内容は、
●主人公の高校生女子はある大企業の社長の一人娘
●お父さんと仲良しで、アンティークの食器を毎年誕生日に貰っていた
●父が亡くなり跡を継ぐことになる
●バレンタイン商戦で、鉢植えはどうかと提案する
●好きな男の子にその企画案を見せる
●男の子が、敵対会社の社長に就任し、かつ企画を乗っ取られて主人公はショックを受ける
●秘書の男性が、公園の絵描きおじいさんに横顔をスケッチされていて、主人公が彼を追っていた
●ラストは、見合いの席に、好きな男の子が見合い相手として登場した


という話です、確か2~3巻くらいのお話だったと思います。
1990年代~2000年代初頭に発売したものかと思われます。
ストーリーは思い出せるのに、絵柄や作者が思い出せず…。お力を貸してください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

藤村真理先生の『最上階ロマンス』ではないでしょうか?


うる覚えですが、そういったお話だったと思います。最近私も、また読んでみたいなと思っていたので調べてみたところ、一冊の文庫になっているようでした。
違っていたらごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

「最上階ロマンス」で間違いありません!検索をかけ、試し読みコーナーで確認しました。
ありがとうございます!!

お礼日時:2009/05/29 08:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング