耳下にしこりができ、MRIを初めて撮ることになりました。そのことに関して、昨日も質問させていただきましたが、今回は「造影剤」について特に教えていただきたいと思います。

私はアレルギー体質なので、造影剤の使用がとても不安です。具体的に、以下のような体質です。

・風邪の際に、抗生物質で副作用を起こし、発疹と全身の腫れが一ヶ月近く続きました。(約10年前)

・治療は必要ない程度ですが、橋本病で年に二回、検査を受けています。

・抗核抗体など、自己抗体の価が高く、膠原病に要注意と医師から言われています。

・身体の一部(首の裏、腕)にアトピーがあります。

・埃アレルギーで、吸い込むと、鼻水くしゃみがひどいです。

以上のような体質で、なんだか副作用のリスクがものすごく高いのでは??と不安になっています。調べたら、ショック症状が出ることもあるとか‥恐ろしいです。
私のようなアレルギー体質でも、造影剤は使えるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

CTなどで用いられるヨード造影剤の副作用でもっとも怖いのが、アナフィラキシー反応です。

おっしゃるようにショック症状を出される方が折られ、適切に対応しないと命の危険性もあります。余談ですが、今日たまたまそういうか方がおられて、対応してきました。このヨード造影剤のアナフィラキシー反応を出しやすい人がアレルギー体質の方、とくに喘息を持っておられる方です。
MRI造影剤はこのアナフィラキシー反応を示す方の頻度がものすごく低いです。喘息などの方に注意とあるのは根拠があるわけでなく、ヨード造影剤に準拠しているだけで、私は実際にまだMRIの造影剤のアナフィラキシー反応は見た事がありません。せいぜい、吐き気が出る人が時々おられるぐらいです。この吐き気は絶食などで脱水傾向にある人に出やすいですね。
質問者さんの文章の内容では、造影剤の注射時に注意深く観察が必要だろうけれど、ものすごくリスクが高いとはいえないのではないでしょうか。

老婆心ながら、前の質問は締め切ったほうがよいですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

先ほど無事に検査を終えてきました。
心配な点を全て話した結果、先生は「造影剤を使う」と言っていたのに、技師の方から「まず使わないでやってみます」と言われました。後で先生が判断し直した様です。結果、きちんと撮れているとのことで、検査は終了しました。
来週また総合病院に戻っての診断となります。「本当にきちんと撮れたの?」と若干不安も残りますが‥今は先生の言葉を信じるより他にありません。

sodenositaさんの回答で、今日はリラックスした気分で病院に向かうことができました。工事現場のような音には確かに驚きましたが、撮影中も安心していられました。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 14:31

喘息が一番の要注意事項です。

それ以外のアレルギー(花粉症や一部の薬剤など)に関してはあまり気にしません。
気にしないといっても検査中はモニターで、検査後は直接聞いて、異常がないか確認しています。
造影検査を行ううえで、医師から造影剤の副作用について詳しく説明は無かったのでしょうか。説明を受けて、納得されてから検査されたほうがいいと思います。(不安要素は少しでも少ないほうがいい)
基本的に禁忌となるのは喘息、腎機能不良、造影剤副作用発症歴がある、などです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

総合病院からMRI専門診療所への紹介だったので、詳しい説明や相談は当日に‥といった感じでした。その流れ自体あまり納得できなかったのですが。でも今日、心配なこと全部話した上で、無事に検査終えてきました!回答いただき、ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 14:15

>私のようなアレルギー体質でも、造影剤は使えるのでしょうか?



それは医師に聞いてください
ここに書いている事をそのまま伝えれば、医師が判断します
ただ、具体的に何にアレルギーがあるのか?
きちんと把握できてるのでしょうか?

>抗生物質で副作用を起こし、
何の薬だか知っていますか?

