役所に勤めていますが、年度末の出納閉鎖は5月31日が通例かと思いますが、31日付けで消し込みした分で終わりなのか、出納室(会計課)での収入日で閉めるのかいずれが正当なのでしょうか?ちなみに、自分のところは、収入したら会計課で収入伝票がまわり、担当部署は消し込んでいます

A 回答 (2件)

>>うちの場合、何日か経過してしまいますが



何日も経過しませんよ。
あくまで指定金融機関が提出する日計表(収入項目ごとの入金金額の集計)に計上されたものです。
6月1日に出納室(会計課)へ指定金融機関の取りまとめ店から前日(つまり5月31日)に入金した分の日計表と収納済み通知書が提出されます。

ですから5月31日(領収日付も)に収納代理金融機関の遠隔地の支店等に入金しても、指定金融機関まで届くのにまわりまわって何日も経過していたら、当然5月31日付けの日計表には上がってきません。
それは平成20年度の歳入としては区分されません。
    • good
    • 0

指定金融機関に5月31日に入金があったものまでです。


このため事務処理は当然6月1日になります。

この回答への補足

ありがとうございます。ただ、指定金融機関に入るということは、うちの場合、何日か経過してしまいますが、金融機関での領収日ということでしょうか?

補足日時:2009/05/27 00:36
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。もしお願いできれば補足質問もあるのですが

お礼日時:2009/05/27 00:59

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q出納閉鎖期間

 お役所用語の「出納閉鎖」と「出納閉鎖期間」について、教えてください。

Aベストアンサー

 役所の会計は4月~3月までとなっていますが、3月31日までに購入した物や完了した工事などは、支払いが4月以降になってしまいます。又、事業に対する補助金なども、4月以降に収入となる場合があります。これを4月だからといって翌年度会計には出来ません。

 そこで、5月31日までの期間を「出納整理期間」として、旧年度の支払いや収入を処理する整理期間とします。最終的に年度の会計を締める時期を、出納閉鎖と言って5月31日で締める事になります。

Q支出負担行為と支出命令の違いを教えて

地方自治体の経理上における支出の中で、支出負担行為と支出命令の違いを教えてください。

Aベストアンサー

地方自治体が、歳出予算という枠の中で事業を行なっていることに関係しています。

1 支出負担行為 
  物品購入、建設その他、金額を定めて契約を締結し、その契約が履行されたときに、当該地方自治体に支払義務が生じることが決まったときに、当該金額を予算から差し引くこと。をいいます。
2 支出命令
  物品購入、建設その他、契約が履行され、請求手が提出されて支払い義務が生じたものについて、支払うことを命令すること。をいいます。

帳簿的に言えば、支出負担行為時に帳簿から差引をしますので、たとえ現金が残っていても、予算額を超えて新たな契約をすることができません。

実務的には発注したら当日中に納入できるような軽易なものについては、負担行為と支出命令を同時に行なっています。  


人気Q&Aランキング

おすすめ情報