高校3年の女子生徒です。
(1)Wordで文字を反転させるにはどうすればいいのでしょうか。
 周りは、赤とか青とかの色で文字は白ぬきにする、ちょうどスイスの国旗のような感じに、文字印刷をするにはどうしたらいいのでしょう。

(2)それから、Excelで表の間隔を連続で同じにする方法ってありますか。
 いつも、A,B,C…と並んだ縦線の境にポインタを合わせて左右の黒矢印が出たところでマウスをドラッグさせて、ピクセル数を一つずつ同じにして枠の幅を揃えていますが、セルの数が沢山だととても大変です。縦でも横でも、ピクセル数を指定しておいて、A,B,C…(横方向)や1,2,3…(縦方向)に範囲指定でもして、できたらいいなと思うのですが、こんな技はできないのでしょうか。
 
WordやExcelを考えたMicroSoftの人は私より、ずっと頭がいいと思うので、こんな(1)2のことはとっくにできるようにしてあると思うのですが、やり方がわかりません。どなたか教えてください。また聞いてしまってすみませんが、マニュアルを探してもよくわかりません。

(質問外のことですが、こういう質問ってどんなジャンルに入れるのかしら?。分からないので、いつも「学問・教育」→「数学」にしちゃっているんですけど、Wordの質問って数学じゃないですよね。)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

OKWave の Word や Excel 等、マイクロソフト・オフィス関係のカテゴリーは、


「デジタルライフ」 http://okwave.jp/c207.html
の「ソフトウェア」 http://okwave.jp/207/c218.html
の「Office系ソフト」 http://okwave.jp/207/218/c232.html
です。
(OKWave は多くの mirror site、いわば姉妹サイトを持っており、同じ質問回答がコピー掲示されています。)

ただ、今回ご質問程度の初歩的なことなら (~~);
質問文を頭ひねって練り上げてこれらのサイトに投稿してじっと回答を待つよりも、
「Google」http://www.google.co.jp/
などで検索した方が、よほど早く答を得られると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問集みたいなのですね。
今度少し使ってみようと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 19:41

(1)


蛍光ペンで、文字の周りを赤とか青とかの色に塗ります。
フォントの色を白に指定します。
(2)
A,B,C…と並んだところをまとめて列全体を選択します。
右クリックで列の幅を選んで適当な値を指定します。

この回答への補足

わぁ、早速お答え!
ちょっとtry!
わぁ、できたわ。嬉しい。
でも、たったこれだけの色しかないの?
紫なんて、ちょっと濃すぎるし…
 ごめんなさい、お時間があったら教えてください。

あ、まだネグリジェのままなの。
今日はちょっと早起きして、回答があるかなって見たの。
ちょっぴりhappyな気分になったので、今日は白と黄色のギンガムで白いレースの3段フリルのついたブラをつけて学校に行こうかな。薄い黄色のコットンブラウスだからすけないしね。あとは制服のチェックのプリーツミニスカート。嬉しくなってくるくるって回ってみたくなっちゃったわ。
 ママが朝ごはんを作ってくれていると思うから、食べて登校します。

ちゃんとしたお礼は夕方します。ごめんなさい。

補足日時:2009/05/27 05:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

今日は学校で、「こういうやり方知っている?」ってちょっぴり得意になったつもりでみんなに言ったら「今頃知ったの?、遅れてる!」って笑われてしまって、シュンでした。
 でも、今まで苦労してやっていたのができたので嬉しいです。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 19:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qクラインの壺について

(カテゴリが間違っていたらすみません。)
本で、クラインの壺は私たちの住む世界では完全に実現することは出来ないと読んだのですが、インターネットで検索してみると、クラインの壺が売ってるんです。↓
http://www.kleinbottle.com/
確かにクラインの壺になっています。
これは本の情報が間違っていたということでしょうか。

Aベストアンサー

メビウスの輪の立体版がクラインの壷です。

短冊状の平面両端をひねって裏と表をなくしたものがメビウスの輪です。
同様にクラインの壷はシート状の平面をひねって(?)裏と表がをなくしたものがクラインの壷です。

当然、メビウスの輪は2次元(平面上)では作成不可能ですが3次元では作成可能です。同様にクラインの壷は3次元では作成不可能ですが4次元では作成可能です。

お尋ねのサイトで購入できるクラインの壷は3次元に投影したものです。
メビウスの輪を2次元(平面上)に投影すれば八の字になります。
(4次元のクラインの壷は途中で交差しません。)