私はヨードのアレルギーがあるので、ヨードの無い造影剤を使ってもらいます
でないと・・・下手したら死んじゃいますから(^^ゞ (ほんとの話)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

無事に検査終えてきました!ヨードアレルギーについて知ることができて、よかったです。ありがとうございました!

お礼日時:2009/05/28 14:10

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 慢性甲状腺炎(橋本病)の基礎知識〜どんな症状?治療は必要?

    慢性甲状腺炎(橋本病)とはどんな病気か  甲状腺に慢性的に炎症が生じるもので、20〜30代の女性に最も頻度が高いですが、思春期の女子にもみられます。 原因は何か  甲状腺のサイログロブリンやペルオキシダーゼなどの自己抗原に対する自己免疫反応が病気の原因です。遺伝因子や環境因子が関係します。 症状の現れ方  思春期には前頸部のはれで発見されることが多く、甲状腺機能は多くの場合正常です。時に機能低下や一過性...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q造影剤の使用は、何故危険な副作用が多いのでしょうか?

Gd造影脳MRIを撮るかもしれません。

造影剤の副作用が非常に危険らしくて、ものすごく心配です。

実際、ショック死した方もみえるらしいです。

何故、造影剤は危険な副作用が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

 現在はパッチテストの有効性は否定されていると思います(パッチテストで造影剤アレルギーの発生を予測することはできません)。したがって、検査前にパッチテストを行っている病院は少ないと思います。

 造影剤アレルギーを事前に予測する方法は、残念ながら現在のところありません。これまで造影剤を使って無事に検査してきた人でも、何回めかにアレルギーを起こしてしまったという例が最近では報告されているようです。

 造影剤アレルギーは、軽いものでは一時的な蕁麻疹、嘔気・嘔吐を起こしたりします。重篤なものでは血圧低下によるショック状態にまでなり、危険な状態になることもあります。

 アレルギーが起こる頻度としては、私の病院の造影剤使用承諾書によれば、軽いものから重いものまで全て含めると1~3%程度、重篤なアレルギーについては0.01~0.04%の頻度と書かれています(したがって私は患者さんにそのように説明しています)。

 これを多いとみるか少ないと見るかは人それぞれかと思いますが、印象としてはほとんどの人は無事に何事も無く検査を終えられていると思います。

 究極的なことを言えば、検査は強制ではありませんから、あまり不安が強いようであればやる必要はないと思います。(治療に支障はでるかもしれませんが)。

 検査をすることによるメリットとデメリット(今回は造影剤アレルギー)についてよく主治医の先生と話し合われて納得された上で(覚悟を決めた上で?)検査を受けられるのが宜しいかと思います。

 現在はパッチテストの有効性は否定されていると思います(パッチテストで造影剤アレルギーの発生を予測することはできません)。したがって、検査前にパッチテストを行っている病院は少ないと思います。

 造影剤アレルギーを事前に予測する方法は、残念ながら現在のところありません。これまで造影剤を使って無事に検査してきた人でも、何回めかにアレルギーを起こしてしまったという例が最近では報告されているようです。

 造影剤アレルギーは、軽いものでは一時的な蕁麻疹、嘔気・嘔吐を起こしたりし...続きを読む

Q血管造影の造影剤を最小限にする方法

血管造影、インターベンション、ステント植えこみなどで、診断上不可欠な造影剤は腎臓、肝臓、すい臓、造血組織に悪いと聞いていますが、出来るだけその造影剤を最小限にする方法はないのでしょうか?
http://meditekn.gooside.com/

Aベストアンサー

造影剤を用いる時は当然のことですが放射線照射も行っていますね(MRIなど除いてね)。医療者には造影剤も放射線線量も最小限の使用量にする努力が義務付けられていますし、腎機能低下などリスクをもつ患者には個別にアセスメントすることも義務付けられています(添付文書などに明記されています)。

ですので現状でもそうなっているはずですが・・(放射線は医療者側は毎日のように浴びるもので患者以上に深刻なことですので適当にしていてはマズイのです)
単純に考えて実現方法は3つあります。

1 施行者の技術の鍛錬
2 放射線照射に関する効率化と撮像装置の改善
3 造影剤の品質の改善

そして代替検査がある場合はその代替検索を優先することです。1はわかりませんが(笑…昔の医者のほうが上手かったとなじられることしばし)2・3は飛躍的に進んでおり少なくとも30年前(教科書でしか知らないけれど)に比べますと雲泥の差があります。
注入方法は…作業が楽になるだけで根本的な部分にはあまり差を生まない(楽になった分だけ気が回る?くらいの)もんです。

Q造影剤の副作用について

我が社の社長についての相談です。

若いころからの無理がたたり、現在76歳にして、糖尿病外来に通っています。
毎日、インシュリンの注射もかかせない様です。

頭脳明晰な方で、プライドもある様で、自分でインシュリンの量や食事内容を変えてしまい、
先日は、低血糖でフラフラになってしまいました。

心筋梗塞の疑いありとの事で、先日MRA検査を受診

造影剤を投与して、さらに詳しく調べたいとの病院側からの説明に、「造影剤の副作用で
腎臓が損傷し透析を受ける羽目になるので、絶対に撮らない」と言い張っております。

私の単純な疑問なのですが、糖尿病治療を受けていて、クレアチンの数値が少々高めの人が
造影剤を服用して、画像診断を行った場合、どのくらいの割合で、透析クラスの腎臓損傷が
発症するのでしょうか?

そんなに劇薬なら、本来造影剤服用は余程の事がなければ、認可されないのでは?と感じてしまうのですが?

ご教示頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

Cr 2~3くらいの人で、造影後はさほど悪くなかったですが、半年後には透析になった人は何人か経験しています。一般には造影剤による腎障害は一過性といわれていますが、経験的には造影をしてから悪くなるスピートが早くなる人がいます。先日も術前のCr 2くらいで、下肢のPTAを造影剤10ml使用して、ほとんど、体表エコーでした人が半年後、腎不全による肺水腫で入院となりました。
造影剤を使用しないMRAでの心臓の評価はいいかげんなので無理して造影剤を使用する必要はないかと思います。まずは、心筋シンチや負荷心エコーをするほうがいいかと思います。

Q微熱と咳と膠原病・・・ 抗核抗体160

膠原病でしょうか・・・
一ヶ月以上まえから咳がとまらず微熱が続いてました。
いまは微熱はほとんどないのえすが、先月検査をしました。
結核・癌・甲状腺の異常はなかったのですが・・・
膠原病の抗核抗体の数値は160でした。
40未満がふつうのようですが、、160は少し高いそうです。
膠原病となると千単位になるようですので、まだ分からないといわれましたが、、これってどう受け止めたらいいのでしょうか、
何かする必要はありますか・・・

Aベストアンサー

抗核抗体は正常の方でも全体の10%くらいの方は持っているそうです。
かくいう私も抗核抗体があります。
私の場合、医療系の学校に通っていて自分の血液を自分で検査していて見つけました。
その後バセドウ病という病気に罹り、初診の際にドクターに
「抗核抗体を持っている」と伝えたところ、血液検査前に「あ、じゃあほぼバセドウで決定だね」と言われました。
抗核抗体を始めから持っていると、確かに陰性の方よりも膠原病やアレルギー疾患などに
かかりやすい傾向にあると聞きましたが、あくまでもその傾向にある・・程度だと思います。
必ずかかるわけではありません。
質問者様はまだ最終的な結果が出たようではなさそうですが、
何事もないことをお祈りしています。

QMRI造影剤 副作用について

耳下にしこりができ、MRIを初めて撮ることになりました。そのことに関して、昨日も質問させていただきましたが、今回は「造影剤」について特に教えていただきたいと思います。

私はアレルギー体質なので、造影剤の使用がとても不安です。具体的に、以下のような体質です。

・風邪の際に、抗生物質で副作用を起こし、発疹と全身の腫れが一ヶ月近く続きました。(約10年前)

・治療は必要ない程度ですが、橋本病で年に二回、検査を受けています。

・抗核抗体など、自己抗体の価が高く、膠原病に要注意と医師から言われています。

・身体の一部(首の裏、腕)にアトピーがあります。

・埃アレルギーで、吸い込むと、鼻水くしゃみがひどいです。

以上のような体質で、なんだか副作用のリスクがものすごく高いのでは??と不安になっています。調べたら、ショック症状が出ることもあるとか‥恐ろしいです。
私のようなアレルギー体質でも、造影剤は使えるのでしょうか?

Aベストアンサー

CTなどで用いられるヨード造影剤の副作用でもっとも怖いのが、アナフィラキシー反応です。おっしゃるようにショック症状を出される方が折られ、適切に対応しないと命の危険性もあります。余談ですが、今日たまたまそういうか方がおられて、対応してきました。このヨード造影剤のアナフィラキシー反応を出しやすい人がアレルギー体質の方、とくに喘息を持っておられる方です。
MRI造影剤はこのアナフィラキシー反応を示す方の頻度がものすごく低いです。喘息などの方に注意とあるのは根拠があるわけでなく、ヨード造影剤に準拠しているだけで、私は実際にまだMRIの造影剤のアナフィラキシー反応は見た事がありません。せいぜい、吐き気が出る人が時々おられるぐらいです。この吐き気は絶食などで脱水傾向にある人に出やすいですね。
質問者さんの文章の内容では、造影剤の注射時に注意深く観察が必要だろうけれど、ものすごくリスクが高いとはいえないのではないでしょうか。

老婆心ながら、前の質問は締め切ったほうがよいですね。

Q膠原病と診断されました

半月前から症状が出ました。
左足首下部に赤い7cm大の内出血。虫刺されかと思いましたが、痒みは
ありません。徐々に広がり、左右の足に数ヶ所出来、両足首の筋肉が
攣れる感じで歩き辛くなり、階段がきつくなりました。
両足首下部がむくみ、靴下が履け無くなりました。
2日前に突然38度台の熱が出て、まだ37度台の熱です。
接骨院・皮膚科・内科と受診し、内科で診断され、採血して精密検査中
です。詳しく判ったら、膠原病科のある大学病院に紹介状を書く、と
言われました。

質問は3つです。
1.更年期障害治療の為、ホルモン剤を飲んでいますが、発症時と同時期
 に終わって1週間もせずに生理が始まり、終わる気配がありません。
 婦人科に受診した処、体調不良による不正出血と診断されました。
 病気に関係しているのでしょうか?病気を婦人科に言って再受診した
 方が良いでしょうか?

2.車で2時間程掛る大学病院へ子供が2ヶ月に1回受診しています。
 出来れば一緒に受診したいのですが、膠原病の治療は、どの位の頻度
 で受診するのでしょうか?

3.現在職探し中で、職安に通い、面接も受けました。
 暫く就活は辞めておいた方が良いでしょうか?

宜しくお願い致します。

半月前から症状が出ました。
左足首下部に赤い7cm大の内出血。虫刺されかと思いましたが、痒みは
ありません。徐々に広がり、左右の足に数ヶ所出来、両足首の筋肉が
攣れる感じで歩き辛くなり、階段がきつくなりました。
両足首下部がむくみ、靴下が履け無くなりました。
2日前に突然38度台の熱が出て、まだ37度台の熱です。
接骨院・皮膚科・内科と受診し、内科で診断され、採血して精密検査中
です。詳しく判ったら、膠原病科のある大学病院に紹介状を書く、と
言われました。

質問は3つです。
1.更...続きを読む

Aベストアンサー

膠原病の中には、いろんな種類の病気があります。

膠原病は完治が難しい病です、場合によっては死に至る
難病指定されている病気です。
個人差はありますが、定期検査を行い、軽いうちから治療をして
安定させれば、ふんだん通りの生活も可能です。

検査結果が出てわかってから
生理不順も含めて医師と相談してください。

Q造影剤の副作用について教えてください

造影剤で副作用・アレルギー反応が有ると聞いたのですがどんな副作用が有りますか?
その副作用はすぐに出る物ですか?試薬では何ともなくて、検査をしてその後出る事もあるんでしょうか?
弟が大学病院でCTとかMRIとか腫瘍シンチとか色々な検査をした後、腹水が溜まってきて、体が浮腫んで、全機能不全になって死亡しました。全機能不全の原因になった病名は解らないと言う事です。
近所のお医者さんは造影剤の副作用もあると言うのですが、大学病院のお医者さんはそんな後になって副作用が出る様な事は無いと言います。
母は造影剤のアレルギーがあって検査が出来ませんでした。姉は試薬では何ともなかったんですが実際に検査に入ろうと必要な量を入れたらショック症状が出ました。
弟は無事検査は終えたのですが、その後前記の様状態になって死亡しました。大学病院では腹水の原因ははっきりは解らないが、膠原病の一種の抗リン脂質抗体症候群があったらしいと言います。
なんかごまかされているような気がしてなりません。
副作用が遅れて出てくる事もあるというのは間違いでしょうか?教えてください。

造影剤で副作用・アレルギー反応が有ると聞いたのですがどんな副作用が有りますか?
その副作用はすぐに出る物ですか?試薬では何ともなくて、検査をしてその後出る事もあるんでしょうか?
弟が大学病院でCTとかMRIとか腫瘍シンチとか色々な検査をした後、腹水が溜まってきて、体が浮腫んで、全機能不全になって死亡しました。全機能不全の原因になった病名は解らないと言う事です。
近所のお医者さんは造影剤の副作用もあると言うのですが、大学病院のお医者さんはそんな後になって副作用が出る様な事は...続きを読む

Aベストアンサー

ヨード系の造影剤の副作用ですね。
MRIで使うのはヨード系ではありませんので、CTで使ったのでしょうか?

「試薬」というのは検査前に打つ1ccくらいの注射でしょうか?
これは、今ではやってないはずですよ。テストアンプルもついてないです。
(テストでショックが出る可能性がある、ショックを正確に予見できない)

副作用はほとんど注入直後に怒ります。命に関わるような重篤なももありますが
ほとんどは発赤、かゆみ、吐き気などです。

ごく希に遅発性のショックなどもありますが、24時間以内に発生する物と思われます。

Q体質改善の薬で副作用ってありますか?

1才10ヶ月になる女の子がいます。
ハウスダストとダニのアレルギーが多少あります。
掛かり付けの小児科(アレルギー科)で体質改善の薬をだしてもらいました。しかし小さい子に毎日薬をのますのは抵抗があります。それは毎日のんでなんらかの副作用ってないの?という不安からきています。
体質改善の薬を毎日飲む事で、副作用って考えられるのでしょうか?
ちなみに処方されているくすりは
ザジテンドライシロップ0.1%  0.3g
ネオレスタミンコーワ散 1%  0.2g
です。

Aベストアンサー

お子さんに処方されている薬は、一般的にはアレルギー反応を抑制する目的で使用される薬です。
医師が「体質改善」という趣旨の説明をしたとすると、アレルゲンがハウスダストやダニとのことなので、日常的にそれらに暴露される状態でしょうから、対処を何もしないとしたら常にアレルギー反応が起きる恐れがあるわけです。
それを日常的に抑制しておく(予防的に)というニュアンスで体質改善と説明したのではないかと思います。

薬というものには大なり小なり必ず副作用はあるものだと思ってください。
ただその副作用というのは、健康被害を起こすようなものだけではなく、目的とする作用以外の作用という風に捉えていただかないと誤解を生んでしまいますが・・・。
大切なのはその目的外の作用が発現し、健康被害を起こすことと、その薬を使用して症状が抑制されるということの比較です。
つまり飲むことと飲まないことのどちらが患者さんに対してメリットとなるかということです。
お子さんの場合は日常的にアレルゲンの暴露を受ける環境にあると思われるので、薬を継続的に飲むほうが、一般的な判断としては有利であろうと思われます。
さらにお子さんに出ている薬は、その種の薬の中でも比較的安全性の高いと考えられる薬です。
だからこそ小児科領域にも使用しやすい薬の形(剤形:錠剤、粉薬といった薬の種類のこと)があるのです。

また薬を使ってみて何か変わったことや困ったこと、わからないことがある場合は、遠慮せずに主治医、処方医に確認してください。
そうした疑問を解きほぐすのも、医療関係者の責務ですし、処方した医師の責任の範疇にあると思います。

お子さんに処方されている薬は、一般的にはアレルギー反応を抑制する目的で使用される薬です。
医師が「体質改善」という趣旨の説明をしたとすると、アレルゲンがハウスダストやダニとのことなので、日常的にそれらに暴露される状態でしょうから、対処を何もしないとしたら常にアレルギー反応が起きる恐れがあるわけです。
それを日常的に抑制しておく(予防的に)というニュアンスで体質改善と説明したのではないかと思います。

薬というものには大なり小なり必ず副作用はあるものだと思ってください。
た...続きを読む

QCT造影剤のあと 副作用?

金曜日の午前中に造影CTを受けました。

二日後(日曜日の朝)から造影剤を打った所(針のあと)が
蚊に刺されたように膨らんでとてもかゆくなりました。
かゆさを我慢するのがやっとなくらいです。
(かゆい所をかいては居ませんが、少しずつ腫れてきています)

造影CTは過去に何回も受けたことがありますが、
こんなことは初めてです。これは副作用なのでしょうか?

Aベストアンサー

造影剤のアレルギーで全身が腫れ上がって
日帰り検査の後に2週間入院した人を知っています…

私の知り合いでも どうも体調が悪くなるので
造影剤抜きでどうにか検査を進めてもらう人も多いです。

一度検査を受けた病院に電話で訊いてみたらどうでしょうか?
きてくださいと言われるかどうか…

その対応次第で(何のための検査かわかりませんが)今後の治療や、
転院等の判断材料になるかもしれませんし。

私は造影剤ではないですが、こちらがどうしても受け入れられないこと(体が拒絶すること)を注文して、対応できないようであれば二度と行きません(何もしてもらえないと判ったわけですから)。

Qアレルギー体質なのでしょうか?良い薬ありますか?

46歳男性です。約5年位前から急に体質に変化があり突然、喘息になってしまったのです。血液を調べてもらったのですが、草花のアレルギー反応が出ていると言われ、喘息の薬と抗アレルギー剤を今でも服用しています。
ここからが質問ですが、風を引いてしまい熱が出た時に必ず決まったかの様に体の皮膚の弱い部分にかゆみを伴った発心ができ、解熱が始まります。初めは解熱作用のある薬のせいかと思ったのですが服用しなくても症状は同じです。近くの病院で聞いても判りません。
詳しい方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アレルギー反応が鼻に出ればアレルギー性鼻炎(花粉症)、目に出ればアレルギー性結膜炎(これも花粉症)、皮膚に出ればアレルギー性皮膚炎(アトピーなど)、アレルギー反応はいろいろなところに出る可能性があります。ですから皮膚の症状が、アレルギー性のものである可能性は十分あります。
 いい薬は・・ 皮膚の場合はあまりないかもしれません。抗アレルギー薬か、ステロイドの塗り薬か、でも効果はどうでしょう、あまり期待できないかもしれません。
 アレルゲンに接触しないよう注意するのが最も効果的かもしれません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング