オークションでアンプを出品したのですが、
もし発送する場合どのように包装すればいいんでしょうか?

ちなみに購入した時の箱はありません。

後、アンプなどの機器の発送はどの会社?ですればいいのでしょうか?
郵便局でも送れるんですか?

初めてなのでわからないことだらけで困っています;;

このQ&Aに関連する最新のQ&A

CM ガム」に関するQ&A: 益若つばさのガムのCM

A 回答 (2件)

どの程度の大きさのアンプかわかりませんが、私が以前発送した経験から言えば、


スーパーで空いた段ボール箱を何枚かもらってきて、それで全体を覆うように梱包しました。
特にコーナーは厳重にして、「取り扱い注意」と「↑が上」と書いて普通の宅急便で送りましたよ。
真空管アンプだと心配ですが、トランジスタだとよほど乱暴に扱われない限り大丈夫だと思います。
郵便局でも送れるんじゃないでしょうか?
ちなみに、私が送ったのは、高さ60cm×幅80cm×奥行50cm、重量40Kg程のベースアンプでした。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます!
全体を覆うようにというのは、
ダンボールを密着させてガムテープで止めるということですか?
陶器を新聞紙で包むみたいなイメージを想像しているのですが違うでしょうか?
質問してすみません;;

お礼日時:2009/05/27 23:20

覆うと言うのは、段ボールを密着させてガムテープで止めると言う事です。


元々の箱の代わりを段ボールでするって事です。
スーパーでなるべく厚くて丈夫そうな段ボールをもらってきて、ガムテープでガチガチに止めました。
見てくれは悪いですが、中身は大丈夫でしたよ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアンプ側の位相について

こんばんは

私が使っているアンプです。
http://www.niji.or.jp/home/k-nisi/l-01a.htm

今回お聞きしたいのは、アンプの位相についてなんですが、真ん中に座ると、どうしても低音が薄くなります。
スピーカーの位相に問題があると思って色々試しましたが、スピーカーではなくどうもアンプです。

何台かスピーカーを同じアンプで試しましたがすべて同じ結果でした。
アンプ側の+と-をどちらか逆に繋げば低音は凄く出るんですが、高域の響きが失われます。
これはアンプの仕様なんでしょうか?

アンプ側の位相を逆にすることでメリットもあるんですが、たとえば音の厚み声の厚みが増します。
マイナス面はクリアー感が掛けることです。

アンプはきっちりメーカーでメンテナンス頂いているので問題はないと思うんですが・・・
一体何が起きているのか?さっぱり分かりません。
クリアー感が失われず低音がお互いかき消されない方法は無いものでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

症状だけ拝見すれば、スピーカーのウーハーだけが逆相のように思えますが、複数のスピーカー,複数のアンプを色々組み替えて、このアンプを使った時だけおかしいとのこと。
単純にアンプ修理のチョンボかもしれませんね。

修理ってアナクロな完全一人手作業だと思います。あなたや私が自分で修理するのと変わりませんよ、きっと。ふたする前に誤配線が無いかなどを確認するチェックシートとかがあるんでしょうが、チェックだけ先に付けたタイミングで問合せ電話かかってきて対応、終わってシート見てチェックOK(実は逆相配線)修理完了! ってところじゃないでしょうか?

もう一度アンプをメーカーに見てもらったほうが良いように思います。
メーカーもちゃんと見たつもりでいるでしょうから、メンテナンス後の症状を詳しく説明しないとうまく伝わらないかもしれません。

Qエレキギターでアンプの音が悪い気がします;;

こんにちわ!以前ギターをはじめようと思い、どのようなギターがいいかなど質問させてもらい
ギターを購入した者です!

ギターはEpiphone LP-EXPRESSを買い、
アンプはline6 spider iv 75を買いました・・・

ギターは通販で買いましたが、アンプは楽器店に行き、20万円ぐらいする高めのギターでアンプ繋いで弾かせてもらって、これに決めました

私が買ったギターは14000円弱なので20万もするいいギターと比べてはいけないのですが
家に届いて繋いでいざ弾いてみると音が悪い気がしてなりません・・・
安いギターではこんな物なのでしょうか?こんな物といっても皆さんには伝えにくいのですが;;

ヘッドフォンは使用していません、ギターとアンプを繋ぐコードはギターについていた物を使っています
この繋ぐコードをいいやつに変えると音質よくなるって何度か見たのですが
皆さんはどうでしょうか?

ご意見おきかせください;;

Aベストアンサー

先ずは良い音色を得る工夫をする。

自分の音色確立が出来ていないからです。
先ずアンプダイレクトの自分の音色確立、アンプを斜めにしスピーカーに対面し音決めする。
Bass;適度な太さを得る(多すぎない事)
Mid;6~8(多すぎない事)
Treble;色付け程度(多すぎない事)
これが最重要、全ての基本、都合でアンプが替わっても自分の音色を短時間に設定できる。

良い音色の弦を張る、DR MT10;http://www.soundhouse.co.jp/shop/ProductDetail.asp?Item=283%5EMT10%5E%5E

後は練習のみ、何れ良いギターを入手する、それまではこれで行く、その決断が有ったはず、ケーブルの違いは殆ど無い(トーンで如何にでもなる)無駄な投資はしない事。

弾き方、ピッキングポイントの工夫、ネックエンドで太く甘い音を出す等々。

QOPアンプの外部位相補償って何ですか?

岡村先生の「OPアンプ回路の設計」という本を読んでいるのですが、
一般的に使われるOPアンプの端子は、±電源と±入力端子と出力端子の5つですが、それ以外に外部位相補償のものには3つ端子がついているようなのですが、これってどういうものなのでしょうか?

・コンデンサを挟むことで発振を防ぐためのものであることは分かるのですが、これってフィードバック容量と何が違うのでしょうか?

・それとフィードフォーワード補償のところで、入力端子をこの位相補償用のところに繋いでいるのですが、これってもしかして一つのOPアンプの中に低周波用と高周波用が入っており、その橋渡しをしているのでしょうか?

検索してみてもほとんどかかりませんでしたので、どなたか詳しいお方教えて下さい。

Aベストアンサー

tanceです。
位相補償端子は確かにOP内部のアンプの途中から出ています。モノに
よって内部の回路は違いますので、一概には言えませんが、OPアンプの
内部は何段かのアンプで構成されていて、そのつなぎ目が位相補償端子
として出ているものが多いです。

二つのOPアンプという表現はちょっとイメージが違いますが、OPアンプ
ICの中にある多段のアンプをそれぞれOPアンプと言うならMOUIIKAOさん
のおっしゃるとおりです。

一例を挙げると参考URLの15ページで1ピンがフィードフォワードに
使われると思いますが、ここは遅い初段(Q1,2,3,4,5,6)の出力になって
いて、同時に次段(Q9,10)の入力にもなっています。つまりアンプと
アンプのつなぎ目です。

Qエレキギターにつなぐアンプの電源を落とさずにシールドを抜き差ししてしまいました。ちなみに二桁はいか

エレキギターにつなぐアンプの電源を落とさずにシールドを抜き差ししてしまいました。
ちなみに二桁はいかないくらいの回数だと思います。
故障してしまったということですか?
それともその程度の回数なら問題ないのですか?

Aベストアンサー

その仕草で故障するケースはスタジオなどで大きい音に設定したまま抜き差しする時です。
挿した時に出る接触ノイズが「ボン!」という巨大な音になって出てしまいスピーカーが飛んだり、増幅回路が飛んだりするケースです。
電源は切らなくても大丈夫ですが、ボリュームは下げて抜き差しして下さい。

Qオペアンプ反転増幅回路の特性について

 オペアンプの反転増幅回路について教えてください
1.周波数特性
2.位相特性
 また、オペアンプの諸特性についても、できたら教えてください。

Aベストアンサー

こういう質問は、自分で調べるのが一番納得のいく答えが得られるでしょうね。
Google(http://www.google.co.jp/)で
 「オペアンプ 反転増幅回路 周波数特性」
などをキーワードに検索すればたくさんヒットします。

Qギターアンプ箱ボロ特価ってなんですか?

箱ってアンプを入れるボックスですか?
音や
性能的には全然問題ないですよね?

Aベストアンサー

恐らく「箱に損傷があるが、中身には影響ない商品」だと推測します。

「ギターアンプ箱ボロ特価」と書いた販売店に直接聞いて確かめれば良いと思います。

QOP-アンプの発振に関することに関して教えて下さい。

OPアンプは高周波帯において、出力側で位相が遅れた成分が入力側に戻ることで、ポジティブフィードバックの状態になり発振してしまう。帰還容量を増やすことによって位相余裕を増やしてやることで
発振しないようにすることが出来る。
ということに関してなのですが疑問があります。

・帰還容量を増やすということは高周波側の成分の帰還量を増やすということに相当するわけですが、
となると帰還容量を増やすと逆に発振を促進することにはならないのでしょうか?

・コンデンサの特性として位相を送らせるというものがありますが、となるとコンデンサを経由して帰還してきた成分は90°遅れており、位相余裕が90°ほどもある周波数帯まで、入力と同じ位相になってしまい、やはり発振を促進してしまうのではないのでしょうか?

・そもそもコンデンサで入力側と出力側を繋ぐということは、帰還量だけではなく、オペアンプを経由せずに素通りしていく成分も増えることになり、この成分はオープンループゲインが0以下の周波数帯でもゲイン0で通過するのではないのでしょうか?


この3点いくら考えて調べても答えが見つかりませんでした。
どなたか詳しい方がおられたら教えて下さい。

よろしくお願い致します。

OPアンプは高周波帯において、出力側で位相が遅れた成分が入力側に戻ることで、ポジティブフィードバックの状態になり発振してしまう。帰還容量を増やすことによって位相余裕を増やしてやることで
発振しないようにすることが出来る。
ということに関してなのですが疑問があります。

・帰還容量を増やすということは高周波側の成分の帰還量を増やすということに相当するわけですが、
となると帰還容量を増やすと逆に発振を促進することにはならないのでしょうか?

・コンデンサの特性として位相を送らせ...続きを読む

Aベストアンサー

先ず前提として,外部ゲインが0dB(つまり100%負帰還)まで安定な電圧帰還型のOPアンプを対象にしているとゆうことを理解することが重要です.
外部ゲイン0dBでは不安定な電圧帰還型OPアンプ(例えばLF357とか)や,電流帰還型OPアンプでは,帰還容量を付けると発振します.

また,帰還量にはレベルと位相があり,帰還容量を付けると高周波側の成分の帰還量が増えますが,位相は進みます.

>・帰還容量を増やす・・・発振を促進することにはならないのでしょうか?
位相が進むために安定に100%負帰還がかけられます.

>・コンデンサの特性として位相を送らせると・・・発振を促進してしまうのではないのでしょうか?
位相は進みます.

>・そもそもコンデンサで入力側と出力側を繋ぐ・・・ゲイン0で通過するのではないのでしょうか?
先ず,OPアンプの入力でクランプされると共に,OPアンプ内部の寄生ダイオードで整流され,直流オフセット電圧の増加という形になります(ここの1ページ).
http://documentation.renesas.com/jpn/products/linear/rjj03d0644_ha17358a.pdf
実験してみればすぐわかりますが,ゲイン0での通過は観測されません.

発振の問題は伝達関数を求めて見ればすぐわかります.
OPアンプの特性や浮遊容量を含めた伝達関数は,シグナル・フロー・グラフを使えばあっという間に求まります.
http://www.mogami.com/paper/sparameter/sparameter-01.html
ここの「5.2 メイソンの非接触ループ法」です.

先ず前提として,外部ゲインが0dB(つまり100%負帰還)まで安定な電圧帰還型のOPアンプを対象にしているとゆうことを理解することが重要です.
外部ゲイン0dBでは不安定な電圧帰還型OPアンプ(例えばLF357とか)や,電流帰還型OPアンプでは,帰還容量を付けると発振します.

また,帰還量にはレベルと位相があり,帰還容量を付けると高周波側の成分の帰還量が増えますが,位相は進みます.

>・帰還容量を増やす・・・発振を促進することにはならないのでしょうか?
位相が進むために安定に100%負帰還が...続きを読む

Q電源ON機器→ラインケーブル→電源OFF機器で

 タイトルの通りですが、状況を補足します。

 オーディオI/Fを使用しているのですが、そのラインアウトにケーブルを接続していてその先がスピーカーやらヘッドホンアンプになっています。
 そこで質問なのですが、電源が点いていて使用しているオーディオI/Fのラインアウトに別の機器があった場合でその機器の電源がOFFになっている場合、ラインケーブルなどを繋げていても大丈夫なものなのでしょうか。

 電気の流れについては詳しくないのですが、電気信号は当然ながらラインケーブルを通って別の機器に接続されますよね?
 となると、物理的にラインケーブルが繋がっていない…つまり完全にお互いが独立している状況ならばともかく、ラインアウトから電気信号が出ているのにラインイン側が繋がっていなかったり電源が入っていなかったりした場合、その電気信号はどうなるのか…中途半端な状態だとあまり良くないのかな、と思いまして…。

 無知で申し訳ありませんが教えて頂けると嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

そんな心配は不要です。万一それが大丈夫じゃなかったら、全ての機械の電源を「いっせ~の~で」って入切しなきゃいけないってことになりますけど?

つながった先の電源が切れている場合は、線がつながっていない状態とほぼ等価です。線がつながっていなければインピーダンスは無限大となり、電気信号は全く流れていきません。要するに、回路が存在しないのと同じことになります。

むしろやっちゃいけないのは、電源が入った状態でラインケーブルやマイクケーブルを抜き差しすること。これをやると強烈なノイズが出るため、スピーカーを傷める(最悪壊す)ことになるので。なので抜き差しの前には必ず、受け側の機械の電源を切るかボリュームを最低まで下げておかないといけません。

QQPSKとリニアアンプ

QPSKの原理だけ理解した初心者です。

QPSKによる送信にはリニアアンプが必要だそうですが何故でしょうか。
位相変調であればリニアでなくても良いのではと思うのですが。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 位相変調では歪が発生すると当然位相の位置が変わります
 変わるのどうなるの?

 許容範囲内では当然同じ位相と認識します
 たとえばqpsk(有線)→4pskと同じ(無線)
 0度   00
 90度  01
 180度 10
 270度 11

 となりますね

 実際は通信をしている内に 位相が多少変化します

 0度がアンプを通過すると3度になったりします
 これが許容範囲なら
 0度±30度なら 00と認識
      ↑
     この範囲は通信している機種(プログラム)により違います

 もし、これが非常に特性の悪いアンプで
 0度が92度になると
 00を送っているのに 01と電送先では認識します

 実際には外部ノイズが乗ったりしますので出来るだけリニアな特性が求められます
 しかしそれは理想でありますがこの世にリニアなアンプは存在しません(作れません)
 したがって正確にはある許容範囲を持ったリニアに近いアンプと成るわけです
 →解説本ではリニアアンプの表現になります
         ↑
       理想の世界   
 

 では
 もっと緻密な16QAMや64QAMなどはQPSKより精度の高いアンプが必要になりますね

 


 
 
 

 位相変調では歪が発生すると当然位相の位置が変わります
 変わるのどうなるの?

 許容範囲内では当然同じ位相と認識します
 たとえばqpsk(有線)→4pskと同じ(無線)
 0度   00
 90度  01
 180度 10
 270度 11

 となりますね

 実際は通信をしている内に 位相が多少変化します

 0度がアンプを通過すると3度になったりします
 これが許容範囲なら
 0度±30度なら 00と認識
      ↑
     この範囲は通信している機種(プロ...続きを読む

Qトロンボーンを吹いています。 括弧の部分を吹く場合どの音を吹けばいいのですか? ちなみに、変ロ長調で

トロンボーンを吹いています。
括弧の部分を吹く場合どの音を吹けばいいのですか?
ちなみに、変ロ長調です

Aベストアンサー

全部でいいですよ。
丁度オクターブですね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報