やや急いでおり、詳しく調べている暇がないのでこちらで質問させて頂きたいと思います。

波長375nmのLEDブラックライトでもGFPマウスは緑色に発光するのでしょうか?
波長としては近紫外線の波長内に入っていると思うのですが・・・
あと、もしよろしければLEDブラックライトと紫外線の違いみたいなのも教えていただけると助かります。
よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

375nmなら発光するようですね。

改良型のGFPでは励起波長が481nmと書いてありますから、これだとLEDブラックライトでも青色LEDでも蛍光を観察できるはずです。
http://www.gelifesciences.co.jp/contact/imaging/ …

紫外線とは10~400nm程度の範囲の波長の光のことです。
LEDブラックライトは紫外線領域の可視光に近い領域に発光波長のピークを持ちます(375nmとかいうのはそのことです)。しかし可視光も結構出すので、見た感じ白っぽい青紫色で弱く光っているように見えます。蛍光灯のブラックライトはほとんど光っているのが見えないですけどね。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QアメリカのToys"R"us(Babies"R"Us)のRewards

アメリカのToys"R"us(Babies"R"Us)のRewardsについて

アメリカのToys"R"us(babies"R"Us)のRewardsは、どのように使用すればいいのでしょうか?
会計時、カードをスキャンしてもらうのですが、そのポイント(?)はどうやって使用することができるのでしょうか?
ダイパーなども、箱で買っているのですが、「9箱買うと10箱目は、free」となってますが、それはクーポンなどが送られてくるのでしょうか?

英語が苦手で、Toys"R"usのHPの内容を理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

9箱買うと10箱目は、free...に目がくらみ、ちょっと調べてみました。(笑)

$150使うとそれに対して$5のサーティフィケイト(“R”Us Dollars)が発行されるようです。
一ヶ月に$20分まで、一アーニングピリオド(だいたい3ヶ月間)に$60分までと決まっています。

アーニングピリオドは:

2月1日-4月30日
5月1日-7月31日
8月1日-10月31日
11月1日-12月24日

12月25日-1月31日に関しては、ポイントは加算されないようですね。。。

ポイントが貯まってから、約8週間から12週間待つとサーティフィケイトが送られてくるそうです。
ご自身でいくら使ったかを確認しておいて、12週間以上経っても送られてこない場合は、連絡してきてくださいね、と書かれてあります。

ダイパーですが、9ヶ月間に同じブランド(二つのブランドがこのプロモーションに入っているようですが)のバリューボックスを9箱買えば、サーティフィケイトが送られてきます。

サーティフィケイトには使用期間があるようですので、気をつけてくださいね。

QオワンクラゲのGFPについて

オワンクラゲが自然界でGFPを利用して、光る事の意義、役割はなんでしょうか?
調べてみたものの詳しくは分かりませんでした。
外敵を威嚇するという事なのでしょうか?

Aベストアンサー

(#18) 発光クラゲや発光サンゴに代表される自ら発光する生物が、進化上どのような過程を経て蛍光タンパク質を持つに至ったのか、また蛍光タンパク質は生存に必要なのか? 私にはどうしても発光することが生存に必要だとは考えられません。むしろ、自らの位置を敵に知られてしまうため、生存には不利なのではないでしょうか? この謎を解明するためには、蛍光タンパク質をノックアウトした個体を自然に近い環境下で観察すればいいのではないかと考えます。

#18-#14 すべの形質や生物によって生合成されるものが進化論的に有利にはたらいているとは私は思いません。たとえばある酵母を例にとってみますと、非常に耐熱性のあるタンパク質を合成しますがその温度でその酵母は到底生きられません。不思議です。でもこの場合、発光クラゲなどに存在する蛍光タンパク質には役割があるような気がします。例えば逆に天敵をおどかしたり、光を発することで自分の餌となるプランクトンなどをおびき寄せたり、はたまた蛍のように求愛したり様々に利用されている気がします。

#18-#16 自ら発光する生物は生存に不利ではないか?’とのことですが、深海に生息するくらげの一種には発光物質による発光で被食対象を誘引し捕食する者も存在します。また、生物の中には捕食行動のために自らの体内に生きたままの被食対象を取り込み、半日から丸一日かけて消化するという生物もいるように、生存環境が異なればそれに応じて様々な条件も変化するので、一概に発光物質を持つことが不利とは言い切れないと思います。

#18-#20発光する生物はホタルを始めとしてクラゲ、サンゴ、キノコなど色々といますが、世界には発光するミミズ、ムカデ、カタツムリなどもいるようです。クラゲがなぜ発光するのかは分かりませんが、仲間をよび集めるということに関係しているのではないでしょうか。発光するキノコには食べると中毒症状を起こさせるものがあるそうで、自分は危険な生物であるとアピールをしているのかもしれません。

参考URL:http://home.hiroshima-u.ac.jp/shimizu/lec_grad_03_insitu.html

(#18) 発光クラゲや発光サンゴに代表される自ら発光する生物が、進化上どのような過程を経て蛍光タンパク質を持つに至ったのか、また蛍光タンパク質は生存に必要なのか? 私にはどうしても発光することが生存に必要だとは考えられません。むしろ、自らの位置を敵に知られてしまうため、生存には不利なのではないでしょうか? この謎を解明するためには、蛍光タンパク質をノックアウトした個体を自然に近い環境下で観察すればいいのではないかと考えます。

#18-#14 すべの形質や生物によって生合成されるも...続きを読む

QGFPについて

GFPについてその発見・単離など調べていたところオワンクラゲからgfp遺伝子をクローニングしたのはDr. Douglas Prasher、Dr. Tsujiの二人がいることがわかりました。

二つのGFPを比較してみたところ塩基数、また数個のアミノ酸の違いが確認できました。これはオワンクラゲに二つのgfp遺伝子が存在するという意味なのでしょうか?それとも単にシークエンシングのミスなのでしょうか?ご教授お願いいたします。

また現在タンパク局在解析に用いられているGFPはどちらが発見したGFPを大元にして利用されているのでしょうか?(特に細菌に利用されているものについて)
合わせてよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

この二つのGFPのクローニングされたオワンクラゲはとられた海(海岸)が違います。なのでひとつのクラゲゲノムに二つの遺伝子があるわけでもなく、配列の読み間違いでもありません。その当時の生化学的な解析からこのアミノ酸の違いによっての大きな性質の異なりは無かったと言うことになっています。
Prasherのグループ由来の遺伝子がクローンテックなどにわたり現在の変異体humanized GFPや、発色団などの変異体であるEGFPなどに改良されています。ですので現在はクラゲ由来のGFPのDNAの配列とEGFPなどの改良型のGFPは、コドンをいじっているためにかなり異なったはいれつになっています。
細菌には古いタイプのGFPをそのまま利用しているグループもあるとおもいますが、一番普通のやつといえば、現時点ではPrasher-clonetech系の物ではないでしょうか。

QGFP-C1のC1って?

GFP-C1の"C1"ってどういう意味でしょうか?

Aベストアンサー

クローンテックの蛍光タンパク質シリーズの製品で私の使っているものにも、最後にC1と
ありますが、こちらCのはGFPのC末端側にクローニングサイトが有るという意味の記号で
すね。クローニングサイトがN末側にあるものには最後にNという記号がついています。

QGFP融合タンパク質と抗体が反応しません。何か良い方法はないでしょうか?

A:以下に、実験方法を書いたのですが、どこに問題があるのでしょう?
B:GFPやその関連のタンパク質の融合タンパクを使われた方で抗体と反応しなかったことはありますか?

Aについて、
酵母細胞内で、GFP融合タンパクを発現させて、
蛍光顕微鏡観察で発現を確認しました。
そこで、
・WesternでGFP抗体と反応させてみたましたが、
バンドがでません。
・免疫沈降後SDS-PAGEやって見てもだめでした。
条件を代え、
1:抗体濃度を変えたり、抗体反応も、オーバーナイトにしました。
2:Westernの条件で、PBSをTBSにしたりしました。
3:Westernで使うタンパク抽出方法は「サンプルbufferでボイル溶解」から、
「1:集菌した酵母にサンプルbuffer・プロテアーゼインヒビターを加え、加熱(100度)2:ガラスビーズを加え、ボルテックスで破砕、加熱、3:遠心」に。
抗体は、マウスIgGを使っています。


B:について、
論文で、ある種のGFPとの融合タンパクはWesternでは
抗体と反応しなかった。
と書いてあったものがあると、人づてに聞きました。
やはりTagをHAやMyc、Fragに変えたほうが良いのでしょうか?


長々とすみません。書き方が的を得ていないかもしれませんが、教えてください。お願いします。

A:以下に、実験方法を書いたのですが、どこに問題があるのでしょう?
B:GFPやその関連のタンパク質の融合タンパクを使われた方で抗体と反応しなかったことはありますか?

Aについて、
酵母細胞内で、GFP融合タンパクを発現させて、
蛍光顕微鏡観察で発現を確認しました。
そこで、
・WesternでGFP抗体と反応させてみたましたが、
バンドがでません。
・免疫沈降後SDS-PAGEやって見てもだめでした。
条件を代え、
1:抗体濃度を変えたり、抗体反応も、オーバーナイトにしました。
2:Westernの...続きを読む

Aベストアンサー

遅くなってすみません。

>「IB=ImmunoBlotting」ですか?
そうです。個人的な趣味ですが、僕はWestern blottingよりImmuno...を好みます。厳密には使い分けると思います。

>なぜ「目的のサイズでない」ことも あるのでしょうか?
タンパク質の持つ等電点(電荷)で泳動度が変わることが時に起きます。塩基性が妙に高いとか、かなり特殊なタンパク質の場合に起きます。
あとは予期しない翻訳後修飾や切断によって大きくなったり小さくなったり。

>「デグ」とは?
デグラデーションの意味でかきました。ごめんなさい。壊れるというつもりでした。

Ureaは8Mを通常用いますが、これで可溶化したサンプルを直接SDS-PAGEにかけると泳動パターンが乱れることがあります。そのときは、希釈したり、沈殿してからやってみてください。
僕は普段は哺乳類細胞を使っているため、特殊な場合(二次元電気泳動の時やタンパク質の個々の性質で必要なとき)を除いては、urea以外の方法で可溶化を行っていますが、酵母ではureaを使うと改選することがよくあります。あと、タンパク質抽出になれていない後輩と一緒に実験をしていたときに、同じことを何回か繰り返させたら急にとれるとうになったこともあります(何が変わったかわかりませんが・・・)。
プロトコールは、何だろう。そこら辺にあるタンパク質のプロトコール本(羊土社の「タンパク質実験ノート」など)でよいと思います。

また、何かありましたら。

遅くなってすみません。

>「IB=ImmunoBlotting」ですか?
そうです。個人的な趣味ですが、僕はWestern blottingよりImmuno...を好みます。厳密には使い分けると思います。

>なぜ「目的のサイズでない」ことも あるのでしょうか?
タンパク質の持つ等電点(電荷)で泳動度が変わることが時に起きます。塩基性が妙に高いとか、かなり特殊なタンパク質の場合に起きます。
あとは予期しない翻訳後修飾や切断によって大きくなったり小さくなったり。

>「デグ」とは?
デグラデーションの意味でかきまし...続きを読む

QGFPについて

GFPについて
GFPを細胞内で蛍光させる際に、このGFPというタンパク質はいつから(どの段階から)蛍光しているのでしょうか。リボソームで翻訳されたら蛍光し始めるのでしょうか。それとも高次構造をとった後に蛍光し始めるのでしょうか。植物細胞に限って質問をさせていただきます。

ご存知の方、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

高次構造をとった後です。そうしたら励起光をあてれば光ります。

Q免疫染色について

免疫染色を行い、図のような結果が出たとします。
左はコントロールで、右は調べたいことで、この実験はレンチウイルスにEphB2とGFPとshRNAを導入して、EphB2の発現を抑制されるのかという実験です。
ここでこの結果の見方が分からないのですが、GFPで蛍光を見ているのに真ん中の図には赤色の蛍光があります。
これはどういう意味なのでしょうか?
原理自体よく分かっていないのでこのような質問となってしまいましたが、分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

GFPがどうして発現しているかということをきちんと読んで
確かめて下さい。

私が想像するに、

実験系のレンチウイルスは「GFP」と「EphB2に対するshRNA」
これら2つを導入するためのウイルスであると思います。

そしてコントロールの実験では
「GFP」と「EphB2に対するshRNAの配列をランダムに入れ替えたshRNA(scrambled shRNA : Scr)」
を導入するレンチウイルスを使っていると思います。

で、

顕微鏡下でみている細胞が、
「それぞれのレンチウイルスに感染しているかどうか確認しなければいけない」ので
(でないとただの細胞を観察しているだけになりますので)

感染しているかどうかを「GFP」が発現しているかどうかで判断するわけです。

そして、「感染している細胞」がそもそもの実験の目的である
「EphB2の発現をshRNAで抑えることができているか?」
を確認するために、EphB2を赤色で染めるということになります。

そうやってみると、緑色で且つ赤色がない細胞であれば、
レンチウイルスでEphB2の発現が抑えられているということになります。

コントロール実験では、SCRはEphB2の発現をそもそも抑えないので
緑で且つ赤色という細胞になるはずなのです。

これにより、

レンチウイルスそのものは、EphB2の発現に影響が無い、
導入したshRNAがきちんとEphB2の発現を抑えている

ということを証明したことになります。

GFPがどうして発現しているかということをきちんと読んで
確かめて下さい。

私が想像するに、

実験系のレンチウイルスは「GFP」と「EphB2に対するshRNA」
これら2つを導入するためのウイルスであると思います。

そしてコントロールの実験では
「GFP」と「EphB2に対するshRNAの配列をランダムに入れ替えたshRNA(scrambled shRNA : Scr)」
を導入するレンチウイルスを使っていると思います。

で、

顕微鏡下でみている細胞が、
「それぞれのレンチウイルスに感染しているかどうか確認しなければいけない」の...続きを読む

QSTAP現象の証明。Oct4÷GFP

素人ですが興味ある分野なので分かったような勝手な事を答えたり正直に質問したりしています。またネット情報の一部しか閲覧できずに、ライブセルイメージの動画も論文も見ていません。宜しくお願い致します。


Oct4の発現は信頼できる初期化の(必要)条件になるのですか。
Oct4とOct4-GFPは翻訳・発現~寿命まで同期するのでしょうか。動画的冗長なライブセルイメージデータよりも、GFPの蛍光がOct4発現と同期しているかではないのでしょうか。

GFPが同量であっても細胞内の分布や細胞のサイズや励起光(源と細胞同士)の関係など影響しますよね。つまりライブセルイメージの単独動画は無数の事象を平均的に総合評価できない。

GFPの寿命とかも全く知りませんので宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

最近の理研(CDB)の態度はSTAP現象を解明すると言っています。まさにそのとおりで、混沌としてきているのです。

ライブCellイメージング映像にあるように
2日目くらいにOct4_GFP発光のSTAP細胞が発現してきます。

素人的にはこれでSTAP細胞発見です。
ところが、若山教授は、この細胞で胎盤、胎児を作出です。

ここまでくれば、理研のSTAP細胞発見です。

ところで、小保方騒動のさなか、丹羽氏が作ったSTAP細胞の
8株調べてみると、TCR再構成が確認できなかったと発表した。

若山教授これは小保方氏への信頼感が揺らいだ瞬間でした。
それで、論文撤回を要求。

小保方氏のあの電気泳動の実験。本当にキチント
TCR再構成を確認したのか?

笹井氏によるとこのSTAP細胞。T細胞の1/2のサイズで
細胞質が殆どない細胞のようです。
会見の時電子顕微鏡写真が添付してあった。

一年掛けて追試をやるしかないだろう。

QTy Beanie Babies

4年前に、ふわふわした うさぎさんの ぬいぐるみを
友人の誕生日プレゼントに あげました。\(^_^)/
ほんっとに かわいい ぬいぐるみなので、自分用にも
ほしくなってしまい、以前 購入したお店や、いろいろな
店舗をまわって 探してみたのですが、いまでは
どこでも みつけることが できませんでした。
おそらく Ty Beanie Babies のぬいぐるみ だったのでは
ないかと思うのですが、HPなどでも 探せませんでした。
どなたか おなじような うさぎさんを 育てていた方は
いらっしゃいませんか。
うすーい ピンク色の うさぎさんです。

Aベストアンサー

はじめまして。
こちらのうさぎさんは確かにTyの商品ですが、
BabiesではなくClassicのもので、名前は「Eggsworth」と言います。

残念ながらRetired(引退:生産終了)となっていますが…
名前が少しでも手がかりになれば、と書き込ませていただきました。

QGFPメダカ

GFPメダカについて質問ですが、あれは波長いくつのUVを、どのくらいの強度で照射しているのでしょうか?あいつら癌にならないんですか?
あとあの水槽はUVカットの特別性ですか?

Aベストアンサー

GFPは可視光で励起出来ます。青いダイオードで照らすと緑に光ると
思って下さい。どのくらいの強度で照らせばいいかは、どこにどれ
だけ組み込んだかを知らないのでアレですが、とりあえず、UVをバ
ンバン当てる必要はないってことで。


人気Q&Aランキング