築30年の木造在来工法の建物ですが、2階の寝室にタンスを
置きたいのですが床がしなって重量に耐えることが
出来るのか心配になっています。

この年代の建物で床の耐荷重(kg/m2)はいくらでしょうか?

よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

昭和54年前後ですから、この年代の建物で床の耐荷重(kg/m2)は現在と同じです。


当時と現在では、単位がキログラムからニュートンに変わっただけです。
箪笥を置くくらいは、大丈夫です。
ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
ホッとしました。
また何かありましたらよろしくお願いします。

お礼日時:2009/05/27 13:17

ご心配であれば


大人3人とかで畳一畳程度のところにかたまってみて
床がしなるかどうか見てみてはいかがですか?

大人3人=150~200kg程度の負荷
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご返事ありがとうございます。
文章が間違っていました。
今床がしなるので、タンスを置いても大丈夫かが
気になったのです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/27 13:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q床暖の上にコルクマット敷いていますか?

子供がお座りを始めて、倒れては床に頭をごちーんとぶつけるので、
コルクマットを買ったのですが、よく読むと説明に床暖の上に禁止。。。
床暖切ると寒いし、、もし皆さんが使って大丈夫なら使いたいのですが、
床暖の方、どうされていますか?
床に頭をぶつけないようにコルクマット以外で大丈夫なものってありますか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ハイハイの時期に気になって
柔らかいものを探しました。

我が家ではコルクマットではなく
パズルマットをしいています。

http://item.rakuten.co.jp/dubian/c/0000000140/

小さい頃は 部品を口に入れないように一色のもの
大きくなってからは アルファベットなどにしています。

参考URL:http://item.rakuten.co.jp/dubian/c/0000000140/

Q鉄筋コンクリート・在来工法のお風呂のリフォームについてシステムバスは可能か?在来工法の場合お勧め床材・壁材

鉄筋コンクリート・在来工法のお風呂のリフォームについて、
・システムバスは可能か?
・在来工法の場合、滑りにくい、掃除がしやすい、ヒンヤリしない 、床材・壁材はあるか?
という相談です。

築20年の中古住宅を購入しましたが、お風呂は、
・周囲が鉄筋コンクリート
・広さ約1.5坪(D176×W237×H210)
・在来工法(壁・床とも20cm角タイル張り)
です。
現状、床・壁ともタイルで、目地がカビる・床の触感が冷たい、滑るという不満があります。リフォームは目地も少なく、風呂全体が暖かいステムバスが希望だったのですが、リフォーム業者(2社)に相談したところ困難とのことでした。
業者によると、
・システムバスは高さが足りず不可能。(配管を埋めるスペースが無い。無理に入れると天井高が1800程度と低くなる)
・在来工法でも、例えば床はTOTOのカラリ床のようにひんやりしない触感で目地が少ないものが希望だったのですが、あのような一枚板にすると周囲のコンクリ部分の凸凹に沿ってゆがみが目立つため、20cm角程度のタイルが適当、例えばINAXのサーモタイルがお勧めとのことです。また、床暖房や断熱材も通常は可能だがウチの場合タイルのすぐ下がコンクリートで削ることができないので×とのことです。壁も同様に20cm角のタイルがお勧めだそうです。

しかしタイルでは基本的に今の風呂と同じだと思うので、私の不満はあまり解消されません。

そこで質問なのですが、
・ウチのような風呂にも取り付け可能なシステムバスはあるでしょうか?
・在来工法の場合、滑りにくい、掃除がしやすい、ヒンヤリしない 、ウチの風呂に取り付け可能な床材はあるでしょうか?また、目地が少なく掃除しやすい壁材はあるでしょうか?

知識が少なく、業者さんに言われるとそうなのかな、と思ってしまいます。各種パンフを見たり、TOTOとINAXはショールームも行きましたが在来工法のサンプルはあまりなく参考になりませんでした。

よろしくお願いします。

鉄筋コンクリート・在来工法のお風呂のリフォームについて、
・システムバスは可能か?
・在来工法の場合、滑りにくい、掃除がしやすい、ヒンヤリしない 、床材・壁材はあるか?
という相談です。

築20年の中古住宅を購入しましたが、お風呂は、
・周囲が鉄筋コンクリート
・広さ約1.5坪(D176×W237×H210)
・在来工法(壁・床とも20cm角タイル張り)
です。
現状、床・壁ともタイルで、目地がカビる・床の触感が冷たい、滑るという不満があります。リフォームは目地も少なく、風呂全体が暖かいステム...続きを読む

Aベストアンサー

#2のcyoi-obakaです。 補足説明確認致しました。

結論から申します。
1620タイプのUB設置出来ます。
但し、基礎レベルが不明ですが、どちらにしても既存の下地及び仕上は全て撤去する条件です。
そうしますと、床で6cm、壁で2.5~3.0cmは躯体までの仕上代があると予想できます(防水及び勾配考慮で)。
従って、有効空間は、W;2430mm×D;1820mm×H;2340mmと成ります。
ここで、床段差は想定で10cm程度に成っています。
使用するUBは、低床マンションタイプ又は低床木造用階上タイプを選択する事(天井はフラットタイプです)。
排水管位置は変更出来ないとするので、通常通りの躯体据え置きとする。
ここで、確認なのですが、出入口下端は、約10cm高くなる!! この事だけは了解して頂かないと、UBの設置は諦めるしかありません!
いかがでしょうか?  了解が得られたとして、次に進みます。

高さは、本体自体が納まる寸法2270mm以上確保出来そうですが、若干天井換気扇がキツいかもしれません!
もし、施工が出来ないようでしたら、壁換気とする!
これは、通常は行いませんが、RC造を頻繁に設計や施工をしていれば、割合ぶつかる事なんです(特に階高の低い場合)。
UBを現場加工で壁パネルに換気扇用開口(もちろん開口補強をする)を設けるのです。換気扇の点検等は屋外から行える事が原則ですが、UB内からもグリルを外せば点検出来ます。

こんな感じです。いかがでしょうか?
現場を見てないでの意見ですから、100%OKとは言えませんが、参考にして下さい。
以上です。

#2のcyoi-obakaです。 補足説明確認致しました。

結論から申します。
1620タイプのUB設置出来ます。
但し、基礎レベルが不明ですが、どちらにしても既存の下地及び仕上は全て撤去する条件です。
そうしますと、床で6cm、壁で2.5~3.0cmは躯体までの仕上代があると予想できます(防水及び勾配考慮で)。
従って、有効空間は、W;2430mm×D;1820mm×H;2340mmと成ります。
ここで、床段差は想定で10cm程度に成っています。
使用するUBは、低床マンションタイプ又は低床木造用階上タイプを選択する事(天井は...続きを読む

Q床暖房&プレイマットについて教えてください。

リビングがフローリングで床暖房です。
3ヶ月の赤ちゃんがいるのですが、ホットカーペットは低温やけどの恐れがあるとのことで、じゃあ床暖房と思ったのですが、同じことでしょうか?
今は薄めのマットレスの上にキルト素材のマットを敷いて寝かせています。
ホットカーペットに直接寝かせてると低温やけど?上にカバーなどマットがあれば大丈夫?床暖房も同じ?
どうしたらいいかわからないので教えてください。(今の寝かせ方で床暖房を使用しても大丈夫なのか。)
加湿器は使用しています。
ベットは寝室で、ハイローチェアがありますが、常に寝かせられないので、ほとんどはマットで寝かせています。

あともう一つなのですが、
マットはどのように掃除するべきでしょうか?
赤ちゃんの体の下にはバスタオルをひいています。
マット自体は洗濯可能ですが、大判のため毎日洗濯は難しいです・・。
皆さんどのくらいの頻度で洗濯してますか?
あと、普段の掃除方法は掃除機とコロコロくらいしか思いつかないのですが、掃除機とコロコロだったらどちらの方がおすすめでしょうか?両方の方がいいのでしょうか?

