ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

エスカレーターやエレベーターの電気関係の設計をしています。
既設のエスカ5.5KWx2の分電盤に3.5KWのエレベーターを追加した
ところエレベーターの電圧が150Vまで落ちてしまい起動しなくなりました。エスカのブレーカは50AF/50ATx2です。エレベーターは
50AF/30ATを追加しました。盤の主幹を100AF/100ATから
150AF/120ATに変更しました。引込線は22°そのままです。
主幹を変えたので引込線は38°にしなければならないのはわかりますが
合計の容量からして22°でも計算上は大丈夫ですが。EVが150Vまで
落ちてしまうのは他に原因があるものと考えて22°でいけるのか。
ブレーカーを100/100にもどすのか。経験が浅くよくわかりませんので
どなたか教えてください。

A 回答 (1件)

>EVが150Vまで落ちてしまう


主幹ブレーカはトリップしない訳ですよね?

問題の切り分けをするのが一番です。
既設のEVだけ動作させる。
追加したEVだけを動作させる。

それぞれ正常に動作するのであれば、受電容量不足が考えられます。
双方のEVが足の引っ張り合いをしているとも考えられます。
もちろん電線サイズによる電圧降下も要因の一つになるでしょう。
あまりにも距離が長いと問題になります。
設備全体の回路が分かりませんので何とも言い難いですが、
そもそも、50Vもの電圧低下が起きる事自体おかしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kiki_s様
回答ありがとうございました。
EV150Vの原因はまだわかりません。
何か特別な問題かと思われます。
これからは、引き込み線は1ランク上の線を引くようにしています。
電圧降下を考慮して。また幹線計算書等の数値的な根拠も必要になってきます。

お礼日時:2009/06/11 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単相3線の電圧降下計算方法

お世話になります
単相3線100V/200Vで、100Vと200V両方の機器が接続される場合の電圧降下計算方法は
100Vとして、両機器の負荷容量分で計算するのでしょうか。
そのときの、係数はどうなるのでしょうか。
あまり電線を太くしたくないので、シビアな計算方法がありましたらお願いします

Aベストアンサー

幹線として使用する電線であれば、100Vの片相分と200V分との電流の合計を使用します。
単相3線式の電源側では、黒・赤相のそれぞれに100Vと200Vとの電流が流れる為です。
ちなみに100V回路は、負荷が平衡である必要があります。

計算式としては、
 e = k ・ I ・ (R ・ cosθ + X ・ sinθ) ・ L

  k : 1 (単相3線式)
   : 2 (単相2線式)
  I : 負荷電流の合計値
  R : 電線抵抗分(Ω/km)
  X : 電線リアクタンス分(Ω/km)
  L : 電線長(km)

ですが、細かい数値が分からない場合も多いので、短い電線長の場合に使用できる簡易の式が内線規程に記載されています。
 e = k ・ L ・ I / (1000 ・ A)

  k : 17.8 (単相3線式)
   : 35.6 (単相2線式)
  I : 負荷電流の合計値
  L : 電線長(m)
  A : 電線の断面積 (mm^2)

上記を使用し、電線のスケアを代入して計算し、適当な太さのものを使用すればよいと思います。


負荷側の電線に使用するものだとすると、100Vと200Vは別々に考える必要があります。
計算式は上記のものでよいですが、負荷側では100Vと200Vは別々の電線に成るためです。
100V・200V伴に、単相2線式で計算してください。

幹線として使用する電線であれば、100Vの片相分と200V分との電流の合計を使用します。
単相3線式の電源側では、黒・赤相のそれぞれに100Vと200Vとの電流が流れる為です。
ちなみに100V回路は、負荷が平衡である必要があります。

計算式としては、
 e = k ・ I ・ (R ・ cosθ + X ・ sinθ) ・ L

  k : 1 (単相3線式)
   : 2 (単相2線式)
  I : 負荷電流の合計値
  R : 電線抵抗分(Ω/km)
  X : 電線リアクタンス分(Ω/km)
  L : 電線長(km)

ですが、細かい数値...続きを読む

Q電気設計の勉強について

現在メーカーで電気設計の仕事をしております。入社3年目でそろそろスキルを上げたいと考えています。
ハード設計(部品の選定や制御盤の構成、図面の書き方等)の勉強をしようと思うのですが、なかなか良い参考書や資料が見つかりません。

-----
大学では電気工学科で電気回路等を履修しましたが、実務向けのハード設計は全く勉強したことがありませんでした。
(オームの法則やキルヒホッフ、過渡応答現象などの電気理論は得意ではありませんが、それなりに理解できていると思いますが。)
シーケンサなどは会社に入ってから少しだけ勉強した程度です。

所属する部門の業務では、電気設計と呼ばれそうな部分全体を大抵1人で担当します。
仕様を決めて、電装図面を書いて、ソフトウェアを組んで、インターフェースの画面を作って、装置の立ち上げをして… という感じです。

現在も続いているプロジェクトが電気設計としての初仕事です。ただし、ハード設計は上司にほとんど進めてもらった形です。しかしさすがに、次回はある程度1人でやらなければならない状況です。
今回の業務があったので、多少はハード図面も制御盤もどういったものかは分かるようになりましたが、まだ1人では何もできそうにありません。

-----

昔、先輩に勉強方法を聞いたところ、メーカーのカタログを読め、といわれました。でも、もう少し初歩や常識から勉強したい気持ちです。
現在、電気設計チームに歳の近い先輩がおらず気軽に勉強方法を聞く雰囲気ではないので、なんとかいい本に巡り会いたいと思い、質問させていただきました。

初歩から電気設計・電装設計の進め方(実務的なもの)が勉強できるような、参考書や雑誌でお勧めのものがありましたら、是非教えてください。
よろしくお願いいたします。

現在メーカーで電気設計の仕事をしております。入社3年目でそろそろスキルを上げたいと考えています。
ハード設計(部品の選定や制御盤の構成、図面の書き方等)の勉強をしようと思うのですが、なかなか良い参考書や資料が見つかりません。

-----
大学では電気工学科で電気回路等を履修しましたが、実務向けのハード設計は全く勉強したことがありませんでした。
(オームの法則やキルヒホッフ、過渡応答現象などの電気理論は得意ではありませんが、それなりに理解できていると思いますが。)
シーケンサな...続きを読む

Aベストアンサー

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00135/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00134/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00130/mokuji.htm
盤屋さんの技術講座
http://www9.plala.or.jp/c-hokuto/page10.html

およそ技術系書籍で一冊読めばそれで全て終わりと言う本は存在しない
その傾向は機械工学、電子工学もみな同じ、
http://www.amazon.co.jp/
「シーケンス」で検索して出てくる本を最低10冊程度は読破する事ですね

電気屋のバイブル
http://www.cqpub.co.jp/toragi/

そしてなにより最高の参考書はPLCメーカ発行のマニュアルとセミナ
必要にして十分な情報と解説は全て網羅されてる、何しろ無料
http://wwwf2.mitsubishielectric.co.jp/fair/sch_top.htm
http://www.fa.omron.co.jp/seminar/
http://www.fujielectric.co.jp/fcs/jpn/
http://www.compoclub.com/products/knowledge/index.html
http://www.m-system.co.jp/mstoday/plan/serial/index.html

電気屋の法律
電気設備技術基準
内線規定
http://www.amazon.co.jp/
JSIA(日本配電盤工業会)規格
http://www.jsia.or.jp/kikaku/jsia_g.html

以上を全て読破!

平成15年度 通信講習用 船舶電気装備技術講座(電気工学の基礎編、初級)
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00135/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2003/00134/mokuji.htm
http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2005/00130/mokuji.htm
盤屋さんの技術講座
http://www9.plala.or.jp/c-hokuto/page10.html

およそ技術系書籍で一冊読めばそれで全て終わりと言う本は存在しない
その傾向は機械工学、電子工学もみな同じ、
http://www.amazon.co.jp/
「シーケンス」で検索し...続きを読む

Q画像の交流回路でVabを求める計算で電源424.4Vから抵抗Xsの電圧降下(50A×3Ωで)150V

画像の交流回路でVabを求める計算で電源424.4Vから抵抗Xsの電圧降下(50A×3Ωで)150Vを引いたら間違えました。
確かにこの抵抗には50Aが流れているので150Vの電圧降下が発生していると思うのですが…
なぜ間違えているのでしょうか

Aベストアンサー

問題として与えられている数値を明示してください。そうでないと答ができません。
添付写真の解説文から推定して、
Rは 6Ω の抵抗、XLは3Ωのインダクタンス、Xsも3Ωのインダクタンス、I=50A と推定しました。

間違えた理由はインピーダンスの位相を考えていないからです。
Xsはインダクタンス、Rは抵抗ですから、合成するには説明文にあるように「2乗の和のルート」で計算せねばなりません。
Xs、XL、R の3つが直列になったインピーダンス Z は、
 Z = √ [ ( Xs + XL )^2 + R^2 ] となります。
これに Xs = 3Ω  XL = 3Ω  R = 6Ω を代入して、
 Z = √ [ ( 3Ω + 3Ω )^2 + 6Ω^2 ] = √ ( 36 + 36 ) Ω = √(72) Ω = 8.49Ω
電流は 50A なので、電源電圧 E は
 E = Z・I = 8.49Ω × 50A = 424.3V
となります。

> 確かにこの抵抗には50Aが流れているので150Vの電圧降下が発生していると思うのですが…
そのとおり。150Vの電圧降下が発生しています。
ところが Vab と位相が違うので E = Vab + 150V とはなりません。
交流を扱う場合は位相は非常に重要なのでしっかり頭に入れてください。

問題として与えられている数値を明示してください。そうでないと答ができません。
添付写真の解説文から推定して、
Rは 6Ω の抵抗、XLは3Ωのインダクタンス、Xsも3Ωのインダクタンス、I=50A と推定しました。

間違えた理由はインピーダンスの位相を考えていないからです。
Xsはインダクタンス、Rは抵抗ですから、合成するには説明文にあるように「2乗の和のルート」で計算せねばなりません。
Xs、XL、R の3つが直列になったインピーダンス Z は、
 Z = √ [ ( Xs + XL )^2 + R^2 ] となります。
これ...続きを読む

Qシステム設計およびソフト設計者に質問です。

システム及びソフトウェア設計/開発時に必要となるドキュメンテーションについて、詳しく解説されているHPのURL等ご存知の方いらっしゃいましたら教えて下さい。
また、皆さんが作成するドキュメントの名前等、キーワード的でかまいませんので教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

sho taさんが想定されている設計手法と異なるような気もするので、全く役に立たない情報かも知れませんが、それでもあえてオススメします。^^;
オブジェクト指向設計ならUMLです。最近関連書籍も増えてきましたが、ここでは本家Rational社の「UML表記法ガイド」というドキュメントのURLをご紹介します。
UMLなどと聞くと、システム開発の現場から浮き世離れした話だと思う向きもまだまだ多いと思いますが、実際にオブジェクト指向設計に関わると結構実務向きに良く出来ていることが分かります。UMLを特に意識しなくても、ユースケース図、シーケンス図あたりは、だんだん「こういう絵がないと打ち合わせで他社と意思疎通しにくくなってきた」状態です。昨今はメインフレームにもJavaの乗る時代ですから全く無視は出来ないでしょう。

参考URL:http://www.rational.co.jp/pdf/notation_v11.pdf

Q抵抗の電圧降下はcosθでコイルの電圧降下はsinθなのはどういう違いからθの角が違うんですか? あ

抵抗の電圧降下はcosθでコイルの電圧降下はsinθなのはどういう違いからθの角が違うんですか?

あとコンデンサの電圧降下はtanθですか?

なんで同じ電圧降下なのに抵抗とコイルでは求めるθの角の場所が違うんですか?

Aベストアンサー

>抵抗の電圧降下はcosθでコイルの電圧降下は
>sinθなのはどういう違いからθの角が違うんですか?

唐突ですね。前提条件がおもいっきり抜けてますから、まず元の問題を正確に
写すところから始めましょう。

まあ抵抗とコイルの直列接続の話なんでしょうけど、位相の基準位は
示してあるでしょう。

Q機械設計-設計図を効率良く読む方法

機械設計の図面は複雑です。何十パーツも使った製品であれば、組立図から特定の情報を読み解くのも、非常に大変です。それが自分で書いた設計図ならまだしも、他人が書いた設計図なら、もうお手上げです。

しかし、プロを目指す者として弱音は吐けません。設計図を効率良く読む方法、または理解する方法ってありませんか?

Aベストアンサー

CAD図面であればパーツごとにレイヤー分けしてありませんか?
この場合レイヤーごと(パーツごと)に線色を変える
またはパーツ図に展開した別ファイルがありませんか?


手書き図面であれば、コピーして色分けする

くらいですが、やはり数をこなして経験値を上げ、
その道のプロになることでしょう。
がんばってください!

Q電圧降下の計算式

分電盤 及び SWから87m先に単相200Vの水銀灯を
4台取り付けます。
87先に1台 さらにその先に10置きに1台づつ設置していきます。
分電盤 及び SWから末端の器具までは133mになります。

とりあえず1台目までは87なので、そこまでの
電圧降下を考えます。

その場合の電圧降下の計算式なんですが
安定器の入力電流は4.0A 安定時2.2Aです。

公式 E=3.56*L*I/1000*Aですよね?
   L=長さ I=電流 A=使用電線の断面積

電圧降下を求める際の計算式で電線断面積を記入し、出た値は
SVの電線の許容電流で判断するべきなんでしょうか?

ちなみに
3.56*87*16/1000*22=2.25 
OKと計算してよいのでしょうか?

それとも
単相200Vなので 16Aの半分だと考えて
3.56*87*8/1000*8=3.09 
OKとなるのでしょうか

電線をSV、CVのどちらで判断してよいのか?
合計容量は16A 8Aのどちらで判断してよいのか?

よろしくお願いします。

分電盤 及び SWから87m先に単相200Vの水銀灯を
4台取り付けます。
87先に1台 さらにその先に10置きに1台づつ設置していきます。
分電盤 及び SWから末端の器具までは133mになります。

とりあえず1台目までは87なので、そこまでの
電圧降下を考えます。

その場合の電圧降下の計算式なんですが
安定器の入力電流は4.0A 安定時2.2Aです。

公式 E=3.56*L*I/1000*Aですよね?
   L=長さ I=電流 A=使用電線の断面積

電圧降下を求める際の計...続きを読む

Aベストアンサー

 まずはこちらを。

http://www.hst-cable.co.jp/products/pdf/P75-84.pdf

>安定器の入力電流は4.0A 安定時2.2Aです。

 ここがちょっと?なのですが、4.0Aは電源投入時の突入電流で、常時負荷が2.2Aですか。それとも常時負荷が4.0Aでしょうか。電圧降下計算であれば突入などの過渡現象は措いといて、常時負荷電流で考察するべき物と考えます。いづれにしろ、87〔m〕地点の四台分だけではなく、この配線に流れる全ての負荷電流を考慮するべきです。

>公式 E=3.56*L*I/1000*Aですよね?

 単なる誤記だと思われますが、小数点位置が違ってますよ。
 E=35.6*L*I/(1000*A)です。で、先のPDFにある通り、この式はIVか裸電線のときに使える概略式で、「公式」と云う物とはちょっと違います。電線がCVその他なら、

 Vd = Ku・I・L・Z・10^(-3)

こちらで計算してください。それぞれの値やその他に関しては、冒頭に挙げたPDFを参照していただき、不明点があれば補足欄へ書き込んでいただければ。


 なお、これらの式から与えられる数値〔V〕とは、
*電源から
*断面積A〔mm^2〕の電線で
*距離L〔m〕を配線し
*負荷電流I〔A〕を流した時、
*【末端側でどんだけ〔V〕低下してしまうのか】
*(= 距離L/断面積Aの配電線のインピーダンス(Z)が、負荷としてどれくらいの電力(I^2/Z)を消費するか)
 を示す物で、電源電圧には依存しません。

例;
3Φ3W AC440〔V〕をCVT-14sqで100〔m〕引っ張って負荷20〔A〕流した時、
 100〔m〕先の末端では【5〔V〕低下】して線間435〔V〕(電圧降下率1.14%)
3Φ3W AC24〔V〕(!?)をCVT-14sqで100〔m〕引っ張って負荷20〔A〕流した時、
 100〔m〕先の末端では【5〔V〕低下】して線間19〔V〕(電圧降下率20.85%)

と云う考え方をする物であり、先のPDFに拠れば、2〔%〕以下が許容値です。

 負荷電流は決定されて固定、とするなら、
**電線を太くすると電圧降下率は下がる(あまり電圧降下しなくなる)
**距離を短くすると電圧降下率は下がる(あまり電圧降下しなくなる)
と云うことになります。無論、電線が許容電流を満足するサイズである事は大前提です。


 最後に老婆心ながら。

>分電盤 及び SWから末端の器具までは133mになります。
>とりあえず1台目までは87なので、そこまでの

 最末端まで133〔m〕なので、本来この【133〔m〕先でどれ位電圧降下してしまうか】を先ず考慮するべきと考えます。
 一旦、87〔m〕で区切るのは、ここから先はもう少し細いサイズの電線に替えようという設計でしょうか。しかし細い電線にするとその先その区間の電圧降下率は上がりますから、この点に注意が必要ですね。

 最末端で必要な電圧を供給する為に、より経済的な設計が出来ます様に。その為の一助になりましたなら幸いです。では。

 まずはこちらを。

http://www.hst-cable.co.jp/products/pdf/P75-84.pdf

>安定器の入力電流は4.0A 安定時2.2Aです。

 ここがちょっと?なのですが、4.0Aは電源投入時の突入電流で、常時負荷が2.2Aですか。それとも常時負荷が4.0Aでしょうか。電圧降下計算であれば突入などの過渡現象は措いといて、常時負荷電流で考察するべき物と考えます。いづれにしろ、87〔m〕地点の四台分だけではなく、この配線に流れる全ての負荷電流を考慮するべきです。

>公式 E=3.56*L*I/1000*...続きを読む

Qwebプログラム設計をするのですが、初心者で出来れば設計をするふりーソ

webプログラム設計をするのですが、初心者で出来れば設計をするふりーソフトやツールなどございましたら、ご享受ください。

Aベストアンサー

webシステムとは何ができるか、こういう一般知識から学習してください。
そこでどういうソフトが使われているか、提供されているか、
どういう作りになっているか、が少しは見えてくると思います。

データベースと絡めたいとかエクセルも使いたいとか、何かないと
何も答えられません。

用途があいまいなときにソフトに頼っても目的のものが出来上がらないと
思われます。

初心者は指導者の元作業すべきで、
自身で設計しない方がいいのですが・・・・・。

何かビジョンはありますか?。

Q電圧降下計算

負荷設備(1)に単相200V入力し、(2)に電線渡りで電気を供給((1)は100V機器のため内部でトランスにより降圧し、100V供給(2)は200V機器のため(1)で受けてそのまま渡りで供給)する配線において(1)の一次側までの電線の電圧降下を計算したいのですが、このような2種類の電圧がある場合の計算方法を教えてください。
計算は、マクロにて計算できるようになっています。

Aベストアンサー

負荷設備(1)の1次側は200Vなのですよね?
そうでしたら通常に200V部分の電圧降下のみを計算すればOKだと思います。
1.電源から負荷設備(1)までの配線に流れる電流=負荷設備(1)の消費電流+負荷設備(2)の消費電流ですから、この電流に電源から負荷設備(1)までの配線のインピーダンスを乗じれば電圧降下が求まります。
2.もし2次側の電圧を求めたければ、
(200V-1で求めた電圧降下)
にトランス降圧比を乗じ、この電圧からトランスの電圧降下分と2次側配線の電圧降下分を差し引きます。

以上は力率を1と仮定した場合です。

Q電気設備関係で必要な工具

 はじめまして。新規設備の電気担当です。
以前は加工工場の電気設備担当で、主に低圧の動力200Vまで見ていました。

計測器関係、電気工具関係をそろえなければならなりません。
(設備仕様は完成図書を見ていないので分かりませんが主に電圧はAC200Vの動力になるかと思います。)
知識不足で言葉足らずかと思いますが、アドバイスお願いします。



・一般工具
工具箱一式(ドライバー、プライヤー、半田ごてなど)
通線用のワイヤ
ビニルテープ


・計測器関係
絶縁抵抗計(アナログ式で電圧レンジが3つで1000Vくらいまでのもの)
電流クランプメータ(アナログ式とデジタル式)
テスター(デジタルテスターとポケット式のもの)

・盤内シーケンサ関係(パソコン、通信ケーブル、ソフト、USBメモリ)

Aベストアンサー

電気設備といっても範囲は広いですよ。
受電から末端まで全てとなると、それぞれ必要な道具は変わってきます。

漏電などを調べる場合に電源を遮断して調べる事が出来るなら「絶縁抵抗測定器」で出来ますが、
電源を遮断できない場合は「クランプ漏れ電流計」を使用する事になります。

一般工具と呼ばれているものは総称みたいなもので、
現場によって一般工具の解釈が変わります。
電気業界ではドライバーやニッパーは必須ですが、
テスターも持つのであれば「デジタル」と「アナログ」両方あるほうが便利です。
「ビニルテープ」なんて道具に含みません。

シーケンサもメーカや機種によって通信ケーブルが変わります。
もちろん、サポートソフトもメーカや機種によって変わる場合があります。
まぁ、パソコンなどは普通に販売されていますから何を使っても大丈夫でしょう。
USBメモリなどは必要になったら購入すればいいだけです。
別のパソコンにコピーするなどはメールを使えるなら転送すればいいだけです。
シーケンサやタッチパネルのデータサイズなんてたかが知れていますから。

>通線用のワイヤ
多分「メッセンジャーワイヤー」の事だと思いますが、
これって電気設備担当者が使いますか?
新規や追加工事の場合、普通は電気工事業者が行いますので、
工場の電気設備担当者がメッセンジャーワイヤーを使っているなんて見た事がありません。
(工場によるでしょうけど)

どの範囲まで担当なのか分かりませんが、
計測器や道具は言いだしたらきりがありません。
入手しずらいものは別として、基本的な道具(まさにドライバーなど)を揃え、
足りないものを都度揃えていくという考えで良いのではないでしょうか。

道具は必要最小限で済むよう考える事も大事たと思います。

電気設備といっても範囲は広いですよ。
受電から末端まで全てとなると、それぞれ必要な道具は変わってきます。

漏電などを調べる場合に電源を遮断して調べる事が出来るなら「絶縁抵抗測定器」で出来ますが、
電源を遮断できない場合は「クランプ漏れ電流計」を使用する事になります。

一般工具と呼ばれているものは総称みたいなもので、
現場によって一般工具の解釈が変わります。
電気業界ではドライバーやニッパーは必須ですが、
テスターも持つのであれば「デジタル」と「アナログ」両方あるほうが便利です。...続きを読む


人気Q&Aランキング