ここ数カ月自転車を買おうとネットや雑誌などを読み漁っています。
しかし中々これだ、と思えず迷っているので質問させていただきました。

初めはシンプルな外見のシングルスピードが良いなと思っていましたが
坂が多いためロードバイクかクロスバイクを考えています。
探している条件は、ホリゾンタル(に近い)クロモリフレームで、ドロップバーハンドル、予算は10万円程です。
使用目的は通学、ポタリングやたまにふらっと遠出したいという程度でレース等に出る気はありませんので、
スピードはそれなりに出ればいいと思います。
素人なため性能等よくはわからないのですが、見た目重視で候補を挙げるとしたら、
ルイガノLGS-CT、ビアンキLUPOあたりがいいかなと思っています。

安い買い物ではなく、買った後で後悔したくないので
条件に合う他の車や上記の車の情報が頂けたらばうれしいです。
お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

 sunbbbbbbbさん こんばんは



 ルイガノの07仕様のCCT(現行のCTの前車)に乗っている者です。

 ロードバイクにも色々な種類がある事をご存じでしょうか???#2さんも言われている通り、sunbbbbbbbさんが選ばれた2車種はロードバイクの中でも「シクロクルス車」に分類される自転車です。「シクロクロス車」は基本はシクロクロスレース用のレーシングバイクなんです。シクロクロスレースとは、MTBレース程ではないにしてもオフロードを走るレースですから、履いているタイヤはオフロード用の太いタイヤを履いています。そしてシクロクロスレースのコースには丸太が転がっている場合もあり、そう言う所は自転車を担いで通過すると言う事をします。したがってフレームも自転車を担ぐ事を前提に、ホリゾンタルに作られています。以上を別な言い方をしたら、一般のロードバイクをオフロード走行仕様にしたバイクと考えても良いかもです。
 一般のロードバイクは、タイヤの負荷も少なく捨て少しでもスピードを出し易くする為の自転車ですから、一般に23C~25Cと言う細めのタイヤを履いています。これが一般のロードバイクとシクロクルス車との大きな違いです。細いタイヤ装着車に荷物を積んで走った場合安定性が悪く走り難いんです。しかしシクロクロス車式に35Cクラスの太めのタイヤを履いている自転車の場合は、荷物を積んでも安定性が良いと言う特徴が有りますから、シクロクロス車は長距離ツーリング等である程度の荷物を積んで走る場合安定性が良くて走り易いと言う特徴を生かして長距離ツーリングに使う方が増えています。昔は長距離ツーリングと言えば「ランドナー」や「スポルティーフ」と言う車種が相場でしたが、それらの車種は絶滅危惧車種に認定される位に車種が少なく、有っても値段が高いので、今では長距離ツーリングにシクロクロス車を選ぶ方は増えています。
 私の場合は雨さえ降らなければ、都内の取材撮影時に取材機材を積んでの移動の脚にCCTを使っています。つまり荷物を積んでの走行ですから、安定性を考えてシクロクロス車を選びました。

 上記したシクロクルス車の特徴が解かった上でのCTやルポと言う選択なら良い選択だと私は考えます。しかしsunbbbbbbbさんの場合は私みたいな荷物を積んでの走行や長距離ツーリングでのどうしても荷物を積載しないとならないと言う用途での使用ではない様ですから、よりスピードを楽に出し易いと言う意味では、何もシクロクロス的なタイヤ幅が太くて負荷がかかるタイヤを装着した車種でなくても良いかと思います。そう考えると選択幅が広くなります。元々がシングルスピード車と言っていた方ですから、23C~25C位のタイヤ装着車が良いと思います。ですからビアンキで言えばVia Nirone7 ALU Compact(SORA仕様でも Tiagra仕様でも)、スコットのSPEEDSTER S55 CDあたりどうでしょうか???その方が選ばれたシクロクルス車よりは目的に合っていると思います。

 CTとルポの違いですけど、メーカー以外に駆動系が違いルポの方がワンランク上です。ですから買えるならCTよりはルポの方が良いかと思います。実はCCTを購入する時、ルポとで相当悩みました。私が買った当時のルポは車体カラーをどう選ぼうともどこかにビアンキ独特なチェレステカラーを使っていたんです。相談した方全てにハンドルバーテープやサドルは後から交換可能だから、ハンドルバーテープやサドルにチェレステカラーを使った車種でも後から違う色の物に変えれば良いと言われたのですが、私の嫌な色を使った経緯がある車種に乗るのが嫌と言う頑固なまでも好みが有ったのでCCTにしました。もしチェレステカラーを一切使ってない車種が有れば、ルポにしく決めだったです。それは駆動系がCCTよりワンランク上だからです。

 以上何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
すみませんが一番優先したいことが見た目なので例示していただいた車種はアルミフレームで希望には合いません
自転車屋で同様の質問をしたところ、その用途ではクロスバイクでもいいのではないか、
ホリゾンタルのクロモリロードはその予算では厳しい、とのことなのでシクロクロスも考えて探してみたのです
下にも書いたようにロングツーリングの企画が上がったのですが不確定なので一層迷ってしまいました
またしてもツーリング車ですが今日見付けたビアンキANCORAに一目惚れしてしまい、そのツーリングに行くならこれを買いたいです
行かなくても欲しいくらいなのですが、タイヤを細くしてもカンチでは満足はできないものですかね

お礼日時:2009/05/28 23:18

ちなみに自転車の駐車方法ですが、スタンドを付けるのに抵抗あるならばトップピークと言うメーカーからペダルを利用した簡易スタンドがあります。

勧めはMTB用が丈夫です。重量20キロまで可能!!防犯錠は焼き入れされた鎖とつると本体が強化された錠前を購入して下さい。フレームと施設の一部(柱や金属支柱など)フレームと前輪・後輪では担いで持ち去られます。※私は機械工具カタログから探して硬質ステンレスの鎖につると本体が硬質の錠前愛用しています。誰かが一度切ろうとした痕跡がありましたが…退散しましたね!!これを切るには電動の機械工具が必要です。質問の趣旨から外れましたが、盗難は増えていますから注意して下さい。本体以外にも必要な品はありますからね。失礼しました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何度も答えていただきありがとうございます。
スタンドは今ちょうど迷っていたので参考にさせていただきます
大切な愛車なのでしっかり守っていきたいですね

お礼日時:2009/06/01 21:40

度々すいません。

私はパナのシクロクロスのチタンフレームに買い替えましたが、アンカーを購入時にロードはカーボンやアルミは寿命が短い!と聞き、シクロにしました。ちなみにアンカースポーツではタイヤを28Cに変えて北茨城の五浦海岸まで昨年末に1人でツーリングしました。タイヤは28Cであれば通勤や近郊のツーリングも心配ないです。筑波山もロープウェイの場所まで登れました。泥除けはワンタッチで脱着式のフリンジャーです。クロモリとチタンは一生物と思います。実際に体験した正直な感想です。チタンに変えた理由は…メンテナンスフリーで錆び対策が煩わしくないと判断したからです。ちなみに私は元ランドナーですが、時代は変わりましたね。コンビニあれば荷物は不要ですからね。今はウエストバッグ1つで1日で300キロ走れます。GWでは茨城県の極北の八溝山頂まで登り、とんぼ返りしましたよ。シクロでも28Cならば通勤・ツーリング併用可能です。細くしても25Cまでがいいです。行き付けの自転車店の話では20~35Cまで幅広くタイヤは変えられるらしいです。※ギアの枚数等の変更次第との事!参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かに一生ものかもしれませんね。私も親の30年前のロードマンにほとんど問題なく乗っていました。
私が欲しいのも初めについているのが28Cだそうなので良さそうですね
自転車屋とも話したところそちらでも25Cまでがいいと仰っておりました

お礼日時:2009/06/01 21:37

こんにちは、要望の車種となるとブリジストンのアンカースポーツタイプにあります。

タイヤは32Cでフレームはクロモリ、昨年まで乗っていました。これならば貴方の希望に一致します。重量も12キロ以下です。タイヤは28Cにすれば車速も上がります。価格も予算以内で買えますよ。ブリジストンだから販売店は多数あるはずですが、納期はかかりますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
アンカースポーツのというとCX900ですよね
ツーリングタイプ、カンチブレーキ、ということで悩んでいたので
それでしたら見た目に惚れてしまったANCOREを選びたいと思います

お礼日時:2009/06/01 21:30

ご質問の車種はどちらともシクロクロス車又はツーリング車です。

シクロクロスとはロードバイクで障害物のあるダートコースを走るための競技です。そのために太いタイヤ(32c~35c)を履けるようにブレーキがカンチブレーキでロード用に使用されているキャリパーブレーキとは違います。

ご質問には、ダートコースを走りたいとか、荷物を持っての長距離ツーリングをしたいといった内容はありません。使用目的に合わないのではないかと思います。これらの車種を買い求める人の多くが、ご質問者さんのように見た目重視で買い求めます。しかし、ほとんど走るのが舗装路で、ブレーキの利きの悪さとタイヤの太さに嫌気がさして不満を持ちます。かなりの人がタイヤを細くしているのが現状です。しかし、ブレーキはキャリパーに変更することは出来ません。

私はこのクラスの最近のクロモリでしたら、ビアンキのイモラをお勧めします。私の行きつけの二軒の自転車屋さんにはどちらも二月頃にイモラが展示してありました。店主曰く「これは最高のお勧め品です。良い自転車だからすぐに売れますよ。」しかし、共に現在でも展示してあります。「くだらん自転車は売れるのに、今のお客は見る目がないよ。」イモラはプロのお薦めの自転車です。今年の商戦は終わっていますので、現在在庫があるか無いかは分かりませんが…参考になさってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
調べていると交換している人が多く私もそうするつもりでした。
カンチブレーキがどれくらいなものかわからないのですが素直にロードを考えた方がよさそうですね。
しかしここにきて友達と広島-沖縄のツーリングの話が進んできました
まだこれが確定でないので余計に悩んでしまいます、、

お礼日時:2009/05/28 22:46

LGS-CTとLUPOでしたら、結論からいくとLUPOです。


パーツも若干LUPOがいいです。
特にクラシカルな雰囲気にこだわりがなければLUPOがいいと思います。
フレームはクロモリで問題ありません。この価格帯ではアルミのロードはお勧めできません。
十分レースでも耐えられますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
初めは白がいいと思っていましたが、チェレステいいですね
性能面でもLUPOが上ならこの二択ではLUPOにすることにします。

お礼日時:2009/05/28 22:22

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走れるみたいです。

クロムは剛性があるので長時間でもさほどつらくならないようですね。
ただ、ちょっと重いですね。

ネットで調べましたけどこれくらいの違いしか分かりませんでした。
ただ、例えばこの振動がゴツゴツくるアルミでも、それがいいっていうバイカーもいるんですよね。

まったくの初心者なので、700cって何? という感じで調べている状態です。
アルミ、クロモリと言っても車種の年代によって、また、サスがあるなしとかでかなり違ってくるのだろうと思いますが
バイカーの先輩としてご経験上のアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願い致します。

アルミ or クロモリ どちらがいいでしょうか。

クロスかロードのバイクで週末はちょっとロングを走りたいと思っている初心者です。
今は変速付きママチャリで遊んでいます。

それで選ぶ際のフレームの素材なのですが、
アルミ、クロムモリブデン、カーボンと主にあるようですが、どれがよいのでしょうか。
予算的にカーボンは多分無理だと思います。

アルミは軽いけど剛性(柔軟性?)がないので路面の衝撃をそのまま伝えるらしくて長時間の乗車はきついらしいですね。
でも、軽くてしなりがない分キビキビ走...続きを読む

Aベストアンサー

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると フレームお釈迦といった 強度でした。
自分は、ロードで無く ランドナーという OFFを走る650Bタイヤのフレームを 作った際
022ダブルバッテトーチューブベースのものと チェーンステイ、シートステイを019を使ったフレームを使用していましたが
019(薄く軽量固い)のチェーンステーは 固く 撓みが少なく 踏み込みパワーロスが少ない反面
足に来ます。疲れる 痛くなる 足に負担が大きかったです。
自転車は 基本サスペンションは、無く フレームの撓みで 有る程度 乗り心地や 踏み込みパワーを
緩和してくれるもので 結構固さや撓みは 重要です。
 フロントフォークの曲がりひとつでも 乗り味は変わります。

ロードの理想は、固すぎない クロモリです。
 クロモリフレームは ロー付けで組み立てます。下手なビルダーが バーナーで炙り過ぎると 良くないです。 作る人を選びます。
アルミは、柔らかい 重いので 好みません(マウンテンバイクなどには、良いかも)
一番良いのは、カーボンパイプの フレームです。 それなりのカーボンフレームなら 撓みが絶妙
乗り心地良く 足に来ません 一番軽く 楽に乗れるのが カーボンです。
値段が高価ですが それ相当の価値が有ります。

サスペンション付きは、まず
サスペンションによる 重量増が 問題 サスペンションとしての機能が 合っているか 微調整できるかで 使えるか 付かないかが決まります。
乗る人の 体重でも設定が変わりますので 自転車用サスペンションが 何処を狙って 選定されたものかを見極め 試乗し 自分に合うかを 確認した方が良いでしょう
また 細かな相談や調整をしてもらえる ショップでの購入を お勧めします。
未経験、素人、詳しくなければ、何件も ショップをめぐり 相談
一番 自分に合う店で 購入する事
自転車自体より ショップの アフターが重要です。
元 選手が開いたショップだから 良いとい事も有りません 
安いけど 腕がないのも 困りもの ですね! スポークホイール組めない ショップも意外と多いんですよ。

アルミで クロモリ同等の 強度を持たせようと すると 太く厚いパイプになり 結果 フレームは
重くなる傾向が有ります アルミ材質にもよりますが 粗悪安価なアルミ材ですと柔らかく 重くなって結果 乗り難いものになります。

クロモリと言っても 種類があると思います 
最近のパイプは 詳しくないですが
昔 石渡 022というのが 一般的で ロードですと019という軽量パイプを使用します
超軽量を狙い 017(コロンバスSLX相当かな?)という 薄いパイプも有りましたが 転倒すると ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報