Q7個の文字F,G,G,I,I,U,Uを横1列に並べる。このとき、以下の

7個の文字F,G,G,I,I,U,Uを横1列に並べる。このとき、以下の問に答えよ。
(1)「GIFU」という連続した4文字が現れるように並べる方法は何通りあるか?
(2)「GI」,「FU」という連続した2文字がともに現れ、少なくとも1つの「GI」が「FU」よりも左にあるように並べる方法は何通りあるか?

(1)は(GIFU)GIUだから4P4
よって24通りとしました。
しかし、先生は「そのやり方だと次が分かりにくくなるから、「GIFU」の置く場所で場合分けして考えろ」と言っていました。
場合分けは4つで、残りの3文字の並べ替えですから、3P3*4=24
です。

しかし、どちらにせよ(2)がわかりません。
先生のやり方だと、今度は「FU」の置き場所で場合分けして考えるらしいのですが。
また他のやり方もありましたら、教えてください。

ちなみに、前の質問と同じで、「解答」はいりません。
問題の考え方、見方を教えてください。

Aベストアンサー

「GI」「FU」が現れる並べ方は、残りのGIUの3文字に「GI」が含まれるか含まれないかに分けて考える必要があります。
つまり「GI」が1つだけ含まれる場合と2つ含まれる場合です。

それぞれの場合で、「GI」が「FU」よりも左にある場合を数えてみましょう。

Qクラインの壺というのは冗談でしょうか

クラインの壺というのは、数学者が冗談で唱えているものなのでしょうか。

Aベストアンサー

 トポロジーと言う分野で扱われる物体で、3次元空間では作ることが出来ないですが、4次元空間では可能です。冗談ではなく、れっきとした数学の対象です。
 同じものを2次元+1次元で実現したものがメビウスの輪ですが、これが実現できるのは、我々は三次元の世界にいるからです。メビウスの輪を平面(二次元)上に描こうとすると、不可能なのと同じです。
 ⇒クラインの壺 - Google 検索( https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A3%BA&oe=utf-8&aq=t&rls=org.mozilla:ja:official&hl=ja&client=firefox-a&um=1&ie=UTF-8&tbm=isch&source=og&sa=N&tab=wi&ei=Z1xZUba0DMWbkAWTgYFo&biw=1024&bih=592&sei=alxZUbXLB4mgkgW4_YDoBQ )

 三次元の空間だと、どうしても面が交差してしまう。メビウスの輪を紙に書くのと同じ。
 ⇒実際に存在するバリエーション豊かな「クラインの壺」いろいろ - GIGAZINE( http://gigazine.net/news/20070129_klein_bottle/ )

 トポロジーと言う分野で扱われる物体で、3次元空間では作ることが出来ないですが、4次元空間では可能です。冗談ではなく、れっきとした数学の対象です。
 同じものを2次元+1次元で実現したものがメビウスの輪ですが、これが実現できるのは、我々は三次元の世界にいるからです。メビウスの輪を平面(二次元)上に描こうとすると、不可能なのと同じです。
 ⇒クラインの壺 - Google 検索( https://www.google.co.jp/search?q=%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E5%A3%BA&oe=utf-8&aq=t&rls=org.m...続きを読む

Q正の数a,b,c(ただし、a≦b≦cとする。)に対して、BC=a,CA

正の数a,b,c(ただし、a≦b≦cとする。)に対して、BC=a,CA=b,AB=cとなる△ABCが存在するための必要十分条件はa+b>cである。

a+b>cの条件のもとで
「a=b」は「a^2cosAsinB=b^2cosBsinA」が成り立つための「(1)」であり、
「∠B=60°」は「a^2cosAsinB=b^2cosBsinA」であるための「(2)」。


