年金と社会保険など未加入で雇用保険のみ加入することは可能でしょうか?

また、加入した場合は、転職をした時に次の会社に加入期間とかしられてしまうのでしょうか?

A 回答 (2件)

・6ヶ月以上の雇用見込みがあり、週の労働時間が20時間以上なら強制加入です


・社会保険(健康保険、厚生年金)の加入要件と違うので
 雇用保険加入、社会保険未加入もあります
・転職先に提出する、「雇用保険被保険者証」に事業所名が記載されている物を提出すれば、加入日(取得日)が記載されているので
 履歴書にその事業所の退職月が記載されていれば、加入期間は類推できる(取得日から退職月までがその会社の加入期間と推測できる)
 事業所名の記載されていない物を提出すれば、加入日(取得日)は記載されていないので、わからない
    • good
    • 0

こんにちは



>可能でしょうか?

雇用保険は加入義務があります。
保険料も労働者と雇用者の両方が負担します。
事業者は雇用者を「1人でも」雇ったら「強制加入」です。
ですので、可能とか不可能とかいうものではないです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。 それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約

65歳から新規に雇用保険に入れないと言う聞きました。
それは、65歳以上の人間は週20時間以上の契約はできないと、言う事でしょうか?

Aベストアンサー

>65歳以上の人間は週20時間以上の契約は
>できないと、言う事でしょうか?
そういうわけではありません。
週20時間以上の雇用契約はできるし、
働けます。

いったん退職されてしまうと、
雇用保険に加入できず、
基本手当は受給できなくなるし、
高年齢求職者給付も受けられなくなる
ということです。

ベースにあるのは年金との関係だと
思います。
年金が受給できるので、失業しても
失業給付の受給はない。
ということでしょう。

Q試用期間中の厚生年金と健康保険の未加入

現在、派遣社員で働いていますが、正社員での就職が決まりました。
2ケ月は試用期間ということです。
この点は仕方ないですが、試用期間中は雇用保険のみで、
厚生年金と健康保険には加入出来ず、試用期間が空けてからだそうです。
転職を何度となくしていますが、初めてのケースで、
このようなことは一般的に行われているのでしょうか?
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

空白については遡って加入の手続きを取る場合もあります。まるっきりの未払いでは無いように出来るのですが・・・。今回のケースが一般的とは言えないとは思いますが、無い話ではありません。会社にとっても負担額が大きいので試用期間中の社会保険は非常に厳しくしています。

Q65歳以上の退職の場合の雇用保険について

老齢厚生年金を受給しながら、62歳11ヵ月から再就職し
雇用保険に加入しています。
65歳に達しても、再就職先があれば働きたいと思っていますが
65歳以上の退職者には高年齢求職者給付金が受給でき、
かつ老齢年金を受給していても両方同時に受給できるとありますが
間違いないでしょうか。
例えば、
(1)65歳1ヶ月で退職した場合、(給与は19万円)
(a)過去6ヶ月の平均給与で計算された基本手当が50日分一括支給
(b)65歳に達して1ヶ月なので、加入期間は1年未満となり30日分が一括支給
(c)65歳以上は雇用保険は加入できないので、1ヶ月は未加入と
なるので(a)(b)以外の計算方法?

(2)65歳を過ぎても同会社に勤めていた場合、雇用保険は未加入
となりますが、退職が67歳となっても受け取れますか。
有効期限のようなものはないですか。

(3)65歳に到達する年度に雇用保険解約されるという規則は
本当でしょうか。会社の都合だけでしょうか。

込み入った質問で恐縮ですが、よろしくご教授お願いします。

Aベストアンサー

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)、
すなわち、65歳の誕生日の1日前以降に離職したときは、
基本手当ではなく、一時金(1回かぎりの支給)としての
高年齢求職者給付金を受けられる。
年金との間の併給調整は行なわれないことになっているため、
老齢年金(老齢厚生年金、老齢基礎年金)と
高年齢求職者給付金は、どちらとも受けることができる。

このとき、2に該当する人を「高年齢継続被保険者」といいます。
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)よりも前から
事業主に雇用されており、かつ、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)以降の日についても、
引き続きその事業主に雇用され続ける人をさします。
つまり、このような方が65歳に達した日以降に離職した場合に
高年齢求職者給付金が支給されることとなります。
支給額は「離職前の“被保険者であった期間”」に応じて、
基本手当の日額の、30日分又は50日分に相当する額となります。
以下のすべての要件を満たすことが前提です。

イ.
離職により、受給資格の確認を受けた。
ロ.
労働の意志・能力はあるが、職業に就くことができない状態。
ハ.
算定対象期間(原則、離職前1年間)のうちに
被保険者期間が通算して6か月以上ある。

以上のことから、ご質問の例の場合には「ハ」に相当し、
通算の被保険者期間が「1年以上」となると思われることから、
基本手当日額の50日分に相当する高年齢求職者給付金を
受けることができます。
すなわち、ご質問の(1)は(a)となります。
(注:「1年未満」であれば、30日分です)

計算方法は、基本手当と同様です。
すなわち、被保険者期間としてカウントされる月のうち、
離職前6か月間に支払われた賃金の額をもとに計算されます。
(注:カウント ‥‥ 賃金支払の基礎となった日数が11日以上の月)

なお、基本手当同様、待期(7日)や給付制限期間があります。
自己都合退職のときは、待期に引き続いて3か月の給付制限期間を経ないと
高年齢求職者給付金を受けることができません。
また、高年齢求職者給付金では受給期間延長手続が認められないため、
病気やケガで引き続き30日以上職業に就けなかったとしても、
受給期間の延長(受給開始の先延ばし)はできません。

基本手当(A)、高年齢求職者給付金(B)ともに、
離職日から1年を経過してしまうと、以後、受ける権利は失われます。
すなわち、A・Bのいずれであっても、
離職日から1年以内に請求を済ませなければなりません。
ご質問の(2)の答えの1つです。

> 退職が67歳となっても受け取れますか。

高年齢求職者給付金であれば、受け取れます。

65歳以降であっても、65歳前から雇用されており、
かつ、引き続き65歳以降も雇用される場合に限っては、
雇用保険法第6条第1項(適用除外)の定めにより、
適用除外から除かれるためです。
ご質問の(2)および(3)の答えとなります。
(つまり、引き続き雇用保険の被保険者となります)

雇用保険法第6条第1項
次に掲げる者については、この法律は、適用しない。
一 六十五歳に達した日以後に雇用される者
(同一の事業主の適用事業に同日の前日から引き続いて
六十五歳に達した日以後の日において雇用されている者‥‥を除く。)

65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)までに離職したとき、
65歳に達した日(65歳の誕生日の当日)に再就職した場合でも、
雇用保険の被保険者とはなれません。
これが、ご質問の(3)の答えで、つまり「ほんとう」です。
雇用保険法第6条第1項による定めです。

言い替えますと、既に説明させていただいたとおり、
65歳に達したとしても離職せず、
引き続き同一事業主に雇用され続ける、ということが必要です。
そうすれば、65歳以降の離職であっても、
少なくとも、基本手当に相当する高年齢求職者給付金を受けられます。

誤りのないように十分留意しながら記したつもりではありますが、
詳細については、必ず、ハローワークにお問い合わせ下さい。
 

ポイントは以下のとおりです。

A.
65歳に達する日(65歳の誕生日の前日)の前日、
すなわち、65歳の誕生日の2日前までに離職したときに限って、
雇用保険の基本手当(いわゆる失業保険)を受けられる。
このとき、特別支給の老齢厚生年金との間で併給調整が行なわれ、
原則として、特別支給の老齢厚生年金は支給停止となる。

(注)特別支給の老齢厚生年金
60歳以上65歳未満の間に受けられる、特例的な老齢年金。
本来の老齢厚生年金(65歳以降)とは別物。

B.
65歳に達する日(65歳の誕...続きを読む

Q雇用保険のみ加入している会社。

とても好きなお店(アパレル)があり、そこが求人募集をしているのでスタッフとして働きたいのですが、そこの会社は小さな会社らしく、雇用保険のみついていて、社会保険が完備されていないそうです。

小さな会社とは言えど店舗はいくつかあり(分かるだけでも4店舗はあります)、正社員として働いている方もいるようなのですが、もしこの会社に入ったとして、この先も社会保険をつけてもらうようにすることは出来ないのでしょうか?

とても好きなお店なので、出来ればここで働きたいのですが、私的事情で社会保険が付いていないとちょっと困るのです。

解答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

「個人会社、5人以上従業員、販売店」は強制適用です。(つけてもらうようにする)というよりも、つけていない現状は法に違反しているということです。
財務状態はわからないと思いますが、おそらく業界の常識として法違反が普通という認識ではないかと思われますので、なかなか厄介です。(こうした業界が全体の保険料を押し上げているわけです。)
国保料はおそらく健保よりも高く、国年よりも厚年がお得、業界ではほとんど入っていないので社員の定着は見込めるという経営的な見方からの説得がまず一つ。ただしその逆として、雇用保険だけ入っているということはおそらく早い回転での人員の入れ替えを想定していると思われます。つまり、半年から1年程度働いてもらうつもりで雇っているため、定着してもらうと困るという考え。
なお、社会保険料、残業代、有休などは、経営の予算にすら計上されていないところがほとんどで、経営の計算ミスを認めるのがただ嫌ということもあります。零細業者の場合は、計画なしで開業していますし。

社長がケガをしたときとかがいい機会なのですが‥。

Q65歳以上の雇用保険加入について

社員から役員(登記簿記載)になり雇用保険加入をやめた者が、66歳で役員を降りたのですが、再び加入することはできますか?

原則65歳以上での新規加入はできないことになっていますが、「65歳以前から雇用されていて65歳以後も引き続き雇用されているもの」は加入できるみたいですが、今回のケースはこれにあてはまりますか?登記簿上の役員は「雇用されているもの」ではないので該当しないのでしょうか。勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。

Aベストアンサー

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも書いてあるが、ご質問文には、『勤務形態は、65歳以前も以後も(役員の間も)フルタイムの社員です。』とあるので、日雇い労働被保険者(法第42条~)や短期雇用特例被保険者(法第38条~)に該当しない
4 よって、被保険者適用の余地が無い。

今後の対策
内規で、株主総会開催日から1年以内に65歳の誕生日を迎える者は、役員を自主的に退任する事とするとよい。当然に、役員退任後は労働者としての雇用実績は必要です。

尚、↓に書くような認定ケースも無いとは言い切れないので、納得できないのであれば、職安窓口と交渉してください。
◎非常にイレギュラーなケース
登記上は役員だか、実態としては経営者や役付き役員の管理下で労働をしており、労働者としての面しか持たない「平取締役」であり、役員報酬も貰っていないのであれば、職安に届ける事で被保険者資格を最長2年前に遡って認めてもらえる事もある。
その場合には、法第6条第1項但し書きの適用の余地はある。

結論
無理です。

理由
1 法第6条第1項本文により、65歳以上の者は「一般被保険者」にはなれない。 
2 お尋ねの『65歳以前から雇用されていて65歳以後も・・』は、法第6条第1項但し書きの一部分ですが、これは「高年齢継続被保険者」になるための部分。そして、『65歳以前から』とは「過去に被保険者であったもの」では無く、「65歳到達の前日に於いて雇用保険被保険者であった者」の事なので、今回の方には但し書きのこの部分は適用されない。
3 法第6条第1項但し書きには、上記以外にも...続きを読む

Q厚生年金加入、社会保険未加入会社

主人が今就職しようか悩んでいる会社があります。
条件的には問題がなく、会社としても将来性がありのびている事業のようです。
従業員数は40人程で、そのうち社員は15名程です。が・・・
厚生年金には加入しているが、社会保険には未加入なので国民健康保険に個人で加入しなければいけないとの事でした。
ちょっと不思議に思いネット検索で調べてみたところ、
厚生年金と社会保険はセットで加入しなければいけないような事が書いてありました。
会社になぜ社会保険だけ未加入なのか聞いた話では、「入れなかった」とのこと。なぜ入れなかったのかまではわかりません。
こういった会社に就職するのはかなり不安があります。
社会保険だけ未加入なんてことは本当にあるのでしょうか?

