03年頃、似たような投稿がありましたが年月が経ているので改めてお尋ねいたします。6月4日に夫と8日間のドイツツアーに行きます、足が悪いため動作が鈍く1時間以上歩くと痛くなります。有料または無料の車椅子は各観光所、街、ホテルに置いてないでしょうか、
行先はロマンチック街道(バスツアー利用)、古城街道(バスツアー利用)です。散策できる都市はフランクフルト、ローテンブルク、ミュンヘン、ヴェルツブルグです。各ホテルは中流クラスです。借りられるのであれば大よその料金などはわかりますか、また、自転車は乗ることができます。背の低い者でも使えるレンタル自転車が各所、街にあるのかも教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ドイツではハンディのある人や年輩の人に対する理解が進んでいて、


車椅子の人には駅や街でいろいろな人が手を貸してくれます。

しかし、車椅子の必要かも知れない人が、現地での車椅子提供をあてに旅をするとなると、
No.1の方の言われるように厳しいものが有ります。
やはり、偶然をあてにせず予め準備して行くことをお勧めします。
石畳の街は歩いている足と脚への負担が大きく、腱や関節を痛めることもあります。

自転車は難しいと思います。No.1の方の言われたタイプが多く、サイズが大きい事もあって、
スポーツ専攻と間違われていた私でさえ自転車は諦めもっぱら徒歩でした。
近年はフリーホイルの自転車も増えてきました。
しかし、レンタルで子供用まで準備しているところはまず無いでしょう。
古い街は石畳と坂道が多いのも難点です。

携帯用の車椅子を持参することをお勧めします。8Kg前後で、4万円
程度です。
下記URLを参照下さい。私も亡き両親には6-3型の軽量車椅子をいつも持参して使いました。

旅行会社とツアーコンダクターの方にもあらかじめ事情を説明書しておいた方が良いでしょう。
それ相応に対応してくれると思います。現地で車椅子手配に奔走させられることや
脚を痛めた人への対応に追われるよりはましでしょうから。

大変でしょうが、想い出に残る良い旅行になりますように祈ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます、
自分の足に負担をかけないことが回りに迷惑をかけないことだと改めて教えていただきました。
気負わずに観光しようと思います。

お礼日時:2009/05/28 23:45

先の方も書いていましたが、ドイツは年配の方やハンディのある方に優しい社会です。

車椅子でも、ベビーカーでも段差や乗り降りなどで、何も言わなくても、周りの人が手を貸してくれて、それが当然と言う社会ですし、バリアフリー化もかなり進んでいます。

車椅子は借りれるという話は聞いたことないのでわかりませんが、持って行くのであれば、それが邪魔になる事はない様に出来ている社会ですので、お勧めです。バスツアーであれば、バスの下に入れてくれるでしょうし、中級ホテルでもホテルの人がちゃんと扱ってくると思います。どんなホテルでもドイツでは、それを邪魔に思うようなホテルの人はいないです。

散策する時ですが、出来るだけあまり歩かずに、路面電車、バス等を多用してはどうでしょうか? 都市部であれば、路面電車、バスはかなり発達しています。一日券を買ってしまえば、一日中バスも電車も乗り放題ですので、お得です。添乗員さんにお願いして、一日券を買ってもらってはどうでしょうか?バスや路面電車は駅(停留所)間が近いので普通の方ですと、2,3駅なら歩く距離ですが、出来るだけ乗って、歩く距離を少なくする事ができます。ちなみに、ドイツの路面電車、バスは車椅子、ベビーカーなどそのまま乗れるように出来ていますので、車椅子に乗ったままで乗るのが普通です。ドイツに住んでいると、日本も見習うべきだなーとよく思います。

今の季節ですと、カフェやレストランが路上に席を沢山出しています。レストランでも飲み物だけ頼む事も可能ですので、ちょくちょく休みながら、散策したほうがいいです。

思い出に残るよい旅をしてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いろいろと教えてくださってありがとうございます。
今までは健脚が自慢だったので海外旅行=体力勝負でした。
そういう旅行はしなくていいよ、と言われてるようで明るい気分になりました。

お礼日時:2009/05/31 23:29

>有料または無料の車椅子は・・・置いてないでしょうか



まずないです。

>背の低い者でも使えるレンタル自転車が各所、街にあるのか

ローテンブルクは城壁内全域がほとんど石畳なので
自転車はかえって危ないし実際のところレンタルもないと思います。
(そこまで広くないというのもある)
 フランクフルト、ミュンヘンは公共交通機関が発達している
のもあって 自転車の意味はないと思いますし
フランクフルトでのレンタルは見たことはないです。
 ヴュルツブルクは高級ホテルなどになると
自転車の貸し出し等してましたが 見所が
レジデンツとマリーエンベルク位で
マリーエンベルクまではかなりの坂道になるので
(しかも降りてからまたかなり歩く)
自転車の意味があるのかどうか疑問です。
 中流クラスというのがどのクラスをさし
てるのか知りませんが まず貸し自転車はないです。
 また 背の低い方が乗ることのできる自転車はありますが
ドイツの自転車はかなりの割合で後輪のブレーキが
手でかけるブレーキではなく ペダルの逆回転により
かけるタイプで 日本人は乗りなれていないため かなり
危険なのでお勧めできません。

 ドイツは ある程度バリアフリー対応してますが
それは 車椅子ありきの話であって 文化の違いもあるのか
日本のように公共施設に貸し出し用があるというものでは
ありません。
 どうしてもいるのであれば もって行くべきものでしょう。
美術館等 リフトによりまわれるようにはなっていますし
公共交通機関も どうにか対応はしてくれます。

 とまぁ書きましたが それより何より根本的な疑問があります。
1.そのツアーはバリアフリー等の企画もので
  「身障者」に対応しているのか?
2.1.のようなものではなく普通のツアーである場合
  旅行会社に あなたの連れの方の状態をきちんと告げて
  あるのか?
3.2.で告げた上で 旅行会社から 車椅子を借り
  たり 自転車を借りたりし自分たちだけで行動することが
  認められているのか?
この3点です。
  正直 バリアフリーのものであれば このような質問が
出てくるとは思えないので 普通のツアーなのでしょうが
果たして 旅行会社はそういう状態の方を参加させることを認め
しかも単独行動を認めてるのでしょうか?
 今までほかでもそういうパターンで動かれてるのでしょうか?
 正直 当日までそういう内容をツアコンが知らなかったら
いくらなんでもそのツアコンがかわいそうです。
 車椅子の貸し出し等も おそらく詳しいところに聞けば
あるとは思いますが ちょっとそれにしては時期が遅すぎます。
 ちょっと考えが甘すぎませんか?
 身障者に理解がないから言うのではなく
身内に身障者がいるのであえて言うのです。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答をありがとうございました。
自転車、車椅子はないものと思って、自分の足で歩ける範囲で観光してまいります。

お礼日時:2009/05/28 23:25

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qタイヤ交換をするとブレーキ鳴り?がする。

年に2回タイヤ交換を自分でやっているのですが、タイヤ交換の度にブレーキ鳴り?がします。そのつど近所の車屋さんで診てもらってるんですが、車屋さんいわく「タイヤ交換は関係ない。ブレーキパッドが古くなってるからだよ」と言われました。
 最初はそんなものかと思っていましたが、それから3年経ってもやはりタイヤ交換をする度に鳴きます。
タイヤ交換して診てもらった後、次にタイヤ交換する時までは音は鳴ったことがありません。(パッドを交換したのは最初の1回でその後はオイルスプレー?を吹いてもらってます)。
 もしタイヤを交換しなくでもブレーキ鳴りがするのなら納得もいくのですが、必ずタイヤ交換直後に鳴り始めるため因果関係がないとどうしても思えないので質問させていただきました。
 どうかよろしくお願いします。
 
 備考・乗っている車は昭和の国産車、タイヤの交換方法は教科書通りの方法でやっていますのでまず間違いないと思います。


 
 

Aベストアンサー

元整備士です。車屋さんが言われる様にブレーキ鳴きとタイヤ交換には普通であれば因果関係はありえません。間違いなく「ブレーキの鳴き」なのでしょうか?それは直進時でしょうか、それとも回転時でしょうか?スタッドレスタイヤと夏タイヤのグリップの違いで回転時に僅かに鳴きが出る場合があります。それはタイヤ交換が原因というより、もともと鳴きが出易い状態になっているものと思います。ディスクパッドの裏面にはキャリパーのピストンが当りますが、そこにパットグリスを塗ると鳴きは収まります。もしそれでも収まらない場合はディスクパッドの肩を少し削ってやると収まります。また、ブレーキが引きずり気味になっている可能性もあります。いずれも経験者ならご自分でできますが、そうでない場合は自動車屋さんにやってもらってください。

Qロマンチック街道 車 ミュンヘン→フランクフルト

11月に家族4人でドイツに旅行に行きます。
出発まであと数日で、色々と調べているところなのですが、レンタカー(予約済)でミュンヘンからフランクフルトにロマンチック街道を通り行きたいと思っています。

行程はミュンヘン中央駅を朝8時頃に出発(レンタカー借りる)→ディンケルスビュール→ローテンブルク→フランクフルト中央駅(レンタカー返却)を予定しており、どちらかの街では昼食を予定しています(まだ調べていません)。

さて、ネットで探していてもルートの案内(地図及びアウトバーン何号線、国道○○号など)を探すことができません。どの区間をアウトバーンを使ってどの区間が一般道で・・・などなどどなたか教えていただけませんでしょうか。できれば地図があると一番わかりやすいです。

また、普通に観光を済ませて、夜9時にはレンタカーを返却しなくてはいけませんが、可能でしょうか。そしてもし、余裕があるとすればさらに寄ったほうが良い場所などはありますでしょうか。

ちなみにルートは違えどICEで3時間くらいかかる距離ですので、1日運転漬けになることは覚悟しています。500kmくらいあるのでしょうか。
ちなみに海外での運転経験はハワイのみですが、普段乗っているのがドイツ車の左ハンドルです。
既に国際運転免許は取得しました。

また、これについては回答いただかなくても結構ですが、その前々日にはミュンヘンからノイシュバンシュタイン城へ行きます。4人なので、安く行けるバイエルンチケットを使うつもりなのですが、レンタカーのほうがオススメだよというご意見がもしあれば教えてください。

11月に家族4人でドイツに旅行に行きます。
出発まであと数日で、色々と調べているところなのですが、レンタカー(予約済)でミュンヘンからフランクフルトにロマンチック街道を通り行きたいと思っています。

行程はミュンヘン中央駅を朝8時頃に出発(レンタカー借りる)→ディンケルスビュール→ローテンブルク→フランクフルト中央駅(レンタカー返却)を予定しており、どちらかの街では昼食を予定しています(まだ調べていません)。

さて、ネットで探していてもルートの案内(地図及びアウトバーン何号線、...続きを読む

Aベストアンサー

アウトバーン優先ならA8-A7-A3で約450kmですが、せっかくですからロマンチック街道をドライブしてはいかがでしょうか。
Augsburg-West(出口No.72)でA8を降り、B2でDonauwörthへ向かうとDonauwörthの北で道なりにB25に入ります。ここまでミュンヘンから約100km、1時間15分程度です。

DonauwörthからDinkelsbühlまではB25で約60km、約1時間です。中間地点にNördlingenがあります。

DinkelsbühlからはSt2218でA7のDinkelsbühl/Fichtenau(No.112)へ向かい、A7に乗ってRothenburg.o.d.T(No.108)でおります。ICから町までは2~3kmですから、Dinkelsbühlから40分ほどです。

Rothenburg.o.d.TからA7で約50km北のKreuz Biebelriedジャンクション(No.102)でA3に入り、Frankfurt-Sud(No.51)でA3をおります。ICから中央駅へは北へ約2kmです。Rothenburg.o.d.Tから中央駅までは約190km、2時間弱といったところです。

AugsburgからDinkelsbühlまではロマンチック街道を走ります。RothenburgからFrankfurtまではほとんどアウトバーンで所要時間が読めますから、到着時刻から逆算してRothenburgを出発すればよいので、Dinkelsbühlで昼食でよいのではないでしょうか。
DinkelsbühlはRothenburgより小規模ですし、街中まで車が乗り入れできますから、それほど観光に時間はかかりません。徒歩に限定されるRothenburgで十分な時間をとるか、中世の環状の市壁がほぼ完全に保存されているNördlingenや、ドナウ川が美しいDonauwörthに立ち寄るのもよいでしょう。

>ミュンヘンからノイシュバンシュタイン城へ

紅葉の時期ですし、美しい湖も点在する地域ですから、自由の利くレンタカーをお勧めします。

ドイツの道路は総じて運転しやすく、右側通行と優先関係にさえなれれば、日本のような大渋滞もありませんから快適です。
レンタカーはオプションでカーナビの搭載ができますし、日本語対応のナビもあります。よいナビにあたれば、地図は不要といっても過言ではありませんが、念のため駅や空港の売店で地図を買っておくほうが無難です。あと、バックギアの入れ方がわかりにくい車があるので、借りる際に必ずスタッフに確認しておきましょう。

>ネットで探していてもルートの案内(地図及びアウトバーン何号線、国道○○号など)を探すことができません

グーグルマップhttp://maps.google.co.jp/の左上のほうに「ルート・乗り換え案内」というボタンがあります。
これを使って出発地、目的地を指定すれば経路・距離・所要時間を表示してくれます。目的地を追加することで経由地とすることができます。便利な機能ですから、ぜひ使ってみてください。
これを利用すれば、スマートフォンやタブレットPCをカーナビ代わりに使えます。

アウトバーン優先ならA8-A7-A3で約450kmですが、せっかくですからロマンチック街道をドライブしてはいかがでしょうか。
Augsburg-West(出口No.72)でA8を降り、B2でDonauwörthへ向かうとDonauwörthの北で道なりにB25に入ります。ここまでミュンヘンから約100km、1時間15分程度です。

DonauwörthからDinkelsbühlまではB25で約60km、約1時間です。中間地点にNördlingenがあります。

DinkelsbühlからはSt2218でA7のDinkelsbühl/Fichtenau(No.112)へ向かい、A7に乗ってRothenburg.o.d.T(No.108)でおります。IC...続きを読む

Qタイヤ交換ができることは当たり前ですか?

先日
初めてタイヤ交換をしました。
説明書を見ながらで、1時間近くもかかりました。

とりあえず苦戦しましたがやり方は覚えましたので、次はもっと早くできると思いますが、現在、保険のロードサービスでタイヤ交換はやってもらえます。

タイヤ交換は男なら出来て当然の嗜みなのでしょうか?

Aベストアンサー

>現在、保険のロードサービスでタイヤ交換はやってもらえます。
このロードサービスの作業は、パンクや 損傷した 1本をスペアータイヤなどに 交換することですよねー。

夏タイヤを冬タイヤに 4本 組み替えるなどの作業は、ロードサービスがやるものではありません。ロードサービスは、そういった仕事はしないと思いますよ。
最近の新車は、コストダウンと HV等の積載バッテリーの関係から スペアータイヤのスペースが設けられず。電動ポンプと シーラント(パンク修理液)で 直させるようになってますね。こういったスペアータイヤが無い車の場合 タイヤ交換作業などする必要は有りませんね。

夏タイヤから 冬タイヤに履き替えるなどの作業は、スタッドレス冬タイヤをお持ちの方なら 必要になります。
ディーラーや整備工場 タイヤ屋さんへ持ち込んで 工賃を払って履き替える人なら それで良いでしょう 
しかし無駄な費用 自分でやれば 無料です。

家のちょっとした補修作業 DIY ホームセンターで材料買ってきてご自身で 行うのと同じような 軽度の作業が タイヤ交換だと思いますよ やろうと思えば ご自身でも出来る
しかし 得意・不得意 器用・不器用 文系・理工系など 人により 有るので 経験や確実に間違いなく出来る自身が無ければ お店に任せるのが 安心安全です。 ネジを壊したり 固定不完全など 事故を起こしたら大変なことになりますから。

>現在、保険のロードサービスでタイヤ交換はやってもらえます。
このロードサービスの作業は、パンクや 損傷した 1本をスペアータイヤなどに 交換することですよねー。

夏タイヤを冬タイヤに 4本 組み替えるなどの作業は、ロードサービスがやるものではありません。ロードサービスは、そういった仕事はしないと思いますよ。
最近の新車は、コストダウンと HV等の積載バッテリーの関係から スペアータイヤのスペースが設けられず。電動ポンプと シーラント(パンク修理液)で 直させるようになって...続きを読む

Qロマンチック街道への寄り道

今年の5月か6月にスイスの一人旅行を企画しております。
関空からの直行便がフランクフルトですので、であれば道すがらロマンチック街道も少しだけ覗いてみようと思います。

ところがバス便は1日1便とかで無理なことが分かり、鉄道の本線または支線のみ利用する下記の案を考えてみました。

フランクフルト→ヴュルツブルク→ローテンブルク→フュッセン→(ノイシュバンシュタイン城見物)→スイスに入る

ロマンチック街道での宿泊場所は分かりませんが、どこかでしなければならないだろうとは思います。
要は、ローテンブルクの街とノイシュバンシュタイン城を見てみよう、ということです。

上記についてご経験のある方、ご意見をお聞かせいただけませんでしょうか。

Aベストアンサー

時間的に1日ではキツイと思います。ドイツ鉄道のホームページです。ルートや所要時間が分かります。参考にしてみてください。

http://www.bahn.de/p/view/international/englisch/international_guests.shtml

RotenburgもNeuschwansteinも行った事があります。RotenburgはWuerzburgから車で日帰りで行ったのと、FrankfurtからNoerdlingen行きのバスに乗り途中立ち寄りました。NeuschwansteinはいずれもMuechenから観光バスの1日ツアーで行きました。
5,6月はヨーロッパ最高のシーズンです。電車や道路もかなり混雑(北欧からスペイン等に移動する人が多い時期)すると思います。
参考になれば幸いです。

Q日産ノートのタイヤ交換について。

今現在日産ノートに乗っている者です。
先日、日産の販売店からタイヤ交換の通知が来ました。タイヤ交換はディーラーよりもタイヤ館の方が安くていいとか、聞くのですが、実際タイヤ交換の値段は比べてどうなんでしょうか?またタイヤ自体、日本製と外国製は値段、質、どう違うのでしょうか?

Aベストアンサー

あなた次第かな。

ディーラーは高いですよ。
タイヤ館も高いですよ。

外国製というより、中国、台湾製かな。ミシュラン、ピレリー、グッドイヤーは別として。

安い店は、製造年月日が経ってるタイヤという噂も・・・。どちらとも言えないと思いますがね。

コーナー攻めたりしなければ、安いタイヤで充分だと思います。

台湾製のタイヤが、新車に採用されてるタイヤもありますしね。

オートバックス、イエローハットで適当に替えたらいいと思いますよ。
他に、タイヤ専門店があり、もっと安いとこもありますが・・・。

>先日、日産の販売店からタイヤ交換の通知が来ました。
意味がわかりません。こんな通知来るのでしょうか?
新車購入して、タイヤの基本の寿命で通知が来たのでしょうか?
普通、点検車検などで入庫して「タイヤ交換した方がいいですよ」と言われるぐらいだと思うのですが。
ほんとうに交換する必要があるのかが???です。

Qロマンチック街道、スイスアルプス、パリの天候について教えて下さい

6月末から7月の頭にかけて、フランクフルト、ミュンヘン、インターラーゲンを回り、パリまで旅行に出かける予定です。
その頃の平均的な気温や他の月に比べての雨量がわかれば、洋服選びの参考になります。
その頃にその地域を旅行された方や現地の事情をご存知の方がいらっしゃれば、是非、情報をお願い致します。

Aベストアンサー

ここでわかります。
http://www.arukikata.co.jp/weather/
出かける前に、現地の予想気温を参考にされると良いですよ。

今、パリにいます。
今日もちょっと肌寒いです。朝晩は冷えます。
上記ページの今日の服装案内でコートがでていましたが、もう6月なので流石にコートを着ている人は見当たりません。でも、それぐらい冷えこんでいます。

冬用肌着は不要と思います。それよりも、脱ぎ着して温度調節できるジャケットやパーカーが必要です。基本はTシャツで、それにパーカーという感じですね。
昼間は暑いし、紫外線も強いですよ。サングラスを忘れずに。

スイスは雨が多いので、スイス=雨と思って用意する方が良いです。日本のようにザーザー降るタイプの雨でした。

Qタイヤ交換に詳しい方お願いします

某カーショップにタイヤ交換でしたら、いつもタイヤ交換以外に「窒素充填はどうか」「チューブのバルブ交換も」と勧められます、1本あたり¥300くらいなので「まあええか」としますが、支払いの時4本なので思ったより高い料金となっています。(タイヤ交換、バランス、廃棄料は仕方ないですけど)、はたしてこの窒素充填、バルブ交換など意味があるのでしょうか、皆さんも交換していますか。

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

窒素充填は無意味だと思います。(ショップさんゴメンナサイ)

しかし、バルブ交換はお勧めですね。

将来そこからエア漏れして交換となったら、「ビード落とし」という
余計な手間がかかり1本で1000円とか1500円とか請求
されたりしますので、あらかじめ1200円で4本交換しておくが吉です。

ある日、洗車ブラシでホイールをゴシゴシやってたらバルブが
ポッキリ折れて、一気にエア漏れしたことがありました。

もちろん自分で交換しますけど、タイヤ交換時にやっとけばラクですが
後から交換しようとなると、結構面倒なんです。

Qどうしてロマンチック街道と言うのですか?

前から不思議に思っていたことですが、敢えて質問させていただきます。

一昨年、ドイツの「ロマンチック街道」を観光しました。
どうして、こんな名前がついたのですか?
確かに、ハイデルベルク、ローテンブルク、ノイシュバンシュタイン城など見るところはあります。でもロマンチック街道と名がつくからには、街道沿いはもっとロマンチックな雰囲気があってもいいのではないか、という気がしました。私の期待が大きすぎたのでしょうか。
ガイドさんの説明では古道がローマに通じている…とかの説明もあったようにも思います。定かではありません。

観光PRなのでしょうか、日本だけの名前でしょうか、ドイツでも同じ名前でしょうか。
質問させていただきます。

Aベストアンサー

「ロマンチック街道」が日本で知られるようになって、
日本の旅行会社が名付け親という噂を信じていました。

調べてみると、日本語Wikiにあるローマ人が作った道に由来というのも
日本の旅行会社という噂もちょっとずれているようです。

ローマ人の作った道は「ロマンチック街道」の南側の一部で河に沿って
いますが、現在の街道とはずれていて北進して方向を変えドナウに方面
に行っていました。
ドイツ語ではローマ人の作った道とその遺跡は Roemerstrasse または
Roemer-Strasse (ローマ街道(ストリート))と言われ
それが「ロマンチック街道」の語源とは考えられません。
ただ、ドイツでもそうだと信じている人や言っている人も多いとの記述も
有ります。

昔から、ドイツには休暇の時に歩き回る人気のルートが有りました。
今の「ロマンティック街道」もその一つで、ドイツ南部西側のライン川
沿いにも「三国街道」旧ドイツ諸国・スイスに渡るワンダーウェーグ
(遊歩道)があります。

さて、第二次大戦も終わりドイツ人にようやく生活の目途が付き、
ドイツの奇跡と言われる経済成長が50年代に始まりました。
その頃、進駐軍だったアメリカ兵とその家族は古い破壊されていない
ドイツの風景を楽しんでいました。その中で人気の高かったのが、
昔からの休暇遊歩道コースで 、彼らはこの街道筋を特に 
Romantic road と呼んでいました。

これが今のように有名に成ったは、ある日本人のおかげです(残念ながら
検索には掛かりませんでした)。
彼は、日本人観光客はミュンヘン、ノイシュワンスタイン、ハイデルベルグ、
ライン河位しか訪れないので、ドイツの古き良き街並を観光コース
「ロマンチック街道」として紹介したのが日本で知られるように成った
始まりと回想しています。確か90年代です。
それが世界的に知られるようになりドイツでも Romatische Strasse
として定着したのだと思います。
ただし、日本人のお陰で有名になったと言う記述はドイツのHPでは
見つけられませんでした。道路標識に日本語で書いてあるとは有ります。
一番多かったのは「昔から人気の遊歩道」です。

下記URLには<90年代に日本人旅行者へのアンケートでは93%が「ロマンチック街道」
を知っており、この調子では(近い)将来に(全!)日本人の2人に1人は
「ロマンチック街道」を訪れることになるのでは>と書いてあります。
「ロマンチック街道」が世界的になった例として日本、ブラジル、韓国の
Romantische Strasse の例が有ります。
https://www.romantischestrasse.de/showpage.php?SiteID=148&lang=de

この写真を見ると「ロマンチック」の受け取り方も様々です。
鐘突堂→坊主→簪(かんざし)→ロマンチック ですね。

「ロマンチック街道」が日本で知られるようになって、
日本の旅行会社が名付け親という噂を信じていました。

調べてみると、日本語Wikiにあるローマ人が作った道に由来というのも
日本の旅行会社という噂もちょっとずれているようです。

ローマ人の作った道は「ロマンチック街道」の南側の一部で河に沿って
いますが、現在の街道とはずれていて北進して方向を変えドナウに方面
に行っていました。
ドイツ語ではローマ人の作った道とその遺跡は Roemerstrasse または
Roemer-Strasse (ローマ街道(ス...続きを読む

Qタイヤ交換について

昨冬、知り合いの紹介先であるガソリンスタンドでスタッドレスタイヤ&ホイールを購入いたしました。
仕事の関係で実家の近所にあるいつも馴染みの店に行けなかったためです。

我が家の場合、タイヤ交換は主人が行い、バランスだけその馴染みの店で行っております。
今年も主人がタイヤを交換していると、数分もしないうちに呼ばれました。
行ってみると『夏タイヤが汚い』というものでした。

確かにウチの場合、主人がタイヤ交換した後にタイヤを洗ってから袋に入れてしまいます。
また、主人の都合で交換が出来ない場合は馴染みの店に頼むのですが、やはりタイヤを洗ってからしまってくれます。
主人と結婚する前は親の付き合いでディーラーに行ったりスタンドでタイヤ交換をしていましたが、
洗わずにそのままだった記憶がありません(着ける時も頼んでいたので絶対の自信はないのですが...)

主人は『タイヤ交換は分からんが、タイヤとホイールをセットで買った時くらい普通洗ってしまうくらいのサービスはしないのか?』
と言っていますが、実際はどのような状況ですか?
我が家は基本的にタイヤ交換は自分で行うので、スタンド等でタイヤ交換をされている方、
またはタイヤとホイールをセットで購入された方がおりましたらお教え下さい。

昨冬、知り合いの紹介先であるガソリンスタンドでスタッドレスタイヤ&ホイールを購入いたしました。
仕事の関係で実家の近所にあるいつも馴染みの店に行けなかったためです。

我が家の場合、タイヤ交換は主人が行い、バランスだけその馴染みの店で行っております。
今年も主人がタイヤを交換していると、数分もしないうちに呼ばれました。
行ってみると『夏タイヤが汚い』というものでした。

確かにウチの場合、主人がタイヤ交換した後にタイヤを洗ってから袋に入れてしまいます。
また、主人の都合で...続きを読む

Aベストアンサー

私はGS、カーショップ、ディーラなど、一通りいろいろなところで買いましたが、洗ってもらったことはありません。
簡単に汚れを落として、ビニールに入れてもらって帰宅し、タイヤラックに積んで置くので、タイヤを洗う必要を感じたことも無いです。
わが家も毎年のタイヤ交換は私がやりますが、未だかつて洗ってしまったことは無く、溝に詰まった小石を取り除いて、軒先のラックに4本を収納しておしまいです。

http://www.rakuten.co.jp/rack-kan/515823/

もしやってくれるショップがあれば、かなりサービスがよいショップなのではないでしょうか。

Qロマンチック街道、スイスアルプス、パリ旅行

2月7日より、ドイツ・ロマンチック街道、スイスアルプス、パリへ旅行に出かけます。ヨーロッパはオフシーズンで安いということ、夫と私の休暇がやっと取れたということで寒い時期ですが、添乗員付きのツアー参加を決めました。結婚して1年半が経って念願の新婚旅行なので、
手落ちや後悔がないように臨みたいです。
スイスアルプスは夏でも寒いくらいと聞いていたので、極寒も覚悟しています。保温性の高い下着やシャツ、セーター、ダウンジャケットはもちろん持って行くつもりでいます。問題は靴です。路面が凍って滑りやすいと思いますが、トレッキングブーツのような靴は必要でしょうか?パリ散策は2日間(観光で1日、フリーで1日)あり、パリでトレッキングシューズは重いし不恰好なので、スニーカーで参加したいところですが、靴は各々一足にとどめたいところです。2月、もしくは寒い時期に同じようなツアーに参加された方、どのようにされたか、アドバイスをお願いします!
もちろん服装やこれは持って行った方が良いというアドバイスもあればお待ちしております!ちなみに夫は風邪を引きやすい体質なので、寒さに堪えられる様な裏技などがございましたらご伝授願います。
よろしくお願いいたしますm(__)m

2月7日より、ドイツ・ロマンチック街道、スイスアルプス、パリへ旅行に出かけます。ヨーロッパはオフシーズンで安いということ、夫と私の休暇がやっと取れたということで寒い時期ですが、添乗員付きのツアー参加を決めました。結婚して1年半が経って念願の新婚旅行なので、
手落ちや後悔がないように臨みたいです。
スイスアルプスは夏でも寒いくらいと聞いていたので、極寒も覚悟しています。保温性の高い下着やシャツ、セーター、ダウンジャケットはもちろん持って行くつもりでいます。問題は靴です。路面...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
新婚旅行楽しみですね。
添乗員をしておりますので少しはお役に立てるかと思い、お答えさせていただきます。

まずはスイスの山ですが、このコースだとユングフラウでしょうか。
冬は確かに寒いのですが、雪のある外を歩くことはそんない多くないと思うので、スニーカーで充分です。
ただ朝だと気温が低く、道や階段が凍結しているので歩き方にはお気をつけ下さい。

寒さ対策としては帽子は必需品です!
あとは顔が凍りそうになるので、マスクも結構あったかいです。
室内は暖房ががっちりきいているので、重ね着が有効です。

新婚旅行でいらっしゃるんなら、パリでちょっといいレストランででのお食事をお勧めします。
そういう意味では、オシャレ着と靴も必要ですね。

あと新婚さんはお土産に悩む方が多いみたいですね。
人からの頼まれ物を探していて、自分達のものは何も買えなかったり(笑)
そんな時間の使い方は、とてももったいない!
お菓子なんかの義理みやげは、おみやげ宅配で頼み
その他の物は「見かけたら買っとくね」くらいの言い方をしておいたほうがプレッシャーが小さいと思います。

なによりお二人の旅行を楽しまれてくださいね。

こんにちは。
新婚旅行楽しみですね。
添乗員をしておりますので少しはお役に立てるかと思い、お答えさせていただきます。

まずはスイスの山ですが、このコースだとユングフラウでしょうか。
冬は確かに寒いのですが、雪のある外を歩くことはそんない多くないと思うので、スニーカーで充分です。
ただ朝だと気温が低く、道や階段が凍結しているので歩き方にはお気をつけ下さい。

寒さ対策としては帽子は必需品です!
あとは顔が凍りそうになるので、マスクも結構あったかいです。
室内は暖房ががっち...続きを読む


人気Q&Aランキング