか?出来ると思う方は、いつ頃に出来るのか

中国は、民主化できると思いますか?出来ると思う方は、いつ頃に出来るのか?そう思う理由も教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 中国が経済発展を続けるなら、「中国の民主化」自体は、必然でしょう。

 ただそれが、いつ頃になるかというのが問題の第一で、どのような形で行われるかというのが問題の第二となります。

・一般論
 アジアを始めとする各国の民主化のパターンなどからすると、一人当たりGDPが1万ドル~1万5000ドルあたりになると、民主化が起こります。(GDPが先進国の4分の1を超えると、民主化が起こるパターンが多い。先進国のGDPが2万5千ドルだった頃は、6000ドルを超えると、民主化が起こり始めた。)

・中国独自の要素
イ、広大で、人口も多く、多民族国家であり、ロシア東部も含めたヨーロッパ全土に匹敵します。
 中国:人口13億人、面積960万平方キロメートル
 ヨーロッパ:人口7億3千万人、面積1,018万平方キロメートル、国数約50

 これだけの広さと多様性を持った地域において、一党独裁体制がなくなり民主化すると、国家分裂の可能性が非常に高くなります。
 ⇒ユーゴスラビア:「7つの隣国、6つの共和国、5つの民族、4つの言語、3つの宗教、2つの文字により構成される1つの国」と表現されたユーゴスラビアは、共産党政権が民主化を行ったことによって、分解してしまいました。

ロ、中国の人民解放軍は、「党の軍隊」の性格があり、人民解放軍を完全な国軍に改編しないと、民主化が不可能です。
 ⇒ 民主化によって共産党が政権を失っても、最強の暴力機関である軍隊の支配権は共産党が持ったままとなるのでは、政権奪取した政党が統治を実施するのは困難です。
 

1、今後10年程度の間には、民主化はない。
 長期独裁政権の弊害が大きい状態であっても、経済成長が続き、国民が急速に豊かになることが出来る間は、政権が倒れる可能性は少ない。

2、それ以後は、二つのケースが考えられます。
 A、ハードランディング
 国家経済が十分に大きくなってきて、成長力が大きくなった経済規模に比べて低下してきて(経済規模が10の時、1の成長は経済成長10%だが、経済規模が100の時、1の成長は1%にしかならない。どんな国も、発展途上国の間は高成長となる要素を持っているが、発展途上国から中進国になってくると、経済成長は自然に低下する)、以前に比べて豊かになれなくなった国民の不満が、長期独裁政権を吹き飛ばそうとする。
 このような動きに呼応して、漢民族に抑圧支配されていると感じている少数民族が、大規模な独立運動を開始する。
 これらに対して、政権側は軍によってこの動きを押さえこむ動きに出る。

 このようなことが何度か繰り返されたのち、軍事力でも抑え込むことが不可能となり、各地域ごとにモザイク状に民主化・少数民族の独立が進み、分裂・独立化する。
 ⇒ ソ連からロシア他10数カ国に分裂

 B、ソフトランディング(可能性は、少ない)
 イ、独裁政権が民主化スケジュールを発表
 ロ、人民解放軍の支配権を共産党から切り離し、完全に国軍化する改革を行う。
 ハ、多数政党制を認めて、国政選挙を行う。
 ⇒ 尚、この過程でも、多少の軍事行動・暴動・少数民族独立運動が起こる可能性が高い。  

 中国が経済発展を続けるなら、「中国の民主化」自体は、必然でしょう。

 ただそれが、いつ頃になるかというのが問題の第一で、どのような形で行われるかというのが問題の第二となります。

・一般論
 アジアを始めとする各国の民主化のパターンなどからすると、一人当たりGDPが1万ドル~1万5000ドルあたりになると、民主化が起こります。(GDPが先進国の4分の1を超えると、民主化が起こるパターンが多い。先進国のGDPが2万5千ドルだった頃は、6000ドルを超えると、民主化が起こり始め...続きを読む

Q日本のミサイル防衛にTHAADが無いのは何故?

【ワシントン共同】米陸軍当局者は26日、米領グアムに配備した高性能の地上発射型迎撃システム「高高度防衛ミサイル」(THAAD)が完全な稼働状態に入ったことを明らかにした。との報道です。
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130427/amr13042709290001-n1.htm
一方日本の場合イージス艦から発射するミサイルとPAC3でTHAADはありません。
日本の場合THAADは無くても良いのですか?


 

Aベストアンサー

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km にある化学圏) に突入してきた最終段階での弾道弾を撃墜する Missile です。

一方、日本が Aegis 艦に搭載している SM3 (Standard Missile 3) 161B Block IA は射程 400km、射高 250km で、先端部が Kinetic 弾頭と呼ばれる高機動弾頭になっているように、空気のない大気圏外での超高速運動能力を持たせたものとなっていて、THAAD よりも高性能な Missile になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=Clny6teU5ik&feature=youtu.be

最初に海上自衛隊に配備された「こんごう」の SM3 161B Block IA は高度 160km を飛行する模擬弾道弾の直撃撃墜に成功していますし、現在は日米共同開発になる Block IIA の地上試験を終えて来年に飛行試験、2018 年には現在の Block IA を Block IIA に置き換える予定になっています。

http://www.youtube.com/watch?v=A6CIu9fRk3k

地上発射型で射程が 200km しかない THAAD では幅数百km 長さ 2000km 余りの日本列島に数十基の発射機を配置しなければならず、何時 Terrorism だの過激な反対運動の前に壊されるか判ったものではないのに比べ、SM3 は部外者など近付けない Aegis 艦の中にありますし、相手国の Missle 発射機から 400km 以内の海域に派遣すれば 1 隻で事足ります。

相手国が日本に向けて発射する Missile の Course は決まっていますので、日本列島近海に配置する Aegis 艦の数も数隻あればよく、既に海上自衛隊は上記「こんごう」型 Aegis DDG (Missile 護衛艦) を 4 隻、次級の「あたご」型 Aegis DDG を 3 隻運用していますので、2~3 隻が定期整備中であっても常時 4~5 隻は緊急配備に就くことができるようになっています。

>日本の場合THAADは無くても良いのですか?

はい、必要ありません。

THAAD (Terminal High Altitude Area Defense) Missile は射程 200km、射高 40km~150km の地上発射型迎撃 Missile で、High Altitude Area Defense (高高度域防御) の部分だけを見て ICBM (Inter-Continental Ballistic Missile:大陸間弾道弾) をその頂点付近の宇宙空間で迎撃するかのように誤解されがちですが、Terminal (末端の/終末の) のいう言葉が示すように、目標に向かって高度を下げて大気圏 (成層圏よりも上の 40km~150km ...続きを読む


人気Q&Aランキング