Aベストアンサー

専門家ではないのですが回答がまだないようなので。

これは本当でしょうか。私自身このような話は聞いたことがありません。「入れなかった」とのことなので健康保険は政府管掌のところだと思います。

社会保険は強制加入のようですが実際には社会保険事務所が加入審査をします。そして保険料の納付が危うそうな会社は入れてもらえません。ですが片方だけというのはあまり考えられないです。

会社の管轄の社会保険事務所に聞いて確認したほうがいいでしょう。
もしかすると社員から”国民年金”のお金を徴収し会社が代理納入をするだけかも。

Q65歳以上70歳未満の医療費窓口負担

こんにちは。65歳以上74歳未満の方を前期高齢者と呼ぶそうですが、
これらの年齢の方々のうち、65歳以上70歳未満の方々の医療費窓口負担はどれぐれいでしょうか?

たしか2002年から70歳以上が一割負担、それ以下は三割負担
だったと思います。現在、後期高齢者制度のもと、75歳上が
1割、70歳以上74歳未満の方は2010年3月まで一割負担と聞きました。

65歳から70歳未満の方は3割ですか?どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

65歳以上70歳未満の方の窓口負担は3割です。

70歳以上になると保険証とは別に高齢受給者証というのが渡され、負担割合はそこに書かれています。
現役並みの収入がある方は3割負担、それ以外の方は1割負担(2010年4月以降は2割になる予定)です。

Q雇用保険被保険者証をなくしてもトライアル雇用の手続きができるでしょうか?

就職できましたが、そこの事業所はトライアル雇用でした。私もなっとくして、入ったのですが、その事業所から雇用保険被保険者証をもってきてほしいと言われました。でも私はその書類をなくしてしまいました。その書類がなくてもトライアル雇用の手続きができるでしょうか?
みなさま、宜しくお願いします。
(ちなみに雇用保険受給資格者証は持っているのですが、それでは対応できませんか)

Aベストアンサー

ハローワークに行かれて、雇用保険被保険者証の再発行を申請すれば、すぐ発行してくれます
事業所で、被保険者番号がわかれば良いのなら、雇用保険受給資格者証に記載されている、被保険者番号を伝えればよろしいかと(事業所次第ですが)

Q65歳以上失業保険と厚生年金同時にもらえますか

失業保険がもらえるのでしょうか?
減竿65歳ですでに年金をもらいながらパートで働いています4月の契約更新で更新が出来ないと言われました。
65歳までは失業保険をもらうと年金が停止されるとの事ですが65歳以上でも同じでしょうか?
そして半年ほど前から失業保険料が給与より引かれていません、厚生年金は引かれています。

Aベストアンサー

・65才以上で退職された場合は、失業給付は受給できませんが
 高年齢求職者給付金が一時金として支給されます
 その場合、老齢厚生年金は通常通り支給されます
・高年齢求職者給付金の支給については、下記を参照して下さい
http://tt110.net/13koyou2/P2-kourei-kyuusyoku.htm

Q社会保険未加入の会社

私は今はアルバイトで働きながら、ある職業を目指して就職活動を続けてきました。
先日、希望の職種で、とある会社から内定を頂いたのですが、社会保険未加入の会社でした。
社員は20人以上いるので、社会保険への加入は義務ですよね。
この場合、就職はしないほうがいいのでしょうか。
ただ、今現在もアルバイトなので、それと同じと思えば経験を積めると思えばいいかな、と思うのですが。。
サイトなどで、損得を調べましたが、失業保険がもらえない、社会保険に加入していないようが会社は金銭的にぎりぎりだから経営も危ない・・・などと書かれていて不安になりました。
でも、今もアルバイトなので、その延長のつもりで働いたほうがいいのか・・・と非常に迷っています。
みなさんのご意見を聞かせていただけないでしょうか。
お願いします。

Aベストアンサー

社会保険事務所の立ち入りがあるとやっかいですよ。
もしちゃんと国民保険、国民年金を払ってる人ならいいけど、
そうでない人はさかのぼって払え、ってなるし、
いま、独身で関係ないかもしれないけど
妊娠したり、出産したりのときの手当てもまるでちがいますよ。
国民保険国民年金を全部自分で払うと月30000は行かなくてもけっこうかかりますよね・・・。
失業保険がついてるのとそうでないのではえらい違いですよ。
もし退職後職業訓練校へ行こうとか思ったときも、
受給延長できますし・・・。
社会保険がきちんとしてない会社は例え大きい会社でも
私はやめたほうがいいと思います。
すぐに結婚して扶養に入るからそれまでは国保でいいや、
というなら別ですが・・・。


人気Q&Aランキング