開業に伴い、コピー機・コンピューター・ネットワーク関係の機材等を、合計およそ120万円で購入しました。
リースではありません。
クレジット会社と60回払いの契約をむすび、その手数料が約30万円です。

今月、銀行から第1回目の費用約28000円が引き落とされました。

この一連の流れをどのように記入すればいいのでしょうか。
また、今後の記入方法はどのようになるのでしょう。


開業したてで、しかも、会計に関する知識も不足しております。
どうか、基本からご指導ください。

なお、会計ソフトは、「やよい」を使用しております。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 poipoi1960さん こんばんは



 補足を読ませて頂きました。

 今回の資産等の内容の中でまず問題は「複合機」だと思います。「複合機」をコピー機と考えた場合減価償却表(http://www.geocities.jp/igamih/page018.htmlの別表第一の「その他の事務機器」参照)で5年になるかと思います。しかし「複合機」をプリンターと考えた場合は、一般のPCの付属物と考えられサーバー以外のPCに当たり4年になるかと思います。その点をどう考えるかは、poipoi1960さん次第です。一般に減価償却表上でどれに当たるか解からない場合(数種類該当しそうな物が有る場合)の償却年数は、焼却年数の一番長い年数を選択しますから、私なら5年処理すると思います。
 それ以外の備品については、本来なら個別に分けるのが一番適切な処理なのかもしれませんが、一括りにして「PC一式」と言える内容ですから「PC一式」と言う事で宜しいかと思います。(減価償却年数 4年)ですから帳簿上の資産としては「複合機」の約65万円と「PC一式」の約55万円と言う事でスタートされたらどうでしょうか???

 月額支払の約25000円付いては分割手数料約29万円を含めた総額約150万円に対しての支払額でしょうから、「複合機」の約65万円と「PC一式」の約55万円の購入時の価格と分割手数料約29万円で按分した金額で、それぞれに「未払い金」で処理して下さい。あい方の科目は、2種類の資産については「器具備品」、分割手数料については「支払手数料」が当たります。

 法人・個人の件についてですけど、基本的には何も変わりありません。これだけの機器を購入しないとならない事業を営む訳ですから、将来売上が上がったら法人化も視野に入れての事業なんだろうと思います。とすれば当然の様に青色申告の手続きはされているハズですから、この場合は法人・個人の差はほとんどないと考えて良いですね。

 会計ソフトに「やよい」をお使いだとの事ですが、購入価格が1万円との事ですから「やよいの青色申告」なんだろうと想像します。私自身「弥生の会計」は使っているのですが、「やよいの青色申告」は使った事がないので詳しくは解かりません。「弥生の会計」の例からすれば、たぶん減価償却しないとならない資産については、登録する部分が有って(この登録は帳簿上の登録とは別の確定申告書の償却資産を打ち出すのに必要です)きちんと登録さえすれば、確定申告書の償却資産の部分も打ち出す事が出来ます。と言う処理をする機能が有るだろうと想像します。ですからそう言うこまごました登録も忘れないで行ってください。(もちろんそういう機能が有ればの話です。)

 以上何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変、詳しくご指導いただきありがとうございました。

複合機についてはコピー機とし、5年処理を行います。
また、その他は、PC一式と判断します。

申告については、青色申告の手続きを終了しています。

会計ソフトの件ですが、ご想像のとおり、「やよいの青色申告」でした。
これも、まだまだ十分ではないのですが、毎日、データの更新を心がけています。
しかし、機能はもちろん、使い方も十分にマスターしておりません。
登録など、また、別途勉強して取り組みたいと思います。

本当に初心者の質問に、わかりやすく、しかも具体的に動けるような回答を寄せていただきありがとうございました。
また、何かのご縁で、私のつたない疑問が目にとまりましたら、ご指導、よろしくお願いします。

