ついに夏本番!さぁ、家族でキャンプに行くぞ! >>

現在、中古マンションの購入契約をしようとしているところです。
仲介業者は、買主(私)と売主とでそれぞれ異なる仲介業者をたてています。
持ち回り契約をすることになったのですが、私から売主側の仲介業者に手付金を払い、その売主側の仲介業者が売主に手付金を払わずに、持ち逃げまたは倒産をして売主に支払うことがなかった場合、その手付金の取扱はどのようになるのでしょうか?
私がその売主側仲介業者からなんとかして取り立てるしかないのか?それとも、売主側仲介業者は売主の代理人であるから、私は売主に対して手付金を支払ったのと同じ効果が発生して、残りの代金を支払えば無事中古マンションを購入することができ、売主がなんとかして、その仲介業者から手付金相当額を回収することになるのか。
どのようになるのでしょうか?教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

http://www.tokyo-takken.or.jp/guide/index.html

各都道府県にある上記の保証協会へ行って「営業保証金」から手付金相当額を回収する手続きを取ればお金が返ってきます。

「領収書」は証拠となりますから、領収書は無くさないでください
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不動産売買手付金持ち逃げと仲介業者の責任について

昨年6月、仲介業者を通じてマンションを購入する予定でした。
仲介業者は事前に売主の債務残高、登記簿調査や、抵当権者(銀行)への問い合わせをすることなしに登記簿だけを信じ、買主であるわたしに売主-買主の不動産売買契約を締結させました。しかも契約当日いきなり該当マンションの鍵を渡され今日から住んで良いと言われ、本日、自己資金として用意した金額すべてを手付金として売主に払うように指示しました。
当方も鍵を渡されたことですっかり仲介業者と売主を信用してしまい自己資金(一千数百万)をそのまま現金で売主に渡してしまいました。所有権移転は後日ということで契約だけを済ませてしまったのですが、その後売主の経営する会社が倒産しており、資金に行き詰っていることが判明しました。今年4月現在でも売り主が現れていません。来月には競売される予定です。

警察に訴えたところ詐欺として立証するのは難しいといわれました。弁護士に相談したところ、仲介業者も売買契約書、重要事項説明書の説明がきちんとなされていることから民法上悪い点は見つからず、無知な私に過失があるのではないかということでした。
宅建協会に問い合わせしましたが、やはり相場を著しく超える手付金をそのまま払ったあなたにも過失があるといわれました。
売主はもうすぐ自己破産するでしょうから、手付金返金および損害賠償請求の訴えを仲介業者に行いたいと考えております。

確かにわたしはその時点でマンション購入に関する知識はゼロで、全面的に仲介業者を信じてしまったのですが、これはわたしの過失になるのでしょうか?そうだとしたら素人にはとてもマンションなど購入できませんよね?

昨年6月、仲介業者を通じてマンションを購入する予定でした。
仲介業者は事前に売主の債務残高、登記簿調査や、抵当権者(銀行)への問い合わせをすることなしに登記簿だけを信じ、買主であるわたしに売主-買主の不動産売買契約を締結させました。しかも契約当日いきなり該当マンションの鍵を渡され今日から住んで良いと言われ、本日、自己資金として用意した金額すべてを手付金として売主に払うように指示しました。
当方も鍵を渡されたことですっかり仲介業者と売主を信用してしまい自己資金(一千数百万)...続きを読む

Aベストアンサー

元不動産屋です。任売物件だったとのことですが、通常任売物件ですと手付金は仲介業者または弁護士等が預かります。(法的な根拠はありませんが)金銭に困っている人に大金を渡せば、逃げてしまう可能性は十分に考えられるからです。任売物件の場合、可能な限り手付金は少なくしますが(上記理由により)、手付金以外にも支払うこと、支払うように勧めることなどありえません。売買契約書・重要事項説明の問題ではなく、業者の指示により手付金以外の金銭を支払ったのならば、業者に対しても損害賠償するべきだと思います。抵当権や根抵当権等の担保権がついているのは当たり前の事で、それらを抹消して引き渡す手配をするのが仲介業者の仕事です。
全く個人的な考えですが、不動産屋と売主はグルではないでしょうか。

Q売買契約の時、売り主側の宅建主任者が立ち会わないのは違反でしょうか

この度、中古マンションの売買契約をしましたが、売り主側の仲介業者は小規模会社、買主側の仲介業者は大手なので、重説・契約書等すべて買主側業者で作成しました。

契約当日も売り主側の宅建主任者は現れず、社長(宅建なし)が出席していました。売り主側の宅建主任者は契約の内容も全く知らないようですが、後日印鑑だけ押印してもらうようにするから大丈夫と言っていました。

このようなことは、違反ではないのですか。よくあることなのでしょうか。

Aベストアンサー

不動産会社の営業マンです。


>売買契約の時、売り主側の宅建主任者が立ち会わないのは違反でしょうか

これ自体は違法ではありません。
立ち会う事は義務とされていません。


>後日印鑑だけ押印してもらうようにするから大丈夫

取引に関係した業者の宅建主任者は『全員』記名押印する事になっています。
これは契約当日に立ち会わない主任者が、事前に重要事項説明書の内容を確認して了解したという意味で署名捺印します。(実際に説明を行うのはその中の一人)
記名押印が「後日」というのは宅建業法違反になります。

ただし、実害があるかどうかで言えば、大手業者作成の重要事項にそうそう不備があるとは思えず、また、大手は重要事項説明書や契約書は自社仕様しか使わないので、その相手側業者の主任者の記名押印が後日であっても取り立てて支障はないと思われます。
そういう意味では「大丈夫」と言えなくもありません。
もちろん、質問者さんとしては、後日記名押印したものを必ず提出するよう請求することをお勧めします。


>よくあることなのでしょうか。

後日記名押印がよくあるかどうかは分かりません。
私自身は後日記名押印した経験はありませんが、相手方主任者ではそういうい事もありました。
また、契約自体には支障が生じないレベルの不備という意味ではよくあります。


参考になれば幸いです。

不動産会社の営業マンです。


>売買契約の時、売り主側の宅建主任者が立ち会わないのは違反でしょうか

これ自体は違法ではありません。
立ち会う事は義務とされていません。


>後日印鑑だけ押印してもらうようにするから大丈夫

取引に関係した業者の宅建主任者は『全員』記名押印する事になっています。
これは契約当日に立ち会わない主任者が、事前に重要事項説明書の内容を確認して了解したという意味で署名捺印します。(実際に説明を行うのはその中の一人)
記名押印が「後日」というのは宅建業法違反にな...続きを読む


人気Q&Aランキング