昨年5月のパ・リーグの試合を観戦中に、ファウルボールが右目に当たり、失明寸前になったという人が、球団などを相手取って、約4400万円の損害賠償請求をしました。
ファウルボール等から観客を守るための「ネット等の安全装置」の設置を怠った、というのが理由だそうです。

ちなみに、試合観戦契約約款13条には、「主催者は、観客が被った、ホームランボール、ファウルボール、その他試合又は練習行為に起因する損害についての責任は負わない、としており、主催者が負担する損害賠償の範囲は、治療費等の直接損害に限定され、逸失利益その他の間接損害及び特別損害は含まれない」とあります。

一方アメリカでは、観客はボールが当たってケガをしようがどうしようが、そういうボールが飛んでくるゾーンに入ったことで自己責任となる、というのが定着しています。

果たして、この訴訟は当然ですか?
それとも、おかしいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

建前はともかくとして、プロ野球観戦の経験からいうと


距離がある外野席に飛び込むホームランボールに当たり怪我することは論外です。
またネット裏に飛び込むボールで怪我をすることもありません。

しかし一塁側内野席の中段あたりだと、ファウルボールが思い切り回転がかかっていて鋭く飛び込むことがあり、ホームランボールよりはるかに頻度が高いため、ビールなど飲みながら観戦していたら何度もヒヤヒヤします。

訴訟の妥当性はともかく、内野観客席の安全性について検討につながるなら良いことだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

球場では、ボールが飛んでくるたびに「ご注意下さい」のアナウンスが流れますが、おっしゃるように、裁判で原告が負けても何らかの対策を講じる機運が出てくるでしょうね。
そこがいかにも日本的だと思います。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:29

おかしいです。


このことに関して全く同じことがテレビで言われていて書かれている13条についても紹介されていたけど、チケットを購入した時点でファールボールやホームランボールが当たって怪我する可能性があり、自己責任であると同意したことになると弁護士の人が言ってましたからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、ありがとうございます。

チケットの裏面に小さく載っているらしいですが、その見解は分かれるでしょうね。
見えないくらいに小さいのは分からない、よって同意したことにはならない、みたいな言い訳が出てきそうです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:56

ネットで記事を読んだときにも思ったのですが難しいですね。



野球ボール(硬球)が飛んでくる事が予測できる場所に自らが行ったのだから仕方がないという考え方もできますが果たして野球観戦に行く方が全員それほどの覚悟を持っているでしょうか。

私は持っていないと思います。

今回、訴訟された方も含めて野球観戦者の多くは「自分だけは大丈夫」とどこかで思っているような気がします

しかし、いざ自分や家族の身に災いが降りかかってきた時に主催者側から「コレコレこういう規則があるので知りません」という対応をされたら、私も訴訟を起こすかもしれません。

上述の感情論だけでなくても訴訟された方の考え方として、4400万円が欲しいのではなく、自分の遭った不運な事故をなんらかの形で残したい、今まで「自分だけは大丈夫」と思っていた自分と同じように今後も観戦するであろう方々、そして主催者側に少しでも記憶として残してもらいたいとの思いで今回の訴訟に踏み切ったのかもしれません。

訴訟した方の真意は私には分かりませんが今後、観客の何人かが「ファールボールって本当に危険なんだ」と心の隅に残すようになり、ネットの高さが50cmでも高くなり同様な事故が1件でも減らす事ができればこの訴訟は意味があると私は考えます。

当然orおかしい では答えられなくなってしまい申し訳ございませんが私の回答は「訴訟してもいい事件」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、ほんとに難しい問題です。
球団は観客の減少に歯止めをかけようと躍起になってます。
そのひとつが、できるだけ観客と選手との垣根をなくして臨場感を味あわせてあげたい、というものでした。
当然ネットはないし、垣根の高さも低くなりました。
ですが、その分ファールボールはダイレクトはもちろん、ワンバウンドでも客席に入ってくるようになりました。
先ほど、お礼で相撲の「砂被り席」の話をしましたが、力士がすっ飛んできて観客が骨折を負っても、多分そのままでしょう。
ゴルフでも同じことでしょう。
スポーツというのはそういうものだと思います。
楽しめる分危険とも隣り合わせということ・・・
やる人もそうですが、それを見る人も選手と一体になって応援したい、というのは分かりますが、その影にあるリスクも承知の上で見て欲しいと思います。
例えは違いますが、欧米では峠の山道にガードレールなんかないと聞きます。運転を誤って落ちたら運転者の責任、だから落ちないように慎重に運転しろよ・・・それが当然ですが、日本ではガードレールだらけ。
落ちたら道路行政の不備を指摘されるからですね。
そういう考え方がいかにも日本的だと思います。
今回の訴訟も日本的だと感じます。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:46

そういうリスクを抱えた上で皆さん球場に行くのですから、当たりたくなければスカパー見てろ…と思います。


どんなにすごいファウルボールでも、テレビの向こうまでは飛んでいきませんし(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに、ネットで中継を見ろ、と言いたくなりますね。
余談ですが、パ・リーグのネット中継は、個人的に結構盛り上がってます。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:32

>当然?それとも、おかしい?



おかしい。に一票。
それが嫌なら見に行くな。というところです。
ほとんどいいがかりの世界です。


もっとも、そういう時のための保険に加入するとか。
ありうる危機に対しての措置というのはあってもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、そういう危険を承知の上で見にいくのが普通ですね。
相撲でも、砂かぶり席というか力士が飛ばされてくる危ない席がありますね。
それで観客が骨折したら、その観客は裁判に訴えるんでしょうかね。
普通は、楽しむ分のリスクは承知の上で座りますね。
それと同じことだと思います。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:26

プロ野球を観戦に行ったことのある人ならわかるでしょうが、実は試合前のフリーバッティングで飛んでくるファウルボールが一番怖いと思います。



練習なので、そんなに真剣に見ていませんし、必ずしも直接自分へ飛んでこなくても座席などに跳ね返ってどこに飛んでくるかわかりません。
もちろん、跳ね返ってきたボールでも当たり所が悪ければ失明するでしょう。

もし、1度認めてしまえば、そのすべての危険性を排除しなければいけなくなり、現実的に現在のプロ野球公式戦が行われるような球場では無理なのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、ありがとうございます。

>もし、1度認めてしまえば、そのすべての危険性を排除しなければいけなくなり
この裁判の成り行きに、各球団は戦々恐々らしいです。
何といっても原告の主張が認められれば、もしかしたら全面ネットで覆わないといけないということにもなりかねません。
ジェット風船も飛ばせなくなりますね。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:19

・ 「そういう危険がある場所です」という認識は、持って球場に来ていただければ・・・と思います。



・ ネットがない、グランドに近い臨場感というものも、その席のセールスポイントだったのではないでしょうか。

・ 話がそれますが、最近の公園は、どんどん遊具がなくなっています。「危険だから」というのですが、どんなものでも、使い方を間違えれば危険です。正しく使う自己責任もあるのではないでしょうか。

・ 先だっての、こんにゃくゼリーなどもそうですね。

・ これが、自動車など無くなったら困るものであれば「死亡事故があったから、車を無くせ」とはなりません。

・ 質問も「野球を無くせ」ではないのですが、こういう席はなくされてしまう可能性がありますね。

・ 難しい問題ではありますが(特にお怪我をされた方の立場からすれば、誰かに責任を取ってもらいたいのもうなずけます)、現実問題として「誰も悪くない」こともあるのではないでしょうか。
・ 老朽化で床が抜けたなどというものでなく、選手が精一杯プレーした結果ですので、誰も責められないと思います。

・ どうしても被害にあいたくない方は、球の飛んできにくい席を選ぶか、失礼ですがテレビ観戦で楽しんでいただくべきと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答を頂き、ありがとうございます。

>ネットがない、グランドに近い臨場感というものも、その席のセールスポイントだったのではないでしょうか
そうですね、集客に各球団とも苦心してます。
敷居を低くして臨場感を楽しんでもらうことで目的は達成されますが、反面危険も伴うわけで、観客はそれを承知で来て欲しいともいます。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:15

訴訟をするのは勝手だと思いますが、勝てなくても当然だと思います。


自己責任で当然だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね、私も自己責任だと思います。
アメリカでは同類の事案で既に訴訟が起こされましたが、負けましたね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 18:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報