著作権を有するものは、自動的に販売権も有すると解釈してよいものでしょうか?

たとえば、AがBに対して、指示・大まかな設計・要望を提出し、Bが完成させたとします。

このとき、支払いは、A→B で、

両者間のあいだで、著作権はA(依頼者側)にあると取り決められています。

この状態で、Aは作成されたものを販売することができるでしょうか?


また、取り決めは、契約書という整ったかたちの書面でなければならないものでしょうか? 

メールによって、著作権の取り決めをした文章では、問題があるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

一般論で言えば、著作権がAにある「著作物」なら、当然Aは、その「著作物」を販売をすることが可能です。



これは契約の仕方によるのですが
・著作権は著作者が保持したまま、利用、使用の許諾を得る
通常、ポスターのデザインや絵画、キャラクターのデザインなどはこれです。
・著作権は著作者が保持したまま、一部の権利を譲渡してもらう
出版社が小説家から譲り受ける「独占出版権」などがこれに当たります。
・著作者から著作権を丸ごと譲渡してもらう
お尋ねの件は、これに当たるようです。著作権者はその「著作物」を販売する権利が当然あります。

ただし、ご質問の文章からは、分かりにくい箇所がいくつかあります。
1.そもそも「Bが完成させた」ものというのは、著作物なのかどうか。もっといえば、著作権法で保護されるべきものなのか、それとも他の知財法(商標権、意匠権など)で保護されるべきものなのか。普通、工業製品のモックアップや実用品(椅子、テーブルなど)は、著作権法で保護される著作物ではありませんよ。

2.販売するものは、その著作物自体なのか。それとも著作物をもとに作成された製品なのか。
例えば、設計図は著作物です。けれども実際に販売するのは、著作権のある「設計図」ではなく、それを元に作成された「製品」ですよね。

冒頭で「著作物」とカッコを付けているのは、そういう意味です。

その辺の切り分けが出来ているのかどうか、質問文ではよく分かりません。もう少し具体的な説明があれば詳しく回答も可能かと思います。

仮に、Bが作成したものが「著作物」だとして、何らかの形で著作権を譲渡してもらうなら、当然契約が必要です。契約がなければ著作権は一義的に著作者であるBのものです。エビデンスが残る形なら何でも良いのですが、一般的に著作権の譲渡に関しては

「著作者人格権」はどうするのか、
Bがポートフォリオ等として利用する場合はどうするのか

等の問題を明らかにしておいた方が双方にとって利益があります。そのためには正規の契約という形を取った方が良いのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>実際に販売するのは、著作権のある「設計図」ではなく、それを元に作成された「製品」ですよね

そのとおりです。


ホームページのデザインのラフ画を提出したり、参考サイトを提示したりして、スタイルシートを

使用して作成してもらった場合や、CGIの骨組み(型となるプログラム)を提示して、修正・追加

してもらった場合です。

どこで、どの程度の問題が発生するものでしょうか?

おっしゃるように、正規の契約書をしたためたほうがいいですね。

お礼日時:2009/05/30 00:59

著作権は著作物の財産権ですから、複製権、販売権も含まれますし、


これら権利を譲渡する権利も含まれます。

著作権は、
「両者間のあいだで、著作権はA(依頼者側)にあると取り決められています。」
とすれば、Aの独占ですが、きちんと書面で取り交わしておいたほうが
いいと思います。

ただし、著作権の範囲は作成物全てに及ぶわけではありません。
作成物に、他著作物の引用や参照がされている場合当然その部分は
対象外です。

また、Bが同様のものを品を変えて作成する能力があった場合、
その作成された類似作品に対して著作権侵害を主張できない場合が
あります。

・・・・・・・・
メールでの約束も有効でしょうが、裁判になれば真贋の証明を求め
られるケースもでてくるでしょう。あとあとの面倒は回避したほう
がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>Bが同様のものを品を変えて作成する能力があった場合、
>その作成された類似作品に対して著作権侵害を主張できない場合が
>あります。

このあたりも、しっかり取り決めた方がよさそうですね。

貴重なご意見をありがとうございました。

お礼日時:2009/05/30 01:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q欧州各国の登録商標検索法?

ヨーロッパ(下記の国々)に登録されている商標の詳細を無料で検索することはできるのでしょうか?無料で商標検索できる国とできない国があるのでしょうか?
もし可能でしたら、どう検索すれば宜しいのでしょうか?ご存知の方、いらっしゃればお教え下さい。
※商標名と登録番号は省略します。

●イギリス
●オーストリア
●デンマーク
●フランス
●ドイツ
●イタリー
●ノルウェー
●スウェーデン
●スイス
●ポルトガル
●etc(等々)

Aベストアンサー

各国の特許庁のホームページ上に、日本国特許庁でいえば「電子図書館」のような、データベース検索のページを持っていれば、調べることはできると思いますが。
ただし、全ての国で英語のページをもっているとは限りませんし、特許は検索できても、商標は検索できない、ということもあるかと思います。
イギリスはたしか商標検索が可能だったと記憶しております。
下記URLから、各国特許庁のサイトへ行ってみてください。
http://www.tip.net.au/~rossco/poffices.htm
http://www.jpo.go.jp/kanren/others.htm
もし、ご自身が何か大切な商標をその国に出願なさりたいのであれば、やはり現地の弁理士事務所(代理人)に詳細な調査を依頼したほうが、安全かつ確実と思います。

Q著作権ごと買い取ったものを、著作権ごと売る

著作権ごと買い取ったものを、著作権ごと売る

私はグラフィックデザイナーです。

ある写真を、カメラマンさんにオーダーし、撮影して頂き、
その写真をカメラマンさんから著作権ごと買い取りました。

数ヶ月後、
あるクライアントの仕事で
この写真を使用してデザインをしたところ
クライアントは写真を気に入り、デザインとともに採用となりました。

そして、この写真及びデザインを、他の媒体でもいろいろと
流用して展開していきたいとおっしゃっています。

この場合、写真の著作権は現在私にあると思うのですが、
クライアントに著作権ごと売る事は可能なのでしょうか?

カメラマン→私→クライアント
という著作権譲渡の流れです。
それぞれに著作権譲渡料が発生するという形です。

違法とかになりますでしょうか?

どなたか詳しい方いらっしゃいましたら
何卒ご教授よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

著作権の譲渡がきちんとなされていれば違法にはなりません。譲り受けた著作権をさらに転売することは可能です。

でもいくつか細かい問題点があります。

著作権法では、著作権を譲渡する場合、翻案権と二次的著作物の利用に関する原著作者の権利については、譲渡の対象とすることが特掲されてないと譲渡されないと規定しています。したがって、著作権の全部の譲渡といえるには、カメラマンから質問者さん、そして質問者さんからクライアントへの譲渡の各段階で、契約書にその旨が明示されていなければなりません。


(著作権の譲渡)
第六十一条  著作権は、その全部又は一部を譲渡することができる。
2  著作権を譲渡する契約において、第二十七条又は第二十八条に規定する権利が譲渡の目的として特掲されていないときは、これらの権利は、譲渡した者に留保されたものと推定する。


譲渡されていないときは、譲受人は翻案や二次的著作物の作成ができない、ということになります。


また、著作権を全部譲渡したとしても、著作者人格権については譲渡できないことになっています。著作者人格権とは氏名表示権や同一性保持権などです。

(著作者人格権の一身専属性)
第五十九条  著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

よって、実務的には、これらの著作者人格権を行使しません、という約束を、カメラマンからとりつけておく(契約書に書いておく)必要があります。そうしないと、後で、写真の修正や加工ができなかったり、カメラマンの名前を表示しろ、という要求ができる事になります。


参考になれば幸いです。

著作権の譲渡がきちんとなされていれば違法にはなりません。譲り受けた著作権をさらに転売することは可能です。

でもいくつか細かい問題点があります。

著作権法では、著作権を譲渡する場合、翻案権と二次的著作物の利用に関する原著作者の権利については、譲渡の対象とすることが特掲されてないと譲渡されないと規定しています。したがって、著作権の全部の譲渡といえるには、カメラマンから質問者さん、そして質問者さんからクライアントへの譲渡の各段階で、契約書にその旨が明示されていなければなりません...続きを読む

