二酸化珪素、けい石、シリカ、石英は同じものなんでしょうか?

A 回答 (1件)

化学的には同じものです。

(願わくば)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q二酸化ケイ素について

カテゴリで迷ったのですが、こちらで質問させていただきます。

錠剤の成分で silicon dioxide というものがありました。
こちら一般的な言い方は「二酸化ケイ素」「ケイ素二酸化物」どちらでしょうか。
そして(こちらが本題です)錠剤に使われている時には、どんな目的を持っているのでしょうか。

こちらのサイトでは
シリカゲルの主成分であるSiO2だということを知りました。
で、多分ガラス状の多孔性物質。シリカゲルに使われているのは吸着作用を目的としてのことだと思います。
でも錠剤の時も吸着作用を目的として使っているのでしょうか?なんとなくしっくり来ません。ガラス状というところから連想して、錠剤の成形の関係かなー(ある程度の硬さを得るためとか)などと考えたのですが想像でしかありません。
ケイ素には体のバランスをとる働きがあるという一文も見つけたのですが、ちょっと確実性にかけるといいますか、それはそれとしてといいますか(^_^;)、それを主目的として使っているようには思えませんし。
元素記号などを使って「~とはこういう物質である」と説明している文章は見つかるのですが、はっきりいって化学は大嫌いでした。読んでも役割や目的と結びつけることが出来ません。

要領の悪い書き方ですみません。「二酸化ケイ素は錠剤でこんな役割を果たしているんだよ~」ということを教えて下さい。
よろしくお願いしますm(__)m。

カテゴリで迷ったのですが、こちらで質問させていただきます。

錠剤の成分で silicon dioxide というものがありました。
こちら一般的な言い方は「二酸化ケイ素」「ケイ素二酸化物」どちらでしょうか。
そして(こちらが本題です)錠剤に使われている時には、どんな目的を持っているのでしょうか。

こちらのサイトでは
シリカゲルの主成分であるSiO2だということを知りました。
で、多分ガラス状の多孔性物質。シリカゲルに使われているのは吸着作用を目的としてのことだと思います。
でも錠剤の時...続きを読む

Aベストアンサー

回答の補足に対する回答です。

シリカゲルはSilica Gelで、シリカ(酸化ケイ素)のゲルということです。
ゲルとは、流動性の無い微細粒子と分散物です。(よってある意味シリカゲル=酸化ケイ素です。シリカゲルがガラス状かどうかは少し難しいとところが在ります。微細結晶か?微細ガラスか?一般的にX線回折などでは小角散乱が認められるはずだったと記憶していますので、微細結晶かな?...)
石英は二酸化ケイ素の室温で安定な結晶系の一つです。(高温相であるクリストバライトも室温で見ることは出来ます。因みに、石英の綺麗な結晶体は水晶と呼ばれます)
また、二酸化ケイ素はガラス化も容易にします。(石英ガラスがそうです)
ここで石英ガラスとシリカゲルと石英の違いですが、
まず、
1)少なくとも石英は結晶できっちりした結晶構造を有する。
2)基本的に石英、石英ガラスはケイ素と酸素のみからなるがシリカゲルはその構造内に取り込まれた水素を含んでいる可能性が多大である。(端部の酸素に水素がくっ付いてOH基となっている。)
3)石英はその結晶形態より、光学異方性や圧電性(地震の前の放電現象、水晶発振子)等を有する。

シリカゲルは上述したように、水素(OH基)を有したりしているので正確にはsilicon dioxide = 二酸化ケイ素 では無いと思います。(silicon oxide 又は silicon Hydrateなら判りますが)

P.S.1
着色剤の件で、一般に白色にする場合は、隠蔽能(もしかしたら名称は異なっていたかもしれませんが、下地の色を隠す能力)が高く、安全性がある酸化チタンがよく用いられてます。(お菓子等に印刷された白い文字等)二酸化ケイ素の場合、この隠蔽能はそれほど高くないので、着色剤としての意味があったとしてもそれは主目的では無いと思われます。
P.S.2
使用用途については、今ひとつ判らないところがありますが、飲み薬としての錠剤であれば一つ考えられる効能があります(正しいかどうかは確認しておりませんのですが)。それは添加されている二酸化ケイ素が微細粉末であったとすると、飲み込んだ後、胃酸等の酸と反応してゲル状(ドロドロ)になり、共に添加されていた薬効成分と共に体内での残留時間が長くなるというものです。
成形性、増量剤としての添加は考えられないことも無いのですが、お薬等では通常はでんぷん等を使うのではとも思いますし....
後、吸湿が困る薬にシリカゲルを添加すると、シリカゲルが空気中の水分を吸着し余計に湿るように感じるのは私だけでしょうか?(薬の中に添加するのではなく同じ容器中に別に入れるのなら判りますが....)

回答の補足に対する回答です。

シリカゲルはSilica Gelで、シリカ(酸化ケイ素)のゲルということです。
ゲルとは、流動性の無い微細粒子と分散物です。(よってある意味シリカゲル=酸化ケイ素です。シリカゲルがガラス状かどうかは少し難しいとところが在ります。微細結晶か?微細ガラスか?一般的にX線回折などでは小角散乱が認められるはずだったと記憶していますので、微細結晶かな?...)
石英は二酸化ケイ素の室温で安定な結晶系の一つです。(高温相であるクリストバライトも室温で見ることは出来ます。因...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報