不適切な質問でしたら、すぐに削除依頼を出します。ご指摘ください。

先日、仕事関係のお付き合いで風俗関係の店に行きそうになりました。
結局はいかないことになったのですが、下っ端だった私がいろいろ調べさせられてだんだん疑問がわいてきました。出張サービスや店舗(といってもアパートっぽい)などのいろんな形態(中には男性が男性に奉仕したり、女性が女性に奉仕する店まであるではないですか!!!)があるのですが、とにかく驚いたのは18,19歳もいたということ。
が、ここの質問を読んでいると、そもそも20歳以上の相手でもそういった店を利用すること自体、法的にグレーゾーンなのでしょうか。

質問をまとめます。
1.風俗店の利用は法的に罰せられるのか。
2.出張サービスの利用は法的に罰せられるのか。
3.売り子さんが18歳、19歳の場合は?
4.男性が男性に奉仕してもらう店の利用は罰せられるのか。
5.女性が女性に奉仕してもらう店の利用は罰せられるのか。
6.「4.」と「5.」での売り子さんが18,19歳の場合は?
(4.5.6.は個人的興味です。初めて知ったので、ちょっと個人的にセンセーショナルでした。ついでに質問させてください。)

今回は行かないことになったのですが、どうやら近いうちにまた行く話しが出てきそうです。法的にやばいのではないかとあまり乗り気ではありませんが、得意先の上司が割と好きな人で、接待代わりのようなものです。
どなたか法的解釈を教えてください。

しかし、法的に問題なかったとしても健康面で心配なので、個人的にはそういう店は利用したくないのが本音ですが(プライベートでもいってませんし)、仕事が絡むので断れそうにありません・・・。どなたか同じような状況で断ることができた方、うまい言い訳を教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

以前、その関係の店舗を運営していたことがあるので参考までに。



違法店舗であることを承知の上で利用した場合は事情聴取や児童福祉法で捕まる可能性があります。

きちんと看板を出して営業している店はまちがいなく許可店ですので利用自体は問題ありません。(非合法・無許可店は看板出すことありません)

ただ許可店でも「18歳未満」を働かせていて、それが公然の事実であった場合(あの店は高校生いるんだよ・・・とかウワサがあって行った場合とか)に運悪く摘発・・・となる児童福祉法に問われる可能性が高いです。顧客名簿があれば事情聴取される可能性もありますね。

18歳の高校生については法律では問題になりません。ただ県の育成条例などで引っかかってくる可能性がありますね。これは調べないとわからないでしょう。

>2.出張サービスの利用は法的に罰せられるのか。

いわゆるデリヘルで許可を取っていればOKです。
ただ事務所で直接女の子を選んで一緒にホテル・・・はデルヘルでないので摘発対象ですね。

「女の子に来てもらう」というのが条件になります。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

実際の経営者の方から話を聞けて非常に参考になりました。しかし、「一緒に行けばNG」「来てもらえばOK」ってのも基準がよく分からないですね。内容的にも分かりやすく書いてくださり、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 19:55

まず、淫行と言うものの規定を言うと、18才未満となっています。


18才未満なのは?
児童福祉法による、児童の規定が18才未満となっているからです。
ですから、18才以上であれば風俗での就労も可能でありますから、法的には何等の問題もありません。
よく、風俗店舗が摘発され、児童を働かせていたと言うのがありますが、店舗側は摘発されても、客側が摘発されるのは滅多にありません。
理由としては、風俗嬢が児童であると知っていた場合以外は、児童と知り得ないと判断されるからです。
ただ、児童である事が外見的に判断可能である場合は除きます。

あくまでも法的には、年齢の規制はあっても、性別の規制はありませんので、同性での場合もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

テレビの密着ものとかでは客も一緒になってしょっ引かれているように見えますが、あれは後でおとがめなし、ということになっているのでしょうか。まぁ、危うきに近寄らず、ってのが本心なんですが、そうもいかないのがつらいところです(違う接待に配置換えをしてもらいたい・・・)。教えていただき、ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 19:58

ソープランドは違法です。


たまに摘発されますので気をつけてください。
    • good
    • 0

まず、主題とは別ですが


ソープランドのサービスは、自由恋愛ですので
サービスの内容と法律は別ですから

質問の内容ですけど
1 問題なし 売春防止法とかはあくまでも斡旋の禁止ですので
客が利用する分にはたとえ査察が入っても事情聴取だけ
2 通常は、風営法の無店舗型性風俗特殊営業第1号形態で認められているものになるので
店が許可を取っていれば大丈夫です
3 これは条例の問題なので、少なくとも私の住んでいる北海道は大丈夫です
18歳以下は児童福祉法違反
20歳以上はOKですけど
その間は条例判断になっています
    • good
    • 2
この回答へのお礼

売春防止法とか、青少年保護法とかいろんな法律、条例があるので、果たしてこの行為は合法なのかどうか、悩んでましたが、安心しました。ただ、そもそも行きたくないのであとは誘いをどうかわすかですね・・・。ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/28 19:53

1.ちゃんと届出のしているお店ならば問題はありません。


未届けの風俗店でも客が罰せられるのはよほど悪質なお店、例えば18歳未満が働いていることをお客の方も知っているお店など、でないと取調べを受ける程度で終わりますね。

2.出張サービスの方が受理され易いので、合法なお店が多いです。

3.18歳以上で生徒でなければ問題ありません。

4.5.6 すべて問題はありません。

病気などが怖ければ、最悪はサービスを受けないで話しだけで終わらす。
または、ゴムをつけてすべてのサービスを受けて、キスもしない。
そういう方法もありますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

すべての質問に答えていただき、ありがとうございます。出張サービスの方が容易に開業できるんですね。初めて知りました。法的に問題がないことを知って安心しました。あとは、どう断るかということですが、なるほど、サービス受けずに話だけ、ってのも手ですね。

お礼日時:2009/05/28 19:45

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょう

残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?下のほうにある(a)~(c)について教えていただければ幸いです。


私の会社で残業をする場合、
 1.定時前に申請する。
 2.申請した時間以上の残業代は会社は支払わない。
ということになっています。

 私の仕事は、作業内容が決まりきった伝票処理や現場の作業者などと違い、設計の仕事なのでそうそう作業時間(=ここでは残業時間)が正確に予測できるわけではありません。また、私の職種やその日の仕事内容以前に、定時間際になって突然、上司に呼び出され数時間も会議で拘束されることもあり、そうなれば申請した時間も何も無視して上司の気が済むまで会議につきあわされ結果的に申請時間を上回ることになります。
 だからと言って、残業時間を長めの申請しておいて月末の集計の時に正確な時間を申し出る、という方法も認めないと言っております。これは定時前に申請した残業申請書類の記述と、実際の残業時間に相違があることを会社が嫌っているからです。嫌う理由は、書類と実態のずれが大きいことに関して労基署からの指摘や指導などを気にしているようです。


(a)上記、2番について違法性はありますか?
(b)会社の言う、残業の申請内容(=書類の記述)と、実際の残業時間に相違があることは、労基署
 から目をつけられる要因になるのでしょうか?なにか違法性があると言うことですか?
(c)申請内容と実態に差があることが問題である場合、どの程度の差なら問題視されるのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?下のほうにある(a)~(c)について教えていただければ幸いです。


私の会社で残業をする場合、
 1.定時前に申請する。
 2.申請した時間以上の残業代は会社は支払わない。
ということになっています。

 私の仕事は、作業内容が決まりきった伝票処理や現場の作業者などと違い、設計の仕事なのでそうそう作業時間(=ここでは残業時間)が正確に予測できるわけではありません。また、私の職種やその日の仕事内容以前に、定時間際...続きを読む

Aベストアンサー

労働者が残業を事前申請するなんて本末転倒です。

>残業の事前申請時間と実際の残業時間に相違があった場合、違法なのでしょうか?

何の法律にも違反しません。

もともと残業は会社の業務命令で行うものです。それから、残業代は実際の残業時間分支払う(支払われる)ものです。

(a)上記、2番について違法性はありますか?

申請した時間など全く関係なく、実際の残業時間分の残業代を支払わなければ労働基準法違反になります。

(b)会社の言う、残業の申請内容(=書類の記述)と、実際の残業時間に相違があることは、労基署
 から目をつけられる要因になるのでしょうか?なにか違法性があると言うことですか?

労働基準監督署から目をつけられる要因には全くなりませんし、違法性もありません。実際の残業時間が36協定の基準時間を超えている場合等に労働基準法違反の問題が生じます。

(c)申請内容と実態に差があることが問題である場合、どの程度の差なら問題視されるのでしょうか?

労働基準法等の問題には全くなりません。会社が主体的に残業を管理すればこんな問題全く生じません。

Q「奉仕料」の法的根拠とは

ちょっと高級な料理屋へ行くと、料理代の他に5%~20%位の奉仕料というのがかかってきます。
そもそも、この奉仕料というのは法的に言うとどういう意味があるのでしょうか?

個人的には、どうせ頼んだ料理についてすべてにかかる料金なのですから最初から料理の代金に含めておけば良いのに不当表示に当たるのではないか?
(本来の商品価格を隠すための、店側の恣意さを感じる)と思ってしまいます。

それとも、店員の対応が悪ければ奉仕料はいただきません。
と強制的なものではないけれども店を気に入ったので有れば払ってくださいね。というお願い的なものなのでしょうか?

私は今まで会計をするとき「奉仕料を10%頂戴します」と言われたこともないですし、メニューに奉仕料の表示がないのに勝手に会計の時に加算されていることが何度となくあります。

日本の曖昧な商慣習のひとつ

という考えもありますが、奉仕料についての法的な根拠が有れば教えてください。

Aベストアンサー

>この奉仕料というのは法的に言うとどういう意味があるのでしょうか?

食事代そのものと同じで、別に法的な意味はありません。
「料理と料理を出すサービスを提供する代わりに、奉仕料も含めた代金を支払ってもらいます」
という、通常の飲食店の双務契約です。

法律論から離れた説明になりますが、
欧米諸国では「サービスへの対価」は店が要求しなくても
「当然に客が自発的に払う」=チップの習慣がありますが、
日本はそういう習慣がなく、代わりに最初からサービスの対価ももらう習慣がある…
ということじゃないですかね?
(いずれ法律とは関係ないので、私もあまり興味はないです)

>不当表示に当たるのではないか?

景表法でいう不当表示であれば、全然関係ないでしょう。

奉仕料など取らないかのように思わせておいて、
いざ支払のときに取ろうというのであれば、詐欺なども検討できますが…
まぁたぶん、これも無理があると思います。

というのは、たいていのこの種のお店ではメニュー等に奉仕料を取る旨説明がありますし、
質問者さんご自身が

>ちょっと高級な料理屋へ行くと、料理代の他に5%~20%位の奉仕料というのがかかってきます。

と書いているとおり、この種のお店で奉仕料を別途取るのは常識の部類
=常識のある消費者なら知ってて当然、って評価される可能性が高いと思います。

>この奉仕料というのは法的に言うとどういう意味があるのでしょうか?

食事代そのものと同じで、別に法的な意味はありません。
「料理と料理を出すサービスを提供する代わりに、奉仕料も含めた代金を支払ってもらいます」
という、通常の飲食店の双務契約です。

法律論から離れた説明になりますが、
欧米諸国では「サービスへの対価」は店が要求しなくても
「当然に客が自発的に払う」=チップの習慣がありますが、
日本はそういう習慣がなく、代わりに最初からサービスの対価ももらう習慣がある…
と...続きを読む

Q残業時間の切り捨て

私の残業時間なのですが、毎日15分未満切り捨てされひと月の合計残業時間が出されております。これって違法じゃないんでしょうか?
例えば定時あがりが17:30だと

3/1 17:59にタイムカードを通すと17:45扱いで残業時間は15分
といったぐあいです。

違法だとすればどう対処すればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

日々の残業時間は基本的に切り捨ては禁止されています。
但し、月の合計時間で1時間未満の端数が出れば30分未満を切り捨てすることも可能です。
労働基準局に告発すれば、良いと思います。

Q父親を法的に罰したいです

父は、日頃から金銭面だけではなく、生活がだらしなく家族が迷惑していました。
姉が結婚することになり、親戚からご祝儀を頂いていたのですが、
そのご祝儀をあろうことにも、父に盗まれてしまい大変ショックを受けています。
今回の件で我慢の限界になってしまい、法的に罰したいと思い何か良い案はないでしょうか?
私は、父のやった行為がショックで刑務所に入れたい気持ちです。

Aベストアンサー

>法的に罰したいと思い何か良い案はないでしょうか?
>父のやった行為がショックで刑務所に入れたい気持ちです。

通常、親子間の窃盗罪は存在しますが、刑罰は免除になっています。
従って、法的な処罰は出来ません。

世間では、よく耳にする行為です。
葬儀に、喪主でもないのに(喪主に無断で)香典を全額持ち帰る兄弟・姉妹もいます。
これも、刑法で罰する事は出来ません。
法的に対応出来ませんから、金銭の管理を充分にする事しか出来ません。

母親がご健在ならば、離婚して赤の他人になれば(今後同様な事件では)窃盗事件として法的処罰を与える事が出来ます。

Q残業時間の上限について

残業時間についてお伺いします。
3ヶ月で260時間以上の残業は違法という規定や法律はあるのでしょうか?
ご教示、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

残業は無いのが理想でしょう。理想論はともかくとして、現在の労働基準法ではNo.3さんも回答している
ように
「労働基準法第36条(時間外及び休日の労働)(2)の規定に基づき労働基準法第36条(1)の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準を定める告示」において、例えば月45時間、(3か月120時間)、年間360時間というような「一定期間についての延長時間の限度」を示しています。

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/040324-4.pdf

このURLの中にも記載されているように特別条項なるものがあって、臨時的・季節的に必要な場合に6か月以内に限り、特別な残業時間を協定しても良いようになっています。例えば1か月100時間でもOKになってます(過重労働の問題にはなりますが)。

>3ヶ月で260時間以上の残業は違法という規定や法律はあるのでしょうか?

ですから、一概に違法とは言えないのです。また、こうした限度時間さえ適用されない事業や業種もあります。URLの適用除外を参照願います。

「時間外無し」の理想と現実はかなり(相当)懸け離れているということです。

残業は無いのが理想でしょう。理想論はともかくとして、現在の労働基準法ではNo.3さんも回答している
ように
「労働基準法第36条(時間外及び休日の労働)(2)の規定に基づき労働基準法第36条(1)の協定で定める労働時間の延長の限度等に関する基準を定める告示」において、例えば月45時間、(3か月120時間)、年間360時間というような「一定期間についての延長時間の限度」を示しています。

詳しくは下記URLをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/04032...続きを読む

Q加害者を法的に罰することは出来ないのでしょうか?

先日、交差点で信号待ちをして止まっていたら、後ろの車に追突された。
交通事故の加害者の住所に加害者が住んでおらず、電話もいつも留守電で連絡が取れません。車検証も持っておらず、相手の保険会社もわかりません。こういう場合、法的に加害者を罰することは出来ないのでしょうか? 警察にも問い合わせましたが、全く何もしてくれません。

法律に詳しい皆様、どうかお力を貸してください。

Aベストアンサー

あらら、住所もわからない状況ですか。
法的に処罰というのは困難ですねぇ。

まず、車のナンバーから車の所有者を特定して、そこからたどり着くというのは一つの方法ですね。
更に言うと車の所有者も請求相手として有力です。

もう一つ、免許証の住所を確認できていますので、現住所を追いかけるという方法もあります。
役所でその住所・氏名の人の住民票をとります。第三者でも正当な理由があればOKです。
交通事故証明書と、損害賠償請求をするためという理由をつければ取得できます。
相手が、転居届けを出さずに転居していればアウトですが、転居していれば転居先がわかります。

とりあえず現住所がわからないと請求などは郵送しないといけませんので、これで追跡するしかないですね。

大変面倒ですががんばってください。

ところで車両保険には加入していなかったのでしょうか?
加入していれば車両保険で修理して後は保険会社に任せるという方法もありますけど。
(10:0の事故であれば等級には影響しないことが多いです。これは保険会社により異なるので確認が必要です)
では。

あらら、住所もわからない状況ですか。
法的に処罰というのは困難ですねぇ。

まず、車のナンバーから車の所有者を特定して、そこからたどり着くというのは一つの方法ですね。
更に言うと車の所有者も請求相手として有力です。

もう一つ、免許証の住所を確認できていますので、現住所を追いかけるという方法もあります。
役所でその住所・氏名の人の住民票をとります。第三者でも正当な理由があればOKです。
交通事故証明書と、損害賠償請求をするためという理由をつければ取得できます。
相手が、転...続きを読む

Q休暇を取得すると残業時間が減らされる

家族の通勤しているある会社では、
有給休暇や特別休暇は問題なく取得できるのですが、

有給休暇を1日取得した場合
 (1)その月に残業を行っている場合
  ・有給休暇を1日消化される
  ・その上、残業時間も1日の就業時間分、減らされる
 (2)残業を1時間も行っていない場合
  ・有給休暇を1日消化される

となるそうです。
(2)が普通だと思うのですが、(1)は違法にはならないのでしょうか?
また、これでは残業をしてしまった月は、有給休暇を取得しにくいと思われます。(給料が減るわけですから)
これは「有給休暇の取得を妨げる要因」にはならないのでしょうか?

そして、
特別休暇(結婚や忌引休暇)を1日取得した場合
 (1)その月に残業を行っている場合
  ・残業時間から1日の就業時間分、減らされる
そうです。
特別休暇があるにも関わらず、残業時間を減らされるのも違法にはならないのでしょうか?


社内でも上司や総務に訴えた人もいたらしいのですが、「問題ない」といわれたとか、「労働基準監督署にいってもだめだった」とのこと。
そして「それが嫌な人は辞めていく」とのこと。

100名規模の会社の正社員で、会社に労働組合はないそうです。

私も法律には無知なものですから、
労働基準監督署に相談行く前に、ご相談させてください。

家族の通勤しているある会社では、
有給休暇や特別休暇は問題なく取得できるのですが、

有給休暇を1日取得した場合
 (1)その月に残業を行っている場合
  ・有給休暇を1日消化される
  ・その上、残業時間も1日の就業時間分、減らされる
 (2)残業を1時間も行っていない場合
  ・有給休暇を1日消化される

となるそうです。
(2)が普通だと思うのですが、(1)は違法にはならないのでしょうか?
また、これでは残業をしてしまった月は、有給休暇を取得しにくいと思われます。(給料が減るわけです...続きを読む

Aベストアンサー

 こんばんは。

 勿論、労働基準法違反です。

 「有給休暇」と「残業」は別の制度で、連動させるのはおかしいです。

 労働基準法附則第136条に、有給休暇の取得を理由とした、賃金の減額、その他不利益な取り扱いは禁止されています。

-----------------------------------------------
○労働基準法
附則第136条 使用者は、第39条第1項から第3項までの規定による有給休暇を取得した労働者に対して、賃金の減額その他不利益な取扱いをしないようにしなければならない。

http://www.houko.com/00/FS_ON.HTM
-----------------------------------------------


 

参考URL:http://www.houko.com/00/FS_ON.HTM

Q交通事故での行政罰と刑事罰

ご助言をお願いいたします。

昨年、父がひき逃げをしました。
父は年で耳が悪く、ぶつかったことに気づかずに家に帰ってきて、車のサイドミラーが壊れていたので、また、戻っていってみたら自転車のハンドルにサイドミラーを引っかけてしまい乗っていた人と自転車を田んぼに落としてしまったとのことです。
幸い、被害者は傷もありませんでしたが、その被害者が親をその場に呼んでおり、警察に連絡をしていたので、ひき逃げということになりました。
気づかないほうが悪いのですが、被害者が近所に住んでいる方だったこともあり、逆にもめることになってしまい。暗に金銭を要求されましたが、金額を教えてはもらえませんでした。そこで、保険会社の弁護士をお願いして金額等の交渉をお願いしました。しれが、また、被害者の機嫌をそこなってしまい、もめにもめ、何とか保険はまとまりました。
しかし、行政罰で懲役10ヶ月、執行猶予3年の判決がでました。刑事罰では免許取り消しになるだろうとのことです。
住まいが田舎でバス等の公共の交通機関がなく、車が運転できないと生活ができません。父も落ち込んでいて、どうすることもできません。
なんとか、刑事罰は回避できないものでしょうか?
父の会社の上司が、その被害者の親に面会しお願いしてもらっているのですが、どうにもなりません。暗に金銭を要求しているみたいとのことですが、金銭を渡すことにより、刑事罰は回避できるのでしょうか?また、できるのであれば、いくらくらい渡せば良いのでしょうか?
行政罰と刑事罰の関連とはどういうものなのでしょうか?

つたない文章で申し訳ありません。
父もかなり反省しており、何とか力になりたいのです。助けてください。
何とぞご助言をお願いいたします。

ご助言をお願いいたします。

昨年、父がひき逃げをしました。
父は年で耳が悪く、ぶつかったことに気づかずに家に帰ってきて、車のサイドミラーが壊れていたので、また、戻っていってみたら自転車のハンドルにサイドミラーを引っかけてしまい乗っていた人と自転車を田んぼに落としてしまったとのことです。
幸い、被害者は傷もありませんでしたが、その被害者が親をその場に呼んでおり、警察に連絡をしていたので、ひき逃げということになりました。
気づかないほうが悪いのですが、被害者が近所に住んでい...続きを読む

Aベストアンサー

去年交通事故を起こしてしまい、「ひき逃げ」事件として処理された者です。
お気持ちお察しします。
ですが犯してしまった事実をきちんと受け止め、反省することが一番ですよね。
私も自分の犯した事を猛省してます。
少しでもお力になればと思い、投稿させていただきます。

私は車で相手車の後ろから追突した上、逃げたということで自動車運転過失傷害で警察で処理されました。
私の場合、示談が済んでいなく相手方は全治30日の怪我をされていたのですが、行政罰(免許関係)は免停60日でした。
免許取り消しを覚悟していたので自分でもなぜこのような行政罰になったのか本当に不思議です。
行政罰を決めるのは警察ですから、警察がどのように処理するかによって全ては決まると思います。(私の場合がいい例です)


ちなみに他の皆さんのおっしゃるとおり、行政罰は免許関係で刑事罰は罰金や懲役関係です。
行政罰と刑事罰は全くの別物です。それぞれが独立して進んでいきます。
お父様の場合執行猶予3年がついているので、3年間は警察にご厄介にならなければ刑事罰に関しては不問になります。

去年交通事故を起こしてしまい、「ひき逃げ」事件として処理された者です。
お気持ちお察しします。
ですが犯してしまった事実をきちんと受け止め、反省することが一番ですよね。
私も自分の犯した事を猛省してます。
少しでもお力になればと思い、投稿させていただきます。

私は車で相手車の後ろから追突した上、逃げたということで自動車運転過失傷害で警察で処理されました。
私の場合、示談が済んでいなく相手方は全治30日の怪我をされていたのですが、行政罰(免許関係)は免停60日でした。
免許取...続きを読む

Q『みなし残業時間』がある企業

いろいろと求人を見ていると給与欄で『みなし残業時間』が謳われている企業が目につきます。こういう企業って残業が多い企業と認識して良いものなのでしょうか。
例えば給与欄に『みなし残業時間分(40時間分)含む』と書かれていた場合、少なくとも40時間未満の残業なんてありませんよね?? そうすると企業として赤字なってしまいますから(笑)
みなし残業時間と言うのは例えば上記の場合、仮に月50時間の残業が発生した場合、差額の10時間分は別途残業代って出るものなんでしょうか?? 逆に仮に月10時間の残業だったとしても差額の30時間分の残業代は返却しろと言われないとか??
みなし残業時間が謳われている企業は何かブラック企業な気がしたり。
何か毎月少なくともみなし残業時間分の残業はしなければ給与ドロボーに思われるんじゃないかとか心配してしまいました。
みなし残業時間って実際どうなんでしょうか??
みなし残業時間がある企業で働いている方等いらっしゃいましたら、ぜひ実態を知りたいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>例えば給与欄に『みなし残業時間分(40時間分)含む』と書かれていた場合、少なくとも40時間未満の残業なんてありませんよね?? そうすると企業として赤字なってしまいますから(笑)

企業として、残業時間がほどほどであれば、残業時間を把握しないで、残業代の定額支給をすることによって、働く人・管理する人の作業時間管理に関する労働時間が不要になります。
ですから、みなし残業分だけ働いてなくても、収支はプラスになる可能性があると思います。
さしあたり、みなし残業制度があっても、「残業は、できるだけやらないこと!」という姿勢を企業が示していれば、想定外の残業代支出が必要になることはないと思います。


>>みなし残業時間と言うのは例えば上記の場合、仮に月50時間の残業が発生した場合、差額の10時間分は別途残業代って出るものなんでしょうか?? 逆に仮に月10時間の残業だったとしても差額の30時間分の残業代は返却しろと言われないとか??

基本的に、実際の残業が想定した残業時間より多ければ、追加分を出さないとダメです。
また、残業時間が少ないからってことで、残業代の返却はありません。
みなし残業制は、みなし残業時間と、追加の残業時間がきちんと明確にできるようにする必要があるそうです。まあ、そんな仕組みが無ければ、「追加の10時間残業分を払います」と会社もいえませんからね。
「そんな残業時間の管理は出来ないから、みなし残業制なんだ!」というたぐいの会社・仕事であれば、労働時間の配分(残業する、しない)が労働者本人の裁量にまかされる「裁量労働制」をとるっていう届け出が必要となります。


>>みなし残業時間が謳われている企業は何かブラック企業な気がしたり。
何か毎月少なくともみなし残業時間分の残業はしなければ給与ドロボーに思われるんじゃないかとか心配してしまいました。

ブラック企業では?という心配は正しいと思います。
働く人が、みなし残業制度を正しく理解していないことを利用して、「基本給が高い会社」と思わせたり、「みなし残業時間を無視して、無限にサービス残業させる」という意図をもっていることが多いみたいです。

>>例えば給与欄に『みなし残業時間分(40時間分)含む』と書かれていた場合、少なくとも40時間未満の残業なんてありませんよね?? そうすると企業として赤字なってしまいますから(笑)

企業として、残業時間がほどほどであれば、残業時間を把握しないで、残業代の定額支給をすることによって、働く人・管理する人の作業時間管理に関する労働時間が不要になります。
ですから、みなし残業分だけ働いてなくても、収支はプラスになる可能性があると思います。
さしあたり、みなし残業制度があっても、「残業は、で...続きを読む

Qイラストサイトの18歳規制の法的根拠

出会い系ではなく、自分で描いたちょっとHなイラスト等を掲載しているサイトを始めました。
知人から、入り口に「18歳未満の方は閲覧をお断りします」という表示をした方が良いと言われたのですが、これは自主規制でしょうか?それとも法的な根拠のあるものなのでしょうか?

ネットで調べたのですが、出会い系サイトには法的な根拠があるようですが、イラストサイトについてはちょっと分からなかったので、質問させて頂きました。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

法的根拠は「ない」と思います。(自信はありませんが。もしかしたら「ある」かもしれません)
が、以下のような事を言われたら困るので掲載するのがよろしいかと。
「あなたのサイトには未成年の人が閲覧するのに適切とは思えないイラストや小説が掲載されている。それにも拘わらず『このサイトは成人向けです。未成年の方が閲覧するのに望ましいと思えない画像や文章が掲載されています。当サイトの運営趣旨をご理解出来、責任の取れる方のみご入室ください』というような文章が掲載されていない。、このような警告文が書かれていないサイトを未成年者に害悪を及ぼす影響があると知らずに入室してしまった。責任をとってください」

というわけで、18禁と書いてないばかりに「責任とれ」とゴネられたら嫌ですよね? という事でこういう文章とかロゴマークを「自主的に」つけて置くのがサイト管理者であるあなたを自己防衛する手段となる、という事なのです。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング