脳細胞が死んだらその脳細胞は元には戻らないんでしょうか?
また増えないんでしょうか?

神経質で二年位1日の殆どを寝たきりだったので、不安で仕方ありません。

年齢は20代前半です。専門家の方、詳しい方、ご回答宜しくお願い致しますm(_ _)m

A 回答 (1件)

脳細胞は3~5歳程度で発達が止まるとされてます。


それ以降は次々細胞が死んでいきます。
再生はされないのでどんどん減っていきます。
現在の医学では脳細胞の再生は確立されてませんので 減り続けると言うことです。

でも人生80年 この間に全ての脳細胞が死に絶えることはありません。
従って「アルツハイマー」等の病気にならない限り、生きる上で支障を来すような事は起こりません。
1日中寝てても 大丈夫ですよ。
基本的に脳細胞の2~3%程度しか人間は使ってないとされてます。
あのアインシュタインでさえ10%程度の使用率とされてますので 問題ないです。

この回答への補足

詳しくアドバイスして頂き有難うございますm(_ _)m安心しました…
脳細胞は二十代後半から物凄い勢いで減っていくと聞いた事があったのですが、間違った知識なのでしょうか?
神経質で脳にマイナスなものばかり分泌していると、アルツハイマーになりやすいんでしょうか?
怖いです

お願いしますm(_ _)m

補足日時:2009/05/27 18:28
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q脳細胞の消滅と回復について

脳細胞の消滅と回復について


<あくまで独自の調べです>


睡眠不足で脳細胞は大量に死ぬ
睡眠とは脳細胞を回復させるために必用な行為で人生の3分の1はこれに奉げる

ストレスの多い人ほど、脳細胞を回復させるためにロングスリーパー
ストレスの無い人ほど、脳細胞が即・回復なのでショートスリーパー


【質問】

さて、上記を前提に質問なのですが、独自の調べでは「人間の脳細胞は回復しない」という見解がいくつか見られました。しかし、睡眠とは脳細胞を回復させるための時間であり、ストレスの多い人ほど、脳に負担をかけるから睡眠が長い、つまり、回復させるからこそ、睡眠が長くなる。

ならば、「人間の脳細胞は回復しない」という見解の矛盾はどういうことなのでしょうか???

適切な睡眠を取れば脳細胞は回復しないのでしょうか?

・残業明け~死んだように眠る~回復
・遊びまわる~6時間程で目覚める~回復

同じではないのでしょうか?どうか、ご教授お願いします。

Aベストアンサー

いくつかありましたがこちらでよろしいでしょうか

割と最近の研究だと聞いています。
数ヶ月前にyahooニュースでも取り上げられていました。

参考URL:http://www.gelifesciences.co.jp/newsletter/biodirect_mail/cell_story/41.asp

Q死に対する恐怖があります。 死んだらどうなるのか、死んだらどこに行くのか、死んだら意識はあるのか、そ

死に対する恐怖があります。
死んだらどうなるのか、死んだらどこに行くのか、死んだら意識はあるのか、そんな事を考えているうちにこの世界って何だろうとか宇宙って何だろうとか考えてしまって夜も寝付けなくなってしまいます。本当に悩んでいます。ひいおじいちゃんが亡くなって火葬されるときも怖くてひとりで火葬場を出てしまうくらいに死が怖いです。どうすればいいですか。本気でお願いします。まだ中学生という若者ですがこんな事を考えてしまいます。

Aベストアンサー

あなたの意識、精神が何から生まれてくるのか、仮に肉体とは別に魂というものがあるならば、肉体が死のうと火葬されようと魂は残ります。その後どこに行くのかは知りませんが、そう怖がる必要はありません。

もし意識が純粋に脳活動の産物であるならば、そいつは肉体が死んだ瞬間に一緒に消え失せます。やはり怖がる必要ありません。

実は生きていても意識は消すことができます。手術のときにやる全身麻酔です。眠るのとは根本的に違います。眠りはあくまで意識レベルの低下です。大きな刺激を与えれば起こせるし、朝起きたときには今だいたい何時かという時間の感覚があります。全身麻酔されると、そういうの含めて何もかもスイッチオフになります。自分の経験では、実際には4時間くらい体内を土木工事されていたんですが、主観的には、医者に「これから麻酔しますよ〜」と言われて、次の瞬間には目覚めていました。時間感覚すら消失したということです。死がこんなもんだとすれば、ずいぶん呆気ないものです。

死が怖いのは、生きるためです。死から遠ざかることが生物にとって有益だから、死を怖がるような性質を我々は備えているのです。平気で死んじゃうような人は子孫を残しにくいから進化的に淘汰されていったのです。

ただ、死に対する恐怖も我々は時には理性で抑え込んだほうが有益です。苦みの味覚は体内に毒物を取り込まないように進化してきたものですが、ときには苦い薬を飲んだほうが身体にいいことがあるのと同じです。

あなたの意識、精神が何から生まれてくるのか、仮に肉体とは別に魂というものがあるならば、肉体が死のうと火葬されようと魂は残ります。その後どこに行くのかは知りませんが、そう怖がる必要はありません。

もし意識が純粋に脳活動の産物であるならば、そいつは肉体が死んだ瞬間に一緒に消え失せます。やはり怖がる必要ありません。

実は生きていても意識は消すことができます。手術のときにやる全身麻酔です。眠るのとは根本的に違います。眠りはあくまで意識レベルの低下です。大きな刺激を与えれば起こせる...続きを読む

Q癌によって、死滅した脳細胞を復活させることはできますか?

 癌などで、死滅した脳細胞を復活させて
ふらつきや歩行困難などを回復させたいです。
 これはもう現代科学で無理ですか?

 ある脳細胞が死んでも、別ルートで脳細胞で代替(作成)ができるとあったのですが...

 よろしくです。

Aベストアンサー

>ある脳細胞が死んでも、別ルートで脳細胞で代替(作成)ができるとあったのですが...

最近は再生医療の試みがかなり進化していますので、無くなった脳の場所をある程度は脳細胞で満たすことは可能になってきています。しかし、どうすれば、元のような機能をそこで構築させることができるか、このメカニズムなどはほとんど未知の世界です。

また、脳細胞、元と同じにはできていない、むしろ、空洞化している状態で他の部分が増える、あるいは、周囲より圧迫されることで形を整え、変形した形で維持することになります。増えようと思っても、すでにそのスペースが残っていない、別のネットワークを形成し、似た働きをするようになることもある、この程度が解って来ています。

>ふらつきや歩行困難などを回復

回復は無理でも、改善できる可能性はあると思います。若くて、リハビリで努力できる人、かなり改善できるかも知れません。無くなったネットワークを再構築する、赤ちゃんが這い、掴り立ちをするようになり、バランスを取り、歩けるようになるのに大変な努力が必要でしょうが、それ以上のことをして、やっと歩けるように戻るのですから、簡単なことではありません。

長いこと、筋肉を使わないと、萎縮するし、骨も変形することがありますので、必要に応じて骨を切除したりして変形の度合いも修正したり、リハビリと形成の手術、この組み合わせでかなり改善できるかもというレベルです。

最近では、それ以外に、人口筋肉を外部に設置し、意図したようにそれを動かすことで歩く補助、その研究もすすんでいます。体重を支えるだけの筋肉が無い場合や骨が耐えられない状態でも、周囲からサポートすることで歩けるようにする、そういう研究も進んでいます。

近い将来、総合的に手術後のQOL、生活の程度を改善できるリハビリや補助器具もさらなる進化すると思います。しかし、現在では、試行錯誤を大学の研究室単位で行なわれているのが連絡を取り合い、研究会や学会で報告しあっている、そういうレベルです。医療としてはまだ、サポートできるとは言えない状態なのです。

>ある脳細胞が死んでも、別ルートで脳細胞で代替(作成)ができるとあったのですが...

最近は再生医療の試みがかなり進化していますので、無くなった脳の場所をある程度は脳細胞で満たすことは可能になってきています。しかし、どうすれば、元のような機能をそこで構築させることができるか、このメカニズムなどはほとんど未知の世界です。

また、脳細胞、元と同じにはできていない、むしろ、空洞化している状態で他の部分が増える、あるいは、周囲より圧迫されることで形を整え、変形した形で維持すること...続きを読む

Q【脳科学】「女の脳はマルチタスクが出来る。男の脳はシングルタスク。これは産まれ持って決まっている」っ

【脳科学】「女の脳はマルチタスクが出来る。男の脳はシングルタスク。これは産まれ持って決まっている」っていうけど女と男のどこの脳の構造が違うんですか?

Aベストアンサー

http://sciencenews.co.jp/2016/01/05/post-197/

Q脳細胞についてです

頭を強く叩かれたりしたら脳細胞は滅るそうですが
それなら うなずいたり、首を横に振ったりしても脳細胞が減りますか?

Aベストアンサー

強い打撃によって脳細胞が減るのは防御のための頭蓋骨が破壊され直接脳細胞がダメージを受けるか、打撃のショックで血管が収縮し脳の血流が途絶えるからでしょう。うなずいたり、首を振る、その程度の頭の動きで血流が途絶えることはありません。
脳細胞が減るのであれば生体は生命維持のために初めからそうさせない仕組みにしているはずです。うなずく、首を振るだけでなく頭を振動させることすべてができない仕組みです。

Qカンジダ菌が脳細胞に?!

ある書物を読んでいて、次のような記述がありました。
「腸内で繁殖したカンジダ菌が、血流に乗って脳に到達し、脳細胞にダメージを与えて、脳内化学物質やホルモンのバランスを狂わせることもある」

この内容は私にはとても信じられません。
このようなことが本当にあるのでしょうか?
ご存じの方がいたらおしえて下さい。

Aベストアンサー

■免疫抑制剤を使用していたり、エイズの進行期などでは通常の細菌と同様にカンジダなどの真菌も感染により血液中に入り菌血症となります。この場合は脳で感染を生じることもあります。

■でもこれは非常に特殊な状況ですので「脳内化学物質やホルモンのバランスを狂わせることもある」というようなのんびりしたものではありません。死ぬか生きるかの状況です。

■ご質問のようなことは通常ではおきないことです。ましてや、それが怖くてカビたパンに異常に神経質になったり、家のカビを嫌悪したりするのはナンセンスです。カビは本来自然の抗生物質を含んでおり、味噌や醤油、乾物などの保存食にも利用されています。カンジダも皮膚に常在する真菌ですから、何かしら役目になっている可能性があります。

■もう日本では駆除されて珍しくなりましたが、腸内の寄生虫はアトピーや喘息などのアレルギー疾患を抑える働きがあることは明らかになっています。私の知人で有名な寄生虫の研究者はサナダムシを腸内に飼っていて、名前もつけています。そこまでしたくありませんが‥‥。

Q脳細胞はなくなる?

私の周りでのことなのですが、頭を叩かれた後に「やめて!脳細胞減っちゃう!(泣)」というやりとりをよく目にします。

脳細胞は今後一切作られることはなく、年を取るごとに減少していき、学習していくのには欠かせない細胞。
私の中ではこのぐらいしか知識はありません。(間違った情報かもしれませんが…)

実際脳細胞とは頭蓋骨内の脳みその一部とかではないのですか?
叩かれた衝撃で潰れる…とはありえるとは思いますが、実際にはどうなのかとても気になります。

単純でバカバカしい質問だとは思いますが、回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

従来の説では脳細胞は1日に100万死滅し再生されない。が、人間の一生で支障が出るほどのことではない。
最近では 脳細胞は増殖し復活する場合もある。

脳の機能に影響があるほどの死滅は脳溢血や脳梗塞で血流が途絶えた時です。バットで頭を強打され脳溢血が起きれば脳細胞は大量死します。お笑い漫才師はしょっちゅう相方の頭を叩いていますが叩かれた方のしゃべりが悪くなったという話は聞きませんね。

Q脳梗塞の脳の変化

指など血流が止まると壊死を起こし、結果は脱落すると思うのですが、脳梗塞になった脳は、どのような経過を辿るのですか。

Aベストアンサー

こんにちは。

ごめんなさい。勘違いしていたようです。

下記の梗塞で
脳梗塞では壊死で陥った脳組織は融解壊死する。(脳軟化症)。形状は楔形であるが、立体的には円錐形に見える。
とあります。完全に穴の様な状態になるのでしょうが、吸収(もしくは排泄)が
どの様なメカニズムで行われるは存じていません。

血管が派生するのは、もやもや病でした。失礼しました。


梗塞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E6%A2%97%E5%A1%9E
脳梗塞
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%84%B3%E6%A2%97%E5%A1%9E
もやもや病
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%82%E3%82%84%E3%82%82%E3%82%84%E7%97%85

Q 灰色の脳細胞とは

 アガサクリスティー原作のポアロのことについてです。
 よく、ポアロ自身が「灰色の脳細胞を持つ私(ポアロ)に
 おまかせください」
 のようなことを言うのですが、
 灰色の脳細胞とは何ですか?
 なんで、偉いのですか?
 ご存知の方
 よろしくお願いします

 

Aベストアンサー

>灰色の脳細胞とは何ですか?
脳を含む中枢神経は、
灰白質と白質とに分類されます。
灰白質は神経細胞の集まっている部分です。
白質は神経細胞から伸びている神経線維です。

物事をよく考える(考えさせる?)脳の部分は、
他の生物、動物と比べてヒトで多い大脳皮質という部分です。
大脳皮質は灰白質がいっぱいです。

灰白質は英語で gray matter といいます。

「私の頭は神経細胞いっぱい、大脳皮質いっぱいですから頭脳明晰です」
=「灰色の脳細胞を持つ私(ポアロ)におまかせください」
ということでしょう。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%81%B0%E7%99%BD%E8%B3%AA

Q脳神経外科と脳神経内科の違いは?

3週間ほど前より毎日24時間、ひっきりなしに頭痛がします。
3,4日前からはまぶたがピクピクし始めました。
こちらで調べたら脳神経科というのは分かったのですが、
脳神経外科 脳神経内科をweb検索し診察内容を見ると
どちらにも頭痛、まぶたのピクツキが載ってました。


脳神経外科と脳神経内科では何が違うんでしょうか?

Aベストアンサー

脳神経内科は高血圧などで血管が切れそうなとき、脳の圧力を安定させたり、血栓を薬物で溶かしたりしています。
外科は開頭手術で、血腫などを取り除きます。
どちらにせよ、CTやMRIで診てみなければ確定できませんから、早急に施設のある病院に行かれることが最善の方法です。
一般的には内科医と外科医が連携しますから、どちらで診て貰ってもよく、診断の結果手術がよければ外科医がやりますし、薬で体調維持が図れれば内科医がやります。
CTやMRIも順番待ちですし、休みに入るといけませんから、早急に行ったほうがよいですよ。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報