医療関係の職場ですが、時々、保険が、生保と、なっている方がおられます。
実際、生保の対象となる条件などいろいろとご存知の方 教えてくださいませんかよろしくお願いします。 

A 回答 (1件)

生活保護法の規定により認定され生活保護を受けている方が医療を受ける場合、支払いが生保になります。


下記に参考URLを挙げておきます。
ちなみに、私は医師です。

参考URL:http://www1.ocn.ne.jp/~taki2000/kooteki09.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の、ご回答を、ありがとうございました。また参考URLを、教えてくださり
いろいろと勉強になりました。

お礼日時:2001/03/10 18:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q不育症管理入院は高額医療or医療費控除の対象??

こんにちは。昨年から今年にかけて不育症の検査および治療を行なっています。主人はサラリーマンで、私は昨年退職したため現在は主人の扶養に入ってます。

ところで、現在の治療方針でおそらく次回の妊娠では初期に管理入院をします。費用としては30万くらいかかると思われます。またそれとは別に自費の注射などもする場合は月額数万プラスでかかります。

そこで、高額医療や医療費控除について検索したのですが不明な点があるためご存知のかた、経験者のかたにアドバイス頂ければと思います。

■昨年は自費、保険きくもの合わせて年間で30万くらい(妊娠検査も含む。不育症検査については交通費もいれるともっといきます。)かかってます。
→(医)医療控除は確定申告の時期にするとのことなので、去年分についてはもう既に遅いということでしょうか?
→(高)高額医療は保険適応の医療費が月額10万以上とのことなので、対象にならないと考えていいですよね?(月額では10万越したことはないと思います。)

■上記の管理入院はおそらく今年になると思います。
→(医)現在入っている共済から半額くらいはおりそうです。(多分)その場合、例えば入院費用30万の場合、15万円が医療費控除の対象となることでしょうか?これについては来年の春に申告するのですか?それともサラリーマンなので年末調整のときに申告でしょうか?
→(高)共済適用分をマイナスした金額が15万とすると、だいたい7万くらいは戻ってくると考えていていいでしょうか?因みに交通費だけで往復4万くらいするのですが、これは高額医療の対象にはならないのですよね・・・?

色々と申し訳ございませんが、わかる範囲で結構なのでアドバイスいただけたらと思います。

こんにちは。昨年から今年にかけて不育症の検査および治療を行なっています。主人はサラリーマンで、私は昨年退職したため現在は主人の扶養に入ってます。

ところで、現在の治療方針でおそらく次回の妊娠では初期に管理入院をします。費用としては30万くらいかかると思われます。またそれとは別に自費の注射などもする場合は月額数万プラスでかかります。

そこで、高額医療や医療費控除について検索したのですが不明な点があるためご存知のかた、経験者のかたにアドバイス頂ければと思います。

■昨年は自...続きを読む

Aベストアンサー

http://www.enjoy.ne.jp/~h.simizu/
よいサイトなので見て、検討してください。

医療費控除は年間の総額が10万円を超えたときに意味をなしてきます。
昨年の分は前回の確定申告時の対象でしょうね。
本年度分は領収書をきちんと保管しておいてください。また、交通費もその申告の対象となります。くれぐれも領収書をもらうようにしてください。

年間に医療費・出産費が100万かかり、交通費に10万かかったとします。30万を出産一時金としてもらい、入っておられる医療保険などで40万受け取ったとしたら、医療費控除の申告の対象は100万+10万-30万-40万で40万円が対象となり、そこから一定の税率が掛けられて還付額が決められるようです。あくまでも支払った税金の還付なので、天引きされている税金額を上回ることはないと思ってください。

Q医療費控除で生命保険対象以外での医療費の相殺

本年入院手術を受け14万円ほど支払いましたが、このときの生命保険給付(入院費+手術費)が結構沢山出ました。しかしこのときの入院以外に行った検査、投薬、保険対象外の検査入院で10万円を超えます。
そこで教えていただきたいのは
手術をした病気での、外来における検査や投薬料は手術時に受け取った生命保険給付で相殺しなければいけないのでしょうかという事です。
検査費用その他でかかった費用がもし控除できるものならしたいと思います。

Aベストアンサー

>外来における検査や投薬料は手術時に受け取った生命保険給付で相殺…

その保険金が、お書きの(入院費+手術費)のみを給付対象にしているのなら、余りが出ても外来分と相殺する必要はありません。

一つの病気全体を給付対象にしているのなら、外来分も含めて考えないといけません。

------------------------------------------------
(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1120.htm
------------------------------------------------

税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。
http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

Q【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。 医療費控除って何ですか? 医療費控除を適用さ

【医療費控除】レーシック手術は医療費控除が適用される。

医療費控除って何ですか?

医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?

Aベストアンサー

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費控除の「セフルメディケーション税制」がはじまります。市販薬の購入費に限定した医療費控除です。 いままでは医療費の合計が年間「10万円」、または「所得の5%」(所得が2百万円未満の場合)という足切りラインがあり、その額を超えないと使えませんでした。
※たとえば所得が100万円の方であれば、医療費が5万円を超えなければ医療費控除を適用できません。
これに対しセルフメディケーション税制では、足切りラインが年間「1万2千円」と低めに設定されていますので、対象医薬品(パッケージに「セルフメディケーション 税 控除対象」というマーク(共通識別マークがあったり店頭で対象かどうか確かめてOKとなったもの)のレシートを取っておけばいいのです。
ただし、この税制では
(1)インフルエンザなどの予防接種、
(2)定期健康診断、
(3)特定健康診査(メタボ健診)、
(4)人間ドッグやがん検診(市町村・健保組合等が実施)
などのうち、いずれか一つを受けていることが大前提の条件です。つまりレシート+これらどれかの領収書を合わせて提出することで所得税の控除対象となります。

>医療費控除って何ですか?
医療費控除とはかかった医療費の一部を税金(所得税)から控除することです。

>医療費控除を適用させるには何をしたら何が得になって返ってきますか?
1.医療費控除は確定申告をしなければいけません。
2.自分や家族のために支払った医療費等の実質負担額が、年間(1~12月)10万円(所得金額が200万円未満の人は「所得金額×5%」の額)を超えた場合、その超えた金額をその年の所得から差し引くことができます。
3. 控除できる金額の上限は200万円です。
4.2017年から新しい医療費...続きを読む

Q医療現場での実際の雰囲気について

医学部の大学生の女です。
体育会系のノリは少し苦手な、ニコニコ大人しいタイプです。
将来病院に勤めだしてからの人間関係について不安に思っていることがあり、質問させていただきました。


私の大学の医学部の文化祭ステージでは、女の子たちが露出の激しい衣装で踊るような出し物が多いです。
そして、スカートをめくって下着を見せてアピールしたり、司会の人が胸を触ったりして会場を盛り上げています。
会場では、ステージ衣装で歩いている子は、知り合いに胸をさわられたり、服の中に手を入れられたりしてはしゃいでいます。

また、私は他学部の仲の良い友人との飲み会は静かに語り合っている事が多いのですが、クラスメイトと雑談している時にそのことを話すと、「脱がない飲み会の何が楽しいの?」と言われてびっくりしてしまいました。

さらに、病院で働いている知り合いの知り合いから聞いた話なのですが、
その方の部署では飲み会では皆半裸か全裸で、一線を越える一歩手前くらいまで乱れており、飲み会が終わった後は気に入った相手(既婚者も含む)とホテルに行って続きを楽しむらしく、話を聞いてドン引きしてしまいました。


今私は医療を学ぶことが楽しく、若干クラスで浮いていますが気にせず勉強に励んでいます。
部活の飲み会は盛んみたいですがクラスの飲み会はほとんどないので、気にしなければ周りの性の乱れもあまり実害はありません。
ですが、病院で勤め始めるとなると飲み会には参加しないといけなくなると思います。
病院は上下関係の激しい体育会系のノリ、という一般的な噂も良く聞くのでちゃんとやっていけるか不安です。

そこで、病院で働いている方から実際の病院の雰囲気を教えていただきたいです。
また、総合病院・大学病院・個人病院等での雰囲気の違いがあれば知りたいです。
よろしくお願いいたします。

医学部の大学生の女です。
体育会系のノリは少し苦手な、ニコニコ大人しいタイプです。
将来病院に勤めだしてからの人間関係について不安に思っていることがあり、質問させていただきました。


私の大学の医学部の文化祭ステージでは、女の子たちが露出の激しい衣装で踊るような出し物が多いです。
そして、スカートをめくって下着を見せてアピールしたり、司会の人が胸を触ったりして会場を盛り上げています。
会場では、ステージ衣装で歩いている子は、知り合いに胸をさわられたり、服の中に手を入れら...続きを読む

Aベストアンサー

総合病院で働いています。

私は会社員も経験していますが、少なくとも私の働いている病院は職場の雰囲気は普通の企業と変わりありません。
飲み会で乱れるという事も私の知る限りありません。
私が仕事上接するのは看護師さんが主ですが、体育会系のノリは感じます。
ただし、いい意味で、です。
過度の上下関係の厳しさや理不尽さ、シゴキの様なものなど、
誤解が多分に入った体育会系のノリではありません。
仕事の面で時には厳しく指導する事もありますが、
プライベートでは先輩後輩関係なく楽しくやっているようです。
おそらく、医師やその他の専門職も同じような感じだと思います。
ただ最近は仕事の面でもナアナアになっていい意味での体育会系のノリも薄まってきた気がします。
大学病院はもっと厳しいと聞きます。
ただしこれも仕事の面であり、仕事に対するプロ意識の強さの現れです。
No.2の方や世間一般でも指摘される事が多いようにプロ意識が悪い方向に出る事も事実ですが。

質問文の前半部分に関しては、
ハメを外す事に関してはどの世界でも昔もあったでしょうし、
特殊例をみてこれが一般例だとは思いませんが、
こういう人間が医療業界に入って来るのかと思うと非常に不愉快です。
医師、看護師とも尊敬する部分はありますが、
「一般の社会とは少し常識がずれているのでは?」と感じる事もあります。
これは医療業界が、という事ではなく、最近の若者は、という事なのかもしれません。

少なくとも質問者さんがこういう部類の人間ではない事は幸いです。
医療はやりがいのあるすばらしい仕事だと思います。
知識や技術だけでなく、広い意味で「人を観る」、という事が医療の本質です。
周りに流される事無く、学生である今の時点から、人間を観る目を十分に養ってほしいと思います。

総合病院で働いています。

私は会社員も経験していますが、少なくとも私の働いている病院は職場の雰囲気は普通の企業と変わりありません。
飲み会で乱れるという事も私の知る限りありません。
私が仕事上接するのは看護師さんが主ですが、体育会系のノリは感じます。
ただし、いい意味で、です。
過度の上下関係の厳しさや理不尽さ、シゴキの様なものなど、
誤解が多分に入った体育会系のノリではありません。
仕事の面で時には厳しく指導する事もありますが、
プライベートでは先輩後輩関係なく楽しくやっている...続きを読む

Q高額医療費って実際はいくら負担するのか。

高額治療費の窓口負担の制度が今度の4月から変更になると聞きました。その前に、初歩的な事なのですが、主人が事故(加害者なしの自損事故)で手術をして入院する為に概ね70万かかると予定して定期も解約していたのですが、実際に支払う額というのは月の限度額内の金額だけで良いのでしょうか。
傷害保険に加入していたので後からお金が入ってくるしと思ってはいたものの、大きな出費に頭悩ませていたのですが。本当に初歩的な事ですみませんが、「組合健保に加入しているサラリーマン(社会保険)で、3割負担の70万の入院費を支払うとした場合、本当に支払い額は減額(申請によって後ほど還付も含む)されるというのは本当でしょうか。年収にもよるのでしょうが、一般的なサラリーマンとして、実際に支払うべき金額っていくらなんでしょう。

Aベストアンサー

4月からの改正は知りませんでした。
市町村によっては、事前に実施しているところがあるので以外でしたね。

標準報酬月額53万円以下の一般的収入のサラリーマンの場合は、

8万100円+(医療費-26万7千円)×1%=自己負担額
*特別病室代、入院時の食費は別です。

4月からの改正は、「限定額適用認定証」を所属の健康保険団体(国保・健保組合・政府管掌健保など)から貰い、入院時に出していれば自己負担額を超える分支払わなくていいという制度です。

それまでは、支払った後に所属している健康保険団体に自己負担額を超える分を請求していたわけです。
それでも、お金がない人のために融資制度もあります。立て替える訳ですからね。

よく、所得税の医療費控除と勘違いする人もいますが、趣旨が全然違います。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報