年の近い兄がいてシリアスな絶交を経験した方がいれば特にと思います。

年子の弟とはおよそ千日以上会話していません。
絶交にもっていったのは私の方です。
1年前に家を出てきて弟のいる家族とは距離をおけ、
今になりよく考えて、自分がわるかったとこちらから伝えられる心持になりました。

弟はこの間で高校を中退したり母や三男とも仲をわるくしたりで、アルバイトをのぞいてだいぶん孤立しているようだと聞いています。

この時期だと何のきっかけもない突然のアプローチなわけですが、
メールを打って謝意を伝えようと考えています。なるべく思っていることを正直に。
それで、返信の期待がしづらいなかで、どう書けばより弟に納得してもらえるかを参考したいです。
経験のある方がいらっしゃれば私に教えてくれませんか。

A 回答 (3件)

[メール]よりも自筆の[手紙]のほうが


ハ~トが伝わるでしょう。
便箋を選び・封筒を選び・切手を選び
ましょう。

素直な気持ちで
アナタさまが思っていることを
心を込めて書けばいいのです。
[借物のアイデア]はダメです。
(底が割れてしまい逆効果、却ってキケンです)

1字1字、真心を込めて書いた
アナタさまの想いは
行間から確実に伝わります。
大丈夫です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
今回手紙のアイデアは私の頭から出てきていなかったのでハッとしました。手紙にします。

お礼日時:2009/05/31 20:22

あくまで参考意見ですが・・



iluv2mさんの弟さんと仲直りしたいというお気持ちはとても善いことで、それは今の素直なお気持ちを率直に弟さんに伝えて、ぜひ雪解けを迎えていただきたいと思いますが。

ただ、弟さんの現在の心理的状態はどうなんでしょう?
他のご家族とも仲を悪くしたり孤立しているとのことでしたら、もしかしたらこの1年の間に、弟さんの人柄が以前より荒んでいたりする可能性はありませんか?

iluv2mさんの今のお気持ちを、弟さんが素直に受け取ってくれる最も効果的なタイミングは、弟さんの気持ちが穏やかな状態の時、もしくは弟さんも和解を望んでいる時です。
万一、弟さんの気持ちがささくれ立っている時にiluv2mさんのいまのお気持ちを伝えても、正しく受け止めてもらえない場合も出てきそうですがいかがでしょう。もちろんその逆もあるでしょうが。

そういう意味では、一方的になってしまいがちな手紙より、直接会ってお話したほうが良さそうですし、上手く伝えられるかどうか不安でしたら、気持ちを書いた手紙を持参して会った時に読んでもらってもよいのではないでしょうか。

いずれにしても、事前にご家族にでも弟さんの様子を伺ってみてはいかがですか? こういうことは「タイミング」がとても大切です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
直接働きかけることが最良なんだと重々分かっていることなのですが、そもそもとして自分がそこまでの勇気を出せるか分からない上に、実家に帰るのは8月になるので、下にも書きましたとおり手紙で試みる事にします。

お礼日時:2009/05/31 20:28

こんばんは。



私も、ひとつ違いの兄と喧嘩の末、2年位絶交していたことがあります。
お互いに、お互いの触れられたくない部分を罵り合った結果でした。
今は、仲直りしています。
仲直りしたきっかけは、引っ越ししたばかりの家で
突然停電になり、パニくった私が、兄に助けを求めたことでした。
「お兄ちゃん、どうしよ~」って。
なので、特に絶交の原因を謝罪したとか、そういうやりとりはなかったです。
でも、仲直りした後の行動や言動で、そのときの兄の考えが見えてきて
今は、以前よりも良い兄妹関係でいれています。

「誠意を伝えたい」のなら、メールじゃなくて、直接が良いと思いますよ。
誰に対しても、本気の謝罪は、相手を目の前にしてじゃないと、本気がわからないですし。
「あの時は兄ちゃんが全面的に悪かった。ごめんなさい。」だけでも良いんじゃないでしょうか。
絶交の原因がわかってるのなら、そこだけをきちんと改善して
あとは、以前のままのお兄ちゃんでいてくれる方が、下にいる者には楽です。
弟さんも、色んな事を経験して、色々悩んで、大人になってきているから
質問者さんの想像よりも、たぶん、怒ってはいないと思いますよ。
むしろ、絶交したことを、悲しいって思ってるかもしれないし。
弟さんは、「まだ兄ちゃんは怒ってる、どうしよう」から動けていないかもしれないし。
全然うまく言えてませんが、質問者さんの真意は、伝わると思いますよ:))

参考になれば。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング