こんにちは。いつもお世話になります。最近転職活動をして感じたことがあるんですが、不景気で求人が激減し、仕事がない方が多数いると連日テレビでも放送されていますが、この大半は派遣社員や契約社員で働いていた方か、企業の業績悪化でリストラされた年齢が40歳以上の方が多いんではないでしょうか??というのも、通常求人は35歳までのものが多く、ハローワークに行くと明らかにそれを超えた年齢の方が多くみられます。また周りにいる方の話を聞くと派遣社員だった方が大半のようです。そもそも不景気以前から社員で働いていたある程度年齢が若い人はリストラにあうこともあまりないと思うんですがどうなんでしょうか??私の父親が人事の仕事をしているのですが、特殊な仕事や経験者と書いてある求人を出してもいい人材がこない。例えば総務職、経験者と募集しても50歳を超えた方が多く、若い年齢で経験のある方は、かなり少ない・・・と言っていました。結論ろして、今現在仕事を求めている方は、派遣社員だった方、リストラされてある40歳を超えた方が大半なんでしょうか??

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

きつい事をいえば「能力や技術のある人」は、よほど経営が切羽詰まっていない限り切られることはないでしょう。


派遣で働いてこられた方は、今まで自由な働き方をしてきたので、
正社員で縛られるより、また派遣で働きたいという方も少なくありません。
寮に入っていた方は「寮つきや住み込み」を重視するでしょう。
今までよりも給与が下がるということもあるでしょうし。
派遣切りにあった方は製造業が多いので、いきなり畑違いの職業に飛び込むのは躊躇する所もあるかと思います。
「特殊な仕事(経験者)」がどのような方かは分かりませんが、
その職を求めている若い求職者の方が少ないのかもしれませんね。
介護職に人が来ないのと同様に。

結論として今職を求めているのは、
派遣・契約社員、パート・アルバイト、退職金を多く払うからという理由での希望退職者や定年退職者などが多いと思います。
しかし、その多くは今までやってきた職種・派遣がいいという方がみえるというのも事実です。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング