エスカレーターやエレベーターの電気関係の設計をしています。
既設のエスカ5.5KWx2の分電盤に3.5KWのエレベーターを追加した
ところエレベーターの電圧が150Vまで落ちてしまい起動しなくなりました。エスカのブレーカは50AF/50ATx2です。エレベーターは
50AF/30ATを追加しました。盤の主幹を100AF/100ATから
150AF/120ATに変更しました。引込線は22°そのままです。
主幹を変えたので引込線は38°にしなければならないのはわかりますが
合計の容量からして22°でも計算上は大丈夫ですが。EVが150Vまで
落ちてしまうのは他に原因があるものと考えて22°でいけるのか。
ブレーカーを100/100にもどすのか。経験が浅くよくわかりませんので
どなたか教えてください。

A 回答 (1件)

>EVが150Vまで落ちてしまう


主幹ブレーカはトリップしない訳ですよね?

問題の切り分けをするのが一番です。
既設のEVだけ動作させる。
追加したEVだけを動作させる。

それぞれ正常に動作するのであれば、受電容量不足が考えられます。
双方のEVが足の引っ張り合いをしているとも考えられます。
もちろん電線サイズによる電圧降下も要因の一つになるでしょう。
あまりにも距離が長いと問題になります。
設備全体の回路が分かりませんので何とも言い難いですが、
そもそも、50Vもの電圧低下が起きる事自体おかしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kiki_s様
回答ありがとうございました。
EV150Vの原因はまだわかりません。
何か特別な問題かと思われます。
これからは、引き込み線は1ランク上の線を引くようにしています。
電圧降下を考慮して。また幹線計算書等の数値的な根拠も必要になってきます。

お礼日時:2009/06/11 09:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q単相3線の電圧降下計算方法

お世話になります
単相3線100V/200Vで、100Vと200V両方の機器が接続される場合の電圧降下計算方法は
100Vとして、両機器の負荷容量分で計算するのでしょうか。
そのときの、係数はどうなるのでしょうか。
あまり電線を太くしたくないので、シビアな計算方法がありましたらお願いします

Aベストアンサー

幹線として使用する電線であれば、100Vの片相分と200V分との電流の合計を使用します。
単相3線式の電源側では、黒・赤相のそれぞれに100Vと200Vとの電流が流れる為です。
ちなみに100V回路は、負荷が平衡である必要があります。

計算式としては、
 e = k ・ I ・ (R ・ cosθ + X ・ sinθ) ・ L

  k : 1 (単相3線式)
   : 2 (単相2線式)
  I : 負荷電流の合計値
  R : 電線抵抗分(Ω/km)
  X : 電線リアクタンス分(Ω/km)
  L : 電線長(km)

ですが、細かい数値が分からない場合も多いので、短い電線長の場合に使用できる簡易の式が内線規程に記載されています。
 e = k ・ L ・ I / (1000 ・ A)

  k : 17.8 (単相3線式)
   : 35.6 (単相2線式)
  I : 負荷電流の合計値
  L : 電線長(m)
  A : 電線の断面積 (mm^2)

上記を使用し、電線のスケアを代入して計算し、適当な太さのものを使用すればよいと思います。


負荷側の電線に使用するものだとすると、100Vと200Vは別々に考える必要があります。
計算式は上記のものでよいですが、負荷側では100Vと200Vは別々の電線に成るためです。
100V・200V伴に、単相2線式で計算してください。

幹線として使用する電線であれば、100Vの片相分と200V分との電流の合計を使用します。
単相3線式の電源側では、黒・赤相のそれぞれに100Vと200Vとの電流が流れる為です。
ちなみに100V回路は、負荷が平衡である必要があります。

計算式としては、
 e = k ・ I ・ (R ・ cosθ + X ・ sinθ) ・ L

  k : 1 (単相3線式)
   : 2 (単相2線式)
  I : 負荷電流の合計値
  R : 電線抵抗分(Ω/km)
  X : 電線リアクタンス分(Ω/km)
  L : 電線長(km)

ですが、細かい数値...続きを読む

Q展開接続図でしゃ断器につく記号(100AF、30AT)の意味は?

自分で展開接続図を追っかけて勉強しています。展開接続図でしゃ断器のところに(100AF、30AT)とかの記載がありますが、これは何を示すものでしょうか?

Aベストアンサー

100AmpereFrame 30AmpereTrip
アンペアフレームとはブレーカのフレームサイズの事
JISに30A,50A、100A、200A、400Aと有ります
40AF40ATと言うブレーカは有りません(中途半端なサイズは互換性が無くなるのとコストダウンの為)
アンペアトリップとは所謂定格電流
30ATの場合30A以上電流が流れるとトリップ(遮断)すると言う意味
但し30.0A電流が流れたらトリップする訳ではありませんので注意が必要な場合があります
詳細はブレーカメーカのカタログに記載してあります

Q電圧降下計算

負荷設備(1)に単相200V入力し、(2)に電線渡りで電気を供給((1)は100V機器のため内部でトランスにより降圧し、100V供給(2)は200V機器のため(1)で受けてそのまま渡りで供給)する配線において(1)の一次側までの電線の電圧降下を計算したいのですが、このような2種類の電圧がある場合の計算方法を教えてください。
計算は、マクロにて計算できるようになっています。

Aベストアンサー

負荷設備(1)の1次側は200Vなのですよね?
そうでしたら通常に200V部分の電圧降下のみを計算すればOKだと思います。
1.電源から負荷設備(1)までの配線に流れる電流=負荷設備(1)の消費電流+負荷設備(2)の消費電流ですから、この電流に電源から負荷設備(1)までの配線のインピーダンスを乗じれば電圧降下が求まります。
2.もし2次側の電圧を求めたければ、
(200V-1で求めた電圧降下)
にトランス降圧比を乗じ、この電圧からトランスの電圧降下分と2次側配線の電圧降下分を差し引きます。

以上は力率を1と仮定した場合です。

Q制御盤、分電盤、キュービクル等の換気計算書を作成したいのですが

制御盤、分電盤、キュービクル等の換気計算書を作成したいのですが
何か参考資料等ありましたら、教えてもらえませんか?

Aベストアンサー

何の為の換気でしょうか?
まさか、酸欠防止じゃあないですよね
当然の如く熱対策ですね
http://ntec.nito.co.jp/download/netsupro.html
http://www.ohm.jp/product/cooling/index.html
http://www.apiste.co.jp/enc/quickselection/

Q電圧降下及び率について

1)単相3線式の電圧降下率は、どのように考えればよいのでしょうか。
例えば簡略電圧降下式によりe=4Vとした時、100(4/200)=2%または、100(4/100)=4%の
どちらの考えが正解でしょうか。
2)分岐回路の電圧降下について
単相2線式200V線路の50m先の負荷の電流値が100Aそこから40m先の負荷の電流値が80Aの分岐ケーブルの電圧降下の計算は以下の通りでよいでしょうか。(端末負荷の降下率2%以下とした場合)
最初の50m先で100sqの場合1.6%そこから先がわかりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

最初の50mで、1.6%の電圧降下ですから、200V×(1-0.016)=196.8Vとなります。
端末で電圧降下を2%=200×0.02=4Vとしなければいけませんから、残り40mの電圧降下は196.8-(200-4)=0.8Vにしなければいけません。
つまり、残り40mの配線の電圧降下率=(0.8/196.8)×100≒0.4%としなければいけません。
100sq、80Aの電流で40mの電圧降下=35.6×40m×80A/(1000×100)=1.14V>0.8Vとなるので、電圧降下率2%となりません。
電線サイズを150sqとする必要があります。
電圧降下=35.6×(50m×180A+40m×80A)/(1000×150)≒2.9V<4Vで、電圧降下率は2%未満です。

Q主幹ブレーカー容量計算式

3相220Vの動力用分電盤で主幹ブレーカーが225Aで分岐ブレーカーが200A,75A,50A,30A,20A×4のブレーカーがついていたのですが、分岐ブレーカーの合計アンペアが大きいのに、主幹ブレーカーは225Aでたりるのでしょか??
それとこうゆう場合の主幹ブレーカーの容量計算式を教えていただけないでしょうか??
素人なものでよろしくおねがいします。

Aベストアンサー

ANo.1さんの回答も正解ではありますが、一般家庭用の場合です。

3相の場合、主幹ブレーカ選定は単純計算では出来ません。
通常は内線規定かメーカの早見表から選定します。

主幹が225Aという事は、動力の全体容量が45KW程度
一番大きい負荷が、22KWから30KWあるということです。
早見表はメーカによって若干違いがありますが、ほとんど同じと考えて問題ありません。
コツとしては、選定した値より1つ大きめを主幹とします。

あくまで全体の容量と、一番大きい負荷(電動機など)から選定します。

Q【電気配線理論の不思議】この疑問を教えてください。 その1: 1Φ2Wの場合の電圧降下は2Ir。これ

【電気配線理論の不思議】この疑問を教えてください。
その1:

1Φ2Wの場合の電圧降下は2Ir。これは分かる。

疑問は、1Φ3Wの電圧降下。

1Φ3Wの真ん中の線は中性線となった場合の電圧降下はIrになるという。

3線あって中性線には電気が流れないので2Irなら分かる。

なぜ下の線は電圧降下が起こらないのか教えてください。

1Φ3Wも2線に電気が流れているのにIrになるのが理解出来ません。

Aベストアンサー

電圧降下は起こっていますよ。
(一つの負荷に対する)電圧降下がIrというわけです。

例えば、1Φ3W100Vコンセントが二つあって、
電圧降下が起きてそれぞれのコンセントからは95V出ている。

(二つのコンセントに対する)電圧降下の”合計”はおっしゃる通り2Irで10Vになります。
しかし、作者は100V-95V=5Vの方を答えて欲しかったのでしょう。

Qエレベーターの寿命

エレベーターはメンテナンスをすれば寿命が20年と聞いたことがあります。
メンテナンス無しの場合は何年持つのでしょうか?

Aベストアンサー

機械物ですからメンテナンスをすればもっと持ちます。

メンテナンスをしても決められた次回点検時期まで持たない場合もあります。

メンテナンスなしの場合やはり使用頻度によりますね。

特にブレーキ ワイヤー の傷み具合でしょう。

貨物専門 レストラン等の小型のエレベーターはかなり使えます。

人が載るエレベーターの場合それこそ20年そのまま同じ条件でメンテナンスをしながら使用しても乗り心地などが違い客商売の場合嫌われるでしょう。

Q直流の電圧降下について

電気設備業ではよく電路設計で電圧降下を考え電線サイズを選定する作業を行います。直流電源装置下でのそのような電圧降下はどのように考えればいいのでしょうか。電圧降下率とか規定されているのでしょうか。

Aベストアンサー

商用交流配電の下では、(社)日本電気協会が発行する『内線規程』により、「幹線および分岐回路において、それぞれ標準電圧の2%以下とするのを原則とする。」とされています。これは、どのようなユーザーが、どのような目的で、どのような負荷設備を、どのような頻度で使用するかきわめて統一性がなく、その都度検討・設計をすることが困難なことから定められたものです。

お尋ねの「直流電源装置下」ですが、商用配電ほどの汎用性はなく、その設備の特製に見合った電圧降下を考えればよいと思います。mayumayukkoさんが、どのような設備を考えておられるのか分かりませんが、十把一絡げで、「直流の電圧降下は何%まで」ということはできません。

たとえば、直流電源の代表格は、電気鉄道です。1,500V架線の電圧下限は、鉄道会社によって違いますが、1,000Vとも900Vともいわれています。百分率で表すなら、40%もの電圧降下が許される場合もあるのです。
このようにそれぞれの業種で、なんらかの基準が定められている場合もありますので、業界団体などへお尋ね下さい。

Qフライス盤の…

サイドカッターについて何か教えてください!
エンドミルとの比較(用途等)とか書いて頂けるととても嬉しいです。
あと材料でFCとFCDの違いを利点・悪点を踏まえて教えていただけたら・・・
宜しくお願いします(汗

Aベストアンサー

 エンドミルで溝を加工する場合、チップポケットの大きな2枚刃を使用したとしても、一回に切り込める溝の深さはせいぜい工具径の半分程度です。対してサイドカッターで溝加工を行なう場合、被削材やカッター幅にもよりますが、カッター幅の3倍程度は一回に加工することが出来ます。ただし、抜きとおしの溝でないと加工できないのが欠点ですが・・・。また、サイドカッターの外径はかなりアバウトに作られていて、±0.2mm程度のバラツキはザラですし、アーバーに取り付けた場合の振れもかなりありますから、深さ公差の厳しい溝を加工する場合は試し削りをしないと怖いものがあります。
 あと、サイドカッターの中でも千鳥刃のものは、溝加工の際に直刃のものよりも小さい負荷で加工することが出来ますが、溝底の仕上がりはかなり悪くなります。
 
 まとめると、浅い溝や両端が抜きとおしでない溝はエンドミルを使用し、両端が抜きとおしで深い溝にはサイドカッターを使用するのが一般的です。
 
 材料については、私は加工屋ですので、もっと詳しい方にお任せします。
 では。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報