Q【商標権の謎】商標登録検索をしてみました。 そしたら、コスコで検索すると10件ヒットしました。

【商標権の謎】商標登録検索をしてみました。

そしたら、コスコで検索すると10件ヒットしました。

https://www2.j-platpat.inpit.go.jp/syutsugan/TM_LIST_T.cgi?ITEM01=106&KEY01=%83R%83X%83R&OPT01=01&ITEM02=107&KEY02=%83R%83X%83R&OPT02=01&ITEM03=103&KEY03=%83R%83X%83R&OPT03=01&ITEM04=705&KEY04=&OPT04=01&STIME=147636104186748365273416&HITCNT=10&S_FLAG=00&TERMOPT=01&PAGE=01

で、

コスコの英語表記のCOSCOが複数件同じ商標権で商標登録されているのはなぜですか?

COSCOの商標権を複数社持っている。

これじゃあ、商標権の意味がないのでは?

なんで同じCOSCOが商標登録されているのか教えてください。

私もCOSCOの商標権を取れるってことですか?

世界に1つのネーミングだから商標権じゃないんですか?

【商標権の謎】商標登録検索をしてみました。

そしたら、コスコで検索すると10件ヒットしました。

https://www2.j-platpat.inpit.go.jp/syutsugan/TM_LIST_T.cgi?ITEM01=106&KEY01=%83R%83X%83R&OPT01=01&ITEM02=107&KEY02=%83R%83X%83R&OPT02=01&ITEM03=103&KEY03=%83R%83X%83R&OPT03=01&ITEM04=705&KEY04=&OPT04=01&STIME=147636104186748365273416&HITCNT=10&S_FLAG=00&TERMOPT=01&PAGE=01

で、

コスコの英語表記のCOSCOが複数件同じ商標権で商標登録されているのはなぜですか?

COSCOの商標権を複数社持...続きを読む

Aベストアンサー

[商品及び役務の区分並びに指定商品又は指定役務]が異なっているので商標権の意味を持つのだと思います。

Q著作権を侵害した著作物に著作権はあるか。

 題の通りです。例えば「月刊あはは」に書いてあった文章を「週刊いひひ」が無断で一ページ掲載した場合、「週刊いひひ」には、著作権は存在するのですか?(無断で掲載したページ以外についても)あとその「週刊いひひ」が無断で掲載した一ページを「日刊うふふ」が無断で掲載した場合どうなるのでしょうか?また「週刊いひひ」が無断で掲載した以外のページを「秒刊えへへ」が無断で掲載した場合はそうなるのでしょうか?
※ここに登場する名前はフィクションです。
 あと、DVDコピーのやり方などを書いている、間接的に著作権を侵害している著作物にも著作権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 著作権が発生する要件は創作されたものとみなされることです。複製された著作物は創作によって制作されてはいませんから、著作権がありません。何社が次々に出版しても著作権は原作者にしかないことになります。
 しかし、難しいのはその1ページが引用に過ぎなかったり、まったくそのままではなく、パロディやニュース記事として創作されている場合です。そういったものを二次的著作物とよび二次的著作者としての著作権上の権利が発生します。そして、著作権法28条には著作物から派生的に作られた二次的著作物にも原著作者の権利が及ぶとされていることから、二次著作物には複数の権利が重畳して存在していることになります。
そこで、「月間あはは」は某教祖のスキャンダルをすっぱ抜いた。「月間いひひ」は「月間あはは」の写真と記事を引用して攻撃の火の手をあげた。「月間うふふ」は「月間いひひ」には承諾を得たが「月間あはは」には承諾を得ることもなく記事を掲載した。とすると「月間うふふ」は「月間あはは」から訴えられる可能性があることになります。

Q米国の登録商標の検索方法

米国で登録されている商標を検索したいのですが、
おそらく、下記ホームページから検索すると思いますが、
http://www.uspto.gov/main/trademarks.htm
英文なので検索方法がよくわかりません。
和訳で検索方法を解説しているホームページか書籍などを教えて下さい。

Aベストアンサー

  翻訳精度で御不満があるかも知れませんが、自動翻訳を利用されましたでしょうか?

  Yahooでですが、「United States Patent and Trademark Office」にて検索し、検索結果で表示されたページ名の右側に「このページを和訳する」と表示されます。こちらをクリックされたら、少々時間は掛かりますが日本語での表示がなされます。もっとも翻訳内容は、杓子定規な文章で理解するには想像力が必要になる部分もあるかも知れませんが。

  お探しの物が何であるか判りませんので、具体的な方法が申し上げられません。見出しなどは然して使用頻度の低い様な難しい言葉が使われている訳ではないので、英検2級程度で読めるかと思います。何かのヒントになりましたら

QAさんの字をBさんがフォントにしたら著作権は?

たとえば、明らかに個性的な文字を書くAさんという人がいたとして、
それを素敵だと思ったBさんがいたとして、
Bさんが、Aさんの字をほぼ再現したフォントを作ったとします。
それをサイトで公開したりします。

この場合、著作権というのは誰のものになるのでしょうか。
もしそのフォントから利益が生じる場合、どういう配分で
利益を受け取るという法律上の定めはあるのでしょうか。

Aベストアンサー

回答を投稿した後で気づいたので補足します。

No.3の回答で引用されている著作権法65条は、共同著作者に関する規定です。「共同著作物」とは、ある作品の創作性について2以上の者が寄与している場合に、これを分けることが不可能な場合をいい、その者のことを「共同著作者」といいます。

たとえば、有名な例では、「藤子不二雄」というペンネームは、藤本弘氏と安孫子素雄氏の共同ペンネームです。『オバケのQ太郎』は藤子不二雄名義で、かつ両者の合作であるといわれていますから、これは共同著作物です。他方、藤子不二雄名義でも『ドラえもん』は藤本弘氏の作、『プロゴルファー猿』は安孫子素雄氏の作とのことですから、これらは共同著作物ではありません。
(もちろん、実態は知りませんから、中には共同著作物といえる部分があるかもしれませんが、あくまで例として。)

なお、漫画の場合でも、小説を漫画化するとか、原作/原画と役割分担する場合は、二次的著作物の関係になります。上記『オバQ』は、役割分担のない完全な合作(を目指した)と聞きますから、共同著作物とみて良いでしょう。

今回の場合、「書」という著作物と、これに基づく「フォント」というプログラムの著作物は、一体不可分ではなく、明らかにその創作性の範囲を分けることができますから、今回のケースと共同著作物の規定は関係ありません。

二次的著作物に対する権利関係は、基本的に27条、28条のみで完結します。

回答を投稿した後で気づいたので補足します。

No.3の回答で引用されている著作権法65条は、共同著作者に関する規定です。「共同著作物」とは、ある作品の創作性について2以上の者が寄与している場合に、これを分けることが不可能な場合をいい、その者のことを「共同著作者」といいます。

たとえば、有名な例では、「藤子不二雄」というペンネームは、藤本弘氏と安孫子素雄氏の共同ペンネームです。『オバケのQ太郎』は藤子不二雄名義で、かつ両者の合作であるといわれていますから、これは共同著作物です。...続きを読む

Q登録商標の検索サイトを探しています

お世話になります
表題の通りなんですが、食品業で新たに市場に出す製品で、特殊な素材を使用しています。この素材を消費者の方にアピールしたいのですが商標に登録されているか否か確認したいのです。
ネットで検索できた記憶がありますが担当者が退職されたため、困っています、ご存知の方おられましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

詳しくないんで的外れだったらゴメン

特許電子図書館 - 商標検索
http://www.ipdl.ncipi.go.jp/Syouhyou/syouhyou.htm

Qおしえて!gooの回答を運用スタッフが一部改変するのは、著作権のうち著作者人格権の同一性保持権の侵害ではないのでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
 5.当社は、投稿内容の編集、改変、複製、転載(何れも商用利用の場合を含みます)
   を行うことができます。これらを行う場合でも、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものとします。
とあり、「改変」できる事になります。

しかし、著作権法上は、

 著作権法 第59条
  著作者人格権は、著作者の一身に専属し、譲渡することができない。

とあり、この著作者人格権の一つである同一性保持権は、

 著作権法 第20条 第1項
  著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、
  その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

 同法 同条 第2項
  前項の規定は、次の各号のいずれかに該当する改変については、適用しない。
            (中略)
  4 前三号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に
    照らしやむを得ないと認められる改変

とあり、一般には改変はできないと思われます。
また、わたしの一行分が削除が止むを得ない程有害とも思えません。

今回の改変は同一性保持権の侵害ではないでしょうか?
また、利用規約第14条5項は同一性保持権を一般的に否定する問題のある規定では
ないでしょうか?

教えて!gooのわたしの回答が一つ削除され、その旨をメールで通知されました。
同時に、同じ質問中の自分の別の回答が一部改変されている(一行消されている)のに気
がつきました。こちらは通知はありません。

回答を消された事はマナー違反を指摘されたので納得していますが、一部改変は連絡も
なく心外です。

そこでいろいろ調べてみると、利用規約は
 第14条(投稿内容の利用権)
 4.投稿内容の著作権は、当社に帰属します。この場合、当社は、会員に対し、
   何らの支払も要しないものと...続きを読む

Aベストアンサー

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでしょう。もっとも、一行のみの回答や、誰が書いても同様の表現とならざるを得ないもの、たんなる事実の叙述などは除かれます。

そこで、利用規約の話になりますが、利用規約への同意は契約の一種であるといって間違いはないでしょう。しかし、契約があればあらゆる権利が制限できるわけではなく、強行規定は契約に優位しますし、契約に瑕疵があれば無効となる場合もあり得ます。また、権利濫用の場合も考えられます。

著作者人格権は、文字通り人格権的な要素が強く、これが強行規定であるか、任意規定であるかについては学説上の争いがあります。もっとも、現在の著作権ビジネスの現状や慣行、世界的な動向をふまえて、契約によって不行使とする(放棄はできない)ことができるとする説の方が有力でしょう。

そこで、再び利用規約に戻りますが、この部分に関してはNo.4の方と同意見です。まったく問題がないとは思いませんが、同一性保持権の不行使特約と読んでも良いかと思います。
もっとも、タイトルが「投稿内容の利用権」とあるので、あくまで著作財産権の範囲に限るという反論もできそうです(著作権法では、財産権的権利に関して「利用」、著作物の享受に関して「使用」と、その語を使い分けています)。また、「なんらの支払いも要しない」だけであって、「通知しない」とまでは述べていませんね。
削除通知等に、「関連する他の回答の一部を改変することがある」旨の記載があったかと思いますが、これも、改変の通知としては少々乱暴というか、どこがどのように改変されたか、されていないか、もうちょっと具体的に書かれた方が、個人的には好ましいと思いますが。

いずれにせよ、同一性保持権に関しては不行使特約があると考えて良いのではないかと思います。

ご指摘の通り、著作者人格権は一身専属の権利であり、譲渡、放棄することはできません(通説判例)。また、20条2項4号にいう「やむを得ないと認められる改変」とは、たとえば明白な誤字脱字の訂正や、36条の規定によって試験問題に用いる際に虫食いにするなど、ごく限られた範囲における改変を指すものと解されています。したがって、質問・回答文の一部を削除する行為は、同一性保持権の侵害にあたる可能性が高いといえるでしょう。

なお、ここの質問文・回答文は、著作物と認められるものも多数存在するでし...続きを読む

Q商標検索結果の「§」マークについて

特許庁ホームページの商標検索である商標を検索すると、
検索結果に「§」マークがついてある登録商標があります。

この「§」マークは、文字を普通の表記ではなく図案化してあるものの、その商標から一応、文字と判読できるものについて「§」記号が付けられているそうですが、文字商標ではなく、ロゴ商標という意味でしょうか?。

よく、電気製品の取説などで、「○○および○○ロゴは登録商標です。」と登録商標表示が書かれていますが、「§」マークがついてある登録商標○○について、「○○および○○ロゴは登録商標です。」と登録商標表示するには違法でしょうか?

つまり、○○は文字としては登録商標になっていないので、正しくは、「○○ロゴは登録商標です。」というふうに、ロゴとしてだけ商標登録すべきなのでしょうか?

それとも、「§」マークがついてある登録商標は、「○○および○○ロゴは登録商標です。」と登録商標表示していいのでしょうか?

Aベストアンサー

誰も返答されないようですので..... :-)

>「§」記号が付けられているそうですが、文字商標ではなく、ロゴ商標という意味でしょうか?。

はい、そのとおりです。ロゴ(図形)商標ということになります。図形商標であっても、文字が装飾的に表現されて図形となったものは、発音してしまえば文字商標となんら変わりません。つまり図形商標と文字商標が相紛らわしい関係に立つことになります。よって、これから文字商標を出願しようとする人は、先願の図形商標と紛らわしい(類似)ことを理由に登録を受けられなくなります。よって「§」は、そうした出願をしようとする人にとっては重要な情報ですね。

>違法でしょうか?

ムズカシイところですね。
すごく厳密に言えば、違法だと思います。ただ、商標表示は、他の商品と需要者が混同しないことを目的として行われるものです。ですので、文字だけを表示することによって他人の商品との区別をより促進することになるならば罰せられないのではないかと思います。逆に、文字を表示することによって他人の商標と紛らわしい状況になれば違法になると思います。これは、画一的に違法/適法となるのでなく、他人の商標の存在や需要者の購買常識などによって変動しますのでなんともいえないというのが私見です。(当然、今は大丈夫でも、他人の商品が後になって登場するなどによって後発的に罰せられるような状況もあり得ると思います。)

 安心したければ、文字商標と図形商標を両方出願したほうがいいと思いますが。でも出願が2つになって費用は倍かかりますね。

誰も返答されないようですので..... :-)

>「§」記号が付けられているそうですが、文字商標ではなく、ロゴ商標という意味でしょうか?。

はい、そのとおりです。ロゴ(図形)商標ということになります。図形商標であっても、文字が装飾的に表現されて図形となったものは、発音してしまえば文字商標となんら変わりません。つまり図形商標と文字商標が相紛らわしい関係に立つことになります。よって、これから文字商標を出願しようとする人は、先願の図形商標と紛らわしい(類似)ことを理由に登録を受けられ...続きを読む

Q写真屋さんに著作権などあるのでしょうか?肖像権と著作権、どっちが強いのでしょうか?

知り合いから相談されています。幼稚園の生活発表会(学芸会みたいなもの)のときに、幼稚園が写真屋さんに依頼して、子供の写真を撮ったそうです。(スナップ写真や記念写真など)その写真は、その後、保護者が注文をして買うことができたそうです。(ちょっと高めだったらしい)ところが、その後、偶然、幼稚園と何の関係もないある印刷物にその幼稚園の生活発表会の写真が掲載されていたので、幼稚園に報告し、幼稚園から写真屋さんに抗議したところ、写真屋さん曰く「うちに著作権があるので」とのこと。また、幼稚園は幼稚園で、撮影を依頼したのは、幼稚園なのだから、著作権は幼稚園にあると主張・・・・。知り合いは、「じゃあ、うちの子の肖像権は??」となった訳です。この話、正しいのは誰なんでしょうか?

Aベストアンサー

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに全て帰するとされていれば別です)。雑誌の写真などはそのようにして、カメラマンと出版社に著作権があり、人格権としての肖像権は被写体にもあるという形です。

今回の場合、人格権として保護されるべきであるので、勝手に掲載した写真屋さんは取り下げる必要が認められる可能性が高いです。
どちらが強い?弱い?ではなく、「著作権者、被写体双方の同意が無い場合は表に出してはならない」と思っていた方が確実です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%82%96%E5%83%8F%E6%A8%A9

肖像権に関しては確かに日本には明文化された法律はありません。しかしながら、人格権としては存在し、「被写体としての権利でその被写体自身、もしくは所有者の許可なく撮影、描写、公開されない権利。すべての人に認められる。みだりに自分の姿を公開されて恥ずかしい思いをしたり、つけ回されたりする恐れなどから保護するというもの。」とされています。

著作権は確かに写真屋さんにあります。契約の内容にもよりますが、契約を結んだ幼稚園側にも著作権が同じくある場合もあります(契約書に写真屋さんに...続きを読む


人気Q&Aランキング