上の問題がわかりません。
(1)、(2)を求めていただきたいです。
説明を加えて教えていただけるとうれしいです。
よろしくお願いします。

a^2,b^2は二乗を表しています。

Aベストアンサー

http://questionbox.jp.msn.com/qa6214361.html

(1)はa=1、b=1、c=√2の直角二等辺三角形

(2)はa=1、b=√3、c=2の直角三角形

あとは、教科書をみれば解るよ。

重複して立てないほうがいいよ

Qクラインのつぼ

クラインのつぼとは、どういうものですか。
メビウスの輪のように、実際に作れるものですか。

Aベストアンサー

仮想立体状なら4番目の軸を定義してあげれば下記HPのように可能です。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~mt_home/fourd/fourh.htm
ただ、クラインの壺は少々騙し絵的な感が強いものに私は思うのですがれっきとした数学のお話なんですね。(状況によっては超ひも理論も関わってくるようですが)

Q何で数学I,II,III,IV,V,VIとか数学A,B,C,D,E,FじゃなくてI,II,IIIとA,B,Cなの

高校の数学についてのかなり阿呆な疑問なのですがなぜ数学I,II,III,IV,V,VIとか数学A,B,C,D,E,Fとかに統一しないで数学I数学A数学II学B数学III数学Cという風に区別されているのですか。
ところで自分はそんなに頭が良くないので優秀な回答を頂いても全く理解できない事も予想されます。
そういう場合は笑って許してください(汗)。

Aベストアンサー

>まーたぶん大した意味はないと思いますよ
ところが大ありなんですね。
既出の回答とも少し重なりますが,補足を兼ねてお答えしましょう。

現在の指導要領には次のような規定があります(来年の高校1年生から少し変わります)。
(1)「数学II」、「数学III」を履修させる場合は、「数学I」、「数学II」、「数学III」の順に履修させること。
(2)「数学A」については「数学I」と並行あるいは「数学I」に続いて履修させ、「数学B」及び「数学C」については「数学I」を履修した後に履修させること。
文部(科学)省は,「高校で数学を学ぶうえで中心(コア)となるもの」を易しいほうからI→II→IIIと配置し,それ以外をいわばオプションとしてA~Cとしたように思われます。

さらに,I~IIIとA~Cには非常に大きな違いがあります。

たとえば数学Iの内容は,もし学ぶのであればその内容(二次関数・三角比・場合の数・確率)を全部学ばないと,単位がとれません。数学II,数学IIIも同様です。
これに対して,数学Aは,数と式・平面幾何・数列・コンピュータの四単元からなっていますが,指導要領では「履修する生徒の実態に応じて、内容の(1)から(4)までの中から適宜選択させるものとする。」となっており,学校によって扱いはまちまちです。
コンピュータ(BASICのプログラミング)を省いている学校も結構ありますし,また参考書でも飛ばされていたりします。
(ところが入試だとプログラミングがある意味では一番易しいので,それを狙っていこう!という参考書もあったりします)
BやCも同様で,学校により扱いが異なります。

以上より,次のようなことが言えます。
たとえば,ある生徒が「学校で数学IIを習った」といっていれば,数学Iと数学IIの内容は全て授業でやっているはずです。
ところが,「数学Aを習った」というだけでは,実際に何を習っているかは分かりません。
このため,大学入試でも,数学A・B・Cはたいてい,それぞれの単元に対応する問題を並べておいてそのなかから選んで答えさせるようになっています。

No.2のカリキュラムは,1981年度に高校に入学した人までが学んだものです。
当時は,いわゆる受験校(進学校)の場合,おおまかにみて,
入試で数学を使わない人:「数学I→数学IIA」
数学を使う文系の人:「数学I→数学IIB」
理系の人:「数学I→数学IIB→数学III」
というパターンでカリキュラムを組んでいる学校が多かったように思います。
翌年登場したのが,「数学I」「基礎解析」「代数幾何」「確率統計」「微分積分」という科目分けで学んでいます。
その次(92年度入学者以降)に登場したのが現行のI~III,A~Cです。

>まーたぶん大した意味はないと思いますよ
ところが大ありなんですね。
既出の回答とも少し重なりますが,補足を兼ねてお答えしましょう。

現在の指導要領には次のような規定があります(来年の高校1年生から少し変わります)。
(1)「数学II」、「数学III」を履修させる場合は、「数学I」、「数学II」、「数学III」の順に履修させること。
(2)「数学A」については「数学I」と並行あるいは「数学I」に続いて履修させ、「数学B」及び「数学C」については「数学I」を履修した後に履修させること。
文部(科学...続きを読む

Qラクス・クラインとミーア・キャンベルの関係

ガンダムSEEDに出てくる、ラクス・クラインとミーア・キャンベルの関係を教えて下さい。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

関係といわれても困りますが、ラクス・クラインの偽者がミーア・キャンベルです。
もともとミーアは声しか似てなかったのですが、ギルバート議長によって整形手術が行われ、偽者のラクスになりました。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%83%BC%E3%82%A2%E3%83%BB%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3

Qx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底,{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時,y1(x),y

[問] ベクトルx1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底とする。
{y1,y2,y3}がその双対基底でx=(0,1,0)の時、
y1(x),y2(x),y3(x)を求めよ。

という問題の解き方をお教え下さい。

双対基底とは
{f;fはF線形空間VからFへの線形写像}
という集合(これをV*と置く)において、
V(dimV=nとする)の一組基底を{v1,v2,…,vn}とすると
fi(vj)=δij(:クロネッカーのデルタ)で定めるV*の部分集合
{f1,f2,…,fn}はV*の基底となる。これを{v1,v2,…,vn}の双対基底と呼ぶ。

まず、
C^3の次元は6(C^3の基底は(1,0,0),(0,1,0),(0,0,1),(i,0,0),(0,i,0),(0,0,i))
だと思うので上記のx1,x2,x3は基底として不足してると思うのです(もう3ベクトル必要?)。

うーん、どのようにしたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

>C^3の次元は6(

これが間違え.
「x1=(1,1,1),x2=(1,1,-1),x3=(1,-1,-1)をC^3の基底」
といってるんだから,係数体はRではなく,C.

あとは定義にしたがって,
dualな基底を書き下せばいいだけ.
y1(x1)=1,y1(x2)=y1(x3)=0であって
v=ax1+bx2+cx2と表わせるわけだし,
v=(v1,v2,v3)とすれば,a,b,cはv1,v2,v3で表現できる
#単なる基底変換の問題.

Qクラインの壺のような・・・

以前、岡嶋二人の「クラインの壺」をとてもハラハラ
しながら読んだ記憶があるんですが、この本のように
現実と非現実の境がわからなくなるような小説は他に
どういうものがあるのでしょうか。

Aベストアンサー

http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4073022210/qid=1121654533/sr=1-10/ref=sr_1_10_10/249-0767760-7648332

クリス・クロス―混沌の魔王
高畑 京一郎 (著) 電撃文庫

こちらは全く同じアイディアから舞台をネットゲームに移したぐらいの違いしかありませんが、『クラインの壺』の良コピー作品として有名です。

Qx,y,z軸方向の単位ベクトルをi,j,kとする。

x,y,z軸方向の単位ベクトルをi,j,kとする。

曲面F上の点の位置ベクトルrが
r=xi+yj+(3-x^2-y^2)k・・・・・・(1)
曲面G上の点の位置ベクトルrが
r=xi+yj+(2x^2+2y^2)k・・・・・・・・(2)

で与えられている。
FとGで囲まれた領域をDとする。
(1)FとGの交線の円筒座標系(r,θ,z)における方程式を求めよ
(2)Dの体積を求めよ
(3)Dの表面積を求めよ

(1)は交線なので、
(2)-(1)から、
(x^2+y^2-1)k=0
より、k=0 ?? x^2+y^2=1 ??
方向ベクトルが
i -y/x
j = 1
k 0
となるから・・・・・・と考えたりしたんですが
円筒座標系に直すなどのつながりが全く分かりません。

(2)(3)など問題丸投げですいませんが、
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)
交線は、x^2+y^2=1

x = cos(θ)
y = sin(θ)
z = 2

だから、(r,θ,z) = (1,θ,2)

(2) iint[x^2+y^2≦1]{(3-x^2-y^2)-(2x^2+2y^2)}dxdy

(3) 曲面Fをr1, 曲面Gをr2、とする
上側の面積 iint[x^2+y^2≦1]|∂r1/∂x × ∂r1/∂y|dxy
下側の面積 iint[x^2+y^2≦1]|∂r2/∂x × ∂r2/∂y|dxy


人気Q&Aランキング