長くなりましたが分かる範囲でけっこうですのでご回答お願いいたしますm(_ _)m

リビングがフローリングで床暖房です。
3ヶ月の赤ちゃんがいるのですが、ホットカーペットは低温やけどの恐れがあるとのことで、じゃあ床暖房と思ったのですが、同じことでしょうか?
今は薄めのマットレスの上にキルト素材のマットを敷いて寝かせています。
ホットカーペットに直接寝かせてると低温やけど?上にカバーなどマットがあれば大丈夫?床暖房も同じ?
どうしたらいいかわからないので教えてください。(今の寝かせ方で床暖房を使用しても大丈夫なのか。)
加湿器は使用しています。
ベットは寝...続きを読む

Aベストアンサー

分かる範囲で…
※私が元勤めていた保育園では(6ヶ月児~ですが)
0.1歳の部屋には床暖房がついてました。
床暖だけの日もあった気もしますが、たいていマットと床暖房でした。

マットは洗わない日は日光消毒してました。簡単に言えば
干す、ってだけの事ですが。

質問者様の普段で充分だと思いますよ。
私は今、7ヶ月の娘の母をしてますが、園では預かってる子どもさんのため、しっかりしてきていましたが
今はそこまできちんとしてないです…。質問者様の質問をみて
私もしっかりせねば…と思った次第であります^^;

Q鉄筋コンクリートマンションの床の耐荷重が知りたい

当方築15年のマンションに住んでいるのですが、
人とウエイトプレートの重さをあわせて、340kgになるトレーニング器具を、
5,5畳のフローリング部屋に置こうと考えております。

マンションは角部屋で、鉄筋コンクリート造りですが、
床が抜けないか耐荷重が心配です...。

もしご存知の方おられましたら、何kgまで耐えられるのか教えていただけないでしょうか?
また参考に、鉄筋コンクリート、軽量鉄骨、木造で、それぞれ耐荷重はどの程度変わってくるのか、教えていただけますと大変助かります。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>でしたら今考えているのが、180×90cmで厚さ5cmの畳を2枚敷き詰め、その上に同サイズのベニヤ板を敷いて、その上にさらにトレーニング器具を置くとすると、180×180=32400cm=3.24m2ということになりますので、3.24m2あたり340kgであれば、1m2あたり105kgなので、余裕ということになります。

建築に関わっていますが、構造計算やでも建築士でもないので断言はしませんが、床の積載荷重の事なら、そう言う考えで良いと思いますよ。もちろん計算通りの床を作っている手抜きの無い床と言う前提です。
畳もべニアも敷かないと一点に荷重が掛るので、床材や根太が壊れるかもしれませんが、その程度で駄目な床なら、5~6人での鍋パーティすらできませんね。
但し、ビルダーにありがちな、ウェイトをドカンっと床に落とすような置き方をすれば、何が起きるかは分かりません。

Q畳にコルクマット Or 畳床にコルクマット

一軒家です。
1階茶の間の畳表がボロボロになりました。
子供が物を引きずってしまうので表替を諦め、コルクマットを敷こうと思っています。

・ボロボロの畳表は取ってしまって畳床に直接コルクマットを敷く
・ボロボロの畳表は取ってしまって畳床に何かシート等を敷いてコルクマットを敷く
・ボロボロ畳表は取らずにコルクマットを敷く

のどれが最善か教えて下さい。

現状、畳はカスとなって服に付くくらいボロです。
畳床を取って下地から作る事は考えていません。

それと、畳表を取る場合は側面(框?)の糸を切ってしまえば良いんですよね?

Aベストアンサー

畳は吸湿性のある材料です。
畳の藁床と畳表は一体となって良好な床材を形成しています。
畳表がボロボロになったら、畳表を貼り替えてください。
畳床の上に通気性の悪い材料を敷くと、畳床が腐ってきます。
腐る前にはダニが発生します。
最低でも、畳表材料の上敷きを買ってきて敷いてください。
畳の上にコルクはお勧めできません。
お子様の健康上も、畳床からのダニやカビの発生でお勧めできません。

Q高性能在来木造工法(MEP工法)について

新築計画中で会社を選んでいるところなのですが、

ブライトホームの高性能在来木造工法(MEP工法)の評価というのはどのようなものなんでしょう?

メーカのHP以外に書かれているHPが見つけられなかったので、一般的な意見が知りたいです。

http://www.brighthome.co.jp/~syohin/koho/default.htm

Aベストアンサー

平たく言えば金物工法の木造軸組みに、パネル工法でパネルに断熱材があるというものですね。
このような工法は色んなところから出しているので特に目新しいものではありません。

まあ全体としては性能が出しやすくよいやり方だと思いますよ。

それよりは施工実績が重要なのですが、見たところ平均でC値も1.0をきっているようですからまあまあでしょう。
断熱性能も寒冷地(北海道など)でなければ十分かと思います。

Q床の遮音のために、床根太:厚さ3cmの間に遮音材としてマットエースなど

床の遮音のために、床根太:厚さ3cmの間に遮音材としてマットエースなどを敷きこもうと思っていますが、
床下の換気とか木材の乾燥とか考えると入れないで空洞にしてコンパネの上に遮音材を2重に敷くなどの方が良いのかなーーと思っていますが、マットエースとかは入れてはまずいでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

仰っている通り換気とまではいかないまでも

流通を妨げる事は確実です

御質問内容の通りに空洞をお勧めします

防音、防振の具体的方法としては

1、現状床の上に防音(遮音)シートを敷く

2、その上にコンパネを敷く(釘またはビスで脳天打ちで結構)

3、クッションフロアー仕上げをする

この様にすると階下への振動に伴う音は殆ど到達しなくなります

勿論、床でとび跳ねたり、大きな硬い物を落下させるのには効果が有りません

しかし日常の歩く音、コップなどを落とす音などは階下へも階下からも遮音されます

階下への迷惑音は殆ど硬質の物を落下させた音で、下記の遮音シートなどは

それを防ぐとともにピアノなどの音の遮音にも役立ちます。


(参考URL)
http://www.pialiving.com/material/shaon.html?utm_source=yahoo&utm_medium=cpc&utm_campaign=04&OVRAW=%E9%81%AE%E9%9F%B3%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88&OVKEY=%E9%81%AE%E9%9F%B3%20%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%83%88&OVMTC=standard&OVADID=37507811041&OVKWID=500478296541&OVCAMPGID=503183041&OVADGRPID=21477291929

仰っている通り換気とまではいかないまでも

流通を妨げる事は確実です

御質問内容の通りに空洞をお勧めします

防音、防振の具体的方法としては

1、現状床の上に防音(遮音)シートを敷く

2、その上にコンパネを敷く(釘またはビスで脳天打ちで結構)

3、クッションフロアー仕上げをする

この様にすると階下への振動に伴う音は殆ど到達しなくなります

勿論、床でとび跳ねたり、大きな硬い物を落下させるのには効果が有りません

しかし日常の歩く音、コップなどを落とす音などは階下へも階下からも遮音...続きを読む

Q逆ベタ基礎工法と土間床工法の違い

逆ベタ基礎工法と土間床工法は何が違いますか?

Aベストアンサー

他のご質問には、返答させて頂きました。
このご質問には、どなたも回答されていないようなので、少しだけ記載致します。

ただし、例によって、個人的な偏見です。

「ベタ基礎工法」=「土間床工法」です。

「逆ベタ基礎工法」と言う工法が、正しい、正確な呼称かどうかは、分かりません。

「ベタ基礎工法」とは、「地盤の上に、土間(コンクリート版)を浮かべる」工法です。

地面に、面としての、コンクリート版を、浮かべる事で、建物の荷重の単位面積当たりの荷重を
低減させ、沈下、及び不動沈下を防止する、と言う考え方です。

新雪の上を、「かんじき」で歩くようなもの、です。

さて、「逆ベタ基礎工法」なるものが、どのような設計思想によるものか、私には
分かりませんが、現象としては、この工法では、土間(コンクリート版)が、
「地面と関係なく、宙に浮いて」、います。

ここで言う地面とは、現状地盤面を指します。

現状地盤面と「土間」との空隙を、「盛土と砕石」によって、補完しようとしていますが、
恐らく、「圧密による沈下」を起こし、土間(コンクリート版)が沈下します。

土間と言うのは、コンクリート製の「幕」なので、それ程の強度を必要としません。
(結果、配筋が、シングル配筋となっています。)

しかし、「逆ベタ基礎工法」なるものは、「土間下の空隙」が生じたとき、そのまま沈下するか、
「たわむ」かしか、道は有りません。

結果、土間には亀裂が発生する危険が高い、と類推します。

コンクリート版が、直下の空隙の発生に係わらず、その形態を維持するためには、「スラブ構造」が
必要ですが(ダブル配筋)、「基礎立下り」部分も含めて、全くスラブ構造に対応可能な形態をしていません。

ここでいう「土間」なるものが沈下をすれば、設備系の配管も沈下をし、最悪破損の危険も
無い事はない、と思います。

しかも、沈下のために、外れた配管を治すためには、土間の撤去が必要でしょう。

他のご質問には、返答させて頂きました。
このご質問には、どなたも回答されていないようなので、少しだけ記載致します。

ただし、例によって、個人的な偏見です。

「ベタ基礎工法」=「土間床工法」です。

「逆ベタ基礎工法」と言う工法が、正しい、正確な呼称かどうかは、分かりません。

「ベタ基礎工法」とは、「地盤の上に、土間(コンクリート版)を浮かべる」工法です。

地面に、面としての、コンクリート版を、浮かべる事で、建物の荷重の単位面積当たりの荷重を
低減させ、沈下、及び不動沈下を防止...続きを読む

Q床とマットにカビが(>△<;)

引越したばかりでフローリングに布団で寝ていましたが、マット裏とフローリングにカビができてしまいました~。
(1)マットは処分した方が衛生的にいいのでしょうか?できれば再度使いたいので除去する方法等教えてください(2)お風呂のカビキラーを床に使っても平気と思いますか??よろしくお願いします☆★

Aベストアンサー

 私もそっくり同じ状態になったことがあります。数日敷きっぱなしにしていたら見事にカビだらけになりました。

 マットに試しにカビキラーをしてみましたが完全に脱色されてしまいました。

 床はクッションフロアーでしたが、キッチンハイターを薄めたもの(手がぬるぬるしないくらい薄めて使いました)を雑巾につけて拭き、すぐに水拭きして対処しました。当日は結構匂いが残りました。材質によってはやめたほうがいいかもしれません。

 マットは結局捨ててしまいました。

 その後は除湿シート(下記のようなものです)を敷いた上にマットレスを敷き(普通のものです)布団で寝ていますが、カビは生えなくなりました。
 万年床にしないことも必要かと思います。

参考URL:http://www.rakuten.co.jp/omezame/420991/557209/557216/#525177

Q耐震工法 制振工法、免震工法どれが一番?

家が頑丈ならそもそもゆれないものでしょうか?
制振装置などいらない、と(1)の営業マンに言われました。
基礎が持つのか?疑問なのですが、どの工法がいいのでしょうか?

(1)住林のBF工法やセキスイハイムは堅いし丈夫なので制振装置は不要、
(2)ヘーベルハウスは制振の形状記憶合金
三洋ホームや積水ハウスやミサワホームはブリジストンのゴムで制振
(3)一条工務店ではオプションで高いはらうとべリングなどで家が動く免震装置も
あります。
(昔の石のうえに柱がのってた家がこれかな)

Aベストアンサー

耐震工法はすべての基本です。
そのため、制震工法は「耐震工法+制震工法」、免震工法は「耐震工法+免震工法」で建築されることになります。
以下、面倒ですので「耐震工法」「制震工法」「免震工法」とさせていただきます。

この中で最も地震に対して安全性が高いのは「免震工法」です。
免震工法は地盤と建物の縁を切る工法です。
そのため、理想的には地震により地盤がどれほど揺れようとも建物には揺れが伝わらないことになります。もっとも現実的には大地震時の揺れが中地震の揺れになる程度ですが。
そのため「どれが一番」とのご質問であれば「免震工法が一番」と回答させていただきます。
しかし、免震工法には以下のようなデメリットがあります。
・狭い敷地をフルに活用することはできません。
 地震時には地盤と建物が別の動きをします。
 そのため、建物周囲にある程度の空間を残す必要があります。
・軟弱な地盤の場合、建設できないことがあります。
 建物が不等沈下をおこすと建物が基礎からずれてしまいます。(大げさな言い方ですが…)
・建築費が高くつきます。
 免震装置以外にも、水道管等、建物内外をつなぐ設備には費用が余分に必要となります。
・地盤面から1階床の高さが、耐震住宅、制震住宅よりたくさん必要です。
 基礎~建物間に免震装置を組み込みますので、どうしても1階床が高くなりがちです。
・車いす配慮のスロープ、ビルトインガレージ等の設計はかなり難しくなります。
 地盤と建物が別に動きますので、建物内外を結び付けるような設計は難しくなります。
・台風時には建物が揺れるかもしれません。
 地盤と建物の縁が切れていますので、強風時には建物が揺れる可能性があります。
 そのため、台風時には建物を固定する装置がついています。
 (一条さんの場合は、免震の機構上不要かもしれません。)
このように「免震工法」はオールマイティーではありません。
しかし、条件をクリアできれば地震時に「家具の転倒」も少なく、安全性は非常に高い工法です。

一方「制震工法」は「免震工法」ほど、劇的な効果はございません。
言葉通り「地震を制限する」工法ですので、建物の変形が小さくなる効果があります。
「地震時の建物損傷を少なくすることができる」ことが、大きなメリットです。
値段的にも「耐震工法+α」程度でハウスメーカー・工務店さんは提案されていると思います。
また「免震工法」の様ないろいろな条件もないはずです。

最初にも書きましたようにすべての基本は「耐震工法」です。
地震時の安全性を重視されるのであれば、まず「耐震」を充分に考慮してください。
仮に、性能表示制度「耐震等級」の「等級3を満足する耐震工法」と「等級1を満足する制震工法」が同価格ならば、私は「等級3を満足する耐震工法」を選びます。
「等級3を満足する耐震工法」と「等級3を満足する制震工法」であれば、「等級3を満足する制震工法」を選びます。

何にしろ「この工法が最高」はございません。
(あれば、すべてのハウスメーカー・工務店さんが採用されます。)
他の方の意見も踏まえていただき、「keikolee55」さんにとってのベストの工法を選択願います。

耐震工法はすべての基本です。
そのため、制震工法は「耐震工法+制震工法」、免震工法は「耐震工法+免震工法」で建築されることになります。
以下、面倒ですので「耐震工法」「制震工法」「免震工法」とさせていただきます。

この中で最も地震に対して安全性が高いのは「免震工法」です。
免震工法は地盤と建物の縁を切る工法です。
そのため、理想的には地震により地盤がどれほど揺れようとも建物には揺れが伝わらないことになります。もっとも現実的には大地震時の揺れが中地震の揺れになる程度ですが。
その...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報