現在、夫の社会保険の扶養に入っています。扶養から外れる条件として、月収が10万8千円余りを超えた時ときいたのですが、これは1回でも超えるとすぐに外れるのでしょうか。パートで働いていますが、今月・来月は勤務時間が多く超える可能性があります。ただ、またその後は少なくなり、年間では130万円を超えないようにしています。もし即刻外れるようなシステムなら、月末は無理にでも休もうかとも思っていますが、どこから情報がわかるのでしょう。詳しい方、回答をよろしくお願いします。

A 回答 (3件)

まず言っておかねばならないのは、健康保険の扶養については法律等で全国統一のはっきりした決まりがあるということではないということです。


各健保組合では独自に規定を決めることが出来るということです、もちろん厚生労働省のガイドラインがあってそれから大きく逸脱することは許されませんが、許容範囲の中ではかなり違っていることもありうるのです。
ですから究極的には健保に聞かなければ正確なことはわからないということです。

まず夫の健保が協会(旧・政管)健保か組合健保かと言うことが問題です。
そして組合健保の場合は扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠しているかどうかが問題です。

A.夫の健保が協会(旧・政管)健保かあるいは扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠している組合健保の場合

「今後向こう1年間の収入が130万円を超える見込み」ということであり、具体的には給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです、年収ではありません、また過去の収入は問いません。
ですから退職して無職・無収入になれば、退職した翌日から扶養になれます。

B.夫の健保が扶養の規定が協会(旧・政管)健保に準拠していなくて全く独自の規定である組合健保の場合

この場合は例えば

イ.その年の退職日までの収入が130万を超えるか
ロ.前年の収入が130万を超えるか
ハ.夫の前年の年収を(夫+被扶養者)で割った金額を超えるか

などと言う規定の健保組合もありました、あるいはそれ以外の規定のある健保組合かもしれません、ですからこのような健保の場合には夫の健保に一々聞いて確かめるしかありません。
場合によっては扶養になるのは来年あるいは、再来年と言うこともありえます。

ということでまず夫の健保が協会(旧・政管)健保が組合健保かを確かめる必要があります。
健康保険証を見てください。
保険者が

○○社会保険事務所ならば協会(旧・政管)健保です、この場合は上記のAになります。

○○健康保険組合ならば組合健保です、この場合はその組合健保に電話をして聞いてください。
「健康保険で夫の被扶養者になる条件は協会(旧・政管)健保と同じでしょうか」。

もし同じだ言われたら上記のAになります。
もし違うと言われたら上記のBになります。
この場合は夫の健保に扶養の条件を詳しく聞いて、それに合せた対応をするしかありません。

>現在、夫の社会保険の扶養に入っています。扶養から外れる条件として、月収が10万8千円余りを超えた時ときいたのですが

扶養の条件は夫の健保がAかBかによって異なります。
Aの場合はそのとおりで、給料の月額が約108330円を超えるかどうかと言うことです。
Bの場合は独自の規定のため、夫の健保に聞かなければわかりません。

>これは1回でも超えるとすぐに外れるのでしょうか。

一般的に多くの健保(特にA)では恒常的と断っています、つまりそういう状態が続いた場合ということで、1,2ヶ月少しばかりオーバーしても大目に見ましょうということです。
ですが例外的に厳しく例え1ヶ月でもオーバーするとNGというところもあります(特にBの中で)。
これについても健保によって規定に差があるので、夫の所属する健保に確認することが必要です。

>どこから情報がわかるのでしょう。

健保は常に被扶養者の収入をチェックしているわけではないの、収入が限度を超えたからといってその時点で健保がすぐに何かを言って来ると言うことはありません。
ですがだからこそ逆に怖いのです、健保は検認を定期的にやって扶養についてチェックします。
下記の参考URLをご覧になってください。
これは協会(旧・政管)健康保険のばあいですが定期的な被扶養者認定状況の確認(検認)の実施について書いてあります。
また最後の方に「※もし、届出をしなかった場合
 健康保険被扶養者(異動)届の提出をせず、そのまま医療機関等で治療等を受けた場合、被扶養者としての資格を喪失したと認められる日以降のかかった医療費を返還していただくこととなりますので、ご注意ください。」
とも書いてあります。
扶養を外れる収入があっても偶然検認の後であればすり抜けてしまいますが、1年後の翌年の検認で引っ掛かれば1年前のその時点に遡って扶養を取り消されて、上記のような処分を受ける可能性があります。

http://www.sia.go.jp/topics/2006/n0825.html

また厳しい健保だとそういう場合に、その時点では条件はそろっていてもペナルティとして、向こう1年(場合によっては数年)扶養を認めない場合もあるようです。
また一部の組合健保では前年の課税証明や給与明細のコピーを提出させるところもあるようです。
ですからあくまでも自己管理に依る自己申告であり、どこからも何も言われないからといって放置しておくと上記のようなペナルティがあるということです。
これについても健保によって規定に差があるので、夫の所属する健保に確認することが必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい説明をいただき、どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 22:36

健康保険の扶養は、各会社によりますので、だんなさんの会社に聞くのが一番です。


一般的には、今後1年間の収入が130万を超えるかどうかが基準になるようで、1ヶ月だけちょっと超えても大丈夫なようですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました

お礼日時:2009/05/28 22:35

>扶養から外れる条件として、月収が10万8千円余りを超えた時ときいたのですが…


いいえ。
正確には、その月収が継続すると見込まれる場合です。
健康保険にもよるでしょうが、通常、1か月超えただけなら問題ありません。
私のところでは、3か月連続で108334円以上になった時です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 22:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q両親を扶養家族に入れた時のメリット・デメリットを教えて下さい。

両親を扶養家族に入れた時のメリット・デメリットを教えて下さい。

現在の家族構成:私:会社員(社会保険)・妻:無職・子:小学生で、隣に住んでいる両親を(父・67才:特定疾患医療費受給者証を持っていて、特定疾患医療費、月額「外来等¥2.250」「入院¥4.500」が自己負担限度)(母・63才:脳梗塞により、軽度の麻痺:障害認定検討中)の扶養家族に入れようか考えてます。(両親二人とも、無職:収入0円:年金も払ってなかったので受給資格無し)現在は、兄弟で援助して両親を養ってますが、今後、両親を私の扶養家族に入れた場合のメリット・デメリットなどありましたら、教えて下さい。

Aベストアンサー

30過ぎの娘が難病で特定疾患医療券をもらっています。

今後は子供手当てのせいで扶養者控除がなくなりますのでメリットはありません。
扶養者控除は38万円を所得税(国税)の課税対象額から33万円を住民税(地方税)の課税対象額からそれぞれ差し引くというものです。
新たになにか(成年障害者等扶養控除)出来るようですが・・・?
障害には関係あっても病気は無関係になりそうな予感です。
子供手当てがもらえない家は増額ですね。
http://www.asahi.com/business/update/1204/TKY200912030487.html

>特定疾患医療費、月額「外来等¥2.250」「入院¥4.500」が自己負担限度)扶養し難病の生計上の扶養者になると、医療費の自己負担限度額があがる可能性があります。
残念なことに貴方の収入が世帯収入としてカウントされればあがりますよ。これは世帯を別にしてもそうなのかわかりません。
なのでむしろデメリットだと思うのですが。
ご存知でしょうが難病の医療券は毎年更新があり、そのたびに生計の立て方についての記載があります。
よって扶養にしてもあまりメリットを感じれないことでしょう。

お母様が障害者認定されれば、等級により40万:特別障害者控除(1~2級)か27万:障害者控除(3級~)の控除程度です。
これが成年障害者等扶養控除とどうかぶるかはまだ未定です。

30過ぎの娘が難病で特定疾患医療券をもらっています。

今後は子供手当てのせいで扶養者控除がなくなりますのでメリットはありません。
扶養者控除は38万円を所得税(国税)の課税対象額から33万円を住民税(地方税)の課税対象額からそれぞれ差し引くというものです。
新たになにか(成年障害者等扶養控除)出来るようですが・・・?
障害には関係あっても病気は無関係になりそうな予感です。
子供手当てがもらえない家は増額ですね。
http://www.asahi.com/business/update/1204/TKY200912030487.html

...続きを読む

Q扶養から外れてるなら130万というのは関係ないですか?

男性、独身パート勤務者です。よろしくお願いします。
家族の扶養から外れている場合は税金上や保険上で言われてる年収103万円や130万円の境界線は関係ないのでしょうか?気にしなくても問題ないのでしょうか?

Aベストアンサー

扶養からはずれている場合、扶養控除は意味を成しませんから関係ありません。稼ぐだけ稼いでください。

Q扶養のメリットデメリットについて 詳しい方、分かりやすく教えて下さい。 税金などの事もよろしくお願い

扶養のメリットデメリットについて
詳しい方、分かりやすく教えて下さい。
税金などの事もよろしくお願いします。

Aベストアンサー

養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を受けることができます。

103万円を超えると確かに貴方やご主人の税金は増えますが、働いた以上にかかることはありません。
貴方が働いたなりに世帯の手取り収入は増えます。
ただ、通常、130万円以上だと健康保険の扶養をはずれ、その保険料や年金の保険料を払わなくてはいけなくなり、その額が大きいため140万円や150万円の年収では130万円ぎりぎりで働いたより世帯の手取り収入が減ってしまう、もしくは変わらないということになるのです。
なので、おおむね160万円以上で働けば手取り収入は増えるし、厚生年金に加入なら将来もらえる年金の額も増えるので(今後、年金の仕組みがどうなっていくのかわからないということはありますが)、働けるのならそうしたほうがいいでしょう。
それか、130万円ぎりぎりで健康保険の扶養からはずれないように働けばいいでしょう。

ただ、貴方のご主人の会社で「家族手当、扶養手当」が支給されている場合、103万円もしくは130万円を超えると支給されなくなるということがあります。
これは、会社の規定なのでご主人の会社に聞かないとわかりません。
もし、103万円を超えると支給されなくなるなら、その額によっては103万円以下に抑えるという選択もあるでしょうね。

養には税金上の扶養(正確には「控除対象配偶者」)と健康保険の扶養とがあり別物です。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円以下であることが必要で、健康保険の扶養は、通常、向こう1年間に換算して130万円未満の収入(月収108333円以下)であることが必要です。
また、103万円を超えても141万円未満であれば、ご主人が「配偶者控除(38万円)」を受けられなくなっても、控除額は減りますが「配偶者特別控除(38万円~3万円、貴方の年収が増えると控除額は減ります)」を...続きを読む

Q年収130万円を超えたら

今はパートで103万円以上130万円以内で働いています。
130万円を超えるとどのような事が起きるのでしょうか?
私が知っている範囲ですと、(合っているかわかりませんが)
・旦那の社会保険から外れる
・旦那の給与で今までもらっていた配偶者手当のようなものがもらえなくなる
位です。

旦那の社会保険から外れると、いくらか払うのですか?
今後130万円を超える仕事も視野に入れているのですが、
130万円を超えると、最低どの位働けば、無駄にならないですか?
他にどのような事が起きるのか、教えてください。


すみませんが宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

<前回の続き>

さらに言えることは、まず質問者の方がどのように働こうかと考えているかによります。
パートだから2,3年あるいはせいぜいやっても4,5年程度でそんなに長くやる気はないのか、あるいはパートといえども出来れば10年、15年と長くやりたいと考えているのか?
また家族計画はどうなのか?
もう子供はいるしこれから作る予定はないのか、あるいはまだ子供はいなくてこれから欲しいというのか。
長期的展望に立てば国民年金の第3号被保険者でいるよりは質問者の方自身が厚生年金に加入したほうが将来の支給額が多いだろうし、また例えば健康保険に夫の被扶養者として加入していれば無理ですが質問者の方自身が被保険者として加入するならばけがや病気の場合に傷病手当金が出ますし、妊娠して産休を取れば出産手当金が出ますし、雇用保険からは子育てと言うことことで育児休業をとれば育児休業給付金が出ます。
しかもこれらは場合によっては退職の仕方によっては退職してももらうことが出来ます。
ですが短期的展望に立てば年金が増えるといってもたいした金額じゃないし掛金のほうが多いかもしれない、また傷病手当金も出産手当金も育児休暇給付金も関係なく単にたまに病院に行くだけであれば、夫の扶養になっていても同じですし、夫の扶養になっていれば保険料は無料ですので、質問者の方自身が被保険者になって保険料を払うのは無駄と言うことになります。

これらの個々のことを考えて、さらに最終的にはそれらを総合してどうすれば一番自分にとって幸せなのかを考える必要があるということです。

非常に長くて複雑な話ですが、それをきちんと理解しないと何が損で何が得なのかは見つけられないと言うことです。
逆に言えば皆さん複雑だとあきらめてしまうから、損な働き方をしてしまっているともいえます。

>130万円を超えるとどのような事が起きるのでしょうか?
私が知っている範囲ですと、(合っているかわかりませんが)
・旦那の社会保険から外れる

いいえ違います、130万と言うのは前述のようにあくまでも「夫の扶養の限界」であり、それ以前の「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」を超えて妻自身が社会保険に加入することになれば130万以下であっても夫の健康保険の扶養から外れることになるのです。
そのことを知らない回答者が多く130万しか書かないので130万を盲信する人が多く後で慌てることが多いようです。

>・旦那の給与で今までもらっていた配偶者手当のようなものがもらえなくなる
位です。

それはいわゆる「会社の扶養手当」です。
これは法律で決まっているものではなく会社独自の規定で決まっているものです(ですからそういう手当のない会社もある)。
ということでその規定については会社に聞いて見なければわかりません。
例えば妻が配偶者控除の対象である場合とか、あるいは妻が健康保険の扶養である場合とか色々ありますので、会社に確認してください。
そしてもし妻が健康保険の扶養である場合であれば、前述のように130万以下でも「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」を超えて妻自身が社会保険に加入することになれば、当然130万以下でもそういう手当はなくなるということです。

>旦那の社会保険から外れると、いくらか払うのですか?

質問者の方自身が社会保険に加入することになり保険料は総支給額の12%~13パーセントになります。

>今後130万円を超える仕事も視野に入れているのですが、

ですから130万よりも「妻自身が社会保険に加入しなければならない限界」の方が重要なのです。

>130万円を超えると、最低どの位働けば、無駄にならないですか?
他にどのような事が起きるのか、教えてください。

パートですと時給によって大きく左右されるので幅があり150万~180万ぐらいでしょう。

<前回の続き>

さらに言えることは、まず質問者の方がどのように働こうかと考えているかによります。
パートだから2,3年あるいはせいぜいやっても4,5年程度でそんなに長くやる気はないのか、あるいはパートといえども出来れば10年、15年と長くやりたいと考えているのか?
また家族計画はどうなのか?
もう子供はいるしこれから作る予定はないのか、あるいはまだ子供はいなくてこれから欲しいというのか。
長期的展望に立てば国民年金の第3号被保険者でいるよりは質問者の方自身が厚生年金に加入した...続きを読む

Q扶養内の個人事業メリットデメリット

はじめまして。 個人事業について教えてください。 旦那の扶養内ででできる仕事をしたいと思っています。 (美容系) この時のメリットとデメリットとしりたいのですが どなたかご存知でしょうか?

Aベストアンサー

個人事業者は旦那さんですか?それとも貴女?
とりあえず旦那さんが個人事業主ってことで話すすめますね。
メリットは、貴女が旦那さんの扶養の範囲内である場合は、所得税、住民税、国民健康保険等が、免除若しくは減額されますし、家計を助けることも可能です。また旦那さんの所得控除にもつながります。(課税される金額をやすくできる→所得税が減る)ただし、旦那さんが青色専従者をの届出をしており、青色専従者給与を支払っている場合(経理上だけでも)は注意してください。思わぬ落とし穴があります。(詳しくは税理士の先生か国税庁のHP検索してください)
デメリットですが、税金の観点から言わせていただければ、ないと思います。なぜなら、実際は、収入があるのに、給与所得控除によって所得金額が0円と判断され、税金を免除されるからです。

ちなみに貴女が個人事業主である場合は、事業所得を38万円以内すれば、所得税法上の扶養です。住民税は35万以内だったような・・・・勉強不足ですいません。

Q総支給額で130万円を超えそうです・・・

総支給額で130万円を超えそうです・・・


以前もこちらで質問させていただいたのですが、お答えいただいた人の言葉が
分かり難かったので再度質問させていただきます。

我が家について簡単に説明させていただきますと、義父が会社経営、義母が
その会社の経理担当、主人が専務です。
この不景気のなので、会社は現在社会保険・厚生年金をやめ、国民健康保険・
国民年金になっています。
なので私も国民年金を支払っています。

二世帯ではありながら同一世帯なので、国民健康保険に付いては主人の給料
から2人分が引かれています。(義両親の収入でかなりのものなので、多分
引かれている金額はすずめの涙程度でしょうが・・・)

私も以前は義父の会社に勤務していたのですが、同族企業ということもあり、
親戚に対するかなりのストレスで精神的にまいってしまい会社を辞めました。

そしてその後、縁あって在宅ライターの仕事ととある外国の母国語ボランティア
をしております。

母国語ボランティアについては、1回に付き回数と最高金額が決まっています。
今年度はまだ一度しかしておりませんので8万円の収入は確定です。

問題はライターの仕事の方でして・・・
始めて3年目になりますが、今年度は信頼関係も築けてきたようでたくさんの
お仕事をいただいています。

一昨年前と昨年は金額的に50万円ほどでしたので、確定申告をしても主人の
扶養内ということで引かれていた所得税が全て戻ってきました。

ところが今年度は、8月現在で90万円を超えそうです。このままいつものペース
で依頼されれば130万円を超えそうで困惑しております。

私の体を気遣う義両親や主人には「気晴らし程度でしかしていない」と話して
おりましたが、今回はそうにも行かなくなりそうです。
なので、主人の扶養から外してもらった方が良いのか考えているのですが・・・

私の場合、主人に・・・というよりは、義母に話した方が早いのですが、一体
どのタイミングで話せばよいでしょうか。

もしかして今後仕事が来なくなって、主人の扶養から外れたものの100万円で
収入がストップしてしまう場合もあるかもしれません。
また、外さないでいたらもしかして130万円を軽々と超えてしまうかもしれません。
なので、外してもらうタイミングをとても悩んでいます。

また、よく扶養から外れたら160万円を超えなければ損だという話を聞きますが、
どの位の金額が損になるのでしょう?
社会保険・厚生年金について「この位金額は増えますが・・・」という記事は見たこと
はあるのですが、国民年金等については見つけることが出来ませんでした。

また今年の確定申告では、パート収入ではなく「個人事業者」という形をとった
方がいいと税務署の人に言われたので、その通りに申告しました。68万円引かれる
というやつですが・・・

主人が会社の役員、私が個人事業者?という形になった場合どうなるかも説明
していただけると助かります。

独身時代や結婚してからはすべて会社任せで、こういったことにとても疎いので
出来ましたら噛み砕いて分かりやすく説明していただけると助かります。

よろしくお願いいたします。

総支給額で130万円を超えそうです・・・


以前もこちらで質問させていただいたのですが、お答えいただいた人の言葉が
分かり難かったので再度質問させていただきます。

我が家について簡単に説明させていただきますと、義父が会社経営、義母が
その会社の経理担当、主人が専務です。
この不景気のなので、会社は現在社会保険・厚生年金をやめ、国民健康保険・
国民年金になっています。
なので私も国民年金を支払っています。

二世帯ではありながら同一世帯なので、国民健康保険に付いては主人の給料
から2...続きを読む

Aベストアンサー

No.2です。

>主人は給料はもらっていますが、先にも述べたように「役員の確定申告?」という言葉で義母には過去に聞いたことがあります。
だから普通の社員とはちょっと違うんだよって。
いいえ。
同じ「給与所得者」です。
年収が2000万円を超えていれば確定申告が必要ですが…。

>結婚して、パートなどをしても書いた記憶がありません。
それはおかしいです。

>国保は、住民票が一緒です。田舎に住んでいるので同じ敷地内=同一世帯という家族が多いので役所でも「一世帯」というまとめた答えをしたのかもしれません。
へ~。でも、役所が憶測でものを言ってはいけないですよね。
もちろん、住民票がいっしょなら「同じ世帯」です。

>結局…
私は、国民年金も払ってるし国保だしということで、いくら働いても良いということになるのでしょうか??
そのとおりです。

>130万円を超えれば住民税等も関わってくることは理解しております。
いいえ。
93万円~100万円(市町村によって違います)を越えれば、住民税はかかります。

>でも義母には話しておいた方がいいですよね…?
そうですね。
貴方の所得は国保の保険料に影響しますから。

No.2です。

>主人は給料はもらっていますが、先にも述べたように「役員の確定申告?」という言葉で義母には過去に聞いたことがあります。
だから普通の社員とはちょっと違うんだよって。
いいえ。
同じ「給与所得者」です。
年収が2000万円を超えていれば確定申告が必要ですが…。

>結婚して、パートなどをしても書いた記憶がありません。
それはおかしいです。

>国保は、住民票が一緒です。田舎に住んでいるので同じ敷地内=同一世帯という家族が多いので役所でも「一世帯」というまとめた答えをし...続きを読む

Q扶養を外れるメリット・デメリットを教えて下さい!!

親の扶養内にいる学生です。
訳あって、今月から2010年3月までの間に100万円以上稼がないといけなくなりました。

・扶養を外れないようにするには103万まで
・130万はボーダーライン
・扶養を外れるなら最低でも160~180万は稼がないと意味がない

という話を聞いたのですが、お恥ずかしながら皆様の回答を読んでもいまいち仕組みがよくわかりません。
扶養を外れるメリット・デメリットを教えて下さい!!
お願いします!!

Aベストアンサー

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があります。

>・扶養を外れないようにするには103万まで
税金上の扶養のことです。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円を超えると、貴方の親が扶養控除、所得税で63万円(貴方は特定扶養親族(16歳以上23未満)にあたりますから38万円ではありません。)住民税で45万円の控除が受けられなくなります。
これは、確定申告している、いない関係ありません。

貴方のお父様の所得がわかりませんのではっきり言えませんが、通常なら税率10%でしょう。
控除額に税率をかけた分税額が増えます。
630000円×10%=63000円
所得税が増えます。
所得によっては、この倍ということもあります。

450000円×10%(所得に関係なく)=45000円
住民税が増えます。

もちろん、1月から12月までの収入が103万円以下なら扶養でいられます。

>・130万はボーダーライン
これは健康保険の扶養のことです。
健康保険の扶養は、通常、1月から12月までの収入ではなく、向こう1年間に換算して130万円を超えると見込まれたとき(月収108334円以上)になったとき扶養からはずれなくてはいけません。
扶養からはずれると自分で国民健康保険に加入し、もしくは会社の社会保険に加入し保険料も払わなくてはいけなくなります。
国民健康保険の保険料の額は、市町村によって大きく違いますので何とも言えません。

>・扶養を外れるなら最低でも160~180万は稼がないと意味がない
扶養をはずれた人が健康保険や厚生年金に加入することによるその保険料の増、また、扶養する人が扶養控除を受けられないことによる所得税や住民税の増で、世帯全体としてみると手取りが160万円くらい稼がないと、健康保険の扶養でいられる130万円と比べ手取りの総額が増えないということです。

また、お父様が貴方の「家族手当、扶養手当」を会社から支給されていると、貴方の年収によっては支給されなくなるということもあるでしょう。

>扶養を外れるメリット・デメリットを教えて下さい!!
メリットは貴方自身だけのことを考えるなら、収入が増えるということでしょう。
デメリットは、貴方が保険料を払わなくてはいけなくなりその保険料の額によっては手取りが働いたわりに増えない、また、貴方のお父様の税金が増えるということですね。

あと、貴方は学生なので勤労学生控除(今年の1月から12月までの年収が130万円以下なら受けられます)を受けることができるので所得税はかかりません。
また、健康保険の扶養も学生ということで、収入調査がされず130万円を超えても扶養でそのまま通ってしまうこともありえますね。

扶養には税金上の扶養と健康保険の扶養があります。

>・扶養を外れないようにするには103万まで
税金上の扶養のことです。
税金上の扶養は1月から12月までの収入が103万円を超えると、貴方の親が扶養控除、所得税で63万円(貴方は特定扶養親族(16歳以上23未満)にあたりますから38万円ではありません。)住民税で45万円の控除が受けられなくなります。
これは、確定申告している、いない関係ありません。

貴方のお父様の所得がわかりませんのではっきり言えませんが、通常なら税率10...続きを読む

Q年収130万円以下なのに扶養からはずされました。

フリーターの息子の収入が月12万程度になり、年130万円を超えそうなので、主人の扶養からはずす手続きをしました。
昨年の収入は4月から働いて70万円程度でした。しかし、どうせ範囲を超えないのだからと、主人の職場へは0円で申告していたらしいのです。
それがいけなかったようで、昨年の収入証明も提出したところ、今年5月から逆算して、130万円になった昨年7月にさかのぼって「社会保険資格喪失証明書」が発行されました。
これでは昨年7月からの国民健康保険料を納めなければならなくなります。ちなみにその間一度も病院には行っておりません。
たしかに0円で申告していたのがいけないのですが、その年に130万円を超えていないのに、昨年7月からはずされるのは正しいのでしょうか?今年の1月からなら納得できるのですが。

Aベストアンサー

>今年5月から逆算して、130万円になった昨年7月にさかのぼって…

ポイントはここですね。
税法上の扶養控除や配偶者控除は暦の年単位、つまり 1月から 12月までの合計で判断しますが、健保はそうではありません。
任意の時点からその先 1年間が基準になります。

>昨年7月からはずされるのは正しいのでしょうか…
>今年の1月からなら納得できるのですが…

前述のとおり、あなたの認識が間違っているだけです。

>ちなみにその間一度も病院には行っておりません…

国民皆保険制度と言って、国民はすべて何らかの健康保険に加入していなければなりません。
病気にならなければ加入しなくてよいというものではありません。
社保がさかにぼって脱退させられるなら、その時点から国保に加入していたことになります。

Q主人を扶養にするメリット・デメリットは?

主人を扶養にすると、どのようなメリット・デメリットがありますか?
私は現在、派遣社員として働いて、派遣会社の健康保険組合にはいっています。主人は、現在失業保険を給付していますが、11月で給付終了します。

Aベストアンサー

とくにデメリットはないと思います。

今の時期に扶養が一人増えると年末調整の減税に
大きく貢献できると思います。

ただ、年末調整の書類なども記入する時期ですので
ご主人の今年勤めていた会社の源泉徴収票と、あれば
生命保険等の払い込み証明書などを早めに準備する
必要があり、自分が派遣で勤めている会社に報告
しなくてはなりません。

Q130万円超の収入を求める扶養者

現在年収103万円に抑えてパートタイムで働いています。
今後すぐにでも、扶養から外れ130万超の収入を求めて転職を考えています。
扶養から外れて収入を得る際、どのくらいの収入をもって納得がいくものでしょうか。
まず税金、健康保険、年金、介護保険が引かれると思います。そして、主収入者の税額も引き上がると思います。
その他デメリットなども教えてください。

Aベストアンサー

おおむね年収160万から世帯収入がプラスに転じると言われています。
詳細は下のサイトを参考にしてください。

http://allabout.co.jp/gm/gc/12076/3/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報