本当にありがとうございました。

お礼日時:2009/06/03 14:57

 poipoi1960さん こんばんは



 コピー機・コンピューター・ネットワーク関係の機材等と言う表現ではなくて 個々に幾らなのか教えて頂けませんでしょうか??事業を始めるためには、その事業に使う色々な道具類を購入しますよね。この道具類の事を簿記用語では「資産」と言います。この「資産」は値段によって帳簿上の扱い方が違うんです。

 資産の価格が~10万円の場合は、毎月の電気代・電話代等と同様に一括償却(つまり経費として支払うのと同様の処理をします))です。10万円~20万円の場合は、一括償却か減価償却(その資産価値を帳簿上に載せ、使った期間に似合うだけ徐々に価値を減らす方法)するかの選択です。20万円~は、減価償却します。ですから、そして減価償却する場合の償却期間は、資産の種類によって違います。ちなみにコピー機は5年・一般のPCは4年・サーバー関係のコンピューターは5年で償却します。仮にコピー機25万円・一般のPC一式30万円・サーバーコンピューター一式65万円で購入した場合は全て減価償却資産になり、コピー機8万円・一般PC一式32万円・サーバーコンピューター80万円で購入した場合はコピー機は一括償却でそれ以外の二品は減価償却資産になります。この様に個々の購入時の値段が解からないとどう言う処理をすれば良いかが解からない(違ってくる)と言う事になります。

 次にローンでの購入ですけど、実際は資産価値のある物を持っていてもそれに対しての支払は終わってない訳です。この場合「未払い金」と言う科目で処理します。仮に25万円でコピー機(コピー機は「器具備品」と言う科目を仮に付けたとします)をローン購入した場合は、「器具備品 25万円/未払い金 25万円」と言う仕分けをします。仮にこのコピー機の毎月のローン支払いが1万円と仮定したら、毎月支払うごとにローン残高が1万円づつ減るので「未払い金 1万円/普通預金(または 当座預金) 1万円」と言う仕分けをします。(現金払いではなくて、銀行からの引き落としなので)後の一般PCやサーバーコンピューターも同様の方法で処理します。
 今回のローンでの購入は、たぶん一軒のショップで一括購入で一括ローンを組まれたんだろうと想像します。ですから個々の機器に対するローン支払い額は本来解からないと思います。その点は、購入時の購入価格で一回のトーン支払額を案分して個々の機器に対する支払額を出します。

 以上の方法で帳簿上にも資産として載せないとならない場合の処理から毎月のローン支払いまでの処理は出来ます。これをそのまま振替伝票に記載(入力)すればいいのです。

 もし個々の価格が10万円以下で一括償却する場合は、上記では資産計上する目的でコピー機を「器具備品」と言う科目を使いましたけど、一括償却用の「事務用品費」等の科目に置き換えれば良いのです。そうすれば10万円以下の価格でローン購入した物は、帳簿上一括償却処理になり資産計上されません。

 後は、poipoi1960さんの会社の期末の決算時に減価償却する事は忘れないでくださいね。減価焼却についてはまたの機会と言う事で・・・。

 以上何かの参考になれば幸いです。

この回答への補足

ここまで、細かくご指導いただくなんて、恐縮です。
しかも、ご返信が遅くなりました。
かさねがさねの失礼、お許しください。

さて、ご指摘の件ですが、およその金額で、以下のようになります。

  購入相手先:大手事務機器メーカー
  内訳とおよその金額
    ●購入製品金額
      ○複合機(コピー・FAX等)…約65万円
      ○複合機備品      …約4万円
      ○社内ネットワーク機材 …約18万円
      ○コンピューター    …約9万円
      ○コンピューター備品  …約2万円
      ○ディスプレイ     …約3万円
      ○ウイルス対策ソフト  …約3000円
      ○会計ソフト      …約1万円
      ○無線LANルーター    …約1万円
    ◆搬入・設置等
      ◇搬入         …約2万円
      ◇設置作業料      …約2万円
      ◇訪問基本料      …約1万円
      ◇PC導入サービス    …約2万円
      ◇LAN設定        …約3万円
      ◇ネットワーク設置   …約8万円

  クレジット契約先:大手クレジット会社
  商品  ■複合機  …数量 1
  現金価格      …約120万円
  分割手数料     …約29万円
  支払い額      …約150万円

以上が内容です。
なお、クレジット会社の書類には、「複合機」としか記載されておりません。


それから、ご回答を読ませていただいて気付いたのですが、私は、個人事業主として事業を立ち上げています。
そういった点でも、違いがあるかと思うのですが、いかがでしょうか。


ご回答いただいた内容から判断すると、
  10万以下のものは、経費として一括償却する。
     資産計上するときは「器具備品」とし、しないときは「事務用品費」
  20万以上のものは、償却期間を調べ、減価償却する。
  その間にあるものは、どちらか選択するということですね。

また、ローンについては、月々約25000円の支払いなのですが、それを、購入費用に応じて分け、支払い額を出して入力する。

こういった理解でよろしいでしょうか。

資産とするのか、減価償却するほうがいいのという点については、別の機会に改めることにします。


お忙しいと思いますが、よろしくお願いします。

補足日時:2009/05/29 22:20
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QS-ATA切替器

S-ATA切替器

教えてください。
S-ATA接続の機器を複数台切り替えて使用したいのですが、ネットで探したところAVセレクターやUSB切替器やモニター切替器等は見付かるのですが、S-ATA切替器は見付かりませんでした。

そもそもスイッチで切り替えるS-ATA切替器というものは存在しないのでしょうか?
ご存知の方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>スイッチで切り替えるS-ATA切替器というものは存在しないのでしょうか?

パソコンの再起動無しで使えるSATA切替器というのは現在は無いと思います。SATA接続の機器というのはUSB接続の機器のようにつなぎ変えれば使えるというほど単純なものではありません。パソコンの再起動無しでつなぎ変えるためにはホットスワップという機能に対応している必要がありますし、仮に対応していても製品の相性によっては動作しないこともあります。

ちなみに、すでに販売終了していますが過去には3.5インチベイ内蔵型のSATA切替器が存在しました。HDD用として発売されていましたが、SATA機器なら基本的に使えたはずです。また、マザーボードなどのSATAポートとSATA機器が両方ともホットスワップに対応していればパソコンの再起動なしでの切り替えも可能でした。ただ、あまりにも需要が無いパーツだから他のメーカーもほぼ作ってないし、後継モデルも出ていないみたいですね。一応、その切替器が登場したときの紹介ページのアドレスを載せておきます。

http://akiba-pc.watch.impress.co.jp/hotline/20080719/etc_deca.html

なお、他メーカーの某製品は再起動なしでの使用が可能か不明だし、需要が無いから受注生産のみ、値段も非公開と一般向けとは言い難いものだけですね。製造元も中国のメーカーだから手作業でも生産だと思いますし、信頼の面でちょっと。

>スイッチで切り替えるS-ATA切替器というものは存在しないのでしょうか?

パソコンの再起動無しで使えるSATA切替器というのは現在は無いと思います。SATA接続の機器というのはUSB接続の機器のようにつなぎ変えれば使えるというほど単純なものではありません。パソコンの再起動無しでつなぎ変えるためにはホットスワップという機能に対応している必要がありますし、仮に対応していても製品の相性によっては動作しないこともあります。

ちなみに、すでに販売終了していますが過去には3.5インチベイ内蔵型のSATA切...続きを読む

Q「やよい会計」「やよいの青色申告」に詳しい方

毎年「やよいの青色申告」を使って、確定申告をしています。
今回、ソフトの操作のことでお聞きしたいことがあります。
弥生には、「操作サポート」に電話して聞こうとしましたが、「やよいの青色申告の無料導入サポートでは利用できない」と言われ、聞けませんでした。
ですので、もし詳しい方がいたら、こちらで教え頂ければ・・と思い質問させてください。


減価償却費の画面操作のことでです。

減価償却費は毎年ソフトが自動で計算してくれて、翌年に更新もしてくれるので非常に助かっているのですが、一応おかしくないかざっと確認はしています。
毎年おかしいところはなかったのですが、今年は、おかしなところが複数あるのです。



その1・・・ 「償却率」が去年と変わってしまっているものがある

全部ではないのですが、一部償却率が勝手に変わってしまってます。
「0.25」で登録してあり、去年までずっと0.25で載ってきてたし計算もそれでされていました。念のため去年のデータももう一度見てみましたが、ちゃんと0.25です。
それをきちんと翌年度に更新したのに、なぜか今年から0.20になってしまってます。
変更した覚えはありません。
直せばいいやと、編集画面を開きましたが、償却率のところは色がグレーになってて変更できないようになっています。

なぜ変わってしまったのでしょう? どうしたら直せるのでしょうか?
数値がおかしくなってしまうので、直したいです。





その2・・・・ 「本年分の普通償却費」の計算があわない

この箇所は、
(ロ)償却の基礎になる金額×(ハ)償却率×(ニ)本年中の償却期間=で算出できますが、
1件だけ合わないのです(>_<)

実際の数字ですが、

(ロ) 1,500,000
(ハ)0.25
(ニ)1 *12カ月なので、

計算すれば375,000になるはずなのに、324,999になってるんです。

なんでこんな数字になってるのか意味不明です。
ですが、直し方が分りません。
編集画面じゃないし、 どうなおすのでしょう?
分かる方いますか?

これって、ソフトの異常なんでしょうか?
購入してから、4年ですが・・・・

こんなこと初めてで混乱してます。どう直せばよいのでしょうか・・・>_<

毎年「やよいの青色申告」を使って、確定申告をしています。
今回、ソフトの操作のことでお聞きしたいことがあります。
弥生には、「操作サポート」に電話して聞こうとしましたが、「やよいの青色申告の無料導入サポートでは利用できない」と言われ、聞けませんでした。
ですので、もし詳しい方がいたら、こちらで教え頂ければ・・と思い質問させてください。


減価償却費の画面操作のことでです。

減価償却費は毎年ソフトが自動で計算してくれて、翌年に更新もしてくれるので非常に助かっているのですが、一応...続きを読む

Aベストアンサー

おそらく弥生会計ソフトは正しい計算をしていると思います。

平成19年4月以降適用される減価償却制度では、それ以前に取得された資産については
(a)未償却額が残存価額(取得価額の5%)に到達する年には、
期首未償却額-取得価額の5%相当額=当期減価償却額 となります。
(b)その翌年以降の5年間は、その5%相当額を5年間で均等償却します。(ただし、最後は帳簿価額1円を残す。)

ご質問のその1は上記の(b)に該当しているのではないでしょうか。5年間均等償却ですから償却率が0.2に変わったものと思われます。

ご質問その2は、平成19年4月以降に取得された資産で期首の帳簿価額が325,000円になっていませんか。帳簿価額を超えて償却することはできません。なお、最後に1円残すためその金額になります。

以上、外れているかも知れませんが、お書きの情報からの推定です。

QHDMI 切替機の2股(2組)使用で映像・音声データが損失?

HDMI 切替機を2台使って2台の液晶モニターをやり繰りしています。
デバイス5台を繋げた切替機とデバイス1台のHDMIケーブルを2股切替機に繋いで、
2股切替機で23インチのモニターに繋ぐか21インチのモニターに繋ぐか振り分けています。
現在、視聴中にモニターに何も映らなくなったり音も聞こえなくなる事があります。
当然ですが、HDMIのケーブル長が伸び切替機を2台噛ましているので信号が減衰するのは当たり前のようですが、不具合解消策はないでしょうか?
HDMIケーブルを出来るだけ短い物(30cm-50cm)に変えようかと思っていますが、
切替機2台使用の場合、意味が無いでしょうか?
メーカーで聞いたことですが、本件とは違う話でオプティカルの切替機の場合、切替機を2台連結した時点で使えなくなるそうです。(信号が減衰して伝わらなくなる。)
HDMI も同様に2台併用は駄目でしょうか?
経験者の方か詳しい方、教えて下さい。

Aベストアンサー

幾つか問題があります。

二股はダメです。HDMIは1対1の設計になっていますので、切替機を使用してもソースとシンクは1対1になるように接続してください。
ソース1対シンク8とかのリピーターはありますが、同じ物をリピーターが同時出力し、ソースから見た場合にリピーターがEDIDとHDCPを返して1台と見せかけているものです。5対2のように、多対多はできません。

HDMIは著作権保護コンテンツ(DVDやデジタル方法)を映し出す前に、ソースデバイスから、シンクデバイスがHDCPに対応しているかの情報を取ります。二股を使用すると、2台のモニターから情報が返ってきますので、不正コピーとみなして送出しません。映像再生途中で他のシンクデバイスが見つかった時も、2台のシンクデバイスに違法コピーしているとの判断で絵も音声も送出を止めます。二股を使うと動かないのが普通です。

23インチと21インチということですが、解像度が違えば、EDID情報も異なりますので、両方のモニターから異なるEDID情報を返されてもソースは動作しません。


現在まがりなりにも動作しているということであれば、ソースがあまり厳密でないものと、普通のものとがあって、特定のソースからの映像が失敗するのではないでしょうか。もしくは、著作権保護のない画面は映るが、著作権保護信号の入った画像に切り替わったとたんに切れるとか。

また、信号自体はTMDS信号ですが、これはノイズに非常に弱いため、ちょっとした信号劣化で復元できなくなります。
ケーブルは短いに越したことはないですが、シールドのしっかりしたもの(ハイスピートの2.0対応のもので太いもの、シールドがしっかりしていると書かれているもの)をお使いください。
HDMIコネクターは挿抜に弱いので抜き差ししてはいけません。一度セットしたらそのままにしてください。映らないからと言って抜き差しして確かめるということはコネクタを劣化させます。
上下の圧力にも弱いので、ケーブルの重みで接触不良することもあります。ケーブルがぶら下がって、コネクタにストレスを与えていないか確かめてください。ラッチやねじ止めができないので、コネクタの接触不良も多く発生しています。
切替機が電子的のものでしたら良いのですが、ボタンを押して切り替えるような物理スイッチのものでしたら、内部の切替機の接点劣化かもしれませんので、切替機を買いなおした方が良いです。

幾つか問題があります。

二股はダメです。HDMIは1対1の設計になっていますので、切替機を使用してもソースとシンクは1対1になるように接続してください。
ソース1対シンク8とかのリピーターはありますが、同じ物をリピーターが同時出力し、ソースから見た場合にリピーターがEDIDとHDCPを返して1台と見せかけているものです。5対2のように、多対多はできません。

HDMIは著作権保護コンテンツ(DVDやデジタル方法)を映し出す前に、ソースデバイスから、シンクデバイスがHDCPに対応しているかの情報を取ります...続きを読む

Q3万円の会計で、2万円と1万円の領収書

5人でレストランに行き、一人6千円のコース料理を食べたとします。
全部で3万円になりますが、この時に支払う側の都合で、2万円の領収書と1万円の領収書に分けて発行してもらうことは可能でしょうか?

可能かどうかというのは、法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

<民法>
領収書分割に関する法令がありません。法の定めがありませんから違法になり
ません。
領収書に関する定めは、民法第四八六条[受取証書の交付請求権]でけです。

<印紙税法>
印紙は課税文書(領収書)に対して課税になるだけであって、課税文書がどの
ような経緯で作成されたかは問題としておりません。
よって分割は法的に何ら問題はありません。

<消費税法>
消費税法第30条第9項
 イ 書類の作成者の氏名又は名称
 ロ 課税資産の譲渡等を行った年月日
 ハ 課税資産の譲渡等に係る資産又は役務の内容
 ニ 課税資産の譲渡等の対価の額
 ホ 書類の交付を受ける当該事業者の氏名又は名称
ただし、金額が3万円以下の場合は、「ホ」は無くてもよい。

この規程は、領収書を受領(支払側)が消費税の仕入れ控除を受ける為に
必要な条項です。よってレストラン側に対しての規程ではありませんから
どのように分割しても不利益はありません。

但し、レストランは領収書を分割しない権利も有しています。
(領収書を分割しなければならない分けではありません)
よって、レストランが分割に応ずれば、何も問題はありません。

>法的に問題ないかということと、領収書分割によってレストラン側が何らかの不利益を被ることがあるのかどうか、という質問です。

<民法>
領収書分割に関する法令がありません。法の定めがありませんから違法になり
ません。
領収書に関する定めは、民法第四八六条[受取証書の交付請求権]でけです。

<印紙税法>
印紙は課税文書(領収書)に対して課税になるだけであって、課税文書がどの
ような経緯で作成されたかは問題としておりません。
よって分割は法的に何ら問題はありません。

<消費税...続きを読む

QHDMI切替器をDVI切替器の代わりとして使えますか?

WUXGA対応のDVI切替器が見つからず困っております。
そこで質問ですが、下記の様にHDMI切替器をDVI切替器の代わりとして使うことは可能でしょうか?
【PC】>DVI-HDMI>【HDMI切替器】>HDMI-DVI>【モニタ】

モニターは三菱のRDT261。PCはすべてDVI-I対応です。

Aベストアンサー

#1の方は原則の話であり、実際は、
http://shop.tsukumo.co.jp/special/070615a/
の様な仕組みを使ってWUXGAまではシングルリンクで対応させている場合があります。
ご使用のディスプレイはドットクロックの仕様が非公開なので上記に該当しているかは判りませんが、付属のDVIケーブルがシングルリンクのDVIケーブルなら、上記の様なUXGA対応のDVI切替器やHDMI切替器で使用可能な可能性が高いです(私自身、別のWUXGAディスプレイでPCとPS3をHDMI切替器で使用していますが、100%保障出来る物ではありません)が、デュアルリンクケーブルが付属なら前記の様な切替器では無理だと思いますので、#1さんの様な物が必要になります。
なお、DVIの端子については下記を参考にして下さい。
http://www.geocities.jp/dvid_direct/main_040.html

Qやよい青色会計でのサーバー代金

やよいの青色会計を試用で使ってみました。

そこで質問なのですが
買掛金に対しては、取引先を指定できるのですが
現金仕入れに対しては、取引先の指定ができません。

サーバー代金になりますので、支払った取引先も記録したいのですが・・・
サーバー代金は買掛金とはなりませんよね?

Aベストアンサー

> 現金仕入れに対しては、取引先の指定ができません。
多分、他の会計ソフトでも同じです。
簿記の起票方法には次の様なモノがあります。
 ・売上に対する相手勘定は全て売掛金に統一し、現金渡しでの
  売上が発生した場合には、「現金/売掛金」の仕訳を売上と
  同時に起こす。
これを仕入れに応用適用すれば、取引先の指定は可能と考えますが、如何でしょうか?
 仕入/買掛金[相手先]
 買掛金[相手先]/現金

QUSB3.0の切替を行いたい

コンピュータ3台、USB機器2~3台あります。
それぞれのUSB機器をコンピュータごとに差し替えるのが面倒で切替が行えたらと思っています。
USBは3.0でなければなりませんが、どうもUSB3.0切替器に3回路以上あるものが見つかりません。

そのため、以下のようなことを考えました。
     Desktop ─┐           ┌ DVDドライブ
Note ─┐       ├ USB切替器 ─ USBハブ ┤
    ├ USB切替器 ─┘           └ KB/USBレシーバ
Mac ─┘

こういったUSB切替器を連続して繋げることは可能なのでしょうか?
また、そういう方法ではなく、切替器1台で済む機器がありましたらご教示ください。

Aベストアンサー

Amazonで見つけました。LINDY 4ポート USB3.0切替器(型番:43144)と言うものです。
http://amazon.co.jp/dp/B00N3KM3WC ← ¥11,800

Lindy と言うメーカーのものですが、ケーブル関係を扱っているようです。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=bl_dp_s_web_3210981?ie=UTF8&node=3210981&field-brandtextbin=Lindy

価格が高い上にカスタマーレビューもまだありませんので、評価のしようがありません。一寸、人柱的な感じにならざるを得ません。多分、動くと思いますが、一寸心配ですね。使えなかった場合、Amazonでは返品サービスがありますので、正当な理由があれば返金してもらえます。また、購入先が2店ほどあるようなので、安心できると思われ方を選ぶこともできます。
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B00N3KM3WC/ref=dp_olp_new?ie=UTF8&condition=new

USB機器は、規格上、ハブをスタックすることは想定されていますが、切替器は考えられていないと思います。原理的には、質問者さんの考えた方法は可能でしょう。どれか一つのホストに繋がり、そのホストの下流のハブが繋がるだけなのですから。

ただ、キーボードやマウスは問題ないですが、ストレージ系は注意しないと、データ内容が破壊される可能性があります。切替時に、データの転送などを行っている場合、送り先のデータが不定になってしまいます。安全な取り外しを行わずに切り離すわけですので、データの転送を行っていないことを確認して切り替えてください。

Amazonで見つけました。LINDY 4ポート USB3.0切替器(型番:43144)と言うものです。
http://amazon.co.jp/dp/B00N3KM3WC ← ¥11,800

Lindy と言うメーカーのものですが、ケーブル関係を扱っているようです。
http://www.amazon.co.jp/s/ref=bl_dp_s_web_3210981?ie=UTF8&node=3210981&field-brandtextbin=Lindy

価格が高い上にカスタマーレビューもまだありませんので、評価のしようがありません。一寸、人柱的な感じにならざるを得ません。多分、動くと思いますが、一寸心配ですね。使えなかった場合、Amazon...続きを読む

Q現金出納帳の「開業費」の記入の仕方について

現金出納帳の「開業費」の記入の仕方について教えてください。

2012年5月15日に居酒屋を新規開店しました。

居酒屋を開業するにあたり、実母から770万円を借りました。
(簡単な借用書あり。月々の返済金額は10万円ずつ)

居酒屋の店舗の賃貸契約は2012年2月に行い、
敷金(60万円)礼金(60万円)・仲介手数料(15万円)一か月分の家賃(3月分:15万円)を
支払いました。

2012年2月~5月14日までに内装工事・備品・食材などの購入を行いました。

内装工事費は、(460万円・12万円・48万円 )業者がそれぞれ違うため個々に支払いしました。

備品や食材の購入で10万円を超えたものは 厨房機器(12万円)テーブル・椅子(15万円) のみで、
あとは、各々10万円以下の備品や食材、光熱費などが2012年2月~5月14日までで
合計160万円かかりました。
(160万円には、上に書いた厨房機器(12万円)テーブル・椅子(15万円)は含まれていません。)

全てのやり取りは、借り入れた770万円から現金で支払いを行っています。

以上の開業までにかかった費用を「現金出納帳」に記入したいのですが、
どのように記入してよいかわかりません。


敷金・礼金が開業費に入らないこと、10万円を超えた備品が開業費に入らないことは
理解できたのですが、現金出納帳にどう記載すべきなのかがわからないです。

初歩的な質問で申し訳ございませんが、わかりやすくお教え頂けると助かります。
宜しくお願い致します。

現金出納帳の「開業費」の記入の仕方について教えてください。

2012年5月15日に居酒屋を新規開店しました。

居酒屋を開業するにあたり、実母から770万円を借りました。
(簡単な借用書あり。月々の返済金額は10万円ずつ)

居酒屋の店舗の賃貸契約は2012年2月に行い、
敷金(60万円)礼金(60万円)・仲介手数料(15万円)一か月分の家賃(3月分:15万円)を
支払いました。

2012年2月~5月14日までに内装工事・備品・食材などの購入を行いました。

内装工事費は、(460万円・12万円・48万円 )業者がそれぞ...続きを読む

Aベストアンサー

追加しとくぜ。

厳密にやりてーのなら、営業開始前の現金の出入りは現金出納帳には記帳できねぇ。開始前に発生した費用は開始日に計上できっけどな。だから、厳密にやりてーのなら事業主勘定を相手科目にしなきゃならねぇ。

でも、現金出納帳でやったほうが便利なんだろ?おそらくその類の会計ソフトを使ってるんじゃねーのかと思っていたが、そのとおりだったってことな。

だったらよ、現金出納帳に記帳しちまって構やしねぇよ。申告にゃ影響しねぇから。申告時に現金がマイナスでおかしいなんて場合に、事業主勘定で調整すりゃいいってこった。


あと、ひょっとして勘定科目名が必要なのかい?そしたらよ、一般的なところで言うと、礼金は長期前払費用、仲介手数料は支払手数料、家賃は地代家賃、内装工事は工事内容によるが一般的な内容なら建物付属設備といったところだ。厨房機器やテーブルあたりは工具器具備品、10万以下の備品は消耗品費、食材は原材料費かその類の勘定科目、光熱費は水道光熱費だな。

そのあたりを現金出納帳で選択してやりゃいいってこった。

Qパソコン切替器の選び方

2台のパソコンで、
1台(1個)の
ディスプレイ、キーボード、マウス、スピーカー、プリンタ
を切り替えて使おうと思っています。

切替器を色々見ているのですが、
何を選べばよいかよくわかりません。

ディスプレイ、キーボード、マウス、スピーカー
に対応している切替器はよく見かけるのですが、
そこにプリンタがついたものがあまりないような…

この場合は、
ディスプレイ等に対応している切替器と別で
USB切替器、もしくはプリンタ切替器を購入すれば良いのでしょうか?

ちなみにディスプレイはデジタル出力で、
(あまり詳しくわからないのですがアナログではないです)
スピーカーはオーディオ端子(?差し込む所が緑のものです)、
その他はUSBでの接続になります。

オススメの切替器、
または切替器の組み合わせなどを教えて頂きたいです。

ちなみにコストは出来るだけ抑えたいと思っています。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

KVMですね。

プリンタはUSBではなくネットワークで設定すれば切り替える必要ないと思います。

しかし、どうしてもUSB接続でプリンタを切り替えたいのであれば、ATEN社製のCS-102Uでしたら、USB機器(プリンタ、その他周辺機器)も切り替え可能のようです。

ちなみに私が会社で使用しているKVMは、ATEN社製 CS1784A です。4台のサーバーを切り替えて使ってます。
プリンタはLANで設定してますので、KVMで切り替えることはしてません。

参考URL:http://www.kirikaeki.net/kvm/2port/cs102u/

Q自宅兼事務所(教室)の備品と開業費の現金出納帳への記入の仕方について

自宅兼事務所(教室)の備品と開業費の現金出納帳への記入の仕方について

備品(パソコン12万)を開業前に購入しました。
パソコンは仕事で使いますが、個人用としても使用しています。この様に事業+個人使用で使用する備品は、家賃や光熱費の様に事業での使用分(50%など)を経費として現金出納帳に記入すればよいのでしょうか?

また、開業費(教材費・備品等)は開業日の日付けで”開業費”として記入してよいのでしょうか。。。?

申告は白色で行う予定です。

どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

仕訳

開業費6万円 / 現金 12万円
事業主貸6万円

仕訳の日付は開業の費でいいですが、現金出納帳は実際の日を書いておきます


人気Q&Aランキング

おすすめ情報